トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2011-12

<< 2011-12 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2011-12-31

2011年12月31日(土)晴れ

今夜は新潟のし蕎麦(へぎそば)で年越しです。

午前中はベランダの汚れが甚だしいので、大掃除を行いました。
ブルーベリーの葉が沢山落ちており、泥土も沢山ありで、終了したのは12時を過ぎておりました。

昼食後、第2農園オーナーのお知り合いから年越し蕎麦が届き、予約していた拙宅分を受け取りに行ってきました。
燻製庫ではSさんが「燻りガッコ」作りを行っていて、一週間ほど干しただいこんを吊しておりました。

今年も今日で最後となりました。自分の生活は何とか自己満足しているのですが・・・・。
世の中の動き(特に政界とマスコミ)などにはガッカリで、不満たっぷりです。

政治家には除夜の鐘を聴き、自らの煩悩を見直して出直して欲しいもの。
特に、「直ちに健康に影響がない云々」と発言したボクちゃんには退場願いたい。

皆様方には来年も益々ご発展することを祈念致します。
平成24年も宜しくお願い致します。

兎→→→龍

1.jpg 2.jpg 3.jpg
へぎ蕎麦と辛味だいこん オーナー宅では道沿いで根菜を直売 「にわとりひろばのお店」メニューと価格

2011-12-30

2011年12月30日(金)晴れ

今年最後の餅搗きを行いました

「にわとりひろば」にて今年最後の餅搗きを行いました。
天気は良いのですが、冷たい風が吹いていたので耳などが痛くなるほどでした。

昼食後、お世話になっているIMさん宅に年末の挨拶に伺いました。

夏場お世話になったSJ様宅に菜っ葉類を持って行ったところ、しっかりした田作りを戴いてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
立派、今時3人のお子様連れのヤングママ 今日の一臼は黒米1割入りの餅を搗きました SJ様宅に伺ったところ見事な田作りを戴きました

2011-12-29

2011年12月29日(木)晴れ

無選別大豆の選別作業を行いました

午前中は近くのスーパーまで買い物に行ってきました。
間もなく正月を迎えますが、拙宅では大した料理はつくる予定は無い様です。
それに致しましても、若干は食料を買い求めてきました。
忘れていた無選別大豆の選別をベランダにて日向ぼっこをしながら行いましたが、14時半頃から急に冷えてきました。
そんな訳で、急遽居間に運んでコタツに当たりながら選別作業を行いましたが、中々捗りません。
記憶がハッキリしないのですが、割れ大豆を入れた袋の中に黒大豆が混ざっていたので取り出しました。

年明けに割れ大豆や軽度の虫喰い豆で試験的に豆腐を造ってみる予定です。
この豆腐を強目に絞り、冷凍庫の中で熟成させ、「凍り豆腐」を造る計画をしています。

明日は今年最後の餅搗きのお手伝いです。

1.jpg 2.jpg
最初はベランダでの作業 途中から寒くなり、コタツに当たりながらの作業

2011-12-28

2011年12月28日(水)晴れ

正月の準備が始まりました。

午前中は餅搗きのお手伝いを行いました。
「にわとりひろば」でも正月の準備が整い始め、鏡餅を造ったり、門松が一対置かれたりで、雰囲気が出て来ました。

午後は昨日同様、家の中でノンビリと過ごしました。

夏頃から拙宅ジャム等加工工房の壁板のコーティングが剥がれ、全面張り直しを行う事になりました。
勿論、不具合発生ですから全面的にメーカー負担です。
加工室なので熱と水に強いボードを使用したのですが、接着などに原因があったようです。
何処も同じでしょうが、新規施工よりやり直しは時間も経費も嵩む様です。
それにしても、お客がクレームを付けなければの「黙りは」信義に反するのでは・・・

施行は年明けですが、当方は物置状態の工房をきれいに整理しなければなりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米で出来た鏡餅 本格的な門松が「にわとりひろば」に一対届きました 半乾きの干し芋を作ります(太白と安納いも)

2011-12-27

2011年12月27日(火)晴れ

今日も餅搗きのお手伝いだけで、午後は家の中でノンビリ(妻同伴)

