トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-2

<< 2010-2 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

2010-2-28

2010年2月28日(日)雨〜霙〜雪〜曇り〜晴れ

朝から冷たい雨降り、若干早過ぎますが、ベランダに置いているSHB系サンシャインブルーが咲き始めました(妻同伴)

毎年の事ですが、拙宅のサンシャインブルー(2鉢)は他の品種より一足先に咲いてしまいます。
寒い時期で蜂などは未だ飛び回っていませんので受粉が良く行なわれていません。
そのため、今年は第2農園と第3農園に一鉢ずつ持って行き、寒い環境に置いてみようと思っています。
今日は、第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて、ひな祭り用の餅搗きを行ったので妻とお手伝いに行きました。餅は明日、菱形に切るとのことです。

餅搗きが終わってから昼食はオーナー宅特製のカレーライスや煮物を戴きました。
昼食後、オーナーの運転する車に乗せて戴き、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹にパンを買いに行きました。
ピッパラの樹さんではサービスのコーヒーと、ママさん特製チーズクリームタップリのお菓子を戴き、少々食べ過ぎてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ベランダのSHB系サンシャインブルーが咲き始めました 餅搗きのお手伝い、雛祭りの三色菱餅になります お昼前、霙(みぞれ)から一時はボタ雪になりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昨春菌駒を打ち込んだほだ木から早くも椎茸が お昼過ぎ、栄町のパン焼き小屋ピッパラの樹へ行きました ピッパラの樹のお客様(前三人)とママさんです

2010-2-27

2010年2月27日(土)雨のち曇り

昨夜から朝方まで雨、ほとんど外出しないで家に居りました

朝起きた時は音を立てて雨が降っていました。
遅い朝食を済ませ、久々ベランダの掃除。

テレビを観つつゴロゴロ過ごしていましたが、昼食後我慢が出来ずに庭先で接ぎ木を始めました。
始めて間もなく、風が冷たくなって来たので、リビングのテーブールに新聞紙を何枚も敷き、続きを行いました。
何せ、屋外の仕事を家の中に持ち込むのですから、少しでも汚したりすると何を言われるか分かりません。

室内は暖かいので、手先がかじかむことなく、スピーディーに出来上がりました。
今日はRE系のホームベルとティフブルーを台木にSHB系を接いでみました。

その他、ベランダのキャラウェー実生苗にNHB系1品種、ティフブルー苗に若干矮性のSHB系1品種を接いでみました。
活着して順調に生長してくれるのが前提ですが、台木と穂木の相性など、どの様になるかが楽しみです。

それにしてもスケートのショートトラックは公平性に欠ける競技ですネー、観戦していて後味が良くありません。
複人数で走らずにタイムを競った方が宜しいと思いますが・・・・如何。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝の時点で、アバウト雨量計は40伉でした ベランダの桜草、いつの間にか花の数が増えました SHB系1品種を接いでみました

2010-2-26

2010年2月26日(金)曇りのち雨

午前中第3農園にて伏せていた里芋を取り出し、家に持ち帰りました(妻同伴)

雲が低く、予報より早めに雨が降りそうなので8時半に家を出発し、第3農園へ。
自宅ベランダにて明日葉を蒔いておきましたら一定程度発芽したので、ハウス内で育てるために持って行きました。

凍結しないように伏せていた里芋(石川早生)を掘り出し、種芋分を残し、その他は軽く泥を流して持ち帰ることにしました。
妻が泥を落としている間、小生はRE系ホームベル一株の台木にSHB系2品種を接いでみました。

11時頃急に冷えてきて、雨も降ってきたので切り上げ、第2農園オーナー宅にわとりひろばに立ち寄って帰ろうとしたところ・・・
オーナーが「椎茸が沢山出ているョ」と言ってくれたので早速ほだ木置き場に行ってみるとゾックリと出ていました。
単に出ることはなく、日頃オーナーがスプリングクーラーで散水をしてくれているので、この様に収穫出来る訳です。

自宅に帰り、昼食を摂りながらフィギュアスケート女子を観ていましたが、銅メダルのカナダの選手には申し訳ないですが・・・・・。
日本の安藤美姫さんやアメリカの長洲未来さんの方が目立った失敗が無く、上位と思いました。
解説者もノーコメントでしたが、恐れずにキチンとした解説をする方が評価されると思います。
更に、何故この様な点数になったのかを正に「説明する責任がある」と思うのですが・・・・・如何。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
元旦に蒔き今日までベランダに放置していた明日葉です 第3農園の室から出した里芋の石川早生です ホームベルにSHB系2品種を接ぎました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
写りは良くありませんが、結構沢山出ています 我妻、当然の如くの収穫、何故か小生はお呼びなし 本日の収穫の成果、形は良くありませんが、美味です。

