トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2008-2

<< 2008-2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

2008-2-29

2008年2月29日(金)晴れ

第3農園・パイプハウスの換気扇の取り付け

今日は1人で第3農園へ、パイプハウスの中が暑すぎ、植物にも人にも良くないので、換気扇を取り付けることにした。
換気扇は2月21日に2台購入し、殆ど手つかずになっていた。
先ず、ポンプの所にあるコンセント部分からハウスまで20センチ程度の溝を掘って、50丱櫂螢┘船譽鵐僖ぅ廚鯔笋瓠電気コードを通した。
次ぎに、換気扇の木枠を作る作業、細めのドリルを使って穴を開け、ネジを入れた途端、板にヒビが入り失敗した。
接着剤で貼り付け、再挑戦、何とか2つの枠を作り終え、次いで木枠を固定する部分の作成に取り掛かった。
パイプを切り揃え、ジョイントし、そこへ木枠をはめ込んで固定した。
考えることは一瞬ですが、実際の作業はかなり時間が掛かります。
空気の取り入れ用の換気扇は、若干手を加えたので時間が掛りました。
慣れた事もあり、排気用の換気扇は短時間で取り付けることが出来ました。
試運転したところ、大成功でした。
一生懸命やった割には作業効率が悪く、1日仕事になってしまい、5時半を回っていました。
1.jpg 2.jpg
空気の取り入れ用の換気扇の外観 空気の取り入れ用の換気扇の内部。
3.jpg 4.jpg
排気用換気扇内部 2月5日に買い、晴れた日には「浴光育芽」をしています 理由は、インターネットで検索してください

2008-2-28

2008年2月28日(木)晴れ

26日に引き続き、本日も第1農園の苗を第3農園へ移植

昨日の筋肉休暇のお陰で、朝から調子が良いので、オーバーワークに注意した。
しかし、現実は気になる事が多く、昼食10分後には動き出してしまい働き出していた。
妻は、小生のことを「魔物だ!」と言っておりましたが、では魔物の妻は魔女か山姥か・・・

自宅で育てたポット植3〜4年生苗数本と、第1農園の3〜4年苗を抜き、合わせて37本を第3農園へ運んだ。
隣の竹藪から竹の根が入り込んでいて、苗の根下に潜り込み、、養分を横取りしていた様です。
パイプハウスの換気扇は未だ取り付けてないので、トレイの挿し木苗を心配していました。
幸い、昨日は外気温が低く、風が強かったので、隙間風が入った様子で無事でした。
植裁した系統と品種は、NHB6本(ジャージー、ミエーダー、ウエイマウス、ジューン各1コリンズ2)、SHB5本(マグノリア1、ジョージアジェム4)HHB5本(チッペア、ノースランド各1、ノースブルー3)RE20本(ティフブルー、オースチン、スワニー、メンデイトー各1、コースタル2、ブライトブルー4、ブライトウェル、バルドウィン各5)です。
今日現在で、第3農園に植え付けたのは146本になりました。
明日からは第3農園のポット苗(3年生)に取りかかります。
1.jpg 2.jpg
第1農園で抜き取った竹の根 ブルーベリーの枝に産み付けられたカマキリの卵
3.jpg 4.jpg
自宅ポットで育てたノースランド 少ないようですが、36本ありました

2008-2-27

2008年2月27日(水)晴れ(強風)

今日は筋肉休暇・しかし少し働きました

早朝から天候は回復し、陽は出ているものの、強風が吹いていました。
今日は疲労気味なこともあって筋肉休暇をとりました。
早く起きると直ぐに何かをやり始めてしまうので思い切って朝食もノンビリと摂り、横になってテレビを見ていた。
しかし、ゆっくり出来ず、昨日まで第3農園に植えた品種の配置をPCで整理し、名札が外れても特定出来るようにした。
昼食後、ベランダのサルナシの剪定を行い、ついでに挿し木用の穂木を確保しました。
次いで、鉢植えのNHBの早稲種:ウェイマウスが弱ってきたので抜きとり、第3農園に持って行き露地植にします。