今朝も餅搗きのお手伝いです。
第2農園オーナー宅「にわとりひろば」は竹林などで風除けがあるのでとても暖か。

風避けのない田圃などに行くと空っ風が吹き、長時間は居られません。
そんな訳で昼食を済ませて早々に帰宅し、家の中で過ごしました。

1.jpg 2.jpg
蒸した餅米をキッチリ捏ねないと餅が良く搗けません 今日はSさんが飛び入りで搗いてくれました

2011-12-26

2011年12月26日(月)晴れ

午前中は餅搗きのお手伝い、午後は野菜などの収穫(妻同伴)

今日から3日連続で餅搗きを行います。

今日は全て白い餅の注文で、何時も玄米餅を搗いているので、旨みを捨てている様な気がして勿体なく思いました。

午後は第3農園に移動し、にんじん、ほうれん草を収穫。第4農園にて長ねぎ、だいこんを収穫。

帰り際、小屋の中に伏せて置いた里芋を桶の中で洗って持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日は全て白い餅を搗きました 第3農園雨水が凍り、厚さは約3 にんじんとほうれん草を収穫
4.jpg 5.jpg
長ねぎを収穫しました(赤ねぎと石倉一本) 秩父地方の地だいこんが育ちました

2011-12-25

2011年12月25日(日)晴れのち曇り

年賀状を作成しました

先日、年賀状の宛先だけは整理したものの、裏面印刷などは全く手付かずでした。
農園作業は沢山ありますが、今日は一気に仕上げる予定で外出は控えました。
一年ぶりに使用するソフトは年々忘却の一途、極簡単な貼り付けで済ませてしまいました。

平成23年版はオリジナル写真などを貼り付けたりしておりましたが、24年版は超省略です。
若干、近況等も書き入れたいとは思っていますが・・・。

1.jpg 2.jpg
ベランダにて大豆の仕上げ乾燥を行いました 全面色付けなので印刷には時間が掛かりました

2011-12-24

2011年12月24日(土)晴れ

野菜の収穫、施肥管理など(妻同伴)

朝はとても寒いのですが、気合を入れて第4農園に直行し、先ず各種野菜を収穫。
次に、寒さでなかなか伸びて来ないほうれん草などに完熟鶏糞を散布後潅水。

今時、潅水を行うと霜抜けが進みそうなので、防止効果の期待を込め、籾殻を撒いてみました。
遅植えしたラッキョウは寒さに耐えてはいるものの、弱々しいので凍害を受けない様に培土。

午後、南側水田隣、里芋作跡地に植えた玉ねぎに凍害防止と生長を促すため、ネットを張ってみました。
今日は良く晴れ風も殆どなく、過ごし易かったのですが、日が傾くと急に寒くなりました。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料

1.jpg 2.jpg 3.jpg
各種野菜の収穫を行いました 幼いほうれんそうに鶏糞と籾殻を撒きました 寒さでヨレヨレのラッキョウの根元に培土を行いました
4.jpg
たまねぎに凍害防止のネットを覆いました

2011-12-23

2011年12月23日(金)曇り

餅搗きの後、「パン焼き小屋ピッパラの樹」へ(妻同伴)

今日は天気予報に反し、曇り空で北風も吹いてとても寒く、とても外出したい気分ではありませんでした。
午前中は「にわとりひろば」にて餅搗き、何時ものように小生は捏ねと伸し作業を行いました。
妻は伸し作業と「かまど」の番で、第2農園オーナーご夫妻が呼吸の合った餅搗きを行いました。

11時頃に搗き終わり、その後畑仕事の予定でしたが、余りにも寒さが身に凍みたので急遽中止。

早目に帰宅するのは勿体ないので、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」のパンを買いに行き、昼はパン食で済ませてきました。

それに致しましても寒すぎるので、早々に帰宅し、炬燵に潜り込んで暖かくしてゴロゴロしておりました。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料

1.jpg 2.jpg 3.jpg
蒸籠は焦げない様、スチールのカバーをしています 寒いのに見学者が何人もおりました 「パン焼き小屋ピッパラの樹」全景です

2011-12-22

2011年12月22日(木)曇り

年賀状の準備、住所録の整理などを行いました

今日は曇り空で、とても寒い1日でした。
若干疲れて風邪気味なので外出せず、家の中で過ごしました。
そろそろ気になって来ている年賀状の住所録を整理したりして家の中で暖かくしておりました。

