トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-1

<< 2010-1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010-1-31

2010年1月31日(日)晴れ

午前中第2農園にて諸作業、午後はドラム缶の炭焼き実践のため、釜作りなど

午前中は第2農園にて昨日蒔いた小松菜の発芽促進を図るため、ビニールを張ったり、ブルーベリーの誘引を行いました。

午後は、オーナー宅にて燻製に使っていたドラム缶を使い炭焼きの準備を行いました。
ドラム缶、煙突と一斗缶の長さを測り、手頃に盛り土されている場所にドラム缶大の穴を掘りました。
一斗缶を焚き口用に斜めに切り、ドラム缶に穴を開けて煙突をつないでセットしました。

昨年11月14日に定植した桜草がやっと咲き始めました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
燻製に使っていたドラム缶を炭焼きに使います 煙突をつなぎ、木酢液を採取する予定です 穴l掘り途中で、深さはこの倍以上掘りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
電動カッターで煙突の大きさに切っています ドラム缶を仮に埋め、後日、栗の木を密に積み込みます 昨年植えた桜草です、大きくなりました

2010-1-30

2010年1月30日(土)晴れ

第2農園ほうれん草に潅水など(妻同伴)

午前中は「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝いを行い、修了後第2農園にてほうれん草に潅水を行いました。
昨日、軽く雨が降ったのですが、表面だけ濡れていて中はパサパサの状態です。
このままにしていると薹立ちして終わってしまうので、頻繁に潅水を行って生長を促しています。

昼食はオーナー宅「にわとりひろば」にて納豆餅をご馳走して下さるとの事なので、お昼に伺いました。
搗きたての餅に、刻んだ手作り納豆を載せ、海苔巻きにして戴きました。(自前の弁当は持参していました)
今日の餅には青海苔を入れて搗いてあるので、敢えて海苔を巻かなくても風味は十分でした。

昼食後は、第3農園近くのIさん宅で切り倒した栗の木を、軽トラ2台と普通トラック1台で第2農園オーナー宅まで運びました。

昨日、チェンソーの修理に出してありましたが、担当者から電話があり、修理代が安く済みそうなのでとても軽い気持ちになりました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
広い農園、栗の跡は作付け予定が無いとか・・・ 生木は重いので、沢山は積めません 今朝から浴光育芽を開始、取り込むのを忘れていました

2010-1-29

2010年1月29日(金)曇りのち雨のち晴れ

第2農園のほうれん草に防鳥ネットを掛けました(妻同伴)

今年に入って第2農園で栽培しているほうれん草に、3回ほど潅水していたところ、その成果が出て来ました。
只、野鳥たちの食べるものが少なくなってきた様で、ブロッコリーやチンゲンサイの葉はズタズタで、次はほうれん草でしょう。
そこで、農園の隅に巻いて置いた防鳥ネットを広げて被せてみました。

本日当地は、雨降りの予報がありませんでしたが、第3農園で潅水しようと思い、準備をしていると突然雨降りになってしまいました。
そこで予定を変更し、ジョイフル本田に出掛け、馬鈴薯の種芋を購入してきました。
取りあえず、男爵、キタアカリ、とうや、ワセシロ、ホッカイコガネ、シンシアの6品種を購入してみました。
昨年は病気が発生し、収穫量も芳しくなく、更には貯蔵中に腐敗が大量に出てしまいました。
今年は何とか良い結果にしたいと思っているところです。
明日から、 浴光育芽を開始する予定です。
浴光育芽の効果・・・―于蠅10日以上促進され、株の生育がそろい、欠株をなくする。 株当たり茎数が1〜2本多くなる。
H鄲腓早く、早堀では増収する。 さ霏舂海簔羶感洞の発生が押さえられる。イ任麒寛舛両緇困早く、完熟が早まる。
植付後の伸長が急速で黒あざ病の被害が抑制される。Ь全粒種いもが使用できるため、種いも必要量を大幅に節減できる。

昼食後、栗の木を切り倒したIさん宅のほ場に行き、太めの材を軽トラに積み込んでオーナー宅に運びました。

チェンソーの調子が良くないので、修理に出しましたが、如何ほどかかるでしょう。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ほうれん草は過密過ぎ、間引きが必要です 防鳥ネットを掛けてみました 馬鈴薯の種芋は11 ですが収量は如何
4.jpg
ジャンボレモンを収穫しました(隣はポン柑です)

