トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2013-9

<< 2013-9 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2013-9-30

2013年9月30 日(月)晴れ〜曇り

昨日戴いたモミガラを軽トラにて運搬(妻同伴)

昨日、第2農園オーナー宅から戴いモミガラを第2農園、第3農園に運搬。
全部でビニール袋大が13袋、うち、6袋を第2農園に置き、残りの7袋は第3農園へ運搬。

午後、第3農園北側のフェンス外のセイタカアワダチソウが伸び、花が咲き始めたので、根元から30cm程で切り倒し。

玉ねぎ苗床に雑草の抑制を期待し、モミ殻を撒いてみました。

最近、朝夕が涼しくなってきたことから、短形自然薯のむかごの肥大が顕著で、種用に使えるほどのものもあります。
短形自然薯のむかごは、小生の小指第一関節程のもので、約1堊宛紊琉鬚収穫できます。
と申しましても、肥培・管理を一切しないと収穫は期待できませんが・・・。

今年はカマキリの卵がかなり高い箇所に産み付けられております。
もしかすると、この冬は降雪量が多いのかも知れません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
モミ殻の一部をビニールハウス内に保管 セイタカアワダチソウが伸び、花が咲き始めました 根元から30cm程度で切り倒しました。
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎの苗床に、モミガラを撒きました 短形自然薯のむかごが肥大してきました カマキリの卵、高さ130cmほどの所に

2013-9-29

2013年9月29 日(日)晴れ

午前中は第2・午後は第3農園にて諸作業

第2農園にて栽培している夏野菜はこのところの低温により、かなり生長が止まっている様子。
特に、なすとニガウリは身が締まっていて、食してもかなり固い様です。

みどり米は登熟期に入ったので、潅水を十分に行い、生育安定を図っております。
今年の分けつ状況をみると、かなり良好で、一株当たり、50本前後となっています。

第2農園オーナー宅からうるち米のモミガラを譲ってもらうことになり、大のビニール袋13袋分を戴きました。
先日第3農園にて掘り取った里芋は未熟が多かったのですが、今日掘り取ってみたところ、かなり良好に肥大しておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
みどり米の分けつは旺盛です 株を分け、本数を数えたところ、52本ありました もみ殻を沢山いただきました
4.jpg 5.jpg
里芋(石川早生)を掘ってみました 南部ハイブッシュ系ダップリンの二化

2013-9-28

2013年9月28 日(土)晴れ〜曇り

イラガ駆除に終始しました(妻に同伴)

午前中は第2農園にてチンゲンサイ、ターサイの移植。
チンゲンサイは植え床に全て植え終わり、トータルでは約250本程になります。
ターサイは植え床スペースの約半分に植え付けましたが、腰が痛んできたので終了。
その後、無臭にんにくの芽が7〜8cm程に伸びて来ているので、施肥の後レーキにより軽く培土。

その間、妻がイラガの駆除を行っていたので、小生も駆除に取り組みましたが・・・。
遠目に見えているイラガを駆除しようとすると、手前にいたイラガに度々刺されます。
1時間半ほど駆除作業を行いましたが、途切れることなくイラガが現れるので、止められません。

半ば強制的に終了し、第3農園へ向かい昼食。
昼食後、T&Fの福田さんに倣い、ラビットアイの長い枝を切り詰め、花芽を誘発させることにしました。
途中、イラガの大集団にぶち当たり、駆除の時間が殆どになってしまった次第。
明日以降も、集中的に花芽誘発のため、長目の枝を切り詰めることとします。

1.jpg 2.jpg  
イラガは憎めない目をしています ティフブルーは樹勢が強すぎ、藪になっています。

2013-9-27

2013年9月27 日(金)晴れ

今日は第3農園に直行して諸作業を行いました(妻に同伴)

先日蒔いただいこんと玉ねぎの発芽状況を確認したところ、良好なので一安心。
次に、先日の強風により短形自然薯の「むかご」が大分落ちたので、拾って歩きました。
その後、ブルーベリーの夏枝が大分垂れ下がっているので、これを整理。

先般、第4農園の管理は終了し、若干畑が減ったのですが・・・
親切にして戴いているIさん宅の畑を使わせて戴くことになりました。(ビックリするほど立派な畑)
まー、「捨てる神ありゃ拾う神あり」の諺通り、まんざら神様がいないわけでは無い様な…。
順調にいけば、来年は大豆を作り、味噌造りを行う事が出来ると思います。

