トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2013-11

<< 2013-11 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013-11-30

2013年11月30日(土)晴れ

午前は第2・午後は第3農園にて諸作業(妻同伴)

午前中、先日第2農園短形自然薯跡に菜っ葉類を蒔き、発芽はしましたが、カラカラに乾いて来たので潅水を行いました。
その後、ラビットアイ系を中心に剪定作業を行いましたが、方々の枝にカイガラムシが付いているので取り除きながらの作業。
見付けると、とても痒そうなので、一つ残らず駆除を行っているので、時間ばかりが掛かってしまいます。

午後は第3農園に移動し、野菜区にて稲わらをカットして撒いたり、莢えんどう周りを稲わらの束で囲いました。
莢えんどうは露地栽培なので、温かくして伸びすぎると越冬中に枯れるので、寒さにも当てて成長を抑えることも必要です。

15時頃、お世話になっているIさんからお茶のお誘いがあったので、作業を打ち切り伺いました。
庭には真っ赤なピラカンサス、柚子は大豊作。
好きなだけ採っていくように言われ、写真の通り沢山戴いてきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
オニールの枝にカイガラムシ、痒くて痒くて ピラカンサスが鮮やかに色付いていました 今年は柚子が大豊作
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小菊は霜にも負けずに咲いていました 既にミツマタは大きな花芽を用意しています Iさん宅から柿と柚子を戴きました

2013-11-29

2013年11月29日(金)晴れ

ピッパラさんまでお使い、その後、第3農園へ(妻同伴)

午前中、小生は第2農園にて剪定作業、妻は短形自然薯を売っていましたが、売れたでしょうか…。

昼食後、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん(リンク参照)までお使いに行ってきました。
店内は既にクリスマス。飾り付けもととのっており、手づくりケーキの予約も行っておりました。

帰り道、第3農園に立ち寄って園内を巡回。

中々色付かなかったフクベリー、ようやく鮮やかに紅葉していました。
玉ねぎが弱々しくしておりましたが、現在はしっかりと根を張った様です。
ほうれん草が寒さに負けそう・・・、稲わらを掛けて帰宅した次第。
【一言】
猪瀬氏、往生際が宜しくない。
高額の補助金を交付されている者(団体等)から、軽々に金銭を授受する自体がまともでない。
何を言おうとダメ!!!。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ピッパラさんの店内は既にクリスマス 手作りケーキの予約を行っておりました 日替わりケーキ、今日は「スノーマンケーキ」
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ようやくフクベリーが紅葉してきました 莢えんどう、元気に育っています 今年は玉ねぎが根付いて良く育っています
7.jpg 8.jpg
遅蒔きのほうれん草、これからが試練の時 霜に耐えられる様、稲わらを掛けてやりました

2013-11-28

2013年11月28日(木)曇り〜晴れ

天気予報は外れ、かなり寒い一日でした(妻同伴)

曇天の中、第2農園にて、ラビットアイ系の剪定を行いましたが、一向に晴れず、寒くなるばかり。
そんな訳で、昼食も摂らず、急遽自宅に帰りって炬燵にあたりながら昼食を摂った次第。
昼食後、陽射しが弱々しく照らしておりましたが、寒さは相変わらずでした。

昨日、土室から掘り出して洗ってきた里芋と短形自然薯を干しました。
空気が乾燥しているのでしょうか、今朝、外に出したのですが、とても良く乾いておりました。

まー、冬至まであと3週間チョイ、流石に日が短くなったので、昼食後は直ぐに夕方になってしまう様なこの頃です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ラビットアイ系キャラウェイがビッシリと咲いてしまいました 左ブライトブルー、右オースチン 昨日洗った里芋と短形自然薯を乾燥しています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短形自然薯の先を切り取り、種用として貯蔵します ノースランドの紅葉 今年のポンカンは殆ど小玉です

2013-11-27

2013年11月27日(水)晴れ

第3農園にてイモ、芋、薯の一日でした(妻同伴)

セレベスは親芋周りに沢山の小芋が付きます。
その中でも、大、中、小、極小と様々なものが取れます。
先日、大と中は殆ど選び出し、大は種芋に、中は方々に配ってしまいましたが、小と極小が山の様にありました。
その中から食するのに抵抗がない程度の小芋を拾い、大きな桶の中で洗って乾燥。
このイモは、若干固目でしっかりしていて煮崩れしないのが特徴です。

