トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2008-6

<< 2008-6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2008-6-30

2008年6月30日(月)曇りのち晴れ

自宅温室の解体、第3農園にて2~3年苗の選別作業など

かねてより、近所の工務店に依頼していた、温室の解体をして頂き、1時間ほどお手伝いをしました。
小生がいると、大工さんがやりづらい様なので、農園へ行くことにした。
第3農園へ直行し、以前からブルーベリー苗の植え付け方も含め、苗の依頼を受けているので、その選定をしました。
品種選定は任されているものの、いざ、選び始めると難しいものです。
大多数は、名札を枝に付けていないので、逐一付け替える作業も結構手間が掛かります。
夕方6時半頃まで行いましたが、50本程度選定したところで片付け、帰宅しました。
明日の午前中までには仕上げたいと思っています。
自宅に帰ってみると、温室はすっかり片付き、スッキリとしていました。

1.jpg 2.jpg
温室解体後は、スッキリしました 庭のアジサイが見ごろです

2008-6-29

2008年6月29日(日)大雨時々小雨

一日中、予想以上の雨降りでした

朝、5時頃は未だ雨は降っておりませんでしたが、5時半頃から降り出し、殆ど止むことなく一日中降っていました。
夕刻近では小雨になり、一時は止んだかにみえましたが、また降り出してきて、現在(21:35)も降って居ります。
ブルーベリーにとっては果実肥大の時期なので、雨降りは一定程度は歓迎ですが、日中は太陽さんの顔を拝みたいものです。
更に、先日新梢伸長を促すために施した硫安を効かせるには、程々の水分は必要ですが・・・
自宅の庭に植えているポットには水が溜まり、決して良い状況ではありません。
明日以降、しばらく天候も回復するようなので、期待しているところです。

2008-6-28

2008年6月28日(土)うす曇り

第2農園にて摘み取り・野菜の収穫、午後は自宅周りの片付け作業など

明日、摘み取り予定でしたが、天気予報では高い確率で雨模様なので、急遽第2農園で摘み取りを行いました。
昼食後、訳ありで、摘み取りは途中で切り上げ、自宅に帰り、家周りの掃除などをしばらくぶりに行いました。
10年分の垢が沢山出てきて、7時を過ぎても終わらないので、暗くなって見えないことをいいことに、終了しました。
1.jpg 2.jpg
NHB系デュークです SHB系ミスティーです
画像ファイルが存在しません。 4.jpg
落花生が育ってきました、もうじき黄色い花が咲きます 手前がコンニャク、奥が里芋類です

2008-6-27

2008年6月27日(金)曇り時々晴れ

第3農園で、有ってはならないことが・・・何か恨みでもあるのでしょうか。

今年の春、チューリップの花が、何者かに切られた事件がありました。
まさか、自分の身の回りで起きようとは・・・。
第3農園の南側ゲートの両サイドに60本ほど大輪のひまわりを植えました。
ようやく最近、根が張り、伸び始めたところでした。
4〜5本程度被害を免れていましたが、何時までもつ事やら・・・
薙ぎ倒した様子は、一心不乱に立ち回ったように思われ、とても正常とは思われません。
さぞ、全部刈り倒した後は、息があがっていたと思われます。
この光景を朝一番に見てしまったため、怒りを通り越し、脱力感にみまわれ、肉体労働をいつもより行ったのですが、何故か疲れが残りませんでした。
1.jpg 2.jpg
美しくないので掲載したくなかったのですが、載せました。
3.jpg 4.jpg

2008-6-26

2008年6月26日(木)雨のち曇り

農園作業はお休み、自宅でジャム作りなど

今日は農作業はお休みなので、朝食はゆっくりと摂りました。
冷蔵庫の中が、加工用ブルーベリーが一杯になってきたので、取りあえず、5塋を行うことにし、気合いを入れました。
一口に「ジャム作り」と云いましても、沢山の行程があり、下準備がかなりあります。
本日、行った小生のジャム作りを簡単に披露します。
先ず、台所廻りや流しの中は片付け、余計なものがない状態にします。
〕憧錣離咼鵑罰犬鮴浄し、熱湯に浸けて引き上げ、水切りをしておきます。
▲屮襦璽戰蝓疾顕未魴徇漫複記圈砲掘△修裡毅亜鵑虜重(グラニュー糖 2.5圈砲魴徇未靴泙后
ブルーベリー生果を流し水で良く洗い、塵埃、ヘタ等を取り除き、ザルに入れて水切りをします。
て蕕函⊂し器を洗って用意しておきます。
ゥ屮襦璽戰蝓疾顕未鯑蕕貌れ、強火で煮立て、焦げないように丹念にかき回します。
ι發出てくるアクをすくい取ることにより、味はスッキリとし、色合いも鮮やかになると思います。
Д哀薀縫紂偲投入は3回に分け、攪拌しつつ静かに入れ、全部入れ終わってから、しばらくの間、静かに攪拌し続けます。
┘咼鵑鯤造戞広口の漏斗(じょうご)を使って熱いうちに充填し、ビンの縁をぬれ布巾等で拭き、蓋を軽く閉じます。
充填したビンを蒸し器に入れ、強火で25分間殺菌した後、素早く蓋を強く閉め、更に強火で5分間殺菌します。
蒸し終わったら、熱湯の中にビンを入れ、良く洗い、水切りをし、ラベルを貼って終了です。
蓋を指先で爪弾くと高い金属音がしたら大成功。鈍い音の場合は抜気が上手く行かなかったので、やり直すか、早めに食します。