その他、美味なSHBのサンシャインブルーには毎年ヒヨドリが実を食べに来て、ヤツデの実のフンを土産にしていきます。
その様な訳で、ビッシリとヤツデが生えていて、これを抜き取るのにかなり手こずりました。
夕刻、歯科の予約があるので早々に終え、久々に(1ヶ月半振りにヘアドライアーを使い)超薄くなった髪の手入れをして出掛けた。
虫歯ではありませんが、年のせいでアゴが細ってきて、歯と歯の隙間が広くなり、食事毎にモノが挟まるので、強力なセメントで封印して貰いました。
これで鳥の骨程度はバリバリ食べることが出来ます。
食べ物が挟まる方は早々に治療することをお勧めします。30分程度で2ヶ所を行って貰いました。
歯磨きは義理の兄が作ってネット販売している「ハコベ・ナスの塩入り歯みがき」で、歯茎のマッサージには最高です。

2008-2-26

2008年2月26日(火)曇り夕刻から雨

本日も第1農園の苗を第3農園へ移植

昨日と同様、妻と第1農園の苗木(NHB系のレイトブルー2本)(SHB系23本品種はジョージアジェム、ケープフィア、シャープブルー、クーパー、フローダブルー、ブラッデン、デュップリン、オニール)(HHB系10本品種はチッピワ、ノースランド、ポラリス、ノースブルー、ノーススカイ、フレンドシップ)を第3農園に移植しました。
ノースランド以外は簡単に抜けましたが、何本かは小さいのに抜きづらいものがありました。
掘り出してみると、隣の竹藪から竹の根が延びていて、ブルーベリーの根の中に槍状に突き刺さっていました。
どうも成長が遅いと思っていたのですが、殆ど栄養を吸い取られていたようです。
今日までに4系統、約110本ほど移植しましたが、全体としては未だ、まばらな状態です。
連日の肉体労働で少々疲労気味です。
明日は天候が良くないようですし、午後は歯科に予約をしているので臨時休業です。
dc0226031.jpg dc0226071.jpg
SHB系区です。農園らしくなってきました アロエベラ、トウが立つとはこのことでしようか?

2008-2-25

2008年2月25日(月)晴れ

第1農園の苗を第3農園へ移植

23日と同様、第1農園のNHB(デューク、レイトブルー各5本)。
SHB(シャープブルー5本、クーパー4本、フローダブルー、ケープフェアー各3本、)
HHB(ノースランド1本)総数26本を1時間で抜き、第3農園へ出発した。
1年苗を4年間育てたものですが、今日の苗は根が浅く、情けないほど簡単に抜けてしまいました。
貰い水で遠慮気味に潅水していたことが原因です。潅水はブルーベリー栽培の基本と実感した次第。
パイプハウス内の1年苗が心配でしたが、強風だったので、小さなすき間で十分に換気が出来たのか、大丈夫でした。
今日の移植で75本になるが、第3農園は広いので目立たない。
昨日、久し振りに「はみDEM」さんあてにメールを出したところ、今日返事のメールを頂いた。
元気な様子でしたので安堵した。
肉体労働で、少々バテ気味です。妻は常に軽労働ですから明日もやる気十分です。
男が長生き出来ないのは分かるような気がした。
1.jpg 2.jpg
NHBは36本になった SHBシャープブルーの花芽

2008-2-24

2008年2月24日(日)晴れ(1日中強風)

第1農園へ行ってはみたものの・・・

昨日と同様、植えかえをする予定で第1農園へ行ってみた。
農園に着くと、家の付近以上に強風が吹いていて、砂ぼこりで目も開けていられない。
此幸いと早々に引き上げて、久々に早めの昼食にした。
農作業モードになっていたので、家に帰ってきてもやる気が出ない。
そんな訳で、昨日に引き続きオールナイトニッポンを聞きながら終日ボーとしいる。
第3農園のパイプハウスは閉め切っているので中に入れてある1年苗が心配。

2008-2-23

2008年2月23日(土)晴れのち曇り・雨・晴れ(暴風)

