トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2011-9

<< 2011-9 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011-9-30

2011年30日(金)晴れ時々曇り

午後、脱穀のお手伝いなど

今日も昼過ぎから第2農園オーナー宅脱穀作業のお手伝いに行きました。
農家志向のWさん、昨日に引き続き朝から来られ稲刈りのお手伝い。

午前は小生の出る幕はなく、第4農園にてカボチャ作付け跡に蛎殻石灰を撒いて耕耘を行いました。
此処には菜花やカラシ菜などを蒔いて漬け物や菜花摘みを予定しています。

午後、オーナー宅水田一枚の脱穀作業のお手伝いに参上。
Wさんと小生、オーナーの3人で14時半頃に終了し、このメンバーで栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへ伺いました。

事前に予約していたパンのほか、陳列されているパンを幾つか購入して店内にて戴きました。
時の過ぎるのも忘れ、色々なお話を夢中でしていおりまして、気が付くと既に17時を回っておりました。

慌ててお暇をし、自宅に辿り着いたのは18時を大きく回っておりました。

今日で9月も終わり、今年も残り3ヶ月、ブルーベリーの手入れをしていると直ぐに春が来てしまいます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日はこの水田一枚のみで終了 今日刈り取っての脱穀のため、若干渋り気味 脱穀した籾は即乾燥機内に投入して乾燥です

2011-9-29

2011年29日(木)晴れ一時曇り

脱穀のお手伝いなど

第2農園オーナー宅脱穀作業のお手伝いに行きました。
妻は風邪気味のようなのでお休み、オーナーご夫妻、農家志向のWさんと共同管理水田を行っているSさんも合流。
そんな訳で今日の脱穀作業は助っ人が多いので余裕のヨッチャン。

主要な作業が一段落すると失業状態になり、一番苦手な落ち穂拾いを行います。
力仕事ではありませんが、足腰の筋肉が常に緊張しているので、後々になってかなり効いてきます。
昼食を挟み、昨日までに刈り取ってある稲は全て脱穀を終了。

作業終了後、緑米(古代米の餅米)作付け水田に行ってみると徐々に実が入りつつあり、稲穂が垂れ始めていました。
畦畔大豆(小糸在来)は豆の肥大が始まり、近々枝豆で食せるでしょう。

南側水田隣の里芋一列は先日の台風により、葉はボロボロなので若干小芋の肥大に影響が出ると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Wさんの馬力は抜群でした この水田の脱穀が終了してから昼食 畦畔大豆、小生としては良好な出来でしょう
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小生管理の緑米水田 開花期は終了し、稲穂が垂れ始めました 強風に煽られて里芋の葉哀れ

2011-9-28

2011年28日(水)曇り時々晴れ

昨日の稲刈り後遺症で午前中はお休み

昨日の稲刈りのお手伝いは意外とハードで、さほど力仕事ではありませんでしたが、身体には応えました。
今朝起きてみると足腰の筋肉が痛く、全体的に倦怠感があり、自ずと午前の作業はお休みしました。
何と、そんな時でも我妻は昼の弁当を作ってクーラーボックスに入れ、小生を働かせようとしていました。
何れにしても、身体が動きませんので、昼まではゴロゴロして過ごし、13時過ぎから動き出し、第3農園へ。

車を第3農園に置いて第4農園のカボチャなど蔓性の野菜作跡のポリマルチなどを片付けました。
このまま放置すると冬の雑草がびっしりと生えるので、菜花などを一面に蒔く予定にしています。
第3農園野菜区に戻り、意外と発芽が宜しかったほうれん草とにんじんを撮り、今日の作業は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
我が家に来て6日目の莉緒嬢、何か成長した様子 表情の変化が激しく、シャッターチャンスは僅かです 昨日収穫してきた晩生の栗、とても美味でした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第4農園カボチャなどの作付け跡を片付けました 第3農園野菜区のほうれん草、発芽が良く揃いました にんじんも意外と揃って育っています。

2011-9-27

2011年27日(火)曇りのち晴れ

午後、稲刈りのお手伝い(妻同伴)

朝から稲刈りのお手伝いの予定でしたが、露があるので午後から行うとのこと。
予定を変更し、第3農園へ行き、妻はブルーベリー園内の草刈り。
小生は第4農園に移動し、先ず隣の栗園にて栗拾いを行いました。
次に、ターサイの直播き床から間引きを行い、第4農園内の別の場所に定植。

