トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2011-11

<< 2011-11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2011-11-30

2011年11月30日(水)曇り

ヤーコン掘り、大豆選別など(妻同伴)

朝一、「にわとりひろば」にて餅米(緑米)を二臼分洗い、水につけ込んできました。(餅搗きは金曜日)

第3農園に軽トラを止め、第4農園にて茎まで霜枯れしたヤーコンを掘り取り、ハウス内に収納しました。
未だ、20株以上残っていて、明日、ピッパラの樹ママさんの従姉さんが掘り取りに来る予定です。(雨の予報です)

次に、第3農園にて大豆の選別を行い、約一升(1垓)程度を穫り入れました。
つぶれていない莢が沢山残っていますが、殆ど未熟の莢なので、今後強い乾燥をしても弾けない様に思われます。
明日以降、しばらく雨天が続く様なので、しばらく豆殻はビニールシートで包んで置きます。

ブルーベリー園の中では小松菜の実生が化け、直径90冂度の巨大な菜っ葉の株になっていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンを12株掘り取りました 大豆選別エネルギーはこれ以上でしょうか 小松菜の実生、大化けです(花を咲かせる予定)

2011-11-29

2011年11月29日(火)曇り時々薄日

黒大豆の収穫を行いました(妻同伴)

南側水田隣の畑には大豆を何年も連作しているので、「忌地」(いやじ)と害虫の発生が多く、今年の収量は激減です。
一株に莢が殆ど付いていない物もあり、全体で3堋度と思います。
収穫した豆は枝ごと軽トラに載せ、第3農園のビニールハウス内にて乾燥させてから選別する予定です。

その他、アスパラガスの枯れ枝を鎌で刈り取って片付け、株許に土をかけて冬を越します。

ほうれん草など菜っ葉類は豊作で、霜に何回も当たり今から旬と思いますが・・・・。

実は、帰りにスーパに立ち寄って野菜などの価格を見るととても低価格で販売しておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
黒大豆の収穫前(葉を取りながら抜き取りました) 第3農園にて乾燥させました アスパラガスの枝を整理しました

2011-11-28

2011年11月28日(月)曇り

大豆の選別、野沢菜・ヤーコンの収穫など(妻同伴)

一昨日大豆の脱穀を行い、約6圓曚描別してきましたが、今日も約8圓料別を行いました。
今日の選別作業で9割以上を穫り入れたと思いますが、莢から弾けていない豆をとるのは時間がかかります。
当初、大豆収穫については大風呂敷を広げ過ぎてしまいましが、大分風呂敷を小さくしなければなりません。
一升は1.3圓覆里如∈能的には一斗一升(14〜15)程度になると思います。
昨年同様、黒豆(丹波黒系)も若干収穫出来るので、来年の味噌造りにも加える予定です。

その他、第2農園オーナー宅とSさんが野沢菜を漬けたいと言うので収穫しました。

ヤーコンは未だ40株ほど残っているので、今日は12株ほどを掘り取り、ハウス内で熟成させます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日の大豆の選別の成果、風の助けでゴミを飛ばします 野沢菜などを収穫しました ヤーコンは株のまま収納して熟成します
4.jpg 5.jpg
一昨日、一昨昨日の霜によりかなり色付きました 第3農園内のイチジク、霜に当たってご覧の通りです

2011-11-27

2011年11月27日(日)曇り時々晴れ

体調不良のため、農園作業はお休みしました

昨日、大豆の脱穀を夢中で行い、更に汗をかいた後に冷やした事が良くなかったようです。
その他、両足の使ったことのない筋肉が痛いような重いような状態です。
家の中でゴロゴロしていて、殆ど動きませんでした。
動いたことと言えばヤーコンの茎を細かく切って干したことと、近所まで精米に行ってきた程度です。

今日は思いっ切り寝坊をしてゆっくりと身体を休め、日暮れ時までには何とか回復したようです。
自分の事ながら、余り部屋の中で温々としていると、休み癖が付いてしまいそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンの茎を乾燥し、焙煎してお茶にします 精米所へ精米に行ってきました 拙宅庭の日陰でカタバミが咲いていました

