トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2009-10

<< 2009-10 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009-10-31

2009年10月31日(土)晴れ

朝から第3農園にて玉ねぎの定植と、ごぼうの種まき【明日は芋煮会です】

痺れたような心地よい筋肉痛が体中に感じながら、一日のスタート。
遅れ遅れになっていた玉ねぎの定植を始めました。
赤系1品種と黄系2品種をすべて定植しました。
昨日の穴あきポリマルチの穴数は小生の計算間違いで、5行×73穴×2畝でした。

こんなことは余り意味はありませんが、結局来春にならないと収穫量は解りません。
今春の玉ねぎなどは青玉ねぎで沢山収穫したため、成熟した玉ねぎの収穫量はかなり減っていました。

途中、近くで家庭菜園を行っているOさんが、白くて丸いサツマイモを持ってきて下さいました。
拙宅ではサツマイモは一株も作らなかったので、感謝しつつ戴きました。

玉ねぎを植え終え、今まで何も作付けしていなかった畑の一番隅に「ごぼう」を蒔いてみました。
鶏糞を撒き、小型耕耘機で往復3回耕した後、高めの畝を作って種を蒔きました。

明日は、第2農園オーナー宅の緑米収穫跡の水田で芋煮会を行います。
お近くの方、遠慮なさらずにお出掛け下さい。(12時を若干過ぎた頃から)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Oさんから戴いたさつまいも 里いも(土垂)を収穫すると新に植えられます ブロッコリーの花芽が認識出来るようになりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ごぼうを蒔いてみました 紅葉しました、RE系実生K−BW−1 紅葉しました、RE系実生K−BW−4

2009-10-29

2009年10月29日(木)晴れ

稲刈り(緑米)を行いました

朝から第2農園オーナー宅緑米の稲刈りのお手伝いを行い、午後2時半過ぎに終了しました。

引き続きSさん宅の緑米の刈り取りを全員(11人)で行い、「おだ掛け」まで終了。

次に拙宅分の北側水田(強湿田)の刈り取り、同じく11人で一気に「おだ掛け」まで完了。
その勢いで南側水田の刈り取りと約1/2程度の「おだ掛け」を行って戴き、黄昏れてきたために本日は終了。

皆様の協力のもと、一気に刈り取りが出来、感謝感謝の一日でした。

明日は拙宅分の「おだ掛け」の続きと、第2農園オーナー宅の水田2枚を刈り取ると今年の稲刈りは終了します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米の刈り取りを開始しました おだ掛け(はざ掛け)の準備です 今年はこの場所が芋煮会の会場の予定(11月1日)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
拙宅分の刈り取り前の緑米です この小さな田んぼ、11人で刈り取り作業 予定以上に進み、南側水田も刈り取りました

2009-10-28

2009年10月28日(水)晴れ

午前中は第3農園にて玉ねぎを植える床作り、午後は約束通り、こんにゃく作り

第3農園の海老芋の残りを掘り取りを行い、その跡地に玉ねぎを植える予定です。
蛎殻石灰、鶏糞、籾殻を撒き、小型耕耘機により撹拌し、しばらく馴染ませてから穴あきポリマルチを張って定植します。

午後は「にわとりひろば」にて第2農園オーナー丸抱えの協力を得て、こんにゃく作りを行いました。
昨日掲載した2個のこんにゃくを良く洗って、12個程度に切り分けて皮を剥き、おろし金でおろします。
前回よりも1堋度多目で約3.2圈撹拌するのを心配しましたが、今回は水を多目に入れたので思ったより滑らに撹拌できました。
今回は芋煮会などのイベント分を先に取り分け、第2農園オーナーと山分けをし、気分良く帰宅。

今日はカメラも携帯も忘れてしまい、オーナーのデジカメを借り、写真を撮らせて頂きました。感謝。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
こんにゃく芋をすり下ろしているところ 約30分間加熱して良く撹拌します 粘性が強いのでかなり力が必要です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
凝固剤を入れて固め、型に流し込んで圧をかけています 固まったら適宜切り分け、大釜で茹でます 茹で上がったら流水で冷やします

2009-10-27

2009年10月27日(火)晴れ

台風一過で空気がきれい、土が湿り過ぎなので玉ねぎの植え付けは明日以降に

玉ねぎを植え付けようと思いましたが、土が湿り過ぎなので変更し、野菜の収穫など。
冬瓜(とうがん)は当初30ヶ程度は収穫できると豪語してしまいましたが、結果は惨めで、食したものを含めても9つ程度でした。
一昨日八つ頭や海老芋などを収穫し、茎を皮付きので仮干して置いたものを剥いて干しました。

こんにゃく芋は第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて明日加工する予定なので、帰り際に持参しました。
先日造ったこんにゃくを知り合いなどにお裾分けを行ったところ、なかなかの好評でした。