昼食後、第2農園オーナー宅稲刈りのお手伝い。
台風15号による倒伏で、とても刈りづらく、倒伏した稲を竹の棒で起こしながらの刈り取りでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
晩生種の栗は大きく、実もしっかり詰まっていました ターサイを移植しました(70本植えてあります) 倒伏した水田の刈り取りは苦労します

2011-9-26

2011年26日(月)曇りのち雨

コシヒカリ脱穀のお手伝いを行いました

台風15号により殆ど倒れた稲は刈り取りに苦労された様子。

朝から厚い雲が漂い、今にも降りそうな気配。
ハーベスターでの脱穀のお手伝いですが、12時頃から雨がポツポツ降り出しました。
折角始めた脱穀作業、取りあえず刈り取ってある稲については全て脱穀することにしました。
機械の運転は止めず、食事を交代しながら作業を続け、13時半頃に終了しました。
籾と機械の収納を終えた途端に強い雨が降って来たので、運が良かったのか行いが良かったのか・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
雨が降ってきたので休みなく作業を続けました 台風15号により倒伏しました 水路の両岸に咲いている菊芋の花
4.jpg
菊芋の花(抜いてみると芋はとても小さいものでした)

2011-9-25

2011年25日(日)晴れのち曇り

第3農園にてハイブッシュ系に米糠を施しました

米糠がかなり溜まったので、第3農園東区のハイブッシュ系に施しました。
若干発酵したものも混ざっていますが、殆ど生の米糠です。
根回りに一握り施しましたが、200本程度で終了。

農園内の篠竹などを片付け、昨日忘れて行った甘藷(ベニアズマ)を収納。
昼食後第2農園に移動し、長ねぎとショウガを収穫。
その後、ラビットアイ系のホームベルとティフブルーなど7〜8本の剪定を行って帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
この量で全体の4分の1以下を施用 丁度調理し易い大きさのベニアズマです 少々早過ぎた様ですが、柔らかい生姜です

2011-9-24

2011年24日(土)晴れ

銀杏を拾いました

午前中、第3農園にて昨日の続きで豆類作付け跡地の雑草を片付けました。
引き続き、第4農園に移動し、南瓜などの作付け地を片付け、雑草を抜き取り乾燥させ、後日焼却予定。

午後、Sさんが来て、埼玉県入間地域で栽培されている在来種の大根の種を戴きました。
早速、ごぼうの発芽が芳しくなかった場所に蒔いてみました。

第3農園にて接ぎ木をしたチャンドラー、クーパーなど殆どの生長が芳しく、順調にいくと2年で成木になりそうです。

第4農園境界木の銀杏が初めて実を付け、先日の台風で実が落ちていたので拾ってきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日収穫して置き忘れてきた短形自然薯 味はともかく、末成りの南瓜、良く干して貯蔵します 菜っ葉類の発芽が良好です(青梗菜、小松菜、野沢菜)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今春接ぎ木したチャンドラー これも今春接ぎ木したクーパー 第4農園境界木の銀杏、初めて実が付きました

2011-9-23

2011年9月23日(金)曇り一時晴れ

午後から農園作業はお休みにしました

午前中は第3農園野菜区にて、昨年は短形自然薯、今年の春から豆類を栽培した跡地の片付けを行いました。
スチールのキュウリ用支柱と篠竹を組み合わせた棚を片付け、草取りを行いました。
何せ、3ヶ月以上放置してしまった畑なので、一気に整理することが出来ません。
途中で短形自然薯が生えていて、早速これを掘り出すと約1.5圓曚匹飽蕕辰討い泙靴拭
持ち帰って「今夜はトロロご飯に」と思っていたのですが、持ち帰るのを忘れてしまいました。

午後は娘夫婦が満三ヶ月になった孫娘を初めて連れて来るので、仕事を切り上げて帰宅。

12時過ぎに息子も合流し、昼食。
一月前に逢った時は壊れ物を触る様で、抱き上げられませんでしたが、今回は大丈夫のようです。

この三連休、娘婿もゆっくり泊まって行くとのこと。
爺としては何も出来ませんが、赤ん坊が家の中にいるだけで、不思議と空気が変わり心が和むものです。

1.jpg 2.jpg
娘夫婦と孫の初ショット 莉緒(りお)嬢は父親似の顔立ち

2011-9-22

2011年22日(木)晴れ〜曇り〜雨

台風5号の被害は???