そんな訳で、妻と一緒にIさん宅に伺い、よろしくお願いした次第です。
Iさん宅の露地には宮城野萩が3m以上の高さから垂れ下がって咲いておりました。

夕食後、工房内にて、今日採ってきたイチジクをシロップ煮にして瓶詰めにした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
23日に蒔いただいこん、順調に発芽 22日に蒔いた玉ねぎも順調に発芽しました 先日の強風で落ちた「むかご」を拾いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ラビットアイ系オースチンの剪定 Iさん宅の宮城野萩が立派でした 今日採ってきたイチジクをシロップ煮 

2013-9-26

2013年9月26 日(木)小雨〜曇り〜晴れ

午後、第2農園、みどり米水田にて諸作業(妻に同伴)

昨日同様、午前中は家の中でゴロゴロ。
昼食後、第2農園に行き、ターッアイを苗床から抜き、かぼちゃ跡につくった畝に100本ほど植え付け。

その後、畑の空いている所構わず大葉春菊を蒔いてみました。

みどり米の稲穂が若干垂れて来たので、水田周囲に支柱を打ち、スズメ除けのテグスを張り巡らせました。
その間、妻はイラガの退治に専念。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
9月21日に蒔いたほうれん草が発芽しました 9月19日に植え付けたラッキョウの発芽が始まりました みどり米水田にスズメ除けのテグスを張りました

2013-9-25

2013年9月25 日(水)雨時々曇り

午後、小雨の中第2農園まで行ってきました(妻に同伴)

午前中は家の中でゴロゴロしておりましたが・・・。
昼食後、昨日の疲れも取れ、身体がムズムズしてきたので、妻と第2農園へ。

別に大した目的はありませんが、野菜(なす、シシトウ、ニガウリなど)の収穫を行ったり・・・
チンゲンサイを苗床から抜き取り、先日に引き続き移植を行いました。

妻は、ブルーベリー園内にて、未だ生き残っているイラガの退治を行っておりました。
この間、間断なく霧雨が降っておりましたが、殆ど濡れることなく帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
ジャンボレモンが色付き始めました 隣のポンカン、急に肥大を始めました(直径4〜5cm) 19日に植え付けた無臭ニンニクが既に発芽
4.jpg 5.jpg 6.jpg  
第2農園にて、チンゲンサイの2回目の植え付け 今日も約100本ほど植え付けました ミニだいこん、そろそろ間引きが必要です

2013-9-24

2013年9月24 日(火)曇りのち晴れ

秋の彼岸中、墓参りに行ってきました(妻に同伴)

未だ仏心がある訳ではありませんが、妻方の墓参りに行ってきました。
墓地は整然と清掃等されているものの、疎遠になっているような墓もちらほらと見受けられました。

まー、「自分でいくら立派な墓を建てても、お参りをしてくれるのは残った方々の心次第」などと思いつつ。

娘宅に立ち寄り、昼食を共にしたものの、孫の莉緒姫は相変わらずの人見知りが強烈で泣いてばかり。
泣き疲れて眠ってしまい、帰る時も眠ったままで、少々残念。

慣れない電車とバスを乗り継いだり、徒歩も多かったので、帰宅した時には妻も小生もグッタリでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
妻方の墓参りに行ってきました 孫の莉緒姫、相変わらず極端な人見知りでした 娘宅前にて記念にパチリ

2013-9-23

2013年9月23 日(月)晴れ

白菜とブロッコリーにネットを被せました(妻同伴)

午前中、第2農園にて昨日植えつけた白菜とブロッコリーに防虫ネットを被せました。
その他、チンゲンサイを苗床から抜き取り、100本程度を移植しました。
集中して植え付けを行うと腰痛を発するので、2〜3回に分け、植えつける予定です。

昼食時、「にわとりひろば」にて、第2農園オーナーから「キワーノ」と云う珍しい食べ物をご馳走になりました。
よりワイルドなカラスウリの様な野菜(果物)で、薄い酸味がありましたが、ミネラルが豊富な食物とのことです。

午後は第3農園に移動し、ゲート前周辺の雑草を刈り払い機にて刈り取った他、オクラ跡に大根を蒔いてみました。
その後、ブルーベリー園内にて、本来夏場に行うべき作業の、垂れ下がった枝などを剪定して歩きました。
今日はとても涼しかったので、快適に作業が出来たので、17時過ぎまで行ってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
白菜とブロッコリーに防虫ネットを被いました チンゲンサイを移植(萎れていますが、直ぐに戻ります) 珍しい食べ物、キワーノを戴きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
きゅうりの種子そっくりでした 今年何回目の刈り払い?・・・忘れました オクラ跡にだいこんを蒔きました

