トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2008-11

<< 2008-11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2008-11-30

2008年11月30日(日)晴れ

今日は小生1人で第3農園へ直行、ビニールハウスの補強柱をエスター線で固定、オースチンの剪定と挿し木など

昨日、ビニールハウスの中に、3本の柱を建てました。
その柱の上部にドリルで穴を開けてエスター線を通し、天井部分のパイプに巻き付けて固定しました。
これで、強風が吹いても少々の雪が積もっても耐えられると思います。

思いつきのまま、ぶらぶらと剪定などを行ったものの、RE系オースチンの枝が沢山あり、勿体ないので挿し木にしてみました。
単に、刻んで廃棄してしまうとそれまでですが、挿し木を行えば新しい生命が広がるわけです。

第3農園は第2農園より朝夕の気温が低く、厚い氷も張ります。
ターサイは寒さには強い筈ですが、急に低温になったからでしょうか、葉がやけてしまいました。
他の野菜にも急遽ワラを掛けてやったり、矢竹を切り取ってきて立て掛けたりとしています。
近所の農家の方に聞いてみると、この方法で、かなり効果があると言っておられました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
さやエンドウとそら豆にワラを掛け、矢竹を立てて霜除けをしました そら豆です、寒さ除けのため、ワラを敷きました チンゲンサイです、とても寒いのに虫の食害に遭っています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
さやエンドウです、少し成長が早過ぎるので、凍害が心配です RE系クライマックスの紅葉です RE系ティフブルーの紅葉です

2008-11-29

2008年11月29日(土)晴れのち曇り一時小雨

午前中は第2農園オーナー宅にて餅つき、午後は第3農園のビニールハウスの補強など

朝は第2農園オーナー宅の餅つきなので、お手伝いに間に合うように出掛けました。
妻は第2農園の野菜の収穫に行き、小生は、蒸し上がった餅米(緑米)を二臼分、こねる作業をお手伝いしました。
木製の四角い伸し餅を作る道具に、
やわらかいお餅を入れ、急いで均平に伸します。
簡単な様に見えますが、実際にやってみるとかなり収縮するので難しく、根気よく伸ばさないと戻ってしまいます。
終了したのは10時過ぎ、お茶をしながら搗きたてのお餅を戴き、世相談義などしばし・・・・・。

午後は第3農園へ行き、降雪があっても大丈夫な様に、杉材の切れ端(太鼓)をチェンソーで刻み、ビニールハウスの補強を行いました。
黒い雲が突然現れ、冷たい雨が降って来たので、予定していた作業を取り止め、チェンソーとオイルを車に載せて帰宅。

帰宅しても家の中には入らずに、10年前、家を建てた時に植えたピンクの百日紅(さるすべり)をやむを得ず切りました。
(5年ほど前から、貰い手を探していたのですが、4mを越える木なので、縁がありませんでした。)
流石に最後の太い部分を倒す時には、小生、妻共々感慨深いものがあり、10年の間、楽しませて貰った事へ感謝をした次第です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園西区、全体的に紅葉しています 鉢植えのパッションフルーツが色づき始めました 狭い庭なので、やむなく百日紅を切りました。

2008-11-28

2008年11月28日(金)曇りのち晴れ

朝一で乗用車の1年点検に行き、取り立てて付け替えるところはなくても、一定の経費を支払いました。

昨日、予約無しで乗用車の1年点検に行き、断られ、本日一番でみて貰いました。
昼食後、時代劇チャンネルで鬼平犯科帳などをみつつ、お茶をし、腹がパンパンになったところで妻と散歩に出掛けました。
久し振りに周辺を歩きますと、空き地には住宅が建っていて、かなり様変わりしていて驚きました。

昨日、第3農園で寒い中、挿し木などをしたせいか、腰痛に陥ってしまい、昨夜から大判の湿布を三枚貼っています。
今朝も、尾底骨の所から上に3枚貼りかえていますが、少しずつ快方に向かっている様です。
しばらくは無理をせず、静にしているつもりです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
庭のジャンボレモンが、大分色付いて来ました フェンスに絡ませている「さるなし」はすべて落葉しました 散歩の途中、目を引いた山茶花を撮ってみました

2008-11-27

2008年11月27日(木)曇り時々小雨

車の1年点検に予約無しで行ったところ、案の定断られ、やむを得ず第3農園へ

今日が乗用車の1年点検日だったので、急遽ディーラーへ行ったところ、予約でいっぱいとのこと。やむを得ず出直しをすることに・・・・
中途半端になってしまったので、コンビニで昼飯を買い、第3農園へ行ってみました。
小雨が降っていて、とても寒いので、ビニールハウスの中に入り、取り合えず石油ストーブを点けて温度を上げました。
室温は10℃程度しかなく、最強にして30分経っても20℃になりません。(酸欠にならないように、吸入の換気扇を回していたから)