明後日から緑米の刈り取りが始まります。
昨日、一日中降った雨により田んぼの中は水でいっぱです。
畦畔をスコップで切り、排水を行いました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ぼっちにしていた落花生を取り込みました 冬瓜は当初30ヶ収穫と豪語、結果9個程度でした こんにゃく芋、1.6kgと1.7kgです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今日も芋の茎を剥きハウス内に干しました 台風一過、今日は夕方になっても空気が澄んでいました 今年一番の大きな八つ頭です

2009-10-26

2009年10月26日(月)雨

朝から雨降りで、今日も農園作業はお休みです。

台風20号の影響で、朝から止むことなく一日中降っていて、夕刻からは風も強くなって来ました。

今年は八つ頭、海老芋、セレベスなどの茎で芋がらを沢山作ったので、カラカラに乾燥したものをビニール袋にパッキングしました。
昨夜商品シールをPCで作り、乾燥芋がら40g当たり、250円(g当たり6円強)という設定で作ってみました。
畑で朽ち果てさせてしまえばそれまでですが、手間をかければ結構食べ物として利用できると思っています。
但し、量目と価格はお客さんが判断するのでわかりませんが、皮を剥いて干し、パッキングするまでの手間は如何ほどに。
芋がらは味付け次第では美味といいますか、歯ごたえが良いので、一度この感触を味わうと癖になる思います。
調理方法は、水に戻して良く洗い、キッチリと絞って適宜刻み、油揚を入れ、薄味で煮付けるシンプルな料理がお勧めです。

所用で第2農園オーナー宅に行ったところ、「椎茸が出ているよ」と言われ、行ってみると直径10センチ以上に育っていました。
その足で第2農園に平茸を採取に行ったところ、雨が降ったために一気に傘が広がっていたので、早速採取した次第。

嵐気味に雨が降ってきた中、ジョイフル本田までタマネギの苗と乾燥剤(小袋)を買いに行き、今日の仕事は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
芋がらを沢山作り、パッキングしました 雨降る中、椎茸を採ってきました 同じく平茸を採ってきました

2009-10-25

2009年10月25日(日)小雨のち曇り

こんにゃく造りを失敗。PCの無線ランを付けました。

今日はほとんど雨は降っていませんでしたが、農作業はお休みにし、のんびりとしていました。
先日、こんにゃく作りが上手く出来たので、2匹目のドジョウを狙って急遽自宅でこんにゃく作りをすることに。
1.3圓両々傷んでいるこんにゃく芋をよく洗い、皮をむいてすり下ろしました。
凝固剤はカキ殻石灰を溶かし込んだ水溶液を0.4リットル使用。
手順は先日の方法と全く同じでしたが、今回は凝固剤が足りなかった様で、固まらずに溶け出してしまい大失敗に終わりました。
やはり凝固剤は、正確に使わないとダメということが良くわかりました。
後片付けの惨めなこと、想像以上でしょう。
気を取り直し、近々に第2農園オーナー宅で再チャレンジをしたいと思っています。

昼前に息子から電話があり、先日PCの無線ラン設定が出来なかったので、取り付けにくるとのこと。
無事設定が出来、これからはハードーディスクの付け替えだけで居間の炬燵で出来る様になりました。
これからの季節、寒い思いをせずに済みそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
正味1.3圓△蠅泙靴 皮を剥いたら約100グラム減っていました 凝固剤を入れ、型に流し込んではみたものの・・・

2009-10-24

2009年10月24日(土)曇りのち雨

幾ら動いても汗のかかない寒い1日でした

第2農園の平茸がやっと収穫できました。
昨年仕込んだホダ木で、これから収穫予定のものを含めても、昨年の1/10程度でしょう。
今春菌駒を打ち込んホダ木に期待したいところです。

昨年はブルーベリーの狂い咲きが多かったのですが、今年は極少ない状況です。

周辺の水田は殆ど刈り取られ、残っているのは緑米だけです。
最近は300羽以上はいると思われる雀の大群が通って来ていて、被害はかなりなものでょう。

若干早かったのですが、こんにゃくと同じ畝の八つ頭とえび芋を収穫し、ターサイの苗を移植しました。

10月としてはかなり肌寒い一日で、幾ら労働をしても汗ばむことがありませんでした。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園の平茸を収穫しました チンゲンサイの双葉です 緑米、雀にもかなり分け前(春は益鳥秋は害鳥)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
クモはあらゆる虫を捕食します、時にはオスまでも(右上) 八つ頭・えび芋作の跡にターサイ移植を完了。(約130本) 信州の実家から新鮮・美味なりんごが届きました