次に、土室の中から里芋(女早生)を掘り出し、水洗いをして乾燥。
この芋は小芋がとても大きく、煮物にしてもしっとりと柔らかくて美味。

その後、土室から短形自然薯をコンテナ一杯分を掘り出し、隅々まで付いている泥土を水圧で飛ばして乾燥。
この薯は、すり薯にしてトロロ汁が最高ですが、スライスして食しても美味。

乾燥させている間、日陰用としてビニールハウス内に植えている「さるなし」の蔓が伸びっ放しなので剪定。

黄昏て来て、冷たい風が吹き始めたので、3種のイモを車に載せて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスの小イモを洗って乾燥 里芋(女早生) 短形自然薯

2013-11-26

2013年11月26日(火)晴れ

第2・第3農園にて諸作業(妻同伴)

先日蒔いた菜花の双葉が伸びて来たので、保温のため、みどり米のモミ殻を撒きました。

次に、信州の実家から貰って来た松本一本ねぎ、坊主不知を仮植しました。
坊主不知は一本から6〜7本に分けつする様なので、来春定植する予定です。
植え方は、40〜50cm間隔で2本植にすると宜しい様です。

その後はラビットアイ系の剪定作業を行いましたが、15時を過ぎると急に寒くなってきたので、手仕舞いをして帰宅。

自宅にて、ナタマメが大分乾いて来たので、莢を割って豆を取り出してみました。
莢が弾けて豆は飛び出すものの、かなり湿気っているので暫く乾燥させます。

【一言】
「政治と金」「政治と金」「政治と金」「政治と金」・・・・・・・と言われた政治家がいたが。
「政治と金」に関係の無い政治家がいた為しがないでしょ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
発芽した菜花に、みどり米のモミ殻を撒きました 信州の実家から貰ってきた松本一本ねぎ、坊主不知(右) ほうれん草周りは雑草の布団で保護されています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ラビットアイ系の紅葉は今が佳境です ナタマメの莢がカラカラに乾きました 早速莢を剥きましたが、中には乾燥不十分もありました

2013-11-25

2013年11月25日(月)曇り

曇天の中、一寸第3農園まで行ってきました(妻同伴)

昨夜信州から車で帰り、若干疲れていたのでゆっくりと起床。
土産のリンゴ、日頃お世話になっている方々に配って廻りました。

その後、第3農園に立ち寄り、土室から里芋(女早生)を掘り出し、泥土を洗い流して持ち帰りました。

その他、玉ねぎ植え付け畝周りがかなり草が生えてきているので、長靴の底でしごいて除草。
草も1兪宛紊了はおとなしく、邪魔にはなりませんが、いくら冬草でも繁茂し出すと可愛くありません。
そんな訳で、4畝の両縁を長靴底にて「ずるずる」と擦り付けての除草。

若干風邪気味なので、早々に帰宅し、雨降りの予報なので、ベランダにて乾燥させているナタマメを取り込んだ次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉ねぎ植え付け畝の縁には草が一杯生えています 長靴の底で擦り付け、除草します こんなやり方でも、結構効果があります
4.jpg 5.jpg
泥だらけの里芋を洗って持ち帰りました 良く乾いたナタマメは濡れない様に取り込みました

2013-11-24

2013年11月24日(日)晴れ

信州の甘いねぎを戴いて帰りました

信州の朝はとても寒く、ねぎを掘るにも早過ぎると表土が凍っていて掘れません。
そんな訳で、9時過ぎから掘り始めましたが、まだかなり固く凍っておりました。
拙宅にも結構沢山長ねぎはありますが、信州の長ねぎは甘いので、戴いていくことにしました。

実家前で若いお母さんとボクちゃんに会ったのでお話をしたところ、知り合いのお嬢さんでした。
暫くご家族のお話などをお聞きし、とても懐かしく思った次第です。

14時過ぎにお暇し、途中、横川のサービスエリアにて釜めしを買って帰りました。
高速道路はとても混雑していて、自宅にたどり着いたのは19時過ぎになっておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
各地にある坊主不知の一つです 松本一本ねぎ、根元の土は小石だらけです こんな束を3つ戴いて来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
S様宅のお嬢さん、とU君、沢山お話をしたネ 今朝、楓の葉が静かに舞っておりました 横川の釜めしを買って帰りました