明日は第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて餅搗きです。(拙宅分は二臼)

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料

1.jpg 2.jpg 3.jpg
先日戴いて来たシクラメン、元気に咲いています 第4農園の菜花、部屋の中で一斉に咲きました 実生の♂サンシャインブルー×♀チャンドラー

2011-12-21

2011年12月21日(水)曇り

上野の森美術館に行って来ました(妻同伴)

上野の森は久しぶりに出掛けました。
横断歩道を渡り、階段を上り切ると西郷さんの銅像が建っています。
西郷さんの銅像から約30m右手奥に進むと「上野の森美術館」があります。

早速妻と入館すると丁度受付に従姉が居られ、挨拶などをした後、森 仁志画伯の油絵などを観せていただきました。
油絵はフランスのプルターニュ地方の巨石群をテーマにしたもので、2×3m前後のキャンパスに繊細かつ大胆に描いております。

2階の殆どのスペースは三栖右嗣、岡本太郎、東山魁夷、池田満寿夫等々有名な画伯のリトグラフ作品が展示されておりました。

残念ながら撮影禁止のため、館内はご紹介は出来ませんが、是非とも出掛けてみて下さい。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館
●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日
●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料
森氏は小生の従姉のご亭主です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
上野の森、先ずは西郷さん 上野の森美術館正面 森仁志のあゆみ展「大版画回顧出品作家」
4.jpg 5.jpg
公園内の清水観音堂、正月の準備が整っています 師走の「アメ横」に寄り道して帰宅

2011-12-20

2011年12月20日(火)晴れ

第2農園にて稲ワラのカットと散布など (妻同伴)

第2農園オーナーの知り合いから動力カッターを借り受け、第2農園に積んである稲ワラを全てカットしました。
今日は遅い出足で、10時半を過ぎてから作業を開始し、カットが終了したのは12時半頃でした。
昼食を済ませてからカットした稲ワラを野菜区全てに撒き、霜抜けしても畝間に入れるようにしました。

堆肥にして鋤き込む方が効果はあると思うのですが、極端な手抜きをしてしまいました。
今日撒いた稲ワラが土に馴染んで畑がぬかり始めたら、何度でも稲ワラを撒く予定です。

ブルーベリーのリンダブルー、ミスティー、マグノリアの花芽がふっくらと膨らんでいます。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館
●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日
●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料
森氏は小生の従姉のご亭主です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
軽トラ山盛り2台分をカット 野菜区全面に稲ワラを撒きました 遅く蒔いた「莢えんどう」やっと芽が出て来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
北部ハイブッシュのリンダブルー 南部ハイブッシュのミスティー 南部ハイブッシュのマグノリア

2011-12-19

2011年12月19日(月)晴れ

第3農園はとても冷えていました (妻同伴)

今朝は第3農園に直行し、黒豆の最終選別を行い、豆がらを園内に廃棄しました。
荒選別の状態で約三合程度ありましたが、虫喰いや割れたものを省くと二合程度になってしまうと思います。

先日鞘のもぎ取り作業を行った時、妻の作業が雑だったので、重箱の角を突いて見たところ、約100粒ほど残っていました。
妻にはこの件に関しては一言も話は致しません。
ねぎの苗を植え付けている時は近寄りませんでしたが、チャッカリとご機嫌で長ねぎを収穫して来ます。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館
●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日
●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料
森氏は小生の従姉のご亭主です。


1.jpg 2.jpg 3.jpg
千葉で-8℃、信じられますか(左上の目盛) 最終的な黒豆の選別 重箱の角を突いた成果
4.jpg
石倉一本長ねぎ

2011-12-18

2011年12月18日(日)晴れ

フリューゲル・ザール(ドイツ語で翼ホールの意)のアフタヌーンパーティーに参加(妻同伴)

声楽家の木内朋子さんご夫妻宅のフリューゲル・ザール(室内楽専用ホール)にてアフタヌーンパーティーが開かれたので、参加しました。
木内朋子さんのコミカルな「あわて床屋・クルミの木の下で」はとても楽しく聴かせていただきました。
続いて、梶取さよりさんのとても澄み切った歌声、夫の梶取弘昌氏の「叱られて」のバリトンは圧巻でした。