片付け前、鍋底のジャムをパンに付けて食べたり、舐めるのも、ささやかですが至福の一時かも・・・・・
1.jpg
23本作りましたが、既に7本おつかいに行きました。

2008-6-25

2008年6月25日(水)曇り時々晴れ

第3農園にて摘み取り作業など、第2農園にて草刈り・野菜収穫など

午前中は第3農園に行き、妻は摘み取りを行い、小生は一昨日第2農園にて採取した穂木の挿し木を行いました。
アバウト雨量計のバケツの中は、約7僂曚瀕っていましたが、9僖櫂奪箸瞭麈生苗が乾き気味だったので、急いで潅水を行いました。

ポット植のチャンドラーは100円玉より若干大きくなり、最大は500円玉ほどになるようですが、どうなることやら・・・・・

きゅうりは病気で直ぐに枯れてしまうので、今までは殆ど作らなかったのですが、今年は何本か植えました。
本日、ようやく初収穫が出来、妻は念願がかなって大喜びでした。

昼食後、第2農園へ行き、小生は園内を草刈り機で刈り取り、ついでに何本かの新梢を切ってしまいました。
根元の草取りは手作業で行うべきと、大いに反省致しました。

隣の緑米を植えた田圃は雑草が多く、更に、アオミドロの繁殖も凄く、苗が隠れてしまっているので、急遽、草取りと補植を行いました。
途中、腰が痛くなって来たので、半分ほどで切り上げ、後日行うことにして上がりました。

それにしても、このところ寒暖の差が激しく、夕方になると冷えてきて、汗も一気に引いてしまいます。
隣の農家のご主人は、「寒すぎて枝豆の実の入りが良くない」と、言っておられました。
冷害にならなければよろしいのですが・・・・・・

現在、一定の野菜などの自給をしていて、その楽しさや、心強さを実感しつつあります。

1.jpg 2.jpg
ポット植のチャンドラーです 初収穫のきゅうりです

2008-6-24

2008年6月24日(火)晴れ

第2農園にて摘み取り作業、素晴らしい「のぼり」の威力

昨夜、ブルーベリーその他を息子宅などに送ることにし、梱包したのですが、箱のスペースが大きすぎて新聞紙を入れても間に合いません。
急きょ第2農園に行って馬鈴薯の「キタアカリ」と「男爵」を掘って自宅に引き返し、泥付きのまま箱に詰め、農園へ行く途中で発送しました。
クール宅急便で 送る様に依頼をしなかったため、常温のまま送ってしまいましたが、夕刻には無事届いたようでした。
久々に、眩しいくらいに明るく、ブルーベリーにとってはかなり良い天気になりました。
今日の作業は、第2農園の摘み取り作業が中心で、直売も行いました。
ここで、事前に買い求めていた、日本ブルーベリー協会の 「のぼり」が農園 デビューしました。
とても目立って、集客力抜群です。妻は立ち止まった方々に声を掛けると買って頂き、とても喜んでました。
明日は第3農園の摘み取り作業です。
1.jpg 2.jpg
日本ブルーベリー協会会員用「のぼり」の威力は見事です お客さんが興味を持って寄って来てくれました

2008-6-23

2008年6月23日(月)曇りのち一時小雨

第2農園にて緑枝挿し穂木の採取、温室内の棚を搬送、第2農園の収穫など

今日は妻の健康診断のため、検診所まで送り届けてから第2農園へ向かいました。

緑枝挿しは今の時期に行わないと、発根率が落ちるので、急がなくてはなりません。
NHB系2品種とSHB系3品種を採取、約170本ほどクーラーボックスに保存し、明日第3農園で挿し木をする予定です。

午後は、自宅温室内のスチール棚を運ぶため、軽トラを使って一旦自宅まで戻り、第3農園まで運搬しました。
既に、妻は検診から帰っていたので、第2農園のオニールの熟し方が急なので、摘み取り作業、小生はそのまま3農園へ。