ホームベルの挿し木をトレイ一杯にする事にしたので、圃場に出てホームベルのしっかりした枝を採取し、100本程度行いました。
その後は、剪定をして回りましたが、HB系は葉が邪魔で剪定しづらいので、落葉してから行う予定です。

今年の1月2日に蒔いたバルドウインの実生、春に発芽したものの他に、夏を越して涼しくなってから、後追い的にビッシリと生えて来ました。
野生の草の種などは、リスク分散のため、一気に発芽しないで、何回にも分けて発芽するようですが、ブルーベリーの種子も同様でした。
偶然、今日、T&Fの福田さんがチャンドラーの発芽を掲載していました。

小生、今年も節操なく色々な種子を蒔いてみました。
うち、チャンドラーも秋口に発芽していますが、余り手入れをしていません。
そのうち、実生苗に潰されてしまいそうです。
ほどほどに付き合って行かないと、とは思っています。

1.jpg 2.jpg
ビニールハウス内、今日10時半の温度です RE系バルドウィンの実生苗、蒔いたのは一緒でも発芽は揃いません

2008-11-26

2008年11月26日(水)晴れ

午前中は第2農園にて剪定作業、昼食は第3農園へ行ってから摂り、第2農園で採取したホームベルの挿し木、SHB系の剪定など

久し振りに妻も一緒に出掛け、先ず、第2農園にて田舎から貰ってきた「赤玉ねぎ」の苗を植えました。
次いで、ターサイの未熟苗を引き抜いて、空いている所へ適当に移植しました。
早く植え終わったので、妻はRE系の剪定、小生はSHB系の剪定を行いました。

第3農園では、第2農園で採取したホームベルの挿し木を行い、発根の様子を見ようと思い、ビニールハウス内に入れました。
午後2時半を回ると、陽が急に傾いて、肌寒い風が吹き始めたので、帰り支度をして急いで帰宅しました。

1.jpg 2.jpg
 そろそろ終盤にさしかかった拙宅の紫紺ノボタンです  ポンカンも更に色付きつつあります

2008-11-25

2008年11月25日(火)晴れのち曇り、夕方雨

遅い出発で第3農園へ、玉ねぎの移植後の状況を確認、ブルーベリーの剪定作業など

昨夜かなりの雨が降り、ベランダに置いている鉢の受け皿、アバウト雨量計(深さ約8僉砲楼遒譴討い泙靴拭
午前中はゆっくりとした始動で、第3農園へ直行し、昨日植えた玉ねぎの状況を確認。

最近、野菜区はモグラの掻き出した土が盛りあがり、色々な作物に被害が出てきています。
モグラ鋏などの捕獲道具を使って見ようか思案中です。(大小10匹程度はいると思います。)
周辺農地は、除草剤などの農薬を使用しているので、土壌中にはミミズや昆虫などが生息していません。
結果、此方の畑に集中しているようです。
1.jpg 2.jpg
左が昨日植えた玉ねぎ、稲ワラの下には里芋が埋まっています 野沢菜は霜により葉が紫色になってきて、より美味くなります

2008-11-24

2008年11月24日(月)曇りのち雨

第3農園へ久し振りに行き、取り合えずブルーベリー苗に潅水、次いで実家から貰ってきた玉ねぎの苗を移植

丸2日間農園に行っていなかったので、心配しつつ行ってみました。
真夏とは違って、ポットの土はかなり水を含んでいましたが、大苗のポットは乾き気味でした。
潅水を十分に行った後、先日ポリマルチを行った所(175穴)に実家から貰ってきた白玉ねぎ(偶然にも175本でした)を植ました。
赤玉葱の苗も貰ってきたのですが、この苗は後日第2農園に植える予定です。
ターサイの収穫が急に早まって来て、端境期が早く来そうです。
そこで、ビニールハウス内でターサイの種子をプラスチックトレイに蒔き、タップリと潅水をして帰宅。

昼食後、息子宅へ土産を持っていき、息子一家とひとときを過ごしました。
帰り道、小生の直ぐ前で大きな交通事故が起こり、1時間半も立ち往生してしまい、帰宅が大幅に遅れました。