2010-1-28

2010年1月28日(木)曇り

昨日の作業は老体にはハードで、今日は1日お休み

気圧が低いのか、腰の調子は芳しくありません。

天気予報では曇りと雨でしたが、当地は一滴も降らず、1日が過ぎようとしています。
本来ならば、30舒幣紊留が欲しいところですが・・・・・。

日中は生温かい風が吹いたので、植物が勘違いして冬芽を膨ませ始めるのも困りものです。

明日は農園に行って潅水などを行ったり、馬鈴薯の種芋などを仕入れたりする予定です。

自家の素材による納豆を作ってみました。
温度が不足していて開けるのが少し早かったようですが、納豆の味はします。

1.jpg
天然納豆菌による自家製の納豆を作りました

2010-1-27

2010年1月27日(水)晴れ

今日は第2農園オーナと薪を戴きに行ってきました。

年末の24日以来になりますが、第2農園オーナが友人宅【佐倉市のA様宅】へ薪(たきぎ)を戴きに行くので、お手伝いで行ってきました。
軽トラ2台に樫の木主体に積み込みますが、生木なのでとても重く、沢山載せることは出来ません。
積載量は350圓隼廚い泙垢、きっと重量オーバーギリギリになっていたのではないかと思います。

デジカメは持って行来きましたが、メモリーチップをPCに差し込んだまま出掛けてしまいました。
やむを得ず携帯で撮ったのですが何故か写っていません。
結局、今日は画像は掲載出来ませんでした。
Aさん宅庭先には、食すととても甘い金柑がたわわに実っていて、これを撮ったのですが、残念です。

また、先々週に切り倒したという月桂樹の大木、殆ど雨にあたっていない葉が山ほどでした。
勿体ないので、先端の新鮮だったであろう枝を3本ほど折って戴いて来た次第です。
自宅に帰り、月桂樹の葉の付いた枝を妻に渡したところ、早速摘み取り、大切に紙袋に収納しておりました。
PCで検索してみると、50g320円ほどで販売されておりました。
でェー、あればAさん宅の月桂樹の葉は50堋あるとして、単純ですが、32万円ほどがさり気なく土に還って行くようです。

2010-1-26

2010年1月26日(火)晴れ

日中よく晴れましたが、北風が強くて寒い1日、第3農園にて剪定作業などを行いました。

小生以外の者が行った剪定は直ぐわかります。
理由は、先端の枯れた枝が切り取られていないからです。
小生の見直し剪定は、これらの切り残しを含め、裾の枝は殆ど切り取り、中心部の枝を軽く抜き取るように切り取ります。
超密植栽培ですから、開張性の強いRE系のクライマックスなどは手がかかりますが、矯正する楽しみもあります。
回復する力がとても強いので、万が一切り過ぎても安心して剪定することが出来ます。

昨日栗の木を戴いたIさん宅に立ち寄ったところ、自家製の沢庵漬けを戴きました。
”何と、日本的なオ○ラの臭い”が車の中に充満、農園に着いて即外に出し、帰りの際には気合いを入れて持ち帰りました。
♪♪貴方ならどうする♪♪貴女ならどうする♪♪

1.jpg 2.jpg 3.jpg
マイナス7度以下に4〜5回あたっても丈夫なミントです 西側ネットの外から覗いてみました climax(クライマックス)です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ブルーベリーの畝間の小松菜、凍えていますが元気です ベランダの桜草です 左に同じ

2010-1-25

2010年1月25日(月)晴れ

本日、体調不良などと言っていられませんでした(妻同伴)

風邪気味で、腰の調子も今ひとつ、風邪薬を服用し、床に入っていたところ、第3農園近くのIさんから電話が入りました。
用件は、「栗の木を切り倒したので、椎茸のほだ木が欲しければ持ちに来るように」とのこと。
早速着替えをし、軽トラで戴きに行ってきました。
切り口の年輪を見ると17年でしたが、太いものは直径30儖幣紊發△蝓長さ90冂度に切ったものは重く、荷台に載せるのが一苦労。
2回運ぶ予定でしたが、1回だけでギブアップしてしまったので、明日以降第2農園オーナーと相談して運ぶ予定です。

昨夜水に浸けた大豆、かなり柔らかく膨らんで来ました。
今夜軟らかく煮て、稲ワラに付く納豆菌で納豆を作る予定です。(市販品とは似て否なるものです)