当地の明日の天気は曇りの様なので、収穫作業を引き続き行う予定です。

1.jpg 2.jpg
SHB系のブラッデンも良く熟して来ました 今年植え替えたSHB系のヒトミは弱々しいです

2008-6-22

2008年6月22日(日)雨

雨降りのため農園行きは中止、緑枝挿し、実生苗の移植など

朝方は雨が降っていたので、テレビの時代劇チャンネル「剣客商売」をゴロリとしながら見ていました。
小雨になったので、ベランダに出て、SHB系のサンシャインブルーが熟してきていたので試食をしました。
このサンシャインブルーは、葉は極小さく、細く、落葉しづらい特徴のある品種です。
生長しても1メートル以上にはなかなかなりません。
甘みは強く、美味なのでヒヨドリは毎年通って来ます。
混み合っている枝を30本ほど切り取り、緑枝挿しを行いました。

昼食後、RE系の実生苗を9僖櫂奪箸烹核椶困聴椰△掘⇒莉佞泙任海離櫂奪箸念蘋する予定です。
実生苗を育成するのはとても手間はかかりますが、面白く、やりがいはあります。
但し、巷に流通している品種と仕分けをする、自己管理が必要です。
一般的に、優れるものが作出されることは極稀の様です。
1.jpg
RE系の自然交配実生苗を植え替えました

2008-6-21

2008年6月21日(土)雨のち曇り

第2農園にて緑枝挿し穂木の採取、第3農園にて挿し木

朝は雨が降っていましたので、朝食後居間でひと眠り。
9時過ぎに眼を覚ますと雨は上がっていましたので、急遽農園へ行くことにしました。
既に妻は小生分の弁当を作り、出掛けることが出来る用意をしていました。

第2農園で緑枝を採取(RE系7品種、560本程度)し、第3農園で挿し木を行いました。

ハウス内のパッションフルーツは順調に肥大しており、更に、2つ咲いていたので受粉をしました。

床土を用意していなかったので、ピートモスに赤玉土と鹿沼土を適宜混合し、水を馴染ませてプラスチックトレイに詰めました。
単純作業で、肉体的負担はありませんが、時々農園廻りを行い、ブルーベリーを摘んで楽しみました。
持ち込んだ緑枝を挿し終えたのは5時を回っていました。
発根して、厳しい冬を越し、春を迎えることが出来るのは如何ほどでしょう。
1.jpg 2.jpg
パッションフルーツの肥大は順調です 受粉後、花粉が発芽し、受精に向かうと雌しべは反り上がります
3.jpg 4.jpg
右列のトレイが本年の緑枝挿し、22品種1200本程度です ポットのチャンドラー、100円玉程度です、更に肥大します

2008-6-20

2008年6月20日(金)曇りのち小雨

第3農園にて小生は緑枝挿し、妻は摘み取りと草取りなど

昨日採穂したブルーベリーの新梢はクーラーボックスの中で一昼夜保管し、今日、第3農園で挿し木をしました。
床土を事前に用意していたので、直ぐ作業に取りかかることが出来ました。

午前中、お世話になったIさん宅に電話をすると本人は旅行に行っているとのことでした。
奥さんに農園に来て頂き、ブルーベリーの摘み取りをして頂きました。
午後はH木材店、御曹司のIさんが農園に来た。
ウッドチップを敷きつめた状態を見て頂き、成果品もお土産に持ち帰って頂いた。

小生なりの挿し木を成功させる基本的な事項は
第1に、無菌状態とは言いませんが、清潔なベット(トレイ)を使用すること。
第2に、床土には未使用の用土を使用すること。使用済みの用土を使う場合は殺菌、無肥料状態にすること。
第3には、適正な穂木を確保すること。
その他、発根するまでは灌水作業は怠らないことと、清潔な水を使用すること。
更に、発根するまでは絶対に抜き取って見ないこと。(挿し木の神様はこれを一番嫌います。)
それ以外は、いろいろご自分で経験して、成功率を高めて行って下さい。

今年の1月2日に播種をした一部を披露します。
左からブルーシャワーとウッタードの自然交配種、♀×♂ともにRE系の交配種、写真一番右はRE系の♀×SHB系の♂で出来た種子からの発芽です。
染色体の数からすると元来成立しないのですが、時として出来るとのことです。概ね3年後が楽しみです。
1.jpg 2.jpg
左からブルーシャワー、ウッタード、K-スペシャル供K-スペシャル気任 昨年挿し木をしたNHB系のチャンドラーです

2008-6-19

2008年6月19日(木)薄曇りのち時々小雨

第2農園にて緑枝挿し穂木の採取、野菜区の管理など

今年は休眠枝挿しが少なかったので、緑枝挿しで頑張りたいと思い、今日は第2農園で新梢の採穂を行いました。
NHB系5品種、SHB系4品種、RE系3品種で総計約500本程度と思います。
少々蒸し暑いので、下葉を取りつつ水の入ったバケツに入れ、品種ごとにビニール袋に詰め、クーラーボックスに保管します。
地味な作業ですが、これを怠ると挿し木の成果は上がらないように思います。

作業の合間、野菜区が気になり、「長ねぎ」の畝上げと「だいこん」「小松菜」の種蒔きのための畝作りを行いました。
長ねぎの畝上げと言っても土が硬いので、籾殻を沢山撒いて取りあえず柔らかくし、蛎殻を撒いてから畝を上げました。

