トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-3

<< 2010-3 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010-3-31

2010年3月31日(水)曇り

天気予報通り南風が・・・しかし北風のような寒さでした(妻同伴)

昨日、義兄から送って貰ったヤーコンの大きな根茎、小生がナイフで切り分け、妻がポットに移植しました。
慣れない作業なので、良好な芽の部分を外して切ったりで、思ったより難しい作業でした。
取りあえずポットに移植してみたところ、3トレイ×24ポット(約72ポット)ありました。
早速ビニールハウスの中に入れ、発芽促進させる事にしました。
自家消費分ですからこんなに沢山植えなくても良いのですが、場所は確保されているので全て栽培する予定です。

ヤーコンの移植作業終了後、帰るのには若干早いので、小生は接ぎ木を行ってみました。
昨年の試食の段階で、美味しくなかった実生KーBWー22にRE系の穂木を約10本程度接いでみました。
芽は既に動き始めていて、1冂度伸びていますが、1〜2芽を残して殆どの芽を欠いてみました。
順調に活着するかは分かりませんが、試験的に行ってみました。
無計画ですが、今後ともシーズンを通して接ぎ木を行っていきたいと思っております。

昨年の4月2日に接いだ次郎柿は休眠させず、萌芽が始まったものを接いで殆ど活着しています。
水あげさえ上手くいけば活着するものと考えていますが如何なものでしょう。
また、昨年実家から送って戴いた穂木の清年甘、清年渋、関本甘、関昌甘、前田甘は全て順調です。
※穂木の名前は俗称の様なものです。

朝から1日中冷たい南風が吹き、曇っていたので昨日より体感的には寒く感じた1日でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
拙宅のさるなしの芽が伸び始めました ヤーコンの根茎、ナイフでカットしました ヤーコンをポットに移植中です 実生苗BWー22にRE系の穂木を接ぎ木

2010-3-30

2010年3月30日(火)晴れ

今朝は珍しく氷が張り、作物にも影響がありました(妻同伴)

今朝はとても冷え込み、拙宅ベランダのアバウト雨量計の水が凍っていました。(厚さ2〜3伉度)
第3農園の無加温ハウス内のカボチャの苗が心配になりました。
第2農園にて、一昨日RE系のエッセルに接ぎ木をしましたが、今日もRE系エッセルにNHB系を20本前後を高接ぎをしました。
接ぎ木の時期としてはかなり遅いので、継ぎ目となる接着面も丁寧に切り、形成層がよりピッタリと付くように心掛けました。

第3農園に移動し、ハウス内を空けてみると最高最低温度計は−3℃になっていて、心配していたカボチャの苗は若干凍傷にかかっていました。

帰りに、第2農園オーナー宅竹藪で或方が収穫していて、その竹の子を分けて戴きました。
初物の竹の子を戴くのはとても気が引けましたが、オーナーご一家は不在です。
採りたてを茹でないとアクが強くなるので、戴いて帰りました。

夜間、義兄であります「ヤーコンよしとものお店」(リンク参照)からヤーコンのパルプ(芽)が届きました。
今年は自給出来る程度は栽培したいと思っております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ベランダにて氷が張りました 今朝のハウス内は−3℃になりました カボチャ苗は凍傷気味です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サンシャインブルーは嫌々咲いている様です 甘柿の接ぎ木苗、植え替えをしました 初物の竹の子、謹んで戴きます

2010-3-29

2010年3月29日(月)雨時々曇り・一時ミゾレ〜雪

御近所さん宅にウッドップを搬送

朝から天気は芳しくありません。
そんな訳でテレビを見ながらゴロゴロしておりましたが、日頃の貧乏症がムクムクと出て来て、動き始めました。

先日、御近所のお得意さん宅(複数)にブルーベリーの苗木を差し上げましたが、マルチ材を敷いてありません。
そこで第2農園に置いてあるウッドチップを軽トラで運んび、未配布のお宅のブルーベリーの根回りに敷き詰めました。

一寸したことですが、こんな程度でも夏場の照りつけや乾燥に耐えられます。
良く耳にする事で、「植えても木が大きくならない」とか「実が付かない」などは栽培者側に原因がある様です。

偉そうなことは言えませんが、「ブルーベリーの気持になって」管理してやることと思います。

1.jpg 2.jpg
天候が不順なため、咲き始めても停滞気味の水仙です 放置したままですが、思い出したようにヒヤシンスが咲きます
3.jpg 4.jpg
ピンぼけですが、接ぎ木したNHB系の芽が伸び始めました 此方はSHB系です(台木はRE系ガーデンブルー)

2010-3-28

2010年3月28日(日)曇り

里芋(土垂れ、石川早生)の種芋の選別を行いました。

それにしても寒い1日でした。
ゴム手袋の中に小型の携帯カイロを入れての作業です。

株ごと保存していた里芋を掘り出し、泥土を落として形が良く、生長部分がしっかりしているものを種芋に選びました。
不幸にして種芋に選ばれなかった芋はプラスティック桶の中で水と一緒にゴロゴロ掻き回して軽く泥を落とします。
強く洗い過ぎると傷が付き、保存が良くありません。

カメラが壊れてしまい、鮮明に撮れないので修理に出しました。
そんな訳で携帯電話のカメラで撮りましたが、本体メモリーに入れてしまい、取り出せません。(操作方法理解不能)