更に、湯浅喜一さん自の詩の朗読、菊地美奈さんの独特で、しんみりとしたシャンソンの熱唱等々。
ピアニストの竹尾真紀子さん、間瀬恵理さんの演奏などは流石でした。

その他、湯浅恵美子さんの繊細でとてもピュアーな絵画の展示が雰囲気にピッタリでした。
また、フリューゲル・ザールを設計した徳井正樹氏の施設建設の苦労話はとても印象に残りました。

最後に、参加者全員で「上を向いて歩こう」を歌って散会致しました。
今日のパーティーはとても気分が高揚し、農園作業とは別の意味で血の巡りが良くなった様です。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館
●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日
●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料
森氏は小生の従姉のご亭主です。

   
1.jpg 2.jpg 3.jpg
4.jpg 5.jpg 6.jpg
7.jpg 8.jpg 9.jpg

2011-12-17

2011年12月17日(土)晴れ

今朝はかなり冷えましたが早めに餅搗きのお手伝いに行きました(妻同伴)

第2農園オーナー宅「にわとりひろば」まで餅搗きのお手伝いに行きました。
何時もより約30分ほど早く出掛け、11時前には終了しました。

昼食は持参しませんでしたが、第3、第4農園に出掛け、白菜、ターサイなどを収穫して帰りました。
とても良く晴れてはいましたが、北西からの冷たい風が強く吹いているので早々に帰宅。

【お知らせ】
リトグラフの刷師として活躍する森 仁志 のあゆみ
●開催地 上野の森美術館
●開催期間 2011年12月21日〜2012年1月5日
●開催時間 10:00〜17:00 期間中の休館日は、12/29(木)〜1/1(日)
●料金有料  一般500、大学生以下無料
森氏は小生の従姉のご亭主です。

   
1.jpg 2.jpg 3.jpg
初めて蒔いてみたパクチョイ、鳥に啄まれています からし菜は塩漬け後、塩出しをして煮て食べると美味 こぼれ種から生き残ってきたチンゲンサイです
4.jpg 5.jpg
かなり凍害に遭ってしまった白菜です 水仙が咲き始めました(拙宅庭にて)

2011-12-16

2011年12月16日(金)晴れ

また風邪を引いてしまいました

風邪を引いてしまいましたが、何時も大豆の選別をした次の日が良くありません。
先日、マスクを二重にして作業を行ったところ何もなかったのですが、昨日はマスク一枚で行いました。
大豆選別時の埃を吸い込んだのが原因と思っていましたが、ハッキリした様です。
そんな訳で、今日の午前中は農園作業はお休みにし、暖かくしておりました。

天気予報によると明日の朝は-3℃になるとのことでしたが、第3農園周辺は-8℃位になると思われます。
第3農園の潅水用の配管バルブが凍結し、破裂する心配があるので、急遽止めに行きました。
園内5ヶ所のバルブを閉め、バルブ穴には枯れ草などを詰め込み、ホースのノズルは解放しました。

帰り際、第4農園のだいこんが凍結しない様、根元に土寄せしてきましたが、果たして効果がありますでしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
九条ねぎも普通の白ネギ、早速ねぎ味噌にして食しました 凍結を防ぐため、だいこんの根元に土を寄せました 遅蒔きのほうれん草は中々生長しません

2011-12-15

2011年12月15日(木)晴れ

第3、第4農園にて諸作業(妻同伴)

朝一、妻が野沢菜を収穫しましたが、かなり残して来たので小生が残らず収穫し、軽く干しました。

黒豆の莢の乾燥が芳しくないので脱粒が中々進まず、朝から干したものを14時頃からレーキで叩いて脱粒しました。
篩に掛けて選別しところ、約1堋度が穫れ、今後更に選別しても1〜2合前後と思います。

ブルーベリーの落葉が進み、隠れていたカイガラムシが現れてきたので急いで削ぎ取ってやりました。

一昨年ブルーベリー畑に蒔いた小松菜、自然交配した実生は色々に化け、小松菜の面影がありません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
野沢菜はしんなりする程度に干し、洗って漬け込みます 黒豆は約1キロ程度選別出来ました ジョージアジムに付いたカイガラムシ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小松菜の実生、色々に化けてしまいます

