トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2013-10

<< 2013-10 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2013-10-31

2013年10月31 日(木)晴れ時々曇り

今日も稲刈り(みどり米)の一日でした

昨日に引き続き稲刈りを行いました。
今日最初の水田は、半分ほど殆ど草取りを行なっていなかったので、稲の本数は1/10程度でした。
こと、水稲については草生栽培は不可能ということが良くお分かりかと思います。

次に、小生管理の北側水田は、超湿田で、バインダーが入れないので、手刈りで行いました。
古代米の特性でしょうか、湿田でも秋落ちすることなく、意外と成績は宜しい様でした。
一年中湿気があるので、タニシは居ついていて、何代も世代交代しているようです。

今日の莉緒姫、とてもご機嫌で、ダンスを踊ってくれました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
夏場の草取りを怠ると・・・ ご覧の通り、一株で3〜4本程度になってしまいます 小生管理の北側水田は超湿田となっています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
一株65本前後分けつしていました 北側水田にはタニシが生息しています 今日の莉緒姫、ダンスをしてくれました

2013-10-30

2013年10月30 日(水)晴れ一時曇り

稲刈り(みどり米)の一日でした

今日は予定を何回も延長してきた稲刈りをようやく行いました。
行なったといいましても、殆どの刈り取りは第2農園オーナーがバインダーで刈り取り、小生は鎌で4角と縁取りの刈り取り。
バインダーの調子が今一で、時々結束不良に・・・、散らばった稲をワラで結束するのが一苦労。
小生の作業時間のうち、約1/3近くはこの結束作業に費やされたと思います。

途中、Sさんほか、2人の助っ人が来て手伝って戴いたので、暗くなる直前に今日の作業は完了した次第です。

明日は本日以上の面積があるので、腰を痛めない程度に張り切るつもりです。

此処には心地よい秋風ともに、TPPとは関わりのない風が流れていた様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
みどり米は黒い穂と黄緑の葉の色のコントラストが最高 天候にもよりますが、4〜5日乾燥させ、脱穀します 助っ人が来てくれたので、助かりました
4.jpg 5.jpg
今年はワラが少ない割に、稲穂の状態は宜しい様です 2本の苗が約40本程に分けつしていました

2013-10-29

2013年10月29 日(火)曇りのち雨

第3農園にて、玉ねぎの植え付け、短形自然薯掘り等

今日はみどり米の稲刈り予定でしたが、雨模様のため中止になりました。
そんな訳で、急遽第3農園に移動し、昨日から始めた玉ねぎ(ソニック)の植え付けを行いました。
まー、同じ姿勢で続けると腰痛を引き起こすので、一畝のみ(350本)で終了。

雨がポツポツと降り始めましたが、小雨なので昨日掘り残していた短形自然薯を掘り取りました。
この部分は種芋が大きかったので、初期からの勢いが強く、平均して一株当たり1堊宛紊△蠅泙靴拭
第4農園から泣く泣く植え替えた短形自然薯は大きなストレスを受けたにもかかわらず、平均400g前後ありました。

昨日から娘とお泊りに来ている孫の莉緒姫、急に「人見知り」がなくなり、お姉さんになる自覚が出来たのでしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉ねぎ(ソニック)を植えつけます 1時間半ほどで植え付け完了 珍しく、今年は玉ねぎの苗が上手くいきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
平均1堊宛紊△蠅泙 第4農園から移植したので出遅れた短形自然薯 孫の莉緒姫が昨日からお泊りに来ています

2013-10-28

2013年10月28 日(月)晴れ

第3農園にて、短形自然薯掘り、玉ねぎの植え付け等

今年は短形自然薯の植え付け本数が多いので、常に掘り取りを心掛けないと真冬になってしまいます。
そんな訳で、今日の前半は自然薯を約25本掘り取りました。
種芋は自家採種の「むかご」から育成した2年目の種芋と、収穫した大きな芋の先端を10cm程切り取ったものを使っています。
ところが、思い通りに行かない事が世の常、1割弱程度が大なり小なりの「先祖がえり」を起こします。
具体的には、野生の自然薯状態に長々と化けてしまい、掘り取る際は殆ど割ってしまいます。
その他、ひげ根が全体を覆う状態のものもあります。