玉ねぎ収穫跡はそのままなので、「小松菜」と「だいこん」を蒔きました。
特に、だいこんは畝を高くし、土を足で固め、更に土を載せ、レーキで均し水をタップリかけて蒔きました。

明日以降、しばらく天候はくずれる様ですから、種蒔きや挿し木などには良いと思います。
1.jpg 2.jpg
長ねぎの畝上げをしました ミニトマトがようやく赤くなりました
3.jpg 4.jpg
馬鈴薯の花、品種はワセシロです だいこんの花です
5.jpg
にんじん、ごぼうです

2008-6-18

2008年6月18日(水)曇りのち晴れ

妻は第2農園にて摘み取り、小生は第3農園で施肥・灌水、午後は第2農園で諸作業

明日以降、天候が芳しくないので第2農園の収穫を1日繰り上げて収穫することにし、妻を車から降し、小生は第3農園へ。
第3農園幼木の元気がないので、硫安を少々施し、ポット植のもだけは灌水を行いました。
ご近所のIさんがオートバイで来て、ワラビと冷たいお茶を持ってきてくれました。
折角来られたので、ヒヨドリ専用に摘み取らないで残しているノースランドとシグネクトを摘んで頂き、ほんの少しを奥さんに持ち帰って頂きました。
12時を過ぎていましたが、灌水作業を行って第2農園へ向かったのは1時頃でした。

第2農園にて、妻と遅い昼食を摂ったあと、収穫作業を優先して行いました。
今日から、新たにミスティー、シャープブルー、マグノリアが少量収穫できました。
引き続いてブルーベリーの根元周辺に硫安を少しずつ施しました。

隣の緑米を植えた水田をみると、欠株がかなり見られたので、急遽、補植作業を行いました。
天気予報は終日曇りでしたが、昼以降日射しが強く、とても暑かったので早々に帰宅しました。

1.jpg 2.jpg
ミスティーです シャープブルーです
3.jpg
マグノリアです

2008-6-17

2008年6月17日(火)晴れ

第2農園のワラを第3農園へ運搬、第3農園にて摘み取り・植え替え・草取りなど

久々に軽トラを使って、第2農園から第3農園にワラを運び、野菜区の山芋を植えた畝周りに敷きました。

先日ブルーベリーの摘み取りをしたのですが、雑に摘み取ったため、今日、丹念に摘み取りを行いました。

次に、ポットが小さかったため、先日、2日間の留守の際にかなり新芽が枯れてしまったので、15僖櫂奪箸某△替えました。
なかなか、効率が上がらず、午後4時間以上行ったのですが、43ポットを植えたにすぎません。

ハウスの中のパッションフルーツは3つ実を着けている枝は安定し、第1果は楕円形から球形になり、果肉が充実する時期に入りました。
別の枝の花がやっと咲き始め、これからは次々に咲き、受粉が忙しくなると思います。

1.jpg 2.jpg
パッションフルーツ3兄弟です 隣の枝の花が咲きました、蕾が順番待ちをしいます
3.jpg
本日移植した苗です

2008-6-16

2008年6月16日(月)晴れ

第3農園のブルーベリー苗潅水・野菜区草取りなど

晴れた日が続くのは喜ばしいことですが、自動潅水設備が無いので、昨日に引き続き丹念に潅水をしました。
特に、ポット植の場合、一度カラカラに乾燥すると水を掛けても留まらず、素通りしてしまいます。
二度三度としつこい程に潅水しないと用土に馴染まないので、少し時間を置いて3回行いました。
妻は、ネット周りの草取りを黙々と行っていた様でしたが、日陰で居眠りをしています。

野菜区の雑草は見たくもないのですが、現実は写真の通りなので、日中の一番暑く、表面が乾燥しているときに削り取りました。
削り取った草はそのまま放置し、今日のような陽気の場合、カラカラに乾いてしまいます。
運悪く雨などが降ってしまいますとやり直しになってしまいます。
要は、草取り日和は乾燥していて、カンカン照りの日が最適と思います。
但し、夢中にやりすぎると熱射病になってしまうので、時々休みを取りつつ、十分に水分補給をすることでしよう。

ミツバチの巣箱の周りにスズメバチ用のトラップを置き放しなので、中の水を替えに行って見ると、大スズメバチが一匹入っていました。
(2つのトラップには既に息絶えたスズメバチは山の様)
ピンセットで挟み、小さなペットボトルに入れてみましたが、とても力が強く、危険なので真似はしない方が良いと思います。

急遽、加工等の件で最寄りの保健所へ行くことになったので、4時半頃にあがって出掛けました。
今回は、種々尋ねた事項を的確に答えて頂き、気分良く帰ることが出来ました。
只、退庁時刻少し前に伺ったため、職員の方々には済まなかったと思っています。
自宅に着いたのは8時頃になっていました。

