トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2014-10

<< 2014-10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2014-10-31

2014年10月31日(金)曇り一時雨

軟弱な菜っ葉類の植え替え日和でした

Iさん農園に蒔いた菜花、チンゲンサイ、ターサイの植え替えに終始。
昨日植え付けたチンゲンサイとターサイは用意した植床の半分以下で、未だタップリと空いています。
Iさん農園に出向き、ザックリと抜き取り、大きな受け皿に薄っすらと水を張り、抜き取った苗を入れます。
用意した苗は昼前に全て植え付け、未だ開き床があるので、再度抜き取りに行き、植え付けた次第。

昨日は稲刈等でかなり疲労したので、今日は軽く流した作業を・・・と思っていたのですが
朝から日暮れ時まで移植作業で一日を過ごしてしまいました。
結果、足腰がガクガクし、特にヒップの筋肉がマッサージを要求している様です。
まー、明日は雨模様の予報なので、自宅にてのんびり過ごしたいと思っております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短形自然薯跡に菜花を定植 チンゲンサイの移植 ターサイの移植
4.jpg 5.jpg 6.jpg
手前二列はラッキョウ、奥は無臭にんにく たまねぎの葉を切り取って収穫 食用菊の「もってのほか」

2014-10-30

2014年10月30日(木)晴れ

今日もみどり米(もち米)の刈り取りのお手伝い(妻同伴)

朝一、Iさん農園に出向き、ターサイ、チンゲンサイ、菜花を間引き、第2農園に持ち帰りました。
苗は、なす、ピーマンなどの跡地に事前に植え床を用意していたので、ここに順次植え付けていく予定です。
明日以降、週末は曇天から雨模様の予報なので、苗の植え付けには適していると思っています。
ターサイの苗などは4〜5cm程度なので、何時収穫出来るのか分かりませんが・・・
移植をしないと収穫することが出来ないので、取りあえず明日以降も植え付けを行う予定です。

その後、みどり米の稲刈りに参加しましたが、水田内は先日の雨により湿田化してサー大変。
長靴に泥土は着くは、場所によってはズブズブと潜り込んでしまい、抜くのに精一杯。
取りあえず本日予定していた刈り取り、結束、稲架掛けまで完了しました。

昨日、今日とかなり重労働でしたので、明日はかなり軽労働の作業を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
本日予定していた稲刈はほぼ完了(11時半) E様ご一家お手伝いに来て下さり、大助かりでした 僕はお母さんが見当たらないと心配で心配で
4.jpg
夕食後、短形自然薯の値札貼りなどの内職

2014-10-29

2014年10月29日(水)晴れ

みどり米(もち米)の刈り取りなど(妻同伴)

今年は台風18・19号と、連続して強風が吹き荒れましたが、みどり米稲は一切倒伏しませんでした。
まー、稲穂に十分実が入っていなかったことで助かったと思っています。
お蔭で刈り取り作業はとても容易に行うことが出来、と、云いましても・・・
殆どは第2農園オーナーがバインダーで刈り取ったもので、小生は水田の四隅と畦畔際だけでしたが。

本日の一番の重労働は、刈り取ったばかりの青々の稲束を運ぶ作業で、今でも肩と腰に張りが残っています。
拙宅分の南側水田は刈り取りましたが、北側水田は生育が若干遅れ気味なので、一番最後の刈り取りになります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
刈り取り開始から約1時間、10時半過ぎ頃です 例年通り、ロの字型に稲架掛け 拙宅管理の南側水田、15時半頃
4.jpg
本日の作業は終了、お疲れ様、16時40分頃

2014-10-28

2014年10月28日(火)晴れ

第2農園にて短形自然薯の掘り取り(妻同伴)

天気は良いのですが、気温はかなり下がり、朝夕は寒さがこたえる様になってきました。
特に、水仕事で濡れたままにしておりますと体温が奪われて、風邪気味になってしまいます。