2013-9-22

2013年9月22 日(日)晴れ〜曇り

第2農園にて、白菜、ブロッコリー苗の植え付け

朝一、第2農園にて白菜とブロッコリー苗の植え付けを行いました。
白菜は結球収穫まで約75日もので、ブロッコリーは脇芽の多く出る品種を選びました。

午後は、第3農園に移動し、潅水用配管が漏水するので掘り起こして改修。
その他、玉ねぎの苗床に生えてきた雑草の抜き取りを行った後、タップリと潅水。

先日、イタリアントマトのペトメックを真っ赤に完熟させ、種子取り用に自宅に持ち帰りましたが・・・。
突然事件発生、何と何と、後生大事にしていた種用の完熟トマトを妻が台所で食してしまいました。

そんな訳で、新たに種用トマトを選んで、大切に完熟させなくてはなりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
白菜の植え付け、後日防虫ネットを掛けます 脇芽が多く出るタイプのブロッコリー 玉ねぎ床の草取り後、潅水を行いました。
4.jpg
イタリアントマトのペトメック種子取り用に完熟させます

2013-9-21

2013年9月21 日(土)晴れ

第2農園にて、かぼちゃ跡を整備し、冬野菜作の準備

今日は第2農園にてかぼちゃの蔓を片付け、冬野菜のスペースを確保。
馬鈴薯跡にかぼちゃ(自家採種のメルヘン)を蒔き、一定の収穫はありました。
しかしながら、安定した収穫を確保するには、種子屋さんの種子に限ります。
まー、かぼちゃを這わしたことで、殆ど雑草が生えなかったので、これにはとても助かった次第。

かぼちゃの蔓を撤去し、ウッドチップ発酵堆肥、牡蠣殻石灰、鶏糞を撒き、小型管理機にて3回撹拌。

先ず、小ぶりの無臭ニンニクの球根が大分残っていたので、これを植え付け、春の薹立ちを待ちます。
その他、白菜、ブロッコリー、チンゲンサイ、ターッアイを定植する畝を立てました。

その後、みどり米水田の見回りを行い、開花のピークを迎えているので、昨日から減水している程度の追加潅水。
このまま順調に育ってくれると、例年並み以上の収穫が期待できそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
かぼちゃの蔓を片付けました チップ発酵堆肥、鶏糞、牡蠣殻石灰撒布 無臭ニンニク植え付け
4.jpg 5.jpg 6.jpg
冬野菜植え付け・蒔き付け等準備完了 気候が極めて良好なので、みどり米の開花順調 秋桜が一気に咲き出しました

2013-9-20

2013年9月20 日(金)晴れ

みどり米水田等の草刈りなど(妻同伴)

午前中、みどり米水田、里芋畑畦畔の草刈りを行いました。
取りあえず、除草剤を一切使用しない「こだわり」に徹しております。

夏場の渇水期には湿田気味の北側水田でも、ひび割れが生じるほどの水不足でしたが・・・。
台風前日にタップリ雨が降り、用水も潤沢で、開花期を迎えているみどり米にとってはありがたいことです。

午後は第3農園にて野菜区での管理作業を行ったり、ブルーベリーに張り付いているイラガの駆除を行いました。

帰り際、里芋の試し掘りを行ったところ、例年より株が小さいものの、小芋は順調に育っておりました。
夕食に「里芋の煮っころがし」がテーブルにのったものの、「親芋の煮っころがし」だったので、ガッカリ…。

まー、里芋の初物くらいは、柔らかくてねっとりとした小芋を食したいものですが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
除草剤を使用せず、刈り払い機で刈り取ります 刈り払い後です 現在みどり米は開花期、水がタップリ必要です
4.jpg
里芋を収穫してみました