2013-11-23

2013年11月23日(土)晴れ

信州の友人宅にリンゴを買いに行ってきました

信州初日、午前中は下の姉宅までお土産などを持参。
昼食は何時も楽しみにしている蕎麦を食しに行って参りました。

午後も上の姉の嫁ぎ先「ヤーコンのよしとも」宅に手土産を配達し、農園などを案内して戴きました。
15時過ぎ、息子の運転により同級生の経営するリンゴ園を訪問し、リンゴを買い求めたところ、沢山のオマケをして戴き、恐縮してしまいました。
彼のリンゴ園は、周囲のリンゴ園とは明らかに違い、リンゴの葉が美しく紅葉(黄葉)していました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
兄夫婦の子供の子、小生に抱かれているS太君 美味しい蕎麦処「倉乃」さんで御馳走になりました 10割蕎麦は最高でした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
義兄と甥っ子が営む「ヤーコンのよしとも」を訪問しました 掘り取ったヤーコンを貯蔵する横穴の土室 友の経営するリンゴ園を訪問、ほれぼれの紅葉

2013-11-22

2013年11月22日(金)晴れ

所用のため、午前中の作業で終了(妻同伴)

先日第2農園短形自然薯跡に蒔いた「菜の花」潅水し途端、一気に芽が伸び始めました。
不思議なもので、菜花二品種は旺盛な成長を始めていますが、同時に蒔いたアブラナは未だ発芽していません。

小ぶりの玉ねぎを八月末頃に植え付けましたら、結構勢いよく伸びていて、葉は今でも食せそうです。

今年、早目に植え付けた無臭にんにくは、元気に伸びていて、来年の薹立ちが期待できそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
菜花の発芽は旺盛です 手前玉ねぎ、奥2列が無臭にんにく 何時も立ち寄る花屋さん、寄せ植えが見事です

2013-11-21

2013年11月21日(木)晴れ

第3農園にて、小松菜を蒔きました(妻同伴)

第2農園のシャープブルー、この寒い中、花が一輪咲いていました。
第3農園、ナタマメの蔓などの残渣を焼き、その灰を玉ねぎの苗場跡に撒いて撹拌し、小松菜を蒔いてみました。
蒔く時期が若干遅く、霜抜けなどで十分に育つか心配ですが、今後、被覆などをする予定です。

発芽が芳しくないスナックえんどう、市販の種子が宜しくない様で、発芽率2割程度です。
そんな訳で、急遽種子を追い蒔きしてみました。

水分が足りないので、ジョウロにタップリと水を入れ、播種した箇所に潅水する予定でしたが・・・・・。
運搬途中、スッテンコロリン、プラステックのジョウロを潰してしまい、下半身ビッショビショ・・・トホホの心。
まるで近い将来の、お漏らししている我が身を思いつつ・・・家路を急いだ次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
シャープブルーが咲いていました 取りあえず空いている場所に種を蒔きました 昨日収穫してきたナタマメをベランダに干しました

2013-11-20

2013年11月20日(水)晴れ

第3農園にて、ナタマメを全て収穫しました(妻同伴)

度重なる降霜により、ナタマメは殆ど枯れた状態になったので、莢ごと収穫しました。
これから10日間ほど莢をカラカラに乾かした後、豆を取り出して更に乾燥させます。
かなり莢が肉厚のため、容易に乾燥せず、生乾き状態で放置すると莢の中が納豆状態になってしまいます。

これから北風が厳しくなる第3農園、莢えんどうは一番北側で、これから厳しい風が吹き付けます。
そんな訳で、昨年同様、寒冷紗を二つ折りにし、単管などを錘にし、風で飛ばされない様に紐で固定。

第3農園西側、短形自然薯収穫跡にほうれん草を蒔いておきましたら、意外と健気に発芽していました。
収穫は来春の2月下旬から3月中と思いますが、霜抜けしないで育ってほしいものです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
11月13日に蒔いた菜花が発芽しました 一寸伸び過ぎた感のある白花莢えんどう 第3農園にて、ナタマメを全て収穫しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
寒冷紗による防風処置前 寒冷紗を二重にし、莢えんどうの防風処置を行いました 3月ごろに収穫予定のほうれん草です

2013-11-19

2013年11月19日(火)曇り〜晴れ

畦畔大豆を収穫・稲わらを運搬(妻同伴)

南側水田の畦畔大豆、ハトの食害に遭い始めたので、若干青味のある部分がありますが、収穫しました。
まー、霜が数回降りたので、これからより充実するとは思われないので、躊躇せず゛に根元からバッサリ。