1.jpg 2.jpg
野菜区の雑草、これ以上繁茂するとギブアップします トラップに入っていた大スズメバチ 、迫力があります

2008-6-15

2008年6月15日(日)晴れ

第2農園・第3農園のブルーベリーの収穫と初商いなど

農園には2日間通わなかったため、苗などが気になって朝一番は第3農園へ向いました。
案の定、ポット植の2年生苗はカラカラに乾いていて、何本かは新芽が枯れていて、情けない状況でした。
収穫作業を妻はやっていましたが、小生は灌水作業を優先させました。
バケツに水を汲み、その中に乾ききったポットを入れ、外から揉んで水を含ませる作業を1時間ほど行いました。
とても簡単に済まないので、取りあえず大量に水をかけ、明日以降ポットをサイズアップして植え替えを行う予定です。
正午前に第2農園へ向かいオーナー宅で昼食を摂りました。
昼食後、妻と第2農園の収穫作業を集中的に行いました。
暖かい日が続いたので、かなり熟度も上がって、収穫量もかなり多くなりました。
収穫しつつ、時々口に運び、幸福感・満足感も味わっています。
最初の収穫時より若干糖度が上がって来ている感じですが、一般的に、早生種は晩生種より酸味が少ないからでしょうか。
本日、果実の初商いで、販売数量は少ないですが、買って頂けることはとてもありがたいことです。
野菜の収穫や、トマトの棚などを作って6時過ぎに帰宅しました。

1.jpg 2.jpg
NHB系のジャージー、今年初収穫です HHB系のチッペアです
3.jpg 4.jpg
SHB系のリベイルです SHB系のブラッデンです、香が独特
5.jpg 6.jpg
SHB系のオニールです、実が柔らかくなるのが早い オニールのアップです

2008-6-14

2008年6月14日(土)晴れ

小旅行日記

元職場の気の合う仲間(Tさん、Sさん、Uさんと小生の4人、全員還暦以上)と昨日から1泊2日の小旅行を行って来ました。
行き先は、障害者リハビリセンターが古くからある有名な信州、鹿教湯(かけゆ)温泉で、「いづみや」さんに泊まりました。
とても湯量が豊富な、かけ流しの温泉で、主にカルシウムとナトリウムを含有する泉質との事です。
今日は「信州の鎌倉」と言われている、その一部、別所温泉の北向観音及び国宝「八角三重塔」がある安楽寺を訪ねました。
安楽寺の拝観チケット売り場に小生の従姉が居り、とても驚きました。
1.jpg 2.jpg
曹洞宗、安楽寺の国宝「八角三重塔」です 北向観音裏手の大欅の枝に梟がとまっていました
3.jpg 4.jpg
北向観音、正面向かって左側に2対の「めおと杉」の大木があります 北向観音境内の「愛染かつら」の説明書き

2008-6-13

2008年6月13日(金)晴れ

久々に快晴です。所用で今日は農作業はお休み

妻は朝早く、ブルーベリーなどを手土産に娘の所へ出掛けました。
小生は独りぼっちですが、雌猫のナナ姫がお相手です。
今日は所用があるので農作業をお休みしました。
最近は農園に行ってばかりいて、家周りの植物などは余り見ていなかったので、久々にゆっくりと観察しました。
余り、管理しなかった紫陽花(アジサイ)が、今日の強烈な太陽の光を浴びていました。
状況の良くなかったサルナシですが、場所によって沢山着果していて、まるで宝石のようです。(しばらくすると艶が無くなります)
サルナシの葉の周辺をてんとう虫の幼虫が歩き回ってアブラムシなどを食べていました。
NHB系の拙宅のオリジナル(実生)ブルーベリーも色着いてきました。
昨年は、葉擦れにより果実表面のブルーム(白い粉)が取れてしまいましたが、今年は付いたままです。
1.jpg 2.jpg
庭のアジサイです、年々小さくなってきます サルナシも元気に育っています、今の色合いが最高に美しいです
3.jpg 4.jpg
てんとう虫の幼虫 小生が蒔き、育てているNHB系ブルーベリーです

2008-6-12

2008年6月12日(木)雨のち晴れ

雨のため農作業休暇、午後2時過ぎにガソリンを入れに行く、ついでに第3農園に寄り、諸作業

朝5時頃は雨が降っていなかったのですが、6時頃には降り出し、かなり激しく降るときもありました。
その様な訳で、今日は休業です。
午後になって小雨になり、明るくなったので、ガソリンを入れに行きました。

直にあがると思ったので、そのまま第3農園に向かいました。
ハウスの中に入ってみると、パッションフルーツが咲いていたので、撮してから受粉をしてやりました。
この枝は今日の花が受精したことを確認した時点で、次からの蕾を取り除く予定です。
他の枝も、沢山の蕾を持っているので2〜3個ずつ着ける程度で良いと思っています。