2013-9-19

2013年9月19 日(木)晴れ

長ねぎの培土作業・イラガ駆除・十五夜

昨日、第2農園にて、長ねぎの培土を行ったのですが…。
赤ねぎの片側と、坊主知らずが不十分だったので、畝間を耕起後、培土を行いました。

次に、昨日選別して置いた「無臭にんにく」の植え付けを行いました。

その他、ブルーベリー園内を見廻ったところ、取残しのイラガが随所に見受けられたので駆除。

一旦自宅に帰り、シャワーを浴び、ひと眠り後十五夜を愛でに「にわとりひろば」まで・・・

いろいろとお楽しみ後、23時過ぎに帰宅した次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
赤ねぎの片側を培土 坊主知らずにも培土 イラガの駆除も行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
夕方から「にわとりひろば」にて十五夜鑑賞 飾り付けはススキなど秋の草花と団子 サンマを串刺にして炭火焼き

2013-9-18

2013年9月18 日(水)晴れ

長ねぎの培土作業等を行いました(妻同伴)

ブルーベリー農園内の管理作業は未だ沢山あるのですが、第4農園の耕耘作業を優先させました。
先ず、春先に植えた九条ねぎと赤ねぎの培土を行い、次いで最近植え替えた下仁田ねぎと下仁田系ねぎの培土を行いました。
夏場の渇水期のサバイバルを乗り切った九条ねぎと赤ねぎは、先日の大雨の恩恵を受けて息を吹き返し、伸び始めてきました。

昼食後は、第3農園野菜区にて、先日の強風によりナタマメの棚が動いてしまい、根が浮き上がっていたので、急遽踏み固めてタップリと潅水。

その後、第4農園の残り半分の耕耘作業を行い、取りあえず管理終了と云うことになりました。

最近は、真夏ほどの暑さを感じないので、休まずに動き回ることから、見えない疲労がある様なので早々に手仕舞い。

帰宅後、貯蔵していた無臭ニンニクの球根を分離し、大き目のものを選び、明日第2農園に植え付ける予定。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
長ねぎの培土、左が九条ねぎ、右が赤ねぎ 左が下仁田ねぎ、右が下仁田系ねぎ 第4農園の耕耘作業は終盤です
4.jpg 5.jpg 
第4農園の耕耘作業は完了しました 若干遅れましたが、明日植え付け予定の無臭にんにく

2013-9-17

2013年9月17 日(火)晴れ

久々の農園作業でした(妻同伴)

台風一過、雲一つない澄み切った秋空、直射日光は強いものの、時々涼しい風が流れて行きます。
第2農園にてきゅうり等の夏野菜の棚を取り外し、乾燥させていたラッキョウ、末成りの玉ねぎを植え付けました。
その他、無臭ニンニクも後日植え付ける予定です。

先日蒔いた菜っ葉類は順調に育っているので、しばらくしてから間引きを行います。
第2農園野菜区とブルーベリーとの境に植え付けている「さるなし」今年は格別大きなものが付いてます。
実測した訳ではありませんが、通常の実の約5〜6倍ほどの大きさになっております。

第3農園野菜区に蒔いた玉ねぎ、苗床には雑草がビッシリと育っています。
既に第一回目の除草は行っていたのですが、雨が降った途端に一気に成長したので、取り除きました。

その他、第4農園の作物は一切なくなったので、約半分を耕耘機にて耕しました。
残りは明日以降に行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
第2農園夏作跡にラッキョウ、玉ねぎ、無臭ニンニクを植えます 手前は小松菜、奥はチンゲンサイ 大玉の「さるなし」通常の5〜6倍の大きさです
4.jpg 5.jpg 6.jpg  
みどり米、一斉に出穂しました 玉ねぎの苗床は雑草に悩まされます 既に二度目の草取りを行いました

2013-9-16

2013年9月16 日(月)小雨〜曇り(強風)

台風18号は、かなり外れて行ってしまいました

心配していた台風、一時的に強風は吹きましたが、雨は殆ど降りませんでした。
今日ものんびりと起床し、ゆっくりとした朝食を摂ってから工房内にてジャムの瓶詰を行いました。
先ず、鍋のジャムを加熱し、沸騰させ、浮いてくるアクを掬い取り、ジャムをガラス瓶に充填し、キャップをして殺菌・抜気。

キャップを締めた後、蒸し器にて更に殺菌を行った後、熱湯にてガラス瓶の外側を洗浄後、キャップシールを被せ、熱湯をかけ収縮させて完了。
こんな作業でも、約3時間半ほどかかり、暑い工房内での立ち仕事なので、かなり疲れました。

