トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2009-11

<< 2009-11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2009-11-30

2009年11月30日(月)雨のち曇

寒い一日、外出せず、妻と黒豆(元種は丹波の黒豆)の莢を取り、虫喰いなどを除去

家の中でもとても寒く、一日中石油ストーブを焚き、炬燵にあたりながら黒豆を選別。
一昨日、莢付きの黒豆をベランダで3袋を乾燥させました。
少々未乾燥の部分もありましたが、妻と二人で莢を割り豆を取り出しました。
「まー何と気の長い仕事を!!」とお思いでしょうが、今日の様な日には丁度良い仕事でしょう。
BSテレビにて参議院本会議の質問と答弁を静かに聴くことが出来ました。

1.jpg
虫喰いが多く、歩留まりがよくありません。バラは種子用

2009-11-29

2009年11月29日(日)晴れ

持ち帰った大豆の虫喰いなどを除去、久々に娘夫婦が来て昼食

朝からベランダにて、持ち帰った大豆の選別。
虫喰いのものが多く、無農薬で栽培する難しさを実感。

昼頃娘夫婦が来て昼食、イタリア旅行の写真などを見せてもらいながらしばし歓談。
夕暮れ時、娘夫婦が帰った後、ベランダにて午前中に引き続き大豆の選別を行う。
昨日まで14.6圓△蠅泙靴燭、虫喰い大豆と塵埃分とその後の乾燥分を差し引き、今夜の時点で11.5圓任靴拭

庭のポン柑が最近になって急に肥大してきて、今まででになく大きくなった様です。

蘭の一種、写真の金陵辺(きんりょうへん)今年は花が咲きませんでした。
来年こそ咲かせて日本蜜蜂を誘引させたいものです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆は3袋で11.5圈∈8紊睫楔困蠅靴修Δ任 ポン柑は肥大しつつ色付き始めています 蘭の一種金陵辺(きんりょうへん)花は日本蜜蜂を誘引します

2009-11-28

2009年11月28日(土)晴れ

第2農園オーナー宅の「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝い、第2農園にて諸作業

毎年恒例、第2農園オーナー宅の餅搗きが始まりました。
妻と小生はお手伝いと称して、オーナーご夫妻が楽しく餅搗きをするところをお邪魔した次第。
今日は4臼搗くとのことで、小生は捏ね役と搗きあがった餅を木枠に伸す部分をお手伝い。

11時頃には終了したので一休みの後、第2農園に行き、紅葉が鮮やかになったRE系のブルーシャワーなどを撮ってみました。
種蒔きをしたチンゲンサイが混み過ぎているので、思いっ切り抜き取り、先日畝立てをした一部の畝に120本程度を移植。

明日以降しばらく天候が崩れるとの予報なので、干していた黒豆の莢を摘んで家に持ち帰り、ベランダに干しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系ブルーシャワー RE系バルドウィン RE系クライマックス
4.jpg 5.jpg 6.jpg
黒豆の莢を摘んでベランダに干しました 25日に収穫した大豆、干したら軽くなりました 昨日脱穀した大豆、ゴミなどを除くと約2垠擇なりました

2009-11-27

2009年11月27日(金)晴れのち曇り

第3農園にて残りの長芋を掘り、後に持ち込んだ大豆の脱穀

昨日は1日中好天気だったので、干していた大豆が良く乾燥していた様ですが、朝露で湿気ってしまいました。
やむを得ず、乾燥が戻るまで掘り残しの長芋を掘り取ることにしました。

11時過ぎになるとパチパチと乾燥して弾ける音がして来たので足踏み脱穀機で脱穀を開始。
簡単に終わると思っていたものの、1本ずつ脱穀するので効率が良くありません。
オマケに最初マスクをするのを忘れていて、かなりの埃を吸い込んだためノドが痒くなってしまい、慌ててマスクをしたものの後の祭り。
2時間ほどで脱穀は終了、脱粒しているものを篩(ふるい)に掛け、米袋に収納。【ゴミなど込みで9.8圓△蠅泙靴拭】
皮算用では、選別後に全収穫量として25堋度はあって欲しいと思っています。

それに致しましても、能書きを語って来た今までは何だったのでしょうか。何事も現実は「とても厳しい」と言うことです。
莢が弾けないものが沢山あるので、ビニールハウスの中に広げ、乾燥を待つことにしました。

ほうれん草がようやく収穫出来るようになりました。
葉は黄色味がかっていますが、苦みが無く甘いので拙宅では十分に満足しております。

明日の午前中は、第2農園オーナー宅の「にわとりひろば」にて餅搗きです。
お近くの皆様、お出掛け下さい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
長芋を掘りましたが、無傷のものは2本だけでした 移植したターサイはしばらくすると収穫出来ます 定植した玉ねぎがしっかりしてきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
24日に脱穀した大豆を篩(ふるい)にかけました 後発で持ち込んで乾燥させていた大豆を脱穀しました ほうれん草を収穫、葉が若干黄色ですが美味