14時過ぎから玉ねぎ(パワー)の植え付けを行い、取りあえず、用意した植え床の1/4、350本を植え付け、本日の作業を終了。

明日、明後日はみどり米(もち米)の稲刈りなどを集中的に行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ハイブッシュ系のウィシュブルーの紅葉 短形自然薯の棚を片付け、掘り取り準備 計量したところ、左は1.1埀Δ錬院ィ沖圓△蠅泙靴
4.jpg 5.jpg 6.jpg
水を入れ、根が乾かない様にして植え付け 本日植え付けたパワー(350本) お世話になっているIさん宅へ約200本持参

2013-10-27

2013年10月27 日(日)晴れ

第3農園にて玉ねぎ等の床作りを行いました

玉ねぎと莢えんどう用の植え床は、23日に畝の準備を行ない、本日ポリマルチなどを行いました。
莢えんどうのマルチは透明のビニール、玉ねぎには黒ポリマルチを張りました。
午前中、莢えんどう、玉ねぎ用の畝づくりは3畝、午後は玉ねぎ植え床2畝を14時前に完了。

先日の台風26号により、短形自然薯の棚が倒れ、株元から蔓が切れてしまったので、この芋を掘り取ってみました。
この部分は、不揃いの種芋を植えたのですが、25株ほど掘り取りましたが、思いの外上出来でした。
掘り取った薯は、大きなものでは1.5圓曚匹△蝓∩澗里韮隠悪堊宛紊呂△辰燭隼廚い泙后

玉ねぎ苗は植え付けを待っている状態なので、来月上旬までには植え付けを済ませたいと思っています。

【一言】
「○○は、農業は規模拡大し、コストを下げる」などと・・・・言っていますが、単に規模拡大をしても全く解決しません。
「海外の安い労働賃金で生産される農産物を非関税で輸入する」ことは、日本の農業の荒廃を招くことになります。

現在の肥料、農薬、機械器具等々資材価格を下げ、安定的に農業者に供給する事が第一。
規模拡大したとても、経営試算を行えば、成り立つかどうか誰にでもわかることでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
左は莢えんどう用マルチ、玉ねぎは黒マルチ 1畝1時間、約5時間で完了 莢えんどう用棚作り、後日、防風は寒冷紗で行います
4.jpg
本日掘り取った短形自然薯、かなりキズだらけです

2013-10-26

2013年10月26 日(土)雨のち曇り

雨はしばらく要らない状況です

昨夜から断続的に雨が降っておりましたが、風も穏やかで台風の影響は殆どありませんでした。
しかし、台風26号では我が家の雨樋が吹っ飛び、その補修費が結構かかりそうです。
まー、年金暮らしの我が家のとしては厳しい出費となりそうです。

24日から行ってきた八つ頭の茎の皮剥き、今日でようやく完了しました。
只、冷蔵庫で大量に保管しているので、明日からどのように乾燥するか悩ましい限りです。
カラカラに乾燥させ、圧縮すれば1/20以下の容量になってしまうのですが、今は持て余し気味です。

【一言】
「秘密保護法」対象の罪と罰・・・ですが、特権階級の公務員、国会議員が秘密を漏えいした場合の罰則はあるのでしょうか。

1.jpg 2.jpg
八つ頭の茎の皮を剥き終えました 3日間の総降雨量(約100mm)です

2013-10-25

2013年10月25 日(金)雨一時曇り

小雨の中、第2農園にて野菜の収穫

時々心拍数を上げないと脳天に血が上らないので、小雨の中、第2農園に出掛けて野菜の収穫を行いました。
主目的は短形自然薯の試し掘りですが、雨が降り続いているので「泥捏ね」になってしまいましたが…。
今回掘り取ったヶ所は、余った種芋を植え付けたので、期待していなかったのですが、結構良品が収穫できました。

その他、なす、シシトウ、ピーマン、チンゲンサイ、ターサイを収穫し、最後にシシトウの葉を摘み取りました。
シシトウの葉は、甘辛く佃煮にしますと、食が進みます。

ズイキやシシトウの葉は故郷の味として、とても懐かしく食しております。

先日、きゅうり跡に蒔いた莢えんどうが一斉に発芽しておりました。

午後、八つ頭の茎の皮むきを2時間ほど行いましたが、半分程で終了。
天候が芳しくないので、加工工房内の大型冷蔵庫を稼働して保管しましたが、満杯状態です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
シシトウ、ピーマン、なすを収穫 シシトウの葉を摘んできました 短形自然薯は一時乾かします
4.jpg 
白花莢えんどうが一斉に発芽