昼食後、のんびりと昼寝をし、起きてみると日は西に傾いておりました。

慌てて表に・・・、明るいうちに本日のネタを撮った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
ジャムの殺菌・充填・抜気・キャップシール取り付け ローズマリーの花、触れると強烈な香り ポンカンの葉にアゲハ蝶の幼虫が

2013-9-15

2013年9月15 日(日)雨〜曇り〜晴れ

早朝から大雨、のんびりとお休み、体が鈍ってしまいます

朝、暗いうちから激しい雨音で起こされてしまいました。
そのままPCにて台風18号の進路などを調べたり、雨雲の様子を見まわしておりました。
そんなこんなで4時頃から6時半頃まで色々なサイトを見廻しました。

その後、しばらくウトウトとしてしまい、起きたのが8時半を過ぎておりました。
遅い朝食を摂った後、つまらないテレビ番組ばかりなので、久々「日本昔話」などを観てしまいました。

しばらく休んでから、冷凍ブルーベリーを取り出し、大鍋にてジャム作りを開始。
アクをしつこいほど取り除いた後、グラニューを徐々に加え撹拌し、一定の糖度に仕上げます。
グラニューを加えてからも若干アクが浮いて来ますので、これも掬い取ります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
冷凍ブルーベリーで今年最後のジャム作り アクを取り除き、グラニュー糖を加えてほぼ完了 アバウト雨量計のポリバケツ、約10時間で140mm

2013-9-14

2013年9月14 日(土)晴れ〜曇り

連日ハードな作業を行ったため、今日はお休み(妻同伴)

少年時代の如く「夏は過ぎ 風あざみ・・・」
暦の上では夏は過ぎていますが、蒸し暑い日が続いています。
夏野菜は盛期より現在の方が順調に採れていますが、明日、明後日の台風で急ブレーキでしょうね。

このところ過労気味でしたので、今日は全休日とし、午前中は家の中でゴロゴロ。

午後、第2・第3農園にて野菜などを収穫し、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでお使いに行ってきました。
台風接近で、里芋の葉はボロボロになってしまうでしょうし、短形自然薯の「むかご」が落ちてしまいそうです。
そんな訳で、急遽第3農園にて未だ育ち途上の「むかご」を摘み取ってしまいました。
大き目のものは種芋用に蒔く予定なので、来春まで貯蔵します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
今頃になってニガウリが沢山採れてます イタリアントマトのペトマック モロヘイヤは4〜5日で摘み取れます
4.jpg 5.jpg
台風直撃模様のため、短形自然薯の「むかご」を採取 「ピッパラの樹」のパティシエのМ様、小分けも真剣

2013-9-13

2013年9月13日(金)晴れ

先日蒔いた野菜、一斉に発芽(妻同伴)

先日、第2農園野菜区に蒔いた野菜の種が一斉に発芽したので、被せていたワラを片付けました。

ブルーベリーを見回ると相変わらずイラガの集団を見つけ、懲りもせず素手で潰して歩きました。

その後、昨日に引き続き第4農園にて残渣等の後片付けを行いました。
思いのほか陽射しが強く、息があがってきます。

昼食後、まっすぐ自宅へと思ていたところ、妻に煽られ、残りの残渣を運搬することに・・・。
まー、報道によれば、100歳以上のお年寄りのうち、殆ど女性の様ですから・・・
世の男性は酷使され、脳内モルヒネのおかげで、快感さえ感じつつパッタリということでしょうか。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
タアツァイ ミニだいこん ほうれん草
4.jpg 5.jpg 6.jpg   
左チンゲンサイ、右小松菜 第4農園の枯れ草などを運び出します 残渣等は全て運び出しました

2013-9-12

2013年9月12日(木)晴れ

第4農園の片付け作業で息があがりました(妻同伴)

第4農園の片隅に、ウッドチップに米ぬか、油粕などを混ぜて発酵させておりました。
近々、この農園をお返しするので、取り急ぎ発酵ウッドチップを片づけました。
第3農園野菜区と第2農園などに撒く予定でこの暑さの中、孤独な作業を行いました。
その他、2回刈り取った雑草が殆ど朽ちてくれないので、軽トラにて第3農園までピストン輸送。

この作業もカンカン照りの最中で、体温上昇で心臓バクバク・・・慌ててクーラーボックスの冷え冷えを抱く始末。

これでは体が参ってしまうので、早々に手仕舞いをして自宅に帰り、冷たいシャワーで身体を冷やした次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg  
発酵させたウッドチップを里芋の畝間に撒きました 南側水田のみどり米の出穂・開花状況 第4農園の雑草と作物残渣を運びました
4.jpg 5.jpg   
落花生は未熟分も含め、乾燥します とても暑いので、ミニバラは2日で色あせてしまいます