2010-2-25

2010年2月25日(木)晴れ

佐倉市のAさん宅まで薪運搬のお手伝いに行き、色々な方々にお会いしました

今日は仕事もしないのに早速昼食、佐倉市の「家庭料理&コーヒー店」の「ぴーあーる」さんへ伺いました。
とても献立が豊富で、丁寧につくられた料理、小生の口にはとても自然に入ります。
更には、湯布院土産と思われるトイレの壁掛けの文言にも納得。

お隣の「小幡とうふ店」の店主との会話は軽妙で江戸っ子を思わせます。(佐倉市上志津1815−11是非お出掛け下さい)
豆腐や厚揚げ、油揚の出来栄えがまた抜群で、苦塩まで戴いてしまいました。

Aさん宅で第2農園オーナーが薪を戴くので、オーナーと小生の軽トラ2台で行き、薪を積み終えてからAさん宅の餅搗きを見学。
規模が大きく、一つの蒸籠で4升を蒸し、6臼搗くとのことで、自動の餅搗き機で搗くところも見学させて戴きました。
懐かしい炭火を受ける道具、名称を忘れていましたら、Aさんのお母さんが「じゅうの」と教えてくれましたが、ネット検索でも出ませんでした。
帰りにはお茶請けに出して戴いた美味しい沢庵漬けや野菜、からし菜漬けなど沢山のお土産を戴いてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
家庭料理&コーヒー店の「ぴーあーる」さん シメジの炊き込みご飯と銀ダラの煮付けを戴きました トイレの壁掛けです、高いつもりで・・・・・
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小幡豆腐店の店主のお話はとても軽妙でした 表の看板です 買ってきた豆腐や油揚の一部です
7.jpg 8.jpg 9.jpg
丁度Aさん宅は餅搗きの準備中、懐かしい情景 全自動の餅搗き機、杵搗きでの仕上がりは6分間 戴いた沢庵漬け、流石に車の中はとてつもない芳香?

2010-2-24

2010年2月24日(水)晴れ

午前はイチジクを植え、午後は第3農園にてミントの片付け、昨日に引き続き接ぎ木を行いました(妻同伴)

第2農園オーナー宅には大きなイチジクの木があり、ひこばえが沢山出ていて、毎年戴こうと思っていて、やっと念願が叶いました。
移植先は第2農園南側、水路脇で、幅は狭いのですが、剪定次第で栽培可能なので、6本程植え付けました。

昼食前、第3農園に移動し、農道沿いに植えていたミントが冬枯れになったので、草刈機で刈り取り、片付けを行いました。
第3農園には一番大きなイチジクのひこばえを持って行って一本植付けました。
順調に行きますと今年の夏には食せるかも・・・。

妻が仕事を探しているので、フクベリー♀の実生をポットに一本ずつ移植して貰いました
(フクベリーは本当に種子数が少ないので、フクベリー♀での育種はとても難しい品種と思います)
交配親♂は何種かあり、自然好配他、SHB系のサンシャインブルーやRE系ライトブルー、メンデイトーなどでも発芽したので育てています。

小生は昨日に引き続き、RE系ホームベル台木一株にSHB系1品種を接ぎました。
その他、実生で美味しくなかった苗木のBWー24ににSHB系を接いでみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
片付ける前の枯れたミント 気になっていたものが片付きスッキリしました イチジクをビニールハウス西側に植えてみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
フクベリーの実生苗です ホームベルにSHB系を接いでみました 実生苗にSHB系を接いでみました(穂木6本)

2010-2-23

2010年2月23日(火)晴れ

昨日に引き続き接ぎ木などを行いました

第2農園、第3農園ともに植え付けているRE系のガーデンブルーとホームベルは比較的大型樹です。
農園は密植栽培なので、樹勢の強い品種は徒長し過ぎ、畝間株間の狭い我が農園では日陰が多くになってしまいます。
そのため、比較的中小型樹のNHB系やSHB系品種で、若干大粒の枝を今年から接ぎ木をしています。

本日、第2農園においては、RE系ガーデンブルーにSHB系を接いでみました。
接ぎ位置は地表から70冂度で行ってみました。

第3農園でも同じくガーデンブルーにNHB系1品種を接いでみました。
二株のうち、一株は接ぐ位置を地表から約50僂砲掘△發Π豎瑤話鷲修ら30冂度にしてみました。

試験的に花芽を一芽ずつ付け、数本接いでみましたが、負荷がかかり過ぎて活着しない可能性もありますが、試してみます。

明日はRE系ホームベル二本を台木に何を接ごうか思案中です。

永田町異聞

植草一秀の「知られざる真実」

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園にてガーデンブルーにNHB系を接ぎました 第3農園でもガーデンブルーにNHB系を接ぎました 右は穂木、左は接ぎ木道具など