2011-11-26

2011年11月26日(土)晴れ時々曇り

大豆の脱穀を行いました(妻同伴)

今朝の第3農園はとても冷えて霜柱も立ち、厚さ5伉の氷が張りました。
農園到着時刻は9時を過ぎていたので極端な寒さを感じませんでした。
脱穀の機械は、第2農園オーナー宅から足踏み脱穀機を借りて来ました。
ビニールハウス内にて乾燥させていた大豆(小糸在来)をリヤカーに載せて運び出しての脱穀。
15時頃まで行い、豆殻ごと篩(ふるい)に掛け、1袋3埃緜度を2袋仕分け、今日の作業は終了。
昨年より粒は大きく、良品は多いのですが、収穫量は思っていたよりも少ない様です。

今年のブルーベリーは秋咲きは少なかったのですが、アイバンホーが一輪咲いていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園で確認した初?氷です 足踏み脱穀機(さる地方ではガーロンガーロン) 黒豆が一株入ってしまいました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
アイバンホーが咲いていました チャンドラーのハッキリしない紅葉 一昨日から天日乾燥させていたヤーコンの茎

2011-11-25

2011年11月25日(金)晴れ

餅搗き〜ピッパラさん〜野菜の収穫など(妻同伴)

午前中は「にわとりひろば」にて餅搗きのお手伝いを行いました。
何時になく精米度合いが軽すぎたようで、殆ど玄米に近い状態の米を蒸し、臼の中で捏ねます。
中々粘りが出てこず、何時もの倍以上の時間がかかり、とても疲れました。

昼食後、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでパンを買いに行ってきました。 

帰りには第3、第4農園に立ち寄り、野沢菜とにんじんの初収穫を行いました。
野沢菜はベランダにて1日ほど乾してから塩漬けにする予定です。

にんじんは今までになく良品が収穫出来、拙宅でこれほど良ければ全国的に大豊作でしょう。

縦に伸びていたほうれん草もようやく霜が何回降り、横に広がり出したので味が良くなることと思います。

今日はとても慌ただしい1日で、とても疲れました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日の餅搗き(捏ね)はとても疲れました ピッパラさんの入り口はポインセチアがとてもきれい ピッパラさんのスタッフご一同です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
霜が3回ほど降りたものの、葉は未だ紫になりません 思いの外、にんじんは良品でした ほうれん草は直径60儖幣紊任

2011-11-24

2011年11月24日(木)晴れ

写真展に行ってきました(妻同伴)

午前中、昨日切り取ってきたヤーコンの茎を洗浄し、細かく切ってベランダに干しました。
何せ、身の入った茎はとても硬く、小生専用の包丁でようやく切れるほどでした。
20本ほど細かく切った頃に右手にマメができそうになったので急遽休止。
三段ネットに入れ、ベランダで天日でカラカラに乾燥させます。
未だ半分ほど残っているので、後日細かく切って乾燥する予定。

午後、第2農園オーナーが参画している写真展が松戸の伊勢丹にて開催されているので行ってきました。
帰りに遅い昼食を摂りながら様々なお話をしたので、自宅に着いたのは16時半頃でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ネットに入れて乾燥をしているヤーコンの茎 ナナ姫はベランダの麻袋の上がお気に入り ギャラリーで説明をしているところです

2011-11-23

2011年11月23日(水)晴れのち曇り

第3、第4農園にて野菜の収穫など(妻同伴)

朝一は第3農園にて玉ねぎ苗(泉州中甲高玉ねぎ)を定植。
事前に定植した玉ねぎは若干ネキリムシに切られてはいますが、昨年ほどの被害はありません。

農園の隅に植えていた「アシタバ」が花を咲かせ、実を付け始めましたが、霜が降り始め、成熟するか心配です。
何せ、毎年自家採取した種子を正月に蒔き、更新してきましたが、種が成熟しないと自家での継続が止まってしまいます。