Sさんが「しめ縄に付けるダイダイが余った」と先日持って来られ、絞り器を持参して絞るお手伝い、お駄賃に1本戴きました。
醤油(ダイダイと同量)と、みりん(全体の約1割)を混ぜてポン酢醤油を作ります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆(小糸在来)を浸して、納豆作りをします Iさんが最後の1本を切り始めました 切り倒した直後、背中は何か感慨深げに思えました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
全体では20アール以上のほ場です 生木なので、沢山は載せられませんでした Sさんが持って来たダイダイを絞り、1本戴いてきました

2010-1-24

2010年1月24日(火)晴れ

第3農園にて潅水と剪定作業(妻同伴)

昨日から頭の芯の部分が重痛く、朝起きても変わらないので、温かくしてゴロゴロしておりました。
10時を回る頃に体も温まって来たので、第3農園へ潅水をするために出掛けることにしました。
農園に着き、早速カラカラになったポット苗に潅水を行いました。
本来ならばもう少し大きなポットに植え替えなければならないのですが、そのままの状態で根がビッシリになっています。
今春、大きなポットで安定した管理が出来る様、植え替えする予定にしています。

潅水後は、農園を回りながら剪定の見直しを行いました。

先日オーナー宅の山に寝かせたナメコとヒラタケの上に枯れ葉を載せたままだったので、寒冷紗を畳2枚程に切り、被せて帰りました。

自宅に帰ってみると、日本ブルーベリー協会発行1月号が届いていました。
今晩、ゆっくりと拝見致します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
先日(19日)以来の潅水作業、タップリと2回行いました 1月号のブルーベリーニュースが届きました NHB系スパルタンの人気は安定しています

2010-1-23

2010年1月23日(土)晴れ

第2農園オーナー宅のにわとりひろばにて餅搗きのお手伝いなど

今日はにわとりひろばにて餅搗きのお手伝いを行いました。
オーナー宅分の他、調理師免許を持っているSさんの3臼分の「捏ね」と「伸し」などのお手伝いを行いました。
終了後、お茶などを戴きながら世間話、お暇しようと思いましたが、ひろばの日だまりで昼食を摂らせて戴くことにしました。

本来、昼食は第3農園に行って摂り、剪定の見直しなどをする予定だったのですが、昼食後もそのまま居着いてしまいました。
2時間程の談議後、バーベキュー用の鉄板が油などで汚れ、5伉度の層になってこびりついていたので、Sさんと2人で洗いました。
さすがは調理人、洗い方が半端でなく、最終的には砥石で削り取ってきれいに仕上げました。
帰りの際、オーナー宅からとても甘い「蜜柚」という柑橘を戴いて来ました。(皮の厚いザボンとは全く違います)

1.jpg 2.jpg
洗っても洗っても錆が出て来てギブアップ寸前でした これが蜜柚です甘味が強く、新しい味でした

2010-1-22

2010年1月22日(金)晴れ

第3農園にて剪定の見直しなど(妻同伴)

2日ほど温かい日が続きましたが、今日は一転してとても寒く、剪定中、ホッペタが千切れそうな程の冷たい風が吹いていました。
使い捨てのマスクと、携帯カイロを着け、ズボンも防風仕様のものをはきましたが、蒸れてきたので途中で脱ぎました。

先日から気になっている箇所を優先的に見回り、剪定を行った次第です。
昼食後1時間ほど行いましたが、更に冷たい風が吹き出したので、取り止めて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
殆ど落葉している第3農園です 玉ねぎは寒さで葉は枯れていますが、元気に育っています 頼りないですが、ベランダの桜草が咲き始めました。

2010-1-21

2010年1月21日(木)曇り

腰痛芳しくなく、雨降りの予報なので、家で横になっていました

当地、本日の天気予報は雨が降ったり止んだりとなっていましたので、家に引きこもっていました。

寝転んで国会中継を見たり聴いたりしていましたが、野党の質問等は、見聴きに堪えられないご粗末。
国民の税金で、無駄な時間を費やすようなことは止めて欲しいと思います。

今年度、高校、大学を卒業予定の約3〜4割が、「就職が内定していないという大事件」全く触れていません。
5年に5度の大不況、如何に立て直していくのでしょう。(「100年に1度の不況とは」政治家の詭弁、企業経営者の逃げでしょう。)

