トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2009-7

<< 2009-7 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2009-7-31

2009年7月31日(金)小雨・曇りのち晴れ

南側水田の草取り、畦畔大豆周りの草取り、午後は第3農園の野菜収穫、摘み取りなど

昨日の暑さに比べれば、今朝は涼しく感じました。
気温が上がらないうちに田の草を取り始めましたが、同じ姿勢の作業はとても疲れます。
そこで、南側水田の畦畔に蒔いた大豆の周辺に小さな草が生えてきたので、手袋を着けて擦りつけ、土の中にねじ込んでしまいます。
手間はかかりますが、合理的な除草手段だと思います。
これは、篤農家が昔から行っていた隠れた技術とのことです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
畦畔大豆の根元の草を手袋をして擦りつけました 現在の4〜5日の生長はとても大きいものです 強烈な西日に投影された猪八戒の姿です

2009-7-30

2009年7月30日(木)晴れ時々曇り

意気込んで田の草取りをする予定で出向きましたが・・・・・。

緑米を栽培している南側水田は、1回は草取りを行ったのですが、雑多な草が生えて来て、気になり始めました。
気合を入れて草取りを開始したものの、気温がグングン上がり、とても長続きしません。
頑張って続けようと思っても、息があがってしまい、休み休みの作業になってしまったので、途中で取り止め、大豆畑で培土作業。

大豆畑は3日前に除草したばかりですが、最初が肝心で、レーキで掻き上げるだけで除草効果があります。
要は、「若い芽を摘む」なんて言う生やさしいモノでなく、「若い芽を出させない」事です。
一般社会でこんな事をすると、嫌がられ、”意地悪オヤジ”になってしまいますが、こと、農作業ではお勧めします。

余りにも暑く、耐えられそうもないので、昼飯も食べずに帰宅し、クーラーを点け、体を冷やしつつ昼食。
2時間ほど昼寝をし、空模様を見ても雨が降りそうもないので、第3農園のポット苗に潅水に出向きました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園SHB系オニールの2化です 四角マメがなり始めました マリーゴールドは挿し木で簡単に殖やせます
4.jpg 5.jpg
入道雲は出たものの、雨は降りません 第3農園、ブルーベリーの株間に蒔いた大豆

2009-7-29

2009年7月29日(水)曇り時々晴れ

午前中、第2農園にて、ホームベル中心に摘み取り、午後は第3農園にて生果用に摘み取り

ホームベルやメンデイトーは糖度は高く収量も多いのですが、ブルームが少なくて柔らかいのが特徴で、若干保存性に難があります。
我が農園では加工用に所望されたお客さんには摘んで頂きますが、通常は生果では出していません。
そこで、今日は思い切って小生が黒系のホームベル、メンデイトーなど、かなり無造作に摘み取りました。

ホームベルは豊産性で、熟期も一定程度揃いますので、摘み取ってしまうとかなり寂しい農園になってきます。
毎年、ホームベルやオースチンの摘み取りが半ばを過ぎますと、農園内は徐々に寂しくなってきます。

先日も掲載しましたが、RE系のブライトブルーは8月に入らないと色づかなかったのですが、今年は早く色づいてしまいました。
例年、食するととても美味なのですが、今年はとてももの足りません。

NHB系のレイトブルーはこれから熟期を迎え、美味しくなります。
収穫量は少ないのですが、RE系の品種と並行して濃厚な味が楽しめます。

昼食後、第3農園にてブライトウェル、バルドウィン、ブルーシャワーなど大粒品種の摘み取りを行いました。

井岡 健 氏の そりやおかしいゼ
1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系のホームベルは、一斉に色づいてきます 今年は色づくのが早すぎるRE系のブライトブルー 超晩成種、NHB系のレイトブルー
4.jpg
マメコガネムシ、今朝も沢山捕獲しました

2009-7-28

2009年7月28日(火)曇りのち小雨

第2農園にてコガネ虫退治、セレベスの培土(土寄せ)、妻は地主さん宅の田圃の草取り

浜の真砂ではございませんが、毎日湧いて出る黄金、否・マメコガネムシには閉口しています。
枝豆の間作に、蔓なしインゲンを追い蒔きし、花が咲き始めたものの、葉は穴だらけで、見るも無惨。
葉が欠けていてはしっかりしたマメは期待できません。
そこで、葉の裏にへばりついているマメコガネムシを枝葉を揺すり、落ちて来た所を即捕まえ、水の入ったバケツに入れます。
作物のあらゆる葉を食い荒らし、マメ類、ブルーベリー、セレベス、アスパラガスなど何でもござれです。