2010-2-22

2010年2月22日(月)曇り一時晴れ

午前中は第2農園にて接ぎ木、午後第3農園で接ぎ木作業(妻同伴)

第2農園には成木のRE系のガーデンブルーが5本あり、このうちの1本にSHB系を接いでみました。
一株の枝に穂木を25本接いでみましたが、どの程度活着するでしょう。

午後は第2農園に行き、やはりRE系のガーデンブルー2株にNHB系を26本ほど接いでみました。
同じくガーデンブルーにSHB系1品種を接いでみました。
このSHB系品種は樹形が若干低いのですが、接いだらどの様になるか興味があります。

先日から集めていた剪定枝、妻に燃やしてくれと頼んだところ、「待っていました」とばかりに、半日かけてチロチロと燃やしておりました。

天気予報は暖かくなるとのことでしたが、意外と風が冷たいので、15時半頃に手仕舞いをして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
台木はRE系ガーデンブルー穂木はSHB系 RE系ガーデンブルー穂木はNHB系 台木はRE系ガーデンブルー穂木はSHB系
4.jpg 5.jpg 6.jpg
先日挿し木をしたイチジク 石倉1本ねぎです、寒さで先が枯れています 帰宅後、RE系ホームベルにLB系を接いでみました

2010-2-21

2010年2月21日(日)晴れのち曇り

「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんにて「きりたんぽパーティー」が行われ、小生もお手伝い

午前中、昨日調子の良くない軽トラのバッテリー無償交換交渉に行きました。
先方のディーラーは渋りましたが、当方の粘りと先方の誠意とで無償交換成立。

気分良くピッパラの樹さんのお店に伺えると思った矢先、土産予定の椎茸が車の中にありません。
至急自宅にいる妻に確認すると「忘れた」とのこと、擦った揉んだの末に電話を切りました。
妻から折り返し電話があり、「家に取りに来れば」とのこと。
直ぐに自宅に取りに帰り、ついでに昼食も済ませました。

にわとりひろばにて16時に第2農園オーナーご一家と待ち合わせ、車2台で出発。
きりたんぽはコシヒカリ8割、みどり米2割を入れて炊いたご飯をすり鉢でつぶし、細目の篠竹に巻き、炭火でこんがりと焼きました。
スープは昨日さばいたトリのガラをふんだんに入れ、5時間ほど煮込んだものです。
出汁がタップリと効いていて、とても美味しく出来上がり、完食状態でした。
その他、ピッパラの樹さんの手料理や調理人のSさんがさばいたトリの各部位の刺身などが出され、お客様も満足して下さったと思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
粘った末、軽トラのバッテリーが新しくなりました 調理師のSさん、流石手返しが鮮やか 第2農園オーナーのお友達も来られております
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ピッパラの樹常連の皆様です 此方も常連のお客様 親子でご来店のお客様も
7.jpg 8.jpg 9.jpg
此方も親子でご来店のお客様 常連のT様ご夫妻とピッパラの樹のママさん どうですか、温もりを感じる情景でしょう

2010-2-20

2010年2月20日(土)晴れ

午前中は餅搗きのお手伝い、午後は第3農園にて接ぎ木と剪定枝の片付け(妻同伴)

午前中は第2農園オーナー宅の餅搗きのお手伝いを行い、第3農園に移動して昼食。
日陰の気温は10℃少々でしたが、直射日光は強く、毛糸の帽子が邪魔なほど暑くなりました。

T&Fの福田さん(リンク参照)が最近頻繁に接ぎ木をされているのに刺激され、ガーデンブルーを正にぶった切って隣のアイバンホーを接いでみました。
アイバンホーは品種的にはそれほど優れているとは思いませんが、接いでみたらどのようになるか興味があります。
ガーデンブルーは未成熟果は渋味があり、皮が固く只甘いだけなので、品種としてはお勧めしません。

昨日に引き続き、妻は剪定枝をリヤカーで集めていましたが、相変わらず腹がつかえて苦しい様子。
剪定枝を燃やす予定でしたが、北風が強く吹き始めたので止めて帰ることにしました。

昨日、軽トラのバッテリーが上がってしまい、原因が分かりません。メーカーは大手自動車メーカーの系列の製品です。
何時も行っているガソリンスタンドでは「製品保証をしているので無償で交換してくれる筈」と言っおりましたが、本当でしょうか。

明日の夕刻から、パン焼き小屋ピッパラの樹さん(リンク参照)にて「きりたんぽ祭り」が行われるます。小生もお手伝いなどに行く予定です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
にわとりひろばの紅梅がようやく咲き始めました 自宅T-172にクーパーとダップリンを接ぎ木 ポン柑の実生苗にジャンボレモンを接ぎ木

