トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2008-8

<< 2008-8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2008-8-31

2008年8月31日(日)晴れのち曇り夕刻は一時雨

日中の天気は快晴に近く、久々に陽射しが強い上、暑いので体に応えました。

摘み取り予約のお客さんが午前中に来るので、第2農園で待ちつつ、カブとだいこんの間引きや野菜の収穫を行いました。
お客さんはご夫婦で11時頃に見え、のんびりと摘み取って帰られました。
その間、何人かのお客さんが見え、まとめて買い求めて頂きました。
残り少なくなってくると名残惜しいのでしょうか、最近になってまとめて売れることがあります。

長雨の後なので、RE系の皮の堅いガーデンブルーさえも裂果があり、全般的に品質が落ちてしまって残念です。
だいこんやカブの若芽は”もやし”の様で、余り頑丈とは言えません。

第3農園では、雨によって全面にお湿りがあったので、草の伸び方が異常に速くて驚きです。
暑い中で草取りを行ったところ、頭が痛くなってきたので、急遽取り止め、日陰で休みました。

2008-8-30

2008年8月30日(土)朝げは晴れ、のち曇り時々雨

昨夜の雨により農園は濡れているので作業は取り止め、野菜の収穫だけをして帰宅

27日にブルーベリーの摘み取りを行い、成熟果が少ないためなのか、降雨に慣れて来たのか、裂果が少なくなりました。
5〜6粒摘み取って口に入れますと、連日の雨のためでしょう、いっぱい水を含んでいるので、明らかに甘味がうすくなっています。

第3農園の里芋類と落花生も水分が多いため、青々と伸びすぎている様に見え、肝心の収穫が心配です。
赤芽系統の八つ頭、セレベスなどの茎は太く生長しているので、皮を剥いて乾燥して食します。
今年は沢山栽培したので、晩秋から採れるので楽しみにしています。
 
 皮を剥く要領は以下の通りです。赤芽系統の茎の皮は必ず剥いてください。
‥係にもよりますが、切り取った茎から葉の部分を取り、半日から1日間、皮付きのまま干して萎びさせます。
萎びさせますと、皮がプツプツ切れずに、スーと最後まで良く剥けます。
きれいに剥いた芋がらを籠などに並べて干すか、かんぴょうを干す要領でロープを張ってそこに吊します。
っ噂磴丙邏箸任垢、絶対に雨に当てないようにし、カラカラに乾くまで繰り返して乾燥致します。
ケ干しにする方法もあるようですが、お日様の恩恵をうけて乾かした方が、健康的と思います。
ε係の良くない日は、取り込んで、カビが生えない様に冷蔵庫に入れて保存し、マメに乾燥作業は行います。
Тチ腓完了しましたら、紙袋に入れて風通しの良い場所で保存するか、冷蔵庫内で保存しましょう。
 なお、青(緑)系の茎は食べられるそうですが、美味ではないようです。小生はお勧め致しません。

小生は芋がらの煮物(炒めもの)は大好物で、自分で料理したことはありませんが、料理の手順は・・・・・
ヾ海靴唇鬚らを水で戻し、2〜3回良くもみ洗いしてアクを取ります。(膨らんで増えますから量は少なめに)
¬鵤貝冂度に切り揃え、同様に油揚げも適宜切ります。
お好みでにんじん等も入れて良いと思いますが、芋がらの感触や味を楽しまれるには、油揚げだけの方が宜しいでしょう。
た爾瓩離侫薀ぅ僖鵑中華鍋にゴマ油などを敷き、野菜を入れる場合は先に柔らかくし、水切りをした芋がらと油揚げを入れて炒めます。
ヌI佞韻六堡里猟缶N繊△澆蠅鵝⊂潴などでシンプルに仕上げます。
 お好みにもよりますが、薄味の方が、沢山召し上がれ、極端な話、他にはおかずが要らないほど食がすすみます。
 機会がありましたらお試しあれ。
1.jpg 2.jpg
朝一番、精米に行き、米ぬかを山ほど戴いて来ました 秋の味覚の栗、早生のものを拾って来て、茹でて戴きました
3.jpg
拙宅のノボタンの蕾です、明日は咲くでしよう

2008-8-29

2008年8月29日(金)曇り時々晴れ午後5時過ぎから雷を伴った大雨

今日も天候が芳しくないので農園作業はお休み、妻と共に厨房器具などを見にマーケットへ後、第2、第3農園へ行き野菜の収穫

一昨日、ブルーベリーをかなり摘み取ったので、成熟果は少ないと思い、本日も摘みとり作業はお休み。
妻と厨房器具を近くのマーケットに見に行き、ステンレス製の大鍋と片口ボールを購入しました。
殺菌用の蒸し器は、気に入った品が見つからなかったので、これからも心がけて探すことにしました。

天気予報は雨が降るようになっていましたが、雲の合間から陽が出てきて、しばらくは降りそうもなかったので、農園に向かいました。
第2農園にてミニトマト、ししとう、なす、アスパラガスなどを収穫しました。
ししとうに付いているカメムシは、バケツに入れた木酢液の原液の中に振るって落とします。

1.jpg 2.jpg
大鍋と片口ボール(ジャムをビンに注ぐ道具)を購入しました ししとうの枝に付いているカメムシの幼虫と2匹の成虫
3.jpg 4.jpg
左がだいこん、右が小かぶです 日やけナスです、最近雨が沢山降ったのですが回復しません