2009-11-26

2009年11月26日(木)晴れ

黒豆の収穫、大豆作跡地の整備など

今日は良く晴れるとの天気予報なので、第3農園でビニールシートを被していた大豆(小糸在来)を広げて来ました。

第2農園オーナ宅に地域新聞の記者が取材に来ていると言うので小生も同席させて戴きました。
ブルーベリー摘み取りシーズン頃には取材をして戴けたらと思っています。

正月用の煮豆にと一畝だけ作付けした黒豆は霜が降りてもなかなか枯れて来ません。痺れを切らし抜き取って葉を摘み乾燥させました。
大豆作の跡地は籾殻、鶏糞、蛎殻を撒き、小型耕耘機で2往復の耕起し、レーキで畝作りを行って何でも作れるように準備を行いました。

梅雨入り前に蒔いたミツバが十分に生育し、密集し過ぎたので先日抜き取り、インゲンとササゲ跡に植え付けたところ、根付いた様です。
来春、土を山盛りに掛けてやり、小指ほど太くて柔らかなモヤシを収穫したいと思っています。

セレベスの収穫跡に蒔いたターサイやほうれん草、京九条ねぎなどは寒さに負けず発芽ししてくれました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
地域新聞の記者さんが第2農園オーナー宅を取材に なかなか枯れない黒豆の木を抜いて干しました 大豆跡を興起し整地しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
先日ミツバを植え替えました、根付いた様です 遅蒔きのターサイの双葉です セレベスの収穫跡に蒔いたほうれん草です

2009-11-25

2009年11月25日(水)雨のち曇り、夕刻晴れ

天候が回復しないので家の中で大豆の選別作業

天気予報ではお昼頃には晴れるとの事でしたが、晴れてきたのは15時過ぎでした。
そんな訳で妻と2人、家にこもり昨日脱穀してきた大豆の選抜を行いました。
大豆についている虫が沢山いたり、割れているものや虫喰いのものを取り除きました。
計ってみると良ものが4.8圈⊂覆い燭發里錬僑苅娃腓如∧睥韻泙蠅良くありませんでした。
今回穫り入れたものは全体の2割以下と思うので、概ね25圈腺械悪堋度はあって欲しいと思っています。

3時過ぎに急に明るくなってスッキリと晴れたので、妻と久しぶりにご近所を散歩しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆4.8埔覆もの640gでした お向かいの奥様とご近所のM様が犬の散歩をしておりました 夕日を背に雀が仲良く止まっていました
4.jpg 5.jpg
此花は山茶花か椿かはわかりません 源平葛でしょうか、綺麗に咲いていました

2009-11-24

2009年11月24日(火)曇り

第3農園にて大豆の脱穀作業

大豆の初収穫は11月12日に行い、第3農園の小屋に吊して乾燥しました。
そろそろ脱穀をしても良さそうなので、第2農園オーナー宅から足踏み脱穀機を借り、大豆の脱穀を行いました。
今年は雨降りや曇りの日が多く、乾燥度合いが芳しくないので、容易に脱粒しません。
未だ乾燥度合いが良くないので、足踏みの力も強くしないと止まってしまいます、
こんな作業は40数年ぶりで、土埃まみれになるので、マスクを付けての作業でした。
完全に脱粒出来たものは、にわか手作りの篩(ふるい)に掛けたところ、3升程選別出来たので、自宅に持ち帰り、家の中で乾燥しています。゜
脱穀した豆殻の莢には殆ど豆が入っているので、明日の天候が芳しくないようなので、ビニールシートを掛けて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
足踏み脱穀機で作業開始 ホームセンターで金網を買い、手作りした篩です 脱粒した大豆を自宅に持ち帰り乾燥しています
4.jpg
莢えんどう類の生育は順調で、近々移植する予定

2009-11-23

2009年11月23日(月)晴れ

お世話になっている方々にリンゴのお土産を配りました。

帰省中、斜向のお宅がほぼ全焼していて、2階屋の屋根が抜け落ち、焦げ臭さは当分の間消えないでしょう。

「火の用心」「火の用心」「火の用心」

午前中は日頃お世話になっている方々に信州リンゴを配りました。
途中、第2農園オーナー宅の山の中に伏せているヒラタケが出ていたので写真に撮りました。

最後にいつものIさん宅に行き、リンゴをお渡ししたところ、ヒラタケを持って行くようにとのこと。
お言葉に甘えて一株だけ戴くことにしました。
伏せ場に行くとびっくりするほどに大きくなったヒラタケを切り取って戴きました。