次は、心臓に良くないほどの労働を行いました。
セレベス(里芋の仲間)の培土です。培土などと響きは良いのですが、鍬で畦の両脇を掘り下げて、セレベスの株元に掛けてやることです。
何故培土などを行うかと申しますと、背丈が150〜160僉⇒佞癸沓亜腺牽悪冂度に生長し、風の影響を受けてグラグラし始めたのです。
脇から沢山葉柄が出てきているので、作業効率も芳しく無く、約20m程度ですが、半ばヤケ気味に行って完了させました。

汗でびっしょり濡れ、さて着替えと車の中を探しても・・・有りません。
やむを得ず、妻のつんつるてんのシャツを着て取りあえず落着。

昼食を済ませ、動き出した途端に雨が降り始めたので、急きょ片付けて帰宅。久々に昼寝をした次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
条件が良くないのですが、咲いてくれました ポット植にしているガーデンブルー 直径2冂度のミニバラです

2009-7-27

2009年7月27日(月)晴れのち曇り・雨

大豆畑にて草取り、中耕・培土、揚水ポンプ修理、キュウリ・セレベスなどに潅水。

南側水田の隣、大豆が出揃い、ハト害も起こらない程度に生長したのでネットを外し、早速草取りを行いました。
元々草だらけの場所に種を蒔いたので、草取りに追われる覚悟はしていましたが、思ったより少なくて一安心。

かつて、さるお仕事の関係で、大豆栽培の能書きなどを語っていたものです。実際に栽培をしてみてよくわかります。
「大豆栽培の基本技術励行」などと解ったようなことを言っていましたが、「中耕・除草・培土」など全て手作業でやってみて、よく解りました。
口先だけでなく、炎天下、どれ程のモノなのかを身をもって感じることが大切でしょう。

キュウリが乾燥し過ぎて急に成らなくなってしまったので、潅水しょうとしたところ、揚水ポンプが動きません。
急きょ、ジョイフル本田へ持って行き、修理。
ついでに秋まきの野菜の種子を買い求めたところ、「玉葱は不作なので、お早くお求め下さい」と表記されていました。
他に、空芯菜(エンサイ)の苗を買ってきて、第2農園野菜区に植え付けました。
空芯菜の名の由来は、「茎の部分が空洞になっている」という単純な事のようです。

それに致しましても、農園にブルーベリーを買い求めに来て下さるお客さんとの会話も弾みます。
そんなわけで妻も小生も、お客様に感謝しながら過ごしております。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
空芯菜(エンサイ) 緑米観察株、前回は7月16日でした 大豆(小糸在来)も出揃いネットを取り払いました
4.jpg 5.jpg
南側水田(緑米)の畦畔大豆です 2〜3日渇水すると直ぐにひび割れします

2009-7-26

2009年7月26日(日)晴れ

兄夫婦と共に、第2農園、第3農園の摘み取りなど

昨夜拙宅に泊まった兄夫婦に、小生の農園にて摘み取りをして戴きました。
丸2日間、晴天が続いてくれましたので、ブルーベリー本来の味に戻り、一安心です。
沢山摘んで貰ったのに、土産としては少ししか持って帰らなかったので、申し訳なく思いました。

折角摘んで戴いたので、埼玉で育ち、方々に住んでいる従妹(従弟)の3人宛に発送。

1.jpg
疎遠になりつつある従妹(従弟)宛に発送

2009-7-25

2009年7月25日(土)晴れ

本日は事情により完全休業日。

西日本方面では豪雨による川の氾濫、崖崩れなどの災害が発生しいる様ですが、こちらは久々に晴れ亘った穏やかな1日でした。

本日、都内某所にて娘の婚儀を執り行いました。
極内輪だけで執り行いたいという本人達の意向により、親戚代表のような形で行なわせて戴きました。

式場には、予定されているであろうカップルが相談に来られていて、結構人気を呼んでいる形式の様でした。

肉体労働ではございませんでしたが、何かと長時間拘束され、遠路おいで下さいましたお来客の皆様、きっとお疲れのことと存じます。
親として、只、只感謝するのみでありました。