春掘り残した馬鈴薯、畑の隅で何本か出ていて、霜枯れしたので掘ったところ、予想外に穫れたのでビックリです。

午後、第4農園にてヤーコンの掘り取り、昨年を上回る収穫があり、大満足の1日でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
泉州中甲高玉ねぎを三列定植(約100本) アシタバの種子、ギリギリ間に合いますか 二化の馬鈴薯一株(ワセシロ)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
二化の馬鈴薯二株(キタアカリ) ほぼ成熟しているヤーコン 未熟のヤーコン(皮を剥いて干し芋にします)

2011-11-22

2011年11月22日(火)晴れのち曇り

第2農園にて莢えんどうの植え付け(妻同伴)

莢えんどうの苗は第3農園に置いてあり、昨日持ってくるのを忘れたので、朝一番に取りに行きました。
途中、第4農園に立ち寄ったところ、今朝方きつい霜が降りた様でヤーコンの葉が真っ黒になっていました。

苗はスナップえんどうと大莢えんどうで、空いている部分にはスナップと大莢えんどうの種を蒔いてみました。
種蒔きは若干遅すぎたと思いますが、近々穴の空いたビニールで囲えば追いつくと思います。

昼食は第2農園にて摂り、次に第3、第4農園に行く予定にしておりましたが、風がとても冷たいので、自宅に帰って温まった次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第4農園は強い霜が降り、ヤーコンの葉は真っ黒 第2農園でも莢えんどうを植え付けたり種を蒔いたり 自然薯収獲跡に植えた玉ねぎに籾殻を撒きました
4.jpg 5.jpg
白菜の葉は虫喰いが激しく、レース編みの様です このところカラスの合コンが真っ盛り

2011-11-21

2011年11月21日(月)晴れ

第3農園にて、莢えんどうに風避け、霜除けのため、笹竹を立てました(妻同伴)

昨日は大雨が降りましたが、風も強かった様子で長目に伸びていた莢えんどうは風に煽られ、何本か千切れていました。
そんな訳で、近所の竹林から笹竹を刈り取って来て、莢えんどうのうえから被せるように立て掛けてみました。

第3農園周辺は風が強く、更に千葉県とは思えないほど寒い地域で、霜はかなり強烈です。
来春の開花期まで、どの程度残ってくれるか分かりませんが、越冬手法を模索しています。

第2農園はかなり暖かいので、これからトマトとナスの作付け跡地に移植したり、播種をする予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨年のこぼれ種から結構良い豆が出来ました 莢えんどうの風避け、霜除のため、笹竹を刈り取り えんどうの苗の上に笹竹を立て掛けました
4.jpg
寒くなってもマリーゴールドは元気です

2011-11-20

2011年11月20日(日)曇り時々雨

実家の菩提寺にて父母の法事、久々兄姉との交流

父と母の法事を別所温泉にある「安楽寺」にて執り行いました。
礼拝の皆様が大勢来られておりましが、静かなたたずまいの中で、執り行って戴きました。

国宝「八角三重の塔」は50年振りに屋根の葺き替え(サワラ材)が行われ、実に美しく、凛とたたずんでおりました。
寺の中では、ボランティアの協力を得、東南アジアの工芸品を販売し、現地の子供の教育などに支援を行っています。

帰りに高速道路のドライブインにて横川の釜飯を食したい息子の希望を受け入れ、釜飯を買って帰りました。

紅葉はほぼ終りつつありますが、名残惜しそうな雰囲気です。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
曹洞宗安楽寺 紅葉は終盤、ゆっくりと冬の佇まいに変化 改修なった三重の塔は美しく映えています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
東南アジアの工芸品を販売するコーナーがあります 横川のドライブインには電車仕様の食堂がありました 釜飯の荻野屋さんは大繁盛です