2010-2-19

2010年2月19日(金)晴れ

第3農園にてそら豆の定植とブルーベリー園に鶏糞を施しました(妻同伴)

そら豆はポットに蒔いて育成していましたが、大分伸びてきたので本日移植しました。
全部で28株程ありましたが、如何ほど収穫出来ます事でしょう・・・。

次に、ブルーベリー園の全株に一昨日戴いた鶏糞を適宜施しました。
過去2カ年鶏糞を一定程度使用しましたが、全く影響がないように思われます。
鶏糞は第2農園オーナー宅からほとんど無料で戴いております。
今日は風がほとんど無く、鶏糞を頭から被ることもありませんでしたが、肥やしの臭いは全身に染み付いてしまった様です。

妻は剪定枝をリヤカーに載せ、集めていましたが、昼食後だったので枝拾いは腹がつかえて苦しいとの事。(昼食は関係無い様な・・・)
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ポットで育成したそら豆です 定植後、籾殻を撒きました 園内にて久々にリヤカーを使い鶏糞を運びました
4.jpg 5.jpg
余りやる気が無い様な・・・ 剪定枝の山です、これでも1/5以下でしょう。

2010-2-18

2010年2月18日(木)雪のち曇り〜晴れ

ラッキーなのか分かりませんが、雪が降ったのでこれを口実にお休みです

朝から雪が降っていて積もっていましたが、気温が意外と低くないので直ぐに溶けてしまいます。
埃だらけ泥まみれの車は正に雪化粧です。

午前中は何もすることなく、炬燵にあたってゴロゴロしておりました。

ベランダに出て昨日干した「かき餅」を裏返しまたが、密に詰めて干した筈ですが、結構隙間が空いていました。
目には見えませんが、かなり縮んでしまったのでしょう。

2時半過ぎに日が出て温かくなって来たので玄関先で接ぎ木を行いました。
台木はRE系のホームベルで穂木はNHB系の1品種を接いでみました。

その他、昨日イチジクの剪定枝を戴いて来たので、狭い庭に5本ほど挿してみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
泥だらけの車ですが、正に雪化粧です 海苔入りのかき餅を3段ネットで干しています ブルーベリー関係の成果は接ぎ木10本です

2010-2-17

2010年2月17日(水)曇り

鶏糞を取るのは埃との闘いです

第2農園オーナー宅のにわとり小屋に現在育成中の若鶏が近々に入ります。
若鶏が入るその前に、鶏小屋の鶏糞などの片付けがあり、結構埃まみれになりますが、そのお手伝いを行いました。
単純な作業で、容易な仕事の様に思われますが、養鶏の中でもご苦労のある仕事の一つではないでしょうか。
お手伝いをしてみて、息苦しく働いたから言うのではありません。

小生、「苦楽を分かち合っているご夫妻の間に割り込んで、何時も済みませんね」と言ったところ・・・
オーナー曰く「苦と楽を分け、楽の方を担当したい」とのことでした。
マスクをしているとは言え、埃だらけの鶏小屋の中で、大口を開けて大笑いでした。

鶏糞は2斗(米なら30)入り米袋に25袋ほどあり、15袋はオーナー宅、10袋は小生が戴き、第3農園に運んで戴きました。
昼食後、動力カッターと稲ワラを運んで小屋の中にカットした稲ワラを敷き詰め作業は終了。

帰り際、にわとりひろばの露地で顔を出していた蕗の薹(ふきのとう)を戴いて来ました。
身体が冷え切っていたため、風呂にゆっくりと浸かって芯から温めました。

風呂上がりの後、ポット植えのRE系スワニーを台木に、お気に入りのSHB系1品種を高接ぎしてみました。
果たして、台木適性や穂木の相性などは如何なものでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
にわとりが入れ替えされる度に鶏糞はこれ位出るのです 鶏舎の中は平飼、稲ワラを大量に敷き詰めてます 美味そうでしょう、夕食に早速戴きました
4.jpg
RE系スワニー1株に、SHB系の1品種を9本接ぎ木

2010-2-16

2010年2月16日(火)曇り

餅を切りに行って来ました(妻同伴)

土曜日に搗いてナマコ状に伸していた餅を切りに行って来ました。
餅を切る道具は厚さを調節して切ることが出来ます。
切ったものは自宅に持ち帰り、ネットの中に並べて乾燥させ、かき餅にします。
切りたてを早速油で揚げてみましたが、水分が多く、通常の餅の様に、シットリ、グンニャリです。
やはりカラカラに乾燥させてから揚げないとサクサクとかパリッとした感じにはなりません。