拙宅玄関にて咲いていたサボテンの花です。

1.jpg
サボテンの花、花言葉には「燃える心・情熱」とありました

2009-7-24

2009年7月24日(金)曇り一瞬晴れ、のち曇り

第3農園にて野菜の収穫と草取りなど

昨夜、どういう加減か左足の筋肉が痙攣し、治りません。マッサージをしてもますます硬化してしまい、痛くなる一方です。
幾ら待っても柔らかくなってこないので、熱々の蒸しタオルを被せ、しばらく待ちましたら、次第に筋肉が緩みました。
痙攣後の筋肉は痛みが残り、しばらくは歩くのも難はありましたが、一過性のもので、大した事はありませんでした。
教訓として・・・痙攣が起こり、なかなか治らない場合は、温湿布をし、筋肉の緊張を解くと宜しいと思います。

さて、そんなことで、今日は疲労が溜まらないように第3農園にて野菜の収穫などの軽作業。
昼食後、ご近所のIさんが来られて、「スイカをあげるから帰りに寄るように」と言って帰られました。
早々に手仕舞いしてお宅に伺いましたところ、既に軒先には大小5つのスイカが用意されていて、有り難く戴いてきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
NHB系レイトブルーはこれから成熟してきます RE系ホームベルは一気に熟れて来ました Iさんが丹精込めて作られたスイカです

2009-7-23

2009年7月23日(木)雨のち曇り時々晴れ

早朝は大雨、その後雨は上がったので第2農園へ

それにしても、今年はイラガが大量発生で、摘み取り中に両手の甲は刺された跡がいっぱいです。
また、当初は気にしていなかった「マメコガネ」が日に日に気になり出し、捕まえてみると結構な数に成ります。
マメコガネの名前の由来は、小さいからと思っていましたが、どうやら豆類に喜んで取りつく虫の事らしい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
お馴染みさん、今日は子供さんを連れて来て下さいました 幼いながら、器用に摘み取っていました 本日のマメコガネの捕獲成果です

2009-7-22

2009年7月22日(水)雨のち曇り夕刻雨

今日も雨、明日以降も天候不順の様子。必用に迫られブルーベリーの摘み取り。

予約されたものなどがあり、在庫品は少々古いので、小雨の中を摘み取り。
ブルームの多い、果肉のしっかりした品種であれば、自宅に帰って乾燥させれば大丈夫と、勝手に決め付けて・・・。
確かに、ホームベルの様にブルームが少なく、果肉が柔らかい品種は止めた方が宜しいと思います。

何れにしても天気の良い日に摘み取ることが一番です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
秋用きゅうりの苗を買いました 品種は不明、長細いかぼちゃがの雌花が咲きました 草むらの中に初物のニガウリが埋まっていました

2009-7-21

2009年7月21日(火)曇りのち雨

日中殆ど雨、摘み取りは中止し、草取りに専念

夜なべ仕事で、朝5時過ぎに床についたので、少々寝坊をし、10時頃に朝食。

天気予報では曇りの表示でしたが、日中は殆ど雨降りでした。
摘み取りは出来ないので、第3農園の2順目の草取りを行いました。
2週間も開けると目立たなかった草も一気に生長してしまい、持て余す程になっています。
雨合羽を着ていたものの、長時間のうちに中まで浸みてきて、下着までびしょ濡れです。

寒さを感じないので、着替えもせず、遅い昼食を摂ってしばらく作業を行い、16時前には帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
草を抜いてそのまま放置したカ所の草 第3農園野菜区左から里芋類、落花生、大豆、人参 陽は出ませんでしたが、ひまわりが明るくしてくれます

2009-7-20

2009年7月20日(月)曇りのち晴れ

加工用に小粒のブルーベリーを重点的に摘み取り。

第2農園では7月から摘み取りを希望されるお客さんには摘み取りをして頂いています。
全般的にお行儀は良いのですが、大粒のものを摘み取って、小粒のものが残されてしまいます。
結果、当方が摘み取り、加工用に回します。
今日は終日小粒のものを摘み取りました。