2013-10-24

2013年10月24 日(木)曇り時々雨

雨降りのため、農園作業はお休み

朝から雨降り模様、陽が出ないので寒々とした一日でした。

何時ものことですが、何もしないで横になっていると血が沈殿してしまいます。
そんな訳で、一昨日刈り取って来た八つ頭の茎の皮剥きを行いました。

セレベスの茎よりかなり細くて短い上、本数が多いので皮むきの手間が半端ではありません。
しかし、食した場合は八つ頭の茎が一番美味と思うので、頑張っている訳です。

同じ姿勢で3時間ほど行いましたが、腰の疲れを覚えたので、即取り止めた次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
14時半頃の外気温は18℃ 拙宅垣根の「さるなし」、萎びると甘味が増します 八つ頭茎の皮剥き、3時間で約半分

2013-10-23

2013年10月23 日(水)曇り一時晴れ

第3農園にて玉ねぎの植え床作りを行いました

第3農園の里芋類収穫跡に玉ねぎを植え付けることとし、植え床作りを行いました。
先ず、鶏糞ともみ殻を撒き、引き続き、米ぬか、カキガラ石灰、カリウムを蒔いて耕耘機にて撹拌。
その後、小型管理機にて大雑把に植え床を作った後、レーキにて均平にし、後日マルチを行います。

短形自然薯の葉が色付き始め、早いものでは蔓が枯れ始めたので掘り取りを行ってみました。
同じく、ナタマメの葉も枯れて落ち、隠れていた莢が露出し始めました。

台風27号などの影響により、明日から4日間ほど天候は芳しくないようです。
雨読をすると直に眠ってしまうので、何を致して過ごしましょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
玉ねぎの植え床作り、鶏糞ともみ殻を撒きました 米ぬかとカキガラ石灰などを撒き、耕耘機にて撹拌 小型管理機とレーキで畝立て
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短形自然薯の葉が色付き、枯れると掘り取りです 蔓が枯れた短形自然薯を掘ってみました(下は種芋) ナタマメの葉が落ち、未熟の莢だけが露出しています

2013-10-22

2013年10月22 日(火)曇り

里芋(女早生)と八つ頭の収穫を行いました(妻同伴)

先日は南側水田隣のセレベスを収穫しましたが、今日は里芋(女早生)の収穫を行いました。
大分涼しくなってきて、葉柄などが寂しくなって来ていますが、50株以上あるので、結構重労働。
女早生は小芋の小玉が少なく、安定した収穫が得られます。

午後は第3農園野菜区にて掘り残していた八つ頭を掘り取りました。
今年は種芋を間違えてしまい、7株しか植え付けておりませんでした。
とは言っても、八つ頭の株はとても大きく、茎の量もかなり多いので、この皮むきも一仕事です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
先ず、里芋の茎を刈り取る作業から 掘り取った株は親芋に小芋を付けたまま保存 女早生の小芋は大きく揃っています
4.jpg 5.jpg
第3農園野菜区の八つ頭 一昨日収穫したセレベス、優良株を選抜保存

2013-10-21

2013年10月21 日(月)曇り一時晴れ

野菜の収穫は楽しくもあり、うんざりの時も・・・(妻同伴)

午前中、第2農園にて妻は野菜の収穫など、小生は第2農園オーナとみどり米の「おだ」を作りました。
みどり米稲は刈り取りが出来る状態になっていますが、雨降りが続き、天候が不安定なので来週行う予定です。
所要があったので自宅に帰って昼食を摂った後、小生一人で第3農園に行き、ラビットアイ系の剪定を行いました。

昨日、ビニールハウス内に置いてきたセレベスの茎を自宅に持ち帰り、皮剥きを行います。
そろそろ皮むき作業にも飽きて来ましたが・・・。
24日〜26日頃は雨模様なので、自宅にて内職を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
食用菊の「もってのほか」が咲き始めました 小松菜は今が食べ頃 春菊の蒔き床に、ターサイを植えてしまいました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ナタマメの莢を割ってみました 昨日掘り取ったセレベスです セレベスの茎が山ほど、これを剥いて乾燥します