(幸いにも、車間があいていたので、事故にまきこまれることはありませんでした。)
それにしても、雨が降っている夜間の運転は慎重に行わなくてはなりませんネ。

2008-11-23

2008年11月23日(日)晴れ

午前、実兄の49日法要。昼食後、解散、今日は母の命日でもあります。

昨日の朝も寒かったのですが、流石、信州の暮れの寒さは強烈です。
靴下を2枚履いて厚手の手袋をし、上下完全防備をして散歩を行いました。

午前10時から信州別所温泉の安楽寺にて、実兄の49日法要が行われました。
昼食後、実家に戻り、しばし休んでから軽い夕食を戴きいて、沢山のお土産を車に載せて貰って帰りました。
途中高速道路は渋滞していましたが、無事帰宅できました。
1.jpg
朝日が昇るまでは、霜が降りて田圃周辺は真っ白でした

2008-11-22

2008年11月22日(土)晴れ

明日の法事のため、田舎に帰りました。日中はのんびりとし、夕方に友人宅へりんご(ふじ)を買いに行きました。

軽井沢あたりは夜間ミゾレが降り、スタッドレスタイヤで来て良かったと思いました。
朝はとても冷え、寒いのですが、6時30分頃に散歩を始め、約1時間程度散策しました。
途中、寒さをしのいで、健気に生きて来た植物を撮ってみました。

日中は姉の嫁ぎ先へ土産などを持っていったりし、夕刻、友人宅にりんごを買いに行き、実家に帰ってきたのは7時半を回っていました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
むらさきしきぶ(くまつづら科むらさきしきぶ属の落葉低木 ) 今年は大豊作の柿(平種なし)です 氷点下になっても花を咲かせているブロッコリー

2008-11-21

2008年11月21日(金)晴れ

今朝はゆっくりとした動き出しで、第2農園から第3農園へ、昨日同様、強い霜が降りていました。

今日は訳ありで、早上がりの予定なので、仕事が中途半端になってしまい勝ちになってしまいました。
実生4年の枝を採取し、挿し木をしてみました。(温室で一気に育成したので、とても軟弱になってしまい、評価などは来春以降になります。)
それぞれ個性的なものが多いので、取り合えず12株の枝を採取し、発根状況や成長状況などの観察をしたいと思っています。
妻は、遅れていた黒丹波の豆や、ターサイ、ほうれん草などの収穫をした後は、暇を持て余しておりました。

明日から3連休の方、そうでない方も、獣医の岡井健さんのページを読んでみて下さい。
そりゃおかしいゼ

2008-11-20

2008年11月20日(木)晴れ

今日も第3農園に直行、強い霜がお降り、初氷が張りました。ヤーコンを掘り、昨日に引き続き休眠枝挿しの苗をポットに移植など

今朝はこの冬一番の寒さで、第3農園では厚めの氷が張り、潅水用の送水管も少し凍っていて、最初は渋っていました。
ブルーベリーの殆どの品種は寒さには強いのですが、それでも紅葉をしないまま、散り始める木もあります。

野菜区に10株ほどヤーコンを植え、掘り残しを今日掘ってみたところ、里芋の陰になっていたため、貧弱なものしか収穫できませんでした。
その跡地に鶏糞を撒いて良く攪拌し、一列5穴のポリマルチを張りました。(実は、さる所の玉ねぎの苗を当てにして準備しました。)
妻は、野沢菜やターサイの収穫を行ったり、さやえんどうなどの周りに稲ワラを囲っていました。

昼食後、休眠枝挿しの苗を妻と一緒にポットに移植しました。
何故か、小生の休眠枝挿しの苗は、個体差があり、挿し木技術以前の問題であろうと思った次第。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園では、結構厚い氷が張りました 小柿が霜に当たって、ヨレヨレになってしまいました ゲート前のノボタンも霜にやられ、冬ごもりをしなくては・・・
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ミントは霜が降りても、とても元気で、容易に越冬します 秋まきごぼうとブロッコリーです ホームベルに接ぎ木した紅葉が見頃のスパルタンです、

2008-11-19

2008年11月19日(水)晴れ

本日は農園作業はお休み、主治医の指示もあり、身体の色々な検査をしていただき、お昼過ぎまでかかってしまいました。

午前中で終わると思っていた検査も、手順などの行き違いで午後1時を過ぎてしまいました。
それにしても、最近、病院の対応は驚くほど良くなっています。
循環器系を中心に診て貰うこととし、更には最近弱くなっている消化器系、呼吸器系などもよく診て戴きました。
特に、頸動脈のエコーはカラー映像で血流なども見え、血管壁の厚さなども測定し、図解して打ち出してくれます。
検査結果についての概略については、しばらく待っていますと、主治医からデーターを見ながらの説明をいただきました。
胃カメラを入れたので、麻酔液の影響か、自宅に帰るととても眠くなり、3時半頃まで寝てしまいました。