2008-8-28

2008年8月28日(木)曇り時々晴れのち雨が降ったり止んだり、後雷を伴った大雨

天候が芳しくないので農園作業はお休み。冷蔵庫メーカーさんとの約束通り工房に大型の冷蔵庫が入りました。

ブルーベリーの収穫のピークは既に過ぎ、RE系でも殆どが終盤になってきました。

拙宅では、ブルーベリーの果実などの加工・貯蔵施設としてようやく工房が整ってきました。
後は、ジャムなどを作る大鍋や殺菌用の蒸煮器具等を揃える必要があります。
明日以降も天候が宜しくない様なので、器具などを見にマーケットまで行ってみようと考えています。

第3農園は、本年春に植栽したばかりの3〜4年苗がほとんどで、花や実を摘み取ったので、収穫は殆どありませんでした。
鬼が笑うと思いますが、来年以降、順調にいきますと収穫量も増えます。
系統や品種毎に収穫時期のズレはありますが、ピーク時の対応を考え、前もっての準備を行いました。

何れにしても、最寄りの保健所に施設として認知されることが必要です。
事前相談に行ったときに助言などを戴いた事項は、ほぼクリアしていると思っていますが、申請後、保健所の現場確認が行われる事になっています。

その後、食品衛生等の事案もクリアする事となるので、今後の課題は山積しています。

取りあえず、来年に向けて突き進みます。
1.jpg 2.jpg
玄関のドアを外し、やっと大型冷蔵庫が入りました アシタバの花が咲きました(日本固有のセリ科の多年性植物です)
3.jpg
何と重苦しい雲なことでしよう、しばらくすると大粒の雨が降って来ました

2008-8-27

2008年8月27日(水)晴れ時々曇り

妻は第2農園にて野菜の収穫・ブルーベリーの摘みとり、小生は3農園にて潅水作業・野菜の収穫・ブルーベリーの摘みとりなど

朝8時半頃から工房(以前は核シェルター)に職人さんや冷蔵庫メーカーさんが来ていたたため、農園作業のスタートは10時を過ぎていました。

天気予報以上に晴れ模様、午前中はカンカン照りで、久々に太陽を拝め、帽子が必要でした。
妻は第2農園にて摘みとり作業など、小生は第3農園にて摘みとりを中心に諸作業を行いました。

晴天が続いていた時にはブルーベリーの品質も良好で、裂果などは殆ど無かったのですが、この所の悪天候のため、ティフブルーなどはかなり割れてしまって残念です。
裂果程度の軽いモノは試験的に自家加工用を行ってみたいと思い、別の入れ物に収穫しました。
通常の果実と裂果の果実との品質差がどの程度あるのか、比較検討したいと思います。

第2農園に戻り、先日蒔いた野菜の生長状況を撮ってみました。
1.jpg 2.jpg
昨日は蕾のノボタンが今日咲きました(昼過ぎには散りました) ミントを初夏に植えたり、茎をバラ蒔いたら殖えました
3.jpg 4.jpg
サラダ菜です 結球レタスです
5.jpg 6.jpg
桜島大根です(しばらくしたら一本にします) おまけ・・・アスパラは未だに太い芽が出て来ます(自家用には十分です)

2008-8-25

2008年8月25日(月)一日中雨が降ったり止んだり

今日は天候にかかわりなく農園作業はお休みで、お使いに行きました。

雨は朝から降ったり止んだりで、農作物にとっても農業者にとっても、良い日になりました。
当方は、雨降りにかかわりなく農作業はお休みにしていて、しばらくぶりの骨休めをしました。

月曜日というのに、いつもより2時間ほどゆっくりしたスタート、朝食の後ものんびりとテレビを観たり、居眠りをしたりと怠惰の一言でした。

10時頃から動き出し、妻と街まで買い物に行くこととし、しばらくぶりに電車に乗って出掛けました。
デパートで買い物の後、近くのマーケットまで足をのばし、業務用の冷蔵庫を見に行きました。
本日が開店初日と言うメジャーな業務用メーカー(ホシザキ電気(株))が展示販売をしていて、展示品に目が行き、長い話し合いの結果合意。
展示品一品限りと言うことで、当方お気に入りの価格で購入することにしました。
サイズは、幅120僉澑行80僉濆發毅隠牽広僂任后
総容量は1003リットルで、うち冷蔵室が768リットル、冷凍室が235リットルです。
消費電力は100ボルト、冷却時283/293Wです。

さてさて、これからが大変・・・。
玄関のドアを取り外せば入るのですが、冷蔵庫を分解しても限界があるので、今後メーカーさんが事前に調べに来て決めるようです。

1.jpg
カタログの写真左、1003Lです

2008-8-24

2008年8月24日(日)曇り時々雨

久々に雨模様のため、潅水作業はなし、第2農園にて馬鈴薯の種芋を蒔きました

第2農園のNHB系晩生種、レイトブルーとウィシュブルーは未だ成熟中で、若い果実が残っています。
馬鈴薯は3種(農林一号、ニシユタカ、デジマ)を購入し、試験的に籾殻を畦の中に入れてみました。

1.jpg 2.jpg
未熟果が残っているNHB系晩生種のレイトブルーです NHB系晩生種のウィシュブルーです
3.jpg 4.jpg
初めて秋まき馬鈴薯(3品種)を購入しました 試験的に薄く籾殻燻炭と株間に籾殻を入れてみました