2013-10-20

2013年10月20 日(日)雨

雨の一日、セレベスの茎の皮剥きに終始

朝から雨模降りのため農園作業はお休みです。
昨日はセレベスの掘り取りなどでかなりの筋肉労働をしたので、良い休養になりました。

昨日あたりから急に気温が下がって来たので、腰痛には最大の注意を払っています。
特に、冷えは大敵なので、腰回りには携帯カイロを張り付けております。

昨日刈り取ってきたセレベスの茎を雨降る中、ベランダにて皮むきを行いました。
取りあえず、持ち帰ったものは全て皮むきを終え、冷蔵庫内に保管。

只、第3農園のビニールハウス内には本日剥いた倍ほどの茎が皮むきを待っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
午前中に剥いたセレベスの茎 15時頃の降水量(約120mm) 午後の皮剥き、本数が多く細いので時間がかかりました
4.jpg 5.jpg 
ベランダで16時30分まで作業、外気温は15℃ 老猫のナナ姫は終日毛布の中でウトウト

2013-10-19

2013年10月19 日(土)曇り後雨

南側水田隣にてセレベスを収穫しました(妻同伴)

今日は南側水田隣の里芋類のセレベスを掘り取りました。
セレベスは全体で50株ほどあり、大きな親芋では約1堊宛紊△蠅修Δ任靴拭
刈り取った茎の中で、鮮度の良いものは皮を剥いて乾燥することとし・・・。
取りあえず第3農園まで運搬し、泥を洗い流してビニールハウス内で、一時乾燥を行います。

後日皮を剥いてカラカラに乾燥させると長期保存に耐えられます。
なお、乾燥途中、雨などで湿度の高い日は腐ったり品質が低下するので冷蔵庫にて一時保存します。

ズイキを食するときは、水又はぬるま湯で戻し、塵芥・アクなどを洗い流し、3cmほどに切り揃え・・・
油揚げとダシ醤油等でシンプルに調理しますと・・・食が進むと思います。
マー、ズイキ加工は手間のかかる作業ですが、食する楽しみもありまので・・・お試しあれ。

但し、里芋類でも緑色の茎はアクが強くて食せなものが多いと思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
南側水田隣のセレベスを収穫しました 最大級の親芋は、約1圓曚匹△蠅修Δ任 セレベスの茎を洗って1〜2日間程乾かし、皮を剥きます
4.jpg 
川岸には「ジュズダマ」が実っていました

2013-10-18

2013年10月18 日(金)晴れ一時曇り

第3農園にてセレベスを収穫しました(妻同伴)

午前中は第2農園にて長ねぎ類の培土を行いました。
次に、菜っ葉類などの収穫と茄子の収穫。
急に涼しくなった影響からでしょうか、なすの生長が止まりつつあります。
菜っ葉類の中でもチンゲンサイのヒップが急に膨らんで、今日から本格的な収穫を行いました。

午後は第3農園に移動し、昨日に引き続き、里芋類のセレベスの収穫を行いました。
春、セレベスの植え付けが遅れたことが影響して、収量はガタ落ちですが、茎なども利用しますので・・・。

明日は南側水田隣の里芋類を収穫する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
夏負けして貧弱な長ねぎに培土を行いました 茄子もそろそろ終盤に近づいた様です 入れ替わってチンゲンサイの収穫が始まりました
4.jpg 
第3農園にて、セレベスの収穫、茎は持ち帰りました

2013-10-17

2013年10月17 日(木)晴れ〜曇り

第2・第3農園にて諸作業

第2農園にて、きゅうり棚の根元に、スナックえんどう、白花絹莢えんどうを蒔きました。
その他、大雨でラッキョウ、無臭にんにく、長ねぎの培土が流れて崩れたので、レーキにて培土。

第3農園に移動し、里芋(石川早生、女早生)を掘り、親芋に小芋を付けたまま一時保存。

短形自然薯の棚の下では雨水が流れ、むかごが低い場所に溜まっていたのでこれを拾いました。

第3農園の片すみに、きれいな実を着けた植物が・・・、よくよく見ると葉の裏と柄には鋭いトゲが・・・
「ママコノシリヌグイ」という草、柔らかい葉を食すと酸っぱい味がした筈です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
さやえんどうを蒔きました これ何? 「継子(ままこ)の尻拭い」の種子です 葉の裏の葉脈や柄には鋭いトゲが
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
里芋の石川早生を掘り取り、一時貯蔵しました 残りの女早生も掘り取りました 今日もむかご拾い、来年はネットでも敷きますか

2013-10-16

2013年10月16 日(水)雨〜曇り〜晴れ

台風の風が穏やかになった14時過ぎ頃に農園へ(妻同伴)