台風5号は雨・風ともに強く、当地でもかなりの被害をもたらして行きました。
開花中の緑米は全く倒伏などの被害はありませんでしたが、これから刈り取るコシヒカリはかなり倒伏しました。

午前中は第2農園にてブルーベリーの根回りに米糠を一握りずつ撒いたり、玉ねぎの苗床の草取りなどを行いました。

午後、第3農園にて台風により破られた防鳥ネットの片付けを行い、一日が終わりました。
何せ、20a用のネットが、南北にほぼ真っ二つに破れ、これを2ヶ所に巻いて仮止めを行いました。
今後追々修理をし、1ヶ所に収納する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
緑米の出来は微妙ですが、開花は終盤になりました 今年こそ玉ねぎの苗は自前で調達する予定です 一枚が二枚になった防鳥ネットです
4.jpg
昨夜の雨量です(約200弌

2011-9-21

2011年21日(水)雨

リンゴの産地から梨が届きました

信州の友人(リンゴ栽培専業農家)から梨が届きました。
南水という品種で、早速戴いたところ、甘みが強いしっかりした梨でした。

台風15号が静岡県浜松市辺りに上陸した様子で、風も強くなってきました。

今日は低気圧の影響でしょうか、朝起きた時から腰がとても痛く、本当は動きたくなかったのですが・・・。
拙宅庭に植えてある棗(ナツメ)の枝が電線に当たり宜しくないので、雨に濡れながら切り落としました。
棗の実は若干若すぎましたが、大きめのものを摘み取って来ました。

ベランダのブルーベリー(サンシャインブルーなど)のポット植えは風で倒れていますが、明日までそのままにしておきます。
第2、第3農園の防鳥ネットは未だ片付けてないので、心配ですが、無事を祈るばかりです。

刈り取りの終わっていないコシヒカリ、この風で殆ど倒伏してしまうのではないかと心配していますが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南水という梨です 梨の横に並べましたが、大きさは2冂度です 倒れたままにしているポット植えのサンシャインブルー

2011-9-20

2011年20日(火)曇りのち雨

甘藷(タマユタカ)の試し掘りを行いました

台風15号の影響でしょうか、朝から雨が降りそうな空模様。
今日はお休みの予定でしたが、第3農園ビニールハウスのドアを閉め忘れ、閉めるために出掛けました。

途中、第2農園に立ち寄り、白菜の苗を10本ほど抜いていきました。
実は、第4農園に植えた白菜がネキリムシに7〜8本切り取られたので、補植する必要がありました。
白菜を補植後、先日の茹で落花生がとても美味かったので、今日も10株ほど掘り取りました。

ついでに甘藷のタマユタカを掘り取ってみると、幾つかは十分に肥大していましたが、若干途上のものもありました。
先日、ベニアズマの柄を食したところ、とても美味しかったので、今日はタマユタカの柄を摘み取って帰りました

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日も落花生(千葉半立ち)を10株ほど収穫 タマユタカの色は白、蒸すとシットリ、干し芋に適 タマユタカの柄、キンピラにすると美味

2011-9-19

2011年9月19日(月)晴れのち曇り

里芋を掘ってみました

第3農園にて今年初めての里芋を掘りました。
品種は石川早生ですが、若干早かったようでした。
今頃収穫した里芋は、煮物にするとトローっとしていて、味わい深いものがあります。

土垂れ、女早生、セレベスなどの品種は来月の中旬以降になると思います。

拙宅のジャンボレモンの花が咲きました。
昨年も今頃咲きましたが、鶏卵ほどで冬を迎えてしまいました。
そんな訳で、折角咲いた花ですが、今年は摘み取り、本体保護に努める予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋の石川早生、未だ小粒です 第4農園のほうれん草が発芽しました ターサイ、発芽が良好、間引きものは移植します
4.jpg
温室栽培を行えば周年収穫出来ると思います

2011-9-18

2011年9月18日(日)晴れ

とうもろこし作付け跡地の片付け作業は半端でありませんでした(妻同伴)