2009-10-23

2009年10月23日(金)晴れたり曇ったり

秋風とともに菜っ葉類が急に成長を始めます。

第2・第3農園では、涼しくなってきてから野菜の成長が著しく、日々成長を楽しめます。
今日は遅くなりましたが、自家採取した春菊の種を第2農園において蒔いてみました。
このところ、雨が降っていないので、たっぷりと潅水を行ないました。
第3農園では、ターサイの種を厚蒔きにしておいたものを、こんにゃく跡に一部移植を行ない、30mm程度の潅水を行ないました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブルーベリーの株間に蒔いた大豆が実って来ました。 ターサイの幼苗です → → ターサイを移植しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
切れ込みがありませんが、日本ほうれん草と思います 野沢菜です、二度蒔きしたので厚目です ブロッコリーです、花芽が出来て来ました

2009-10-22

2009年10月22日(木)晴れのち曇り

第2農園オーナー宅「にわとりひろば」で「こんにゃく」造り

第2農園地主のYさんの協力で、こんにゃく造りを行いました。
こんにゃく造りの道具全てを提供して戴き、しかも凝固剤の炭酸カルシウムまで用意して頂きました。
手順は次の通り。
〆G一番の大きな「こんにゃく芋」(2垓)を八ッ割りにし、皮を剥きます。(綺麗に皮を剥くと白く仕上がります)
⊆,法大鍋に水3.8リットルを入れ、その中にこんにゃく芋を摩り下ろし、よくかき混ぜて約30分間なじませます。
30分経過後、鍋をガスレンジに載せ、加熱を開始、鍋の中は80℃に保ちつつ、30分間を目安に焦げ付かない様に注意深く攪拌します。
じ匆修靴篤明感が出てきて来たら火を止め、60℃まで冷まします。
ノ笋泙靴討い覺屐200ccの熱湯の中に炭酸カルシウム80gを入れ、良く攪拌して溶かします。
γ沙瀬ルシウム液をこんにゃくの中に3回程度に小分けして入れ、シャモジなどで勢い良く攪拌します。(何があっても手を止めてはいけません)
Ц任泙訌阿縫丱奪箸筌織奪僂覆匹貌れ、手早く空気を抜きながら表面を平らにし、凝固させます。(濃度が濃いと成型が難)
┯任泙辰燭蘚当な大きさに切り分け、湯量の多い釜で茹で、灰汁抜きを行います。
こんにゃくが浮いてきたら掬い上げ、流し水で更に灰汁を抜きます。
これで完成です。
今日のお昼時、柚子しょうゆで戴きましたが、とても美味でした。

しばらく保存する場合は、ポリ袋にこんにゃくと茹汁を入れ、極力空気を抜いて冷蔵庫に入れます。
手作りこんにゃくは、キメが荒く、見かけは今一ですが、味が浸み込み易く舌触りが良いのでお勧めします。

上記メモは今日製造した時の量目ですが、若干硬かった様です。もう少し多目の水の方が宜しいかと思います。

今日はとても気分が良く、地主のYさんとこんにゃくを山分けにし、帰宅した次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
上記Г任后手際よくやらないと写真のようになります 適当に切り分けて大釜で茹でます こんにゃくが浮いてきたら掬い上げます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
市販品の2〜3倍の大きさでしょう 流水で灰汁を流します 刺身こんにゃくにし、柚子しょうゆで戴きました

2009-10-21

2009年10月21日(水)晴れ

平茸が出ました。稲わらを回収し、第3農園に運搬しました。

朝夕が涼しくなってくると同時に、第2農園オーナー宅の山で平茸が出はじめました。
昨年打ち込んだ、小生の平茸のホダギにも小さな平茸の子供がビッシリと出てきましたが、水不足のようなので明日潅水する予定です。
今春、種駒を打ち込んだネムノ木の原木も菌が白く付いている様なので、来月には期待できそうです。

妻とともに稲わらの回収を行い、軽トラに載せて第3農園に運びました。
立て掛けていた束が先日の台風で倒れ、濡れていたのでとても重く、重労働。
乾いているものから運ぼうと思ったのですが、面倒なので全て運び、第3農園にて広げて乾燥させました。

昨日掘り取ったこんにゃく芋を第2農園オーナー宅に立ち寄って置いて帰りました。
明日、このこんにゃく芋の皮を剥いてすりおろし、こんにゃく造りを行う予定です。
きっと大鍋一杯出来上がると思います。
刺身こんにゃくが楽しみです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
平茸は明日収穫できるでしょう 稲わらを回収しました 軽トラまで何回も往復し、足が疲れました
4.jpg
第3農園に運び、乾かすために立て掛けました

2009-10-20

2009年10月20日(火)曇り

オスのカマキリは哀れ、否・至福の最期かも、我が国は相対的貧困率世界第4位らしい

今年はカマキリの巣(卵)がとても多く、第2農園内では例年より高い場所に産み付けられています。
(カマキリの卵が産み付けられる場所が高いと、大雪が降ると云われています。)
久々、カマキリのメスがオスを食しているところを目撃、写真に撮ってみました。