第1農園のHB大苗を第3農園へ移植

今日も妻と第1農園の北部ハイブッシュ系品種を移植することとし、9時から作業開始した。
品種はランコーカス4本、スパータン3本、ブルーレイ3本、ネルソン2本、チャンドラー2本、サニーブルー2本、スタンレー、ウェイマウス、ワシントン、コリンズ、ダロー、アイバンホー、ジューンが各1本、品種不明3本。
総数26本を約2時間で抜き、軽トラに乗せて第3農園へ出発。
北部ハイブッシュ系の移植エリアは入口の両サイドで、パイプハウスやポット苗の近くに植えた。
ラビットアイ系と比較するとほぼ同年数栽培していてもかなり小ぶりである。
チャンドラーなどは潅水を適正に行えば、かなり大きくなる予感はする。
2時頃から空模様が急変し、雷が鳴って冷たい雨が降り始め、突風が休み無く吹き荒れ、砂煙が凄まじかった。
作物も作付けしないで、除草剤を年間何回も散布し、草も生やさないと写真のような光景になります。4時半に農園を後にした。
夕食後、パソコンに向ったところ、元同僚であったA島のNさんからメールを頂いた。励ましの言葉があり、とても嬉しかった。
Nさんの話によると、T&FのTさんの大学の2〜3年ほど後輩とのことでした。
1.jpg 2.jpg
北部ハイブッシュ系26本植えました 突風が吹き荒れ、軽い体が浮きました

2008-2-22

2008年2月22日(金)晴れ

ベランダ苗を第3農園へ移転・椎茸の駒打ちなど

ベランダの2年生苗5トレイ(60本)を車に乗せ、少々早めに家を出た。(邪魔だったものが消え妻は喜んでいる)
第3農園に荷を降ろし、パイプハウスのドアを開け、1年苗が蒸れないようにして第2農園のオーナー宅へ向かう。
椎茸の駒打ち開始時刻は10時なので忙しい。昼食時間を挟んで2時半頃に完了した。
100本前後だが、3人で結構頑張ったと思う。
1人で全行程をやると、1時間に5〜6本程度しか出来ない。
分担して共同作業で取り組んだので意外と早く終わった。
夕刻、パイプハウスを建てるのを手伝ってくれたIさん宅にパッションフルーツの苗を持参した。
その後、建築会社社長のHさんの事務所に伺い、換気扇の枠、1セット購入したものを2セットに切り分けて頂いた。
明日はハイブッシュ系の移植・灌水・換気扇の取り付けなど、やることが山ほどある。

1.jpg
手前の5トレイをベランダから運んだ

2008-2-21

2008年2月21日(木)晴れ

第3農園へ大苗の移転・換気扇を買いに

朝から張り切って第1農園のラビットアイ系苗木を掘り取った。妻も珍しいことにスコップなどを持った。
ホームベル6本、コースタル2本、スワニー、バルドウィン、エッセル、メンデイトー、ウッタード各1本の計13本を堀取り、第3農園へ軽トラで運んだ。
特に、コースタルとメンデイトーは直根が太くて長く一昨日のフェスティバル同様、根切りに時間がかかった。
ホームベルより根の張りが強いので、接ぎ木の台木には最適と思われます。
特に、フェスティバルは土質を選ばない様に思います。
先日建てたパイプハウスは換気設備がないので、室温が上がり過ぎ、挿し木の苗木が煮えてしまう恐れがあるので、ホームセンターで換気扇を2基買った。
自動で運転するように安物のタイマーも買い、明日以降ノンビリと取り付けする事にした。
1.jpg 2.jpg
アロエベラかなり伸びました 23本植えました
3.jpg
フェスティバルは2.6mあります