昼食後しばらく昼寝をした後、今日持ち帰ったRE系台木に、先日採取した穂木(LB系1品種、SHB系2品種)を接いでみました。

風邪は大分回復したものの、今日も外の寒さは5〜6℃程度だと思います。
身体の芯まで冷え切ったので、今、風呂を沸かしているところで、これから身体を温めるところです。

明日は第2農園オーナー宅鶏小屋の鶏糞を掻き出す作業のお手伝いです。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
かき餅作りは簡単で、呆気なく済みました 揚げたかき餅はグンニャリのベタベタでした 寒い中、眄椶を行ってみました

2010-2-15

2010年2月15日(日)雨

鼻の中が乾燥し気味で痛みがあり寒気がします。

困りました、風邪をひいてしまったようです。
昨夜、石油ストーブを点け放しでテレビをみていたのが原因でしょうか。
熱いお茶などを飲みながらでしたら良かったのでしょうが、未だ寒気が取れません。

お昼前に雨が降っている中、所用で市役所に行ってきましたが、更に寒気が来たようです。
昼食には温かい汁物を飲み、市販の風邪薬を服用して眠りましたが余り改善がみられません。

そんな訳で、本日予定していたブルーベリーの接ぎ木は延期です。
何れにしても、体を冷やさずに休養をしていれば早く治るとは思っています。

皆様方におかれましても、くれぐれもお気を付け下さい。
懐炉(カイロ)メーカーの回し者ではありませんが、あちこちに懐炉を貼って身体を冷やさないで下さい。

2010-2-14

2010年2月14日(日)晴れ(朝夕曇り)

本日は直接第3農園に行き、誘引作業などを行いました(妻同伴)

昨夜は自宅周辺は雨が降った様子でしたが、第3農園周辺はうっすらと雪が積もっていました。
農園に行った時刻が遅かったため、日陰の部分にだけ雪が残っていました。
気温が低い中、湿っている畑に陽が照りつけたため、お昼頃まで湯気が立ちこめていました。

誘引作業ついでに接ぎ木用の穂木を確保し、台木としてRE系ホームベル中心に24〜5本持ち帰りました。
明日は天候も芳しくないようなので、自宅で接ぎ木作業を行う予定です。

今日はバレインタインデーと思っていたら実は、バレンタインデーでした。
ネットで検索してみると書き込みでも結構勘違いをしている人がおりました。 (YaHoo検索:勘違い書き込み3万件以上)
何はともあれ、お向かいの奥様から戴いてしまいました。

我妻はハイカラな用意がなかったものですから、冓討領篥猝澆伴蟶遒蠅離櫂鷽櫃靴腓μをご主人に差し上げた様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園向の畑から立ちのぼる湯気 NHB系、SHB系の接ぎ木用穂木を5品種採取 頼りないような台木ですが、取り合えず接いでみます
4.jpg
抹茶味のチョコ、お向かいの奥様から戴きました

2010-2-13

2010年2月13日(土)雪のち雨が降ったり止んだり

朝9時過ぎからオーナーご夫妻の協力を得、にわとりひろばにて餅搗きを行いました(妻同伴)

今日は拙宅分の餅搗きも二臼お願いしました。
一臼は海苔入りで、二臼目は白ゴマを入れて搗き、二臼共に摺った山芋(湯飲み半分程度)を入れてみました。
焼いたり揚げたりした時、膨らみが良くなると思いますが、結果は未だ見ていません。

海苔は青海苔を買うように言っておいたのですが、どうも黒い海苔のようでした。
文句を言ったりすると餅が苦くなりそうなので止めておきました。

チラチラと細かい雪が降っていてとても寒いので、自宅に帰って冬期オリンピックの開会式を観ながら昼食を摂りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
何時も息の合ったオーナーご夫妻です 温州みかん(果実丸ごと)の餅を搗いていました 昨年、紅梅は咲き始めていましたが、今年は未だです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
摺った山芋、粉末海苔、右が白ゴマを用意しました 海苔と山芋を入れて搗いているところ ナマコ状にしたものは後日切って干します

2010-2-12

2010年2月12日(金)みぞれ〜雨のち曇り

寒い朝、みぞれが降っていましたが、昼前には雨になって止みました

降ったと言いましてもベランダのアバウト雨量計では10仭宛紊任靴拭
欲を言えば、50伉度は降って欲しかったのですが・・・。

天候が芳しくないので、殆ど1日家の中におりましたが、お昼前後に庭先で挿し木を行いました。
先日剪定した中で、若干貧弱な枝もありましたが、7品種程度を挿してみました。
最近は発根率は良いと思うのですが、移植するタイミングが宜しくないので、反省しているところです。