10日程前にホダギを叩いて刺激して置きましたら、椎茸が沢山出てきました。

第3農園にて、こんにゃく芋を掘ってみました。
期待通りの芋は4個、一番大きいものは直径20cm程度ありました。
生子(きご)が沢山付いていて、これを植えておくと、ねずみ算的に殖えて行くことになります。
近々第2農園オーナー宅でこんにゃく造を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
カマキリがカマキリを食べていました 椎茸が沢山採れました こんにゃく芋を掘りました生子は丸くありません

2009-10-19

2009年10月19日(月)曇り一時晴れ

ブルーベリーの実生苗、挿し木の「さるなし」の運命は如何に

丸2年から3年経つブルーベリーの実生苗はベランダで育成していました。
春は丈が短くて気にならなかったのですが、夏から秋にかけて成長したので洗濯物のを干すのに邪魔にされていました。
今日、ようやく運び出し、第3農園まで運ぶこととし、乗用車に載せました。
第3農園にてピートモスをベースに籾殻、鹿沼土などを混合し、用土を作って一回り大きなポットに植え替え開始。

その他、今春ユリを植えていた鉢に「さるなし」の太い古枝を悪戯に何本か挿してみましたが、殆ど発根していました。
これも持って行って20センチポットに移植してみました。
今は良いのですが、成長するに従って管理するのが難しくなります。

春に植え付けた長芋を3株掘ってみましたが、丁寧に掘ったつもりですが、結果はプツプツに切れてしまい、短芋になってしまいました。
折れた芋を早速洗い、カッターナイフで皮を剥いて食してみたところ、何んと美味いこと。癖になりそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
妻に邪魔扱いされたベランダの実生苗 今春、悪戯気味に挿した「さるなし」 植え替えたら8本ありました
4.jpg
長芋を掘ってみました、幾つにも折れ、短芋に

2009-10-18

2009年10月18日(日)晴れ

緑米の熟度ほ調べセレベスの試し掘りを行いました。

緑米は乳熟期から糊熟期に入っていて、このまま生育すると今月下旬には刈り取りが出来るとのこと。
大豆も莢がかなり肥大して来て、枝豆用には終期になりました。
枝豆に大分採取してしまったので、収穫量の2斗(20升・36リットル)目標達成が危うくなって来たので、そろそろ枝豆採取は取り止め。

第3農園にてセレベスの試し掘りをしてみたところ、意外と親芋が肥大していました。
(セレベスは八つ頭やえび芋と同じく、主に親芋を食します)

その他の作業は、RE系ブルーベリーの下枝が繁茂し過ぎるので、妻とともに剪定作業を行いました。

こんにゃくは既に枯れてしまったので、近々掘り取る予定です。
その後、第2農園地主さんの指導により、にわとりひろばにて「こんにゃく作り」を行う予定です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米(餅米)と大豆の生育は順調です 乳熟期から糊熟期に入りつつあります 大豆は枝豆に丁度良いのですが、止めます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
セレベスの験し掘り、柄を切り取りました 一輪車に載せて写しました(主に親芋を食します) 茎が朽ちると直径12cm程度の球形になります

2009-10-17

2009年10月17日(土)曇り

第3農園にて剪定・さといも堀りなど

今日はゆっくりと始動し、第3農園には9時半過ぎに到着し、里芋の石川早生を全て掘り取り、株のまましばらく貯蔵。
次に、赤芽系のセレベス、八つ頭、えび芋などの茎を切取り、皮を剥いてハウス内に干しました。(仕上の乾燥は拙宅のベランダで)
この里芋類の皮剥きは簡単な様で意外と難しく、且つ灰汁で手が汚れるので、何時の間にか妻は逃げてしまいます。

昼食後、RE系のティフブルーを剪定しましたが、剪定後の写真をみると、切り足りない様な気がします。

妻が摘み取った大豆(小糸在来)と乾燥途中の芋がら(ずいき)を手土産に、懇意にしているIさん宅に伺いました。
しばらく世間話をし、帰宅時には敷地内の畑で栽培している大実の落花生「おおまさり」や甘藷、里芋、漬物まで戴いてしまいました。
早速茹でて戴きましたが、甘くてとても美味、次から次へと手が出てしまい止まりませんでした。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
剪定前のRE系ティフブルー 剪定後(かなり切り落としましたが・・・) チンゲンサイは蒔いておきさえすれば育ちます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさんと奥さんに落花生を採って戴きました ビックリするほどの大実の落花生です 右下2つが通常の落花生の大きさです

2009-10-16

2009年10月16日(金)晴れ

第2農園にて小豆と落花生の収穫など

小豆は初めて作りましたが、実り方がまばらで、莢が弾けそうなものから、開花直後のものもあり、収穫が難しいものです。
放っておくと莢が弾けて豆が飛び出しそうなので、枯れて仕上がっている莢を収穫しました。

