トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-4

<< 2010-4 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010-4-30

2010年4月30日(金)晴れ

第3農園にて、防鳥ネットの補修開始など(妻同伴)

2年半以上、畑の隅に放って置いた防鳥ネット、先日ケーブルの上から吊しましたが、1〜2回の雨では綺麗になりません。
今日から補修を始めましたが、ネットがねじれていたり、破れた箇所が長目だったりと、なかなか思うようにいきません。
南北に約60mほどあるネットを50m程に圧縮し、東西に若干引き延ばして使う計画です。
やや変則的な張り方になるので、事前に調整しつつ補修を始めましたが、土埃が付いたままなので、目や鼻の中はひどい有様です。
それに加え、ネットの重さは半端では無く、端から徐々に動かすのにもかなりの力が必要です。
この作業、小生一人でやていても見て見ぬふりをして近づかない妻。(土埃がすごいため)
17時過ぎまで行ってようやく長さの調整をほぼ完了しましたが、先のことを思うと気が重くなります。
農園では、只ひたすら作業に没頭したため、写真を撮る余裕が全くありませんでした。

帰宅する途中、Iさん宅に立ち寄り、オーナー宅のニワトリ用に青米30圓鯊廚、拙宅には甘藷を沢山戴いてしまいました。

第2農園オーナー宅に立ち寄って青米を置き、ヒヨコ小屋を覗いたところ、元気に走り回っていました。

1.jpg 2.jpg
Iさん宅から戴いた甘藷、丁度10圓△蠅泙靴 ふ化後3週間と1日、白いのが♂とのことです

2010-4-29

2010年4月29日(木)晴れ

昨日は訳ありで実家(信州)方面へ行って来ました

5ヶ月ぶりの信州、厳しい冬を越した今、山桜が咲き、正に新緑の季節でした。
甥っ子が毎朝におこなっている定例の直売所回り(商品の回収や追加など)を見学ついでに付いて回りました。
直売所は早朝から大盛況で、小生もつられて「わさびの新芽」など何点かを買ってきました。

お昼は昨年も行ってお気に入りの「そば処 倉乃」に甥っ子と一緒に行き、義理の姉に大盛りをご馳走になってしまいました。

例年タラの芽が沢山採れる場所があったので、行ってみたところタラの木が一本も生えていませんでした。
誰かが全て刈り取ってしまった様で、とてもがっかりでした。

新幹線や在来線で乗り継いで自宅まで3時間半、ジーッと乗っているのも疲れるものです。

今日も含め、明日からしばらく晴天が続く様子なので、連休とは言っても農家の方々は余り休む暇は無いようです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ふるさとの朝、山桜が咲いていました これは何?樫クルミの花芽です JA直売所、早朝から大盛況でした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
これは道の駅だったと思いますが・・・ 新幹線から佐久平を撮ってみました 中央は、かつて浅間山から噴出した火山弾です

2010-4-28

2010年4月28日(水)雨

早朝、雨の中を第3農園ビニールハウスのドアを開けっ放しに行って来ました。

それにしても良く雨が降ります。
お湿りはありがたいのですが、日照不足や果樹の受粉に影響が出て来そうです。
作物を作り始めて日は浅いのですが、春先こんなに雨が降ったことは無いように思います。

全般的に農作業が遅れていて、今後も露地野菜については不安定な状況になると思います。
しかし、農業者個人の努力次第で一定の成果を上げることも出来るでしょう。
このような時、努力した農業者を評価し、ある程度高い野菜も甘んじて買うしかありません。
価格安定と称し、安易に輸入野菜に頼っては日本の農業経営者が育たないでしょう。

価格安定ならば、ガソリンなどの値下げに努力を計るべきでしょう。
輸入価格、加工賃等の諸経費と小売価格などを解り易い方法で、リアルタイムで消費者に知せるべきでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンの芽出し、5月上旬に定植予定です 昨日に比べ、急に発芽して来たカボチャです 挿し木をしたイチジク芽が伸びて来ました

2010-4-27

2010年4月27日(火)曇りのち雨

第3農園にてエスター線張り完了

ノロノロと続けてきた防鳥ネットを張るためのケーブル(エスター線)、ようやく張り終えました。
弛んだケーブルが枝に絡まると素直に張れないので、行きつ戻りつの繰り返し、毎日良く歩きます。

今後の補正は、単管の高さがアバウトに打ち込んだので、若干の調整を行う必要があります。
2.5メートルの単管の途中、1mの所にクランプを付け、テコの要領で打ち込んだ3m単管に接続し、少し引き抜き高さを揃えます。
昼食を摂らずに作業を続けていましたが、急に突風が吹いて横殴りの雨、「瞬く間の濡れ鼠」。
慌てて手仕舞いをして帰宅をし、持参して持ち帰った弁当を温めて摂った次第です。