寒い中、やせ我慢をしつつ、第2農園に行って見ました。
一昨日RE系エッセルの半分にNHB系を接ぎましたが、今日も残りの半分にNHB系を接いでみました。
花芽は1/2〜1/3を残し、どの様な状況になるか観察したいと思っています。(無事に活着するのが先ですが)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日の第3農園全景、寒さで蕾が停滞気味です 小松菜のビニールカバーを外した途端、寒くなりました 第2農園ブルーベリーの根元に咲いているスミレです

2010-3-27

2010年3月27日(土)晴れ

芋を蒔くには芋の気持になって(妻同伴)

今日は第2農園にて菜っ葉類が薹立ちしてスジが気になり始めたので、これを抜き取りました。
その跡に半ナマの稲ワラを全面にばらまき、大型の耕耘機で深めに撹拌し、土作りを行いました。
馬鈴薯の品種はワセシロ、ホッカイコガネ、とうや、シンシアの4品種です。
昨日、第3農園には男爵とキタアカリの2品種を蒔いたので、全部で6品種になります。
昨年は長雨の影響などで、腐敗の病気が大発生したので、試験的に鶏糞は一切施さずに蒔いてみました。

種芋は妻が蒔いたのですが、間隔がとても狭く、25冂度です。
一部分でやり直しをしたものの蒔いた量が多かったので、そのまま堆肥を施し、土をかけてしまいました。
畝間は十分に空けたつもりですが、株間が狭すぎて窮屈で風通しも宜しくないような気がします。
妻には『芋の気持になって蒔くように』と一言云ったのですが、反省の色は全くありません。

日中は久しぶりに日が差し、暖かかったのですが、15時を過ぎた頃から急に寒くなり、急いで片付けて帰りました。

1.jpg 2.jpg
昨日切って乾かしたので、とても良く仕上がっていました 小型の耕耘機で柵を切っているところです。

2010-3-26

2010年3月26日(金)曇り

第3農園にてブルーベリーの欠株を補植、馬鈴薯の種芋蒔きなど。(妻同伴)

拙宅の花桃が満開になりました。
昨年は珍しく害虫にもやられず、小さな果実でしたが食する事が出来ました。
今年も同様に実って欲しいと思っています。

第3農園にて、昨年枯れてしまった株の植え替えを行いました。(原因はコガネムシの幼虫による根の食害と思われます)
RE系エッセルを台木にNHBスパルタンを接いだもので、根を良く洗って定植しました。

次は、馬鈴薯を蒔きました。2日間の雨で結構重い土でしたが、水はけがとても良いので畝立ても容易でした。
取り合えず、男爵とキタアカリを蒔き、明日以降第2農園に残りの品種を蒔く予定です。

早く終わったので、第2農園に戻って小生はRE系エッセル1本にNHB系ジューンを1/2接いで見ました。
残りの1/2には遊び心でNHB系の他品種を接いで見ようと思っています。
今回は遊び心で花芽を1/3程度残して接いで結果を見てみたいと思っています。
妻は寒さに耐え切れず、小生が上がるまで、車の中でうずくまって居りました。

先入観を持たず、文字を拡大してじっくりと読んでみて下さい。
永田町異聞
永田町異聞
1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅の庭に咲いた花桃です 台木はエッセル穂木はスパルタンです キッチリと定植出来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
妻が馬鈴薯を半分にし、乾かしています 灰は付けずに切り口を乾燥、株間に堆肥をタップリ RE系エッセルにNHB系ジューンを接いでみました

2010-3-25

2010年3月25日(木)雨

昨日同様、1日中冷たい雨が降っています。昨日に引き続きベランダにて接ぎ木などをしてみました。

それにしても雨が降り続いています。
明日は曇りから晴れの予報ですが、今の空模様を見ていると「果たして雨は上がるものなのか」と思うほどです。

馬鈴薯を蒔くタイミングが若干遅れてしまい、直ぐには土いじりも出来そうもないので、2〜3日後には済ませたいと思っています。
実は、馬鈴薯の作付け予定場所にはチンゲンサイやターサイなどが植わっていて、掻き回すのが勿体ないと思っていたからです。

今日も1日中シトシトと雨が降っていて、晴れた暁には竹の子がビッシリと出て来ることでしょう。

何かしないと勿体ないので、農園から事前に持ってきていたRE系ガーデンブルーなどの苗木に何品種か接ぎ木をしてみました。
16ポットを行いましたが、1ボット複数本もあるので、接いだ穂木は21本になります。

その他、一昨年ベランダで食した甘柿の種子を埋めて置いたら発芽しました。
これを切り取って先日持ち帰った、小柿に2本接いでみました。(甘柿の実生は殆ど渋柿に化けてしまいますが・・・)
実生苗は桃栗3年柿8年・・・などと言いますので、接ぎ木で早く実らせることを考えましたが、果たして・・・・・。

シットリついでに
雨降りお月さん

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日の接ぎ木の成果、手前2本が柿です 手入れをしていない桜草ですが、よく咲いてくれます 16時過ぎ現在のアバウト雨量計、50〜60伉度でしょう