第4農園とうもろこし作付け跡地を片付け、菜っ葉類の種蒔きを行いました。
先日、とうもろこし作付け跡地を半分ほど片付け、昨日だいこん3品種を蒔きました。
今日は連日の暑さに負けたのでしょうか、中々捗りませんでした。
特に、ポリマルチを畑から剥がし、収納作業に時間がかかりました。
このような作業、妻は事前に察知して体良くかわしてしまいます。
なり行きとして、小生1人で片付けることとなってしまいます。
片付け終了後、鶏糞を撒き、耕耘機で2回耕起し、約1m幅の畝を作りチンゲンサイ、小松菜、野沢菜を蒔きました。

次に、長ねぎ(石倉一本と赤ひげねぎ)に施肥を行い、その後に除草を兼ねた培土を行いました。

甘藷のタマユタカと太白の蔓が隣の大豆の畝に極端に入り込んでいるので、大豆の畝から引っぱり出しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
畝が続いたので、約35m以上になったでしょう、 今日の種蒔きは1品種約6m×3品種 長ねぎは細目ですが、霜が降りる頃には太くなっています
4.jpg
中央左は甘藷の蔓、右は大豆の小糸在来です

2011-9-17

2011年9月17日(土)曇り一時雨〜晴れ

野菜類の種蒔きと落花生の掘り取り

相変わらず日中は真夏の様に暑いのですが、朝夕は涼しくなってきました。
また、日も短くなってきて、今日辺りの日の入りは17時半頃になっています。
今日は先ず、第2農園にて古くなった堆肥板を撤去し、跡地に野菜を作ることにしました。
先日蒔いた玉ねぎの発芽状態が芳しくないので、中・晩生種のネオアースとほうれん草を蒔きました。
次に、無臭にんにく3畝の除草を兼ねた培土を行いました。

昼食後、第3農園に移動し、先日蒔いた菜っ葉類や大根が虫にやられて壊滅的なので蒔き直しを行いました。

第4農園に移動し、茹で落花生用に10株程度掘り取ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
これらの野菜の種を蒔きました 8月末に蒔いた無臭にんにくが殆ど出揃いました 短めの源助大根を蒔いてみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第4農園にて落花生を掘り取りました 鞘の表面にシミ状のものが豆が出来上がっています だいこん3品種が出揃いました

2011-9-16

2011年9月16日(金)晴れ

昨日刈り取った稲の脱穀(妻同伴)

昨日刈り取った稲は朝露で濡れているので、10時頃から脱穀開始とのこと。
そんな訳で、朝一は第3農園に行き、苗木などに潅水を行いました。
先日蒔いた第4農園の野沢菜やターサイ、大根は既に発芽していて、雨待ちの様子。

1時間ほどで水田に戻り、ハーベスターでの脱穀のお手伝いを行いました。
正味、午前2時間、午後1時間半ほどの作業で脱穀は終了。

昨日同様、直射日光はとても厳しく、作業終了後、早々に自宅に引き揚げ、風呂場で水を浴び、身体を冷やしました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
野沢菜が発芽しました ハーベスターによる脱穀作業 ほぼ脱穀が終了した圃場、稲ワラは引く手数多

2011-9-15

2011年9月15日(木)晴れ

稲刈りのお手伝い(妻同伴)

今日は第2農園オーナー宅親戚の稲刈りのお手伝いに行きました。
強い日差しの中、バインダーによる刈り取りが始まっていました。
若干倒伏している部分があり、結束部のトラブルが発生し、エンジン音が度々止まります。

今日の作業は、結束されない稲ワラがバラバラになるので、この始末に殆ど終始した次第。
単に結束出来ないだけなら良いのですが、バラバラに撒き散らした稲ワラの後始末は一苦労。
オマケにこの暑さ、頭の芯まで熱せられ、途中で頭痛が起こり危険な状況でした。
慌てて日陰に入って冷たいお茶を飲み、頭から水を浴びせて体を冷やし、落ち着きました。
この暑さで、南風が吹いているので、刈り取った稲は瞬く間にカラカラに乾いてきます。

明日はハーベスターでの脱穀作業のお手伝いの予定。

1.jpg 2.jpg
ギラギラと照りつける太陽のもと、稲刈りのお手伝い 昼食後に行ってみると稲ワラはカラカラに

2011-9-14

2011年9月14日(水)晴れ

今年最後の摘み取りとジャム作り

昨日、第3農園にて約1圓離屮襦璽戰蝓爾鮗穫して今年の摘み取りを終了。
本日、第2農園にてバルドウィンの摘み取りを最後に今年のブルーベリー摘み取りは全て終了しました。