LB(ローブッシュ)系シグネクトの実が意外と大きかったので、熟度が増すのを待って種子を蒔く予定にしていました。
今日収穫し、4等分にしてつぶし、培土と混ぜてポットに蒔きました。
梅雨時、涼しければ発芽し、秋までに2儖幣紊棒個垢垢襪隼廚い泙后

RE(ラビットアイ)系の各品種を観察すると、実が着き過ぎている枝があり、生長に支障があるので、摘果を行いました。
今頃の摘果では遅過ぎるとは思いますが、やらないより良い結果が出ると思って続けました。
圃場を回っている間、ギシギシやアカザなどが出ていると、爪先でウッドチップごと軽く蹴って被せると、しばらくは生えて来ません。
夕刻、5時半頃まで作業をし、帰宅。
1.jpg 2.jpg
パッションフルーツが咲いていました、実は普通の鶏卵より大きくなりました LB系のシグネクトの種子を蒔きました、発芽が楽しみです
3.jpg 4.jpg
アカザです、早く抜き取らないと大化けし、手に負えなくなってしまいます すごい繁殖力のギシギシです

2008-6-11

2008年6月11日(水)曇りのち晴れ

第2農園収穫・第3農園にてブルーベリーの収穫・緑枝挿し

午前中は第2農園で収穫作業、熟度は上がって来ていますが、裏側まで着色して来ません。
小生は途中から挿し木をするため、リベイル、アイバンホー、ウィッシュブルーの枝を採取しました。
第2農園の収穫量は、写真の通りで、約7堊宛紊隼廚い泙后
第3農園に行って昼食を摂り、妻は少しずつ色づいたものから収穫、小生は第2農園で採取した緑枝の挿し木をしました。
天気予報では、午後には雨の予定でしたが、晴れたのでとても蒸し暑く、早々に家路につきました。
1.jpg 2.jpg
NHB系のデュークです SHB系のブラッデン、独特の香りがあります
3.jpg 4.jpg
SHB系のオニールです LB系のノースブルーです、低木ですが、百円玉ほどあります
5.jpg 6.jpg
第2農園の本日の収穫です、色着きが良くありません 第3農園に植えたこんにゃく、芽が不気味です

2008-6-10

2008年6月10日(火)晴れ

田植え作業、第2農園ブルーベリー管理など

今日は第2農園オーナー宅の田植え(手植え)のお手伝いをしました。
三角柱で辺が30僂曚匹里發里北椣があり、これをを前に転がながら5本ずつ植えました。
慣れない田圃作業で、泥土に足を取られながら、四苦八苦でした。
小生が管理する水田は、緑米(餅米)で、1本植をしました。
GFさんにお手伝いして頂き、早く植えることが出来ました。
写真に撮ろうと思いましたが、苗が細くて良く撮ることが出来ないので、少し生長し、下手な植え方が目立たなくなってから公開します。
昼食後、ブルーベリーの枝を支柱に留める作業をしましたが、軽い労働ですが、自然に汗が流れるほど暑く、途中で止めました。
水性生物がよく繁殖するように、水田に米糠を軽く撒いて早々に帰宅しました。

2008-6-8

2008年6月8日(日)曇り

第2農園にて諸作業、第3農園にてブルーベリーの摘み取り

午前中は第2農園周囲の防風ネットの下の部分のストッパーがずれたり、外れている箇所を一旦取り外して付け替えをした。
ある程度止めてあれば何ということはないのですが、気分的にスッキリしないのでやり直しました。
一昨日、初収穫したときは極僅かでしたが、今日の第2農園での収穫は、写真の通りです。
品種はウェイマウス、デューク、レビール、オニールの4種です。
収穫という程はありませんが、SHB系のブラッデンが少し熟したので摘んでみました。
ブルーベリーの中でも独特の香りがあり、野生種のシグネクトと並んで魅力があります。
レビール、オニールなどの未成熟果を食しますと、リンゴのような感触があります。
このような感じを受けるのは小生だけでしょうか。
但し、早生系は、成熟し過ぎると粉っぽくなって、味にも締まりがなくなるように思います。

午後は、第3農園へ行き、ハウス内のパッションフルーツを見ますと、先日受粉した三番花が落ちていました。
きっと一番果の勢いが強すぎて残れなかったのでしょう。
既に、にわとりの初産卵ほどに生長しています。

園内を回ってみると、かなり成熟しているので、摘み取りをしました。
品種では、ウェイマウス、スパルタン、デューク、ポラリス、チッペア、ノースブルー、シグネクトなど多種にわたります。
少量ずつなので、全部で500g程度でした。
帰りがけに、RE系実生苗の28本をカメラに収めました。
驚いたことに、1株だけ、未だに花が咲いていました。

1.jpg 2.jpg
SHB系のリベイルです SHB系のオニールです移植をしたので強摘花をしました
画像ファイルが存在しません。 4.jpg
第2農園の本日の収穫です 第3農園北側面に植えたひまわり、生長を始めました