2010-3-24

2010年3月24日(水)雨夕刻ミゾレ

朝から冷たい雨が降っていて、殆ど止みません、ゴロゴロしていましたが、接ぎ木などをしてみました。

昨日、ビニールハウスの張り替え作業は色々な理由で急いだため、とても疲れ、今日も影響が残りました。
そんなことを口実に、一日中パジャマのままで、午前中はテレビなどを見つつゴロゴロとしておりました。

午後、昨年は細すぎて接げなかった豆柿5本ほどに、先日佐倉市の農家O様から戴いて来た柿の枝を接いでみました。
(親木は既に切り倒されていました)
その後ベランダにてブルーベリーのガーデンブルーを台木に、SHB系、LB系などを接いでみました。

今日は日中も気温が低く、夕刻には雨からミゾレにかわり、予報では雪になるそうです。
昨日は若干無理をしましたが、破れハウスの張り替えを行って良かったと思っているところです。
まさか大雪になってビニールハウスが破れるなんていう事は無いと思いますが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
柿の品種名は不明ですが、実は300g以上との事 ガーデンブルー5ポットに、穂木9本を接ぎました ベランダで咲いているSHB系オニールです

2010-3-23

2010年3月23日(火)曇り夕刻雨

第3農園にて破れたビニールハウスの張り替えなど(妻同伴)

一昨日の強風で破られてしまったビニールハウスを今日張り替えました。
単に張り替えるだけでしたら簡単でしょうが、破れビニールの取り外しがとても面倒。

このところかなり暖かくなったので、NHB系品種の芽もほころび始めました。

19日に漬け込み、21日に木酢液を追加した篠竹を見てみると、木酢液が減っていたので水増しをしてみました。

作業中、先般、妻とブルーベリーの定植に伺ったお宅の奥様から電話がありました。
ご主人が使っていたチェンソーなどをくださるとの事です。
ビニール張りが中途なので直ぐに行くことが出来ません。
天気予報では夕刻頃には雨が降るとの事なので、只ひたすら仕上げに全力です。

電話を戴いたお宅に伺い、ガレージに置かれていたチェンソーと枝払い機を戴く事になりました。
故人が大切に使っていた機械です。
有効に使って欲しいとのご家族の願いも込められておりましたので、何か厳粛な気持で戴いて帰った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
擦った揉んだの末、ようやく張り替えが出来ました NHB系デュークの花芽です NHB系スパータンの花芽です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
篠竹の木酢液漬けです、液が減っていたので水増ししました 戴いて来たチェンソーと枝払い機です 拙宅で咲き始めた水仙です

2010-3-22

2010年3月22日(月)晴れ

信州から甥っ子が来たので、第3農園、第2農園を見学して貰いました(妻同伴)

第3農園にてブルーベリーの栽培についてなどや剪定方法を一席。

昼食後、第2農園オーナ宅敷地内に栽培させて戴いている椎茸を収穫に行きました。
雨が少なかったので、椎茸は乾き切っていると思いましたが、昨春打ち込んだほだ木からは肉厚の椎茸が採れました。
敷地内には色の濃い桜が咲いていて、「お彼岸に咲くから彼岸桜かナー」などと言いながら写真に納めました。

第2農園内に昨春播種し、管理してきたミツバを試験的に収穫してみましたが、未だ早過ぎた様でした。

静岡県磐田市(旧豊岡村)の友人からブログ公開のお知らせがありました。
リンクにも載せましたので、ご覧下さい。
鈴木正士さんのホームページ
鈴木正士さんのブログ 大平の四季

1.jpg 2.jpg 3.jpg
オーナー宅に咲いていた色濃い桜、彼岸に咲くから彼岸桜? 昨年種駒を打ち込んだものが少し出ました 昨年から栽培して来たミツバ、少々早過ぎました

2010-3-21

2010年3月21日(日)晴れ

10時過ぎにスタートして第3農園へ、昼食後買い物に行ってそのまま帰宅

未明の風は半端ではありませんでした。
横殴りの雨と風、もろにぶつかり、家を揺す振りました。

昨夜から心配していたことが現実になってしまいました。
写真のようにビニールがビリビリです。耐用年数からすると丸2年程度の様です。

篠竹の木酢液の漬け物はどうかと見に行ったところ、何と、液が空になっていました。
よく調べてみると、小さな穴だらけで修理に結構時間を要しました。
辛うじて木酢液が残っていたので、残りを殆ど使って水で希釈し、漬け込むことが出来ました。

漬け込みが出来なかった篠竹は、桶の中に薄めた木酢液を入れ、その中に篠竹を立てかけて置きました。
この方法で上手くいくならば漬け込む必要もありませんし、簡単な作業になります。
評価については2週間程度の経過などを見てみないと分かりません。

今日は甥っ子が代々木のアースデーマーケット終了後立ち寄ることになっています。
明日、ブルーベリー農園などを見学して貰う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
見るも無惨な姿に・・・埃っぽかった内部はスッキリです 継ぎ接ぎだらけのビニールになってしまいました こんな事をやってみて、果たして成果は如何に

2010-3-20

2010年3月20日(土)晴れ

午前は第3農園にて諸作業、午後はオーナーと豆腐とパンを買いに行きました(妻同伴)

第3農園に定植したサンシャインブルーは順調で、蕾もふくらんできて、咲き始めました。
昨年園芸店にて買い、かなりの間放置したままにしていた「行者にんにく」が元気に芽を伸ばしてきました。
信州に嫁入り予定のブルーベリー苗木を整理し、10トレイほど準備しました。