明日は第2農園オーナー宅のにわとりひろばにて餅搗きを行います。(9時半頃から12時頃まで)
拙宅分は2臼搗く予定で、既に木曜日に洗米し、水に漬け込んでおります。
今回は青海苔と白ゴマの2種類を搗く予定で、アラレやかき餅用にも致します。
青海苔の方には若干山芋を擦って入れてみようと思っています。(油で揚げたり炭火で煎ったりしますとフワーっと仕上がります。)
ご近所の方、お出掛け下さい。
1.jpg
貧弱に見えましょうが、その昔は楊枝の様な枝も挿しました

2010-2-11

2010年2月11日(木)曇りのち雨

豆腐作り、8割は失敗、雪花菜(おから)は沢山とれました。

第2農園オーナー宅にわとりひろばにて、豆腐作りに挑戦しました。
前回作ったときはまあまあの出来栄えでしたので、今回はそれ以上の成果を期待しましたが・・・。
上手くいかなかった原因が良くわからないので、苦塩(にがり)の分量と入れるタイミングと思います。
今後、再々挑戦をする予定なので、ネット等で詳しく調べてみるつもりです。

それにしても、「健康のために自ら作った大豆で、自家製豆腐を作る」と挑戦したものの、この寒さ、体に良い訳はありません。
こんな日は、温かい部屋の中で炬燵に潜ってテレビでもみている方が健康には宜しいと思った次第。

終了後、オーナーが「近くに椎茸の原木を1本200円で売っている所がある」と言うので早速行ってみました。
くぬぎや楢の木は少なかったのですが、かなり安いとは思いましたが、機械で扱ったため傷がかなりありました。

高性能薪ストーブを使っている方、薪は無料なので宜しいかと思った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
豆乳はとても良く出来ました 雪花菜も良く出来ました 苦塩で凝固させ、木枠に入れて固めているところです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
看板に偽りは無いと思いますが、お休みで誰もおりません 手前がくぬぎ、大量にあるのはソロの木 薪用は製材の切れ端が多い様でした

2010-2-10

2010年2月10日(水)曇り

第2農園オーナー宅敷地内のくぬぎの木を切り倒しました(妻同伴)

椎茸用原木を作るため、オーナー宅敷地内の大きなくぬぎの木を切り倒すお手伝い。
一口に木を切り倒すと言っても、根元が直径40儖幣紊△詭擇任垢ら、枝も多く後片付けも大仕事。
細い枝は廃棄しましたが、椎茸の原木にならない程の太さのものは暖房用の薪として確保。
枝払いをした太い部分は1ヶ月程このままにして枯らし、1m前後に切り揃え、椎茸の菌駒を打ち込みます。

終了後、にわとりひろばにて30分ほど一休みをし、第3農園に行って剪定をしつつ見回りなど。
気温が刻々と下がっているようで、朝方より正午頃の方が寒く、13時過ぎまで行いましたが自宅に帰ってから昼食。

明日午前中、にわとりひろばにてオーナーと豆腐作りを行う予定です。
豆腐の出来栄えは時の運も有りますが、美味しい雪花菜(おから)は必ず出ますのでお立ち寄り下さい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
倒れた衝撃で直径10冂の枝が折れていました 枝切りもチェンソーで行います 枝払い後の大木、太い原木からは肉厚の椎茸が出て来ます

2010-2-9

2010年2月9日(火)晴れ

第3農園では薄氷が張りましたが、日中はとても温かでした。(妻同伴)

午前中の一時は第2農園にて大根やねぎを収穫し、第3農園へ久しぶりに行きました。
先日、タップリと降水量はあったものの、空っ風が吹き抜ける第3農園は乾くのがとても早い様です。
そのため、苗木に重点的な潅水を行い、潅水終了後、剪定の見直しなどをして歩きました。

昼食後、お世話になっているIさん宅に栗の木を戴きに伺い、太い部分は殆ど戴きました。
ついでに畑に置いてあったドラム缶を戴き、第2農園オーナー宅の敷地まで運び入れました。

明日は、椎茸用原木を作るため、オーナー宅敷地内の大きなくぬぎの木を2本切り倒す予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅栗園にて、栗の木とドラム缶を載せて出発 オーナー宅裏山、杉の手前、くぬぎを伐採します 妻がせっせと掘り取った牛蒡です

2010-2-8

2010年2月8日(月)晴れ

炭が焼き上がりました。

今朝は自宅でのんびりとしておりました。
突然第2農園オーナーから電話、「炭が焼き上がった、殆ど灰になっている」とのこと。
早速オーナー宅に駆けつけ、窯の中を確認しつつ写真を撮ったり、炭の取り出し作業を行いました。

先日買ってきたひざ当てが役に立ち、ひざを付いても汚れずに済みました。
取り出した炭の量は大きな段ボール箱3杯分以上あり、思った以上の出来栄えです。
拙宅分として、冷蔵庫内の消臭用に良質な部分を1圓曚病廚ました。