本日は先ず、昨日取り残していた棚、一対の撤去を開始し、小一時間で終了。
引き続き、この春、だいこんの畝の脇に、やや強引に植え付けた短形自然薯を掘り取りましたが・・・
30〜40cm以下は粘土質でカチカチ、そんな所に食い込んでいる薯を掘り取るので、無理をすると直ぐにポロリ。
次回から、楽をしたくなっても丁寧に掘り取ることにします。
昼食後、Iさん農園に移動し、モグラにやられっ放しの菜っ葉類の幼苗に極薄くした液肥を施しました。

今日から一部の水田ではみどり米の稲刈りが始まりました。
小生も明日から2〜3日は稲刈などの作業に参加します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園、短形自然薯の棚を撤去 本日掘り取った短形自然薯 ターサイ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
チンゲンサイ 菜花 ヤーコン(そろそろ掘り取れるでしょう)

2014-10-27

2014年10月27日(月)曇り

里芋など野菜の収穫など(妻同伴)

昨夜は思いの外の大雨が降り、畑仕事が出来るか心配したのですが、以外と水はけが宜しかった様で・・・
南側水田隣の里芋畑にて、先日掘り残していた里芋を全て掘り取りました。
その他、第2農園にてチンゲンサイ、ターサイ、かぶ、ほうれん草などを収穫したり・・・
短形自然薯の棚を1対を残して撤去し、何時でも掘り取れる様にした次第です。
未だ、かなりムカゴが落ちているので、後日拾い残しの無い様にしたいと思っています。
と、云うのも、拾い残したむかごは来年、雑草の如く作物の中に芽が出てきて困る訳です。

第3農園に移動して、ポロポロ外れた里芋を洗って干したり・・・
玉ねぎ床を作って黒ポリマルチを張った程度でしたが、本日の作業を切り上げて帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅庭のジャンボレモン、黄みを帯びて来ました 南側農園隣の里芋を全て掘り取りました 畦に蒔いた大豆、毎年良く出来ます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
珍しくカブが良く出来ました 第3農園にて、玉ねぎ床に黒ポリマルチを張りました 美しくはありませんが、昨日収納した防鳥ネットです

2014-10-26

2014年10月26日(日)曇り・一時小雨

第3農園防鳥ネット取り込み作業

昨日、今日と元職場の先輩のK様が、防鳥ネット取り込みの助っ人に来て下さいました。
氏は、ボランティアで梨農家への援農を5年も行っているそうで、流石手馴れていて大助かり。
御陰様で、中央から東西2方向に引っ張って折りたたみ、要所要所を束ね、単管に留めました。

実は、昨日の午後、カメラが壊れてしまい、本日の肝心な映像が掲載できません。
携帯で撮ったのですが、取り出しに失敗して断念しました。

やむを得ず、暫らく使っていない一眼レフを取り出してみたものの、バッテリーが切れていて・・・
オマケにアダプターが見当たらず、大型電気店にて買い求め、取りあえず身近なものを掲載した次第。

先日、短形自然薯のむかごを拾い、洗って乾かしてあったので、種芋用に拾ってみました。
最大のものは1個16gもあり、びっくり。260個ほど確保したので、十分でしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
先日拾って来た短形自然薯のむかご 種芋として適したものを選別 今期の最大は16gでした

2014-10-25

2014年10月25日(土)晴れ〜曇り

第3農園にて防鳥ネットの取り込み準備

先日に引き続き、本日も元職場の先輩のK様が助っ人に来て下さいました。
防鳥ネットの取り込み準備で、一番地味でイライラする仕事、ネット縫い合わせを解く作業をお願いしました。
春に小生が思いのままに縫い合わせ、解く時の事など考えておりませんでした。
そんな複雑な作業を只ひたすら黙々とこなして下さり、感謝感謝です。
昨日の思惑では、片側だけでも収納したかったのですが、途中複雑な作業が入ったため、明日に持ち越しになりました。

20日に蒔いた莢えんどう、既に発芽が始まっておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日も元職場の先輩が助っ人で来てくれました 20日に蒔いた莢えんどうが発芽していました 収穫間近のナタマメです