午後は、佐倉市の豆腐の美味しいお店:「小幡とうふ店」まで豆腐を買いに行きました。(佐倉市上志津1815−11)
お近くの方、騙されたと思って一度召し上がってみて下さい。(出来れば何もつけないで)

次に、拙宅のブルーベリージャムを取り扱って戴いている「パン焼き小屋 ピッパラの樹」さん(リンク参照)に立ち寄り、事前予約のパンをいただきました。
何せ、ピッパラさんのパンはとても美味なので人気があり、午前中でかなり売れてしまいます。そのため、事前に欲しいものなどを押さえて置いてから伺いました。
ママさんとしばらく歓談してから帰路ににつきましたが、三連休の初日のせいなのでしょうか、道路がとても混雑しておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系サンシャインブルー、咲き始めました 行者にんにくが元気に伸びてきました 嫁入り予定のブルーベリー苗木を整理しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
「小幡とうふ店」にて豆腐と油揚げを買ってきました 「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん全景です 今日はソフト系を多目に、オマケにいちごを戴きました

2010-3-19

2010年3月19日(金)晴れ

蕾がふくらんで来ました。第2回、篠竹の木酢漬けを行いました。

第2農園ブルーベリーの蕾が急にふくらんできました。
早速写真に撮って掲載することにしました。
今年の早いものは、SHB系のオニールで、かなり咲いていますが、蜜蜂が一向に見受けられません。

第3農園に行き、途中まで行っていた篠竹の枝払いを行い、次に木酢液に漬け込んでいた篠竹を取り出しました。
先ず、木酢液を桶に抜き取り、篠竹を取り出し、立てかけて乾燥させました。

次に新たな篠竹を太さのバランスを取りながら交互に差し込み、一杯になってから木酢液を注ぎ込みます。
木酢液が足りない分は新たに木酢液を水で希釈して注ぎ込みます。
このまま約10日間程度漬け込んで取り出し、今回漬け込めなかった分を漬ける予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系フクベリー NHB系デューク SHB系ミスティー
4.jpg 5.jpg 6.jpg
SHB系マグノリア SHB系シャープブルー SHB系オニール
7.jpg 8.jpg 9.jpg
SHB系ブラッデン 木酢漬けから取り出した篠竹、良く浸みていました 一昨日採って来た篠竹を木酢漬けにしました

2010-3-18

2010年3月18日(木)晴れ

お彼岸の入りでお墓参りに行きました

何年ぶりでしょうか、妻方のお墓をお参りをしたのは・・・でも気持がとてもスッキリしました。
電車を4本乗り継いで往復4時間、滞在2時間で、6時間の小旅行でした。
西武池袋線ひばりヶ丘下車、バスを少々乗りました。
近くに娘夫婦が住んでいるので、妻と立ち寄って昼食を戴きました。
しばらく休んでからお暇をし、散歩をしながら最寄り駅に行き、帰途につきました。

自宅に着いてから、中古トラクターをお世話してくれた方が居りましたが、小生は使いこなせません。
そこで、第2農園オーナーに見て貰いましが、大きすぎて置く場所がないとのことで商談不成立。
若干旧式ですが、メーカー品なので整備さえ行えば十分使えます。
価格は買い手側の言い値で宜しいとか・・・???。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
墓地と言っても管理が行き届き、とても清潔感漂う所でした 墓石を洗い、花を供えてお焼香 久々、妻とともに手を合わせました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
武蔵野を流れる黒目川です(きれいに清掃されていました) とても水が澄んでいて、小魚も泳ぎ、鴨も居着いて居りました 年季の入ったトラクター、結局引合いがありません

2010-3-17

2010年3月17日(水)曇りのち晴れ

篠竹取りは疲れました

朝早くは第2農園ミツバに盛り土した一部分に穴あきビニールを被覆しました。
先日、懇意にしているIさん宅を伺った際、Iさんがビニールで被覆していたので、真似をしてみました。
最近の暖かさで急に伸びが早くなりましたが、収穫するのは土から4〜5冂度出たころの様です。

第3農園では先日に引き続き草刈り機でバリバリと篠竹の刈り取りを行いました。
全体で230本程度切りましたが、虫喰いなど途中から枯れていたりで、結果的には200本程度でした。

先日枝払いに使用した愛用の鉈(ナタ)が見つかりません、確か莢に納めて仕舞ったのですが・・・・・。
やむを得ず、鎌やペンキを剥ぎ取る大きなヘラを使いましたが、今一しっくりと来ません。

中々捗らず、道具のせいにしつつ力任せに枝払いを行いますが進まず、17時を過ぎても100本程度。
昨日とはうって変わって、北風がとても冷たく、帰ることばかりを考えて仕事をしていました。

帰りに残りを数えたところ、70本程を残してしまいました。
実のところ、木酢液漬けまで行って帰りたかったのですが、後日になってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
無選別で運んだので、枯れたものも沢山ありました 枝払いをしたものは約130本でした 枝払いできなかったものは70本程度

2010-3-16

2010年3月16日(火)曇り

お客様宅へブルーベリーの苗木を植え付けに行ってきました(妻同伴)