2013-9-11

2013年9月11日(水)雨〜曇り〜晴れ

筋肉痛のため、今日は軽労働に徹しました(妻同伴)

昨日、甘藷と落花生の掘り取りを頑張りすぎ、少々無理をしたため、方々が筋肉痛です。
そんな訳で、今日の農園作業は超軽労働を選択しました。
先ず、第2農園ではイラガの駆除を優先させ、手袋をしないまま潰して歩きました。
結果、両手の指は刺されて痺れ放し、途中からゴム手袋をしましたが、遅かりし・・・。

午後は第3農園にてラビットアイ系の夏枝の剪定を行いました。
夏の間、全く手を下さなかったので、伸び放題になっていて、何処から手を付けたら良いのか・・・
まー、ブルーベリーの樹の気持ちになって、不要と思われる枝をバッサバッサと切り落とします。
途中、作業に飽きて来たので、野菜区に出向き、ナタマメ、短形自然薯、里芋類に薄っすらと施肥。

特に、ナタマメは肥料と水を欠かさなければ、蔓を伸ばして花を咲かせ、沢山の莢を付けてくれます。

1.jpg 2.jpg   
今日も第2農園にてイラガを駆除しました 左クライマックス、右ティフブルーの夏枝剪定

2013-9-10

2013年9月10日(火)晴れ

第4農園にて、甘藷と落花生を掘り取りました(妻同伴)

若干収穫するには早いのですが、第4農園にて作付の甘藷と落花生の収穫を行いました。
掘り取り作業等は、現役当時の上司のK様に前々から助っ人としてお願いしておりました。
お手伝いして戴くのに、お土産持参で来て下さったので、恐縮した次第です。

先ず、甘藷の畝から掘り始めましたが、雑草に覆われていた箇所は収量が極端に落ちました。

昼食を挟んで、甘藷の掘り取りを終了させ、引き続き落花生の掘り取りにかかりました。
莢の出来栄えは上々でしたが、豆の出来具合が未熟なので、殆どは茹でて食すことになります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
K様に甘藷の掘り取りを始めて戴きました これは「べにはるか」焼き芋に最適です べにはるかの収穫全量です
4.jpg 5.jpg 
未成熟落花生の掘り取りを開始 見かけは一人前ですが、殆ど未熟の落花生

2013-9-9

2013年9月9日(月)晴れ

第2農園にて、秋冬野菜の種蒔きを行いました(妻同伴)

雨が降る前に種蒔きは行うものですが、蒔き床の準備を怠ったため、少々遅れてしまいました。
夏場を思うと、気持ちがいいほど土がしっとりと湿っていて、種蒔きには最高の状態。

写真の通り、ほうれん草2品種、ミニだいこん、チンゲンサイ、タアツァイ、小松菜の5品目蒔きました。
だいこん以外にはしばらくの間乾燥を避けるため、稲わらを掛け、発芽が始まると除去します。

午後は第3農園に行き、昨日イラガを駆除したものの、取り残しがあったので、目を皿にして駆除して回りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
秋冬野菜の種蒔きを行いました だいこん、タアツァイ、ほうれん草の蒔き床 小松菜、チンゲンサイの蒔き床
4.jpg 
秋の花の代表、秋桜が咲き始めました

2013-9-8

2013年9月8日(日)曇り一時雨

みどり米の出穂が始まりました

例年のことですが、みどり米の出穂が始まりました。
古代米の特徴でしょうか、個体差が大きく、揃って出穂しないのが特徴です。

第4農園の境界目印の銀杏の木を切り倒すとのことなので、立ち合いに向かいましたが・・・。
既に切り倒しは済み、本体から枝までバラバラにされ、殆ど運搬済みになっておりました。
何時も見慣れていた風景が変わってしまい、間が抜けた感じです。

第3農園に戻り、園内の見回りをしつつ、大雑把にクライマックスの夏枝の剪定を行いました。

ハイブッシュ系の葉に、2令ほどのイラガが集団で付いていたので1時間ほど駆除して回りました。

玉ねぎ苗床周りに2リットルのペットボトルを挿して置いたところ、モグラの被害がありません。
本当に効果があるものなのでしょうかネー。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
みどり米の出穂が始まりました 第4農園の風景が変わりました クライマックスの大雑把な剪定を行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
第3農園でもイラガの大発生 玉ねぎの苗床はペットボトル効果?モグラの被害なし 里芋の試し掘りをしたところ出来は上々