近くの整備工場にタイヤ交換の予約をしていたので、急いで車に載せて行って来ました。

枯れ葉が舞い散ってきますので、気を利かしたつもりで掃いてみました。
しかし、乾いた風が邪魔をして、簡単にはチリ取りの中に収まってくれませんでした。

2008-11-18

2008年11月18日(火)晴れたり曇ったり

昨日と同様、第3農園に直行、里芋と八つ頭を室(ムロ)から掘り出して乾燥、休眠枝挿しの苗をポットに移植など

雲間からお陽様が顔を出したり隠れたりと、ハッキリしない陽気です。
近々、用立てするする予定なので、里芋と八つ頭をムロから出し、土を払って乾燥させました。

次に、今春、ブルーベリーの休眠枝を挿し、発根した苗を妻と12僖櫂奪箸某△替えました。
1トレイに約200本程度あって、取り出すのに根が絡まっていて結構時間がかかります。
植え替えは妻が中心に行っていますが、小生としては植え方が気に入らなので、一言云いますと、・・・・斜めになってしまいます。
能率などとは別の次元の話と思われます。

早上がりして、第2農園へ、
先ず、埋めて置いたごぼうを掘り出したり、そろそろ霜が降りる気配なので、ししとうの葉を摘み取りました。(佃煮風にしますと美味)

先日脱穀した緑米を、今日籾摺りをすると云うので、20圓曚廟妻董文縞討暴を付ける程度)して頂き、自宅に持ち帰りました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
埋めて置いたごぼうです、まるで自然薯の様です ごぼうを掘り取った穴です、重労働の極みです 収穫間近のブロッコリーです、小生の拳より大きくなりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
緑米を精米して戴きました、と云っても軽く傷を付けた程度です これが緑米です、決して青米ではありません 拡大してみました、うるち米の70%程度のサイズです

2008-11-17

2008年11月17日(月)曇り

第3農園に直行、雨量不足のため、ポット苗に潅水、挿し木苗の移植するので、用土の調合を行いました。

昨日は雨が沢山降ると思っていましたら、アバウト雨量計には殆ど溜まっていませんでした。
ポット苗の中は乾き気味なので急遽潅水し、落ち着きました。
少し遅れましたが、休眠枝挿しと緑枝挿しの苗をポットに移植することとし、用土を調合しました。
無調整ピートモス70%、鹿沼土10%、赤玉土10%、籾殻10%をブレンドして攪拌して作りました。
すべて手作業ですから、大袋(約40圈砲離圈璽肇皀坑餌淞汗阿垢襪里烹瓜間半程度かかりました。
その後、農園を廻りながら紅葉が進んだものを記録しました。
妻は丹波黒の豆を収穫し、莢を切り取lって、干していました。
昼食後、剪定作業などを行って早めに終了し、第2農園に寄ってヒラタケの収穫を行いました。
細かいウッドチップが茸の傘などに付着してしまい、きれいにするのが大変と思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHBオニール HHBチッペア SHBミスティー
4.jpg 5.jpg 6.jpg
SHBシャープブルー NHBスタンレー ヒラタケ

2008-11-16

2008年11月16日(日)曇り時々雨

寒くはありませんが、曇っていて小雨が降っているので、今日は久々にのんびりとしました。

深夜放送は毎夜聴いているのですが、しばし思いっ切り聴いてまったので、朝寝坊をしてしまいました。
田圃の作業も一段落し、急ぐ仕事がなくなってきたので、気持ちものんびりしています。

夕方、妻と第2農園に行き、昨日採り残したヒラタケを見に行きました。
雨に濡れてふやけていて、茸をもぎ採ると傘が直ぐに破けてしまいそうです。
明日は晴天の予報なので、良く乾いてから採ることにし、そのままにして帰宅しました。

第1農園が出てこない事
説明ページ2008.3.22
説明ページ2008.3.29

2008-11-15

2008年11月15日(土)曇りのち雨

午前中、昨日脱穀した緑米の稲ワラの後片付けなど、午後は第3農園に行ってほうれん草の収穫と野沢菜の間引きを行いました。

今朝はゆっくりと始動、昨日、さほど重労働をしたわけではありませんが、両肩の筋肉が少々硬く、筋肉痛になっています。
第2農園オーナー宅の田圃に行ってみると、既にいつもの皆さん(オーナー、GFさん、Sさんの3人)がワラをかたづけているので焦りました。
折角カラカラに乾燥した良質の稲ワラです、午後から雨降りの予報なので濡らすわけにはいきません。
10時半頃には終了、長いお茶の時間を過ごした後、昼食の時刻になったので解散にしました。