2008-6-7

2008年6月7日(土)晴れのち曇り

第3農園にて諸作業、第2農園にて諸作業

今日は、第3農園へ直行、農園内を観察しつつ一周、品種ごと色づき状況を確認した。
HHB系のチッペア、ポラリスなども疎らに着色が始まった。
特に、野生種といわれているLB(ローブッシュ)系のシグネクトは一粒だけ着色していて、例年より大粒なので驚きました。
きっと相性の良い花粉が着いたのでしょう。
先日発芽した小柿が大きくなってきたので、このままでは支障があるので、一本ずつポットに植えかえました。
その後、中央通路のウッドチップの山を片付けて、サッパリとさせた。
作業中、農園近くのIさんが自宅の農園で採れたワラビを持って来てくれました。
灰汁抜きの灰が無いので、ワラを5〜6束焼いて灰を作り、持ち帰りました。

帰りの途中、第2農園に寄って、長ねぎ、アスパラガスに鶏糞を施して土をかけ、だいこん、いんげんを蒔いて帰宅。
昨日、今日とかなり暑かったので、ブルーベリーも急に色着きが早まってきました。
只、明日の午後以降、しばらく天候が崩れそうなので、残念です。

1.jpg 2.jpg
LB(ローブッシュ)系のシグネクトが一粒だけ着色していていました Iさんから戴いたわらび、柔らかくて美味そう
3.jpg
中央通路のウドチップの山が片づき、見通しが良くなりました

2008-6-6

2008年6月6日(金)曇りのち晴れ

第2農園ブルーベリー初収穫、第3農園ハウスのネット張り、落花生の定植など、ヒバリはいずこへ・・・

朝一番は、第2農園のウエイマウス、リベイル、デキシーなどの初収穫を行いました。
色づいても日照時間・積算温度も足りないのか、熟度が停滞気味で、思ったより少ない収穫でした。
来週中頃になれば期待できると思います。

ヒバリの巣が突然空になっていました。
自然界には沢山の外敵がいますので、自然の摂理として、はやむを得ないのでしょう。
草がほとんど無いので、見つかってしまったのでしょう。
育って行くのが楽しみでしたが、とても残念です。

気を取り直して、パイプハウスの側面のビニールを上げ、先日買ってきた防虫ネットを張りました。
久しぶりの暑い陽気で、休みながら張り終えました。
空気の流れが良くなって、ハウス内は以前とは比較にならないほど快適になりました。

夕刻近く、芽出しをした落花生56ポットを植え付けて帰宅。
1.jpg 2.jpg
サルナシは雨天で陽が出ないせいなのか、落果が多く今年は不作の模様 パッションフルーツは急に肥大を始め、小生の親指の先ほど
3.jpg
パイプハウスのサイドネットを張りました

2008-6-5

2008年6月5日(木)曇りのち降ったりやんだり

代かき後の均平など、第2農園防鳥ネット補修

午前中は、昨日畦シートを張った水田の代かきが終わったので、Sさんと小生とで草などを取り出したり、均平作業を行いました。
昼食後、第2農園の防鳥ネットのバランスの修正と、破れているカ所の補修をしました。
作業途中、第3農園近くのIさんから「そら豆ををあげる」との電話があったので、真竹のタケノコを持って伺いました。
行ってみると、プラスチックコンテナ7割くらいが莢の殻で、むき身のそら豆がザルの中に山盛りになっていました。
お茶を戴き、世間話をして、只々、甘えて戴いて来ました。
更に、先日戴いたワラビが美味しかったので、土曜日には、戴く予定にして帰ってきました。

かなり遅れていたNHB系のウエイマウス、SHB系のリベイルなどが熟れて来たので、明日は妻と初収穫する予定です。
ブルーベリーの木の下に敷きつめたウッドチップからキノコが生え、大豊作です。

1.jpg 2.jpg
ウエイマウス、明日は初収穫予定です 雨が多かったので、第2農園はキノコがいっぱい生えています
3.jpg
戴いたむき身のそら豆、早速茹でて食しました、とても美味でした

2008-6-4

2008年6月4日(水)曇り午後一時晴れ

田植え後の補植・畦シート張り、第2農園防鳥ネット補修

午前中は、一昨日に田植えをした水田の欠株カ所を補植しました。
午後は、第2農園オーナー、Sさんと小生の3人で畦シートを張り、畦畔に馴染ませました。
その後、代掻きで浮いてきたワラや草などをレーキで取り出し、5時に解散。

小生は、引き続いて先日張った第2農園の防鳥ネットのバランスの修正と、破れているカ所を補修しました。
周囲は薄暗くなっても、空が明るいのでネットの補修は容易に出来ます。
7時半近くなったので、途中で止め、明日以降に行うことにし、帰宅。
1.jpg 2.jpg
田植え済みのSさんとの共同管理水田 先日張った第2農園の防鳥ネットです
3.jpg 4.jpg
色着き始めたSHB系のヒトミてす SHB系のジョージアジムです
5.jpg 6.jpg
NHB系のデュークです パッションフルーツの一番花、小指の先ほどになりました。(5月29日受粉)