それにしても、[国会議員の給料(お手当含む)にメスが入らないのは異様です。

何処も、懐が寂しく、体調がすぐれないと、心も荒みそうですね。

2010-1-20

2010年1月20日(水)晴れ

今日は最寄りの病院に行って健康診断を行いました。

今回の健康診断は、人間ドックとは違って極簡単な検査で、尿、血液、心電図、骨密度等々の検査を行いました。
極端な異常はありませんが、血糖値と中性脂肪が基準値より高いので、口の中に入れる量と質を調整しなければ・・・・・。

その他の数値は全て基準の範囲内なので、心配ないと思います。
朝、8時半頃に自宅を出たものの、主治医の問診まで含めると11時半を回っていました。

自宅に帰って昼食を執り、しばらく横になっていましたが、急に思い立って散歩に出てみました。
カメラを持って約1時間歩いてみましたが、冬枯れの景色が殆どでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
不思議な植物、冬期に花を咲かせ、実をつけるヤツデ ガマの穂が崩れネズミなどが串刺しになった様 手前さやえんどう、後方はそら豆(日当たりの良い畑)

2010-1-19

2010年1月19日(火)晴れ

第3農園にて剪定作業など(妻同伴)

農園に出るのは4日ぶり、第3農園のポット植えの苗木はカラカラに乾いていたので、時間を開けて2回潅水を行いました。
何せ、乾き過ぎていて、水をはじいてしまうので、念には念を入れ、しつこいくらいに水をかけてやりました。
それでも空気が乾燥していて、空っ風が2日くらい吹くと、カラカラに乾いてしまいます。

霜抜けして乾いてしまうと、根は枯れてしまい、再起不能になってしまいます。
寒さでカチカチに凍りついていた方が宜しいようです。

剪定作業は妻と2人で行いましたが、剪定手法については異議はございますが、機嫌を損なうと良い事がないので黙っています。
大雑把ではありますが、剪定作業はほぼ終了し、細部については花が咲く頃までボチボチとやっていく予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
幼い「さやえんどう」かなりの寒さに耐えています 大浦ごぼうも良く耐えていてくれます ターサイの葉は寒さにやられ、周囲はドライになっています

2010-1-18

2010年1月18日(月)曇りのち晴れ

今日の仕事は門前仲町まで整体に行ってくる事でした。

ついに腰痛が我慢出来なくなり、門前仲町の「龍泉堂」さんまで行ってきました。
途中までは車で行き、駅前ビル駐車場に車を止め、電車に乗り換え、地下鉄の門前仲町駅まで行きました。
「何と都内は温かい事でしょう!!」色々な花が咲いていますし、小型の街路樹は青々としています。

龍泉堂さんでは、症状を看るためでしょうか、最初は触診の様に軽いマッサージを行います。
緊張している筋肉を調べているのでしょう。
次に針を打ち、電極をつなげて20分前後通電します。
血行が良くなってきた様で、身体全体が温かくなってきます。
針を抜いて、マッサージと整体をして戴き終了。
帰りには重い足も軽くなっていました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
地下鉄門前仲町4番出口から徒歩で約4分です 都内は温かく、ゼラニウムが咲いていました オシロイバナは枯れず、元気な蕾がありました
4.jpg
番(つがい)でしょうか、仲睦まじくしていましたョ

2010-1-17

2010年1月17日(日)晴れ

腰痛のため終日家の中で静かに過ごしました

このところの急激な冷え込みで先日から芳しくない腰痛が改善されません。
静かにしていても痺れるような痛みは常にあり、寝起きも油断出来ません。
只、家の中で静かにしてるだけで、ひたすら耐えております。
明日あたりに、門前仲町の龍泉堂さんまで整体(リンク参照)に行ってみようかと思っているところです。

そんな訳で、ベランダにチョイと出て外の空気を吸った程度です。

義兄宅から戴いてきたヤーコンをベランダで干してみました。
晴天が続き、空気が乾燥しているのでとても美味しく仕上がりました。
食してみたい方、リンクの「ヤーコンよしともの店」で販売しておりますのでお求め下さい。(拙宅のものより美しく仕上がっております)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
桜草は未だ咲きません、昨年よりかなり遅れています 寒いとはいえ、アロエベラは外でも元気に育っています ヤーコンの生干し、甘くて超美味

2010-1-16

2010年1月16日(土)晴れ

午前中、オーナー宅の餅搗きのお手伝い、終了後おしるこを戴きました(妻同伴)

第2農園オーナー宅の餅搗きのお手伝いを行いました。
終了後、おしるこをご馳走になり、一休みの後、農園に行って剪定作業。
1時間ほど行いましたが、北風がとても冷たく、顔が引きつって来たので早々に引き上げ、自宅で熱々の味噌汁を戴きました。