小生のヒラタケは貧弱なので少々惨めになった次第でした。

1.jpg 2.jpg
今年打ち込んだヒラタケです。原木はネムノ木です Iさんの作られたヒラタケです。小生の掌と同じ大きさ

2009-11-22

2009年11月22日(日)信州は曇り

美しいへリンゴ園をご覧下さい。

息子と同級生宅へリンゴ(ふじ)を買いに行ってきました。
園内のリンゴの葉が黄色に変わってリンゴの赤とのコントラストはとても素晴らしい光景。
午前中はお客様も多く、また、園主がラジオの生出演があったので午後に変更。

昼食はお気に入りの「そば処 倉の」へ行き、10割蕎麦の大盛りを戴きました。
コシが強く、しっかりしたソバで、息子と二人で満足して帰った次第です。

20時過ぎに実家を発ち、自宅に着いたのは23時半頃でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
美しいへリンゴ園をご覧下さい リンゴのなり方が又素晴らしい 無袋栽培ですが、色もとても美しい
4.jpg 5.jpg
[「そば処 倉の」|です 10割ソバに野菜の天ぷらを付けました

2009-11-21

2009年11月21(土)晴れ

朝4時に起床、信州へ

自宅を4時半に出発し、実家には8時過ぎに到着。
朝食を戴き、お土産などを持って親戚や友達回りを行い昼食。
午後も兄姉などの親戚回りをして1日が終わりました。
特に、義兄である「ヤーコンのよしとも」宅を訪問し、ヤーコンの栽培ほ場で掘り取りをさせて戴きました。
帰りには、コンテナ2杯分のヤーコンを戴いて帰った次第です。
明日は同級生が営んでいるりんご園に行き、美味しいふじりんごを買って帰る予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンは標高700m以上で栽培されています 本来は機械掘りですが、手掘り作業の実演 パッションフルーツも栽培しています

2009-11-20

2009年11月20日(金)晴れ

寒い朝、氷が張り、霜も降りました。今年の米で餅つきです。

とても寒い朝で、第3農園では霜も降り、氷も張りました。

「にわとりひろば」にて、今年収穫した冓討鮖箸辰凸炬颪を行いました。
拙宅分が2臼、オーナー宅が1臼で此方の方が多かったので恐縮しました。
伸し餅で10枚、残りを丸餅にして戴いて持ち帰り、夕方、伸し餅は妻が四角に切り分けました。

明日未明、息子と実家に行き、明後日は級友宅でリンゴを買って帰る予定です。
土産は拙宅農園産のブルーベリージャム、セレベスの親芋と子芋、お餅と冓討覆匹砲靴泙靴拭

井岡健氏のそりゃおかしいゼ
1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅庭の紫紺のぼたん、一回り小さくなりました 第3農園では厚さ5伉の氷が張りました 日陰では霜が溶けずに残っていました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第2農園オーナご夫妻の息の合った餅搗きです 搗きたてあつあつの餅を取りあげます のし板で形作ったり、丸餅にします

2009-11-19

2009年11月19日(木)雨

朝から冷たい雨が降っています。写真展に行ってきました。

第2農園オーナーが参画している写真クラブの写真展に行ってきました。
開催場所は松戸市文化ホール(常磐線松戸駅下車)
11月17日(火)〜11月22日(日)18時まで 入場無料
会場では、今年お知り合いになった小室の姫様や声楽家の木内朋子さんが来られ、しばし歓談。

午後になってもシトシトと雨が降っていて、気温は8℃前後で、師走並の寒さのようです。
この寒さの中、先日植え替えた桜草は精気を取り戻し、葉の数が殖えて来た様な・・・・。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園オーナーの作品です
4.jpg 5.jpg
先日植え替えた拙宅の桜草 庭のブルーベリーの紅葉は今が見頃です

2009-11-18

2009年11月18日(水)晴れ

第3農園にて大豆をシートに広げて乾燥、キュウリ棚を解体、長いも、ブロッコリー、キャベツなどを収穫

第2農園で一畝だけ作った大豆を収穫し、軽トラで第3農園に運びました。
16日に収穫した大豆と一緒にし、ビニールシートを敷き、広げて乾燥させます。
晴天が長く続かず、思うように乾燥しないので脱穀の目途が立ちません。

第3農園に組み立てていたきゅうり棚と、ニガウリ、いんげん豆、長芋などを這わせていた棚を解体しました。
2年間組みたてたままでしたが、棚を取り外してみると見通しが良くなってスッキリしました。
近々野菜区西側のチップ置き場を片付け、莢エンドウのための棚を2列組み立てる予定です。

長芋を掘りましたが、根が分かれしていたり、曲がっていたりで素直な芋は一本もありません。
そんな訳で、いつもの通り短芋になってしまいました。(写真)