次に、移植が遅くなり、成熟も遅れた落花生を収穫しましたが、思いの外多く収穫出来ました。
落花生産地と同じようにボッチを作って干してみました。
第3農園ではネズさんにかなり食べられてしまいましたが、こちらでは殆ど被害がなかったので歩留まりは良好です。

ケチケチ農法を実践しているので、落花生収穫跡にカキ殻、鶏糞、籾殻を撒き、小型耕運機で攪拌、畝たてを行いました。
畝の70%はターサイの苗を移植し、残りの30%にはチンゲンサイを蒔いてみました。

昼食後、第3農園に行き、苗木に潅水を行った後、東区ブルーベリーの剪定を行いました。
若干勿体ない気はするのですが、ヒザ下の枝は切り落し、スッキリさせようと行っていますが、なかなか思うようには参りません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
収穫中、莢も外れずに丁度良いタイミングでした 潅水の成果でしょう、莢が沢山付きました 収穫跡には即、ターサイを移植しました

2009-10-15

2009年10月15日(木)晴れ

地主さん宅の黒米、亀の尾などの刈取り、「はざがけ」にしてしばらく乾燥します。

朝から地主さん宅の黒米、亀の尾などの稲刈りを行い、「はざがけ」にしました。
黒米は草丈が短い上、ワラの部分も硬くて全く倒れていないのでバインダーで刈取られ、結束されているので「はざがけ」するだけです。

亀の尾の草丈は通常のコシヒカリより30cm以上長く、刈り取るにも楽ではありません。
特に、腰が柔らかく、約半分程度は倒れているので鎌で刈り取り、少し起きているものはバインダーで刈取りしました。
鎌で刈り取ったものは昔ながらの方法で、稲わらで束ね、全て「はざがけ」にしました。

今日の作業は第2農園地主さんご夫婦とSさん、常連のお客さんと孫のM君、それに小生と妻の7人で行いました。

作業は昼を挟んで午後2時半頃には完了し、「にわとりひろば」でお茶を飲みながらしばし歓談後解散。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
皆で「はさがけ」をしているところです 最初から4〜5品種を混植し、そのまま刈り取りです 最後は全員で手刈りをして、全員で束ねました

2009-10-14

2009年10月14日(水)曇りのち一時雨

久々、遠出をして蕎麦を食べに行きました

今日は予定通りお休み。
かねてから行きたいと思っていた市原市の「いなかそば 田」へおそばを食べに行きました。
メンバーは第2農園地主ご夫妻、コシヒカリの共同管理をしていたSさんご夫妻と小生と妻の6人で出掛けました。
天せいろ大盛りとご亭主こだわりのオーガニックコーヒー(支払いは地主様)、サーヒースのイチジクシロップ煮添えのアイスクリーム。
デジカメを忘れて行ってしまい折角綺麗に盛り付けられて出てきたのに写真は諦めていました。

帰り際に携帯電話にもカメラ機能があることを思い出し、お店の外に出てから撮りましたが後の祭り。
何時ものことですが、食べ物が目の前に来ると理性を失い、冷静さを失ってしまいます。(「いなかそば 田」のサイトをご覧ください。)
Sさん車の運転お疲れ様でした。
地主のYKさんご馳走様でした。
そして小生は反省。

2009-10-13

2009年10月13日(火)晴れ

赤米の刈取り、「はざがけ」にしてしばらく乾燥します。

朝から地主さん宅の赤米を刈り取りました。
100坪弱の面積ですが、全面、四方八方に絡んで倒れているので、機械では刈れません。
結果的には鎌で1株1株刈り取って、稲わらで束ね、「はざがけ」を行いました。

今日、妻は何故か「疲れた」と称してお休み、作業は第2農園地主さんご夫婦と小生の3人で、作業は午前中で完了。
昼食後、第2農園にてモロッコと枝豆を摘み取り、第3農園へ。

第3農園では、赤芽系の八つ頭などの茎を採取(約30本)、皮を剥いてビニールハウス内の波板に並べて干しました。

訂正:昨日の赤米と黒米の表示は逆でした。すみません。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
「はざがけ」用の竹を軽トラで2回運びました これは黒米、今週の15〜16日に刈り取りを行う予定の様子 赤米は右側の「はざがけ」したものが全てです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
黒米の株元は濃い紫色です 第3農園にて八つ頭などの茎を剥いて干しました 本日の第3農園全景、未だ新芽は伸びています

2009-10-12

2009年10月12日(月)晴れ時々曇り

PCがほぼ復活しました。

昨日と同様に最初は第2農園へ行き、野菜の収穫、長ねぎの畝上げを行いました。
特に白ねぎは土をあげてやらないと長くて柔らかい茎が期待できないので、大汗をかきながら行いました。
管理機でやれば簡単ですが、ケチケチ農法で畝間にターサイや大根などを栽培しているので鍬で行ないました。
作業終了後、水田の現在状況を観察しながら写真を撮ってみました。
明日は倒れている黒米の刈り取り予定で、「はざかけ」をして乾燥するので余計に重労働です。