これから、暖かくなり、水田作業や夏野菜の畑作業が沢山待っています。
この様な作業、何を作ろうか考えるだけでワクワクし、楽しみでもありますが、雑草や害虫との闘いでもあります。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園、エスター線を張り終えました ハウス内のスパータンの接ぎ木です 追い蒔きしたカボチャ、ようやく発芽して来ました

2010-4-26

2010年4月26日(月)晴れ

第3農園にてエスター線張りと防鳥ネットの掃除など(妻同伴)

今日は昨日よりも風が無く穏やかでした。
第3農園にて防鳥ネットを張るため、エスター線を張り巡らしましたが、妻は一切手を出しませんので、端から端まで良く歩きました。
防鳥ネットは2年半使わずに土の上で過ごしたため、草の根が絡まって始末が良くありません。
明日から2日ほど雨模様なので泥などを洗い落とすため、全て地上から上げ、束ねて吊しました。
当分の間、防鳥ネットと格闘をする予定です。
2日間の晴天により、第3農園のブルーベリーの花もかなり咲き始めました。

昨年より大分遅れ気味だった拙宅の牡丹もようやく開花しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
防鳥ネットを束ねて上げました RE系オースチンです NHB系スパータンです
4.jpg
昨年より、5日遅れで咲きました

2010-4-25

2010年4月25日(日)晴れ

第4農園にて豆類を蒔きました。(妻同伴)

午前中は第3農園にて単管2本の打ち込みを行い、防鳥ネット用のケーブルを張ることが出来ます。
昼食後、第4農園にて豆類用の畝立てを行い、2穴千鳥のポリマルチを張りました。
播種した品種等は、枝豆用の茶豆、つる有りモロッコ、大莢のインゲンの3種です。

先日蒔いた隣のとうもろこしは大分発芽してきていて、長いものは3僂ら5冂度に伸びています。
未だ不揃いですが、気温が上がってくれば出揃うと思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝、第3農園では霜が降り、さるなしの葉はご覧の通り ハウス内、ポット植えのヤーコン苗です とうもろこしの発芽が始まりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
左がとうもろこし、右が今日蒔いた豆類の畝です 第2農園ではラビットアイ系も一気に咲き始めました 天気が良くなると猪八戒スタイルに戻ります

2010-4-24

2010年4月24日(土)晴れ

朝から味噌造り、1日立ち仕事でお疲れ様(妻同伴)

第2農園オーナー宅にわとりひろばにて味噌の仕込みを行いました。
煮豆を掬い上げて水切りを行った後、大きな平箱に投入し、塩入りの米糀を入れて撹拌します。
撹拌後、機械で潰し、桶に詰め込みます。
単に詰めるのではなく、空気がこもらない様に手のひらや拳で打ち付けます。
拙宅分は3巡目、皆様のご協力を戴いて桶に詰めることが出来ました。
昨年は小型の桶3個分でしたが、今年は中型の桶3個と小型の桶2個半ありました。
昨日も書き込みましたが、自前の大豆で作った手前味噌、すすきの穂が秋風に揺れる頃、熟成された味噌が楽しみです。

【一言シリーズ◆
小生の幼少期の出来事(登場者は小生以外全て故人)
いつも遊びの帰りは父親の実家(本家)の敷地内を通り抜けていました。
ある日突然、本家の伯父が「キャベツに桑の棒を刺したのはお前だろう」と一方的に決め付けて言いました。
幼いながら「俺じゃねぇーよ!」と反論したものの・・・・
伯父は「イヤ、おめぇに違いねぇ」と言って聞き入れず、以後、本家の敷地を通り抜けることを禁止しました。
母は、分家の悲哀の中で「小生に謝りな」と言いましたが、自分が行った訳ではありませんので、決して謝りませんでした。
それから間もなく、小生からの本家の末っ子(3歳年下)への当たりが強くなり、幼いながらも間接的な復讐を行いました。
しばらくすると、伯父の態度が軟化し、舐めつくすように優しくなりました。
未だ、誰が仕掛けたのか想像する外はありませんが・・・。今でも生々しく思い出すことがあります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆は丸のまま米糀と塩とを混ぜます 電動機械で粉砕して桶に詰めます お昼は野山で山菜を摘み、天ぷらを戴きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
鉄釜で炊き込んだ竹の子ご飯を戴きました 久々に良く晴れた1日、お客様も楽しまれていました 拙宅の成果品、一桶8坩幣紊呂△襪隼廚い泙后

2010-4-23

2010年4月23日(金)雨

午後の半日、味噌造りの大豆を煮ました。(妻同伴)

第2農園近くの梨農家のIさんには水田を耕して戴いたり、畔塗りをして戴いています。
何もお礼をしていないので、拙宅のブルーベリー苗を何本か用意し、明日お礼方々持参する予定です。

午後13時、にわとりひろばにて昨日浸けた大豆の火入れを行い、16時頃に煮上がりました。
稻ワラをタッパの寸法に合わせて切り、柔らかくなった豆を入れ、納豆を作ります。
稻ワラは事前に熱湯で殺菌(納豆菌は生きています)を致しました。