今年は拙宅の農園でもキャベツが予想外に良くできました。
もっとも無農薬で小生が作れたのですから、専作農家が作ったキャベツは大豊作で、今日のスーパでの価格は一個10円とか。
10アール(300坪)2500個〜3000個作付けしたとしても、2万5千円〜3万円の売り上げです。
作れば作るほどマイナスになってしまうこの構造を如何にしましょう。
根拠はありませんが、小生ならば1個150円程度はほしいところでしょうね。
重量野菜で、ギックリ腰を心配しながらの収穫・・・・・これでも10アール当たり45万円の粗収益、所得率1/2として22万5千円。
一家4〜5人が生活するには3〜4ヘクタール作らないと食べていけないのです。
時に、1個300円以上にでもなると大騒ぎをし、緊急輸入という裏技をやってしまうのです。
折角、何年かに一度の美味しい砂糖水を飲もうとした農家さんのコップの中に水を差してしまうのです。

立場立場で色々お考えはありましょうが、多面的に物事を考えて行きたいものです。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園、虫食いだらけの葉は美しくない紅葉です 大豆を乾燥しているところです RE系はかなり大きくなりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
野菜区の棚を取り外したらスッキリしました 長いもを掘るのは懲り懲りですが、食すると忘れます 初収穫のブロッコリーとキャベツです

2009-11-17

2009年11月17日(火)雨

雨の中所用で第2農園オーナー宅に行くも留守、椎茸を収穫。

雨は朝の8時過ぎから降り出し、一日中降っています。気温は上がらず、とても寒い1日です。
所用で第2農園オーナー宅に立ち寄り、椎茸を採って来ました。
最近、雨降りの日が多いため、出てくる椎茸は肉厚で重量感があります。

いつもお世話になっているガソリンスタンドで、スタッドレスタイヤに交換して戴きました。
雨降りの道路、吸い付くような走りは流石でした。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
雨の中、椎茸を採ってきました 形の揃った「どんこ」です 冬用のタイヤに交換しました

2009-11-16

2009年11月16日(月)曇り

夏野菜の支柱や棚の片付け、大豆の収穫など

朝、第2農園オーナー宅へ立ち寄ると冓討量發垢衒睥韻泙蠅力辰あり、105圓鯤配して戴けることになりました。
経費分として15圓鮑垢薫いても正味90圓鯊廚韻襪海箸砲覆蠅泙靴拭(昨年は40圈
早速30圓魴擇傷を付ける程度精米機に通して戴き、20日(金)に2臼の餅搗きをさせて戴きます。

昨日に引き続き、第2農園にて、豆類(四角豆、けごんの滝など)の支柱を抜いてスッキリさせました。
四角豆は根塊が出来、食用になるというのでスコップで掘り取って持ち帰りました。
明日は天候が崩れそうなので、放置すると莢ごとカビてしまうので、抜き取り軽トラに乗せて第3農園へ。
小屋の中とビニールハウスの中に広げ、しばらく乾燥させることにしました。

帰り道、お世話になっているI様宅に立ち寄り、段ボール箱に溢れるほどのサツマイモを戴いて帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆の葉は殆ど枯れたので撮影後抜き取りました 畦畔に蒔いた大豆、思ったより良くできています 四角豆の根塊、蒸して食したところ、味は煮豆そのものでした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
30埖泙貌っている冓討任 色は青米(未成熟米)の様ですが・・・ I様から戴いたサツマイモです

2009-11-15

2009年11月15日(日)晴れ

第2農園にて夏野菜の支柱や棚の片付け、玉ねぎ、チンゲンサイの移植。

第2農園にて、トマトや豆類の支柱を抜いてスッキリさせました。
篠竹は約半年で朽ち果てて、来春は更新しないと・・・。来春の篠竹は乾燥させ、木酢液に漬け込んで防腐処理をしてから使う予定です。

ナスとシシトウを抜き、鶏糞、籾殻、蛎殻を撒き、耕耘機で撹拌し、チンゲンサイと玉ねぎを移植。
遅蒔き過ぎた春菊が、ようやくそれらしくなってきましたが、鍋の具にになるのは何時の事やら・・・。
漠然と挿した「さるなし」勢い付いて今も青々としています。(Sさん宅へお嫁入り予定です)
このところの雨続きで、桶の水が満杯で、きれいに更新されています。
雨が良く降ったので、椎茸の育ちは素晴らしく、直径20儖幣紊任靴拭
夕飯にステーキにして妻と半分ずついただきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ナス、シシトウの跡はチンゲンサイと玉ねぎを移植 ようやく春菊らしくなってきました 「さるなし」は寒さに強く、果実は小粒ですが美味です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
現在貯水量100% 椎茸が採れました 肉厚でビッグな椎茸、歯応えも十分でした

2009-11-14

2009年11月14日(土)雨のち曇り夕刻晴れ

日中は小雨模様、1日家の中でゴロゴロ、夕刻晴れたので外に出て土いじり

日中は雨が降ったり止んだりで、おまけに生温かい強風が吹き、ベランダの植木は倒れました。
特に、福田さんのフクベリーは背丈が2m以上あるので、ロープで吊っているのですが、倒れてしまいます。
取り急ぎ、傷まないうちにロープを解き、事前に倒して穏やかになるのを待ちました。
大きくなりすぎてしまったので、春までにはどちらかの農園の条件の良い場所に移植したいと考えています。