しばらく横になっていましたが、若干運動不足の様なので、ご近所を散歩しました。
今は殆どモノクロの世界、天然の色彩豊かなものがとても少ない時期です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
餅搗きのあと、甘いおしるこを戴きました 散歩の中、ローズマリーが咲いていました 白梅はしばらく咲きそうもありません
4.jpg 5.jpg
寒雀哀れとみるか可愛いか秋のいたずらつゆも見せずに ブルーベリー枝を使われご迷惑(哀れなトカゲ・合掌)

2010-1-15

2010年1月15日(金)晴れ

昨日朝の第3農園ハウス内は−8.5℃、今日は終日剪定作業を行いました。(妻同伴)

昨年は−7℃が最低温度でしたが、本年はもっと寒く、外に置いていた蘭の一種の金陵辺(きんりょうへん)が凍害を被りました。
未だ芯の部分は生きている様に思いますが、かなりのダメージを受けてしまいました。
本年こそ金陵辺を使って「ニホンミツバチ」を誘引し、甘い蜜と蜜蝋を採取する計画でしたが・・・・・。
その他、一昨年紫陽花を挿し木で育て、ポットに入れていたものの、余りの寒さに枯死寸前なので、ハウス内に入れました。

今日は終日妻と二人でブルーベリーの剪定作業を行いました。
SHB系やNHB系の枝はRE系の品種に比べ全般的に枝が細く、短目なので剪定は若干気を遣います。
昨年もやってしまいましたが、遠近両用眼鏡を使っているので、切ってはならない枝を「バサッ」と切ってしまうことが度々。

大雑把な剪定は1〜2日程度行えば完了しますが、細部についてはゆっくり行う予定です。
16時を過ぎた頃から急に寒くなったので身支度をして帰宅。
途中、買い物でスーパーに立ち寄ったので、周辺を散歩してコブシの花芽が膨らんできていたので撮ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園ハウス内の最低温度は−8.5℃ 蘭の一種金陵辺(きんりょうへん)が凍害でピンチ 紫陽花もかなりダメージを受けてしまいました
4.jpg 5.jpg
コブシの大樹です 花芽が若干膨らんできました

2010-1-14

2010年1月14日(木)晴れ

ヒラタケ種菌植え付け作業で終始

今日一日、第2農園オーナーと小生の二人、ヒラタケの種菌植え付け作業で終始しました。
昨日残した太い桜の木の部分を15センチ間隔に切り、2枚で1セットとし、て11セットを作りました。
ヒラタケの種菌の植え付け方法は、広口瓶に入っている培養種菌を崩して、おが屑、米糠、水を加えて良く混ぜ合わせます。
良く練った種菌を1センチ程度に延ばしてサンドウィッチにして適度に押さえ、日影(落ち葉で囲む)で6月頃まで寝かせます。
今日の前半は桜の木を11セット作り、次にソロの木(アカシデ)を15儡岾屬棒擇蝓△海譴鬘隠汽札奪蛤遒蠅泙掘

全て完了したのは16時半を回っていて、帰りが遅くなったので珍しく妻から電話がかかって来ました。(行き倒れを心配した様です)
今日、植え付けた原木からは、順調ならば本年の10月頃から年末頃までヒラタケがビッシリと出る予定です。

因みに、昨日植え付けたナメコは遅く、来年(平成23年)の11月以降、運が良ければ収穫出来ると思います。(ナメコは難しいのです)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
縁を切り取り、極力無垢(雑菌単位を下げる)にします 軽トラに載せ、自然林に運び入れます 種菌増殖床(種菌、おが屑、、米糠、水)作り
4.jpg 5.jpg 6.jpg
良く練った種菌を1冂度に載せ、サンドウィッチにします ソロの木(アカシデ)の木を切っているところ チェンソーで切り取り15セット種菌を植え付けました

2010-1-13

2010年1月13日(水)曇り後晴れ

午前中は「にわとりひろば」にて桜の原木にナメコの駒打ち、午後は剪定作業

第2農園オーナー宅の「にわとりひろば」でオーナーと小生の2人でナメコの駒打ちを行いました。
切り倒されてから1ヶ月以上経っていると思いますが、とても重く、腰を痛めている小生にとっては腹筋に力を入れ、我慢我慢。
1袋200入っている種菌の駒を3袋開け、大小10本の原木にドリルで穴を開け、金槌で駒を打ち込みました。
一昨年の小生の経験から言いますと、駒数が少ないとナメコの菌が雑菌などに負けてしまうようです。
要は、多勢に無勢と言ったところで・・・。概ね何処の世界でも数の力がものを言うようでございます。