昼食後、佐倉市の豆腐屋さんまで豆腐を買いに行くというので、ご夫婦の間に割って入り、お邪魔虫になって連れて行って戴きました。
先日桜の木を戴いたAさん宅で月桂樹の葉(ローリエ)を再び戴き、お茶もご馳走になり、お土産として沢山のからし菜漬けまで戴いてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
栗の生木を焼き、容積も1/10程度でしょうか 炭の取り出し作業が意外と辛いものがあります 成果品です。木酢液はタンクの1/4程度でしょうか
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Aさん宅露地の金柑。とても甘くて美味でした 月桂樹の切り倒された枝と葉の山です 摘んだ月桂樹の葉を車のトランクに入れたところです

2010-2-7

2010年2月7日(日)晴れ

消えてしまった炭焼きの窯、点け直しを行いました

消えてしまったと言っても火が消えただけですすが・・・。
原因はいろいろ考えられますが・・・・次のような事ではないでしょうか。
(欧口からの燃焼時間が不足し、空気の制限に移行するには燃焼熱が低かったこと。(更に、原木の水分が多過ぎた事)
煙突が短か過ぎ、吸い上げる空気の量が不足したこと。
G馨討安定したと思い、送る空気の量を制限(直径5傳鰻)し過ぎたこと。

そのため、今朝は上記三点を改善し、煙突を長くし、焚き口の燃焼は団扇と扇風機を併用し、より高温で燃焼させました。
焚き口を粘土などで閉じ、直径5僂涼唄匹鯒(長さ40僂療幹稗暇)にして空気の取り入れを行いました。
10時半頃に焚きつけて、15時を過ぎ、小生が帰る頃にも安定して煙が出ていたので、今度は大丈夫でしょう。
但し、焚き過ぎると灰になってしまうので、空気の入り口を止めるタイミングを見極め、乾留が上手くいくように願っています。

焚き点けが安定したので小生は第2農園に行き、鶏糞を水で薄く溶き、ほうれん草の根元にノズル付きのジョロで施しました。
このまま乾燥してしまうと困りますが、週末頃には雨が降る予報になっていたので大いに期待しているところです。

その他、ブルーベリーの整枝、誘引などを15時半頃まで行い、帰宅してから昼食。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
煙突を長くしただけで、吸い込みが良くなりました 燃焼が安定したので粘土で塞ぎ、鉄管2本で空気を送ります 燃焼口を制限しても快調に煙が上っています
4.jpg 5.jpg
花芽が動き始めたSHB:系シャープブルーです 一寸萌芽が早過ぎるSHB:系のミスティーです

2010-2-6

2010年2月6日(土)晴れ

晴れてはいても、とても寒い1日でした(妻同伴)

第2農園オーナー宅と農業機械などの展示会に行って来ました。
朝はにわとりひろばにて餅搗きのお手伝いを行い、オーナー宅の車で農業機械の展示会に行って来ました。
展示会場は(株)中村文男商店と言う農業機械などを扱う業者さんです。
今年も熱々のおそばをご馳走になって参りました。

農業機械などは購入する予定はありませんでしたが、膝当てには目が行ってしまいました。
小生は常々膝をついて作業をするため、膝が濡れたり、痛い思いをしていましたので、特売の膝当てを購入しました。
帰宅してから試しに装着してみましたが、スポンジが内張りされていて、いい感じなので、早速明日から使用する予定です。
只、留め金と中の生地とが上手く止まっていないので、丈夫な糸などで7カ所を留めた方が賢明でしょう。

参加記念にクボタ加圧スプレーと作業手袋を戴いて来ました。
それにしても、北風が強く、寒い1日でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
農業機械の(株)中村文男商店展示会場 高級乗用車並の価格、誰が乗るのでしょう 膝当ては2セットで10弗程でした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
装着してみると意外とぴったりとしました 膝をついてみましたが、違和感がありません 記念にクボタ加圧スプレーと作業手袋を戴きました

2010-2-5

2010年2月5日(金)晴れ

第2農園オーナー宅にて炭焼きの焚き付け、その後昨日に引き続いて整枝など(妻同伴)

10時頃にオーナー宅に伺ったところ、既に炭焼窯には火入れされていましたが、なかなか生木に燃え移りません。
枯れた竹を次々に入れ、うちわで煽り続けます。途中で止めると煙が出てこないので、燃え移っていないことがわかります。
根気よく煽り続けて生木に着火し、安定したのは火入れをしてから2時間かかった様です。

その後、焚き口は直径5センチ程度にし、その他は粘土を練って貼り付けて酸素を制限し、蒸し焼きで満2日以上そのままにします。
上手く出来上がったら、次は樫の木を入れて焼く予定で、その後は孟宗竹などを焼く予定です。