2008-2-20

2008年2月20日(水)晴れ

第3農園へ挿し木トレイ移転・椎茸原木引き取り・駒打ち

朝一番、自宅回りの挿し木苗を乗用車で第3農園のパイプハウスに運んだ。
昨日運んだものと合わせると12トレイになる。
お陰で車の中は泥まみれで、乾くとホコリっぽいにおいがする。
昨日移植した大苗(既に成木に近い)に潅水を行った後、空っ風でかなり乾燥しているのでポット苗にも潅水を行った。 
自宅で昼食を摂り、第2農園オーナーのKさんと助っ人のGFさんと小生の3人で椎茸原木を引き取りに行く。
全体で千本以上の申込みがあり、オーナーが150本を申し込み、うち当方が50本分けて頂きます。
何故か早い者勝ちが世の常のようで、太くて筋のいい原木を優先的に選択できるとのこと。
此方は2番手だったので太目の原木を殆ど確保する事が出来ました。
帰り際、振り返ると残りものは細ものが多く、若干申し訳ない様な気がした。
持ち帰って直ぐに3人で60本程の駒打ちを行った。
1.jpg 2.jpg
挿し木は全部で12トレイ 昨日植えたラビットアイ
3.jpg 4.jpg
中央通路・ピートモスは重くて動きません 原木のナラとクヌギは良質でした

2008-2-19

2008年2月19日(火)晴れ

第3農園へ大苗の移転。

第3農園の中央通路にダンプ6台分のウッドチップが山になっている。
圃場の一番奥にラビットアイ系を作付け予定なので、軽トラが奥まで入れるように山を崩す作業を優先した。
簡単に出来ると思っていたらお昼までかかってしまった。
昼食後、第1農園の5〜6年生ブルーベリーの大苗10本を第3農園に運んだ。(ティフブルー3本、ホームベル4本、ブルーシャワー2本、フェスティバル1本)。
昨年、第2農園に運んだ時より更に大きくなっていたので、持て余した。
特にフェスティバルは太い根が70冂深く入っていて、スコップで簡単に切れなかった。
根に付いた土も簡単に落ちないのでかなり重く、筋肉痛の原因になっている。4時半までに植えつけ、作業を終了した。
1.jpg 2.jpg
ウッドチップを均しました 昨年の挿し木を家周りから6トレイ移転
3.jpg 4.jpg
ラビットアイ系は大株になります フェスティバル(太くなりました)

2008-2-18

2008年2月18日(月)晴れ

今日は小生の筋肉休暇です。

昨日から今日は農園には行かない予定にしていたので、朝はノンビリと食事をした。
ブルーベリー苗の商談時刻は10時過ぎなので、家周りの2年生苗に名札を付けた。
お客様は、ご近所のある団体で、苗を導入し、ジャムなどの加工・販売の計画をしているが、従業員が足りないらしい。
余り具体的商談には至らなかったが、驚いたのはブルーベリー栽培の予備知識が余り無かったことで、品種選び・植え付け・剪定など当方で教えることになりそうである。
かなりボランティア的な事になりそうだが、「お客様はありがたい」と思わないとやっていけない。
昼食は、ご一緒した地主のKさんと2人でゆったりと行い、2時半頃に自宅まで車で送って頂いた。
明日からハードな農園作業がまた始まる。
1.jpg
アロエベラ2月14日よりかなり伸びました。   

2008-2-17

2008年2月17日(日)晴れ

第3農園のパイプハウス完成

今朝は少々風が吹いていたが、是が非でもハウスを完成させたいので、9時前に家を出た。
ドア部分の取り付け方がわからないので、先日見学させて頂いたIさん宅のハウスを再度見学させて頂いた。
Iさんは気軽に「手伝ってやるよ」と言ってすぐに来て、至らない部分をこと細かく教えながら手伝ってくれた。
お陰で、ビニールを張り、ストッパーの取り付け、ビニールを止めるテープを着けることも出来ました。
ハウスの周囲をウッドチップで積み、4時半頃に完成した。
北風が強く、とても寒いのに、中に入ると別世界でした。
今まで鼻水を垂らして手袋にカイロまで入れていたのに、これからポット植の苗の剪定や名札の付け替えは楽しみになりました。
明日は記念すべき、初のブルーベリー苗の商談日です。
1.jpg 2.jpg
朝のスタート時、Iさんと妻 ほぼ完成しました