2011-11-19

2011年11月19日(土)雨

信州初日はやはり蕎麦でしょう

昨日深夜信州へ向けて出発、朝の3時頃に到着してそのまま布団の中へ。
若干遅く起床をし、朝食後に親戚宅に手土産を持参。

昼食はお気に入りの「そば処 倉乃」まで蕎麦を食しに・・・。
午後は友人宅に手作り味噌などを持参し、帰りがけに直売所に立ち寄りって豚汁をご馳走になりました。

その後高校の同級生が経営しているリンゴ園まで出向き、リンゴの予約後、恩師の病気見舞いに行き、実家に帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
雨降りですが、直売所はお客さんは大勢居られました 昼食は「そば処 倉乃」にて10割そばを・・・実に美味い 入り口では若い店員さんが蕎麦打ちの実演を行っています

2011-11-18

2011年11月18日(金)曇り一時雨

午前は餅搗きのお手伝いなど (妻同伴)

午前はオーナー宅餅搗きのお手伝いに行き、搗き終わってから久々量販店に買い物に行きました。
街中の人が集まる場所は空気が淀んでいて、息を一杯に吸い込む気にはなりません。
そんな中、食堂にて大盛りのうどんを食して長居をしてしまいました。

昼食後、第3農園に行って緑米の稲ワラを選(すぐ)ってしめ縄用に用意。

毎年の事ですが、信州の友人宅にリンゴを買いに出掛ける準備で、少々の手土産を用意しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日抜き取った生姜です ベランダの長ねぎは密植過ぎて伸び悩んでいます 緑米や落花生、自然薯、手前味噌なども準備しました
4.jpg
サンシャインブルー♂×チャンドラー♀の実生が紅葉

2011-11-17

2011年11月17日(木)晴れ

畦畔大豆の刈り取り、第4農園移植大豆の抜き取りなど(妻同伴)

昨日は第4農園の直播き大豆の抜き取りを行いましたが、今日は残りの大豆を収穫しました。
南側水田畦畔で作付けした大豆の約半分は枝豆に化け、残りの大豆を剪定鋏で切り取りました。
抜き取らない理由は、抜くと畦畔が崩れ、漏水する恐れがあるので、大豆の茎を鋏で切り取りました。

第4農園にて移植した大豆、約30株前後を抜き取りましたが、何故か短幹で地際の莢は泥だらけです。
収穫後、第3農園に運び込み、水道水の圧力で洗浄し、殻ごと掘っ立て小屋で乾かします。

その他、初めてまともに生長した菜っ葉類等(ターサイ、チンゲンサイ、からし菜、だいこん)を収穫しました。
第4農園は、甘藷と大豆の収穫を終え、残りは殆ど菜っ葉類になったので、かなり寂しくなりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田隣、里芋収獲跡に植えた玉ねぎ 南側水田、枝豆にならず永らえた大豆(小糸在来) 移植大豆は短幹ですが、莢は多い様です
4.jpg 5.jpg
ビニールハウス内で干し始めた大豆です 甘藷、大豆の収穫が終わると景色が寂しくなりました

2011-11-16

2011年11月16日(水)晴れ

午前中は餅搗き、午後は大豆の抜き取りなど(妻同伴)

第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて拙宅分の餅搗きを3臼行って戴きました。
折り込み地域新聞の「井戸端カフェ」さんが取材に来られ、写真なども撮って行かれました。
小生も撮影したのですが、買って間もない今話題になっいいるメーカーのカメラ・・・。
設定がよく分からず、クリスタル設定などで撮影してしまい、とても公表できません。

午後は第3農園に移動し、ビニールハウス内を片付け、大豆を乾燥するためのビニールシートを敷きました。
第4農園て枯れ始めた大豆を手で抜き取りましたが、ほとんど抜けないので、三俣鍬で掘り起こしての抜き取り。
週末は雨が降る予報なので、莢を濡らしてしまうとカビが生えると収穫皆無何て事も・・・。
そんな訳で今日、枯れて弾け始めたものは全て抜き取って収納したので一安心。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
抜き始めたものの、意外と重労働、止める訳にもいかず・・・ 冷たい風が吹き始めた頃に終了 収獲跡に虫を求めてセキレイが来ていました
4.jpg
摘み取り用菜花が咲き始めました