昨年秋に何回も第2農園に顔を見せ、ブルーベリーや苗木を買って戴いたお客さん(男性)年末に突然亡くなってしまいました。
「移植するには葉が落ちてから小生がお手伝いします」と約束し、そのままになっていていました。
遅くなって申し訳なく思いつつ、今日まで延びてしまいました。

妻が代表で仏前にお花を供え、お線香をあげさせて戴きました。(小生は泥だらけのため、ご遠慮しました)
彼はとても気の優しいシャイな男性で、目の病気をお持ちの奥様のため、一生懸命にブルーベリーを植えておりました。
苗は潅水不足などで若干弱ってはいましたが、殆ど大丈夫でした。
ピートモスもガレージに一杯買い込んでいて、一瞬奥様が涙ぐまれておられました。
妻と二人、計10本を植え、昼食にはホームベーカリーで焼いたパンなどもご馳走して戴きました。

終了後、第2農園に戻り、昨年枯れてしまった二本のNHB系の跡にホームベル台木に接いだNHB系デュークを植えて帰宅。
1.jpg 2.jpg
高台でとても陽当たりの良いお庭でした 角地の部分も有効利用で植えてみました

2010-3-15

2010年3月15日(月)晴れ

ウッドチップの搬送などで終始

昨日と云いますか、26時頃まで宵っ張りを致しまして、起床も遅くなりました。
当然、スタートも遅れ、10時過ぎに家を出て、第2農園ゲート前に積んでいる杉、檜木のウッドチップを軽トラに積み込みました。
先日、ブルーベリー生果などのお客さん宅に植えて戴いた苗木周りに敷いて戴くように搬送しました。
丸一年以上経過しているチップなので、中の方は腐蝕が進んでいますが、丁度良い状況と思います。

オーナー宅、にわとりひろばには昨日餃子作りで活躍して下さったO様と、お米を買いに来られたソプラノ歌手の木内朋子さんがオーナーと歓談されておりました。
木内さんはオーナー宅で作った無農薬コシヒカリを何時も買いに来て下さいます。

岩手県から来られていたO様は3ヶ月間の中国旅行を終え、ようやく奥様が待つ自宅方面に向かって帰って行かれました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
チップは殆ど針葉樹ですが、カブト虫の幼虫もいました 小さな苗木ですが、根付きは成木より宜しいようです 木内朋子さんが来られ、しばし歓談致しました

2010-3-14

2010年3月14日(日)晴れ

久々に穏やかな晴れの日でした

昨夜宵っ張りをしたので朝はゆっくりのスタートです。
朝食後、庭先でブルーベリーのポット苗に接ぎ木をしつつ妻の準備を待ちます。
午前中、第2農園にて小生は「さるなし」の蔓が伸び放題なので、棚を作って蔓を固定しました。
妻はチンゲンサイとターサイの薹立ちしたものを摘んでいました。
昼食を済ませ、Iさん宅を訪問し、馬鈴薯の生芋や甘藷を蒸かして冷凍したものを戴き、妻は喜んでいました。
2時半過ぎににわとりひろばに集合し、「パン焼き小屋ピッパラの樹」にて餃子パーティーが開かれるのでお手伝いに・・・・。
参加するお客様も餃子作りや春の香りする野草摘みなど、それぞれ分担して取り組んで戴きました。

野草などの中には土筆(つくし)、蓬(よもぎ)芹や蒲公英(たんぽぽ)なども有りました。
それらの野草の天ぷらを揚げて戴いたり、芹のスープを作って戴いたりと贅沢なものでした。
お開きの際、ママさんがハイビスカスティーをいれて下さり、少々高揚した気持ちを落ち着かせ、帰宅することが出来ました。

ハイビスカスティーの効能

1.jpg 2.jpg 3.jpg
O様の本場中国直伝の餃子作りです とても柔らかい皮なので素早く包まないと・・・ 出来上がった形は様々です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
煮立った釜の中で茹で、水餃子にします 本場ドイツのソーセージも オーナー宅のゆで卵、剥いてサラダに
7.jpg 8.jpg 9.jpg
春の味覚の一つ、土筆のハカマを取り、天ぷらに 宴たけなわでございます 反対側からのショットです

2010-3-13

2010年3月13日(土)晴れ

午前中は餅搗きのお手伝い、午後は第3農園にて諸作業(妻同伴)

今日の餅搗きは拙宅分も2臼お願いし、捏ねるのは小生、搗くのはオーナー、合い取りは奥さんが行いました。
拙宅分は青のり入りと昨年摘みとって冷凍して置いたヨモギを入れて搗きました。
オーナー宅は珍しいきび入り餅と全く純正の玄米餅を搗きました。(日頃搗いているのは玄米に軽く傷を付けて水に2日間浸けてから蒸します)
今回初めて100%玄米の餅米を捏ねましたが、通常の倍以上捏ねても良く潰れず、玄米が臼の中で滑ってしまいます。
餅つきをした事がある方ならお分かりでしょうが、蒸らし足りない状況を極端にした様な感じです。
オーナが通常の倍の回数を搗いても粒はかなり残っていましたが、食するとプチプチとした食感が良く、甘味もあります。
搗くのにかなりの負担が掛かるので、「通常の5割増しの価格でも搗きたくない」との事でした。