2014-10-24

2014年10月24日(金)晴れ

第3農園にて防鳥ネット取り外し準備(妻同伴)

午前中、妻は第2農園にて菜っ葉類などの収穫、小生は南側水田隣の里芋を一列掘り取り。
久々第2農園にて昼食後、第3農園に行き、妻は玉ねぎの定植(約250本)
小生は明日、明後日と先輩のお手伝いのもと、防鳥ネットの取り外しを行うので、その準備。
準備とは、南北両サイドで縫い合わせているネットを外し、東西に束ねるための事前作業です。
明日、中央でネットを縫い合わせている紐を引き抜いたり、主要ケーブルに止めているエスター線などを引き抜きます。
全てを引き抜くと、夜間に風で舞ってしまうので、所々に仮留めをしています。

取りあえず、明日は半分だけでも収納し、束ねることが出来れば十分と思っているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
来週、みどり米の稲刈りです 南側水田隣の里芋を一列掘り取りました 玉ねぎ(ソニック)を植え付けました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ラビットアイ系のフェスティバルの花芽 南部ハイブッシュ系のミスティーの花芽 第2農園にて、食用菊(もってのほか)を収穫

2014-10-23

2014年10月23日(木)雨・降ったり止んだり

今日も自宅にて内職など

雨はさほど降りませんでしたが、終日雲がかかっていて、寒い一日でした。
そんな訳で、家の中で一日を過ごした次第です。
セレベスと八頭の茎(ズイキ)が未だ二抱えほどあるので、気合を入れて皮むきを行いました。
午前中剥いたものは昨日のものと合わせ、冷蔵庫の中に入れ、12℃設定で稼動させました。
その他、短形自然薯が乾いたので、ガスレンジにてヒゲ根を焼却し、見栄えを良好にしました。

昼食後、ベランダに置きっ放しにしていたセレベス、八つ頭の茎の皮を剥き、雨が上がったベランダに並べました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
庭のポンカン、個数が少ないので例年より肥大 明日葉の種子が大分出来上がりました 短形自然薯のヒゲ根をガスレンジで焼きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
セレベスの茎の皮を剥き、ベランダに並べました 昨日と午前に剥いたものは冷蔵庫に入れました 3日間の雨量、意外と少なく60〜70mm

2014-10-22

2014年10月22日(水)雨

朝も夜も家の中にて内職(ズイキの皮むき)

第3農園の八つ頭とセレベスの掘り取りは終了したものの、茎(ズイキ)が山ほどあります。
そんな訳で、朝からズイキの皮むきを行い、一抱えほどは終了しました。
午後も引き続き行う予定でしたが、元職場のSさんが来られることになったので、予定を変更。

昼食後、ホームセンターの駐車場にて待ち合わせをし、お会いしました。
近場での気軽に寄れる茶店が見当たらないので、急遽、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへ向かいました。
Sさんと積もる話もあったので、ピッパラさんでは長居をしてしまいました。

夕食後、テレビを観(聴き)ながらズイキの皮むきを行いました。
本日、せっせと剥いたズイキは二抱え程、今夜も雨降りで乾かないので、取りあえず扇風機を回し続けます。
大型冷蔵庫を使う予定でしたが、節電のため、取り止めた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ピッパラのママさんとパティシエのМさんと Sさんから戴いた食用菊(もっての外)美味でした 今夜の内職分です

2014-10-21

2014年10月21日(火)雨・降ったり止んだり

不安定な空模様、家の中で内職

雨が降ったり止んだりの天候なので、農園作業はお休みにし、家の中で内職。
内職などと言いましても、大したことではなく、先日掘り取ってきた短形自然薯を洗って乾燥。
乾燥と申しましても、雨降りなので、工房内にて今も扇風機を回して乾かしております。
今年もガソリン代の一部でも捻出したいとして、第2農園にて販売する予定です。