今日は20時半から夜なべ仕事、終了は27時を回っていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ホームベル、果実は美味、柔らかく日持ちがしないのが難 ティフブルー、しっかりした果実・多収、摘み取りには最適 ウッタード、果実は美味、開張性が強く仕立て方が難

2009-7-19

2009年7月19日(日)曇り一時晴れ

コガネ虫捕獲、妻は摘みとりなど。

今日も朝一にコガネ虫の捕獲を行い、20匹前後捕まえました。
風が強かったので、捕獲数も少ない状況でしたが、毎日行うことが重要のようです。
と、言うのも交尾を終えてしまうと雌は用済みですから姿を現しませんので、見つけた場合は全て捕獲します。
それにしても、次から次へと生まれ出て来るものです。

実は、このコガネ虫、本当の名は「マメコガネ」で、日本の固有種で、米国に渡り、害虫としてとても嫌われている様です。

今日は3連休の中日、お客さんもあまり来られない様なので、昼食後2時間程度草取りなどをして帰宅。

1.jpg 2.jpg
五寸人参は参寸程度、貧弱で恥ずかしい限り 今年はかぼちゃが豊作の様です

2009-7-18

2009年7月18日(土)曇り

コガネ虫捕獲、2枚の緑米水田の草取り、妻は摘みとりなど。

昨日に引き続き、コガネ虫捕獲を最優先に行いました。
コガネ虫は、単独でいる場合はかなり逃げ足が早く、狙った瞬間から身構え、手を伸ばすとポロンと落下します。
あたかも、落下傘部隊が飛行機から飛び降りる様子にそっくりです。
飛び落ちると、急いでウッドチップの中に潜り込みますので、追跡して捕まえます。
そんな時は死んだ振りをして、ひっくり返って全く動きません。なかなかの知恵者です。
反面、恋に夢中で周囲が見えないカップルなどは、容易にバケツの中にドボンです。

皆既日食の情報

1.jpg 2.jpg 3.jpg
コガネムシは水の入ったバケツに落ちると万事休す 元々水田でした、大豆は湿気が多すぎてかなりピンチ ミントの花です、第2農園周りは全てミント

2009-7-17

2009年7月17日(金)雨のち曇り一時晴れ

午前中は第2農園にてコガネ虫捕獲、野菜区の草取り、午後、第3農園内の草取りなど

コガネ虫は昨年より発生率は少ない様に見えますが、それでもかなり葉は穴だらけになっています。
大規模農園の方々はフェロモントラップを行っているようですが、当方は「バケツに水を入れ、枝葉から叩き落とす」という原始的方法です。
本来、露のある時間帯に見回れば良いのですが、最近は9時を回っています。
それでも妻と2人で50匹前後捕まえていますので、かなりの効果でしよう。

午後は第3農園に行き、7列前後残っていた草取りを行いました。
なかなか前に進まず、夕刻近くになってようやく完了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系ブライトウェル 収穫の初期は大粒ですバルドウィン? 昨日房総のむらで購入した編み笠を早速使いました

2009-7-16

2009年7月16日(木)晴れ

慌ただしい1日、畦畔大豆撒き、第3農園潅水、「ピッパラの樹」でパンを買い「房総のむら」で昼食、編み笠購入。

朝一、常日頃から観察していたベランダのフクベリーが突然一粒肥大して色付いていました。
今年は何故か晩成種の色付くのが早いようで、第2農園のブライトブルーも5本のうち4本が既に色づき始めました。
南側水田の畦畔に大豆を蒔き、小規模ながら昔を懐かしんで、風情を味わってみようと行ってみました。

第3農園の苗木に潅水をした後、10時半に上がり、久々に第2農園オーナーのYKさんと2人で「パン焼き小屋ピッパラの樹」に向かいました。
ピッパラさんにて自然酵母を使用して焼いたしっかりしたパンを買ったり、大そうなお願いをしたりしてお暇。
「房総のむら」へ向かいました。目的は、房総のむらの売店で売られている「い草で作った編み笠」を買うことで、風に強いのが特徴。