第2農園オーナー宅のコシヒカリの稲わらが水田に放置されたまま、これを束ね、大豆とともに第3農園に運搬。
稲わらは敷きわら等として使い、大豆はビニールハウスの中でしばらく乾燥させます。

今年は畦畔大豆だけなので、種子程度しか確保できません。
そんな訳で、来春は味噌造りは予定が立っておりません。

第2農園ハイブッシュ系ブルーベリーの紅葉は今がピークです。

藁に因んで、「わらしべ長者」をどうぞ

1.jpg 2.jpg 3.jpg
稲わらと畦畔大豆を運搬 ねぎの畝にほうれん草の種子をパラパラ蒔いた結果 此方は大葉春菊の種子をパラパラ蒔いた結果です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
デュークの紅葉 スタンレーの紅葉 ネルソンの紅葉

2013-11-18

2013年11月18日(月)晴れ

セレベスの小芋を洗って乾かしたり、里芋(女早生)を室から掘り出しました

先般は、セレベスの親芋の茎や根を取りましたが、今日はセレベスの小芋を洗い、乾燥させました。
小芋の中でも大きなものもあり、種芋にも十分使えますが、種イモは更に大きなものを確保したので食用にします。
全般的にセレベスは小芋が多く付き、極小さなものは勿体無いとは思いますが、畑の隅辺りに処分してしまいます。

里芋(女早生)を室から取り出し、親芋から分離すると貯蔵性が落ちるので、泥つきのままコンテナに入れました。

短形自然薯の種芋は乾きが早く傷むので、女早生の親芋やセレベスの小芋と一緒に土室に伏せ込みました。

ナタマメは霜にやられて殆ど再起不能の様ですが、茎は生きているようなので、取りあえずそのままにしています。

先日植え付けた玉ねぎは根付き、それぞれ一本立ちした様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスの小芋を洗い、乾燥 里芋(女早生)を室から出し、洗わずにコンテナへ 種芋(セレベス、里芋、短形自然薯)を貯蔵しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ナタマメは霜に当たって殆ど枯れています 先般植え付けた玉ねぎは活着した様です ハイブッシュ系ブラッデンの紅葉

2013-11-17

2013年11月17日(日)晴れ

里芋を室から掘り出し、軽く洗いました(妻同伴)

午前中、第2農園にて昨日整地した部分に玉ねぎ(天寿、ソニック)の植え付けを行ったり、ほうれん草を蒔きました。
玉ねぎ苗は最後に残った畳針以下の細いものを植え、どの程度育つのか試みるつもりです。
更に、かなり寒くなって来たので、使い古しのビニールを洗って覆い、幾らかでも生長を促すことに・・・。

午後は第3農園にて、伏せてあった里芋を掘り出し、小芋を親芋から外し、傷まない様に土を洗い流す程度で持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
風で吹き飛ばされないように、きっちりと被覆 ほうれん草を蒔き、潅水を行いました 弱々しい苗、どの程度に育ちますやら
4.jpg 5.jpg 6.jpg
石川早生は小芋(孫芋)が多過ぎ、来年から止めます 女早生の子芋は揃っていて、親芋は種芋で使用予定 セレベスの最大は、1.5圓△蠅泙靴

2013-11-16

2013年11月16日(土)晴れ

ナタマメを収穫しました(妻同伴)

午前中は第2農園にて野菜収穫跡を整地し、菜っ葉類を蒔ける状態にしました。

妻は道路際に短形自然薯を並べ、売る気満々です。
お客様の中では、概して60代男性は大きな薯、女性全般はやや小さめの薯を買い求めていくようです。
まー、小生は余り売れるとは思ってはいませんが、妻はガソリン代程でもと思って並べている様です。
この、短形自然薯は近隣の直売所などでは置いていないので、当方は単品ですが、興味がある様で、結構覗いて行かれます。
今朝などは、ご近所で野菜直売をしているお宅の旦那が、ジーット覗いて行かれました。

午後は第3農園に移動し、霜にやられてほぼ枯れ始めたナタマメの萎び始めた莢から収穫を始めました。
残りの莢はザーッと数えて50本程残っていますが、未成熟の莢もあるので、若干歩留りは落ちると思っています。。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅庭のジャンボレモンとポンカン、色付いてきました 短くても、だいこんの味は十分にあります 白菜をややフライング気味に収穫してみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
バーリントンの紅葉 ヒトミの紅葉 莢が萎びてきたナタマメを収穫しました

2013-11-15

2013年11月15日(金)曇り〜雨

餅を5臼搗いて戴きました(妻同伴)