台風26号が過ぎ去るまで、家の中で忍々。
9時半頃から時々日が出てきましたが、少々風が強いのでベランダにてセレベスの茎の皮を剥きました。
昼食後、貯蔵玉ねぎが大分傷んで来たので、仕分けをして傷んでいるものは皮を剥いて冷蔵保存。

14時過ぎ、風が穏やかになって来たので、第2・第3農園に出向いて被害状況などを確認。
かなりの強風が吹いたので、みどり米はベッタリと倒伏しているものと覚悟しておりましたが、被害は皆無。

第3農園に移動し、台風被害の状況を確認しましたが・・・。
ブルーベリー園内は全く被害は無く、野菜区にて短形自然薯の一部の棚が倒れた程度で済みました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昨夜からの降水量300mmオーバーでした 昨日刈り取ってきたズイキの皮、1/3ほどを剥きました 貯蔵玉ねぎ、傷んできたので皮を剥き冷蔵
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
心配していたみどり米、全く倒伏せず、一安心 第3農園の短形自然薯の棚が一部倒伏 昨日補強したナタマメの棚は無事でした

2013-10-15

2013年10月15 日(火)曇り〜雨

今日も台風26号に備え、掘っ建て小屋仮補強

昨日、第3農園にて掘っ建て小屋の柱などを仮補強しましたが・・・。
材料が貧弱だったので、ウッドチップを戴いているH製材さんにて補強材を調達しました。

 要は、ゆらゆらしている掘っ建て小屋に「スジカイ」を打ち、仮設補強を行いました。
土の中の柱が弱っているので、約50〜60cm掘り込み、筋交いの端を埋め、2寸ほどのネジ釘を打ちました。
まー、後日炭化させた材を土中に打ち込み、補強し直すこととしております。

その後、昨日補強していたナタマメの棚は南風対応のみだけでしたので・・・
吹き返し対策として、南北両サイドにロープを張って補強した次第。

午前11時過ぎ頃から小雨が降り始めましたが、12時過ぎまでブルーベリーの剪定を行って帰宅。

【一言】
「全てコントロールされている」と言われている福島原発「放射能含有汚染水」この大雨でコントロール出来るのかしら。
大雨・高潮の中、闇にまみれて・・・コントロール・・・・・。何て云うことは無いんでしょうね。

1.jpg 
長さ約5m厚さ約3cm5枚、H製材さんからの戴きものです

2013-10-14

2013年10月14 日(月)晴れ〜曇り

台風26号に備えた諸作業を行いました(妻同伴)

第2農園にて、昨日外した防鳥ネットを束ね、各支柱に固定して舞上がらない様に固定。

第3農園に移動し、掘っ建て小屋の柱、ゆらゆら不安定なので、各所を仮補強。
その後、ナタマメの棚はパイプで風に弱いため、アンカーを3か所打ち、ロープで固定。

先般の強風時、ナタマメの棚が浮き、根が一部抜けた状態になり、生育が止まった莢がありました。
このまま莢を濡らすと中の豆がカビてしまうので、18本ほど切り取って持ち帰りました。

14時半過ぎ、南側水田隣の里芋類畑に行き、セレベスの茎を切り取り、自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昨日取り外した防鳥ネットを結束して固定 台風に備え、ナタマメの棚をロープで吊って補強 「しいな」が多いナタマメを収穫
4.jpg 5.jpg 6.jpg
色付かないペトメック、強風で如何なりますやら セレベスの茎を刈り、葉を落として皮を剥き、乾燥させます 今年は畦豆だけなので一回だけ枝豆で食し後は種子用

2013-10-13

2013年10月13 日(日)晴れ

今日も第2・3農園にて諸作業(妻同伴)

午前中は第2農園に防鳥ネットを外すこととし、周囲ストッパーのエスター線を引き抜きました。
ストッパーを外すのには1時間ほどかかり、ネットを外す時間は約30分程度。
まー、穏やかな追い風のお陰もあり、何のトラブルもなく完了しました。

昼食後、T様ご一家が「さるなし」の木を見に来られ、ついでに「さるなし」も摘んでいかれました。

その後、第3農園に移動
小生はラビットアイ系・妻はハイブッシュ系の剪定を17時過ぎまで行って帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昨夜蒸して皮を剥いた甘藷を丸干しに 南側水田のみどり米、順調ですが台風が心配 今年は現在まで全て順調
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第2農園の防鳥ネットを取り外しました またまた「むかご」拾い、大は10g、種イモにします はるばるT様ご一家来園、Sさんも大きくなりました