生でも小生は気にしないで食しますが、結構苦みが混じるので、全てジャムにすることとしました。
8月中旬頃まではアクは弱かったのですが、下旬頃からかなりきついアクが出てきます。
ジャム作りをする場合、根気よくアクを掬い取らないと色合いが宜しくありません。

第2農園にて、短形自然薯のムカゴを採取。
今春、種芋を作るために大きめのムカゴを蒔いておいたのですが、予想以上にムカゴが付いていました。

昼食を持参したのですが、真夏以上の暑さのため、自宅に帰って昼食。

一休み後、工房内にてジャム作りを行い今年のジャム作りを終了。(220ml瓶14本、320ml瓶9本)

ある書物に、「満月の前後は植物の生長が通常時より著しい」とありました。
ものは試しと思い、サンシャインブルーの伸長部を印を付けました。
結果、11日朝から14日朝までの間に2.5竸びていました。
さほど激しい伸長ではありませんが、今後とも観察をする予定。(生長期の諸条件によって伸長は異なりますが・・・。)

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今年最後の摘み取り、9割以上がバルドウィンです 短形自然薯のムカゴを収穫しました ブルーベリージャム作りも今年最後となりました
4.jpg
サンシャインブルーの伸長、白テープ下部が9月11日

2011-9-13

2011年9月13日(火)晴れ

トウモロコシ作跡に野菜類の種蒔きを行いました(妻同伴)

第4農園にて、トウモロコシ作跡地を片付け、蛎殻石灰、鶏糞、籾殻燻炭などを施し、耕耘機で良く撹拌して畝作り。
先ず、野沢菜・・・昨年は落花生収穫後に種を蒔き、収穫期が遅れたので、今年は早めに蒔きました。

次に、だいこん(あじまるみ大根、煮物大根、耐病総太り)の3品種・・・先日第3農園に蒔いたものは害虫により壊滅的のため蒔き直し。
500mlペットボトルに水を入れ、この底で畝に押し付けて穴を開け、その溝にジョウロで水を注いで概ね3粒ずつ播種。
レーキで軽く土を被せ、その後レーキの底で圧を掛けて完了。

昨年は大干ばつのため不作だった大豆(小糸在来)、本年は開花期に適量の雨が降ったため、かなり期待出来そうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
病虫害にも寒さにも強く、春は菜花も採取できます 野沢菜は薄めに2畝蒔きました 大根は1品種100穴ほどに播種(3品種)
4.jpg
大豆の小糸在来、莢が沢山付いています

2011-9-12

2011年9月12日(月)晴れ

十五夜で第2農園オーナー宅にてご馳走になりました(妻同伴)

今日は色々と行事があり、楽しませて戴きました。

朝一は、「にわとりひろば」にて緑米のモチを二臼搗くお手伝いを行いました。
餅搗き終了後、、第4農園に行き、一昨日移植した白菜42本と本日移植た19本に防虫ネットを張りました。
約、35メートルの畝に防虫ネットを張り終えたところに、病院待合所友のTさんから電話がありました。
要旨は、「ワラサを釣ってきたので持って行きます」とのこと。
戴いたワラサはブリに近い程の大きさで、三枚におろすのが大変そうでした。
写真を撮る予定でしたが、妻が下ろし始めたので写真に撮ることが出来ませんでした。
更に、人様に差し上げられる様なさばき方をしていないので、取りあえず自宅冷蔵庫の中に保管。

18時過ぎ、オーナー宅「にわとりひろば」にてサンマを焼いての「お月見の宴」が行われ、妻共々ご馳走になりました。
帰りには今朝搗いた餅を沢山戴き、お暇をした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
十五夜のお供え用の餅つきです 緑米の出穂が始まりました 拡大した緑米の開花状況です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
白菜の畝に防虫ネットを張りました 十五夜で、餅と栗をお供えしておりました メインディッシュは炭火で焼いたサンマです

2011-9-11

2011年9月11日(日)曇り〜雨〜曇り

午前中から大雨に遭い、中途半端な1日でした(妻同伴)

第2農園にて先般定植したキャベツの畝の除草を行いました。
次に、キャベツの続きの部分に小生が蒔いた白菜を植え付けました。

天気予報に反し、南東方向の雲行きが怪しくなり、突然大雨になったので作業を中止。
正味1時間半程度の作業をしただけで、第4農園にて昨日定植した白菜の防虫ネット張りは延期です。

