トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-12

<< 2010-12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010-12-31

2010年12月31日(金)曇り時々晴れ

久し振りにSさん宅を訪問

お世話になったSさん宅に拙宅で採れた野菜などを持参。
氏は母上様と家庭菜園にて野菜作りを頑張って行っており、かなり立派なものを育てておりました。
只、氏の腕を発揮するにはもう少し広い農地が必要ではないかと思った次第です。
市街化された中に、かなり広い農地が沢山ありますが、真剣に農業を行っている様には見えません。
特に、小生の第3農園より約1年早くブルーベリー栽培を開始した農園は無惨な姿になっていました。

午後は腰を温めつつ、時代劇専門チャンネルで「鬼平犯科帳スペシャル」6シリーズを観て過ごした次第。

夕刻、第2農園オーナーが新潟直送の蕎麦と自家製の鮭の燻製を持ってきてくれました。
何はともあれ、良い年越しが出来そうです。

皆様も良い年をお迎え下さい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Sさんの良く管理されている農園にて Sさん宅前のブルーベリー園(立ち枯れ多し) 磐田市の友人から立派な「ころ柿」が届きました

2010-12-30

2010年12月30日(木)曇り一時晴れ

妻は「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝いなど

腰痛が芳しくないので、妻を「にわとりひろば」まで送り、自宅でゴロリ待機。
昼頃に妻を迎えに行き、その足で栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでパンを買いに行きました。
帰り道、地元の魚屋さんに立ち寄り、鮮魚などを購入。

第3農園近くのIさん宅に立ち寄り、年末の挨拶。
帰りの際、立派な白菜を戴いて帰宅。

1.jpg 2.jpg
にわとりひろばにて、今年最後の餅搗き Iさんが育てた超ビックな白菜を戴きました

2010-12-29

2010年12月29日(水)晴れ

家にこもって年賀状を作成

腰痛が芳しくないので、床から出たのは8時過ぎ。
朝食後、しばらく横になっていましたが、おもむろに起き上がり、年賀状の作成開始。
住所録の整理が十分で無かったので、午前中はこれに2時間ほどかかりました。

先ず、宛名書きと言いますか、表面の宛先を打ち出し、その後裏面を2種類ほど打ち出しました。
毎年何枚も失敗するのですが、今年は1枚重複印刷をしてしまいました。
取りあえず、予定枚数を印刷し、珍しく少々書き込みなども行い、終了した次第。
1.jpg
かなりピンボケ、腰痛が原因???

2010-12-28

2010年12月28日(火)晴れ

腰痛のため静かにしていました

今日も第2農園オーナー宅では餅搗きです。
小生はお手伝い出来ないので、妻だけ「にわとりひろば」に置いて一時帰宅し、自宅待機。
12時頃妻を迎えに行き、穏やかな陽射しの中、第2農園にて昼食を摂りました。

昼食後、年末から年始に掛けての食材などを近くのスーパーで買い求めて帰宅。
それに致しましても、日本列島は今夜も冷え込みそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園の無臭にんにく、寒さに負けず育っています 植えかえたターサイは生長が宜しい様です ブルーベリーの枝に百舌鳥(もず)のはやにえが

2010-12-27

2010年12月27日(月)晴れ

腰痛のため門前仲町まで治療に行って来ました

朝一、妻が餅搗きのお手伝いをするので「にわとりひろば」に連れて行きました。
小生は、昨日から急に痛み出した腰の治療のため、鍼灸院の「龍泉堂」まで行って来ました。
今回の腰痛は、腰の筋肉がかなりの緊張状態で、体が極端に左に傾いてしまいました。
何時もならば一回の治療でかなり回復するのですが、何回か通院しないと宜しくないようです。

治療を終え、12時過ぎに「にわとりひろば」まで妻を迎えに行き、帰宅してから昼食。
痛みがかなりあるので、炬燵に当たって昼寝。
夕刻、スコップの柄を付け替え、今日も暮れゆく。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
鍼灸院の龍泉堂に行ってきました(リンク参照) 黒船橋の畔に山茶花が咲いていました 黄昏時、スコップの柄を付け替えました