2008-2-16

2008年2月16日(土)晴れ

今日も寒い1日でした

例年になく寒い日が続きます。
今日は風が強いのでパイプハウスのビニール取り付けは延期です。
予定を変更し、第2農園の幅2.5m程に植えてある、だいこん、、ほうれん草、小松菜、などを片付けて、ブルーベリーを移植するため、1列14個の穴を2列掘りました。
殆ど汗はかきませんが、かなり疲れました。
昼食後、珍しく甘いものを口にし、落ち着きました。
サラリーマンならば今日、明日はお休みですが、今は立場が違います。取り合えず今年は基礎作りの年として、肉体労働中心の作業メニューをやる必要があります。
4時頃、早々に引き上げて帰宅したところ、実家から色々な山の幸などが入った荷物が届いていた。
昨年11月に田舎から買って来たりんごが丁度なくなった頃なので、とても感激でした。クルミも美味でした。
1.jpg
田舎から山の幸が届いた

2008-2-15

2008年2月15日(金)晴れ
第3農園での作業(パイプハウス建設2日目・ウッドチップ搬入)
今日は昨日に比べると穏やかで暖かい1日でした。
朝、オーナーのYKさん宅に行ってみると奥さんが、水田の貸借契約の件で行き違いがあり、白紙になったとの事。YKさんが借り受け者で、農地法上の使用収益権を設定した契約をする予定でいたのですが・・・
要は、「他人に貸すと盗られてしまう」という事らしい。

第3農園に着くと昨日教えてくれたIさんが心配して来てくれました。
ストッパーの付け方を教わりつつ取り付け作業も手伝って頂きました。
Iさんは野菜作専業で、特にスイカ作りのプロとの事です。1時間程のレッスンでしたが、かなり習得出来ました。
昼食後、 H木材店のIさんにウッドチップを4トンダンプで6台搬入して頂いた。これでトータル26台になった。
パイプハウスの骨組みは5時少々前に完了しました。
明日風が吹かずに穏やかであれば、ビニールを張ることが出来ます。
楽しみにしているスイーツなルーム?が完成します。
1.jpg 2.jpg
昨日夕刻迄の進捗状況 夕刻、骨組みほぼ完了
3.jpg 4.jpg
21台目の搬入 中央通路全てに搬入

2008-2-14

2008年2月14日(木)晴れ

第3農園での作業(ビニールハウスを建てています)

奥行き5.5m幅4.0mのビニールハウスを立て始めた。13対のパイプを差し込むのがやっとでした。
パイプストッパーなどが何種類も箱の中に入っていますが、初めてなので何処に使うのか分かりません。
やむを得ず隣のTMさん宅へ教わりに行ったところ、近所のIさん宅のビニールハウスを見学させて頂きました。
更に圃場まで来て具体的に教えて頂きましたので、明日からの組み立ては順調に行きそうです。
昼から4時半頃迄で、この程度しか進まなかったのは不本意でした。解っていることと知らない事とではこれ程違うのかと実感した次第。
とてつもない肉体労働をしたので胸と腕の筋肉が熱を持っています。明後日頃が痛くなると思います。
今日は、バレンタインデー。小生には全く関係ないと思っていた所、世田谷のKさんからフランス製の高級チョコレートを送って頂き感激でした。
早速戴きました。お礼の電話をしたのですが、留守電になっていました。
自分の部屋に入り電灯を点けたところ1月21日のHPに掲載した一番左のアロエベラに蕾が着いていたので写真を撮りました。今後、成長記録を時々載せる予定です。
1.jpg
同居しているアロエベラ、蕾が着きました。

2008-2-13

2008年2月13日(水)晴れ

第1農園での作業(剪定と挿し穂採取・買い物)

今朝は寒気団が押し寄せて来て、風も強く吹いている。玄関を開けると外出がイヤになった。
妻は当然農園へいくものと思い弁当を詰めて用意している。
萎える気持の余裕を与えず、否応なく出て行かなければならなくなっている。
仕事のメニューは山ほどあるので、いざ家を出ると作業の段取りを確認しながら第1農園へ到着、ここにはブルーベリー2〜6年生の苗が約225本程度のあり、第2農園へ53本追加移植します。残りは第3農園へ移植します。

先ず、第2農園へ移転する木を再確認しつつテープの付け替えを行った。その他は第3農園へ運んで植えます。
第3農園は密植栽培にするので、第3農園の3年生苗と合わせ、最終的には700本前後になると思われます。
通常の摘み取り園の場合の1.5倍の植え付けになる予定です。
3時頃から急に風が強くなり、頬被りをしていたが耐えられなくなったので作業を止め、ジョイフルホンダへ買い物に行き、1mの単管10本を半分にカットして貰った。併せて、直結クランプ20本を買った。パイプハウスを建てると少々高くなるので、エスター線を50儿發張る事とした。
帰宅時刻は5時を過ぎていた。
流石に今日は近隣で農作業をしている人は見掛けなかった。