途中でお暇をし、第2農園にて妻はほうれん草の収穫(殆ど間引き)を行い、小生は昨日に引き続き、ブルーベリーの誘引作業を行いました。
何故か労働意欲が湧かない1日で、にわとりひろばにて弁当を食し、早々に帰宅。

1.jpg 2.jpg
火入れをし、うちわで煽り、栗の生木に燃え移らせます 間断なく煽いでいないと火が消えてしまいます

2010-2-4

2010年2月4日(木)曇りのち晴れ

第2農園にて整枝など。晴れていても肌寒い1日でした

朝起きてみると表はうっすらと雪化粧。
フロントガラスが凍っていて、始動するのに時間がかかりました。
ゆっくりと動き始め、農園に着いたのは10時を回っていました。

ブルーベリーの剪定は一通り終わりましたが、密植栽培なので枝が接触し合うので、支柱を立てて整枝(誘引)を行いました。
昼食抜きで14時まで行いましたが、体の芯まで冷たくなってきたので急遽切り上げ、自宅に帰ってから昼食を摂った次第。

朝青龍引退の報。
やくみつる氏が言っておられましたが、「気が付くのが遅かった」と・・・。

1.jpg 2.jpg
第2農園近くの農家の紅梅は満開です 拙宅近くの白梅は咲き始めというところです

2010-2-3

2010年2月3日(水)曇り

さるなし(別名コクワ)の棚作りと炭焼きの準備など

午前中はオーナー宅、にわとりひろばの「さるなし」の棚が昨年暮れに壊れたので、棚作りなどのお手伝いを行いました。
さるなしは殆ど野生に近く、ある程度日陰で栽培しても結構丈夫に育ちますし、花が咲いて実をつけてくれます。

更には、きちんとした剪定などの管理を行うと、より沢山の実をつけてくれます。
昨年は定植2年目ということもあって余り実をつけてくれませんでしたが、今年こそは期待したいところです。

午後は炭焼きの準備で、ドラム缶の下に真竹を切って敷き詰め、その上に直径5兪宛紊侶の木を適宜切り、隙間無く積み込みました。
火入れは金曜日に行う予定で、焼き上がるまでには3〜4日かかる様です。

先ず最初に焚き口から火を点け、生木に燃え移って安定したら焚き口を細目にし、白い煙から透明になるまで根気よく見守る事の様です。

何れにしても、初めてのことですから、どのように焼き上がるのか楽しみです。

さるなし

1.jpg 2.jpg 3.jpg
屋根に木枠を載せて障害にならないようにしました 若干切り過ぎた様に見えますが、安心を ドラム缶の中に隙間無く栗の木を詰めているところです
4.jpg 5.jpg
約7割近く詰め終わったところです 焚き口周辺を粘土で固め、窯に土をかければ完成

2010-2-2

2010年2月2日(火)曇り

雪が積もりました、朝までの降水量は70〜80个呂△襪任靴腓Α(妻同伴)

雪は直ぐに溶けると思い、明るくなっても布団の中に丸まっていました。
ところが、外ではご近所一斉に除雪作業を行っている様子。

昨夜、妻には「除雪は任せるから」と言っておりましたが 、何故か気になって即着替え。
強力コルセットを装着し、いざ外へ。
ご近所さんの多くは小生より年上が多いのですが、何とパワーのあること。

本音は「直ぐに溶けてしまうのに勘弁してくれョ」と思いつつ妻が使っている平スコップを受け取って作業開始。

車のタイヤに潰された雪は道路にへばり付き、容易に取れません。
30分程度で済みましたが余り運動になった気が致しませんでした。

昼頃に農園を見回りに行き、ビニールハウスが無事なのを確認し、帰りに食料などの買い物をして帰宅。
とても底冷えのする1日でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
4.jpg 5.jpg 6.jpg

2010-2-1

2010年2月1日(月)曇りのち雨

待ちに待った雨、ようやく降りました。

今夜あたりからミゾレから雪になるような予報です。
雨なら沢山降って貰っても宜しいのですが、雪が沢山積るとビニールハウスなどが潰れたりして困ります。
そこで、第3農園のハウスが潰されても困るので、昨年取り付けた柱を点検に行って来ました。

終了後、ストックしてあった太目の真竹を軽トラに載せ、第2農園に戻ってビニールシートで作った日除けテントの補強を行いました。
取りあえず10センチ程度の雪ならば堪えられると思いますが、どうなる事やら・・・・・。

作業が終了する頃に雨が降り始め、16時現在、拙宅ベランダのアバウト雨量計には15伉度溜まっています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
日除け雨除けのビニールシートを補強しました SHB系ミスティーの花芽、かなり膨らんで来ました SHB系フローダブルーの花芽です