2008-8-23

2008年8月23日(土)曇り時々霧雨゜

3農園のポット苗の草取り、第2農園の野菜の収穫、ブルーベリーを摘み取りつつ蓑虫(ミノムシ)の捕獲

第3農園内のポット苗の中に草がはびこってしまい、ピンセットで取り除きましたが、腰が痛くなったので途中で止めました。

第2農園に戻り、ミニトマト、なす、ししとうなどの収穫をし、残り少なくなったブルーベリーの摘み取りを行いながら蓑虫の捕獲を行いました。
蓑虫の生態はよく分かりませんが、幼いときは殆ど目に付きませんが、一定の大きさになると突然、葉や小枝で巣を作り、蛹になるようです。

ティフブルーやホームベルもそろそろ終盤で、オースチンが最盛期で、その他はキャラウェーなどのブルームの少ない系統が多くなります。
1.jpg
名作の「ひまわり」より貧弱ですが、それぞれが強く主張して咲いています

2008-8-22

2008年8月22日(金)晴れ

久々に妻と第3農園へ行き、農園内の草取りと摘み取りなどで1日を過ごしました。

第2農園オーナー宅に一端立ち寄り、4日間の鶏当番の報告を行った後、第3農園へ向かいました。
最近降った雨により、目立たなかった雑草が一気に伸び出し、手に負えない程の勢いです。
ウッドチップを敷いてある部分は殆ど抜き取っているのですが、農園の縁回りが手付かずになっていて、草で盛りあがっています。
妻と2人でお昼頃まで行ったのですが、とても終わらないので、残りは次の機会に回しました。

緑枝挿しのトレイの中に葉が沢山落ちているので、ピンセットや針金などで掻き出し、ベットの中の掃除をしました。
(発根が十分になるまでは、挿し木床は清潔にしておいた方が宜しいと思います。)
これで挿し木の歩留まりが良くなると思います。

午後3時頃になると陽射しがきつく、暑くなったので片づけ、自宅に帰ってシャワーで体を冷やしました。

実家から桃が2箱も届いていて、電話でお礼の連絡をすると1箱は間違いの様でした。
こんな間違いなら幾らでもやって欲しいと思った次第。
1.jpg 2.jpg
SHB系のミスティーです(緑枝挿しは発根が良好です) SHB系のマグノリアです(身知らずの木の様です)
3.jpg 4.jpg
SHB系のクーパーです(球形の果実で大粒です) SHB系のジョージアジェムです(特徴を把握していません)
5.jpg 6.jpg
SHB系のヒトミです(日本で作出されました) 実家から届いた桃です(甘くて美味でした)

2008-8-21

2008年8月21日(木)晴れのち雷雨

昨日と全く同様の行動、朝一は鶏当番、妻は第2農園、小生は第3農園へ、第2農園へ戻って野菜の種蒔きなど

昨日と同様、第2農園オーナー宅の鶏の当番です。
鶏さんたちはとても賢くて、産卵場所から卵を採ろうとすると他の鶏さんが邪魔をして卵を隠したり、小生の手に体当たりをしてきます。
お陰で今朝は1つ落としてしまい、殻を陥没させてしまいました。
初日に妻も1つ殻を陥没させたため、2個傷をつけてしまい、留守番役失格でしょうか。
日常では殻が固く、食べようとしても割れないのに、不思議なもので、この様な時には簡単に割れてしまいました。

第3農園のポット苗はトレイに入れて地面スレスレに置いているので、雑草が繁茂して被さって来ています。
草を抜き取る作業はトレイを少しずつ横に動かして行うので、とても面倒で、炎天下のもと1時間半ほど行いました。
今後の苗床用ベッドは、管理しやすい棚状に作り直したいと思っています。

今日もパッションフルーツが3個落果していて、トータル10個の収穫が出来ました。
近くの農園に来ていたO様の奥さんに2個プレゼントして第2農園に戻りました。

第2農園では、一昨日に続き野菜の種蒔き(聖護院大根、九条ねぎ、他菜っぱ類1種)を行いました。

「向日葵は 折られ倒され 地を這って 何れ身丈の 花を咲かせて」

1.jpg 2.jpg
移植して間もなくに折られたひまわり、遅れましたが今が満開です 紅の彼岸花さん一足お先にと咲いていました(リコリスと思います)

2008-8-20

2008年8月20日(水)晴れのち雷雨

今日も鶏当番、妻は第2農園、小生は第3農園へ、第2農園へ戻って昼食、暑さの余りギブアップ

今日も第2農園オーナーが夏休みなので、昨日と同様に鶏の当番です。
連日の暑さでしょうか、産卵量が少ないので気になります。
鶏さんたちは口を開けて苦しそうに喘いでいます。

3時過ぎに雷雨があり、10仄緜度降りましたが、殆ど流れてしまって、土にはしみ込んでいません。
それでも少しは気温が低くなった様には感じられましたが、相変わらず鶏さんは苦しそうでした。

野菜の種蒔きをしようと思いましたが、表土だけが濡れていて、雨が土に馴染んでいないので止めました。
1.jpg 2.jpg
秋の味覚の栗が大きくなってきました、近々収穫が出来るでしょう パッションフルーツが4個収穫出来ました
3.jpg 4.jpg
笹藪の中で葛(くず)の花が沢山咲いていました 芙蓉(ふよう)の仲間の木槿(むくげ)が満開でした