煮豆はこのまま一晩浸けて置き、明日の午前に塩入の麹と混ぜ、その後機械ですり潰して桶に漬け込みます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
移植には若干遅いでしょうが、Iさん宅に持参します 煮豆の火入れ、あれ!ドラム缶が1本増えたような 2日程度保温すると稻ワラの中の菌で納豆が出来ます

2010-4-22

2010年4月22日(木)雨

味噌仕入れ準備(大豆を洗い浸水)、それにしても雨がよく降ります。(妻同伴)

今日は良い夫婦の日です。
別にどうでも良いことですが、喧嘩をしながら味噌を造るより、平穏の内に執り行った方が宜しいでしょう。

本日13時過ぎ、にわとりひろばにて大豆(14)を洗い、半切りのドラム缶の中に浸水させました。
明日の午後から火入れをし、柔らかくなるまで煮ます。(薬指と親指で摘んで潰れる程度)

土曜日は朝から豆を潰し、予め塩が混ざっている米麹と合わせ、味噌の仕込みを行います。
今年は麹の割合も多目にしたので仕込量は昨年の倍以上になる予定です。

何せ大豆も自前の手前味噌造りです。

永田町異聞

1.jpg 2.jpg 3.jpg
午前中、挿し木にしていた穂木を抜き、接ぎ木してみました 雨の中、大豆を洗って浸水させました ドラム缶2本半、昨年と同じ光景です

2010-4-21

2010年4月21日(水)晴れ

第3農園にて防鳥ネット支柱、単管の打ち込み穴にホールインワン(妻同伴)

今回の防鳥ネットを張るための単管支柱は全部で27本打ち込む予定で、取り合えず25本まで打ち込みました。
ダブルスコップで約70冂度掘り、3mの単管を立て、概ね2mになるように打ち込みます。
写真を撮ろうと近づいて、上から写真を撮っている際に、手許からカメラがスルリ、結果穴の底までストーン。
狙って入るものではありませんが、隙間無く下まで落ちてしまったので腕を伸ばして取り出そうとしても上がってきません。
やむを得ず、ズルズルと引きずり出す以外方法がないので、泥が付くのを覚悟で引き上げました。
結果はご想像にお任せしますが・・・実際は想像以上で、泥の固まりのご粗末さで・‥。
後は時間を掛けて丁寧に泥を落とすしかございませんでした。
幸い約30分後、取り合えずシャッターが落ち、映像が写っていたので一安心。
今後はエスター線張りとネット補修作業が待っています。

妻には懸案となっていた莢エンドウの支柱に紐を四段張って貰い一安心。

夕食は第2農園オーナー宅にお呼ばれされ、手巻き寿司をご馳走になりました。
何と言っても材料が素晴らしい。米は魚沼産コシヒカリ、海苔は東京湾三番瀬産です。
魚類は個人の魚屋さんに予約で取ったもの、卵焼きはオーナー宅の平飼い産みたて有精卵です。

明日(良い夫婦の日)から土曜日に向け、味噌造りを行います。
今年は自前の大豆14圓鮖箸辰道店む予定で、昨年の倍の量になります。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
単管打ち込み穴、ダブルスコップであけ続けました 大浦ごぼう、間引き後、急に大きくなってきました 玉ねぎも大きく育ってきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
大根です、若干込み入っていますが、近近間引きます RE系ホームベルも咲き始めました 夕食はオーナー宅にて手巻き寿司をご馳走になりました

2010-4-20

2010年4月20日(火)曇りのち雨

第2農園オーナー宅にわとりひろばにて、臨時の餅搗きを行いました。(妻同伴)

オーナーの親友Sさんの餅搗きを2臼行いました。
ついでに拙宅分も一臼お願いしました。

昼食は器用なSさんによる山菜の天ぷらを揚げて戴き、オーナー手製の出汁しょう油を付けて戴きました。

春の香を楽しみながら、のんびりとお昼を摂らせて戴きました。
11時頃から雨が降り出し、昼食後は強く降り出したので今日の農園作業はお休みでした。

杉並からの情報発信

1.jpg 2.jpg 3.jpg
山菜のタラの芽、竹の子に山椒を挟んで・・・贅沢でしょう 天ぷらの出来上がりです 雨に打たれて咲いている拙宅庭の日本桜草(宿根)

2010-4-19

2010年4月19日(月)晴れたり曇ったり

今日は歩きました。第3農園の端から端まで何往復したでしょう。

朝一は先日購入したままになっていたショウガを第2農園に植え付けました。

今年は第3農園の防鳥ネットをしっかり張る予定で、3m単管を購入して来ました。
一時よりかなり安価になったとは言え、結構な買い物でした。(急ブレーキを掛け、潰されない様慎重に運転)
こんにゃくの種芋があったのでこれを購入し、今年も手作りこんにゃくを作ってみたいと思っています。