自宅に帰り、テレビなどを観ていましたが、イマイチ気分がのらないので、工房にてジャム作りを行いました。
冷蔵庫の中に入れてあったブルーベリー(約5)を取り出し、柄などを取り除き、何回も洗浄して水切り。

水切りをしたブルーベリーを大鍋に入れ、強火で煮て湧き出てくるアクを何回も取り除き、無糖のジャムを作りました。
今後、残り少ないブルーベリーを摘み取って追加し、グラニュー糖を控えめに加え、今年最後の瓶詰めを行う予定。

2011-9-10

2011年9月10日(土)晴れ

白菜の苗を戴き、第4農園に定植(妻同伴)

先日、第3農園造成時からお世話になっているIさん宅に立ち寄った際、立派な白菜の苗を見せて戴きました。
その時、「余ったら少し分けて下さい」とお願いしたところ、「出来上がったものを取りに来た方がいい」と相手にしてもらえませんでした。
そんな話を忘れていたところ、今朝早くに「40本ほど譲ってもいい」と、Iさんから電話が入りました。

早速Iさん宅に伺い、丹精込めて育てた苗を戴き、第4農園にて移植準備を行いました。
先ず、薄く米糠、次に籾殻、蛎殻石灰、鶏糞を撒き、大型の耕耘機で2往復の撹拌を行いました。
次に、小型の耕耘機にて畝幅を約1mにし、株間を約65僂箸掘⊃△┠蠅鬟譟璽にて測りながら掘りました。

苗と水をリヤカーで運び、植え穴にタップリ水を注ぎ、根本の土を崩さないようにして植え付けを行いました。(42株)

次に、隣の畝にジョウロで3条潅水し、各条ごとにターサイの種を蒔き、本日の作業は終了。
明日、防虫ネットを張り、しばらく様子を見ることにします。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさんが育てた白菜の苗を戴いて来ました 米糠、籾殻、蛎殻石灰、鶏糞を撒いて撹拌 慎重に移植したつもりですが、かなり萎びました
4.jpg
隣の畝にはターサイを3条蒔きました

2011-9-9

2011年9月9日(金)晴れ

ピッパラさんまでお使いとヒラタケの原木を広げる作業を行いました(妻同伴)

栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」(リンク参照)までお使いに行ってきました。
今日から毎週金曜日、酒種を入れて発酵させた食パンを新規販売することとなり、拙宅でも二本買って帰りました。
そのほか、何種類かのお気に入りのパンを購入し、若干早めの昼食として、店内にてパンを戴きました。
次から次へとお客さんが来られたので、ママさんとゆっくりとお話が出来ずに今日はお暇をしました。

【突然お知らせです!!】
「パン焼き小屋ピッパラの樹」でパン製造契約社員を募集しております。
募集概要は写真募集ビラの通りです。
詳細については電話にてお問い合わせ下さい。

午後は第2農園オーナー宅の平地林にて、2月24日ヒラタケの菌糸接種を行い、今までサンドイッチ状にして伏せていたものを剥がし、伏せ直しました。
このまま10月中旬頃まで待ちますと、ヒラタケがゾックリ出てくるはずです。
只、今年は菌糸の廻りが5割近く芳しくなく、かなり減収の見込みですが、昨年の原木がかなり健全なので一安心です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
パン焼き小屋ピッパラの樹全景 店内はとても清潔、色々なパンが陳列されています 「パン焼き小屋ピッパラの樹」にてパン製造契約社員を募集
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ヒラタケの菌糸を原木に付けて半年以上伏せていました 菌糸をサンドイッチにしていた原木を剥がして伏せ替え 寒冷紗を被せ、若干水を掛けて馴染ませます

2011-9-8

2011年9月8日(木)晴れ

甘藷の試し掘りを行いました

第4農園にて、甘藷のベニアズマとパープルイートの2品種の試し掘りを行いました。
若干早すぎた様ですが、株数が多いので、少しずつ掘り取る予定です。

その後、第3農園に移動し、園内雑草の刈り取り作業。
今日も心身のバランスが宜しくないのか、何本か根元から切り倒してしまいました。
勿体ないので、枝を切り取って挿し木を行ってみました。(今頃から挿し木を行うと、意外と発根が宜しいと思います)

1.jpg 2.jpg
左がパープルスイート、右がベニアズマ バルドウィンが9割、味はイマイチ

2011-9-7

2011年9月7日(水)晴れ

第2農園、第3農園にて諸作業(妻同伴)