2008-8-19

2008年8月19日(火)晴れ

妻は第2農園にてお客さん対応、小生は第3農園へ行き潅水など、第2農園へ戻って野菜の種蒔きなど

今日も第2農園オーナーが夏休みのため、にわとりの当番です。
連日の暑さなのか、小生の人相の悪さなのか、産卵率がとても低く、管理する側としては申し訳ない気持ちです。

摘み取りの予約があったので、妻は第2農園でお客さん対応です。
小生は第3農園へ向かいポット苗に潅水、野菜の収穫、ブルーベリーの摘み取などを行いました。
帰りにスイカ作りのプロ、Iさん宅へ昨日のお礼の品を持って伺ったところ、小玉スイカを5つほど戴いてしまいました。

第2農園に戻るとお客さんは丁度摘み取った後で、摘み取り最中の写真は撮れませんでした。
来年小学校一年生になるという女の子と若いお母さんの2人で、遠方から来て下さったので、自家野菜と貰ってきたスイカを土産に渡しました。
電車で来られたので、荷物も増えた上、日中の一番暑い中なので最寄り駅まで車でお送りしました。

昼食後、昨日に続き野菜の種蒔き6種類(ブロッコリー、チンゲンサイ、黄芯白菜、夏蒔き五寸人参、小松菜、青首大根、)を行いました。

驚きました!16日に蒔いた桜島大根は既に発芽し、これからは夜盗虫(ヨトウムシ)の被害にさえ遭わなければ万々歳でしよう。

パッションフルーツが今日も1つ落果していて、今年の収穫はこれで3つ目です。これから次々と収穫出来ると思います。
1.jpg 2.jpg
桜島大根が早くも発芽しました パッションフルーツが成熟して次々に落果が始まりました
3.jpg 4.jpg
種蒔きした後に直ぐアリの巣が出来てしまいます・・・処置無しです ブルーベリーの葉の上でひたすらエサを待っています

2008-8-18

2008年8月18日(月)晴れのち曇り

にわとりのお世話、第2農園に来客(摘み取り)、第3農園にて野菜の収穫、スイカを沢山戴いてしまいました

第2農園オーナーご一家が旅行に出掛けたので、早めに自宅を出発し、にわとりの世話を行いました。
妻は摘み取り予約があったので、第2農園に残り、小生は第3農園へいつものように行き、野菜の収穫などを行いました。

ご近所のIさんから電話があり、「今年最後のスイカをあげるから来るように」とのこと。
ブルーベリーと卵を手土産にして伺いました。
一輪車にスイカが沢山積まれ、用意されていました。
美味しい桃太郎トマトとインゲンまで戴き、お暇をしました。

第2農園に戻るとお客さんは既にお帰りになっていて、またまたシャッターチャンスを逃してしまいました。

昨夜、50舒幣綛澆辰震詫佑覆里如乾ききっていた畑の土は良いお湿りで、種蒔きには丁度良い状態でした。
事前に買い求めていた種を取り出し、種蒔き場所と順序を決め、先日仮の畝立をした場所が崩れているので、畝立てをやり直しました。
今日、種蒔きしをした野菜は、レタス類3種、サラダ大根、大蕪、本紅かぶ、葉だいこんの7種でした。
明日も色々な野菜の種を蒔きたいと思っています。
1.jpg 2.jpg
大小様々なスイカを戴きました、貯蔵出来るものは印を付けました 畝立ては耕耘機でしたが、整地はかなりの肉体労働でした

2008-8-17

2008年8月17日(日)霧雨のち降ったり止んだり

第3農園にて野菜の収穫、ブルーベリーの夏枝の剪定と挿し木

今日も第3農園へ直行、きゅうりなどの収穫後、本年定植したRE系のティフブルーとクライマックスの下枝などを剪定しました。
切り取った枝の中には挿し木に使えるものは少ないものの、廃棄するのは勿体ないので、それぞれ100本程度挿してみました。
午前中は霧雨が降っている天候で、ハウスの中で作業を行ったものの、体が濡れていたため、体が冷えてきました。

このところ、30度を超す暑い日が続いたにもかかわらず、今日はハウス内でも23度程度でした。
午後になって、時々激しく雨が降っているので、昨日蒔いた桜島大根の種が流れてしまわないか心配です。

先日落果したパッションフルーツ(果物トケイソウ)、追熟させていたところ、かなり萎んでしまいました。
割って食べたところ、露地栽培よりも酸味が弱く、甘味を強く感じました。
どんな味?・・・ですかって。云いようがありません。あえて云うなら「パッションフルーツの味」です。
1.jpg 2.jpg
追熟させていたパッションフルーツが萎んできました 半分に割って開けると強烈な香りが部屋中に広がります

2008-8-16

2008年8月16日(土)晴れ後曇り、のち雷雨

第2農園にて野菜の収穫、第3農園にて潅水、野菜の収穫など

今日は第3農園へ直行し、きゅうりなどの収穫を行った後、潅水と摘み取りを行いました。
収穫できるのはRE系に限られ、実の着き方も疎らなので収量は少なく、1時間一生懸命摘み取っても約2圓任靴拭

帰り際、近くの家庭菜園をやっているOさんから桜島大根の種を戴きました。

第2農園に戻り、野菜区の仮に畝を作っている部分を幅広な畝に作り直し、桜島大根を蒔く畝に作り直しました。
次に、緑米を作付けしている水田から水をポンプアップし、畝にタップリと潅水してポリマルチをしました。
ポリマルチに約80冕茲坊蠅魍け、適宜種を蒔きました。
かねがね桜島大根の種を探していたのですが、どこにも売っていなかったので、今日、入手出来てとても幸運でした。