ヒラタケなどは雑菌に強い様で、かなり雑な扱いでも菌糸は回りますが、椎茸やナメコは神経を使います。
マイタケなどはもっと弱いので、原木を長時間煮沸殺菌し、極力外気に触れないようして種菌を接種するようです。

午後は第2農園オーナー宅のブルーベリーの剪定を行って15時半頃に帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
原木を軽トラの荷台に載せて作業を行います 電気ドリルで穴開けをしているところ 太目の残りはヒラタケ用です
4.jpg 5.jpg
桜の切り口はとてもきれいで、鍋敷きなどに宜しいと思います オーナー宅のブルーベリーを剪定しました

2010-1-12

2010年1月12日(火)曇りのち雨

今日も1日家の中で過ごしました

朝から寒々しくも重苦しい曇り空、何時しか雨が降っていましたが、アバウト雨量計は5伉度(16時過ぎ現在)
穏やかな雨降りは歓迎ですが、それにしても少な過ぎ、夜半まで降る予報なので30伉度は欲しいところです。

腰の調子は今一ですが、明日は高気圧におおわれ、晴れて温かくなる様なので腰の痛みも緩和されるでしょう。

明日は桜の木を第2農園オーナーとチェンソーで輪切りにし、ヒラタケの種菌の植え付けをする予定です。
「何と勿体ないことを」とお思いでしょうが、茸の原木に利用し、有効に使われるのですから宜しいでしょう。

腰が痛いなどと言っていられません。気合いを入れていく予定です。

1.jpg
雨に濡れるベランダのフクベリーです

2010-1-11

2010年1月11日(月)曇り

今日は1日家の中でした

昨日、夜遅く帰り、そのまま夜更かしをして深夜放送を聴きつつ、朝まで「うつらうつら」としておりました。
結局床から這い出したのは9時を回って居りました。
成人の日という祭日に、何と怠惰な生活なことでしょう。

こどもの日、成人の日、敬老の日などはあるのですが、中途半端な年代にはハッキリした記念日などはありません。
そこで、自分自身が勝手に過ごす日をアトランダムに取っています。

今日は曇っていてとても寒く、不幸にも腰の調子も芳しくないので、ゴロゴロとしながらテレビチャンネルを切り替えつつ過ごした次第です。

自ら収穫した大豆をフライパンで煎り、砂糖味噌に熱々の煎り豆を入れ、よく混ぜて完成。
見掛けは大したものではありませんが、良く噛むと味わい深く、懐かしい味で癖になります。(味噌は控えめに)

明日は更に天候が宜しくないようなので、どのように過ごそうか思案中です。

1.jpg 2.jpg
煎りすぎると苦く、煎り足りないと生豆の風味 見掛けは美しくありませんが、かなり美味です

2010-1-10

2010年1月10日(日)晴れ

午前中は剪定作業、午後はピッパラの樹さんへ行き、その足で千葉蘭園さん訪問。

第2農園の剪定作業は今日でほぼ完了し、残りは第3農園の半分程度になりました。
先日、T&Fの福田さんがアップしていた剪定作業はかなり思い切った剪定法で、小生などはとても甘い剪定です。

午後は何時も言っているパン焼き小屋「ピッパラの樹」さん(リンク参照)立ち寄り、今回もブルーベリージャムの販売をお願い致しました。
ひと休み後、アップルパイを買ってお暇をし、山武市にある「千葉蘭園」さんを訪問し、炭焼きなど色々なお話をお聞かせ戴きました。
上記「千葉蘭園」をクリックして戴くとホームページが開きますので、参考にして下さい。
かなり目立たない場所に立地しておりますが、スケールの大きな蘭栽培と、炭焼き、陶芸など幅広く行っておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日も「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまで行ってきました 山武市の千葉蘭園さんのハウス入り口です 温湯沸かしは直径40冂の丸太をクレーンで入れてます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今は見頃のカトレア、流石豪華でした 寄生蘭の一種です これも寄生蘭の一種です

2010-1-9

2010年1月9日(土)晴れ

今年初めての餅搗きのお手伝い、H様ご家族が来られました(妻同伴)