2011-11-15

2011年11月15日(火)曇り時々晴れ

甘藷を全て掘り終えました

甘藷は掘り取り時期が遅過ぎると、貯蔵が芳しくない様なことが言われていたので、急遽一気に掘り取りを行いました。
パープルスイートは草勢が強く、芋の出来も旺盛で、タマユタカとほぼ同等の収量の様に思えます。
太白は草勢は中位で、芋の付き方はタマユタカの7割前後と思われます。
貯蔵予定の芋は洗わずに、ビニールハウス内にて乾燥させ、自宅に持ち帰ります。

その他、昨日土室(つちむろ)から取り出した里芋を親芋を付けたまま水圧で泥を洗い流し、乾かして持ち帰りました。

帰る途中、お知り合いのT様宅に立ち寄り、この秋は誰でも無難に収穫が出来た野菜を持参しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
パープルスイート(紫いも) 太白 昨日掘り取ったベニアズマを水圧で洗浄
4.jpg 5.jpg 6.jpg
北部ハイブッシュのジューン 北部ハイブッシュのランコーカス ハーフハイブッシュのチッペア

2011-11-14

2011年11月14日(月)晴れ時々曇り

安納いもを掘り終わりました(妻同伴)

朝一は第2農園オーナー宅、「にわとりひろば」にて緑米を3臼分洗って水に漬け込みました。
明後日(16日午前)、オーナー宅の協力により拙宅分の餅搗きを行います。

第3農園にて、昨日掘った甘藷(タマユタカ)を井戸水により傷が付かないように水圧のみで土を流し、園芸用トレイに入れて乾燥。
次に、掘っ立て小屋内に伏せていた里芋を親芋から外し、樽の中に水を入れて洗浄板でかき回して洗って天日に干しました。
その他、セレベスと赤芽系里芋の親芋のヒゲ根などを取り、茎の部分を剥き取って整えました。

昼食後、第4農園にて甘藷(安納いも)を全て掘り取って第3農園に運び込み、そのまましばらく表皮の乾燥と糖化促進を行います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玄米に少し傷を付けた程度の米を洗って2日間水に浸けます 先日室に埋めた里芋を掘り出しました 手前太白、奥は訳ありのタマユタカです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第4農園にて、安納いもを掘り終わりました リヤカーに載せて運搬し、糖化のため、しばらく貯蔵します 10月27日に蒔いたほうれん草、生え揃いました

2011-11-13

2011年11月13日(日)晴れ時々曇り

息子親子が芋掘りの手伝いに来てくれました(妻同伴)

昨日まで日中でも肌寒い日が続いたのですが、今日は汗をかくほど暖かい1日でした。
そんな中、息子親子が甘藷掘りに来てくれました。
お陰で、ベニアズマとタマユタカを全て掘り取ることが出来、残りはパープルスイート、太白、安納いもの3品種になりました。

そろそろ厳しい霜が降りる頃となりますので、慌てない様に掘り取りを済ませたいと考えて居ります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ナスもそろそろ終盤、とても硬く締まっています 無臭にんにくは寒さには影響を受けずに生長します 孫がリヤカーを引いて手伝ってくれました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
若干大きすぎるタマユタカです こんなに大きなモノ(タマユタカ)は扱いづらく持て余します 拙宅庭のジャンボレモン、だいぶ色付きました

2011-11-12

2011年11月12日(土)曇り時々晴れ

甘藷(太白、安納いも)を掘りました(妻同伴)

午前中は第3農園内を巡回し、観察などを行いました。
ブルーベリーのジョージアジェムにカイガラムシがとり付いて、とても痒そうです。
急いで削ぎ取りましたが、きめ細かな巡回が必要になりました。

昨日、たっぷりと雨が降ったので、玉ねぎの苗や九条ねぎがしっかりとしてきました。
午後は、第4農園にて甘藷の太白(たいはく)と、安納(あんのう)いもをコンテナ各1つ掘りました。