2013-10-12

2013年10月12 日(土)晴れ

第2・3農園にて諸作業

そろそろ第2農園の防鳥ネットを外す準備に入りました。
「さるなし」の蔓がネットに絡まっているので、取り外しに2時間以上かかってしまいました。

第3農園に移動し、園内を巡回したところ、外周のネットを開け、何者かが侵入した様子。
ブルーベリーの摘み取りシーズンにも何回か侵入の跡が見受けられ、2本ほど根元から折られておりました。
大したイタズラをされた訳ではありませんが、良い気分のものではありません。

家庭菜園をされているО様ご夫妻から立派な白菜と、ラディッシュを戴いてしまいました。
お礼に、当方からは里芋と初物の生姜を持参しました。

夕食後、甘藷(べにはるか)の末成りを20本ほど洗い、蒸し器にて良く蒸し、皮をむいて丸干しにします。
熱々の芋の皮むきは手際よくやらないと冷えていまい、良く剥けません。
マー、挑戦される方は軍手を二重にし、竹ベラなどでやってみてください。
因みに、小生のやり方はもう少しワイルドかな・・・。

明日から晴天の日はベランダにて乾燥させ、雨天はカビないように冷蔵庫で保管します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
生姜を初収穫しました イチジクの挿し木、22本発根、20cmポットに移植 ハイブッシュ系スタンレーの花芽です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
戴いた白菜とラディッシュ 甘藷(べにはるか)を蒸しました 皮を剥き超美味な丸干しに・・・。

2013-10-11

2013年10月11 日(金)晴れ

第3農園にてラビットアイ系の夏枝の剪定(妻同伴)

午前の前半は第2農園にて、未だ採れているシシトウ、なす」とボツボツ採れ始めた菜っ葉類を収穫。

その後第3農園に移動し、大半の時間をラビットアイ系の夏枝剪定に費やしました。
2.5mほどに伸びた徒長枝は昨日までに適宜切り取りましたが、夏枝の込み入ったヶ所は殆ど手付かずでした。

今更のことですが、超密植栽培をしてしまったラビットアイ系は、どんなに手を尽くしても無理が生じてしまいます。
勿体など躊躇していると作業が進まないので、バッサリと鋏を入れております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ほうれん草はそろそろ収穫できそうです 「さるなし」は一枝に20個前後付いています 小松菜、ターサイ、チンゲンサイ、なす、シシトウ、ピーマン

2013-10-10

2013年10月10 日(木)曇り時々晴れ

ラビットアイ系の徒長枝剪定完了

午前中は第2農園にて秋冬野菜に施肥などを行いました。
ネットで囲ってしまったブロッコリーと白菜はペットボトルに入れた水に溶かして施肥。
このままでは濃すぎて肥料焼けを起こすので、直ぐに上から水を掛けました。
まー、かなり横着なやり方ですが、これでも結構施肥効果はあります。
因みに、我が先生のIさんは「やかん」に適宜溶かした肥料を入れて施肥する様です。

第3農園に移動し、里芋の跡作に、玉ねぎを植え付けるので、事前準備に堆肥化したウッドチップを運搬。
ウッドチップの中からカブトムシの幼虫がゴロゴロと出て来たので、大きなプランターに収容(約40匹)。

今日も第3農園にて、短形自然薯の「むかご」の収穫(拾い集め)作業を行いました。
本音では、かなり嫌気がさして来ているのですが、放置すると来春、邪魔なほど発芽して困るのです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
第4農園から運んだチップの中からカブトムシの幼虫が・・・ 今日も短形自然薯の「むかご」を収穫 以前収穫した甘藷(べにはるか)を干しました
4.jpg
庭のジャンボレモンがだいぶ色付きました

2013-10-9

2013年10月9 日(水)晴れ

第2農園にて諸作業(妻同伴)

朝から生温かい南風が強く吹き、作業をしていても何か落ち着きません。
短形自然薯の「むかご」が風に揺られて落ち始めています。
そんな訳で、急遽「むかご」の収穫を行ったところ、約1圓曚匹△蠅泙靴拭