先日植え付けた短形自然薯の植え付け場所が空いているので、追加で10本植え付けて見ました。

防鳥ネットを張る前に、エスター線のケーブルを張る必要があり、事前準備として支柱の単管を27本ほど打ち込む必要があります。
今日は取り合えず7本打ち込んで手仕舞いしましたが、明日以降気合いを入れ早めに済ませたいと思っています。

明日は第2農園オーナー宅にわとりひろばにて、臨時の餅搗きを行う予定。拙宅も一臼搗く予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ジョイフル本田から3m単管を購入してきました こんにゃくの種芋(里芋と同時期に植え付け) 短形自然薯を植え付けました(植え方は写真とは違います)

2010-4-18

2010年4月18日(日)晴れ

第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて定期餅搗き最終日(妻同伴)

久々に朝から晴れ渡り、光が強すぎて何時もと違った風景に見えます。

昨年の暮れから続けてきた第2農園オーナー宅の定期的な餅搗きは本日で終了しました。
お天気も良いので、お客さんで大賑わいでした。
昼食は珍しい料理が並び、野蒜(ノビル)を薬味にして海の幸をご馳走になりました。

昼食後、第4農園に置いたままになっているピートモス、軽トラに積み込んで第3農園へ運びました。
第2農園周辺に比べるとかなり寒いので開花も遅れ気味ですが、SHB系、H・HB系などは咲き始めています。

最近、青物の野菜が少なくなってきているので、若干早いのですが、葉玉ねぎを収穫してきました。

【拡大してお読み下さい】
植草一秀 氏の「知られざる真実」
天木直人 氏の公式ブログ
1.jpg 2.jpg 3.jpg
今期最後の定期餅搗きです お天気が良かったのでお客さんも大勢でした 昼食には珍しいモノが並びました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
H・H系ノースブルー(矮性ですが、実は100円玉前後) H・H系フレンドシップ(成熟した実が美しい) SHB系ブラッデン(ミント系の香りが強い品種です)

2010-4-17

2010年4月17日(土)朝方は雪〜霙のち晴れ

記憶のある限り、桜が散り始めてからの雪降りは初めてです。

未明から雨まじりの雪(霙とも言います)が音を立てて降っていました。
流石に今頃の雪は殆ど積もることはありませんでしたが、ベランダではシャーペット状に1儖幣紊△蠅泙靴拭

午前中は農園作業はお休みにし、野暮用で近所に出掛けましたが、昼食を済ませてから第2農園まで行ってみました。
少々早いとは思いましたが、昨年から始めたミツバの初収穫を行いました。
近隣の農家さんが作るミツバは真っ直ぐに伸び、根元の軸も鉛筆以上に太いのですが・・・。
拙宅のミツバは文字通り曲りなりに収穫出来ましたが、次回に向けてより良いものを作りたいと思っています。

SHB系のオニールは既に花が散ったモノがあり、触れてみるとしっかりしているので受精している様です。
今、花盛りの品種はSHB系(南部ハイブッシュ系)で、これから北部系品種、ラビットアイ系品種と続きます。

明日はオーナー宅、「にわとりひろば」にて今年最後の餅搗きが行われます。(定例の餅搗き)

【 一言シリーズ 】
小生の少年期の出来事です。
近所の遠縁にソリの合わない小生意気な同年の少年Jがおりました。
真冬の厚い氷の張った池の上、自分が乗っている氷を斧で円を描くようにコツコツと割っています。
氷の厚さは20儖幣紊△辰燭隼廚い泙垢、直径1m程度の円、80%程度まで来ました。
突然20%の氷が割れ、小生意気な少年は冷たい池の中にドボン。

この氷を日本の連立政権に例え、氷の上には日本国民全員が乗っています。
マスコミの報道はともかくとして、本当に支持率20%を切ると・・・・
場合によっては全員ドボンです。
かく言う小生は、小悪魔的に池の土手の上で、来るべき事態を期待して見ておりました。
後は皆様ご想像下さい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝は拙宅前家々の屋根が白くなりました 挿し木床にもうっすらと積りました 曲がったミツバ、取りあえず初収穫できました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
SHB系オニール、肥大が始まります SHB系ミスティー、花の数は多いのですが、受粉が心配です SHB系リベイルの花は鮮やかです

2010-4-16

2010年4月16日(金)終日小雨

ピートモスが入りました。(妻同伴)

ピートモスの配達日に指定されましたが、何時に到着するのか全く分かりません。

そんな訳で氷雨降る中、朝から第2農園オーナー宅にわとりひろば周辺で待機しておりました。
余りにも寒いので、昼食はオーナー宅に立ち寄らせて戴き、ストーブに当たりながら摂りました。

ついでにオーナー宅の敷地内に生えているタラの芽を戴きました。
先日掲載しましたニワトリのヒヨコ(4月10日はふ化後2日目)がかなり成長し、足取りも軽くなっていました。
今日はとても寒かったので毛布を掛けて電気で暖かくされていました。