このほか、セレベスと八頭のズイキを乾燥したものを50gに束ね、ポリ袋へ。
同時に乾燥剤を投入し、袋を電熱で封じて完了。

明日の天候は本日より更に芳しくない状況の様なので、農園行きはムリ。
そんな訳で、工房内にてズイキの皮を剥き、大型冷蔵庫を稼動せて乾かす予定です。

1.jpg 2.jpg
短形自然薯を洗浄し乾燥中 乾燥したズイキをポリ袋に詰め、電熱にて封

2014-10-20

2014年10月20日(月)曇り〜雨

第3農園にて莢えんどうを播種(妻同伴)

莢えんどうの蒔き床は、東側に昨日黒ポリマルチを張り、本日朝一にて西側にもマルチを張りました。
穴開け道具を忘れてしまったので、空き缶を切り、これにて穴開けをし、ジョウロにて一穴毎に潅水して播種。
一穴に4〜5粒の種を蒔き、例年は全て発芽しても間引きをしませんでしたが、今期は間引きをする予定です。
全部で60穴以上あるので、中腰での種蒔き作業は腰に応えた次第です。

その後、里芋類収穫跡を管理機にてきめ細かく撹拌し、取りあえず玉ねぎ床を一列(5穴×60穴)作ってみました。
二列目に取り掛かろうとした頃、北から雨雲が迫って来たので、急遽道具類を片づけて退散。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
三品種の莢えんどうを蒔きました 東側には赤花えんどう、白花えんどうを播種 西側には大莢えんどう、白花えんどうを播種
4.jpg
玉ねぎの植え床を一列準備(5穴×60)

2014-10-19

2014年10月19日(日)晴れ

芋掘りは大きな峠を超えました(妻同伴)

今朝、軽トラに乗り換え、Iさん農園に直行、甘藷(パープルスイート、べにはるか)を掘り取りました。
その後、第3農園に移動し、たところ、ポケットに入れた筈のフィットのキーがありません。
Iさん農園に戻って甘藷周り等々を必死に探しましたがありません。
第2農園オーナー宅まで戻り、フィットのドアを開けると簡単に開き、キーがついたまま。
こんな騒ぎで約2時間近くもムダにしてしまい、予定していた作業が大分遅れてしまいました。

昼食後、莢えんどう跡に植えた八つ頭とセレベスの掘り取りは終了。
この跡地に、今回も莢えんどうを栽培することとし、牡蠣殻石灰、鶏糞、油粕ほかを撒き・・・
小型管理機にて3回撹拌し、概ね半分を踏み固め、均平にして黒ポリマルチを張りました。

明日は残りの1/2に黒ポリマルチを張った後、莢えんどうの種を蒔く予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
莢えんどう→八つ頭など→莢えんどうの栽培になります 無穴の黒ポリマルチを張り 今日でズイキ採取は終了
4.jpg
今日はこのキーに翻弄されました

2014-10-18

2014年10月18日(土)晴れ

今日も里芋類と短形自然薯の掘り取り

今日は先輩が芋掘り(セレベス・八つ頭・短形自然薯)の助っ人として来園して下さいました。
里芋類は簡単に抜けるのですが、短形自然薯は時とし大曲りしていてザックリ・ポッキリです。
マー、小生とて馴れてはいてもかなり傷を付けますので、先輩には丁寧に掘り取って戴いたと思っています。

小生は、里芋類跡地に牡蠣殻石灰、油粕、米糠、籾殻などを撒き、耕耘機にて耕起を行いました。
後日、管理機にて耕耘した後、畝立てを行い、マルチを張ります。

帰り道、Iさん農園に立ち寄ったところ、先日蒔いたほうれん草の畝の殆どがモグラに掘られて被害甚大。
何とかしなければなりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
助っ人が芋掘りを行ってくれました 短形自然薯 セレベスの親芋と小芋
4.jpg 5.jpg 6.jpg
八つ頭の親芋と小芋 Iさん農園のほうれん草の畝、モグラ君の仕業 親切な農家さんから戴いてしまいました