2010-12-26

2010年12月26日(日)晴れ

急に冷え込んできたので、体調が今一です

冷え込んできたせいでしょうか、筋肉が縮んでしまい、腰の調子が芳しくありません。
そんな訳で、日向ぼっこをしながらベランダにて黒豆を莢から取り出す隠居仕事を行いました。
同じ姿勢で約3時間、良かれと思って行った仕事が裏目に、ますます腰の調子が良くない様です。

明日もにわとりひろばで餅搗きがありますが、小生はパスをして整体に行く予定です。
昼食後はコタツに潜り込み、時代劇を見て静かにしておりました。

それにし致しましても、フィギュアスケート全日本選手権女子の「安藤美姫」嬢、久しぶりに優勝しました。
陰ながらズーッと応援して来たのですが、ようやく本物になった様で、嬉しく思った次第。

2010-12-25

2010年12月25日(土)晴れ

午前中{にわとりひろば}にて餅搗きのお手伝い(妻同伴)

今朝はとても寒く感じましたが、拙宅近辺では霜も降りず、氷も張りませんでした。
午前中は「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝いを行った後、オーナーの親戚宅の立派なほうれん草を沢山戴いて帰宅。

寒さのせいでしょうか、筋肉が硬直しているので、ヤドカリの様にコタツに潜ってテレビを見て過ごした次第。

1.jpg 2.jpg
箕を上手に使い、大豆選別のお手伝い、 広い畑に一面のほうれん草、見事です

2010-12-24

2010年12月24日(金)晴れ

午前中は拙宅分の餅搗きなど(妻同伴)

正月に食す拙宅分の餅搗きを行い、第2農園オーナーご夫妻に搗いて戴きました。
何時も小生は捏ね役を行い、妻も含めて伸しのお手伝いを行います。

昼前に餅搗きは終了したので、第3農園に行き、ビニールハウス内で昼食。
土室から甘藷、里芋、ごぼうを掘り出して自宅に持ち帰りました。

昨日入手した篠竹を節ごとに切り揃え、若干の野菜などを詰め込んで発送。
先日のいろいろ送って戴いた従妹宛に、餅や野菜などを梱包して発送。

1.jpg 2.jpg
この竹で篠笛が、千年後には国宝級か??? 箱が小さくて野菜が沢山送れませんでした

2010-12-23

2010年12月23日(木)晴れ

車の定期点検&篠竹を買いに行って来ました

最寄りのディーラーに定期点検に行き、その後お知り合いのH様と昼食を摂りました。
昼食後、商売道具の砥石を沢山戴いてしまいました。

本日の二つ目の目的、篠竹の購入に印西市の竹屋さんまで行き、本日配達されたての篠竹をゲット。
長さ8m以上、太いものは直径35弌∪甦屬錬苅記僂里靴辰りした竹です。
このままでは車に載らないので、ノコギリで3分割にして持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
何時も点検するディーラーです 今時珍しい竹屋さんです(青竹がビッシリ) 太くて肉厚、見事な篠竹です

2010-12-22

2010年12月22日(水)晴れ

餅米を洗い水に漬け込み、ピッパラさんまでお使いに行きました(妻同伴)

朝方は大雨で、派手な音を立てて降っていました。
今時の雨も不要とは言いませんが、夏場にこの様な雨が欲しかったものです。
拙宅分の餅搗きが24日(金)に変更になり、2日前の今日米を洗い水に漬け込みました。
冓討亘悗標縞討剖瓩し舛肺颪ますので、2日間水に浸けて水分を含ませます。
餅搗きは金、土の午前中「にわとりひろば」で行っていますので、興味のある方はお出かけ下さい。

11時前に栄町の「パン焼き小屋ピッパラノ樹」さんまでお使いに行き、いろいろなパンを買いました。
コーヒーと特製のピザを戴きつつ、しばしママさんと歓談して後お暇しました。