第2農園オーナーご夫妻に協力して戴き、みどり米の餅搗きを行いました。
いつも通り、小生は捏ねと伸し、妻は竈番と伸しを行い、ご夫妻に搗いて戴きました。
寒いといいましても、曇天のため昨日より温かく、風もなかったので、搗きあがる餅もとても柔らかでした。

昼頃から雨が降り始め、気温も急に下がり、上着を羽織る程でした。
昼食後、オーナーさんに感謝しつつ、伸し餅と丸餅を車に積み込んでお暇をした次第です。

久々の餅搗き、若干疲れたので炬燵に潜り込んでウトウト。

その後、ナタマメの莢が乾いて来たので、両手で堅い莢を割り、豆を取り出しました。
未だ、中の豆は生乾きのものがかなりあるので、しばらくの間、ネットの袋に入れて乾燥します。
第3農園のナタマメは、一昨日、昨日と強烈な霜が降りたため、葉っぱはヨレヨレ、後日莢を採り込みます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
新米のみどり米の餅つきが始まりました 仕上がった餅は甘くて癖になります ほぼ同時に育ったナタマメも、実際は様々です

2013-11-14

2013年11月14日(木)晴れ

第3農園にて防鳥ネットを撤去しました(妻同伴)

明日は餅つきです。
昨日研ぎ洗いしたもち米(みどり米)を再度研ぎ洗いして浸漬し直しました。

第3農園では氷が張り、当地は余りにも寒いので、しばらくは融けませんでした。
野菜区の三つ葉、11日まで茎と葉を採取していましたが、ついに萎れてしまいました。

一方、莢えんどうは寒さに強いので、元気に伸びております。

一通り園内を巡回して歩き、今まで放置していた防鳥ネットの取り外しを開始し、15時過ぎに完了。

その後、一時間ほどセレベスのお化粧を行いましたが、急に冷え冷えとして来たので、手仕舞いして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
みどり米の水を取り替えました 第3農園ではかなり厚い氷が張りました 勢いのあった三つ葉、寒さには勝てません
4.jpg 5.jpg 6.jpg
白花莢えんどうの芽は元気伸びています 防鳥ネットを取り外し、スッキリさせました セレベスの根と茎部分をそぎ取りました

2013-11-13

2013年11月13日(水)晴れ

菜花類を蒔きました(妻同伴)

朝一、「にわとりひろば」にて、みどり米を5臼分量って研ぎ洗いし、水に漬け込みました。
かなりのアクが出て来るので、明朝再度洗い流して漬け込みます。

次に、第2農園にて短形自然薯跡に牡蠣殻石灰、鶏糞、籾殻を適宜撒き、管理機にて撹拌。
その後レーキにて畝を作り、少々遅蒔きになってしまいましたが、リスク分散のつもりで菜花3種を蒔いてみました。

簡単な様に思われるでしょうが、さにあらず、10時頃から休みなしで行い、完了時は13時を回っておりました。

今まで収穫した短形自然薯は、先端を切り取らず、方々に配っておりましたが、良質の種芋を残すことにし・・・
本年から先端10〜15センチ程度を切り取り、切り口を乾燥させて保存しています。

妻は霜に当たってヨレヨレになった「なす」の木を片づけたり、菜っ葉類などを収穫しておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短形自然薯跡に菜花を蒔く準備 菜花類3種を用意しました 若干遅蒔きですが、何とかなるでしょう
4.jpg
短形自然薯は先端を種芋として切り取り、乾燥しています

2013-11-12

2013年11月12日(火)曇り

餅つきのシーズンになりました

今日みどり米の籾摺りを行って戴き、拙宅分として105圈文縞董砲△蠅泙靴拭
餅搗きは金曜日(15日)に行って戴くことになり、明日、洗米して2日間浸漬します。

餅つきの準備として、薪作りを行い、しばらくは不自由しないほど確保しました。

午後は先ず、第2農園水路際に毎年生えて来るハトムギの原種の珠数玉(ジュズダマ)を刈り取って処分。

次に、第2農園フェンス際のミントが蔓延って来ない様、深く掘って畦シートを埋めてブロックしました。

帰り道、「にわとりひろば」に立ち寄り、みどり米の精米(傷つける程度)をして頂き、30圓鮗宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
餅つき用の薪を作っているところ(第2農園オーナー) 小生は焚き付け用の薄板割り 今日割られた薪を積み上げました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
毎年悩まされる珠数玉を刈り取りました 第2農園のネット際に新たな畦シートを付設 みどり米の精米、明日は洗米し、金曜日に餅搗き