昼食後、第3農園に行き、ブルームの少ない品種、メンデイトー2株の枝を途中から切り取り、NHB系とRE系各1品種を接いでみました。
妻には明日葉をポットに移植する作業を任せましたが、花粉症が原因でしょうか、気乗りしない様子ではかどりませんでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今年2回目の黍(きび)餅を搗きました 純正の玄米餅、杵と臼での手作業では苦戦 篠竹の木酢液漬け、そろそろ仕上がる頃です
4.jpg 5.jpg
RE系メンデイトー台木に接ぎ木してみました 明日葉を小ポットに移植し、20冂度になったら定植します

2010-3-12

2010年3月12日(金)晴れ

今日も長ねぎの植え付けと接ぎ木2株など

天気予報では昨日より暖かくなるとの事でしたが、思ったほど暖かくなりませんでした。
先ず、耕耘機で長ねぎを植え付ける畝を起こし、その後、鍬で深く切り込み、白葱の部分を多くするための苦労仕事を行いました。
畝は昨日と同じ長さなので、植え付けるねぎの品種と本数は全く同じにしました。

その後、ミツバのもやし(白軟化)を作っていますが、若干土を破って葉先が出て来たので、更に土を山盛りにしました。

ガーデンブルー2株を思い切り切り詰め、約35本の穂木を接ぎました。

作業中、珍しく農園内に来客、住宅メーカー「東建」の営業マン、小薬さんという若者。
彼のお仕事の話は余り聞いてやれませんでしたが、小生の言いたい放題を我慢して聴いて戴いた次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ビニールで覆った中で、小松菜が順調です 今日も一本白ねぎ200本、赤ねぎ100本植付け 右の山盛りがミツバの軟化栽培です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
写りが良くありませんが、5本目のガーデンブルーです ガーデンブルーの40〜50僂里箸海蹐鮴擇辰得椶木 「東建」営業マンの小薬さんが訪れました

2010-3-11

2010年3月11日(木)晴れ

午前中は自宅で育てていた鉢植えのフクベリーを農園に定植(妻同伴)

昨日、植え付けが出来なかったフクベリーを定植しましたが、鉢から抜き取って堅く固まっている根を水圧で洗いました。
根の中心部まで洗い流すのに約30分間かかり、おかげで通路は水浸しです。
その他、近くのホームセンターで長ねぎ良苗が売られていたので急遽買い求め、(一本太ねぎと赤ねぎ)を植え付けました。

午後は第2農園オーナーと友人のO様、小生と妻の4人で「パン焼小屋ピッパラの樹」までイベントの打ち合わせ(14日日曜日)に行きました。
お店の中でくつろいでいると、ドイツ料理のマダム工房を営んでいるK様とご主人が来店され、しばし歓談。
黄昏時の帰り道、利根川を渡り、リンクで紹介をしております「酒のたかつや」さんに立ち寄りました。
ご亭主と女将さんとを並べて写真を撮りたかったのですが・・・・。(「法子のごじゃっぺ通信」でお馴染み)
何故か女将さん単独になってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
鉢植えなりに良好な生長をしてくれました かなりきれいに土を洗い流しました 一本ねぎ200本、赤ねぎ100本を植えてみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ピッパラの樹さんへ行ってきました K様ご夫妻、オーナー、O様、ピッパラのママさん 「酒のたかつや」の女将さんです

2010-3-10

2010年3月10日(水)曇りのち晴れ

第3農園にて諸作業(妻同伴)

「南風が吹き暖かくなる」との天気予報でありましたが、何と冷たい雨まで降ってくれて、震えが来ました。
天気が良くなると云うのでその気になって第3農園へ行き、欠株になった箇所に鉢植えのサンシャインブルー2株を定植しました。
長年鉢植えだったため、根の中心部は若干炭化していてヒヤヒヤものでした。

根に絡まっている用土は水圧で飛ばしましたが、なかなか取れないので丹念に洗い流しました。
植える穴の大きさは、直径50僉⊃爾気錬械悪冂度、ピートモスを穴一杯、周りの土2割、水でドロドロに混ぜます。
洗い流した株の基部を持ってドロドロの中に根を入れ、上下に20回程度あおって馴染ませ、沈まないように支柱に固定。
穴周りの土を静かにかけてやり、上から軽く押さえて完了。
てな訳で、成木に近い株を植え付ける作業はかなりの重労働です。

妻は「やる事がない」などと云っていますが、実はやってもらえる仕事が限られているだけで、仕事は一杯あるのですが・・・。
先日から行ってきた接ぎ木(高接ぎ)、第3農園だけで15株、一株平均20本程度の穂木ですから約300本程度を接いだ事になります。
果たしてどの程度活着してくれるでしょう。
花芽を若干付けたままにしてみたり、台木と穂木との相性など、色々と試しています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
極力土を流し落とす様にしています ドロドロの中で丹念に煽って根に馴染ませます 支柱を打ち込み沈まない様に紐で固定します
4.jpg 5.jpg
2株目は細根が多く、洗うのに苦労しました 自宅にてRE系エッセルにSHB系を6本接いでみました

2010-3-9

2010年3月9日(火)曇りのち雨〜ミゾレ〜雪

寒い中、椎茸の駒打ちのお手伝い

第2農園オーナー宅のクヌギに椎茸の駒打ちを行いました。
オーナーは1000駒あれば足りると言い、作業を始めましたが、駒が足りなくなりました。

印西市に質の良い種子種苗を販売しているグリーンロフト ネモトという園芸店まで種駒を買いに行って来ました。
全般的に安売りは致して居りませんが、種子種苗の品質が良いので、人気のあるお店です。
小生も前々から気になっていたお店で、種駒のほかミニトマト2品種を購入して来ました。