余りにも陽気が宜しいので、第2農園に立ち寄って殆ど手付かずになっている、ブルーベリーの剪定を行いました。
ラビットアイ系のホームベルやバルドウィン、クライマックスなど大型の樹形品種20株程剪定。
今日は冬至と言う事もあり、陽の傾くのがとても早く感じましたが、とても暖かいので日の沈む直前まで行いました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
アバウト雨量計、70〜80个藁まっていました 緑米を洗っているところです ピッパラさんの風景はとても良い感じです

2010-12-21

2010年12月21日(日)晴れのち曇り

黒大豆の選別を行いました(妻同伴)

午前中はにわとりひろばにて餅つきのお手伝い。
昼食は第3農園にて摂った後、昨日風が弱くて選別出来なかった黒大豆の風選別を行いました。
ゴミがとても多かったので、ネット袋2つが1袋になってしまい、味噌が造れるか難しい情況です。

1.jpg
黒大豆の選別、本日の成果です

2010-12-20

2010年12月20日(月)晴れ

今日も黒豆の選別作業を行いました(妻同伴)

午前中は「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝いを行いました。
餅つき終了後、第3農園にて小生は剪定作業

妻は枯草を山ほど集めて燃やしていました。
ブルーベリー最盛期に、インゲン豆の管理が出来なくなって、草の海になってしまいました。
そのまま栽培放棄になってしまい、草丈が1m以上になり、手の施し様が無くなっていました。
取りあえずスッキリしました。

14時頃から黒大豆の選別を始めましたが、風が殆ど無いので諦め、殻ごと自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
黒大豆の莢がほぼ乾き、すべて自宅に持ち帰りました 信楽焼の鉢受けに溜まった雨水です 強い霜に当たった小松菜、茎から粘りが出て来ます
4.jpg
ブロッコリーを収穫しました

2010-12-19

2010年12月19日(日)曇り

黒豆の選別作業を行いましたが・・・

長いこと黒豆のを乾燥してるものの、お天気が今一で、莢がカラカラに乾燥しません。
第3農園にて、昼頃まで広げて乾燥させたのですが、パチンと豆の莢が弾けてくれません。
手作業で莢を開いてみたものの、時間の浪費の様なので途中で止めました。
明日、自宅に持ち帰り、ベランダの日溜まりなどで乾燥させつつ選別する予定です。

午後はハイブッシュ系の剪定を行いましたが、今夏の干ばつと暑さなどで生長がかなり阻害されていています。
そんな訳で、剪定の仕方も難しく、時々どの枝を残し、どの枝を切って良いのか迷って行っています。

14時過ぎには肌寒くなって来たので、作業を終了。

お知り合いのH様宅に野菜を持参し、帰宅。

1.jpg
H様宅の、とても利発なM嬢

2010-12-18

2010年12月18日(土)晴れ

ごぼうを掘りました(妻同伴)

今日は気合を入れてごぼうを10本ほど掘りました。
ごぼうの品種は「大浦ごぼう」と言い、栽培次第で、長さは短かくて直径は10儖幣紊任后
実際掘ってみると、又割れが多くて素直に掘り取れずに一苦労でした。
一説によりますと、「直径1兪宛紊了に6〜7割程を掘り、細根を全て切り取って埋め戻す」途中萎れますが、回復するそうです。
生長した暁には直径10儖幣紂中は空洞になります。
その中に詰め物をして丸のまま煮物にし、輪切りにして食すそうです。

その他、ヤーコンの掘り残しが10株程あったので、全て堀取って自宅に持ち帰りました。
今まで掘ったものと殆ど同じく、細いものが多くがっかりですが、一部の良質株を伏せ込み、来年に期待します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
馬蕗(うまぶき)と言われるほど夏は立派な葉柄でしたが 平均2〜3本に割れてしまいます 穴掘りはとても疲れます、今日はこれで止めました

2010-12-17

2010年12月17日(金)晴れ

餅搗きのお手伝いなど(妻同伴)