午前は小生の定期検診のためゆっくりのスタート。
若干寝不足のため体が怠いので、1時間ほどウトウトと眠ってしまいました。

11時前に自宅を出発、第2農園に行き、玉ねぎの種子を4品種ほど蒔いてみました。
消毒をしないため、ネキリムシの食害が多いので、必要以上に蒔きました。
拙宅では、厳しい夏を越すため、玉ねぎを沢山消費しているので、毎年、苗を沢山購入していました。

苗代もかなり嵩むので、今期から本格的に苗を育て、自家苗で生産することとしました。
まーそんな訳でリスク分散するため、何品種も蒔きましたが、定植するまでに如何ほど残るりますやら・・・。

第3農園では、短形自然薯のムカゴが大分落ちているので、拾ったり摘み取ったりでかなり収穫しました。
今春と同じ様に、大粒のものは種芋作り用に貯蔵し、残りの小粒のものはムカゴご飯で食する予定です。

毎年のことですが、涼しい風が吹き始めると近くの栗園では早生栗が落ち始め、妻は早速拾いに行って来ました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短形自然薯のムカゴ、5〜6合ほどありました 初物の栗です 末成りカボチャですが、拙宅の大切な食料です

2011-9-6

2011年9月6日(火)晴れのち曇り夜半大雨

朝一のトラブルで出遅れ、第2農園、緑米水田にて作業(妻同伴)

心配していた事が現実に・・・床下の玉ねぎが腐っていて悪臭を放っていて大騒ぎ。
拙宅は野菜貯蔵庫がないので、床下に玉ねぎを貯蔵しておりました。
適当に風が入って乾燥するので宜しかったのですが、隣に味噌も貯蔵していておりました。
桶にに詰めたものは宜しかったのですが、ジップ式のポリ袋に詰めた味噌が発酵して吹き出し、玉ねぎまで浸潤・・・。
無傷のものを除き、汚れているものは洗浄してベランダにて乾燥し、一部傷んでいるものは皮をむいて冷蔵。

一段落後、第2農園に向かい、妻はキュウリ棚の撤去、小生は緑米の水田にて除草作業。
除草作業終了後、ニガウリの棚の撤去は若干早いと思いましたが、次の準備のため思い切って取り外し開始。

昼食後、キュウリ棚の支柱とニガウリの棚の支柱を撤去してスッキリとさせました。
この跡地には白菜を栽培する予定ですが、例年白菜の栽培は成功していません。(ヨトウムシ等の食害など)

少々早めに上がり、お世話になっているTさん宅に梨を買いに行き、買ったものと同じほどのオマケを戴いてしまいました。

帰りに、お世話になっているIさん宅に立ち寄り、秋以降の種蒔きなどについてご教授戴いた次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅の庭にてリコリス(別名:ナツズイセン)が咲きました 今年最後のニガウリの収穫となりました 馬鈴薯の種(男爵、ホッカイコガネ、キタアカリ等々)

2011-9-5

2011年9月5日(月)晴れのち曇り一時雨

腰の調子が芳しくないので、門前仲町(龍泉堂さん)まで行ってきました

昨日ギックリを発症し、朝を迎えましたが、芳しくないので「龍泉堂」(リンク参照)さんへ整体と鍼治療に行ってきました。
今回は極軽い症状なので、初期段階で整体などをすると治癒も早いようです。

帰宅後、ある程度動いても宜しかったのですが、鍼をしたあとは体が気怠く、眠くなる傾向があります。
テレビを観ながらゴロゴロしつつ昼寝をしてしまいました。

結局、今日一日は労働というものを一切行わず、怠惰??な1日を過ごしました。
夏場の暑い時期にせっせと働いたのだから、「まーいいか」なんて1人思いつつ・・・。

1.jpg 2.jpg
龍泉堂さん階下の中華屋さん3.11以降帰国、カレー屋さんに 清澄通りに架かる黒船橋からみた隅田川支流

2011-9-4

2011年9月4日(日)曇り

朝から体が怠かったのですが、案の定・・・ギックリ発症

昨日、一昨日と若干ハードな作業を行ったため、朝から体が固く、お休みモード。

遅い朝食の後、ジャム瓶のシール作りをしている最中にギックリ発症。
しばらく静かにしていて動き出したものの、無理は出来ません。
ゴロゴロしながらテレビを観ていましたが、体がムズムズしてきたので、ジャム瓶にシール貼り。