大豆はほとんど葉を落とし、莢が乾き始めました。
雨が降り続けるとカビてしまうので、しばらく降らないで欲しいと思っています。

その他、ヤーコンを2株掘ってみましたが、昨年とは比較にならないほど、豊作になりそうです。

夕食後、息子宅に芋や菜っ葉類などを車に積んで行って来ました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
カイガラムシが付いて見るからに痒そう 玉ねぎの苗は無事根付いた様です 植えた時はダラーとしていた九条ねぎ、とても元気です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
太白は年明けまで保存すると糖化が進み、美味になるとの事 大豆(小糸在来)が葉を落とし、莢が乾き始めました ヤーコンを掘ってみました

2011-11-11

2011年11月11日(金)雨

朝から雨降りですが、餅搗きのお手伝いに行ってきました。

夜明け頃から予報より少し遅れての雨降りです。
農園作業はお休みですが、第2農園オーナー宅餅搗きのお手伝いに行ってきました。
風はないものの、つめたい雨が降っているので厚着をしていても寒いくらいです。

11時前には搗き終わり、少々休んでいたものの、寒気を感じたので風邪など引かぬよう早々にお暇。

自宅に帰って昼食を摂り、こたつの中に深々潜ってしばし居眠りなど。
寒いときは無理をせず、温かくして過ごすのが一番でしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
2日間水に浸けた餅米を蒸籠(せいろ)で蒸しています 餅搗きは息の合った夫婦で搗くのが一番 最後は蓬餅を搗きました

2011-11-10

2011年11月10日(木)曇り一時晴れ

農園作業をお休みし、栄町まで行ってきました

第2農園オーナーと栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん(リンク参照)へお使いに行ってきました。
今年は珍しく拙宅野菜類の成績が宜しかったので、色々な野菜を持参しました。
ピッパラさんの店内に展示されている沢山の中から、甘系のパン何種類かを買って来ました。

帰りの途中、県立房総の村に立ち寄り、昼食を摂った後、成田市の自然食品のお店に立ち寄って帰宅。

今日はとても冷え込みが厳しく、朝は石油ストーブを点けたり、こたつのスイッチを入れたりしております。
何せ、省エネとか節電とか言いましても、我慢し過ぎて風邪でも引いたらもっと不経済でしょう。
そんな訳で、小生としては身体は冷やすことなく、温々と生活したいと考えて居ります。

1.jpg 2.jpg
「パン焼き小屋ピッパラの樹」店内です 房総の村の園内では桜が咲いていました

2011-11-9

2011年11月9日(水)曇り一時晴れ

おだがけ棒(はざがけ棒)を片付けました(妻同伴)

緑米の脱穀が終わり、昨日は第2農園オーナー宅にて籾摺りが行われました。
今年は防鳥網や防鳥テグスを張ったので、拙宅分は玄米での収穫量は116堋度あったようです。
全体的に歩留まりが良く、粃(しいな・・・未成熟粒)が少なかったようです。

午前中はオーナーと「はざがけ棒」の足の部分を抜いて結束し、軽トラにて納屋に運んで収納。

昼食後、妻とともに緑米の籾殻をポリ袋に入れて収納(11袋)。

引き続き軽トラにて、長い「はざがけ棒」を運び収納し終了したのは15時。

その後、第3、第4農園に行き、ほうれん草、チンゲンサイ、ターサイ、だいこん、白菜などを収穫。
白菜は未だ巻が弱いので10日程度待てば良いモノが期待出来そうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米の籾殻はかなり黒い色をしています 長い「はざがけ棒」を降ろしているところ 長さ15冂度のだいこん、品種名は不明です

2011-11-8

2011年11月8日(火)曇りのち晴れ

第4農園にて野菜の収穫(妻同伴)

昨日に引き続き甘藷(タマユタカ、安納いも)を掘り取り、水圧で土を流してから風乾させました。
今年の安納いもは貧弱なモノが多く、若干物足りない様です。
一方、タマユタカは亀裂が発生し、その上大きなモノが多く、手頃なサイズのモノが少ない状況です。
タワシなので洗うと傷が付き、そこから腐敗が始まるので、水を掛けて土を流し、小屋の中で乾燥します。