「どんなに風が強く吹き、首から頭が飛ばされても、頭から編み笠は飛ばされない」と専らの評判???。
明日からの仕事がすこぶる捗ることでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
突然色付き始めました、ベランダのフクベリー 緑米の生育(分けつ状況) 南側水田隣の大豆(小糸在来)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
南側水田の畦畔に大豆を蒔きました 第3農園の「けごんの滝」(インゲン豆の花) 夏空にひまわり、良く似合います
7.jpg 8.jpg 9.jpg
今日も「パン焼き小屋ピッパラの樹」に行ってきました 笑顔で迎えてくれた「房総のむら」売店の店員さん い草で作った実用工芸品の編み笠(早速買いました)

2009-7-15

2009年7月15日(水)晴れ

夜なべ仕事の延長で、朝5時過ぎまで起きていたので、1日中体がピリッとしません。

起床は8時過ぎ、朝食後農園に行く準備をしつつ、妻にせかされながら出掛けました。
快晴のお天気なのですが、風が強く何故か埃っぽいので、仮設シートの下に水をタップリと撒きました。
ついでに、野菜区の落花生、長ねぎ、きゅうり、インゲン、にんじんなどにタップリと潅水。
更に、小粒ですが、沢山実を付け、わがままなアイバンホーは時として萎びて来るので、意識的に潅水を行いました。
今日の様に暑くて強い風が吹いている日に客さんが来て下さるので、こんな時程タップリとサービスをさせて頂いています。
但し、野菜類は周辺農家で直売をしているので、差し上げられませんが・・・・。

昼食後、14時を過ぎた頃から眠気が波状的に襲ってきます。
我慢に我慢を重ね、16時過ぎには手仕舞いして帰宅、即睡眠。

2009-7-14

2009年7月14日(火)晴れ

第2農園にて潅水を行いました。その後梅雨明け宣言。ジャムを作るので早上がりし、呼吸を整えました。

午前中は第2農園にて、「梅雨明け宣言しないのかナー」などと、ブツブツ言いながら潅水を行いました。
1株当たり20秒から30秒、9時半から12時半まで潅水作業のほか、野菜区にてフライング気味に小豆を蒔きました。

しばらく振りにジャムを作るので、体調を整えるため、昼食後早々に帰宅し休養。

夕刻からジャム作りを開始し、殺菌、キャップシール取り付けまで行い、終了は25時を過ぎていました。
それにしても、ジャム作りは体力と気力が必用ですね。
1.jpg
流しの中にて、冷却中です

2009-7-13

2009年7月13日(月)晴れ

今日も引き続き午前中のみ、共同管理水田(コシヒカリ)の草取り、午後、第3農園にてRE系主体の摘み取りなど。

今日もコシヒカリを栽培している共同管理水田のうち、残りの2枚の水田の草取りを11時から12時半まで行いました。
共同管理者のSさんが事前に草取りを行っていた様子で、所々にしぶとく残っていたコナギ゜が生えているだけでした。
しばらく雨が降らないので、野菜区は乾燥気味なので、夕方に潅水することとし、第3農園へ。
第3農園では、ブルーベリーの摘みとりを16時半頃まで行い、再度第2農園に戻って野菜を中心に潅水。

10日に蒔いた大豆が既に発芽していていたので驚きました。
隣に畦をつくり、昨年栽培して自家採種した丹波の黒大豆を蒔いてみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
3日で発芽した大豆(小糸在来) 米なすはしっかりと実を着けてくれています 遅く定植した落花生、どうなることやら・・・

2009-7-12

2009年7月12日(日)曇り

午前中は共同管理水田(コシヒカリ)の草取り、午後、第3農園にてRE系主体の摘み取りなど。

コシヒカリを栽培している共同管理水田(4枚)の草取りを9時半から12時半まで行いましたが、疲れのため2枚で終了。
昨日、泥の中を半日歩いたので、腰から太腿周辺がムズムズする様な疲れを感じています。

午後、第3農園に行って農園周囲の草を刈り払い機で刈り取りの作業。
その後、ブルーベリーの摘み取りと野菜(インゲン、きゅうり)の収穫を行い、18時頃に引き上げました。