寒いとは言え、拙宅のさるなしは順調に伸び、花芽もみられるほどになりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
やっと届いたピートモス、第4農園に仮置きしました 丁度食べ頃のタラの芽です 軸の太い(直径2儖幣)しっかりしたタラの芽です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
この頃はまだまだ可愛いものです(ふ化後8日目) 毛布を掛けて貰い、大切に育てられています さるなしの花芽が見られます

2010-4-15

2010年4月15日(木)雨

ブルーベリー苗を実家宛に発送しました

早朝から雨が降っていて、農作業にはなりません。
そろそろ筋肉痛も慢性化して来たので、丁度良い骨休めになりました。
例年今頃、一寸した油断から腰痛になり、一週間は動けなくなっていますので、筋肉疲労は要注意です。

骨盤を重点的にサラシをキッチリと巻き、いざ出陣。
先日スーパーに立ち寄って段ボールを戴いて来ていましたが、箱をの長さが短いので、若干加工をしました。
事前に用意していたブルーベリー苗を詰め、雨の中発送に行って来ました。

それにしても日照不足と低温続きで、野菜の生長が芳しくありません。
拙宅のキャベツ、苗の購入は昨年の12月21日で、4月13日現在でも写真のとおりです。
冬期間、野鳥に葉を啄まれはしましたが、何れにしても甚だしい遅れと思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
実家宛に送った苗です、12品種×2本+7本 縦横高さ120僉∩管瑤韮械泳榮りました 生育の遅いキャベツです、収獲は何時

2010-4-14

2010年4月14日(水)曇り

第3農園にて防鳥ネットの支柱を付け替えました(妻同伴)

今日は第3農園の防鳥ネットの支柱の高さを低くする作業を行いました。
今まで中央部の10本は3mの高さにしていましたが、風に煽られて芳しくないので、2m〜2.5mにする予定です。
取りあえず全体を2mにした状態にし、エスター線と防鳥ネットを張ってから高さの調節を行う予定です。
ケーブルの張り替えには3m単管を24本程度追加で購入し、1m打ち込む作業から始めます。

ネットは2007年9月、強風で破られたままになっているので、5月下旬までに大修理を行う予定です。(かなり憂鬱)
今年は強風に煽られても破られない秘策を考えています。(浅知恵でしょうが)

但し、木の枝などが風で飛んで来て、絡まった場合などは対応出来ませんが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
RE系ホームベル NHB系アイバンホー RE系クライマックス

2010-4-13

2010年4月13日(火)薄曇り

とうもろこし4種を蒔きました(妻同伴)

先ず第2農園に立ち寄り、雨上がりの農園を見回りました。
雨後の小蕪と大根の発芽が揃い、今後が楽しみになってきました。
小松菜はようやく生長著しいと思っていましたら、よくよく見ると薹立ちが始まっていて、急いで収穫する必要があります。

第3農園に移動し、今年から耕作する第4農園(4月10日に耕起した管理地)に鶏糞を撒き、大型の耕耘機で耕起しました。
次に、穴あきポリマルチの幅に合わせて畝立てをし、均平にしてからマルチを張り、風に飛ばされない程度に両端を軽く埋めていきます。

マルチ穴に指で穴を空けて種を落し、土をかけてから軽く押さえます。
昨夜自宅にて、幅180僂離咼法璽襪烹盈鵤厳蠅侶蠅魘けたものを張りましたが、5〜6m足りなかったので追加で張ってから空気穴を空けました。
マルチの穴は千鳥の2列で240あったので、1品種60穴に統一して播種を行いました。
これが殆ど実りますと大変な事となりますが、歩止まりが1/3〜1/4程度とすれば・・・大した事はありません。

これら4品種は殆ど82〜85日で収穫出来る様ですから・・・7月の七夕様前後には収穫出来ると思います。

それにしても、ブルーベリーの花は咲いているものの、蜜蜂が来てくれません。

画像ファイルが存在しません。 2.jpg 3.jpg
小蕪がビッシリと生えました、蒔きすぎでしょうか 大根の発芽も宜しい様です 小松菜は大きくなる前に薹立ちが見られます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第4農園と命名、早速トウモロコシを蒔きました 長さは約45m前後あります、レンズ歪んでいます SHB系のフローダブルーも咲き始めました

2010-4-12

2010年4月12日(月)雨

シトシトと1日中雨降りでした

宵っ張りをしたので、今朝は思いっ切り寝坊をしました。
午前中、テレビを見ながらゴロゴロしておりましたが、小雨になってきたので動き始め、精米とタイヤ交換に出掛ける事にしました。
昼食前にタイヤと米を車に載せ、昼食を済ませてから精米に行き、一旦家に帰って荷を下ろし、タイヤ交換に行きました。
タイヤ交換は何時も給油しているガソリンスタンドで行って戴きました。
それにしてもガソリンが高いと思いませんか?上がる要因が無いと思うのですが・・・・・。牛丼に習って欲しいものデス。