午前中は第2農園オーナー宅の「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝い。
H様ご一家も来られ、珍しそうに見学されていました。
餅つき終了後、第2農園を見学して戴きました。
帰りの際には、つきたてのお餅やオーナー宅の玉子、小生が作った野菜などを持参して戴きました。

午後はのんびりと第2農園のブルーベリーの剪定を行い、寒くなり始めた15時半頃に上がりました。
庭のポン柑を収穫し、食したところ思いの外甘くて美味。

皮は茶こし袋に入れて風呂に入ったところ、香りは良いし湯冷めはなしと、言うことなしでした。
お試しあれ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今年初の餅搗き、Hさんご一家も見学です 出来上がりは冓討料靆澆任 椎茸を手土産に
4.jpg
拙宅のポン柑を収穫しました

2010-1-8

2010年1月8日(金)晴れ

第3農園にて剪定作業など(妻同伴)

腰の調子が今一ですが、動かないとますます硬くなってしまうので、スチール入りのコルセットを引っ張り出して着けてみました。
取りあえず動くことは出来ますが、靴紐を結んだり、靴下を履くのは容易でありません。
無理して靴下を履こうとすると筋肉痙攣を起こしてしまいそうになります。
何時もの倍以上の時間を掛けて準備をし、出発は9時半を過ぎていました。

今日は第3農園に直行し、小生は苗木に潅水し、その後はNHB系中心に剪定作業を行いました。
昼食を挟んで、15時半まで行い、約50本を済ませましたが、SHB系を中心に、未だ300本程度は済んでいません。

作業終了後、腰の調子を確認したところ、大分回復している様子で安心した次第。
何せ、明日は餅搗きのお手伝いですから・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
そら豆の苗を日向に移動したところ、伸び始めました 本日、妻が収穫した野菜です 冬枯れのブルーベリー苗です。信州のT君待っています。

2010-1-7

2010年1月7日(木)晴れ

腰痛のため完全休業

朝、床から容易に起き上がれません。
情けないですが、ゴロンと転がりながら芋虫のような姿勢で起き上がりました。
腰が痛いと気持ちも萎えてしまい、食欲も湧いてきません。
一日中ゴロゴロしておりましたが、痛めた腰は一定の時間を待つしかありません。
整体に行けば良いのですが、若干風邪気味なので家の中でテレビをみながら静かにしています。

皆様方におかれましても、いつ、何時、何があるかわかりません。 お大事に・・・。

2010-1-6

2010年1月6日(水)晴れ

第2農園にて剪定作業など(妻同伴)

朝、腰の調子が良過ぎます。
こんな時こそとても危ないので、ゆっくりと身体を慣らしながら動き出しました。
外も温かくなった10時頃玄関を出て靴紐を結ぼうとした瞬間、「ピキッ!!」もういけません。
我慢して妻を車に乗せて農園へは来たものの、労働意欲は半減以下。
腰を曲げると痛いので、ひたすら直立した姿勢で剪定作業。

昼食を済ませ、早々に帰宅し、腰を伸ばして静かにしているしかありません。お粗末。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ほうれん草は大きくなりません、雨待ちの様子 収穫後のブロッコリー、横芽も大切にしています 芽キャベツを畑で試食、甘くて美味でした

2010-1-5

2010年1月5日(火)晴れ

自宅にてベランダの実生苗木と・サンシャインブルー(SHB系)の剪定など

ベランダは先日掃除をしたのですが、風が吹くと直ぐに散らかってしまいます。
掃除ついでに実生苗木とサンシャインブルーの剪定を行いました。

実生苗の剪定枝は細かく切ってポリ袋に入れ、堆肥になるまで封印です。
サンシャインブルーの剪定枝は捨てないで、ピートモス100%の床に挿し木(100本強)をしてみました。
若干短い穂木も無理して挿しましたが、乾燥させないように潅水を心掛ければ発根するはずです。

サンシャインブルーの特徴は、一般のブルーベリーに比べて葉が極端に小さく、沢山付いています。
真冬でもなかなか落葉せずに頑張っていますが、春になって開花する頃には殆ど落葉します。
蕾は濃いピンク、果実は中玉で、実に美しく、香もあり、甘味・酸味のバランスが良く美味の上級です。

欠点と言いますか、矮性が強く成木になっても1m以下で、収穫量もそれなりです。
但し、日当たりの良い玄関やベランダなどでの鉢植え栽培には最も適した品種の一つと思います。