お昼前に第3農園に行き、妻は野菜の収穫、小生はブルーベリーのポット苗の草取り、潅水、整枝などを行いました。
3時頃に息子が昨日に引き続き来てくれて、PCの環境設定の続きをしてくれました。
こちらは何のことやら解りませんが、すべてお任せで、取りあえず使う事が出来てメデタシメデタシ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
古代米の中で栽培面積の一番多い緑米 大粒でイガの長い亀の尾 左が黒米、右が緑米、中央は倒れ易い赤米です

2009-10-11

2009年10月11日(日)晴れ

PCを新しく購入しました。

午前中は2日ぶりに第2、第3農園へ出向き、野菜の収穫やブルーベリー苗に潅水などを行いました。
昼過ぎに息子が来て、PCを見てくれるので昼食後2時間程度で早あがりをしました。

診断結果、本体のハードディスクは助かりましたが、他は使えない様なので、新規に購入することに・・・。
(実際はパネルとキーボードは使用可)

最寄の大型電気店に出掛け、特売のPC一式を購入。
帰宅後、早速息子に設定して貰い、取りあえず書き込みができるようになりました。
明日以降は写真なども掲載できる様になると思います。

2009-10-10

2009年10月10日(土)晴れ(信州)

信州の朝は涼しいといと言うよりも、寒いくらいでした。

起床は6時半。信州の朝は空気がサラッとしていて、肌を刺すような冷たさを感じました。
軽く実家周辺を散策して眠気を覚ました後、美味しい朝食を戴きました。

丁度実家周辺がハーフマラソンが開催されることになっていて、早朝(9時)から通行止めになってしまいます。
そんな訳で、朝から落ち着かない状況のまま、少々早い出発をして会場に到着。

会場は親族一同のほか、生前兄が親しくしていた方々に参列していただきました。
一周忌法要の後に会食。その後新品の墓にお参りをして実家に戻り、しばらく休息。

外出していた姪っ子がお土産にとお焼きを買ってきてくれ感激でした。
3時半過ぎに信州を立ち、一路東京方面へ

電車は正味3時間の旅でした。
1.jpg 2.jpg
台風18号は穏やかで、コスモスは綺麗に咲いていました 帰りの新幹線の中から浅間山を撮りました

2009-10-9

2009年10月9日(金)晴れ

妻とともに昨年亡くなった兄の一周忌に出掛けました。

10日の9時半から、直ぐ上の兄の一周忌、新幹線で信州へ
信州に到着したのは15時ころ、実家の兄が車で出迎えてくれました。
その足で、同級生のM君が経営しているリンゴ園へ出向き、りんごの「陽光」を分けて頂きました。

PCが壊れてしまい、しばらく使えませんでした。
今まで、こんなに日を空けた事はありませんでした。
復旧中なので、写真はしばらく掲載できません。

いずれにしても本人は無事にしております。
1.jpg 2.jpg
実家の庭の紫式部が鮮やかでした 珍種のススキが川端にありました

2009-10-8

2009年10月8日(木)風雨のち晴れ

台風は恵みの雨をもたらしましたが・・・

台風18号は風も強く、雨量もとても多く、差し引きしてもやはり恵みの雨でした。
第2農園のセレベスは収穫には若干早いので、葉や茎が傷んでしまうと根茎の肥大には支障があります。

しかし、これから実の入る緑米は少々渇水気味でした。
このままですと白穂になってしまうところでした。
この雨でタップリ水を蓄えたので、充実した稲に育つと思います。

大豆も肥大期に入り、水分を要求していたと思いますので、この雨で良く育ってくれると思います。

6枚目の写真ですが、左手前の水田は田植え後1回だけ草取りを行いましたが、その後は都合で出来なかったものです。
何の作物を栽培する場合でも、一定程度生育するまでは、雑草をこまめに除いてやらないと報われないと思った次第。
但し、古代米の栽培は肥料を施しすぎると倒伏するので、少しくらい草に肥料を吸わせた方がよかったりして・・・。

これからしばらく晴天が続きそうなので、地主さん宅の稲刈り(コシヒカリ、古代米)が順調に進みそうなので何よりです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
台風一過、秋空がとても澄んでいました 強風によりセレベスの葉は破られ、見るも無惨 桶には雨水が一杯、折れた茎は皮を剥き、干します
4.jpg 5.jpg 6.jpg
南側水田の緑米と畦畔大豆、生育は順調です 大豆の莢も徐々に膨らんで来ました 小生の緑米は順調、左の緑米は草が勝っています