昨日、オーナー宅からヒラタケをいっぱい貰いました。
初夏に埋めた原木から、ゾックリとキノコが出ているという話なので、記念に撮影してきました。

小生も桜の原木に種コマを打ち、第2農園の隅に埋め込んでいたのですが、ビックリするほどヒラタケが出ていて、慌てて採取してしまいました。
結果、写真に撮ることもなく、ドジを踏んでしまいました。
人様のキノコをあてにしていて、自分で埋めていた原木の確認を忘れていた訳です。
第2農園で採取したヒラタケは、大きなビニール袋2つにいっぱい採りましたが、未だ5〜6株を残しています。
明日、雨が降り止んだら採りに行こうと思っています。

夕食には、自家採取のヒラタケを入れた野菜スープを食しましたが、歯ごたえ、香りともに満足のいくものでした。

1.jpg 2.jpg
第2農園オーナー宅の裏山に埋めていたヒラタケの原木から 拡大してみました

2008-11-14

2008年11月14日(金)晴れ

午前中は稲ワラを軽トラで第3農園へ運び、里芋の保存用などに、午後は緑米の脱穀や稲ワラなどの後片づけを行いました。

午前中は、先日運び残していたコシヒカリの稲ワラを、軽トラに載せて第3農園に運びました。
稲ワラは、里芋を保存するのにはとても良い材料で、土を掛けた上に沢山載せてやりました。
今月下旬には再度掘り下げ、厳しい冬に凍みないようにする予定です。

ビニールハウスの中は換気扇を止めると27℃になり、パッションフルーツの成熟するのには丁度良い温度です
パッションフルーツの根元の防寒と、有機物の発酵熱を利用するため、稲ワラを敷き、米糠を撒いて散水・・・・・これを3層行いました。
発酵を促進させるため、既に発酵中の堆肥と米糠を混ぜて適宜撒きました。
今後も様子を見ながら稲ワラと米糠などを上に追加していく予定です。

昼食後、第2農園オーナーの緑米の脱穀や、稲ワラの後片づけを行いました。
途中、小生の管理水田の脱穀も行って頂いたところ、アバウト収穫量は、玄米換算で40圓箸里海箸如∈覆搬膣況磴鮹廚靴泙靴拭
緑米の価格は秘密ですが、一般の粳米(うるちまい)と比較しますと、メン玉が飛び出すほどの価格と思います。
その殆どは、手作業で行う草取りなどの労賃分と思います。
何せ、夏の炎天下での作業、立ちくらみするほどの過酷な労働の対価ですから、・・・・・・。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
パッションフルーツの根元に稲ワラを敷きました 晴れた日は、換気扇を止めるとハウス内は一気に上がります 小生の管理水田の脱穀はあっと言う間に終わりました
4.jpg 5.jpg
最後の一枚になった水田の脱穀作業です 地味ですが、稲ワラなどの後片付けが大切な仕事です

2008-11-13

2008年11月13日(木)晴れ

久々に良く晴れて、気分は上々。第2農園にて野菜の収穫、第3農園のビニールハウスは閉め切ったまま、茹だる前に開けるよう、急ぎました。

朝方は寒くなってきたので、出掛ける時刻は遅くなって、陽が高く上ってからです。
今日は先ず、第2農園に行き、妻は娘に送る野菜を中心に収穫していました。
以前、チンゲンサイの苗をかなり抜いて移植したのですが、未だかなり密生しているので、更に間引きをしました。

この間引き苗を第3農園に持って行き、玉ねぎを定植した延長部分のマルチが200穴ほど空いているので、妻が早速植えました。
小生は、農園を観察がてら一周し、紅葉のすすんできたNHB系の何種かを写真に撮ってみました。
その後、苗ポットの中に生えている草を取りつつ、整枝剪定なども行いました。

このところ、曇りや雨の日が続き、緑米の脱穀が遅れていましたが、明日、急遽行うことになり、近々美味しいお餅が食べられます。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日は気持ちまで晴れ晴れとした良い天気でした NHB系のコリンズです NHB系のブルーレイです
4.jpg 5.jpg
NHB系のウィシュブルーです NHB系のレイトブルーです

2008-11-12

2008年11月12日(水)曇り時々小雨

今日は小生の定期検診日で、主治医の診察と血液検査を行って帰宅、午後はとても寒いので、ストーブを点けて昼寝など、ずぼらな1日でした。

朝から厚い雲に覆われていて、とても寒い1日です。
時々パラパラと雨が降ってきますが、お湿りの足しにはならないので、自宅の植木には軽く潅水を行いました。

午前中は小生の定期検診。帰宅すると既に昼食の時刻になっていました。
少々寒気がして、風邪気味なので、家の中で温かくして昼寝をしてしまいました。
このような時、自分の考えで行動が出来るという、さやかな幸せを味わえます。