その後、ほうれん草、小松菜、チンゲンサイ、ターサイ、長ねぎ(赤ねぎ、石倉一本)からし菜などを収穫しました。
今日は「立冬」、流石に「涼しい〜寒い」になり、夕暮れ時には上着が必要になってきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
上の白い芋は「タマユタカ」、下は「安納いも」です 左からほうれん草、小松菜、チンゲンサイ、ターサイ 長ねぎの手前が赤ねぎ、中央から奥が石倉一本

2011-11-7

2011年11月7日(月)曇りのち晴れ

土室に種馬鈴薯、里芋類を貯蔵(妻同伴)

種馬鈴薯(男しゃく、キタアカリ、ホッカイコガネ、サヤアカネ、メークイン)と里芋(セレベス、八つ頭)の種芋を貯蔵。
種芋を入れた室(ムロ)には土を掛け、その上から稲ワラを掛け、雨が入らないようにしました。

次に、第4農園にて先月27日に蒔いたほうれん草の畝続きに、10日間開けてほうれん草を蒔いてみました。

久々に甘藷(太白、パープルスイート)を掘り取って自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスの小芋を洗って干し、持ち帰りを忘れました 馬鈴薯と里芋類の貯蔵です 大豆(小糸在来)の葉が大分枯れ落ちました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
これからの小松菜、ネットリと肉厚で美味 野沢菜が大分生長しました ほうれん草とコンテナ内左はパープルスイート、右は太白

2011-11-6

2011年11月6日(日)雨

雨降りのため、1日家の中でゴロゴロ

予報通り、殆ど1日雨模様。
種芋としてストックしていた馬鈴薯、芽が出て来て放置すると消耗するので、芽欠きを行いました。
全部で9袋ありましたが、腐敗が始まっていたシンシアとキタアカリの一部を外しました。

シンシアは芽が殆ど出ないので、貯蔵するには宜しいのですが、傷が少しでもあると腐敗します。

来春、種芋としてどの程度使えるか分かりませんが、今回初めての試みをしてみます。
取りあえず、男しゃく、キタアカリ、ホッカイコガネ、サヤアカネ、メークインの5品種で試します。

1.jpg 2.jpg
芋の芽欠き作業は意外と時間が掛かりました 保存は冷暗所(2〜5℃)程度が宜しい様です

2011-11-5

2011年11月5日(土)晴れ〜曇り〜雨

第3農園にて、玉ねぎ、エンドウの定植(妻同伴)

第2農園の玉ねぎ苗(パワー、緋だまり)を苗床から抜き取り、第3農園へ。
昨日に引き続き、玉ねぎの定植を行いました。

連日、しゃがみ込んだ仕事なので、太ももから臀部にかけて張りが出て来て、そろそろ限界状態です。
それでも明日は雨模様なので、ノンビリと1日を過ごせるので、今日は少々無理をしてしまいました。

ポット蒔きにしていたえんどう豆3品種(スナップ、大莢えんどう、小舟早生)を自然薯収獲跡などに定植。
防寒用に根元周りに稲ワラを敷き詰め、土を寄せて固定。
当地は凍害を起こすので、若干苗が伸びすぎたように思うので、株間に追い蒔きをする予定。
先日収穫した里芋(石川早生)を親芋から小芋を放し、洗って持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉ねぎのパワー約130本、緋だまり約110本を定植 スナップ、大莢えんどう、小舟早生を各15本定植) 石川早生の小芋は本当に小芋です

2011-11-4

2011年11月4日(金)晴れ

餅搗きのお手伝い、稲ワラの片付け、玉ねぎの植え付けなど(妻同伴)

久々に餅搗きのお手伝いを行い、主に捏ねと餅の伸し作業を行いました。
餅搗き終了後、第2農園にて玉ねぎ苗のネオアースを抜き取り、第3農園に移植しました。
その他、生長が遅れているソニック、泉州中高黄、パワーなどがありますが、発芽率、生育ともに芳しくありません。