タイヤ交換後、雨が降ってはいるものの、第3農園に行って苗を近々に発送するのでその準備を行いました。
今回は信州へ発送するので、NHB系の適性品種を中心に選定して自宅に持ち帰りました。

黄昏時から又動き出し、トウモロコシを蒔く予定のをしているので、穴あきのビニール(トンネル用)を作成しました。
実は、昨日ホームセンターで購入する時、担当者が既成穴あきビニールを外し、わざわざ普通のビニールを渡してくれました。
要は、「暇な貴殿は自分で穴を空けなさい」と言う事で・・・今日は結構な立ち仕事になってしまい、22時まで掛かってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
車の中にタイヤと米(玄米)を積み込んだところです ブルーベリーの苗木、近々に発送する予定です 下手な穴あけ、小生の手間賃はタダみたいなもの

2010-4-11

2010年4月11日(日)晴れたり曇ったり

今年こそ美味しいトウモロコシを作り、虫喰い無しで収穫してみたいものです。

トウモロコシを無農薬で栽培し、未成熟トウモロコシをイヤと言うほど食してみたいと思い、種子や栽培用具等を購入しました。
購入価格等を合算すると、単純にトウモロコシを食するためだけならば、買った方がどれ程安いか・・・。
但し、栽培する楽しみや採りたてを食することの喜びも含めると、「自分で栽培するしかない」との結論。
明日から2日間ほど雨降り模様で作業出来そうもありませんが、近々には種蒔きをし、本格的に栽培する予定です。

午後は「パン焼き小屋ピッパラの樹」(リンク参照)にて月一回の交流会が開催され、第2農園オーナーご一家と同行させて戴きました。
旬の竹の子ご飯や竹の子の丸焼きとドイツ料理を戴きながら、ピッパラの樹のご常連の方々と歓談させて戴きました。

また、拙宅のブルーベリージャムをピッパラの樹さんのお店にて販売して戴いております。
昨年製造分は今回の納品で最終となりました。
本年の製造予定は、6月中下旬頃からになると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系オニール SHB系ガルフコースト SHB系ブラッデン
4.jpg 5.jpg 6.jpg
トウモロコシの種子を色々買ってみました 旬の竹の子ご飯、超美味でした ドイツ料理、ソーセージの香辛料が独特
7.jpg 8.jpg 9.jpg
沢山のご馳走を戴きながらの歓談です この方も常連のお客様です 右側のお二人はプロ並みの写真家です

2010-4-10

2010年4月10日(土)晴れ

命、生きるために戴いています。(妻同伴)

第2農園オーナー宅に今年も採卵鶏の雛が入りました。
小さな命ですが、ここまで来る間にオスの殆どは淘汰され、既にこの世にはいない筈です。
偶然にも選ばれた何羽かの雄鶏は2〜3ヶ月後には淘汰され、人様の口の中に入ります。
更に残った雄鶏は生殖のお勤めのため、別の意味で過酷な暮らしをするのです。
雌鶏は雄鶏に守られ、平穏のうちにその役目を終え、長らえたとは言え、やはり人様の口の中に入ります。
食することはさり気なく平然と出来ますが、命を絶つ仕事(役回りの方々)これは厳粛な作業で、端にいても身震いするほどです。

植物も然り、野菜も果実も穀物などの殆どは我々人間やその他動物たちの口の中で終えていきます。
湿っぽい話になってしまいました。
済みません。

今日は第3農園にほど近い管理地の耕起を行いました。
長年作付けしていない土地なので、カチカチに固まっていて、ロータリーの刃が跳ね返ってしまいます。
今回は取りあえず草を削る程度の作業で、今後有機物などを施して深耕する予定です。

農園からの帰り道、お世話になっているIさん宅に立ち寄ったところ、山ほどの甘藷を戴いてしまいました。
今年こそ自前で作付けし、人様に配れるほどになってみたいと夢見て居ります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ふ化後2日目の採卵鶏の雛です 手に載せてみましたら以外と温和しくしておりました 第3農園近くの管理地、タンポポが花盛り
4.jpg 5.jpg 6.jpg
耕起は耕耘機で1時間半ほど掛かりました 耕起終了した頃は冷たい風が吹いていました Iさん宅にて戴いた甘藷です

2010-4-9

2010年4月9日(金)晴れたり曇ったり

第3農園にて菜っ葉類を撤去し、深耕して畑作りを行いました。(妻同伴)

毎年の事ですが、桜が咲き、雲雀が空高くさえずる頃になると田畑の仕事は忙しくなります。

今日は軽トラに大型と小型の耕耘機を載せ、第3農園まで運びました。

菜っ葉類の収穫跡に鶏糞を軽く撒き、大型耕耘機で3回耕起し(深耕のつもり)、小型の耕耘機で畝立てを行いました。
本日は、奥の2畝に短形自然薯の種芋を20個植え付けました。
後日、きゅうりとインゲン豆を作付ける予定で2畝作りました。
きゅうりの苗は接ぎ木のものを種屋さんで購入して植え付ける予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨今、これらの機械に助けられています 4畝作ったものの棚作りが待っています 高接ぎを試みました(LB系ノースブルー)