2013-11-11

2013年11月11日(月)うす曇り〜雨〜晴れ

第2農園の短形自然薯を掘り取り終了(妻同伴)

朝一から第2農園道路際の短形自然薯の掘り取りを行い、本年の掘り取りは完了しました。

妻が先日から道路際にて、短形自然薯の販売を始めたところ、お客様が立ち寄って下さいます。
まー、立ち寄って下さっても殆ど立ち去ってしまいますが、何人かは買い求めて下さいます。
嬉しさのあまり、商品と同量程度のオマケまでしているようですが、初売り月間セールというところでしょうか。

この薯に似た、イチョウ薯がスーパーマーケットなどで販売されてはおりますが・・・。
手前みその様で申し訳ありませんが、味の上ではこちらの方が断然上と思うのですが・・・ネ。

掘り取り跡に菜花を蒔く予定にしていますが、ネット際からミントが伸び出してきているので、畦シートでブロックします。
以前、畦シートを付設したのですが、老朽化して破れ、ブロック機能が低下したので、後日付設し直すことにしました。
掘り取った薯を第3農園に運び、井戸水の水圧などで土を洗い流している最中から、にわかに雲行きが怪しくなってきました。
慌てて薯をコンテナに詰めて車に載せ、大雨の降る中、自宅まで逃げるようにして帰って来た次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短形自然の掘り取りはすべて完了しました 強く洗うと表面が傷むので、軽く洗いました 畦シートを付け替え、菜花を蒔く予定

2013-11-10

2013年11月10日(日)曇り

第3農園にて短形自然薯を掘り取終えました

先日、野菜区西側に蒔いた莢えんどうが順調に発芽しました。
当地の冬期はとても寒いので、後日、寒冷紗や稲わらなどで寒さ除けを行う予定です。

掘り残していた短形自然薯約50株を10時から昼食をオアズケし、13時半頃までに全て掘り取りました。
ポリマルチ無しの畝では若干小さめで、ポリマルチを被った畝はかなり大きく、その差は明らかでした。 

昼食後、ビニールハウス内に伏せていたセレベスの茎が朽ちて来たので、シャベルの縁で根と茎を削り取りました。
このセレベス、見た目は里芋の親芋の様ですが、海老芋や八つ頭に劣らない美味なイモです。
大きなものは約1圓曚匹△蠅泙垢、大きすぎるとややお下品なほどですから、500〜700g程度が手頃でしょう。
 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
白花莢えんどう 赤花莢えんどう 短形自然薯の土を水圧で飛ばし、乾燥します
4.jpg
伏せていたセレベスをお化粧しています

2013-11-9

2013年11月9日(土)曇り

みどり米の脱穀中心の一日でした(妻同伴)

午前中の一時間ほどは第2農園にて短形自然薯の掘り取りを行いました。
夏場の干ばつの影響でしょうか、植え付けた種イモはかなり良品の筈でしたが…
食するには少々小さ過ぎますし、種イモには大き過ぎるので、どのように扱うか、悩ましいところです。

掘り取りをしている間、妻は今年沢山採れた短形自然薯を道路際に並べ、販売しておりましたが・・・
ボチボチ買って戴いている様です。
まー、ヤマイモ類の中では美味ですから、この味を知っている方々は買って行かれるようです。

みどり米の脱穀は10時頃から開始し、昼食を挟んで、15時頃に完了。

13時過ぎ頃、農機具の増田機商さんにてSTIHL(スチール)の日イベントを行っているので顔を出してみました。
帰り際、ご家族が揃っていたので、店先にて記念写真を撮らせて戴きました。

 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
脱穀作業は順調、田圃はぬかるんでいて足を取られます 短形自然薯を第2農園道路際にて販売 店先にて、増田機商さんご一家
4.jpg
本日掘り取った短形自然薯

2013-11-8

2013年11月8日(金)晴れ

急に冷えて来たので、ブルーベリーの紅葉が始まりました(妻同伴)