昼食前から雨が降ってきましたが、小雨なので昼食後も引き続き種駒を打ち続け、2時半頃には全て終了。
身体は冷え冷えでしたが、温かいお茶をご馳走になり、しばし休息して帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
オーナーが穴を開け、小生が駒を打ちました 菌糸が回るまで井桁に組んで積んで置きます ミニトマトの種子、近日中に蒔きます

2010-3-8

2010年3月8日(月)晴れたり曇ったり

篠竹取りを行いました

昨年と同様、放置畑に生えている篠竹を戴きに行きました。
前回は、1本ずつ鎌で刈り取りましたが、今年は草刈機でバリバリとやってしまいました。
そのため、細いものや、短いものまで全てなぎ倒し、後の始末も大変、しかし、能率面からは何倍も早く刈り取れます。

刈り取った後、篠竹を藪から運び出し、軽トラに載せて農園に運び、脇枝を鉈(ナタ)で削ぎ取り、長さを整えます。

籾すり排ダクトに連結する排籾ガラ用ポリ(約4m)を使い、片方を絞り、篠竹をビッチリと詰め込みます。
木酢原液を約10リットルほど流し込み、その後で水を7分目程度まで入れてもう片方も絞ります。
要は篠竹の木酢液漬けで、防腐、防虫効果があるとのことです。(後日反転します)

実のところ、昨年使用した篠竹は朽ち果てて、今年は殆ど使えないのが実情です。
篠竹はホームセンターなどで買うと結構な定価で販売されています。
因みに、今日の稼ぎは200弗程度でしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
刈り取って藪から引き出したところです 軽トラに載せて第3農園まで運ぶところ 木酢液で漬け込みましたが、その期間は不明です
4.jpg 5.jpg
明日葉は生長が早い、惚け防止に効果あるとのこと 挿し木紫陽花の苗、ビニールハウスから外に出しました

2010-3-7

2010年3月7日(日)終日小雨

雨降りの寒い1日でした

朝からテレビでは茶番的な政治討論、国民の政治離れを期待しているのか・・・・・。
公共の電波を使いつつも、国民の幸せを願っている姿には見えません。
現代に、吉田松陰や坂本龍馬の様な歴史に残る人物はいないものでしょうか。
と言う訳で、炬燵にあたりながら時代劇専門チャンネルで「鬼平犯科帳」をみてしまいました。

スッキリしたところで、
外は昨日以上に寒い様なので足、腰と腹に携帯カイロを4枚貼り付けてベランダへ。
昨日と同様、接ぎ木の続きを始めてみたものの、雨降りのベランダはとても寒く、早々に退散し炬燵の中に・・・。
接ぎ木は13本で、穂木はNHB系などです。

昼食後、身体が温まると外の寒さを忘れ、お向かいさん宅のブルーベリーの植え付けのお手伝い。
取り合えずサンプル的に植え方を実演して早々に帰宅。
それにしても寒い1日でした。

1.jpg 2.jpg
今日の接ぎ木の実績です お向かいさんに植えたSHB系ミスティーです

2010-3-6

2010年3月6日(土)雨

朝から雨降りのため、外出せずにベランダにて接ぎ木を行いました。

とても寒いので、キルティングの防寒ズボンをはき、腰には携帯懐炉を貼り付けて万全。

午前中から昼食を挟み接ぎ木を行いましたが、意外とはかどりません。
全般的に穂木が貧弱だったので例え活着しても伸長が良くないと思いますが、どの程度になるか興味があります。
特に、クライマックス1株の各枝(5本)にスパルタンを接いでみましたが、どの様になるか楽しみです。

それにしても、今日は昨日の半分程度の気温なので、暖かくしていましたが、15時頃に寒くなったので止めました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日の成果27ポット、接いだ穂木は40本です スパルタンの穂木5本をクライマックスに接ぎました チャンドラーの花芽です

2010-3-5

2010年3月5日(金)晴れ

とても暑い1日で、5月の連休頃の感じでした(妻同伴)

午前中は第2農園オーナー宅、にわとりひろばにて餅搗きのお手伝い。

終了後お茶をご馳走になりしばし歓談。
その後、第3農園へ行き、妻は剪定枝の残りやミントの枯草を燃やす作業。
小生は、2〜3年苗などの選別や整枝剪定を行ったり、ほ場内のRE系キャラウェイ1株の枝を全て切り取り、SHB系品種を接ぎ木。
今日の日中はとても暑く、慣れない身体はオーバーヒート気味。
15時頃、熱射病の前兆の様な症状が出たので直ぐに日陰に入って身体を冷却。

それにしても何と温度差の激しい事、明日から全国的に天候は崩れる予報で、雪も降るとか・・・。
寒暖差について行けそうもないので、明日は炬燵にあたってテレビでもみたり・・・・。
農園から持ち帰ったRE系苗木が50ポットほどあるので、室内に持ち込んで接ぎ木でもしようと思っています。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園近くの河津桜です 近くに寄って撮ってみました キャラウェイにSHB系品種を接いでみました

2010-3-4

2010年3月4日(木)曇り

先日切り倒したクヌギの大木を畑の中から運び出しました。(妻同伴)