2009-10-7

2009年10月7日(水)雨

珍らしく夜明けから夕暮れ近くまで一時も止むことなく雨が降っています。

昨夜から15時までの間には約30伉度しか降っていませんが、小雨ながら夜明けからずーっと降り続いています。
当地は明日の昼過ぎ頃までに200仭宛紊旅澑の予報が出ています。
風さえなければ作物にとっては良いお湿りなのですが、降り過ぎると野菜などの根腐れの原因になってしまいます。

5時半頃に起床し、雨が強く降る前に第3農園に行き、ブルーベリー株間に蒔いた枝豆を葉をかき分けながらの摘み取りです。
妻は傘を差し、小生は合羽を着ての作業、生長した豆を摘み
摘み取りますと、未熟の莢が追っかけ生長し、以外と良い豆が採れます。

車の中で軽い朝食後、第2農園に行き、モロッコと四角マメ、ミニトマトの収穫を行いました。
自宅に帰ったのは8時半頃、風呂にノンビリ入り、ゴロゴロしていましたが・・・・。

妻にせかされつつ、先日収穫した里芋と今朝収穫した豆類を梱包し、実家あてに発送。
四角マメは全く馴染みがないと思いますが、誰が最初に食するのでしょう。

「一言」・・・若い頃、「80年代遅くない時期に民主連合政府を創る」と言う政党がありました。
(「小生は昭和80年代でしょう!」と言っていましたが・・・)
その政党は今の政府には含まれていませんが、今回の衆議院選挙戦では民主党政権にかなり貢献していると思います。
民主党幹部は口が裂けても言いませんし、マスコミも一切言いません。
また、係る政党も恩着せがましい事は言っていないようです。
言わずもがな・・・・なのでしょうネ。
これが大人の世界なのでしょうか。
それにしても、煽っておいて先に逝ってしまった諸先輩、如何。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米の出穂はだいぶ揃って来ましたが・・・ 未だ花が咲かないものも、台風通過後の晴天に期待 雨の中、サルナシを100粒程度収穫しました

2009-10-6

2009年10月6日(火)雨

台風18号の影響でしょうか、一日中雨降りでした

朝から雨模様、ノンビリと起床し、一日中骨休みを致しました。
台風が近づいて来ましたが、第2農園の防鳥ネットを張ったままなので心配です。
明日も天候が芳しくないので、ずぶ濡れになって片づけるのは行わないつもりです。

台風は紀伊半島方向に進んでいる様にみえますが、場合によっては本州を縦断するような勢いです。
何れの地域を通過したとしても、家屋や農作物などの被害が心配です。
予報によれば、今回の台風は風がとても強いとのことですが、雨もかなり多い模様です。

「命あっての物種」です。間違っても河川や海岸などには近づかないように心掛けましょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
関東地方の一週間の天気予報 ベランダのアバウト雨量計(深さ約8僉 終日雨、つまらなそうにしているナナ姫

2009-10-5

2009年10月5日(月)曇りのち雨

天気予報では雨模様、降ってこないうちにと早めに家を出ました。

昨日は農園作業はお休み、涼しくなったと言っても野菜の生長は進んでいました。
第2農園ではモロッコ、四角マメ、だいこん、小松菜、ターサイなどを収穫。
第3農園ではチンゲンサイ、里芋(石川早生)を収穫。
スイカが自然に生え、3つほど成りました。取り合えず割れてしまう前に1つ収穫してみました。
自然に出てきたものは逞しく、大事に育てているものより丈夫です。但し、味はわかりません。
大豆もブルーベリーの株間に蒔いたまま放置していますが、以外と虫が付かず、しっかりした莢が並んでいます。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋(石川早生)を5株抜きました こぼれた種から育った小玉スイカです カラスウリとパッションフルーツです

2009-10-4

2009年10月4日(日)晴れ

代々木公園にて開催されていたアースデイマーケットに妻と行ってきました。

昨日ご紹介した、アースデイマーケットに妻と行ってきました。
義兄(今回は甥っ子中心)の出店もあり、お弁当持参で楽しんできました。
途中従弟と娘夫婦も顔を出してくれました。
久々、一日中良いお天気に恵まれ、人出も多く大盛況でした。
義兄のお店、「ヤーコンよしとものお店」では、この秋初収穫のヤーコン芋を出展し、お昼頃には既に完売。
その他のヤーコン茶やヤーコンジュースもお客さんの興味を引きつけていました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
お天気に恵まれ、大勢のお客さんが立ち寄られました 義兄のお店「ヤーコンのよしとも」 義兄のお店「ヤーコンのよしとも」
4.jpg 5.jpg
スローフードニッポンの女性は朗らかでした 石岡市の「くわはら農園」の奥さん、とてもしっかり者