桜草が蘭(金陵辺)の鉢の中で何株も生長していましたが、ヨトウ虫にやられて惨めなものでした。
言い訳になりますが、ずーっと移植できなかったので、そのままになっていましたが、本日ようやくボロボロになってしまった苗をポットに定植しました。
全部で28本ありましたが、今回は1トレー24本だけを披露します。春には花を咲かせてみせましょう。

久々に東の空と西の空が夕焼けしていました。一瞬の事でしたが、落ち着いて見ることが出来ました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ベランダに置いているフクベリー、強風なので横にしました ヨトウ虫の食害で桜草はボロボロ、必ず花を咲かせます ベランダから見た西の空の夕焼けです

2009-11-13

2009年11月13日(金)曇り

第3農園にて里いも掘りなど

里いもの土垂れを全て掘り取り、9株分は親芋と小芋とに取り分け、水圧で泥を流してハウス内で乾燥させます。その他は貯蔵しました。
「泥を何故洗い流すか」と言いますと、泥の付いたまま乾燥させますと芋の水分が失なわれ、萎びてしまいます。
長期貯蔵するには、掘り取らずに土の中でそのままにし、山になる程度に土をかけ、その上に稲束を掛けて置くと万全の様です。
小生は、後作に玉ねぎなどを作付けするので、掘り取った株のまま、逆さまにして貯蔵しています。
要は凍結しないようにすること、濡らさないこと、ネズさんに食べられないようにすること程度でしょうか。

ブルーベリー畑に適当に蒔いた小松菜、ほど良く生長して食べられる様になりました。

さやエンドウ3種をポット蒔きしましが、妻が品種特定していなかったため、成るまで不明です。

短根の(50冂度)堀川ごぼうを蒔き、発芽しましたが、春蒔きが本来だと思います。厳しい冬に耐えられるでしょうか。

ハウス内で乾燥させていたエビ芋、セレベス、八つ頭を自宅に持ち帰り、加工工房内に一時保管をしました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブルーベリーの畝に小松菜を蒔いたら程々の成果 さやエンドウ3種、妻が適当に蒔いたので品種不明 短根の堀川ごぼうが発芽しました、果たして越冬は
4.jpg 5.jpg
大豆干し、昨日は途中でした、現在はこんな感じ 里いも(土垂れ)を全て掘り取り、一部泥を流しました

2009-11-12

2009年11月12日(木)曇り

午前は第2農園にてカイガラムシ駆除、午後は第3農園にて大豆収穫など

昨日は雨降りで、作物には良いお湿りでしたが、一昨日ほうれん草などを蒔いた畝の一部が崩れていたので補修。
ブルーベリーは品種によってカイガラムシがビッシリと付いているので、歯ブラシで掻き取りました。

ツルなしインゲンの収穫跡を整理し、季節外れではありますが、ブロッコリーと白菜の種蒔きを行ってみました。
白菜は結球しなくても、つまみ菜程度で十分ですし、ブロッコリーは葉を食したり、越冬したものは来春移植してみようと思っています。

セレベスを収穫して伏せて置いたものを全て車に載せ、自宅に持ち帰ることにしました。(結構な量で、飢えずに済みそうです)

午後は第3農園にて大豆を濡れない様に伏せていたものをワラで束ね、小屋の中にロープを張って干しました。
野菜区の大豆収穫跡は直ぐに整地し、冬の間、青ものが不足しない様、ターサイの苗を移植しました。

未だ里いも(土垂れ)は殆ど収穫して無いので、少々焦っています。

天木直人氏の「公式」ブログ
1.jpg 2.jpg 3.jpg
一昨日抜き取った大豆をワラで束ね小屋の中で乾燥します 雑然と見えますが、現実はもっとひどいです 土の肥えた畑の大豆の方が実付きが良くありません
4.jpg 5.jpg 6.jpg
大豆の跡は直ぐに整地し、ターサイを植え付けました 一雨あったので野沢菜が急成長です ブロッコリーがそろそろ収穫出来そうです

2009-11-11

2009年11月11日(水)雨

夜半から大雨が降り、今日も朝から雨降りで久々の骨(筋肉)休みです。

昨日第2農園にてほうれん草などの種蒔きをしましたが、夜半からの大雨で流されてしまったのではないか心配です。
今春、セレベスを植える時にタップリと堆肥を施した土は柔らかく、更に昨日籾殻を撒いて小型耕耘機で3往復撹拌しました。
これを高畝にし、猪八戒のレーキで圧をかけてその上に種を蒔きました。
通常の雨降りとは違い、昨夜の雨は激しかったので、流されていたら蒔き直しをします。