第3農園のブルーベリーの木々、急に冷え込んだので、鮮やかな紅葉が楽しむことができます。

ナタマメがだいぶ枯れ、莢がシワシワになり、徐々に収穫が始まりました。

当初、貧弱だった生姜、思いの外根は育っており、一部自宅に持ち帰り、残りは土の中に伏せました。

本日掘り取った短形自然薯は揃っていて、掘り取るのには苦労しますが、楽しみでもあります。
 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
ハイブッシュ系は色濃く紅葉しています しばらく紅葉が楽しめます バルドウィン実生、極端な葉の白さは病気ではありません
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ナタマメを収穫、未だ8割は残っています 生姜を全部掘り取り、一部を持ち帰ります 今日掘り取った短形自然薯は平均1圓呂△蠅泙靴

2013-11-7

2013年11月7日(木)雨のち曇り

雨降りのため、農園作業はお休み

ゴロゴロしてテレビを観ておりましたが、飽きて来たので・・・
乾燥させたままにしていた落花生を引っ張り出し、殻むきを始めました。

今年は第4農園の管理を9月末で終了したため、落花生の収穫は2〜3週間早く行いました。
結果、未成熟の殻が多く、剥いていても張り合いの無い状態でした。

昼食後も引き続き行いましたが、指先が痛くなってきたので終了しましたが、約1升以上になりました。

その他、未成熟の豆が2合ほどあり、炒って食しますと香ばしく意外と美味なのですが…如何しましょう。

 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
雨降りのため、落花生の殻を剥きました ジャンボレモン、最大は高さ13cm横10cm ポンカンは摘果しなかったので、小玉です
4.jpg
ハイブッシュ系デキシーの紅葉(台木ホームベル)

2013-11-6

2013年11月6日(水)晴れ

第2・第3農園にて諸作業(妻同伴)

朝方は所用があり、農園作業は10時過ぎから開始。
先ず、第2農園にて小生は短形自然薯の掘り取りを行いました。
表土は柔らかくても、30cmを超えると土が固く、安易に抜くと何処からでも容赦なくポッキリいってしまいます。
そんな訳で、無事に掘り取れたものが6割程度で、他は何らかの傷が付いてしまった次第。

大きなイモが出来るのは、植え付ける種芋の大きさに正比例するので、植え付け時の種芋の厳選が必須です。
妻は久々の農園行きで、徐々に身体を慣らし気味で、食用菊の「もってのほか」を摘み取っていました。

その後、第3農園に移動し、玉ねぎ(泉州180本)の植え付けを行いました。
泉州は若干遅く蒔いたので苗は少々短目ですが、何とか育ってくれるでしょう。

次に、短形自然薯の棚を撤去し、早速3株ほど掘ってみたところ、大きな種芋を植えたヶ所なので成績も良好。
 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
土まみれでわかりませんが、実は傷だらけ 本日の最大は1.6垓でした 食用菊の「もってのほか」茹でて酢の物で食します
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短形自然薯跡に植え付けた玉ねぎの泉州 短形自然薯の棚を撤去します 棚撤去後、早速掘り取り開始

2013-11-5

2013年11月5日(火)晴れ

第3農園にて絹莢えんどうを蒔きました

第3農園野菜区の短形自然薯収穫跡に莢えんどう等を蒔く準備として…
ブルーベリー剪定枝の焼却灰と炭、鶏糞、もみ殻を撒き、耕耘機で撹拌。
ビニールマルチ後、支柱を立て、穴開けを行い、白花絹莢とスナックえんどうを蒔きました。

今日は、僅かな作業量に見えますが、集中して行ったにもかかわらず、種蒔きを行って16時半に終了。

昨日、雨がかなり降ってしまい、稲は濡れてしまったので、脱穀作業は週末まで延期です。

 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
短形自然薯収穫跡に炭、灰、鶏糞、もみ殻を撒いて撹拌 ビニールマルチ後、支柱を立て、穴開け 白花絹莢とスナックえんどうを各18穴に蒔きました

2013-11-4

2013年11月4日(月)小雨〜曇り〜晴れ〜雨

「にわとりひろば」にて芋煮会、昼過ぎ第2農園にて 諸作業

天気予報通り、朝から雨が降っていますが、小雨なので第2農園に出かけました。

実は、印西市のT様にサルナシの木を抜いてお渡しする約束をしておりました。
小雨なので、掘り取り作業には全く支障はなく、順調に抜き取ってお渡ししました。

10時頃から第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて芋煮会の準備を行いました。
例年、田圃の中で稲ワラの上にビニールシートを敷き、車座になって芋煮を戴きましたが…。
今年は天候が芳しくなかったので「にわとりひろば」のテーブルで行った次第です。