夕方、近くの自動車整備工場に行き、タイヤ交換などの予約をして1日が過ぎました。

今日も、獣医の岡井健さんのHPから転載させて頂きました。
手紙 アンジェラ・アキin西宮市立甲陵中学校

2008-11-11

2008年11月11日(火)曇り

しばらくぶりに妻と第3農園に直行、里芋を掘り取り、その跡に玉ねぎを定植。

里芋の(土垂)をすべて掘り取りました。
これから寒くなってくるので、取りあえず稲ワラで簡易な囲いをして保存しました。
掘り取った跡地にポリマルチをして、赤玉ねぎ(湘南レッド)を植えました。
今年の春も行いましたが、葉玉ねぎで収穫し、味噌味で油炒めにしたり、みそ汁の中に入れるととても美味です。

獣医の岡井健さんのHPから転載させて頂きました。
筑紫哲也最後の言葉
1.jpg 2.jpg
里芋の茎を刈り払い、掘り取りの準備完了 里芋の収穫跡に赤玉ねぎ(湘南レッド)を植えました

2008-11-10

2008年11月10日(月)曇り

昨日の疲れが残っていたので午前はお休み、昼過ぎに第3農園へ行って山芋(つくね芋と銀杏いも)を掘りました。

今日も朝から曇りで、体まで重苦しく感じます。
朝食後、テレビなどを見ながらゴロゴロしておりました。

しばらくして、一昨日持ち帰った八つ頭の茎を剥き、2時間ほどで全部むき終え、セレベスの茎をむき始めましたが、なかなか良く剥けません。
セレベスの茎は、とっても太く繊維も荒いので、本当に食べられるのか少々不安になってきました。
取りあえずむき始めましたが、鮮度が好くて剥きづらいので、外で乾かして萎びてから剥くことにしました。

昼食後、第3農園へ行ってビニールハウス内の温度をみると15.5℃と寒いので、ストーブを点けて温度を上げました。

山芋の掘り残しがあったので、掘ってみたところ、形は良くないのですが、沢山収穫がありました。
明日は残っている里芋を全部収穫する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋は34株ありました、果たして収量は如何ほど 日本ほうれん草です、収穫はもう直ぐです ターサイです、何故かしら葉の縮みが少ないのです

2008-11-9

2008年11月9日(日)曇り夕刻一時雨

昨日順延になった、第2農園オーナー主催の「いも煮会」が行われました。

朝からどんよりとした天気で、今にも雨が降ってきそうな気配でしたが、「いも煮会」が行われました。
第2農園オーナー宅から、玉子やお米などを買っているお得意さんが沢山来られました。
10時頃から、かまどや釜などの器具や食材を田圃の会場まで運び、11時頃から火を点けて、炊き始めました。
いも煮の具は何種類もの野菜が入っていて、熱々で食べるので、今日の様な寒い日でも体の中から良く温まりました。
1.jpg 2.jpg
いも煮はそろそろ出来上がりです はざがけで囲まれた中で、車座になって食べて語らいました

2008-11-8

2008年11月8日(土)曇り時々雨が降ったり止んだり

今日は第2農園オーナー主催の「いも煮会」の予定でしたが、天候不順のため明日に順延。

厚い雲が覆っていて、大雨ではありませんが、時々降ってきます。
いも煮会の予定でしたが、田圃の「はざがけ」に囲まれた場所を予定していたので、明日に順延になりました。

そんな訳で小生は、一昨日収穫した八つ頭の茎の皮を剥きに第3農園に行きました。
時々冷たい雨が降ってきますし、ビニールハウスの中でも15℃程度ですから、早速ストーブを点けました。
更に、手がかじかむので、ゴム手袋の中に携帯カイロを入れて始めました。
茎は大小様々100本以上あるので、じっくり構えて開始しました。
10時頃から始め、昼食時までに1/3剥いた程度です。

途中、里芋と黒大豆をストーブの上で焼いてみたところ、黒大豆は超美味でした。
全部剥き終わったのは4時半を回っていて、うす暗くなっていました。

昨日収穫した八つ頭とセレベスの茎は、刈り倒したままにしていたので、妻に剥いて貰うことにし、ビニール袋に入れて自宅に持ち帰りました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ストーブで里芋と黒大豆を焼いてみました ストーブを点けても21℃まで、省エネです パッションフルーツは果肉充実期に入ったようです