午前中は「にわとりひろば」にて餅つきのお手伝いを行いました。
今朝は氷が張り、気温は低かったのですが、無風状態で晴れているので、蒸した餅が冷えずに良く搗き上がりました。

来週は餅つき回数がピークで、拙宅分は25日(土)に二臼搗く予定です。

昼食後、第3農園に行き、引き続きブルーベリーの剪定作業を行いました。

13時を過ぎると日陰が長くなり、冬至が近づいているのがハッキリと分かります。
風邪をひかないようにカボチャを食して体を温めて過ごすことにします。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
蒸した餅米を捏ねているところです オーナーとSさん、息が合っています 陽に当てるとビタミンDがタップリになると言います
4.jpg 5.jpg
遅蒔きの高菜、そろそろ食せるでしょう 遅蒔きの野沢菜、摘んで味噌汁の具にします

2010-12-16

2010年12月16日(木)曇り一時小雨

玉ねぎの苗を植え付けました

曇り空から一時は小雨模様、一昨日買って来た玉ねぎの苗が傷んでしまうので、嫌々出掛けました。
第3農園に着いた頃は小雨から霰(あられ)にかわり降ってきました。
積るほどではなく、一時的なものでしたが、一層寒さを感じました。

終了後、何時ものガソリンスタンドに立ち寄り、ガソリンの給油と灯油を購入して帰宅。

2010-12-15

2010年12月15日(水)曇り一時晴れ

ほうれん草を山ほど戴きました(妻同伴)

午前中は定期健康診断に行って来ました。
検査結果は早く出たのですが、お年寄り何人にもゴボウ抜きにされ、結局お昼になってしまいました。
お年寄りと言いましても、目の前に鏡がないので自分の立ち位置が分かりませんが・・・。

昼食後、昨日買ってきた玉ねぎの苗を植える予定で出掛けました。
第2農園オーナー宅に立寄ったところ、親戚の農家さんが作ったほうれん草を戴けることとなり、大きな袋に一杯収獲させて戴きました。
品種も違うと思うのですが、小生が栽培しているものと全く違い、軸がしっかりしていて、葉の伸びもしっかりしています。
来年は、これを参考にして小生も栽培しようと思った次第です。

曇りがちの空模様で、午後は日が殆ど出ず、寒くなって来たので玉ねぎの植え付けは明日にする事とし、自宅に帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ほうれん草はしっかりしていて、とても重量感がありました 一昨日剥いたヤーコン、ようやくベランダに干しました 拙宅庭の水仙が咲き始めました

2010-12-14

2010年12月14日(火)雨〜曇り

久々「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまで行って来ました(妻同伴)

朝から雨模様、天気予報に反し、大粒の雨か昼近くまで降り、気温も思ったほど上がりませんでした。
久々に印旛郡栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」(リンク参照)まで車を飛ばして行って来ました。
本日、お店はお休みでしたが、常連のお客さんがパーティーを予定していて、とても賑やかになりました。
しばし、ママさんと歓談をしてお暇しましたが、何時もお話が穏やかで、心和ませて戴いています。

お休みというのに、焼きたてのアップルパイと特製のクッキーを沢山戴いてしまいました。
早速食したいのですが、明日は定期検診があるので我慢我慢・・・です。

帰宅途中、「種子種苗のネモト」に立ち寄り、玉ねぎの苗を買って帰りました。(ネキリムシにかなり切られたもので・・・)

朝一番に田舎の従妹からブルーベリージャムの依頼があったので、荷造りをして夕刻に発送。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
久々のピッパラの樹さんでした 若いママさん方、パーティーの準備です 玉ねぎの苗(パワー)晩生種です

2010-12-13

2010年12月13日(月)雨

朝から雨降り、とても寒い1日でした。

昨夜あたりから風邪気味で、何か元気が出ません。
雨降りなので農園作業はお休みし、久々に買い物などに行って来ました。

昼食後、家の中での作業と考え、ヤーコンの皮を剥き、大き目に切り分けました。
今日明日は天候が宜しくないので、冷蔵庫で保管し、晴れたらベランダで乾燥することにしました。