最近、雨が降っていなかったのですが、やっと夕方から雷を伴って雨が降ったので、秋野菜などの種蒔きがやっと出来ると思います。
1.jpg 2.jpg
第2農園野菜区に桜島大根を蒔きました 種子の生産地はイタリアでした
3.jpg
おまけ・・・農園内は女郎蜘蛛ほか色々なクモが沢山住み着いています

2008-8-15

2008年8月15日(金)晴れ

妻は第2農園にてお客さん対応、小生と息子で第3農園へ行き諸作業

今日は昨日摘み取りの予約があったので、早めに自宅を出発して第2農園に向かい妻はお客さん対応、小生と息子は第3農園へ向かいました。
第3農園は、相変わらず雨が殆ど降らないので、潅水しない部分はカラカラですが、周囲の雑草だけは良く伸びています。
天気予報では台風11号が発生した模様で、18〜19日(月〜火曜日)は雨降り印はあるものの、果たしてどうなることやら・・・・・
取りあえず、ポット苗に十分に潅水し、野菜の収穫を行った後、里芋類、きゅうり、コンニャク、オクラ、ニガウリなどに潅水しました。

第2農園に戻るとお客さんは既に帰った後、大勢の子供たちが来た様子で、写真に収めることが出来ずにとても残念でした。
農園周辺は無風状態で、気温が上昇し、とても体が持ちそうもないので、急遽自宅に帰って昼食にすることにしました。

早速シャワーを浴び、クーラーの効いている部屋で昼食を摂りながら、テレビでオリンピックなどを観つつ、お昼寝です。
1.jpg 2.jpg
ベランダで乾燥ブルーベリーを試みています(2日目です) ネットの中の状態です(乾燥途中、試食したところとても甘いです)
3.jpg 4.jpg
ネット無しのザルで干してみました フクベリー♀バルドウィン♂(種子が出来ているか分かりません)
5.jpg 6.jpg
サンシャインブルーの挿し木です(発根しているでしょう) 自宅の百日紅(サルスベリ)が見頃です

2008-8-14

2008年8月14日(木)晴れ

妻は第2農園にて草取りなど、小生は第3農園へ行き諸作業など

朝から天気は良いのですが、空気が乾いていて、風があったので肌に感じる暑さはさほどではありませんでした。
第3農園にて、ポット苗などに潅水を行った後、先日採取し、冷蔵庫に保存してあったNHB系のアイバンホーの挿し木を行いました。
暑い中ですが、風通しの良い半日陰に置いた場合はどうなるのかを試してみようと思います。
第2農園に戻って昼食を摂り、緑米の水田の草取りを2時間ほど行いました。
一週間前にコナギを摂ったのですが、1往復半分が残っていたのでギックリ腰を患ったばかりですが、調子が戻って来たのでやってみました。

昨日撮影したブルーベリーの新梢の様子を設定ミスで掲載出来なかったので、本日掲載します。
今年は潅水を度々行ったので、十分とは言えませんが、新梢が伸びているので、一応安心しおります。

このところの暑さで、急にブルーベリーの成熟が一気に進み過ぎ、第2農園オーナーの奥さんに相談しました。
直ぐに何人かの摘み取りのお客さんを紹介して頂き、感謝しております。

1.jpg 2.jpg
NHB系のバーリントンです SHB系のブラッデンです
3.jpg 4.jpg
SHB系のガルフコーストです SHB系のクーパーです
5.jpg 6.jpg
NHB系のジューンです NHB系のデュークです

2008-8-13

2008年8月13日(水)曇りのち晴れ

所用で午前中はお休み、午後、第3農園、第2農園にて諸作業など

一昨日やってしまったぎっくり腰は、軽い症状で済みそうです。
午前中は近所の病院で定期診断を行って頂き、かなり過食気味の診断が出てしまいました。
何せ、肉体労働の毎日ですから、炭水化物で腹を満たしてしまうので、今後は自制しなくてはと思っています。

自宅で昼食後、第3農園へ直行し、妻は摘み取り作業、小生は相変わらず潅水作業を優先させます。
7時に歯科の予約をしていたので、早めに作業を切り上げ 自宅に帰ってシャワーを浴び、体を清めて待機しました。

2008-8-12

2008年8月12日(火)曇りのち晴れ

妻はお休み、小生は第3農園にてポット苗に潅水、野菜の収穫など

実は、昨日の午後、ベランダでブルーベリー苗の手入れをしていて、軽い「ぎっくり腰」になってしまいました。
急いで湿布をし、安静にしていたので大事にはなりませんでしたが、現在も腰の筋肉に軽い張りがあります。
休める理由付けが出来たので軽い仕事をチョイとやって今日は終えました。

第3農園内の実生の木を写真に記録したり、里芋や落花生の生育状況を記録しました。
自宅に帰ってみると増築箇所の水道、ガスなどの内部施設が取り付けられ、殆ど完成していました。
本格稼働は来年になりますが、近々に火入れなどをして、試運転をしようと思っています。
1.jpg 2.jpg
ティフブルーテですが、少々遅れ気味です 野菜区の里芋類・落花生です
3.jpg
増築部分の内部施設が敷設されました