2014-10-17

2014年10月17日(金)晴れ

昨日に引き続き、里芋類の掘り取り(妻同伴)

午前中はツガイで歯科医院に行き・・・
その後、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん(リンク参照)までお使いに行って来ました。

第3農園に戻って昼食を摂り、休む間もなくセレベスと里芋(女早生)掘り。
セレベスの親芋はハウス内にてカバーをかけ、茎と根を朽ちらせた後、芋の表面を整えます。
今日掘ったセレベスは昨年選抜したもので、小芋が大きく、小玉が殆どないので、来年は統一する予定です。

その後、里芋(女早生)を30株ほど掘り取り、昨日埋めた隣に一時貯蔵を行いました。
八つ頭とセレベスの茎(ズイキ)を大量に持ち帰ったので、1〜2日乾かした後、皮を剥いて乾燥します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスの親芋 セレベスの小芋、昨年の品種選抜した優良株 昨日に続き、里芋を掘り取り逆さにして一時貯蔵、
4.jpg 5.jpg 6.jpg
里芋など収穫跡には玉ねぎを植え付けます 八つ頭のズイキ セレベスのズイキ、しばらく干して皮剥き

2014-10-16

2014年10月16日(木)曇り

イモ掘りに終始した一日でした(妻同伴)

天気予報は晴れる予定でしたが、曇り空の一日でした。
西北の風が吹き、涼しいより寒いほどなので、第2農園にて短形自然薯を掘り取りました。
春先に余った種芋をさやえんどう跡に植え、棚をそのまま使いましたが、使った種芋は芳しくありませんでした。
それでもコンテナに八分目程収穫し、跡地に鶏糞、卵の殻、油粕を撒いて3回耕耘した後、植床を作りました。
此処には、先日Iさん農園に蒔いたチンゲンサイとターサイを間引た苗を植える予定です。
掘り取った短形自然薯は第3農園に運び、井戸水の水圧にて土を洗い流して乾燥。

昼食後、第3農園野菜区の里芋約40数株を掘り取り、軽く柵を切り、逆さにして土を掛け、仮貯蔵をしました。
今日はとても涼しかったので、調子に乗ってイモ掘りをかなり行いました。
久々に重労働を行ったため、足腰がかなり強張っているので、明日は軽い労働をと考えております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園の短形自然薯を掘りました 短系自然薯跡にはタアサイとチンゲンサイを移植します 第3農園にて水洗いして乾かしています
4.jpg 5.jpg
里芋(女早生)を掘り取り、一時的に逆さにして貯蔵 枝豆はこれで終わりにします(味噌用豆が無くなります)

2014-10-15

2014年10月15日(水)雨

朝から雨降りのため、自宅にて静かに内職???

昨日の予定では、午前中、第2農園にて短形自然薯を掘り取る予定でしたが・・・
早朝から雨模様のため、予定変更し、昨日持ち帰った八つ頭の茎を剥きました。
セレベスの茎よりかなり細く、いくら剥いてもなかなか溜まりません。
9時過ぎから開始し、11時半頃までで、ようやく終了。
雨降で表に干せないので、工房内の作業台に並べ、扇風機を回し、カビない様にしております。

午後は、破れた半長の修理、何せ、竹やぶなどに無雑作に入ったりしてその都度穴を開けておりました。
破れている5足のうち、1足を補修用ゴムとして使い、傷口と補修ゴムを紙ヤスリで一皮剥き・・・
両面にゴム糊を塗り、しばらく乾かしたのた後、張り合わせて圧を掛けます。
見かけは宜しくありませんが、機能面で用が足りればこれで由とします。
夕刻、郵便物が来ていて、中には日本ブルーベリー協会元副会長の玉田孝人様のご著書、
「基礎からわかるブルーベリー栽培」が入っておりました。
初心に帰って熟読します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
八つ頭茎の皮むき、2時間半かかりました 雨のため、扇風機を当てています 修理した半長靴、不思議と片方のみです
4.jpg
玉田孝人先生のご著書を戴きました