1.jpg
原料約5圈剥いたものは3.5圈乾燥すると1/10に

2010-12-12

2010年12月12日(日)晴れたり曇ったり

何とも大きなものを戴いてしまいました。

何時もお世話になっているYさんからとても大きなものを戴いてしまいました。
それは、直径、高さともに90僉⊇鼎気鰐鵤横娃悪圈平篦蝓砲凌楽焼の「鉢カバー」です。
これを市場価格で購入するとなると・・・6桁の上から7桁になるほどの様です。(ネット検索でみると特注品の様です)
第3農園の掘っ建て小屋の屋根から流れ落ちる雨水を溜め、金魚などでも飼ってみようと考えています。
まー、中古品との事ですが、中々世間には無さそうです。

第3農園のブルーベリー園において、西側ほ場の株元に生の米糠を一握りずつ施しました。

昼食後、第4農園に掘り残しているヤーコンを堀取りました。(どの株を掘っても今年は不出来です)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
信楽焼の鉢カバーです 10株以上でもこの程度の収獲です 拙宅でもだいこんの切り干しを行いました

2010-12-11

2010年12月11日(土)晴れ

餅搗きを行いました(妻同伴)

今年二度目の餅搗きを行いました。
拙宅分は1臼分で、一枚1圓凌し餅を6枚作りました。
何時ものことですが、小生は最初の捏ね役で、餅搗きはオーナーご夫妻に御願いしました。

昼食後、第4農園に行き、だいこんを15本程と、野沢菜を30株ほど収穫。
14時を回った時分から、北風がとても冷たいので、早々に引き上げてコタツの中に潜り込みました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
オーナーご夫妻が、息の合った餅つきを行っています たくあん用のだいこんを軒下に干しています 大切りの切り干しだいこんです
4.jpg
空気が澄んで、竹とのコントラストが見事でした

2010-12-10

2010年12月10日(金)晴れ

昨日同様、第3農園にて剪定作業・大豆の選別など(妻同伴)

朝一番、シートにくるんで置いた黒豆を広げて干し、小生は剪定作業。

足踏み脱穀機は豆殻や枝などが沢山出てしまい、選別に苦労したので今回は莢だけを手で摘み取ることにしました。
妻は莢を摘み取り始めていますが、案の定、途中で止めていました。(とても根気のいる仕事です。)

大豆(小糸在来)は最後の選別とし、若干豆は残っているとは思ったものの、思い切って区切りを付けました。
当初思ったよりも不作で、ゴミ入りで8堊宛紊覆里如∩別すると6.5堋度になると思います。
結局、普通大豆は昨年の1/3程度の収穫量なので、不足分を補うため、黒大豆を使った味噌も造る予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ラビットアイ系のフェスティバル、更に強剪定が必要 ラビットアイ系ホームベル、古い幹を切り取りました 移植したチンゲンサイ、14時頃ですが、夕陽の様

2010-12-9

2010年12月9日(木)晴れ

第3農園にて剪定作業・大豆の選別など(妻同伴)

昨日は雨水に濡らした豆殻、今日はよく晴れたので広げて乾かしました。
乾燥中はラビットアイ系の大木(ブルーシャワー、ホームベルなど)の剪定を行いました。
毎度のことですが、根元が直径2儖幣紊里發里鮴擇蠎茲觧は思い切りがないと出来ません。

我が農園は超密植なので、常に限られたスペースで競合しているので、基本的には古いものから切り取る事にしています。
また、今年出た徒長枝が多い場合、来年以降のことも考え、適宜切り取っています。

昼食後、大豆を篩に掛け、箕の中に入れて煽り、風でゴミなどを飛ばしますが、中々風が吹かないので苦労しています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝のシイタケはナメクジにかじられていました 掘っ立て小屋内に吊していた黒豆、天日で乾燥させました 普通大豆(小糸在来)の選別、本日の成果です