2010-4-8

2010年4月8日(木)晴れ

第2農園にて、単管キャップの付け替え作業完了

ようやく第2農園の単管キャップの付け替えが完了し、ネットを張るためのケーブルもキッチリと張り終えることが出来ました。

今日は良く晴れ渡り、特に第3農園では朝方は霜が降りた様子で、ミスティーやサンシャインブルーなどは被害を受けた様です。

先日接ぎ木をした柿の苗を植え替えましたが、新芽が伸び始めたので記録に撮ってみました。

毎年の事ですが、さるなしの剪定枝を処分できずに直ぐに挿し木にしてしまいます。
結果、苗が増える一方で、希望者に差し上げてはいるのですが・・・
プランターに放置したまま3年、ようやく抜き取って小屋の脇に植えました。
夏場の暑い陽射しを遮るほど茂ってくれることを期待して・・・・・。

第3農園でも新芽が伸び始め、寂しかった農園も、地面が見えない程になってきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園のミスティー、霜が降り若干被害に遭いました 接ぎ木の柿、関本甘です 同じく関昌甘です
4.jpg 5.jpg 6.jpg {{
同じく清年甘です 同じく清年渋です 第3農園の全景、大分芽が伸びて来ました

2010-4-7

2010年4月7日(水)曇りのち雨

鶏糞の片付けは想像以上のお仕事です。

第2農園にて、単管キャップの付け替え作業を行いましたが、午前中には完了しませんでした。

午後は第2農園オーナー宅にて鶏糞除去作業のお手伝いをする約束なので、昼食後早速伺いました。
今回の鶏糞は育雛室(いくすうしつ)のもので、長期間取り除かなかったので、床から30僂曚秒濱僂気譴討い泙靴拭
昨日、オーナーご夫妻で30塒僂諒涜泙烹僑安泙曚百に収納していましたが、更に大きな山が3つ有りました。
13時から14時半頃まで3人で行い、、紙袋に約60〜70袋を収納し完了しました。

マスクはしていたものの、顔中埃だらけで目の中までゴロゴロしておりました。
工場的な養鶏場では人の手に触れることなく、機械で全て処理されておりますが、平飼い養鶏は手間が掛かります。
オーナー宅の養鶏は抗生物質なども殆ど投与せずに飼養していて、特に玉子は近隣のお客様には人気があります。

鶏糞も希望者に低価格にて販売しております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
オーナー夫妻息が合った作業振りです 本日収納した鶏糞の山です 北総線沿いの桜並木です 拙宅フェンスのさるなしの芽です

2010-4-6

2010年4月6日(火)晴れ

単管キャップの付け替え作業は遅遅として進まず、明日以降に残してしまいました。(妻同伴)

下働きの単純作業で面白くないのか、妻は一向に手伝いません。
意見が合わなくて喧嘩になるより自分一人で気軽に行うのも良いのかも・・・。

中央部の単管が2mプラス1mの支柱が4本立ててありますが、今回は継ぎ足しの部分を半分にし、ネットの高さを2m50僂砲靴泙靴拭
利点は強風の影響を小さくすることと、ネットを張る作業が楽になる事と思います。
ブルーベリーの花芽がかなり伸び始めてからの作業なので、垂れ下がったケーブルを引っ張ると自然摘花になってしまいます。

ハイブッシュ系の品種は既に開花が始まっていますが、今日の気温(18℃)でも蜜蜂が殆ど飛んでいないので、受粉が進んでいません。
昨年、第2農園のミスティーの着果歩止まりが良くなかったので、今年も心配です。

当地は梨園が多く、開花時期には蜜蜂を導入されているので、此方は大いに当てにしているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
NHB系ウェイマウスです SHB系ヒトミです NHB系アイバンホーです SHB系クーパーです

2010-4-5

2010年4月5日(月)雨

雨降りのため1日中自宅にてお休みです

一昨日稻ワラの片付け作業の反動と、昨日の慣れないキャップ取り替え作業とで筋肉のあちらこちらが痛いような違和感があります。
雨様々、お陰でゆっくりと休むことができました。
それでも何かをしないといけないと思い、エスター線を通すためのプラスティックキャップにドリルで数種類の穴を空けました。

明日は天候も回復する様なので、1日中キャップの付け替え作業が行えそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
SHB系オニールです SHB系サンシャインブルーです NHB系チャンドラーです 朝から雨、アバウト雨量計の14時頃です

2010-4-4

2010年4月4日(日)曇り

第2農園にて単管キャップの付け替え、ケーブル(エスター線)張り直しなど(妻同伴)