2008-8-11

2008年8月11日(月)晴れ時々曇り

昨日と同様、妻を第2農園に降ろし、小生は第3農園東区の潅水など

天気予報では、殆ど一日中曇りの筈でしたが、かなり強い日射しで、潅水前にタオルを濡らして被らなかったので、日射病直前になりました。
気象予報には責任は無いでしょうが、休みなく夢中で作業をしていると、気が付いたときには頭が煮えてきています。
慌ててタオルを濡らし、頭から被ってしばらく冷やしたところ、直ぐに回復したので、引き続き潅水を続けました。

東区の殆どは4年生で、昨年夏に強いストレスを受けたので、物足りない生育状況でしたが、ようやく生長の兆しが見えてきました。
特に、潅水の効果は大きいと思っています。

潅水により効果が顕著に現れているのが、晩生種のNHB系レイトブルーです。(特徴については8月6日にも掲載しました。)
第1農園で栽培していた昨年までは、常に乾燥にさらされていて、殆どまともに結実しませんでした。
今年、第3農園に移植し、頻繁に潅水をしたところ、ようやく本来の力を発揮した様です。
今日現在、しっかりした未熟果がかなり付いていて、これから旧盆開け頃まで収穫が出来そうです。
昨年までは、余り気に留めていなかったのですが、とても気に入った品種の1つになりました。
晩生種のNHB系のをお望みの方は、是非ともレイトブルーをお勧めします。(RE系のフクベリーもお忘れなく)
1.jpg 2.jpg
16年1月ニッポン緑産より1年苗を購入、今年その良さを確認 他のNHB系は終了しましたが、レイトブルーは未熟果がかなりあります
3.jpg 4.jpg
刈り倒されたヒマワリはスプレー状に花が咲きました(ゲート西側) 同じくゲート東側です(ミントも沢山植えました)

2008-8-10

2008年8月10日(日)曇り

妻は第2農園にて摘み取りと草取り、小生は、第3農園にてポット苗に潅水など

それにしても雨が降りません。
野菜区の潅水していない部分の土を10僂曚彪,辰討盍イい討い泙后
この分では、ソロソロ蒔かなくてはと思っている秋野菜などは蒔けませんし、定植しようと思っている野菜も植えられません。
昨年の8月も雨が降らず、ブルーベリーの苗の新芽を沢山枯らしてしまいましたが、今年は辛うじて井戸のお陰で助かっています。

今日も妻を第2農園に降ろして、小生は第3農園に行き、ポット苗に潅水後、西側半分の潅水を3時間程やりました。
第3農園のブルーベリーの全ては今年移植したものですから、根の張りも弱く、ついにトータル3本が枯れました。
潅水作業は手抜きをすると、結果はハッキリと出てしまいます。
枯れるのは、水不足が全て原因とは思いませんが、ブルーベリ一は一旦調子を崩すと再生に時間がかかります。
明日以降、引き続き東側半分の潅水を行う必要があります。

2008-8-9

2008年8月9日(土)晴れ

午前中、昨日の続きで第2農園にて潅水、第3農園にてポット苗に潅水など

昼には息子夫婦と孫が来るので、午前中、集中的に作業を行いました。
第2農園の潅水(昨日の続き)とナスとししとうの収穫。
日焼け気味のナスやししとうは、昨日潅水したので、その効果がハッキリわかります。
10時頃第3農園へ行き、きゅうりの収穫とブルーベリーのポット苗に潅水を行いました。
11時半頃自宅に帰り、シャワーをを浴び、体を冷やしました。
昼食は息子一家と摂り、一休みの後、全員で第2農園へ行きブルーベリーの摘み取りを行いました。
夕食は、にわとり広場の手打ちそば「やまもと」さんでそばを食べ、ゆっくりと帰りました。
1.jpg
RE系のガーデンブルーです、完熟すると甘味の強い品種です

2008-8-8

2008年8月8日(金)晴れ

第2農園にて潅水、第3農園にてポット苗に潅水など

相変わらず毎日暑い日が続きます。
朝から夕方まで働けば倒れてしまいます。
そこで、出掛ける前に帰る時刻を決めてました。

第2農園では水田の水をポンプアップして、1本当たり20〜25秒潅水、訳ありで30本を残してしまいました。
実は、朝5時半頃に農園近くのIさんから電話があり、「スイカをあげるから来るように」との事で、10時に伺う約束をしました。
お言葉に甘えて第3農園へ向かう途中、Iさん宅に立ち寄りました。立派なスイカを10個ほど分けて頂きました。
ついでにIさんの最高傑作の「真っ赤に熟れたトマト」(桃太郎)も沢山戴き、第3農園に向かいました。

農園では、ポット苗が若干萎れていて、元気がありません。
ある程度は乾燥させ、根の発達を促す事も宜しいのですが、過ぎると新芽がドライになってしまうので、注意が必要です。

昼食後は直ぐに帰る予定でしたが、連日休養していた妻が何時になく元気で、俄然張り切ってしまい、帰りのサインも無視されました。
2時半頃になると日射しも更に強くなり、後頭部が暑くなってきたので、強制退去を宣告し、強引に終了させ、帰途に付きました。