今日は久々家に閉じこもり、ゴロゴロしていましたが、貧乏性なのでしょうか直ぐに動いてしまいますが、雨にはかないません。
小雨時に庭先に出て実生苗の紅葉などを撮ってみました。

それにしても、昨日かなり無理をしましたが、大豆を収穫して収納したのは大正解でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系ブルーシャワーの実生 RE系バルドウィンの実生 RE系コースタルの実生
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ジャンボレモン(直径10儖幣紂 明日葉(あしたば)の種子が実ってきました アバウト雨量計、右昨夜から、左今朝7時から14時まで

2009-11-10

2009年11月10日(火)晴れ

おだ掛け棒の片付けのお手伝い、冬野菜の種蒔き、大豆の収穫など

午前中は第2農園オーナー宅のおだ掛けをした棒(当地ではすべて真竹)の片付けのお手伝い。
一口に真竹と言っても、孟宗竹ほど太いものもあり、結構重いものです。
田んぼの仕事はほぼ終了したようなものですが、若干稲ワラが雨ざらしになっている程度です。

第2農園ブルーベリーの紅葉も始まり、早いものは落葉が始まっています。
先日収穫したセレベスの跡にほうれん草を主体に京ねぎとターサイの種を蒔いてみました。
蛎殻石灰を買ってきたので、長ねぎの周りに撒いてみました。
移植が遅かったターサイもようやく大きくなって来ました。
セレベス、八つ頭などの茎は全て刈り取り、仮干しした後、皮を剥き乾燥しました。

第3農園のブルーベリー株間に蒔いた大豆は霜に当たって枯れたので、全て抜き取り、小屋の中に収納しました。
16時30分を過ぎ、暗くなってしまったので映像はありません。(ここだけで5升程度は穫れるでしょうか。)
1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系ミスティー NHB系トロ NHB系レイトブルー
4.jpg 5.jpg 6.jpg
セレベス跡に鶏糞、籾殻、蛎殻石灰を撒きました 日本ほうれん草、京ねぎ、ターサイを蒔いてみました 石倉一本ねぎが発芽してきました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
長ねぎに蛎殻石灰を撒きました 移植後順調に生長したターサイ セレベスの皮剥きは終盤になりました

2009-11-9

2009年11月9日(月)晴れ

第2農園オーナー、Sさん、小生の3人で稲ワラの取り入れなど

水曜日(11日)頃からお天気が崩れそうなので、先日脱穀をした冓討琉陬錺蕕鯤夘佞韻泙靴拭
乾かしていたセレベスをコンテナとネットの袋に取り込んで、ビニールシートで囲いました。

第2農園お隣のお宅から立派な大根を戴き、有り難いやら情けないやら・・・。
お礼に採りたての破れ茸を持参したところ、帰りには立派な次郎柿を戴いてしまいました。
何をしてもさり気なく、懐が深い農家の底力に感服した次第です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅ベランダのNHB系ワシントンの紅葉が始まりました RE系フクベリーは変化がありません 落葉が遅いSHB系サンシャインブルーも色づき始めました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
掘り取って乾かしていたセレベスの親芋と小芋 第2農園直ぐ近くの農家から立派な大根を戴きました 肉厚の椎茸が出てきました
7.jpg 8.jpg
第2農園内で採れた破れヒラタケと椎茸をお礼に持参 柿をお土産に戴いてしましました

2009-11-8

2009年11月8日(日)晴れたり曇ったり

「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんにて芋煮パーティーなど

午後から第2農園オーナと共にピッパラさんのお店で行うパーティーのお手伝いに行きました。
パーティーの開始は16時頃ですが、準備は15時前から行いました。

開始する前からいつも以上にお客さんがお見えになり、陳列していたオリジナルのパンは殆ど売り切れ状態でした。
大きな釜にニワトリ2羽、里いも、にんじん、冬瓜、こんにゃく、油揚に包んだ巾着餅(緑米)などを入れ、塩としょう油のシンプルな味付け。
ニワトリの出汁が効いていて、お代わり続出の大好評。

来月6日(日曜日)は餅つきをメインにしたパーティーを開催するとのことでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
何ともセクシーで明るい男女6人のツーリング仲間 芋煮の具材として冬瓜も丸々一つ入れます 玉ねぎを丸ごとかまどの中に入れ、蒸し焼きに
4.jpg 5.jpg 6.jpg
とても朗らかなT様ご夫妻でした 炭火焼きのヒラタケ、パプリカなど甘みのある野菜 それぞれ赤ちゃんを脱皮したばかりでしょうか
7.jpg 8.jpg 9.jpg
朗らかな親子さんでした 野菜の次は新鮮なサンマを焼いて戴きました N様ご夫妻による○X△○回目の共同作業です