2008-2-12

2008年2月12日(火)雨

雨により農園作業は臨時休業でした。

朝から雨が降っているのでベランダでの作業。
挿し木から2年生の苗の剪定と名札を取り付けた。
余りにも寒いので携帯カイロを背中、腹、両足などにペタペタ貼って始めたが、1時間程度で寒気がしたので一旦部屋に入り暖まり、防寒用のズボンをはいて再度挑戦。
手袋にもミニカイロを入れて完全防備。
福田さんからのフクベリーも剪定した。折角伸びた枝を切り取るのは勿体ないように思うが、やむを得ない。素晴らしい成長力でした。
フクベリーの成長記録
1.jpg
平成18年7月5日拙宅へ
2.jpg 3.jpg
平成19年6月9日実が一杯着いています(右の2本) 平成20年2月12日現在、根元は小生の親指ほど(拙宅に来た時は中央の小ポット程度だった)

2008-2-11

2008年2月11日(月)晴れ

午前は第2農園、午後息子一家が来た。

祝日であるが余り生活には影響がない。何時も朝はゆったりとしたリズムで始まる。
遅い朝食後、狭い庭に置いていた椎茸のほだ木を15〜16本程第2農園へ運んだ、茸が出るか分からないが、楽しみを持つ方が何もしなより良い。
特に、欅からどのような椎茸が出てくるか興味があります。
取り合えずほだ木を積み重ね、稲ワラで日影を作り、菌糸の回るのを待ちます。
終了後、ブルーベリーの剪定と挿し木の穂木を採取した。
突然、ゆっくり来るはずだった息子一家が既に近くに来ているとの携帯電話、急遽切り上げて帰宅。
息子一家と久し振りに再会して昼食を共にしつつ歓談。昼食後息子にHPの手直しを若干行って貰った。

2008-2-10

2008年2月10日(日)晴れ

第3農園での作業(日曜出勤です)

9時半に出勤、現地到着10時前。
ぬかるんだ圃場は出入りに不都合なので、第2農園に置いてあるリヤカーを軽トラに積み込んだ。
車いすの折りたたみのようにコンパクトになるので簡単に乗ります。
ウッドチップは山ほどあるので幾ら運んでも構いませんが取りあえず2台運んで入口周辺にばらまいた。
当初予定していたビニールハウスの立ち上げは、妻が来れなかったので後日組みたてるこにした。
近々に第1農園から5〜6年生の成木に近いものを移植するので、急遽灌水用ホースの延長部分にバルブと灌水ノズルの取り付けを行った。(国際規格ポリエチレンパイプ外径32估盞贈横境弌∩環坑坑m)
昨年春に購入し、準備はしておりましたが、1年遅れになってしまいました。
試験放水したところ、70m以上延長しても殆ど減衰することなく散水出来ることを確認し安心した。
今後、3〜4ヶ所の分岐を取り付け完了します。
この部分は、国際規格ポリエチレンパイプ外径25估盞贈横鵜弌∩環垢韮隠横mあります。
将来は半〜自動灌水(サンホープ・アクア)にしようと考えています。
配管作業が一段落したので第3農園の3年生苗の剪定と名札の付け替えを35ポットほど行いました。
夕暮れ近くになり急に気温が下がってきたので4時半に手じまいをし、帰宅した。
明日は息子一家が来る予定。孫の成長は如何。楽しみである。

2008-2-9

2008年2月9日(土)曇り後雨

肌寒い1日でした。

昨日から、明日は休養日と決めていたので、今朝はノンビリと起きた。
NHKラジオ深夜便の源氏物語の朗読などを聞き入っていた。
毎夜ラジオはつけ放しで何時も中途半端になって眠ってしまいます。
一昨夜は確か三代目海沼実さんが出演し、童謡などの解説をしておられ、眠らないようにと思っていたのですが、ガクンとなって朝になっていました。