2013-9-7

2013年9月7日(土)曇り一時晴れ

第3農園野菜区に蒔いた玉ねぎ、一斉に発芽(妻同伴)

朝一、昨日第4農園から抜き取ってきた下仁田ねぎなどを第2農園にて植え付けました。
下仁田ねぎは株間を開けて植え付け、下仁田系長ねぎ、赤ねぎは密植して植え付けました。
第2農園に植えていた「かぼちゃ」は、蔓の整枝を怠ったため、茂りすぎてしまい、収量が伸びませんでした。

9月2日に蒔いた玉ねぎ各種が一斉に発芽、寒冷紗を二重にして掛けた成果が出たようです。
これからは、潅水と草取りを心がけていく必要があります。

昼食後、第3農園にて取り残しのブルーベリーを摘み取りました。
1時間ほど真剣に探しつつ摘み取りましたが、1埃緜度でギブアッフ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
下仁田系長ねぎ、赤ねぎの移植 かぼちゃ(メルヘン)を収穫 玉ねぎ各種一斉に発芽
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
短形自然薯のむかごがビッシリ付いています 第4農園、現在植わっているのは甘藷と落花生 野生の蚕(クワコ)を見つけました

2013-9-6

2013年9月6日(金)曇り一時晴れ

第2農園にてイラガ大発生のため、急遽駆除(妻同伴)

夏の暑い盛りには全く気配を見せなかったイラガ、雨が降ってから急に大発生。
作業予定を変更し、第2農園にてイラガの駆除を徹底的に行いました。
未だ発生して間もないので、幼虫は集団でいるので、葉ごと取り去って駆除。

ほゞ駆除したところで第3農園に移動し、妻は若干残っているブルーベリーの摘み取り。
小生は近々撤収する第4農園の黒マルチの除去や堀残しの馬鈴薯(ホッカイコガネ)の掘り取り。
ホッカイコガネは自家採種の芋を使用したため、株ごとにかなりの収量格差がありました。
やはり種芋の自家採種は趣味の範疇にとどめ、キチンとした種を購入するに限ります。

定植していた長ねぎ(下仁田ねぎ、下仁田系長ねぎ、赤ねぎ)を抜き取って水を張ったバケツの中に収容。
これを明日、第2農園にて定植する予定です。

その他、草に囲まれ、蔓の伸び切れていなかった甘藷を掘り取ったところ、小ネズミ程度のものが出てきました。
どうしようか迷いましたが、勿体ないので自宅に持ち帰った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
ブルーベリーの葉の裏に整列しているイラガ 円陣を組むイラガもいます 第4農園の長ねぎを抜き取り、第2農園へ
4.jpg 5.jpg    
小ネズミほどの甘藷(安納芋、べにはるか) ようやく馬鈴薯を掘り終えました

2013-9-5

2013年9月5日(木)曇り〜雨〜晴れ

雨降りのため、家の中で内職???など

当初は農園行きを予定していたのですが、空模様が怪しいので取り止め、家の中で内職。
先ず、先日充填したジャムの瓶にラベル貼りを行いました。

次に、昨日妻が拾ってきて、水に浸けていた栗を取り出し、ベランダにて乾燥。
何か、味噌樽の空き樽を使ったせいか、全体的に薄っすらと味噌の香りが・・・。

先日は日常台所で使っているステンレスのナマクラ包丁で剥いたものですから・・・。
必要以上の力を必要とし、両掌と指先が疲労しての筋肉痛。

2時間ほど乾かした生栗、手頃なものを30個ほど選び・・・
今日は小生愛用のそれなりの包丁を使っての皮剥きを行いました。

さて、この栗の行方は何処でしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
水に漬け込んだ栗を取り出して水切り ベランダにてしばらく乾かします 渋皮はこれ位に剥かないと
4.jpg    
朝からの降雨量は25mm程度でした

2013-9-4

2013年9月4日(水)雨〜曇り〜晴れ

雨模様も農園に出かけてみました(妻同伴)

明け方は激しい雨が降り、植木なども一息ついた様な感じです。
遅い昼食の後、第2農園、第3農園に出かけ、なす、きゅうりなどの収穫を行いました。
第3農園では、若干遅いとは思いますが、ハイブッシュ系に硫安を施し、新梢の伸長を期待しました。