美味なので、野鳥も知っていて毎年狙って訪れ、ネットを掛けないとほぼ全滅です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
日向ぼっこをしながらの挿し木でした 超過密挿しですが、潅水さえ怠らなければ大丈夫 ナナ姫とは云うものの11歳の婆っ様です

2010-1-4

2010年1月4日(月)曇り

第3農園の剪定作業を行いました。

少々休みすぎたので、体が本来ではありません。
と、いいましても何時までも炬燵にあたって丸くなっているわけにもいきませんので、携帯カイロを貼り付けて第3農園へ。

剪定作業が進んでいないので、少しずつでも行えば終わりは来るものですから・・・。
いざ始めてみたものの、北風が冷たく、おまけに陽が出ていないので、より寒く感じます。
10時頃から始め、昼食抜きで14時頃まで行いましたが、HB系は細かい枝(花芽付き)が多く、効率が良くありません。
面倒なので、ゴム手袋をはめて木の奥に手を突っ込んでバリバリと小枝を取り除きます。気持ちいいほど良く取れます。

早々に上がり、自宅に帰ってから味噌汁と弁当を温めて食し、やっと落ち着きました。、

1.jpg 2.jpg 3.jpg
葉は殆ど散りましたが、SHB系ミスティーは粘り強いです 第3農園はとても寒いので、野沢菜は少々萎縮しています ヒヨドリがネットにかかり、百舌鳥(モズ)に捕まったのでしょう

2010-1-3

2010年1月3日(日)晴れ

息子夫婦(孫一人)と娘夫婦が来宅

息子と娘夫婦がお昼頃に来るとの事で、午前中は何をすることもなく居りましたが・・・。

手持ち無沙汰なので、実生苗(ブルーベリー)の剪定が未だだったので、剪定ばさみ片手に50〜60本を行いました。
冬期に金物を素手で持つと如何になるかは経験された方はお分かりと思います。
今朝の気温は氷点下ではありませんでしたが、右手がかなり痺れました。

12時前後に両夫婦共に来宅、しばし歓談しながら昼食など。
毎年の事ですが、箱根駅伝復路のテレビ観戦、大いに感動致しました。
それにしても、関係車両(報道など)がチョロチョロしていて目障りでしたし、走者の邪魔だと思うのですが、皆様は如何・・・・。

16時頃には両夫婦共に帰ってしまうと余りにも静か過ぎて、耳の奥がシーンとなり、何故か空虚な感じになった次第。

2010-1-2

2010年1月2日(土)晴れ

一年の垢、新年になってから落としました

ベランダの床は植木の落ち葉や土で汚れたままなので、腰から腹までサラシを巻いていざ出陣。
寒いので、気合いを入れないと動けません。
水道を使って流すのは簡単ですが、排水口が直ぐに詰まってしまうので、最初は箒で掃いてから行います。
長靴を履くのを省略したため、足下はビショ濡れで、体には良くありません。
冷えないうちに早々に終了させました。

昼食後は庭の百日紅(さるすべり)の剪定が未だでしたので、プラスチックコンテナを脚立代わりに重ねて使用。
ついでに大きくなり過ぎた棗(なつめ)の木の枝も剪定。
棗の枝はかなり鋭いトゲがあり、油断すると刺さるので慎重に扱います。
その他、紫紺野ぼたんを根もとから切り取り、土などをかけて春まで越冬させます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
左が棗(なつめ)、真ん中が百日紅(さるすべり)です 小枝を切り取ると丸坊主になりました 玄関のドアには印刷された簡易の門松です

2010-1-1

2010年1月1日(金)晴れ

謹賀新年

昨年中は稚拙な日記を飽きもせず開いて戴きありがとうございました。
お陰様をもちまして、本日で62歳を迎えることが出来ました。
本年も引き続き掲載する予定で居りますので、お手柔らかにお願い致します。

さて、小生、新年早々に朝方から熱っぽく、頭痛がするので薬を飲んで休んでおりました。
大分良くなりましたが、気を張っている時は風邪などは避けていくのですが、緊張感を失うと何時も同じです。

今年の仕事始めは4日頃から行う予定で、剪定作業が約半分程度残っています。
その合間に、先日戴いてきた桜の木にヒラタケとナメコの菌を接種(駒打ちなど)する予定です。

今年も地主さんの良きご理解とご協力の下、ブルーベリー、野菜、米作りなどで楽しく過ごさせて戴く予定です。

1.jpg 2.jpg
拙宅ベランダからの初日の出、7:27′54″ 毎年恒例、明日葉(あしたば)の播種を行いました