RE系のエッセルは野生種と言われていますが・・・・、ネイティブアメリカンの努力の賜かも知れません。
小生は、他の野生種と言われているものも、先住民が長い歴史の中で選抜していたと想像しています。
この様なことを想像するのはタブーなのでしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
コシヒカリの共同管理水田です 遅く植えましたが、かなり分けつして来ました 野生種といわれているRE系エッセル

2009-7-11

2009年7月11日(土)曇り

午前中、北側水田の草取り、午後、大豆を蒔いた場所に防鳥ネットを張る。

北側水田は7月4日に除草機を掛けたのですが、コナギの大きいものは全く動じなかったので、手作業の除草を行いました。
9時半から12時半まで、丁度3時間を掛け、殆ど休むことなく行いました。

午後は、昨日蒔いた大豆畑に縦9m、横18mのネットを張りました。
大豆は発芽時に鳩に見つかると殆ど食べられてしまうので、発芽時の白や黄色い芽が濃い緑色になるまで、ネットはそのままにしておきます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
サボテンの花がやっと咲きました 水草のコナギがビッシリと生えています 小さな水田ですが、草取りに3時間かかりました

2009-7-10

2009年7月10日(金)曇りのち晴れ

昨日畝立てをした南側水田隣に大豆を蒔きました。

朝一番、大豆の種蒔きを行いました。
枝豆用の株間は30兪宛紊任靴燭、種実採取目的ですから株間を40センチにしました。
第2農園野菜区はのセレベスの生育は順調で、葉の大きなものは縦が80兪宛紊△蠅泙后∧振僂靴藤僑悪冂度あります。
只、葉や茎だけが生長して根の部分が貧弱では困りますが・・・。
移植したミツバがようやく生長を始めました。秋には更に植え替えを行わないと過密すぎる様です。

午後、第3農園に行てみると、先日張った防鳥ネットが強風に耐えきれず、方々で破れてしまい、誠に残念。
さて、次の一手は如何に・・・・。

それにしても昨今の風は強烈で、里芋の葉などは千切れ飛んだり、ビリビリに破れて惨めなものです。
咲き始めたひまわりは、今日も何本か折れてしまったので、切り花にしてお向いのお宅に持って行った様子。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園のセレベス、茎も美味 ミツバの生育は順調 バルドウィンの初期は結構大きくなります
4.jpg 5.jpg
左のかぼちゃの収穫は若干早過ぎた様です 里芋(石川早生)の葉は破れて惨め

2009-7-9

2009年7月9日(木)曇りのち晴れ・夕刻一時小雨

一日中蒸し暑く、それでいて台風並みの強い風、余り経験したことのないお天気が続きます。

それにしても今日の天気は何と言う・・・・・・。
天気予報では表現できない陽気でした。
昨日の気持ちの悪くなるような夕焼けも、今日の天気の予兆だったのでしょうか。

本日の作業、妻は第2農園の摘み取りとやさいなどの収穫。
小生は、南側水田隣の耕起し所を小型耕耘機で畝立てを行いました。
目分量で畦を立て、丁度6畦出来ました。
鳩に豆を食べられないように、防鳥ネットを掛け、万全を期したいと思っています。

午後は第3農園に行き、妻は摘み取り、小生はブルーベリー園内の草取りと、野菜区の落花生の培度を行いました。
とても暑い中での作業なので、水分は意識的に摂る様に心掛けながらの1日でした。

昨日今日と、とても風が強く、ようやく咲き始めたひまわりが何本も倒れてしまったので、妻が家に持ち帰って生けました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田隣に大豆作付けの畝立てを行いました 北側水田(緑米)の観察株 手前、北側水田と向いが南側水田
4.jpg
流石にひまわりは主張が強い

2009-7-8

2009年7月8日(水)曇り時々小雨

午前、妻のお友達4人が摘み取りに来園、午後第3農園にて今までのツケを一部精算。

妻のお友達が摘み取りに来られ、それぞれ摘み取りをして楽しんで戴きました。
昨日まで、摘み取りを控えてきたので、RE系が採れ始め大粒のものをお土産に出来て安堵。

小生は、南側水田の畑地部分を耕耘機で耕し、大豆を蒔く準備。
種子は、第2農園オーナー宅の奥さんから「小糸在来」を沢山戴いたので、明日以降に畝立てをし、播種する予定。
若干畦塗りを行った部分に播種をし、昔懐かしい「あぜまめ」を作ってみようと思っています。