2008-11-7

2008年11月7日(金)雨のち晴れ

朝方は雨、降り止んでからベランダで猫用の麦蒔きと芋がらを干したり、昼食後は第3農園に行き、野菜区で諸作業。

朝方は小雨が降っていましたが、いつの間にか降り止んで、カンカン照りになってしまいました。
気分的に労働モードにならないので、ベランダに出て猫用の麦蒔きを行い、次に八つ頭の茎を冷蔵庫から出して干しました。
幾ら芋がらが好物とはいえ、自分でも「飽きずに良くやるヨ」と思うほどです。
最近、皮むきにはゴム手袋をしているので、手は汚れずにすみます。

昼食後、第3農園に行き、掘り残していた八つ頭と、セレベスを掘り取りました。
残っているのは里芋の土垂れが20株ほどになりました。
今日掘り取った場所に鶏糞を撒き、良く攪拌した後で、昨日は玉ねぎを植え付けたまま、マルチは切らなかったので、延長して敷きつめました。
昨日と今日定植した本数は375本で、うち赤系サラダ用玉ねぎが120本程度です。

玉ねぎ移植後、昨日買ってきた中古の石油ストーブに灯油を入れ、試験的に点火してしばらく燃焼させました。
何せ、リサイクルショップの保証期間が1週間ですから、無事に点火するのか確認を急ぐ必要がありました。

帰り際、SHB系の何種かの紅葉を撮ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系のミスティーです SHB系のクーパーです SHB系のジョージアジェムです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
SHB系のダップリンてす SHB系のシャープブルーです 第3農園野菜区の現状です

2008-11-6

2008年11月6日(木)うす曇り時々陽射し

第3農園にて八つ頭の収穫、作付け跡にそら豆の播種と、玉ねぎの定植など

昨日の疲労があるのか、妻はかなり寝坊をし、朝飯にありつくまでには時間がかかりました。
結果、小生の出掛ける時刻はいつもより大分遅れてしまいました。

今日は第3農園の八つ頭の収穫、その跡地にそら豆(一寸)を一列蒔き、玉ねぎ(黄色晩生)を約250本植えました。
玉ねぎの苗は自分で蒔いたのですが、ヨトウムシの食害に遭いましたので、やむを得ず、ジョイフル本田で買ってきました。
併せて、草取りをなるべく省略したいので、一列5穴のポリマルチを買って来ました。
途中、リサイクルショップに立ち寄り、クラシックな石油ストーブを買い、ビニールハウスに持ち込みました。

11月に入り、朝夕はめっきり肌寒く、ベランダのサンシャインブルーは一気に紅葉してきました。
第3農園のコガネ虫に食べられて穴だらけの葉もありますが、紅葉してきたので撮ってみました。

農園近くのIさんから携帯電話で「甘藷をあげるから立ち寄るように」との連絡が入りました。
作業終了後、お宅に伺ったったところ、びっくりするほど戴いてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系のサンシャインブルーです NHB系のジューンです NHB系のウィシュブルーです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
NHB系のレイトブルーです LBのシグネクト(野生種)です Iさんから甘藷を山ほど戴きました

2008-11-5

2008年11月5日(水)曇り時々晴れ

第2農園オーナー宅の稲ワラと籾殻の片付け作業で終始しました。

既に脱穀されている緑米の稲ワラを束ね、第2農園に運んで積みました。
今日は沢山助っ人が来られたので、午前中、ワラを束ねる作業は皆さんにお願いし、小生と妻は第2農園内に運んで積み込みました。
脱穀後、一度も雨に当たっていないので、ワラの色が残っていて香も良いので、往来する人々が寄って行きます。
中には「しめなわを作るので一束譲って欲しい」などと云ってきますので、気前よく差し上げたりしています。

【最近は、殆どコンバインで刈り取り、細かく裁断して田圃にバラ撒いてしまいますので、ワラ細工や敷きワラにも事欠いている様です。
緑米のワラはコシヒカリのワラより15〜20僂曚苗垢、繊維はとても強いので、わら細工には最適と思います。
更に、農薬を一切使用していないので、家畜の飼料にも最適でしょうし、趣味で納豆を作るのにも宜しいかと思います。
農園周辺は、昆虫各種、クモ類、カエルなど沢山生息しています。】

昼食後、一段落した後で、第2農園オーナー宅の籾殻をビニール袋に詰め(5袋)、稲ワラと一緒に第3農園に運びました。
妻は今日一日、働き詰めだったと思っている様子、明日は筋肉痛と称し、全く動かないと予想しています。
1.jpg 2.jpg
昨日刈った緑米の切り株です、苗2本から約50本の分けつです 助っ人の方々の力を借り、稲ワラを第2農園に運びました
3.jpg
10時のお茶の一時です、助っ人の皆さんが大勢で、とても賑やかでした