2011-12-14

2011年12月14日(水)雨のち曇り

雨降りのため、農園作業はお休み

朝から冷たい雨が降っていました。
昨日とは理由は違いますが、今日も農園作業はお休みです。
ベランダに出てみてもとても肌寒いので、こたつに当たってゴロゴロしておりました。

昼食後、腹ごなしのため、妻とともに近所をぐるりと散歩に行ってきました。
今は露地の花が少ない時期で、時々山茶花が咲いていました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg

2011-12-13

2011年12月13日(火)晴れ

所用で農園作業はお休みしました

所用があり、今日は農園作業をお休みです。
ベランダにてコンテナに入れた甘藷を毎朝陽に当て、表面を乾かしながら糖化をさせています。
特に越年してから美味になるという「太白」の味を楽しみにしいてます。
拙宅の辺りは第3農園ほどは低温にならないので、夜間に麻袋を被せる程度で十分です。

今年はだいこんも豊作なので、ベランダにて切り干しを行っています。

日暮れ時に帰宅し、フェンスの「さるなし」を見ると来年の芽が余り残っておりません。(妻が余計な剪定を・・・)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ベランダにて甘藷を干しています 三段の籠に切り干しをしています さるなしの花芽が残っていない、トホホの様な・・・

2011-12-12

2011年12月12日(月)晴れ

黒大豆の選別とブルーベリーの選定作業など(妻同伴)

第3農園に直行し、昨日黒豆の莢のもぎ取りをし、シートを掛けて置いたので、取り外して広げて乾燥させました。

乾燥が進むまでラビットアイ系クライマックスの剪定を行いました。
思いっ切り枝を落としたように見えても、しばらくすると枝が密集しているのが分かってきます。
取りあえず一通り大雑把に剪定して、後日園内を見廻りながら整える予定です。
今年は昨年以上に枝が多く、乾燥させて燃やす予定です。(焼き芋が沢山出来そうです)

14時過ぎから黒豆の選別作業を行いましたが収量は僅かで、約2升程度。
今後、弾けていない豆を選別しても1升はムリの様な気がします。
かなり連作障害が出て来ているようですが、もう一年同じ場所で作付けし、結果を見てみたいと思っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
朝一に黒大豆の莢を乾しました 昼過ぎ、レーキで叩いて莢を弾き、荒選別、約2升ありました クライマックスの一時剪定を行いました
4.jpg 5.jpg
剪定枝は山ほど出ます 莢えんどうは若干伸び過ぎの様です

2011-12-11

2011年12月11日(日)晴れ

黒大豆の莢の摘み取りを行いました(妻同伴)

第3農園ビニールハウス内で乾燥させていた黒大豆、乾燥は未だ十分でありませんが、莢を摘み取りました。
埃が沢山出るので、マスクを2重にして作業を行いました。
黒大豆は莢が外れづらく、かなりの力が必要です。
同じ姿勢で2時間以上行っていると腰のあたりがムズムズしてきたので、しばらく他の作業を行いました。

作業が終了したのは日暮れ直前で、日中は風も穏やかでしたが、流石、日が傾くと寒さを急に感じた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
地味な莢の摘み取り作業、根気が必要 何回も霜に当たりヨレヨレのほうれん草 今年は良い形のにんじんが穫れました

2011-12-10

2011年12月10日(土)晴れ

第2農園でも氷が張り、派手な霜柱も立ちました(妻同伴)

今日は栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへお使いに行く予定で、手土産の野菜の収穫に行きました。
先ず、第2農園に立ち寄り、白菜と赤ねぎを収穫。

その後、第4農園に立ち寄ってターサイ、小松菜、菜花、だいこんなどを穫り入れました。
12時少し前にピッパラさんに着き、お気に入りのパンを購入し、店内にて食しました。
そんな中、元日本テレビアナウンサーの藪本雅子さんとNHKスポーツキャスターの小谷実可子さんが来ておられ、軽くお話をしました。
藪本さんは、以前第2農園へ摘み取りに来て下さったり、ピッパラさんのイベントに来られたときにはお会いすることがありました。
今日はご主人と2人の可愛いお嬢さんも連れて居られました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園の桶の水は4〜5伉の氷が張りました 土の上は一面真っ白です 長く伸びた霜柱は重みで倒れています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今日の売れ行きは早そうです 小谷さんと藪本さんバックに2人のお嬢さん 22時頃、月食が始まりました