2009-11-7

2009年11月7日(土)晴れ

第2農園にて残りのセレベスの掘り取り、稲ワラの片付け、第3農園にて芋掘り

午前中、第2農園にて15株ほど残していたセレベスの掘り取りを行っていました。
ブルーベリー摘み取りのお客様(K様)をお誘いしたところ、ご夫妻でお見えになり、しばし楽しくお話をさせて戴きました。

昼食後、先日脱穀を終え、束ねていた稲ワラを軽トラに積み、第3農園に搬送し、小屋の中に積み込みました。
第3農園の野菜区では、霜が2〜3回程度降りた様で、大豆や里芋の葉はほとんど枯れています。
反面、冬野菜などは元気に育っていて、ブロッコリーなどは近々には収穫出来そうです。

掘り残していたセレベス5株、八つ頭6株、里芋(土垂)24株のうち4株を掘り取り、土垂だけ桶の中で洗って持ち帰りました。
明日は「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん(リンク参照)のお店で野外パーティーを行います。
第2農園オーナーとともに小生もお手伝いに参ります。
お近くの方、是非お出掛け下さい。(16時頃から開催予定)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
軽トラにて稲ワラを搬送しました ブロッコリーが大きくなってきました 霜で大豆は殆ど枯れました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
移植したターサイは元気に育っています 里芋(土垂れ)は霜に当たって枯れました 明日、ピッパラさんで芋がら(芋茎)を販売予定です

2009-11-6

2009年11月6日(金)晴れ

乗用車車検に・・・かなり廉価、小型耕耘機修理、第2農園野菜区にてセレベス掘りなど

今日は乗用車の車検を行って頂きました。
ディーラーに出せば何かと部品交換などをされ、高くつきますが・・・・。
今日はかなり安く仕上げて戴き、スタットレスタイヤ3本分くらいは倹約出来たと思います。
そんな訳で、近々にスタットレスタイヤを新たにします。

長ねぎの畝上げをするため、小型耕耘機を使います。
前々から壊れていたストッパー部分を修理に出し、戻ってきました。

運転中ガソリンが切れたので早速給油、それなのにエンジンがかかりません。

早速ガソリンスタンドに電話。
「先日買ったガソリンは本当にガソリンでした?」
まったくもって失礼な質問をしてしまいました。
先方は人間が出来ていて、「耕耘機を持ってきて下さい」とのこと。

軽トラに載せてガソリンスタンドまで・・・、プラグを外したりして丁重に見てくれました。
結果は何も欠陥はありませんでした。
と言うより小生のポカで、給油バルブをオフにしていたため、当然エンジンは動かなかったのです。
何ともお粗末の一席でした。

午後はセレベスの茎をすべて刈り取り、明日は掘り取りを完了する予定です。
井岡健氏のそりゃおかしいゼ

1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅庭のポン柑が色付いて来ました フェンスに這わせている「さるなし」も僅かになりました 紫紺野ボタンもそろそろ終盤です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小型耕耘機で長ねぎの畝上げを行いました 赤ねぎ、大根、マリーゴールド・・・赤ねぎが負けています セレベスの茎を皮付きのまま干し、後日皮を剥きます

2009-11-5

2009年11月5日(木)曇り

今日は緑米(餅米)の脱穀です。又もや軽トラのバッテリーがあがってしまいました。

今年作った緑米は、今日すべて脱穀します。
朝、軽トラを使うためエンジンをかけましたが一向にかかりません。
籾の運搬作業のお手伝いをしようと思っていましたのに、全くの役立たずになってしまいました。

脱穀作業は9時半頃から12時までと、お昼一時間の休憩を挟んで、午後3時前には終了しました。

おだ掛けをしていた稲は、雀が腹を壊すくらい食べた様で、被害の甚だしい所では7〜8割も食べられ、稲束が軽くなっていました。
「雀が食べても全部は食べないでしょう」と言っていた第2農園オーナーも流石に顔が変わっていました。

昨年は小生の栽培していた北側水田の米が集中して食べられていましたが、今年は別の田んぼの稲もかなり食べられていました。

極端に収量が減ってしまうので、来年からはおだ掛けの箇所にネットを張ることにしました。
今年の小生の収穫量は玄米換算で約100堋度でしょう。
取りあえず食べ物が確保できたと言う事は、他の何物にも代えがたく、天の恵みに感謝。

1.jpg
脱穀した稲ワラは、女性軍が素早く束ねます。

2009-11-4

2009年11月4日(水)晴れ

第2農園野菜区、道路側のセレベス掘りなど

11月に入って急に寒くなって来ました。
今日は里いもの仲間「セレベス」を掘りました。
先ず、茎を切り取り、茎と葉を切り分け、茎は仮干しして後日皮を剥きます。
掘り取るのにスコップや普通の鍬(クワ)では良く掘れないので、オーナーさん宅へ万能鍬を借りに行きました。
丁度その時、ソプラノ歌手の「木内朋子」さんがお米を買いに来られました。
木内さんは拙宅のブルーベリーのお客さんでもあります。
折角来られたので、掘ったばかりのセレベスを少しお分けしました。
ポスターによると、11月8日飯田橋の「トッパンホール」でリサイタルを行う様です。