2010-12-8

2010年12月8日(水)朝方雨〜晴れ

第3農園にて剪定作業(妻同伴)

大豆の殻をビニールシートで巻いて第3農園に置き放しになっていました。
今朝程まで雨が降っていて、心配しつつシートを開けて見ると、現実のものに・・・。
隙間から雨が流れ込んで、水が溜まっていて、慌てて水を流し出し、広げて乾かしましたが、選別作業は出来ませんでした。

そんな訳で、ブルーベリーの剪定作業を行うことにし、太目の枝をノコギリで切り取り、中心部をスッキリさせました。
かなり切り取ったつもりでも、開花して新芽が伸び始めると結構ビッシリとこみ入ってしまうものです。

今春、ラビットアイ系ガーデンブルーを台木に接ぎ木、代表3品種を写真に撮ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南部ハイブッシュ系マグノリア 北部ハイブッシュ系デューク 南部ハイブッシュ系フローダフルー

2010-12-7

2010年12月7日(火)

第2農園にて剪定作業(妻同伴)

今日は久々に第2農園のブルーベリーの剪定作業を行いました。
夏の大干ばつの影響で、北部ハイブッシュ系の被害が大きいように思われます。
特に、枝の伸びが芳しくなく、花芽の付き方も少ない様に見えます。
無理に花を咲かせたり、実を付けさせると本体が枯れてしまう恐れがあるので、スッパっと切り落としています。

ハイブッシュ系の枝は全般的に細くて短いので、樹形が小さい割りに剪定の手間がかかります。
第2農園の剪定が完了するのは正味10日間程度はかかると思います。
その後、支柱などを使って誘引作業などを行う必要がありますが、この作業は年明けになります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
無臭ニンニクは以外と元気です ターサイはそろそろ収獲です エシャロットは草の毛布で越冬します
4.jpg
雨水貯留樽内で越冬しているオタマジャクシ

2010-12-6

2010年12月6日(月)晴れ

第3農園にて剪定作業(妻同伴)

今日は終日ブルー゛リーの剪定作業を行いました。
ラビットアイ系のフェスティバルやバルドウィンなどは太い枝がこみ入ってきています。
これらの太い枝を切り取るのは勿体ない様に思われますが、思い切ってバッサリと切り取ります。
細かい枝を切ることも必要ですが、競合している古くて太い枝は根元から切り取ることにしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブルーベリーの木は紅葉から落葉に移向 黒大豆は未だ乾燥が済んでいません 忘れていた「ほだ木」からシイタケが出ていました

2010-12-5

2010年12月5日(日)晴れ

コンサートに行って来ました(妻同伴)

「大地の詩」コンサートが木内朋子さん宅ホールにて催されました。
第吃堯ΑΑ詩の朗読(湯浅きいち 詩集、中村範子 詩集 より、朗読:梶取さより)
第局堯ΑΑΔ話(湯浅きいち)
第敬堯ΑΑζ半А別敍睚子)
第孤堯ΑΑΕ團▲痢Ε愁蹇憤觧概徑)
第紘堯ΑΑζ鷭転А別敍睚子、梶取さより)
第塞堯ΑΑ四季の唱歌(木内朋子、梶取さより)
第刺堯ΑΑΔ罎任燭泙

唱歌「茶摘み」では童心にかえって手拍子遊技や、「焚き火」では全員合唱を行い、気恥ずかしくも、気持がとても高揚しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
開演15分前、お客様が待ちかねていました 木内朋子さん「乳香を摘む女たちの歌」独唱 出演者全員で湯浅真弓さん作のゆで卵を配布

2010-12-4

2010年12月4日(土)晴れ

第3農園にて諸作業(妻同伴)

昨夜の大雨により、キノコの生長がとても良く、シイタケとヒラタケが沢山収穫できました。
大豆の選別作業の続きを行いましたが、枯れていなかった莢などは中々弾けないので、時間がかかりそうです。
今日はとても穏やかな1日、強い風が吹かなかったので、大豆の選別が上手くいきませんでした。