2011-12-9

2011年12月9日(金)雨〜曇り〜晴れ

「にわとりひろば」にて餅搗きを行いました(妻同伴)

今日も餅搗きです。
いつものように小生は捏ねを行いましたが、十分に蒸し上がっていた様で、とても楽でした。
日差しが無いのでとても寒く、臼の中に入れた熱湯が直ぐに冷めてしまいます。
今日は3臼搗き、うち拙宅分は1臼、1枚1圓凌し餅を6枚と丸餅数個を持ち帰りました。

帰路、とても寒かったので、讃岐系うどん屋さんに立ち寄り、温かいうどんを食してホッとした次第。

昨夜から降っている雨は止むことなく、13時頃まで降って16時以降は晴れています。
きっと明日の朝は厚い氷が張ることと思います。

1.jpg 2.jpg
今日もオーナー夫妻が息の合った餅搗きを行いました 殆ど玄米状の餅米なので白くありません

2011-12-8

2011年12月8日(木)曇り〜雨〜曇り

大豆の最終選別を行いました

今日は雨降りの予報なので、外出もせず、家の中でゴロゴロしておりました。
家の中でもかなり寒く、灯油ストーブを殆ど点けっぱなしで過ごしました。

昼食後、風邪の調子も良くなってきたので、大豆の最終的な選別を行いました。
選別風景は、爺と婆がコタツに向かい背中を丸め、屑豆を選り出しに余念がありません。
選別の結果、選り出して使える豆は16(1斗2升)、屑豆は3升以上です。
屑豆は今後更に選り出し、使えるものは豆腐でも造ってみようと思っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
コタツに向かって背中を丸め妻と豆の選別作業 若干鞍掛豆と交配した種子があった様です 米袋に半分強、ネットの袋は屑豆です

2011-12-7

2011年12月7日(水)晴れのち曇り

暖かい日になりそうなので農園に出掛けてみました(妻同伴)

昨日は雨降りで、その上風邪気味なのでお休みしました。

先ず、第2農園にて無臭にんにく周辺が草だらけなので、除草作業を行いましたが、腰痛の前兆があったので取り止め。

第3第農園に移動し、莢えんどう類の棚作りの続きを行い、取りあえず骨組みは完成。
引き続き、ブルーベリーの株許に生えてきた「大浦ごぼう」を抜き取りましたが、素直でない根のため一苦労。

昼食後、第4農園にて、からし菜、小松菜、野沢菜、ターサイ、白菜などを収穫。
遠方から元調理師のSさんが野沢菜を取りに来たので、沢山持ち帰って戴きました。

14時頃から急に冷えて来たので、早々に片付けて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
溢れ種の大浦ごぼう、掘り取りは散々でした 大豊作の白菜です 「にわとりひろば」の軒下は見事です

2011-12-6

2011年12月6日(火)曇り

風邪気味なので終日家の中

昨日の午前中はとても温かかったので、第3農園にて甘藷を干したものの、昼過ぎに急に冷えてきました。
北風が吹く中、甘藷の土を拭き取り、仕分けしながら収納していましたが、身体を冷やしてしまったようです。

そんな訳で、昨夜から風邪気味で今朝になっても身体がだるいので、薬を飲んで温かくしておりました。
昼食を摂った後、身体が温かくなって来て大分楽になりました。

まー、寒いときは無理をせずに、温かくしているのが一番。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
本年の大豆(小糸在来)の全収量です ベランダのサンシャインブルーの紅葉です 拡大すると花芽が沢山ついています

2011-12-5

2011年12月5日(月)晴れ

えんどう類の棚作り、甘藷の仕分けなど

第3農園に定植等した莢えんどう(スナック、、大莢、小舟早生)の棚を作りました。
来春ゆっくり作る予定でしたが、えんどうの背丈が大きくなってからの作業は傷めてしまうと思い、始めました。
未だ、作業途中で完成ではありませんが、取りあえず大まかに作ってみました。
今後、ノンビリと棚の補強等を行う予定です。
「えんどう」の跡作には、今年成績がとても良かった短形自然薯のムカゴを蒔いてみる予定です。