午後は第3農園に行って乗用車の掃除をしました。
実は、近々車検に出しますが、農業用トラック並みに土で汚れていますので、掃除機を持参して埃を吸引後、車内を雑巾で拭きました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
柄を切り取った部分まで掘り取り、15株ほど残しました セレベスは主に親芋を食しますが、小芋も沢山付いています 乾かさないと腐敗するので、しばらく乾かします
4.jpg 5.jpg 6.jpg
一昨年菌糸を植え付けたほだ木から大きな椎茸が・・・ とても気さくな木内朋子さん オーナー宅に貼ってあったポスターです

2009-11-3

2009年11月3日(火)晴れ

第2農園オーナーご家族と「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへ行きました。

かねてからの約束通り、ピッパラの樹さん(リンクに載っています)までパンを買いに行ってきました。
ブルーベリージャムを販売して戴いているので、時には顔を出さなくてはいけません。

目移りのする中、季節限定の紅玉を使ったアップルパイを先ず最初に確保、更に数種類の菓子系のパンといつものカンパーニュ。
ピッパラのママさんの話によると、8日午後からパーティーを行う予定との事、オーナーと小生は午前中からお手伝いすることに・・・。
また、来月の6日(日)にはピッパラさんのお店にて「餅つき(緑米)」を行うことになり、この日もお手伝いをする予定。

お昼時になったのでお暇をし、オーナーのお友達が働いている食堂に行って昼食。

食後、県立房総の村でお祭りを行っていると言うので、行ってみたところ、人出が多く駐車スペースを探すのに一苦労。
会場内はバザーなど色々なイベントが行われていて、それぞれの会場は大盛況の様子でした。

画像ファイルが存在しません。 2.jpg 3.jpg
これは何でしょうか。正解は明日葉の種です フクベリーの実生(種子が少ないので貴重です) リコリス(彼岸花)の仲間だと思います
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今日もピッパラさんに行ってきました 紅玉の甘味と酸味が効いたアップルパイでした お店入り口の庭園にはローズマリーが咲いていました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
房総の村はお祭り、お茶屋さんの親子さん 見事な菊、房総の村で迎えてくれました お囃子の美女二人、笛を抱え、甘酒?で一休み

2009-11-2

2009年11月2日(月)曇り午後一時雨

平茸、セレベスを収穫、売れ残りの芋がら

第2農園に行ってみると、昨夜シトシトとお湿りがあったので、平茸が急に大きくなっていたので、早速収穫。
未だマッチ棒の頭程度のものが出ているので、3〜4日程度経ったら収穫できると思います。

第2農園の野菜もそろそろ端境期を迎え、夏・秋野菜が終盤で、冬野菜に切り替わります。

第3農園では里いも類以外は収穫するものがほとんどありません。
しばらくするとほうれん草、チンゲンサイ、野沢菜などが収穫出来そうです。

明日、「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへ伺う予定なので、手土産にとセレベスを収穫しました。

昨日、ブルーベリーのお客さんがバザーを行うと言うので、当方から芋がらをパッキングして出品させて戴きました。
結果、20袋(一袋40g、250円)出させて戴き、5袋売れましたが、15袋は返品でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今年の平茸は時間差で出てくるので長く楽しめます 本日収穫したセレベス、仮洗いして根を取りました パッキングした芋がら、乾燥剤は入れてあります

2009-11-1

2009年11月1日(日)曇りのち晴れ、夕刻雨

第2農園オーナー主催の芋煮会が行われました

今日は第2農園オーナーの主催による芋煮会が開かれ、朝から会場準備などのお手伝い。
会場と言っても先日刈り取りを行った緑米の田んぼの中です。
ビニールシートの上に稲ワラを敷き詰め、フカフカになった上に乗り、懐かしくもありました。
オーナー宅のニワトリ2羽を丸ごと入れ、里いもをベースに色々な野菜が入った贅沢な汁でした。

ご飯は、7分搗きのお米に、ごぼうとモズクガニを何匹も入れた炊き込ご飯。
皆、ダイエットの事など一切考えずに、ひたすら黙々戴きました。

下段の写真は第2農園での新旧交代です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
トリ2羽と野菜がタップリ入ったいも煮 ごぼうとモズクガニの入った炊き込みご飯(超美味でした) おなかが一杯になったら、のんびりと歓談
4.jpg 5.jpg 6.jpg
涼しくなって来ました、美味いターサイの季節です 頼りなかった芽キャベツ、ようやく元気になってきました 南方系の四角豆、最後の力を絞って成っていました