庭のジャンボレモンが13個着果し、かなり肥大して垂れてきたので、支柱を打って吊り上げました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
SHB系のサンシャインブルーのシュートは現在30僂曚 庭のジャンボレモンは大豊作 出遅れた日々草、漸く一輪咲きました

2011-9-3

2011年9月3日(土)晴れたり曇ったり一時雨

本日も第3農園、第4農園にて諸作業(妻同伴)

午前は我孫子の貴婦人宅にブルーベリー(冷凍)の配達に行き、そのまま第3農園へ。

第3農園の草刈りはこれまで数回行っていますが、今年は雨が多かったため少々荒れ気味に生えています。
そんな訳で、草刈り機で刈り取りますが、ブルーベリー本体まで刈ってしまうので、妻がブルーベリーの株許の草を鎌で刈っています。

小生は第4農園に行って長ねぎに蛎殻石灰を撒き、除草を兼ね軽く土寄せを行いました。
そのほか、移植した大豆が強風に煽られ、若干不安定なので、倒れないように土寄せを行いました。

実は、一週間ほど前に甘藷(ベニアズマ)の試し掘りを行ったところ、かなり良好な芋が付いていました。
沢山植えたので、何本か掘ろうとしましたが、経済家の妻が「未だ早い」と止めるのでやむを得ず1本だけにした次第。
昨年と比較すると雨が多かったので、とても生育は順調で、豊作の予感。

第4農園に植えた甘藷の5品種(葉の形状)を掲載します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
長ねぎ(赤ひげねぎ、石倉一本)の除草・培土 たまゆたか(白色の芋、乾燥芋に適) ベニアズマ(スーパー等に並んでいる一般的品種)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
安納いも(焼き芋に適し蜜状になり美味) パープルスイートロード(紫芋で多収系) 太白(中身白色でネットリ、収量少、近年人気上昇)

2011-9-2

2011年9月2日(金)曇り時々雨

第3農園、第4農園にて諸作業(妻同伴)

天気予報では大雨が降るとのことでしたが、空模様をみると降りそうもないので農園に出掛けました。
昨日、農園作業をお休みしたので、体調はとても良好。

先ず、第4農園にて馬鈴薯(キタアカリ)を掘り取りました。
小粒ではありますが、一株で平均20個前後付いているので、大満足の収穫でした。

次に、甘藷の畝間に出ている雑草の抜き取りで、芋ツルを踏んで潰さないように注意しながらの作業。

第3農園に移動し、園内の草が伸び切っているので、中央通路の刈り取りを行いました。

再び第4農園に戻り、50坪ほどの不作付け地の草刈り(本年5回目)を行いました。

最後に、第3農園にて約2圓離屮襦璽戰蝓(ティフブルー)の摘み取りを行って今日の作業は終了。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
これで今年の馬鈴薯の収穫は終了です 落花生の試し掘りを行いましたが、早過ぎました にんじんの発芽はとても良好です
4.jpg 5.jpg
だいこんも発芽はとても良好です 里芋類の生育は若干遅れている様です

2011-9-1

2011年9月1日(木)曇り

ブルーベリージャムの瓶詰め作業など

昨夜の天気予報では雨模様でしたので、今日の心も体も休日モードになっていました。
そんな訳で、体がだるく、眠気が襲ってきますし、低気圧が近づいているからでしょうか、腰の按配が芳しくありません。
午前中はジャム瓶の洗浄とキャップの洗浄を60セット行い、昼食後もタップリと休養。

14時頃からジャムの充填を開始しましたが、原材料のブルーベリー14圓鮖藩僂靴審笋吠睥韻泙蠅落ちました。
アクを丹念に掬い取りすぎたからでしょうか、充填してみると57本止まりでした。

沸騰したジャムをガラス瓶に充填し、キャップをし、蒸し器で殺菌、途中で曝気を行いキャップを締めます。
これを更に殺菌のため20分以上強火で蒸し上げます。
蒸気で殺菌したジャム入りの瓶を取り出し、熱湯の中で瓶の外側を洗浄、キャップシールを被せ熱湯で締め終了。

残る作業はPCによりシールを作成、印刷後カットをし、瓶にシールを貼って完了です。

1.jpg
今日の曝気は失敗なし、全て合格しました