帰りの道すがら、お世話になっている方々にスイカを配達して帰りました。

1.jpg 2.jpg
8月2日時点のコンクリート床 今日(8月8日)床のコーティングを開始しました、3回塗るそうです

2008-8-7

2008年8月7日(木)晴れ時々曇り

緑米の水田の草取り、椎茸のほだ木の整理など

今朝は4時に起床し、水田の草取りを行いました。
昨日の朝は霧が捲いていて涼しかった様ですが、今日は日の出からカンカン照りで、いささか参りました。
それでも気合いを入れ、着替えのフルセットを持って出掛けました。
草取りの時間は2時間半程度ですが、草の量が多く、小さな田圃ですが、半分程度しか進みませんでした。(時速20メートル程度)
汗を沢山かいたので、シャツや下着がすんなり脱げません。
第2農園オーナー宅のシャワーを借り、体を冷やしましたが、止めどなく汗が噴き出て来ます。
着替えて汗が落ち着いたところで朝食を摂りました。
9時から第2農園オーナーのYKさんとの約束で、椎茸のほだ木の整理を行いました。
昼食後、第3農園へ行き、ポット苗に潅水を行ってから第2農園に戻ってミニトマトやナスの収穫をし、5時過ぎには自宅に帰りました。

1.jpg 2.jpg
緑米の水田です、他の品種より1カ月以上遅い出穂と思います 中には水草のコナギがびっしりと生えています
3.jpg 4.jpg
原木を寝かせていた状態、菌糸がびっしりと生えています きっちりと並び替え、収穫準備が出来ました
5.jpg 6.jpg
パラパラと成熟するRE系晩生種のブライトブルーです 色づいても直ぐには収穫出来ないRE系晩生種のガーデンブルーです

2008-8-6

2008年8月6日(水)晴れのち曇り

妻を第2農園に降ろし、小生は第3農園へ行き潅水など

今朝、両農園周辺は数伉度の雨が降った様ですが、ブルーベリーには余り効果があった様にみえません。
ただ、コガネ虫の動きが鈍いので、沢山捕まえることが出来ました。

第3農園ではポット苗に潅水後、きゅうりの収穫を行いました。
その後、加工用にする予定で、NHB系晩生種のレイトブルーと他品種の末成りを摘み取りました。
一般的に、末成りは余り味気がなく、甘味も少ないように思われます。
その点、晩生種のレイトブルーは酸味が強く、ジャム作りの際に混ぜると宜しいと思います。
(完熟すれば生果でも美味で、リンゴでいいますと、紅玉的な存在でしょうか)

野生種といわれているRE系のエッセルとスワニーは生果用では気が引けるので、NHB系と混合してジャムにします。

加工用には若干量が少ないので、第2農園に戻ってレイトブルーを摘み取りました。
レイトブルーは暑さにはかなり耐えられると思いますが、乾燥には弱い様ですから潅水施設が必須と思います。
(木は枯れませんが、果実が萎びてしまう傾向があります。)
適宜潅水をしてやりますと、収穫量は格段に多くなると思います。

昼食を摂ろうと思いましたが、風が全くなく、蒸し暑いので急遽全て片付けて自宅に帰ることにしました。
今日のような天候で働きますと、相当健康な人でも熱中症で倒れてしまうでしょう。

早々に帰り、涼しい思いで精進弁当を食しながら高校野球を観戦し、食後はお昼寝でした。
1.jpg 2.jpg
鮎竿から潅水ホースに持ち替えました(持ち方は全く同じです) 核シェルター?内に照明が付けられました

2008-8-5

2008年8月5日(火)曇り時々雨

久々40个曚匹留が降りましたが、第2農園・第3農園近辺は10舒焚爾如△箸討發發梁りません

都内などは集中豪雨で被害も出ているようですが、当地の農園周辺は効果のある程の雨が降りません。

第3農園のポット苗を見ると土が乾いています。朝一番の仕事は潅水です。
余り動かなくても汗が自然に流れてきて、1時間ほどでシャツは、搾ればしたたり落ちるほどになります。
着替えをしても直ぐ汗で重くなってしまいます。

先日第2農園で硫安を施したので、今日は第3農園で硫安を施しました。
少し控えめに撒き、中旬にもう一回撒く予定です。

NHB系の中には、渇水のストレスを受けると活性しない品種もあるようです。

品種ごとに追肥を止める時期は違うように思われますが、品種数が多いと難しいところです。
昨年は、RE系の品種で、9月以降から伸び始めた結果、新芽を沢山凍らせてしまいました。反省。

1.jpg 2.jpg
拙宅のフクベリーです、初夏に植え替えたのでとても怒っています ベランダのサルナシです、沢山花は咲きましたが、殆ど落ちました

2008-8-4

2008年8月4日(月)晴れのち曇りから雷雨

毎日暑過ぎです。朝食を持参して、妻と第3農園へ直行、野菜の収穫とポット苗などに潅水・摘み取り作業など

それにしても毎日暑い日が続きます。
日中の作業は少々辛いので、朝食持参で出掛けました。
農園に着いた時は涼しい風が吹いていたのですが、しばらくすると生温かくなり、昼食後は、早々に帰りたくなりました。

この暖かさで、RE系ブルーベリーが急速に熟し、収穫初期の品種は粒が大きく、見栄えがします。
全般的に、NHB系と比較すると、RE系の方が糖度が高く、本来の味があるように思います。
但し、果皮が固く、種子が多いものが多い傾向ですが、5〜6粒を一気に頬ばって食すると、味が良く分かると思います。
また、ジャムなどにして食しますと一段と味あいがあると思います。

2時過ぎには帰宅し、シャワーで体を冷やした後は、、しばし横になって高校野球を観戦しました。

この暑さの中で、拙宅の百日紅(サルスベリ)が咲きはじめました。
百日紅の花は、冷夏の年は殆ど蕾を持ちませんが、今年は沢山蕾があり、長い間、花が楽しめそうです。

夕方、久々に雷を伴って雨が降りましたが、少々もの足りません。
願わくば、一晩中、シトシトと降って欲しいものです。
1.jpg 2.jpg
サルスベリが咲き始めました ポンカンの実も大きくなって来ました
3.jpg
日陰の百合も咲きました、弱々しいところが魅力的です