妻は、例年の如く栗拾いに出かけ、山ほど拾って来ました。

第2農園に植えている「さるなし」を早取りをし、追熟させることにしました。

気圧配置が乱れに乱れ、明日の天気予報はサイトごとに違っていて、予定のたて様がありません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
早生栗はイガを開いてポロリ 栗の葉に付いていた天蚕??? 例年の如く、妻が大量に拾いってきました
4.jpg    
少々早く収穫した「さるなし」、しばらく追熟させます

2013-9-3

2013年9月3日(火)晴れ〜雷雨〜晴れ

下仁田ねぎを移植しました(妻同伴)

昨日第4農園から抜き取ってきた下仁田ねぎを第2農園に植え付けました。
明日の天気予報が雨模様なので、期待して植えてみました。
その後、第4農園のかぼちゃ跡のポリマルチをはぎ取り始めたところ、急に暗くなって久々の雷雨。
慌てて道具類を片付け、作業を打ち切って帰宅。

この雷雨は予想外で、第2農園に植え付けた下仁田ねぎには最良の雨でしたが・・・。

慌てて帰ってみたものの、自宅周辺は殆ど雨は降っておらず、庭木に潅水する始末。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
下仁田ねぎを移植しました 拙宅の日々草 ゴム粘土???否、小生が剥いた初物の栗です

2013-9-2

2013年9月2日(月)晴れ

第3農園にて玉ねぎの種を蒔きました

午前中は第2農園にて野菜の収穫を行いました。
昨日は農園をお休みしたので、今日の収穫量は若干多目です。
馬鈴薯(ホッカイコガネなど)を掘り残していたので、これを収穫。
その跡作として、第4農園に植えている下仁田ねぎを移植することとし、畝づくりを行いました。

第3農園に移動し、31日に準備した玉ねぎ播種床に牡蠣殻石灰を撒き、管理機にて撹拌。
播種床を作り直した後、玉ねぎ4品種(ターボ、パワー、天寿、赤玉葱)を蒔きました。
若干播種時期が早い様ですが、昨年遅く蒔いたため、育ちが遅く、移植に耐えられない様な苗が多量に出てしまいました。
まー、若干の薹立(トウダチ)は覚悟しての播種ですが…。

その後、第4農園に植え付けている「下仁田ねぎ」を抜き取ったので、明日、第2農園にて植え付けを行う予定です。

一言:各マスコミは「福島原発の汚染水」と報道していますが、単なる汚物などの水ではありません。
    高濃度の放射能を含んだ水がいとも簡単に漏れていたのです。
    しかも、この水、タンクに入れたままにして、何時どの様に処理するのでしょうか。
    まさか、闇夜にまみれてソーッと海に流すなんて言うことは・・・・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
シシトウ、ピーマン、ミニトマト 長なすとイタリアントマト 四葉(スーヨー)きゅうり
4.jpg 5.jpg 6.jpg    
掘り残しのホッカイコガネなど 川沿いには葛の花、周囲に芳香を漂わせていました 今日播種した4品種です

2013-9-1

2013年9月1日(日)

農園作業はお休み、工房にてジャム作り

農園に出かける予定でしたが、昨夜は寝苦しくてよく眠れなかったこともあり・・・
更には朝から余にも暑く、妻からも休むように勧められたので、甘んじてお休みしました。
とは申しましても、ジャム作りを勧告され、大鍋にて冷凍ブルーベリーを解凍し、アクを除きつつ造りました。
アクは思ったよりは味には影響はない様に思われますが、アクを除くほどジャムの色合いが鮮やかになります。
小生のこだわりは、しつこいほどにアクを取り除くことで、グラニュー糖を加えた後でも取り除くことにしています。
今日はグラニュー糖が在庫切れしたので、若干低糖度のジャムになりましたが、後日調整する予定です。

日中も蒸し暑く、周囲では雷雨の様ですが、当地では全く雨降りの気配がありません。
埼玉県、栃木県、茨城県などでは雨降りの模様、何と羨ましいことでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg    
10垓の原料で始めました アクはボールに水を張って取り込みます ブリッククス値42.5です
4.jpg 5.jpg 6.jpg    
ポンカンの若葉にアゲハの卵が産みつけられていました 庭のナツメが順調です 埼玉県方面の雲ですが…