農園に着いて直ぐ、ハウス内から甘藷(生いも)を運び出し、陽に当てて乾燥させました。

品種ごとの今年の結果は・・・
「タマユタカ」は収穫量は宜しかったのですが、割れが多く、貯蔵には限界がありそうです。
「安納いも」は人気があったので多目に作付けしましたが、成績はイマイチ(小粒が多い)
「パープルスイート」は草勢が強く、一株当たりの収量はタマユタカと同程度、表面が極めて滑らか。
「太白」は早堀りしたものは小芋が多かった様でしたが、遅掘りのものは良品が多く満足でした。
「ベニアズマ」は一般的な食用芋、無難な収穫量でした。葉柄がとても美味な品種です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第3農園北端の西側の棚、約15m 第3農園北端の東側の棚、約20m 殆ど農園から自宅に持ち帰りました

2011-12-4

2011年12月4日(日)晴れ

大豆の最終選別作業、野菜の収穫など(妻同伴)

今日の午前中は風が強いものの、良く晴れて意外と温かく感じました。

ビニールシートで巻いていた豆殻を広げ、乾燥気味の風に当て、最後の選別を行いました。
何度も篩(ふるい)に掛け、手間を掛けた割に5合程度の成果で終わりました。
拙宅の作物は全て無農薬栽培なので、虫喰いはやむを得ませんが、それにしても多すぎます。
来年以降、何とか無農薬栽培で一定の成果を上げたいと考えて居ります。

第3農園内のブルーベリーは落葉が始まりましたが、現在はクライマックス、ティフブルーの紅葉が見事です。

ハウス内で昼食を摂り、外に出ると北風が強く吹き、とても寒いので作業を切り上げました。
菜花を手土産にIさん宅に立ち寄り、お茶などをご馳走になり、しばらく世間話などをしてお暇。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大豆(小糸在来)最後の選別5合ほど、後方袋が虫喰い豆 だいこんの収穫、急に肥大しました Iさん宅のピラカンサが色付いて来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
接ぎ木ミスティーの紅葉 クライマックスの紅葉 ティフブルーの紅葉

2011-12-3

2011年12月3日(土)雨のち曇り

朝から雨降りなので家の中で1日過ごしました

夜中からの雨、一時的に激しく降りましたが、アバウト雨量計は30伉度でした。
底冷え状態なので、コタツに潜り、石油ストーブを点けて1日過ごしました。
午後からはテレビの時代劇三昧で過ごしました。
運動不足ですが、時にはこんな時があっても宜しいと思いますが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ベランダのアバウト雨量計、30伉度です ベランダのブルーベリーも紅葉してきました フェンスに這わせた「さるなし」全て落葉しました

2011-12-2

2011年12月2日(金)曇り時々小雨

午前中は餅搗き、今日も寒い1日でした(妻同伴)

午前中餅搗きで、4臼を搗き、拙宅分は2臼をお願いしました。
11時半頃に終了し、「にわとりひろば」にて味噌汁に搗き立ての餅を入れ、おにぎり、漬け物で昼食。

昼食後、何時もお世話になっているIさん宅に搗き立ての餅を持参しました。
しばらく世間話をした後、野菜畑などを見学させて戴き、次郎柿、春菊などを戴きました。

13時半を過ぎた頃から急に寒くなって来たので、お暇した次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
息の合った第2農園オーナーご夫妻の餅搗きです 搗き終わった餅を臼から伸し板に移動 何時もお世話になっているIさん宅の野菜畑

2011-12-1

2011年12月1日(木)終日小雨

とても寒い1日でした(妻同伴)

ピッパラの樹ママさんの従姉さんが来られるので、小雨降る中、第4農園まで出掛けました。

とても肌寒く、少々働いても身体が温かくなりません。
ヤーコンは何回も霜に当たり、太い茎までもが黒くなってしまいました。
野沢菜の葉は紫色に色付いて、本来の漬け込み時になってきました。

従姉さんとお友達には何種類かの野菜を収穫し、持ち帰って戴きました。

遅蒔きした小松菜もようやく伸び、ボチボチ収穫出来るほどになりました。

雨降りで、とても寒いので、早々に帰宅し、コタツに潜り込み、温かい昼食を摂って一息ついた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ピッパラの樹ママさんの従姉さんとお友達が来られました 霜によりヤーコンの芯まで真っ黒です 寒い時期の小松菜は美味です