今年は10月に入っても温かく、シシトウやピーマンが採れています。
伸びている葉を妻が摘み取って煮てしまうので、若干貧相になりましたが・・・

昨年から植えたままにしていた九条ねぎ、土寄せをしていたら軟白部分が長くなりました。
9月23日に植え替えたチンゲンサイは元気に生育し、もう直ぐ収穫できそうです。

天候は晴れていて宜しいのですが、南風が強く吹いているので、11時半頃に帰宅した次第。
18時過ぎ現在、今も強風が吹いていて、ベランダの植木は倒れたままになっています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
短形自然薯の「むかご」、大は6〜7gあります 甘系・大型のシシトウ、まだまだ採れます 土寄せを行うと九条ねぎでもこれ位になります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
定植時は貧弱だったターサイ だいぶヒップが膨らんできたチンゲンサイです 今日も「さるなし」を収穫、色は地味ですが熟すと美味

2013-10-8

2013年10月8 日(火)晴れ

第2農園にて「さるなし」の収穫など

午前中は第2農園にて栽培している「さるなし」の収穫を行いました。
今年は梅雨時と猛暑時の落果が少なかったので、大豊作です。
ところが、自宅フェンスに這わせた「さるなし」は猛暑にやられ、小粒で大不作。

午後は第3農園にて、昨日に引き続き、ラビットアイ系徒長枝等の剪定を行いました。
残り、2列(24本)程になったので、明日には取りあえず完了することになります。
但し、今回は大まかな剪定なので、落葉してから再度見直しの剪定を行う事にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
左は剪定済み、右側は未剪定 右側も強剪定を行いました 今頃伸びてきても…冬場に枯れてしまいます
4.jpg
里芋(女早生)は生長が止まったので、掘り時です

2013-10-7

2013年10月7 日(月)曇り〜晴れ

第2農園せてニガウリの棚を片付けました

涼しくなってきたので、ニガウリの生長が止まったので、棚を撤去しました。
収穫したニガウリは成長が滞り身も固くなっている様です。

第3農園に移動し、先ず、短形自然薯の「むかご」が落ちてしまっているので、拾ったり摘み取ったり。
今日の収穫も約7〜8合ほどあり、大き目のものは種用に選別して保存します。

昨日に引き続き、ラビットアイ系の徒長枝などを剪定し、全体の約8割ほどを終了。

カマキリの卵については先日も掲載しましたが、今日も幾つか確認しました。
高さが120〜140cm程の所に産み付けているので、この冬の降雪量が多そうなので少々心配。
学者さんは因果関係がないと言っているようですが、小生は過去に身をもって体験しています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ニガウリの棚を片づけました 最盛期と違い、固そうです 思いっ切り剪定したのですが、マダマダです
4.jpg
この卵は140cmほどの所にありました

2013-10-6

2013年10月6 日(日)曇り

第3農園にてラビットアイ系の徒長枝などを剪定(妻同伴)

朝方は霧雨が降っておりましたが、10時頃にはあがりました。
第2農園に植えている食用菊の「もってのほか」が一時消えそうでしたが、蕾が膨らんで来ました。

第3農園の玉ねぎ苗、雨が多いので若干軟弱気味に伸びすぎの様です。

ナタマメの莢の色が黄色味を帯び、収穫間近です。
莢の本数を数えたところ、約170本ほどありました。
狸の皮算ですと、約5〜6圓牢待できると思います。

今日の作業の中心は、第3農園のラビットアイ系徒長枝の剪定作業で、集中したのでだいぶ捗りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ナツメが色付いたので、収穫しました 食用菊の「もってのほか」 玉ねぎ苗が若干伸びすぎです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
9月23 日に蒔いただいこん、そろそろ間引きです ナタマメの莢が色付いてきました ラビットアイ系の徒長枝などをバッサバッサ

2013-10-5

2013年10月5 日(土)雨

朝から雨降り、血が沈殿しないように栄町まで出かけました(妻同伴)

先日から度々掘り取っている里芋、何故か小粒だけが残ってしまいました。
そんな訳で、久しぶりに包丁を持ち、今晩の「おかずに」と小粒の里芋を剥いてみました。

今日の様な雨降りに、家の中でゴロゴロしているとロクな事が起こらないので妻と外出。

先ず、第2農園に向い、小雨降る中「さるなし」を収穫。
その足で、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん(リンク参照)までお使いに行って来ました。

妻とは大した会話をする訳でもありませんが…取りあえず、2〜3時間が過ぎてくれました。

一日中雨模様にもかかわらず、アバウト雨量計には25mm程度しか溜まっておりませんでした。

当地でも朝夕は寒さを感じ、老猫のナナ姫だけでなく、小生も炬燵が恋しくなった今日この頃です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
直径2〜3cm程度の石川小芋を剥きました 栄町の「ピッパラの樹」さん全景です 2日からの降雨量は約120mmです
4.jpg
夜半からの降雨量は約25mm程です