2008-11-4

2008年11月4日(火)晴れ

今日一日、緑米の稲刈りなどを行ったので、とても疲れました。

第2農園隣の管理水田の稲刈りを妻と行いました。
正しくは、小生が稲刈りを行い、妻が水田の周りで束ねる作業を行いました。
この水田は、幾ら渇水期でもジメジメしていて、水不足にならないほどの湿田で、切り株の上に乗って歩かないと30僂曚廟ってしまいます。
乾田であれば刈り取りには1時間程度で済むでしょうが、小生1人で正味3時間ほどかかりました。
その後、妻のやり残している束ねる作業を行い、その後、竹を組んで「はざがけ」の準備をし、はざがけが終わったのが4時頃でした。
この小さな田圃で、どれくらい収穫出来るか分かりませんが、取りあえず自分(妻も少し入ります)で作った餅米です。
来週中頃には脱穀・籾すりを行い、順調にいきますと15〜16日頃にはお餅が食べられると思います。

1.jpg 2.jpg
午前中の作業はここまで、泥田なので足の疲労が激しく、ケイレン気味です 最終の6〜7株です、よく見ると雀の食害が凄いです
3.jpg 4.jpg
第2農園オーナーはバインダーで刈り取りです 午後4時に「はざがけ」が完了しました

2008-11-3

2008年11月3日(月)曇り

第3農園にて昨日切り取ったままにしていた八つ頭の茎を剥き、午後はティフブルーの剪定と、切り落とした枝の挿し木など

今日は終日曇っていて、ビニールハウスの吸入と排気、2つの換気扇を止めても19℃が最高気温でした。
その様な訳で、外は肌寒かったので八つ頭の茎(約30本)をハウス内に持ち込み、皮を剥いて干しました。
昼食後、ティフブルーを剪定、切り取った枝を拾って調整し、ハウス内で挿し木(約100本)を行いました。
午後3時頃になると、かなり陽が傾き、寒くなってきたので早々に片付け、引きあげました。
やはりビニールハウス内には、簡単な暖房機具が必要な様です。中古の石油ストーブとか・・・・・

自宅に帰り、庭の柑橘2種が色付いて来たのが目に留まったので、撮ってみました。
9月20日(土)のページに2枚の写真が載っています
1.jpg 2.jpg
ポンカンです、少々小粒ですが、仕上がりつつあります ジャンボレモンです、形がレモンよりダイダイになってしまいました

2008-11-2

2008年11月2日(日)晴れ

第2農園にて菜っぱ類や根菜類の収穫、第3農園にてオースチンの挿し木、八つ頭と里芋の収穫など

第2農園にて、妻は菜っぱ類の収穫、小生は久し振りに、ごぼうを掘りました。
約1メートルの深さまで掘り、自然薯のように曲がりくねった根を20本程掘り取りました。
桜島大根が、ヨトウムシなどの食害で半分ほどダメになったので、抜き取ってチンゲンサイの苗を植え付けました。

第3農園では、昨日採取したRE系のオースチンの挿し木(約170本)を行いました。
妻が八つ頭を10株ほど掘りましたが、芋の成長はほぼ止まっているようなので、近々にすべてを掘り取る予定です。
里芋(土垂れ)を3〜4株掘ってみました。
小芋の生長も止まって来た様なので、こちらの方も中旬までには掘り終える予定です。

1.jpg 2.jpg
桜島大根は害虫被害のため抜き取り、チンゲンサイを植えました 里芋の(土垂れ)を掘りました、出来は上々です

2008-11-1

2008年11月1日(土)晴れ

朝から晴れていたので、とても寒く、石油ストーブをつけて暖をとり、9時過ぎに第3農園へ行き、諸作業。

妻は家事のため、今日は小生1人で出掛けました。
第3農園へ直行、急に気温が下がったことから、八つ頭の茎が枯れて来たので、20本ほど切り取り、皮を剥いて干しました。

野暮用でIさん宅を伺いましたが、本人はお留守。
帰る際に奥さんから、ほうれん草、かぶ、春菊、ショウガなどをいっぱい戴きました。
ショウガ以外は作っておりますが、にわか百姓の小生には真似の出来ない立派なもので、圧倒された次第です。

昼食後、RE系オースチン24本の剪定を行い、落とした枝を挿し木用に100本前後採取、持ち帰って冷蔵庫に保管しました。
1.jpg
紫紺ノボタンです、晩秋から初冬に掛けて濃い紫が映えます