2014-10-14

2014年10月14日(火)晴れ

種々雑多な作業の一日でした(妻同伴)

台風19号通過のため、第3農園のビニールハウスを締め切っておきました。
ハウス内が茹だってしまいそうなので、先ずは換気扇を回し、開放するために第3農園へ。
次に、八つ頭の茎を収穫し、ビニールハウス内にて萎びる様に並べ、セレベスの大き目の小芋を拾い集め・・・
昼食後、Iさん農園に移動し、甘藷(ベニアズマ)を収穫後、菜っ葉類に軽く追肥。

第2農園に戻り、なすの跡地に鶏糞と牡蠣殻石灰を撒き、畝立てを行い、大分遅れた長ねぎの定植。
莢えんどう跡に植え付けた短形自然薯の棚を崩したので、明日以降何時でも掘り取ることが出来ます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
八つ頭の茎 セレベスの小芋 ベニアズマを掘ってみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
台風一過、澄み切った秋空 ヤーコンの花が咲き始めました 食用菊の(もってのほか)です

2014-10-13

2014年10月13日(月)曇り〜雨

雨が降る前に、第3農園に行ってきました

台風19号が接近し、九州・四国に上陸し本州縦断の気配です。
丸2日間、留守をしていたで、早速農園に行き、なたまめの棚をロープで補強。
弱々しくなってきたモロッコいんげんを収穫したり、シシトウの満願寺を収穫しました。
作業がだいぶ遅れ、防鳥ネットを収容してないので、ネットの浮いている部分を固定して歩きました。
そのほか、ビニールハウスが開けっ放しになっていたので、これも閉めました。
11時ころから気になるほどの雨が降ってきたので、早々に帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ハイブッシュの剪定前 剪定後 クーパーの花芽

2014-10-12

2014年10月12日(日)晴れ

法事で田舎に帰っていました(妻同伴)

昨日から法事のため、田舎に帰っておりました。

朝夕、めっきり涼しくなり、野の草花はせわしなく花を咲かせております。
成りものは、熟期を迎え、それぞれの個性を表現しておりました。

特に、山法師の実が熟し、鈴なりに成っておりました。
この実は、熟すととても甘くて美味とのことでしたが・・・
残念ながら、食すことなく故郷を離れてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
野に鮮やかなカラスノエンドウが咲いていました 幹が朽ちていた柿の木、蘇生して元気 山法師の実、甘くて美味とのこと
4.jpg 5.jpg 6.jpg
野生のぶどう(とても甘みが強いです) ハックルベリー(ポリフェノール抜群) 腹一杯の餌を食べ、冬眠準備完了の様子

2014-10-11

2014年10月11日(土)晴れ

拙宅フェンスに這わせているサルナシを収穫

涼しくなって来るとサルナシは徐々に柔らかくなり始めます。
樹に付けたまま熟させると、甘くてとても美味になるのですが、時としてポトポトと落ちてしまいます。
そんな訳で、少々早目に収穫しました。
そのまま2〜3日常温で保管しておきますと、追熟して柔らかくなります。
少々傷を付け、適宜チュウチュウ吸うと甘酸っぱい果汁が口に入ってきます。
南京豆(落花生→ピーナッツ)を食す時の様に、癖になって止まらなくなります。

1.jpg
拙宅フェンスのサルナシ、6割ほど収穫

2014-10-10

2014年10月10日(金)晴れ

第2農園、ラビットアイの秋剪定終了(妻同伴)

懸案となっていました第2農園のラビットアイ系ブルーベリー、秋剪定がようやく終了しました。
時々イラガの集団にぶち当たるので、これを駆除しながらですから、効率が宜しくありません。
11時半頃、本日予定していた第2農園の作業は終了したので、第3農園に移動。