さて、本日は、内職を一日中やっておりました。
ブルーベリーに付ける名札のプリントとカット、そしてラミネート作業、ここまでの工程を夜なべ仕事を含め、6時間程度やりました。
さぁー、名札一枚当たりの単価はいくらくらいになるのでしょうか。
外注で作成した方が、美しく且つ廉価で済むでしょう。実に非効率的な事をやっています。
昨日の当地の天気予報は雪とのことで、大雪でも雪かきが出来るように、除雪用スコップの柄の修理(補強し、柿渋を塗った)をし、準備万端だったのに夕方から雨が降り始め、10時を過ぎた現在も降っています。
都内でも練馬区の方面はかなり積もっている様子です。
1.jpg 2.jpg
ラミネート中 ラミネート完成、残るはカットです。

2008-2-8

2008年2月8日(金)晴れ

第1農園・第2農園で作業

第3農園は雪が多く、ビニールハウス建てるのが難しいので予定を変更した。
第2農園で妻は大根など野菜の収穫、小生は剪定をしつつ、挿し木用の穂木採取と名札の付け替えを行った。
クーラーボックスに雪を放り込んでビニール袋に名札を入れてその中に穂木を収納した。
昼食後は第1農園に行き、午前とほぼ同じ作業をしたが、足下には雪があり、北風が頬を切るような冷たさになったので、4時前に退散した。
穂木はリベイル、ミスティー、オニール、マグノリア、デューク、スタンレーなど100本程度確保。 
妻は早々と風呂に入って温まっていた。

ブルーベリーサイトではメジャーなT&Fさん
昨日Fさんあてにメールをし、小生のHPサイトをお伝えした。
本日、返信があり、突然126万9千件以上のアクセスのあるサイトで紹介されてしまった。
とてもプレッシャーがかかります。

2008-2-7

2008年2月7日(木)晴れ

第2農園の降雪の状況と、第3農園での作業

昨日は細かい雪が一日中チラチラしていて、冷えている部分は少々積りました。
第2、第3農園もやはり積っていました。
今日は第3農園にビニールハウスセットが配送されてきましたが、建てるのは雪が融けるまで待ちます。
作業メニューは沢山あるので、先日に引き続き3年生苗の剪定と名札の付け替えを行いました。
指先が冷たいのでミニの携帯カイロを手袋に入れたのですが、それでも冷たさが伝わってきました。
約100ポットほど仕上げた頃に北風が強くなったので速やかに返り支度をし、3:30頃に帰宅した。
1.jpg 2.jpg
第2農園の玉ねぎ、一昨日除雪したのに又雪が降りました
3.jpg 4.jpg
第3農園、ビニールハウスの各部品 ブルーベリー苗の剪定と名札の付け替え作業
5.jpg 6.jpg
ポットの高さ、直径ともに20

2008-2-6

2008年2月6日(水)雪

寒い1日で、まさに冬ごもりでした。

朝方から雪が降っていましたが、殆ど積もりません。
外出は郵便局とクリーニング店へ行っただけです。
午前中は先日H木材店から頂いてきた原木にクリタケの種駒を打ち込み、昼食後はブルーベリー苗の足りない品種の名札をラミネートした。とても手間のかかる作業で、夕食後、11時過ぎまで行いました。
一昨年挿し木をしたものが1,200本程度家周りやベランダに置いてあり、早く農園へ運ぶように妻がうるさく、近々に名札を付けて軽トラで運び出す予定です。

2008-2-5

2008年2月5日(火)晴れ

第2農園にて作業・雪が融けません

今朝は真冬には珍しくとても濃い霧でした。「霧の日は晴れ」と昔から言われています。
妻とピクニック気分で9時頃に出発。
第2農園に着いたら良い天気になっていたが、雪が深く、野菜が見えないのであきらめ、買い物に行くことにした。
国道16号線沿いのホームセンターへ行き、ビニールハウスを購入した(間口4.5m奥行き5.5m)。
2時頃第2農園に戻ってみると幼い小松菜やターサイも雪の中で元気でした。
玉ねぎの上を覆っていた雪を取り除きました。
ブルーベリーのミスティーの芽が大きくなってきました。少々早過ぎます。
1.jpg 2.jpg
昨日入手した米糠、早速農園へ 小松菜は雪の中で元気です
3.jpg 4.jpg
ターサイも元気です 実家から貰った玉ねぎ、除雪しました
5.jpg 6.jpg
ブルーベリーのミスティーです 今日の日の入りは5:00ジャスト