2008-6-3

2008年6月3日(火)雨

台風の影響と、梅雨入りで朝から雨。第3農園のハウスが心配で、出掛けました。ヒバリが3つ孵化していました。

ベランダに出て見ると、朝から冷たい雨が降っています。
遅い朝食を済ませ、のんびりと過ごしていましたが、風が強く吹き始めたので、第3農園へ行きました。
先ず、ハウスのビニールが強風にあおられないように降ろしました。
次に、パッションフルーツの受粉状況を確認したところ、一番花は受精し、子房が肥大し始めました。
先日咲いた二番花は一番花の咲いた直後に咲いたのですが、直ぐに実を着けると本体が弱ってしまうので、二番花は摘み取りました。
今日は三番花が咲いていたので、写真を撮った後に受粉してやりました。
これから1ヶ月間程度は次から次へと花が咲き、受粉作業が忙しくなります。
本気で栽培しますと、一株で200個〜300個程度実を着けます。
一枝に3つ以上着けますと、果実が小さくなってしまうので、株の勢いを見つつ着果させます。
折角農園に来たので、ハウス内で出来る作業を行うことにし、挿し木床の1トレイを9僖櫂奪箸飽椰△靴泙靴拭
越冬中に半分ほど枯れたようで、丁度100ポットでした。
帰り際、ヒバリの巣を覗いてみました、4つの卵のうち、3つが孵化していていました。
明日になれば、残りの1つも孵っていると思います。
それにしても暖かい日が続きません。
ブルーベリーの色着きは、更に遅れそうです。
1.jpg 2.jpg
パッションフルーツの三番花、一番花は子房が肥大してきています 落花生の生長はとても早く、発芽率100%です
3.jpg
ヒバリの雛が3ついます、あと1つは明日あたりに孵化するでしょう

2008-6-2

2008年6月2日(月)曇り夕刻一時雨

田植えのお手伝い、第2農園ブルーベリーのウェイマウスとレビールが色着く

昨日に引き続き、第2農園オーナーとSさん、小生の3人で田植え作業を行いました。
Sさんと小生は、オーナーが田植機で植えた後、水田の四隅を手植えをしたり、欠株となったカ所を補植しました。
昼食後、第3農園近くのIさん宅に伺いました。
一枚約3反歩(30アール)ほどの畑があり、隅に200坪ほどワラビを栽培しております。
ここでワラビ狩りをさせて頂き、収穫した全量を戴いて帰ってきました。
引き続き、午前の仕事と同じく、田植機で植えた後の補植等を行いました。
第2農園に立ち寄った時、妻が「色着き始めた」と言ったので、園内を観察したところ、ウエイマウスとレビールが色着き始めました。
色着いたと言いましても、収穫までには1週間ほどかかるでしょう。
今日は、午前中から午後3時頃までは暖かかったのですが、小雨が降り出した途端に冷たい風が吹き、肌寒くなりました。
急に冷えて来て、身体には良くない天候でした。
作業途中ですが、5時過ぎに上がり、帰宅しました。
自宅に帰ると、I市のSさんから初夏の香りする新茶が届いておりました。
1.jpg 2.jpg
第2農園のウェイマウス(NHB系Weymouth )の色着き第1号です 第2農園のレビール(SHB系 )です

2008-6-1

2008年6月1日(日)晴れ

代掻きのお手伝い、ブルーベリー移植、第3農園のウェイマウス色着き第1号

一昨日に引き続き、午前中からお昼を挟んで2時半頃まで、第2農園オーナーとSさん、小生の3人で代掻きなどの作業を行いました。
畦シートと畦との隙間から漏水しないように足でぐちゃぐちゃと踏み固めます。
その後、代掻き後の雑草などが浮いたものをレーキなどですくい取る作業を行いました。
久々に天気が良くて暑いのですが、水田に入っていると、とても気持ち良く感じられました。

次ぎに、第2農園オーナーの前のお宅に植え付けたブルーベリー苗が、他の果樹の陰になって陽が良く当たりません。
そこで、今回、陽当たりの良い場所に7本移植し、ついでに、圃場の開いている所があるので、追加で4本植えました。
明日以降、曇りからしばらく雨模様になりそうなので、大丈夫でしよう。

4時半頃に第3農園へ行き、「ミラクルビーム」という小型のひまわりを大輪ひまわりの間に30本ほど植え付けました。
その後、圃場観察をして歩き、ウェイマウスの色着き第1号を写真に撮って記録しました。
熟期を昨年と比べますと、10日程度遅れているようです。

ヒバリの巣は相変わらずですが、しばらくすると孵化すると思います。
1.jpg 2.jpg
ウェイマウスの色着き第1号です チャンドラーです、色の変化はありますが、これから日時がかかります
3.jpg 4.jpg
代掻きの風景、五角形の圃場もあります ヒバリの巣は相変わらずです