2009-10-3

2009年10月3日(土)曇りのち雨

今日は、午後から稲刈りの筈でしたが・・・小雨どころか一時は大雨でした。

午後から第2農園地主さん宅の稲刈り(最後のコシヒカリ)の予定で、妻と意気込んで出掛けましたが・・・。
午前中から雨模様、第2農園にてホームセンターで買った芽キャベツを植え、モロッコ、四角マメなどを収穫。
妻は、ボチボチ膨らんできた大豆(小糸在来)をハサミで摘み取っています。
予想外の大雨になってしまったので今日の稲刈りは中止となりました。

やむを得ず第3農園に行くこととし、途中、御世話になっているIさん宅に立ち寄ってしばし歓談。

Iさん宅をお暇し、第3農園にて昼食。
食後、先日蒔いた野沢菜が全く発芽しなかったので、追い蒔きをしました。(きっと種が古かったからでしょう。)
若干遅れてしまいましたが、野沢菜はつまみ菜、漬け菜、菜花などその時々により楽しめます。

明日は代々木公園にてアースデイマーケットに出店するため義兄と甥っ子が信州から来るので、妻と出掛けます。
店名はリンクでも紹介している「ヤーコンよしとものお店」です。

明日はお天気も良さそうなので、お近くの方は是非お出掛け下さい。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園、シートから落ちる雨を200箸硫海卜めます 今日摘んだ大豆(小糸在来)です 拙宅庭で採れた棗(ナツメ)です

2009-10-2

2009年10月2日(金)雨

パン焼き小屋「ピッパラの樹」〜千葉県立房総のむら〜「酒のたかつや」さんへ

今日は雨降りのため農作業をお休みし、主目的はパン焼き小屋「ピッパラの樹」さんへ行ってパンを買いました。
併せて、小生の商売もさせて頂き、納品(ブルーベリージャム)をさせて頂きました。
しばらくピッパラの樹のママさんと歓談をしつつ、ひよこ豆ペーストを載せた特製のフランスパンを戴きました。
おいとまする時には雨の中、外まで見送って下さいました。

次に千葉県立房総のむらに行って昼食、300円の入場料を支払い、雨の中男2人で色気のない散策。
実ところ、真の目的は中で売っている「とんがりの編笠」を購入することでした。
売店には1つだけ展示販売されていましたが、在庫がありませんでした。
実のところ、沢山作られているのですが、形がよくないなどと言って展示販売していないのです。
色々な形が個性的で良いと思うのですが・・・編み笠のように弾力のある扱いをして欲しいもの・・・と思った次第。

帰り道、利根川を越え、茨城県に入って「酒のたかつや」さん(リンクにて紹介)に立ち寄り、ご主人と「ごじゃっぺ通信」の法子様と歓談。
「帰りの際にポチッ」とした「野生の縞うり」を戴いて来ました

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ピッパラの樹さんのパンは何時も人気です 拙宅工房製のブルーベリージャムも陳列 雨に打たれているコスモス、ママさんのお見送り
4.jpg 5.jpg 6.jpg
房総のむら内の旧商家など 内部の旧農家内では編み笠などを製造・販売しています 「酒のたかつや」さんで戴いてきたウリ科の原種

2009-10-1

2009年10月1日(木)曇り後晴れ

第2農園にて野菜の手入れ、第3農園にて今年最後の施肥、野菜の手入れ

午前中は第2農園にて長ねぎの畦上げ、だいこん、ブロッコリーの根回りにマリーゴールドを挿し木。
現在、収穫を始めただいこんの畦には、株間ごとマリーゴールドを挿してあり、作物は連作障害もなく順調に育っています
マリーゴールドの効果はとても良く解りましすし、作物が邪魔扱いをしません。(きっと土の中では痒い所に手が届いているからでしょう)
これから寒くなり、何れ枯れてしまいますが、殆ど発根してくれると思います。
色々な植物を挿してみましたが、マリーゴールドはとても良く発根する植物の一つです。(ミントにはかないませんが)
何故なのか?  元々発根能力が高いということでしょうが、理由の一つには雑菌に対して強い抵抗力(抗菌力)がある事だと思います。

午後は第3農園のキャベツとブロッコリー、だいこんの畦にも挿し木をすることとし、マリーゴールドを4〜5株抜き取りました。
予定通りマリーゴールドを小分けして挿し木を行ったり、明日以降しばらく雨模様なので、ブルーベリーに今年最後の施肥を軽く行いました。

梅雨時に挿し木をしたブルーベリーの鉢上げが滞っていて、写真のように窮屈で可愛そうな状況です。
用土を作って移植の準備をしなくては・・・と思ってはいるものの、なかなか手が付けられない状況です。
これから一週間程度雨降りの予報なので、ビニールハウスの中でボチボチと鉢上げ作業を行いたいと思ってはいるのですが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
夏草も蔓延って、移植には手間がかかりそうです 見えませんが、名札はしっかり刺してあるので大丈夫 今日も八つ頭などの茎を剥きました(まるで病気)