オーナー宅敷地のクヌギの大木は倒したままになっていて、昨日オーナーが切り分けてありました。
根元は直径40儖幣紊△襪里如一人では動きません。
小生とオーナーの二人で畑から運び出し、クヌギの葉の蒲団状になった場所まで運んで寝かせました。

その間、妻は椎茸の収穫を行っていて、結構出ておりました。
天候の都合にもよりますが、来週火曜日あたりに種(菌)駒を打つ予定です。

運び終わってから第2農園に移動し、妻は薹(トウ)立ちした野菜や今が旬のほうれん草を収穫しておりました。
小生はガーデンブルー1株の枝を全て50冂度に切り揃え、SHB系のレビール22本を接ぎ木しました。
その他、RE系キャラウエーのひこばえが10本程度出ていたので、これにも同じくレビールを接いでみました。

今日は暖かくなると思っていましたが、次第に冷たい風が吹いてきたので、早々に弁当を食べて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
こんなに太いモノは決して売っていません オーナー宅のほだ木にビッシリと出て来た椎茸 RE系ガーデンブルーにSHB系レビールを接いでみました

2010-3-3

2010年3月3日(水)曇り一時晴れ

今日は第3農園に直行し、1日中接ぎ木で終始(妻同伴)

第3農園のガーデンブルーを全て他品種に接ぎ木する事とし、今日は5株(約65本)の接ぎ木を行いました。
品種はSHB系2品種、NHB系1種です。

妻は石倉1本ねぎの植え替え作業。(ビニールハウス内で育苗していました)
ねぎ苗は若干蒔くのが遅かったので、ほ場に植え替えるには早過ぎるので、プランターで大きくしてから移植する予定です。

昼食後、ねぎ苗の移植が終わったので、ブルーベリーの自然交配実生苗(ウッタードとバルドウィン)の移植作業をして貰いました。

週末は全般的に雨降りの予報が出ているので、自宅で接ぎ木を行う予定で、2年生台木を50本程持ち帰りました。
台木はRE系のホームベル、ティフブルー、クライマックスの3品種です。

前々から発送しようと思っていて果たせなかった昔の仕事仲間のIさん(名古屋方面)宛に、15品種前後用意し、自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
黄のコンテナ内は接ぎ木台用、青のコンテナ内は発送用 RE系ウッタードの自然交配実生苗 RE系バルドウィンの自然交配実生苗
4.jpg 5.jpg
通路側プランター4、トレー1に石倉1本ねぎを移植 7株のガーデンブルーに接ぎ木か完了

2010-3-2

2010年3月2日(火)曇り

御近所の常連さんなどにブルーベリーの苗を配布。(第3農園へ妻同伴)

夏の間、ブルーベリー生果やジャムのお客さんなどにブルーベリーの苗木を配布しました。
喜んで戴いて受け取って貰い、直ぐ上手に植えて戴いたので光栄です。

午後になってから更に寒くなり、しばらく出掛けるのを躊躇しましたが、接ぎ木の予定が未だ5株以上あるので出掛けました。
第3農園のガーデンブルーは生長が早く、隣の畝が日陰になってしまうので、既に5株を全て50冂度に切ってあります。

風がとても冷たいので、毛糸の帽子を耳までかぶり接ぎ木を行いましたが、指先が悴(かじか)んで作業にならないので2株(約20本)で止めました。

その後、懇意にしているIさん宅のブルーベリーが何本か枯れたというので持参し、お茶をご馳走になって帰宅。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ガーデンブルー5株のうち、2株を接ぎ木 Iさん宅へ持参したブルーベリーの苗木 第3農園に移植したそら豆、元気に育っています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅の露地のミツマタの蕾 若干早いですが、馬酔木(アセビ)も咲いていました 拙宅で挿し木をしたサンシャインブルー、芽が伸びてきました

2010-3-1

2010年3月1日(月)曇り

市役所に確定申告に行って来ました。

市役所の大講堂で確定申告の受付をしているので、中身の記帳もそこそこに行ってきました。
近くのお家でも確定申告に行かれていて、付き添いのEさんとは1日で何回も逢い、何色かの糸が・・・・・。
市役所の喫茶店でお茶をしていたら又々逢ってしまいました。
待ち時間が長く、小生が済んだのは12時頃で、自宅に帰って昼食を摂り、休む間もなくお仕事です。

軽トラを第2農園オーナー宅にわとりひろばの車庫に置いているので持ちに行きました。
自宅のベランダに置いているフクベリーとサンシャインブルーが大きくなり過ぎたので第3農園に運びました。

第3農園の朝夕の最低気温は、拙宅周辺と比べれば約4〜5℃は低いと思います。
膨らみすぎた花芽を少しでも遅らせる様にと移動しましたが、結果はどうなりますか・・・・・。

2日続きのお湿りで、畑の露地野菜は勢い付いて来ましたが、薹が立ってきてしまいました。
これからは、菜花を摘んで食することとなります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
市役所2階の静かな佇まいの喫茶店 御近所さんが来られたので、記念に一枚 鉢植えのフクベリー(左奥)とサンシャインブルー(中央)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ブルーベリー園に蒔いた小松菜、少しはモノになりそうです よく見るとターサイは薹(トウ)が立ってきました 野沢菜も元気になって来ました