昨夜、当地では25mmほどの雨が降りましたが、今日は雨は降りませんでしたが、予報通り台風17号の煽りの風は強く吹き荒れております。
農園へ行けば色々な作業が待っていますが、少々疲労気味なので、思い切ってお休みにし、PCを使い、ジャム瓶に貼るラベルづくりを行ない、工房内にてラベルの貼り付けを行いました。
既に9月16日、ブルーベリージャムを製造して瓶詰にしたままになっていた訳であります。
本日は昼前頃から強風が吹き荒れているので、農園行きを休んで正解と思っている次第です。
庭のフェンスに這わせているサルナシ、一部では既に葉は落ちていますが、今日の強風により熟し気味なものが落果していたので、これを拾って来て洗って食してみましたが、結構熟していていたので、今後が楽しみになって来ました。
先日掘り取って来た甘藷(ベニハルカ)、食してみましたが、甘味が足りないので、暫く乾燥してみます。

今日は少々疲れていたので農園行きはお休みにする予定でしたが、結局、成り行きで農園廻りの末、剪定を行いました。
先ず、Iさん宅のビニールハウスが修理途中なので完成させる予定で行きましたが、お客様が来宅する予定との事なので、予定を変更し、Iさん農園へ行き、栗を拾って歩きましたが、台風15号により未熟果が落ちてしまったため、番で目を皿にして探し歩きましたが、3個拾っただけで、今期の見通しは芳しくない様です。
その後、たまねぎとにんにくの発芽状況を確認して回ったところ、順調に発芽は進んでおりました。
十余一農園に回り、昨日の剪定の続きを行いましたが、中々捗らず、6本行った後、野菜区に回ってほうれん草やたまねぎの発芽状況を確認したところ、順調に発芽して来ておりました。

朝から厚い雲に覆われていて、薄暗く、今にも雨が降りそうな雰囲気でしたが、昼を過ぎても雨は降って来ませんでした。
そんな中、「T&F」の福田さんが始めているラビットアイ系の秋剪定を始めてみました。
何時も勿体ないと思い、手加減をしつつの剪定を行っていて、毎年夏になると大藪になってしまい、持て余しているので、今回は思い切った剪定を行いましたが、未だ切り足りない様です。
今日は12本ほど剪定しましたが、今後も本腰を入れて剪定したいと思っております。
接ぎ木の台木からの「ひこばえ」が何本も伸びているので、腰をかがめての切り取りは年々厳しくなってきています。

9月13日、十余一農園野菜区に蒔いた玉ねぎとほうれん草がようやく発芽しました。
玉ねぎは、発芽した直後なので、ハッキリ見えない部分もありますが、週明け頃には色濃く映ると思います。
ほうれん草も発芽はして来ましたが、10cm間隔で2~3粒蒔いているので、意外と目立ちません。
当初蒔いただいこんは台風15号に揉まれ、全滅してしまったので蒔き直しを行ったところ、かなり揃って発芽しています。
その後、ピーマンとなすを収穫し、駐車スペースの雑草がかなり伸び、花が咲いて来たので、青刈りをした次第です。
Iさん農園に移動し、短茎自然薯の畝にもイネ科の雑草が繁茂しているので、刈払い機にて刈り取り、熊手にて掻き寄せ、隅に積んで草が生えない様、どっさりと摘み上げました。
その後、短茎自然薯と甘藷を掘り取りましたが、蚊が飛び回り始めたので途中で手仕舞をし、帰宅した次第です。

台風15号の強風により、十余一農園入り口のゲートが壊れたのですが、本日、ようやく補修を行いました。
ゲートと言いましても、単管と単管の間に直管を渡し、ネットをカーテン状に張り、下には鎖を重しとして連ねただけのものですが、約10年は風雨に耐えてくれましたが、今回の台風にやられてしまった次第です。
簡単に補修できると思っていましたが、意外と時間を費やし、2時間ほどかかりました。
その後、野菜区のなす、ビーマンを収穫し、心細くなってきたニガウリを収穫した後、Iさん農園に移動し、昨日移植した白菜を確認したところ、取り敢えず異常なし。
昼食後、短茎自然薯の棚が倒れ、一面雑草だらけで、流石にみっともない状況なので、派手に倒れた棚を取り壊しました。
後日、雑草を除去した後、短茎自然薯を掘り取る予定ですが、今年の収量は例年の半作程度と思われます。
※ 写真をクリックしますと、拡大してスクロール致します。