気温は朝方より日中の方が低く感じたので、ごちそう様の後、第2農園にて短形自然薯を掘り、身体を温めた次第。
今日の掘り取りは約20株チョイ、15堋度で、最大のものは約1.5圓曚匹△蠅修Δ任靴拭
 
1.jpg 2.jpg 3.jpg
印西市方面にお嫁入りのサルナシの木、樹齢約15年 抜き取った跡は何か間が抜けた感じで・・・ 芋煮の釜の中には、二羽のにわとりが入っています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今頃になって長ねぎが勢い付いてきました 短形自然薯の蔓と支柱、ポリマルチを片付けました 本日掘り取った薯、スコップの柄が折れ、ストップ

2013-11-3

2013年11月3日(土)曇り

第3農園にて 諸作業

お弁当を持って莉緒姫達はご帰還し、何時もの静かな我が家に戻りました。

小生も弁当を持って第3農園に行き、12時から16時半頃まで諸作業。
先ず、第4農園から移し替えた短形自然薯を掘り取りました。
既に蔓が2m前後に伸びていたものを植え替えたので、大きなストレスを受けたのでしょう。
出来の良いもので約500〜600g、平均300g前後というところでしょうか。
今日収穫したものは50個ほどで、全重量は約15圈

明日の天気予報では午前は雨模様、予定は諸々あるのですが、如何しましょう。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
中々気難しく、こっちを見てくれません お帰りの直前、記念にパチリ 先日蒔いたほうれん草、弱々しく発芽
4.jpg 5.jpg 6.jpg
掘り取った跡は玉ねぎを植える予定です 今日掘り取った短形自然薯 玉ねぎを4品種1,300本ほど植え付けました

2013-11-2

2013年11月2日(土)曇りのち小雨

第3農園にて絹莢えんどうを蒔きました

本日の最初の作業は、第3農園にて、絹莢えんどう(赤花・白花)を蒔きました。

次に、春の莢えんどう跡に短形自然薯の「むかご」を蒔いた箇所を掘り、来年の種芋用として確保。

その後、玉ねぎの天寿を約500本、赤玉ねぎを約100本植え付けました。
途中、小雨が降り始めましたが、濡れる程のものではなかったので、最後の4畝目も殆ど植えつけ完了。

苗床には未だ大小様々な苗が残っていているので、大き目の苗は信州方面にお嫁入り。

三連休で、パパさんが迎えに来てくれたので、莉緒姫は勢いづいてご機嫌です。

天寿・・・ 高山種苗(株)育成品種、約350gまで成長、腐敗しにくく貯蔵性優。
ソニック・・・ タキイ種苗(株)育成品種320gまで成長、比較的病気にも強い。
パワー ・・・タキイ種苗(株)育成品種290gまで成長、腐りにくく2月末まで吊り貯蔵可。


1.jpg 2.jpg 3.jpg
マルチ穴あけカッターで穴を開け、5粒ずつ播種 ブルーベリー園は「きのこ」が大豊作 右からパワー、ソニック、天寿、赤玉ねぎ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
左から赤玉ねぎ、天寿、ソニック、パワー パパが来てくれたので、ご機嫌の莉緒姫 梨大好き

2013-11-1

2013年11月1 日(金)晴れ

午前は水田作業、午後はピッパラの樹まで買い物に

午前中、昨日刈り取った北側水田の稲を手作業で結束し、おだ掛けを行いました。
結束作業は途中までとし、残りの1/4程を第2農園オーナーにお願いをしてピッパラさんまで出掛けました。
小作人が、地主さんに作業をお願いして出掛けるなんて…時代は変わったものです。

ピッパラさんでパティシエをしている吉岡恵美さんが創作スイーツコンテストで・・・
「黒豆モンブラン」を出品し、見事グランプリを受賞。
その「黒豆モンブラン」が只一つ残っていたので、即買って帰りました。
今夜、娘たちと食してみようと思っているところです。

一旦家に帰り再度みどり米水田に立ち寄って風情あるおだ掛けを見て歩きました。
この辺では珍しい風景なので、カメラマンが数多く立ち寄っていかれます。

ベランダにて干しているズイキはだいぶ乾燥が進み、2〜3日程度でカラカラになると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
みどり米の北側水田、結束がほぼ終了するところです 黒豆モンブランのイラストと説明書き 実物の写真です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ピッパラさんのポーチにて昼食 おだ掛けの全景、11月5日頃に脱穀予定です 蛇の丸干し・・・否、セレベス、八つ頭の茎の丸干しです