第2農園単管のキャップが老朽化し、欠けてきてネットを張る時に引っ掛かって破れてしまいます。
本来はやりたくない仕事ですが、防鳥ネットを張るのには必須ですからやむを得ません。
妻は同行しましたが、一切手伝いをせず、田んぼの畔あたりで芹などを摘んでおりました。
一人脚立に上ったり降りたりと孤独な作業を始めましたが、陽射しがなく北風が頬に刺さります。
我慢をして5本程取り替えましたが、寒さが身にしみてきたので取り止め、自宅に帰って昼食。

ゴロリと休んでいて突然思い出し、印西市の「涌井」という竹屋さんに行くことにしました。
訳ありで、太い篠竹を手に入れる予定で出掛けてみましたが、昨年暮れに切ったモノは全て完売とのこと。
一昨年モノは立て掛けてありましたが、割れたりしていて使い物にならない様でした。

線路沿い(道路沿いとも言います)の桜の花が七分咲き、妻とドライブしながらのんびりと花見をした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
第2農園近くの公園に咲く桜 満12年の拙宅に咲く水仙 鉢植えに咲くローズマリー 牡丹のつぼみも大きくなって来ました

2010-4-3

2010年4月3日(土)晴れのち曇り

第2農園周辺水路整備など(妻同伴)

第2農園周辺農家の水路の泥上げなどを少し手伝いました。(小生の実家方面では「せんげはらい」と言います)
終了後は第3農園へ移動し、先ず最初に昨夜の強風による被害がないか確認しましたが、ハウスは無事でした。
前々から気になっていた玉ねぎのポリマルチを剥ぎ取り、鶏糞を適宜施しました。
昨年は剥ぎ取るタイミングを逸してしまい、収穫直前に剥ぎ取ったため、葉柄を痛めたりして結果は芳しくありませんでした。
マルチをしていると草が生えなくて宜しいのですが、高温になり過ぎる様な気がします。

午後一で大型の歩行型耕耘機のサイドクラッチのバランスが宜しくないので、農機具屋さんに来て戴きました。
結果、単にワイヤーが緩んでいただけの話で、直ぐに解決した次第です。

昨年大豆を作付けした南側水田隣の畑に今年も大豆を作付けする予定で、取りあえず耕してみました。
本来ならば、連作は避けた方が宜しいのですが、除草など夏場の管理に都合が良い方を優先しました。

毎年ソメイヨシノが咲き出すと、ブルーベリーの南部系ハイブッシュも殆ど誤差なく咲き始めます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
SHB系ブラッデン SHB系ミスティー SHB系オニール SHB系シャープブルー

2010-4-2

2010年4月2日(金)雨のち曇り

昨夜から正午頃まで台風並みの風が吹き荒れました

昨夜から大風が吹き荒れ、第3農園のビニールハウスが心配でしたが、1日中家で過ごしました。

農園作業はお休みしたものの、静かにしてもいられず、強風が吹き荒れる中、ベランダで接ぎ木を始めました。
台木は農園に置いてあるので、やむを得ず2年生の実生苗(殆どRE系キャラウェー)を使って行いました。
穂木はNHB系、SHB系の3品種を行いました。

午前中12ポット、午後5ポット接ぎましたが、午後になって風は穏やかになってきたものの、気温が下がり寒気がしたので途中止めました。
気温が不安定なので、油断をすると風邪を引きそうになるので、用心しているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
午前はSHB系を中心に接ぎました 午後はNHB系、SHB系を接ぎました 挿し木をしたSHB系 ベランダの明日葉、食べ頃です

2010-4-1

2010年4月1日(木)曇り

第2農園オーナー宅水田の稲ワラ片付けのお手伝い

今日から4月に入り、急に水田での作業をする人々増え、立ち小便もやりづらくなりました。
毎年の事ですが、第2農園オーナー宅の水田には稻ワラが置いたままになっていて、この片付けが大仕事です。
カラカラに乾いているときに片付ければ良いのですが、一定の水田では毎年今頃になってしまいます。

野菜畑への敷きワラ分を除き、軽トラに載せオーナー宅のブルーベリー園に敷きました。
無造作に敷いていますが、雨が降って1月程経過すると、きれいに敷き詰めたようになります。

農道に隣接する排水路の排水分岐口の厚い鉄板のフタが盗まれた様です、しかも隣の水系でも一枚なくなっていました。
約1.2m四方で、深さ2m以上ある坑なので、特に夜間などの歩行者にはとても危険です。
まるで終戦直後のモノのない時代の話のような、現代の本当の事件です。

作業終了後、第2農園を覗いてみたところ、ミツバの頭が出ていましたが、もう一週間程度収穫を我慢します。

帰り道、近くの農家さん宅の露地に枝垂れ桜がきれいに咲いていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
オーナー宅ブルーベリー園にワラを敷きました 排水溝の鉄板の蓋、何処へ もう直ぐミツバの収穫が出来ます 枝垂れ桜が満開でした