午後は第3農園に行き、「草は大きくしてから抜いた方が楽」等と強がりを言っていましたが・・・・。
放って置いたツケを精算し始めましたが、雨天が続いたため、節々から根が張り、想像以上の労働を強いられました。
やはり、草は小さい時に抜き取ることが大切です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日は特に密度の濃い場所が当たりました 草取り後は景色が変わります 草削り(立鎌草削り 三角鎌)を使っての草取りでした
4.jpg
RE系のブライトウェルが色づいてきました

2009-7-7

2009年7月7(火)曇り時々晴れ

ようやく第3農園にて、ネット張り、未完成ながらムクドリには効果あり。

第3農園のムクドリは日増しに増え、孫、ひ孫、従弟、又従兄弟、その隣のお宅まで連れて来ているようです。
電線に並んで待機し、見張りもいて、用意周到。
50羽程度の群れで、次から次へと波状攻撃をかけてきます。
定期的に野鳥駆除は行っているようですが、第3農園周辺は一切駆除を行わないので、野鳥の安全地帯になっているようです。

そんなわけで、9時から18時半まで防鳥ネット張り。
無言で黙々とやるしかない。
意見が食い違わない部分だけ妻に手伝って貰い、その他は小生1人で行いました。

とかく1人でやるとケンカ相手はいない代わりに、極めて効率が宜しくないし、ひたすら歩くので足が疲れました。
お陰で写真を撮る余裕が全くありませんでした。

もめることもなく、終了できたものの、引き上げるときに甘いものが欲しくなったので。
妻に「甘いもの持って来ていない?」妻は「無い」の一言。「自分が食べないからと言って・・・・・・。」

これで険悪な状況に。
自宅までお互い無言。
その後も無言。
1.jpg
自宅玄関にあるサボテン、蕾がとても大きい

2009-7-6

2009年7月6(月)小雨・大雨時々曇り

昨日から月曜日は休みにする予定でしたが・・・・

朝、突然パン焼き小屋 ピッパラの樹のママさんから電話、農園を見学したいとのこと。休日返上して第2農園へ
約束の11時半に、落ち合い場所のにわとり広場へ。
ピッパラの木のママさんはお友達を連れて直ぐに見えました。
あいにく、雨が強くなってきたので、にわとり広場で第2農園オーナーご夫婦を交え、色々と情報交換。

雨が弱くなってきたので、農園にご案内して摘み取りを行って貰いましたが、昨日、殆ど摘み取ってしまったので、摘んで食べて戴く程度でした。
雨に濡れた農園内に入って戴いたのは良いのですが、小生の植栽は超密植栽培なので、こんな天候の日の入園は不適切です。
それでも我慢をして見学をして下さいました。
雨に濡れたブルーベリーは味が薄まり、物足りないのですが、最後の仕上げに濃厚な味のトロを摘んで戴き、お口直しをして戴きました。

その後もしばらくにわとり広場にて歓談し、お帰りになりましたが、今の端境期はやむを得ない状況で、何処の摘み取り農園でも同様の御様子。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系サンシャインブルーが色付き始めました ベランダのRE系のフクベリー、肥大はこれから 本年播種した実生のRE系ブライトウェル

2009-7-5

2009年7月5(日)曇り

予約のお客さんが来られ、慌ただしい1日でしたが、充実していました

先週とはうって変わり、NHB系、SHB系ともに大粒のブルーベリーは殆ど終了、今が一番の端境期になってしまいました。
そんな中、何組かの摘み取りのお客さんが来られましたが、期待に応えられず、少々困りました。
幸い、RE系のクライマックス、オースチン、バルドウィン、ブルーシャワーなどの先端が色付いてきたので、これを収穫して戴きました。

第2農園の近くの方が大粒品種の苗を希望され、お庭を見てから本数なども決めることとし、お宅に伺ってから苗を用意しました。

慌ただしい1日でありましたが、今までやってきたことが、若干報われた気がした1日でもありました。
1.jpg 2.jpg
第2農園に近いFさん宅にお嫁入りです 第3農園近くの菜園仲間のOさん御一族が来園