2008-2-4

2008年2月4日(月)晴れ

朝寝坊・表通り掃除・苗木整枝剪定・名札付け

昨晩と言うより、今朝3時までパソコン作業をやっておりまして、8時に起床しましたが、寝不足です。
第2農園・第3農園の移植計画見直し等、肉体労働以外でもこの様な作業も結構時間がかかります。
朝食後、苗などに付ける名札の整理をしました。(先日農園で作業をしていて4系統・60品種の名札がバラバラになって混ざってしまったのです。)
昼食後、家周りで育成している2年生苗の整枝・剪定と名札付けを行いましたが、薄暗く寒くなったので温室の中に持ち込んで、電灯を点けて5時過ぎまで行いました。
終了後、先日実家から送って頂いた米を精米してきました。
無人精米所には米糠が沢山あり、籾殻入れポリ袋に2つ戴いて来ました。とてもラッキーでした。
1.jpg 2.jpg
昨日向のお宅が作った雪だるま、6人家族です 拙宅の前、道にせり出していた雪を削りました

2008-2-3

2008年2月3日(日)雪

1日中雪が降っていました

夜明け前から雪が降っています。
とても寒い1日で、今日は5分間も外には出ていません。
軍手をして、甲の部分に携帯カイロのミニを入れ、温めています。
実は、第3農園で手を濡らしたままブルーベリーの名札の交換などを行っていて冷えたようです。
脂肪が沢山付いていればシモヤケになるのでしょうが、残念ながら脂肪がないので只、違和感があるだけです。
前のお宅のご家族は道路に出て雪かき兼雪だるま作りをして楽しんでおりました。
融けないで全て積もれば30儖幣紊砲覆辰燭隼廚い泙后
1.jpg 2.jpg
ナナ姫がベランダで雪見 お向いのご家族が雪遊び

2008-2-2

2008年2月2日(土)曇り

第3農園での作業

いつもの事であるが、職人さんの朝は早い。
自宅周辺は霜が降りていなかったが、現地の畑には霜柱が立っていた。 
H木材店のIさんから「明日は8時から搬入をします」と言われたが8時半にしてもらった。
待っている間、風も無いので、昨日集めておいた枯草を燃やして暖をとっていると1台目が搬入されてきた。
通路の左側の圃場はほぼ片付き、来週からは移植作業を始められる。
反対の右側の圃場は殆ど草を刈ってないので、全体の1/3程度を刈り払った。
夕刻5時まで剪定作業と名札の付け替えをし、終了した。
農家の人の手には程遠いが、かなり火照って団子状になってきたので記念に撮った。
1.jpg 2.jpg
今日は8台、合計20台搬入 串団子状です

2008-2-1

2008年2月1日(金)晴れ

第3農園での作業

今日から2月である。退職して早1ヶ月となった。
退職する前は、時間がたっぷりあり、やりたい事がいとも簡単に出来ると思っていた。
しかし、頭で考えたことと実際に行うことは可成りギャップがあります。
今までは土日に目一杯働けたが、1月からはそのような労働を続けたら倒れてしまいます。
特に、昨今は寒いので携帯カイロを何枚も貼り付けていますが、夕暮頃に
なると疲労感がズーンときます。
今日の作業は昨日に引き続き枯草を刈り取り、野焼きを始めましたが風が強くなってきたので取り止め、ブルーベリー苗の名札の付け替えを行いました。
また、 H木材店のIさんに午後1時頃から4時頃まで4トンダンプで6台搬入して頂いた。
昨日と合わせて12台搬入したことになる。
搬入終盤には通路にも70〜80冑澆い凸磴ぜ蠢阿髪はループにして苗などはトラックで運び込む予定。

1.jpg 2.jpg

ウッドチップの山が大きくなっていきます