15時頃、Sさんが子供たちを連れてヤーコン掘りにやってきて、土に触れて楽しんで行きました。

19時過ぎ、北海道に住んでいる友人から現地の魚を送って戴きました。
【友人は「自分が釣った「チカ」を送った」と言っていましたが・・・】
箱を開けると、何種類かの「チカ」が・・・、鮭、塩数の子、サンマなどに似たものがギッシリと詰まっていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
この秋2回目発生のヒラタケです 大豆の莢を広げて乾燥させています ティフブルーの落葉が大分進みました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Sさんが連れて来た子供たち、よく働きました ヤーコンの根塊を外しています 友人から送って戴いた「チカ」です(本物は右下)

2010-12-3

2010年12月3日(金)雨のち晴れ

フリューゲル・ザールの写真展に行きました(妻同伴)

12月というのに、生温かい風が吹き荒れ、大雨が降りました。
午前中はベランダにてヤーコンの干し芋を作るため、皮を剥いて適当に切って生のまま天日干しをしました。
昼食後、声楽家の木内朋子様宅フリューゲル・ザール(ドイツ語で翼ホールの意)で行われている写真展に行って来ました。

この写真展は、小生の地主さん(通常は第2農園オーナーと言っています)の単独写真展が催されてます。

5日は「大地の詩」を木内朋子様プロデュースのコンサート、詩の朗読などが行われます。
なお、当日は予約満席のため、一般入場は出来ないとのことです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
会場入り口には手書きの案内板がありました 庭には枯山水よろしく、河原の石が敷き詰められていました ホールの壁は大谷石と秋田杉を使用しています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
受付では主催者がニコニコと迎えてくれました 会場には大勢の入場者が来られていました 会場入り口には接写のカラー写真が並んでいました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
木内様も加わり、お客様と和やかに歓談しています お客様に、写真の解説などをしています 第2農園オーナーと木内様とのツーショットです

2010-12-2

2010年12月3日(金)雨のち晴れ

黒大豆の収穫など(妻同伴)

先日、黒大豆の柄と葉を摘み取り、早期収獲をする事にしましたが、本日急遽抜き取りを行い、第3農園に運びました。
第3農園では、3〜4本程度に束ね、小屋内にロープを張り、吊して乾燥します。
しばらく風乾させてから、足踏み脱穀機で脱粒後、選別します。

今年は小糸在来の収量が少ない様なので゛,来春は黒大豆を使った味噌を造ることも考えています。

明日は声楽家の木内朋子さん宅ホールにて行われている写真展(第2農園オーナーの作品)に行く予定です。

12月5日(日)は同場所にて「大地の詩」が開催されるので出かける予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
黒大豆を束ねて小屋内に吊して乾燥しています 大豆の小糸在来、豆殻がとても多く、豆は極僅かです 拙宅庭のポン柑が色付いて来ました

2010-12-1

2010年12月1日(水)晴れ

大豆(小糸在来)の脱穀作業

味噌用大豆の脱穀作業は後日に行う予定にしておりましたが、急遽本日行うことになりました。
天候が明日、明後日と雨模様なので、晴れている本日に行うことになった訳です。

昨年同様、第2農園オーナー宅から足踏み脱穀機を借り、軽トラに載せて第3農園へ。
早朝は莢に湿気が含まれているので、1時間ほど天日に当て、乾燥が戻るまで剪定作業を行いました。
11時過ぎから脱穀を開始し、昼食を挟んで正味2時間程で終了。
殻だけを集めますと2俵程のボリュームがありますが、大豆だけに選別をすると15堋度というところでしょうか。
14時前に作業が終わり、余裕を持って帰宅した次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
珍しく妻が頑張っています 脱穀は時々足を交換して踏みます 莢などを除くと黄金の大豆が顔を出しました
4.jpg
ブルーベリーの剪定枝で甘藷でも焼きましょう