赤玉ねぎの「緋だまり」は本数は少ないものの、苗は大き目に育っているので、明日にでも移植する予定。

第3農園のブルーベリーの紅葉が進み、虫喰い状の葉ですが、写真に収めました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今年も第2農園夫妻の餅搗きが始まりました 緑米の稲ワラを第3農園に運搬しました 第2農園にて玉ねぎ苗のネオアースを抜き取りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎのソニック85×4列(約340本) ハーフハイ・ハイブッシュ系チッペアの紅葉 南部ハイブッシュ系クーパーの紅葉

2011-11-3

2011年11月3日(木)曇り

玉ねぎ苗の植え付け、菜っ葉類の収穫など(妻同伴)

午前の仕事は、第2農園にて玉ねぎ苗(天寿)の抜き取りを行いました。
次に、昨日脱穀した緑米の稲ワラを軽トラに積み、第3農園に運んでストック。

小生は第2農園から抜いて来た玉ねぎの植え付け(約200本)
次に、ビニールハウス内に蒔いた、甘玉ねぎ(約260本)を抜いて植え付けました。

妻は第4農園にてほうれん草、ターサイ、チンゲンサイなどの菜っ葉類を収穫。
特に、白菜を植え付けた株間にターサイを蒔いて置いたところ、これが大当たり。
防虫ネットを掛けていたので、虫食いが無く、とてもよい出来栄えでした。

今後の作業は、玉ねぎの植え付けが2畝半(約1000本)ほど残っています。
同じ作業を続けると下半身が厳しいので、1日一畝程度でノンビリと植え付ける予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉ねぎ(天寿・甘玉ねぎ)85×5列を植え付けました からし菜、そろそろ収穫して漬け物にすると最高の味 アレレ・・・西瓜?、否、球形の冬瓜です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
遅植え過ぎたラッキョウが芽を出してきました ターサイを収穫しました 軟弱なほうれん草、霜に当たるほど美味になります

2011-11-2

2011年11月2日(水)晴れ

緑米(糯)の脱穀を行いました(妻同伴)

緑米は大小9枚の水田にて作付けし、それを「おだがけ」し自然乾燥を行ったものを脱穀しました。

小生、定期検診のたため若干遅くなり、幼稚園管理の水田分はお手伝い出来ませんでした。

昨年は雀の害が甚だしく、脱穀していても気分が優れませんでしたが、今年は殆ど被害がありませんでした。

その理由は、今年は防鳥ネットやテグスを張り廻らし、その防鳥効果のお陰です。
収穫量は籾の状態ではどの程度かはハッキリしませんが、昨年より若干宜しいのではないかと思っています。

11月ともなると日中の時間が短いので、休み時間を短くし、10時半から16時過ぎ頃まで頑張り、今年の脱穀は全て終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
おだがけから直接降ろして即脱穀します 芋煮会を行った水田もご覧の通り 稲ワラは直ぐに束ねるに限ります
4.jpg
この作業、重ければ重いほど宜しい様で

2011-11-1

2011年11月1日(火)晴れ

第4農園の甘藷の葉に霜が降りた様です

今日は第2農園にて玉ねぎの定植と第3農園野菜区にて、玉ねぎの定植床作りの1日でした。

第4農園では甘藷の葉が黒くなり始め、霜が降りた様です。
大豆の葉も緑から黄色に変わり、落葉後莢が弾ける前に収穫します。

第3農園里芋類の収獲跡に玉ねぎを定植するため、植え床作りを行いました。
蛎殻石灰、鶏糞、籾殻を適宜撒いてから大型耕耘機で耕起後、小型耕耘機で畝を作りました。
今まで紐を使わない畝作りをしていましたが、今回から紐で畝幅を一定にし、曲がらない様に行いました。
更に、ポリマルチを行うことで雑草対策は効果がありましたが、ネキリムシが長期間温々と生息するので今回は止めました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園にて昨日の続き玉ねぎ(天寿)の定植を行いました 第4農園大豆の葉は殆ど緑がなくなりました 甘藷の葉が霜に当たって黒くなり始めました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第3農園のほうれん草は収穫適期です 里芋類収穫跡に玉ねぎ定植床を作りました 「にわとりひろば」ではツワブキが咲いていました