2008-8-3

2008年8月3日(日)晴れ

今日は第2、第3農園の野菜の収穫とポット苗の潅水だけでお休みを決め込み、第2農園オーナーとドライブなど

連日余りにも暑いので、頑張りすぎると体にこたえます。
思い切って午後からお休みにし、第2農園オーナーのUKさんに栄町のパン屋さん(ピッパラの樹)に連れて行って頂きました。
以前に戴いた時、ワイルド感のあるパンで、日常的に食しているモノとは全く違い、何故か次に食べたくなるのです。
食べれば食べるほど記憶に残り、パン屋さんの名前や場所を忘れても味が忘れられませんでした。
野外のデッキで無料のコーヒーを戴きながら、買ったばかりのパンをほおばり、しばし雑談を致しました。
以前伺った時、小生がブルーベリーを栽培していることをお話ししたのですが、オーナーの奥様が覚えておられました。
偶々クーラーボックスに入れていた1パックを手土産としてお渡ししました。
帰る際に、営業用の貴重なバターを戴いてしまいました。

途中、県立房総風土記の丘に立ち寄り、自然林が多い中、大きな蓮池や居着いていると思われる馴れ馴れしい鴨を見つつ、遊歩道を散策してきました。
久々、ゆったりとした時間を過ごすことが出来、連れて行って頂いたUKさんに感謝した次第です。
1.jpg 2.jpg
栄町のパン屋さん「ピッパラの樹」全景。ログハウス調の洒落たお店です 当地は早場米の産地ですから、稲の穂が頭を垂れていました
3.jpg 4.jpg
蓮池を本拠地にしている馴れ馴れしい居着きの鴨 蓮池の周辺にはトンボが沢山いて、簡単に捕まえられます

2008-8-2

2008年8月2日(土)曇りのち晴れ

昨夜娘が久し振りに帰って来た。今朝はゆっくりと始動、第2農園で摘み取り、小生は第3農園ポット苗の潅水・野菜の収穫

娘が久し振りに帰ってきて、朝の動きはとてもゆったりとしたものになった。
第2農園に着いたのは10時を過ぎていて、久々太陽が眩しいほどに照り付けていました。
パラソルを二本拡げてみたものの、暑さをしのげるほどでなく、娘は余りの暑さに、保冷剤を脇の下に挟んで体を冷やしていました。

第3農園の野菜区では潅水効果が出てきて、きゅうりは毎日10本前後採れるので食べきれないほどです。
遅く蒔いた蔓いんげんがようやく成り始め、これから楽しみです。

第2農園のアスパラガスにも潅水したところ、急に鉛筆くらいのものが出てきて、食卓に並びます。

午後は、第2農園内のイネ科(昔は禾本科(かほんか)と呼ばれていました)の雑草を根こそぎ退治しようと張り切りましたが、暑さの余り、途中退場。
3時ころに帰宅し、シャワーで体を冷やし、水分を補給しましたら急に眠くなったので、2時間ほど眠つたところ、疲れがすっかり取れました。

防鳥テープのその後(効果は)・・・今日もカラス・ヒヨドリなど他の鳥も全く姿を見せません。
RE系(ラビットアイ)は鳥たちには人気がないのでしょうか。小生は「しっかりとした味で美味しい」と思うのですが・・・
1.jpg 2.jpg
シャープブルーの勢いのある新梢と大きな葉です。 大工さんの仕事は終わり、電気・ガス・水道工事だけになりました

2008-8-1

2008年8月1日(金)曇り一時晴れ

午前中は、第3農園のポット苗に潅水・園内の収穫・草取りなど、午後は第2農園で潅水を実施

妻は暑さにやられたとかで休暇、にもかかわらず小生の弁当だけは作ってあります。
それでも気がとがめるのか「たまには休んだら・・・」などと言っています。
やらなくてはならない事が沢山あって、休む気になれません。

朝は第3農園へ直行、ポット苗に潅水後、RE系の収穫を行いました。
今春定植して、若干生育が後れ気味なので、第2農園よりも熟期が少々遅いようです。
しかし、初期の実は大きく、特にT-172(フェスティバル)では100円玉とほぼ同じ大きさのものもありました。
草取りはいつも取り残しの無いようにしているのですが、いつの間にか蔓延って来ています。
小さいうちに抜いてしまえば苦になりませんが、2週間も見逃すと簡単に抜けません。
昼食を摂り、しばらくしてから第2農園に行き、この渇水期にもかかわらず、用水が来ていたので、急きょ用水ポンプのエンジンにガソリンを入れ、潅水をはじめました。
175本に30〜50秒間の潅水を行い、終了した時刻は7時をまわっていました。

防鳥テープのその後(効果の程は)・・・カラスは全く姿を見せません。
ヒヨドリはヒステリックに飛び回っていますが、降りてきて、ついばむ姿は見ていません。
1.jpg 2.jpg
RE系のホームベルは急に色づき始めました RE系のティフブルーも色づき始め、来週中頃から収穫出来るでしょう
3.jpg 4.jpg
RE系のT-172(フェスティバル)は100円玉とほぼ同じでした 頻繁に潅水をしているので、里芋類や落花生は元気です