2009-7-4

2009年7月4(土)曇り

馬鈴薯の貯蔵を急がなければ・・・腐敗が進んでいます。午後、工房にロッカーが納入されました。

第3農園のハウス内に馬鈴薯を乾燥させていましたが、腐敗がみられるので、急拠持ち帰って処理する事に。

昼過ぎ、加工工房にスチールロッカーが納入されるので帰宅して待機していましたが、予定時間を過ぎても来ません。
業者さんと1時間ほどの食い違いがあり、取り急ぎ来て戴きました。
ロッカーのサイズは、高さ230僉幅90僉奥行き45僂裡驚覆任后

第2農園に戻り、隣の緑米北側水田の「コナギ」が繁茂してきたので、第2農園オーナーから除草機を借り、44〜5年振りに使ってみました。
草を取るというより、抜き取って浮かす事ですが、浮いてしまうと殆どは腐ってしまうとの事です。
縦横約一尺の正方形なので、後日90度角で再度除草機をかける予定です。(縦横一度にやると苗が不安定になってしまいます。)
何れにしても、丁寧に草を取ることが肝要の様です。
昨年の経験によれば、除草した所としない所では水温が相当違い、自ずと生長の差も出て来る様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
懐かしい除草機です、今も昔も変わりません 瓶や厨房器具などの保管庫になります ストッパー金具は接着剤などで止める予定

2009-7-3

2009年7月3(金)曇り夜から雨

空模様が不安定、何時雨が降ってくるのかわかりません。

今日は朝から曇っておりましたが、露が切れた頃を見計らって第2農園にて摘み取りを行いました。
雨が降るとブルーベリーは水分をタップリ含んで糖度が低下したり、品種によっては裂果してしまいます。

今の時期、収穫量が安定している作物は「きゅうり」だけで、他の作物は殆ど停滞気味です。

午後は水田周りのあぜ草を刈り払い機で刈り取ったり、餅米(緑米)を栽培している南側水田の空き地の草を刈り取りました。
ここは何れ耕起して、大豆を蒔く予定ですが、雨が降っていて土が重く耕起出来ません。

それにしても小生が持っている2サイクルの刈り払い機は振動が激しく、白蝋病になってしまいそうです。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
NHB系のトロ、味は濃厚果肉はねっとりトローです 6月6日に植え付けた北側水田の緑米の苗 南側水田隣の大豆作付け予定地

2009-7-2

2009年7月2(木)雨

加工工房の保管ロッカー購入、パッションフルーツ苗購入など

今日は終日雨模様、少々風邪気味のため田圃の草取りを中止し、買い物に。
加工工房のロッカーがなかなか手に入らなかったのですが、やっと今日、中古のロッカーを買いました。
後日、披露致する予定です。

ついでにジョイフル本田に立ち寄り、植木売り場でパッションフルーツを見つけ、2本購入。

家に帰っても相変わらず雨は降ったりり止んだりの状態で、なかなかカラッとした天気にはなりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
実が付いていましたが、敢えてついていないものを買いました  我が家の「さるなし」です RE系のランコーカスです

2009-7-1

2009年7月1(水)曇り

第2農園にて野菜の収穫、夏枝などの整枝、午後は第3農園にてネット張り準備

昨夜はかなり雨が降り、濡れているのでゆっくりとスタートし、第2農園にて野菜などの収穫。
きゅうりなどは丸1日採らないと、かなり大きくなってしまいます。
曇りや雨の日が多いので、豆類やなす、トマトなどは生長が芳しくありません。
トマトなどは、ミニトマトを中心に色々植えたのですが、余り収穫しないうちから病気が出てきてしまい、抜き取らなくては・・・・。

何人かお客さんが来園され、希望される方には今日からブルーベリーの摘み取りを行って戴くことにしました。

午後は第3農園に移動し、ネット張りの準備をしましたが、何かと上手く行かないので、妻とは険悪な状態に・・・・。
結果1人で行っていると隣の爺さまが寄ってきて、冷やかし気味、余計に頭の中は沸騰。
無視して黙々と・・・・。

雲が厚くて暗くもなってきたので早々に引きあげました。

車中、しゃべると余計にお互い毒が貯まるので、食い物を口に突っ込んで只ひたすら自宅に。