2013-10-4

2013年10月4 日(金)曇り時々小雨

ラッキョウ、無臭にんにくに培土(除草・土寄せ)を行いました(妻同伴)

今日は涼しいというより、寒いという感じの一日でした。
先ず、第2農園にてラッキョウが大分伸びて来たので、根元に培土を行いました。
培土と言っても発芽したての雑草をレーキで削り、軽く寄せる程度です。

無臭にんにくも日々伸びているので、2回目の土寄せを行いました。
第4農園から移し替えた下仁田ねぎは一時生長が止まりましたが、今は順調です。

その後第3農園に移動し、野菜区を観察してみると短形自然薯の「むかご」が落ち始めておりました。
そんな訳で、急遽「むかご」の採取を行い、大小様々、約7〜8合を取り込みました。
うち、小指の先ほどの大きさ以上のものを選んで来年の種芋育成用に貯蔵します。

今日は、急に寒くなったり、小雨も降ったりなので途中で作業を切り上げて帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
2列のラッキョウ、発芽は良好 無臭にんにくの生育も順調です 一時成長の止まった下仁田ねぎも順調
4.jpg
よく見ないと、小型のカタツムリが混ざっています

2013-10-3

2013年10月3 日(木)曇り

里芋の掘り取り、ブルーベリー徒長枝剪定など(妻同伴)

午前中、第2農園にて、なすとシシトウなどの収穫を行いました。
明日から気温がかなり低くなるようなので、なすやシシトウなどはそろそろ終盤になるでしょう。
タップリお湿りがあったので、移植したチンゲンサイは順調に生育しています。

午後は短形自然薯の蔓がフェンスの外にはみ出していて、その部分に付いている「むかご」を採取。
採取中、5〜6個を口の中へ放り込んで食してみると意外と美味、大き目の方がアクが少なく、美味しく戴けます。
まー、興味のある方はお試しあれ。

その後、ナタマメの莢が枯れ始めたので、切り取って莢ごと乾燥します。

ブルーベリーの徒長枝などをバチバチと剪定しましたが、なかなか捗らない一日でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
石川早生の小芋は小粒です 根を切り取り、軽く洗いました 短形自然薯の「むかご」とナタマメを収穫

2013-10-2

2013年10月2 日(水)雨時々曇り

イタリアントマト(ペトメック)の種子採取を行いました 

朝から台風22号の影響で、強い雨が降っておりました。
そんな訳で、農園行きは取り止め、先日収穫してきたイタリアントマトの種子を採取しました。
完熟しているものの、種子の数が意外と少なかったので、目減りしない様慎重に行いました。
取りあえず、来春に自家用として播種する程度は確保できました。

昼食後、昨日に引き続き、ポット植えの接ぎ木苗などの植え替えを行いました。
小雨が終始降っていたものの、途中から激しく降ってきたので終了。

当地、昨日からの降雨量は約100mm前後、夏場に1カ月以上降らなかったので、その反動でしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
イタリアントマトのペトメック 種子をゼリー状の中から取り出しました 金網に乗せて洗い、乾かしています
4.jpg 5.jpg
ポット植えの接ぎ木苗などを植え替え アバウト雨量計、受け皿からは溢れています

2013-10-1

2013年10月1 日(火)曇り時々小雨

ようやく明日葉を植え付けました

午前中は自宅にて、ポット植えのブルーベリー接ぎ木苗の植え替えを行いました。
だいぶ遅れ気味の作業なので、根がポットの中をグルグル巻きなので一苦労。
取りあえず水圧で洗い流し、10本ほどを植え替えて昼食。

午後は第2農園に出かけ、シシトウ、ピーマン、ニガウリの収穫後、だいこんの間引きを行いました。
その他、ターサイの苗を植え付け後、昨日戴いたモミガラを全体的に撒いてみました。

明日葉は自宅ベランダにて苗を育てていたのですが、移植が今頃になってしまいました。
早期に移植すると早く花が咲いてしまい、当年で枯れてしまうので、移植時期は難しいものです。 

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
第2農園周りに明日葉を約25本定植 シシトウ、ピーマン、だいこん葉 小玉ねぎから発芽が始まりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
無臭ニンニクの伸びは早く、既に20cm以上 ターサイの植え付け完了 里芋畑隣の秋桜は満開間近