第3農園では、モロッコインゲンが肥料切れ模様で勢いが芳しくありません・・・
そこで急遽、ハイポネックスを溶かし、ジョーロにて施用。
如何ほどの効果があるかは定かではありませんが、応急的処置的に行ってみました。
まー、涼しくもなってきましたし、成り疲れの様なのですが、如何ほど回復するかは不明です。

その後、方々に散らばってしまったイラガを探しつつ園内を巡回し、50匹ほど捕獲した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園ラビットアイ秋剪定完了 ボームベルの花芽 フェスティバルの花芽
4.jpg
今年はイナゴの発生が少ない様です

2014-10-9

2014年10月9日(木)曇り一時晴れ

勢いのなくなった草を刈り取りました(妻同伴)

午前中は、第2農園周りと、北側、南側水田畦畔の草刈りを行いました。
9時から12時過ぎまで、畦畔等の草刈りミッチリと行いました。
みどり米の一株はとても太く(52本)、片手ではとてもつかみきれないので、両手を使う様になります。

妻は、馬鈴薯の発芽不良個所に蒔いた大豆(小糸在来)、を枝豆用にもいでおりました。

午後は第3農園に移動し、先日掘ったセレベスを選別し、自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園下の排水路両脇を刈り取り みどり米分けつ具合、有効のもの52本 ブルーベリー摘み取り籠に一杯
4.jpg 5.jpg
セレベスの親芋 セレベスの小芋(しばらく乾燥させてから食すと美味)

2014-10-8

2014年10月8日(水)晴れ

Iさん農園にて菜っ葉類を追加蒔きしました(妻同伴)

夏の間は菜っ葉類が殆どなく、云わば菜っ葉類の飢餓状態でした。
その反動でしょうか、菜っ葉類は十分蒔いて、収穫も始まっているのですが、今日もIさん農園にて追加蒔きを行いました。
今日追加蒔きしたのは、ほうれん草、あぶらな、なばな、チンゲンサイ、タアサイの5品目です。
菜っ葉類で収穫している品目は、葉だいこん、タアサイ、チンゲンサイ、のほか、かぶ、白菜の間引き菜です。

第3農園に戻り、昼食後、短形自然薯の試し掘りをしてみましたが、全体的に肥大不足でした。
即、食しても宜しいのですが、しばらく乾かしてからの方が、より粘性が出て来ると思います。

その後、里芋(女早生)を掘り取って持ち帰りましたが、拙宅では妻が親芋から煮て食卓に並べます。
本来なら、先ずは柔らかくて、ネットリした小芋から煮るのではないでしょうか。
因みに、当地の農家さん、親芋は畑に放りっぱなしで、春までには朽ち果てています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
アブラナはトウ立ち時は美味なので蒔いてみました リスク分散で、菜花を追加蒔きしました タアサイ、チンゲンサイを厚めに蒔き、後日移植予定
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短形自然薯を掘りました 里芋を5株ほど掘ってみました 皆既月食18時43分頃

2014-10-7

2014年10月7日(火)晴れ

第2農園にて防鳥ネットを取り外しました(妻同伴)

第2農園の防鳥ネットは野菜区も含めて張っているので、短形自然薯の蔓はネットをはみ出し、手に負えない状況です。
3列の棚から飛び出している蔓をすべてを切り取り、その後ネットから取り外し、軽くなった時点で作業を開始。
妻は短形自然薯の「むかご」を拾っていましたが、これも大切な作業で、再来年の種芋になる訳です。
何せ、ホームセンターの種売り場では、1個200円程度するので、賄いきれないのです。

風は逆風、苦労すると思っていましたら、ネットが凧のように浮き上がり、障害物に掛からなく順調に回収。
ネットを巻き、風に飛ばされない様に単管に紐で十数か所括り付けて作業終了。

だいぶ遅れ気味でした拙宅のみどり米、かなり回復して今月末から来月初めころには刈取りが出来そうです。
今年もみどり米の餅が楽しめそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ネットからはみ出した短形自然薯の蔓は全て切り取り 防鳥ネットを取り外してスッキリ ネットは例年東側で束ね、冬越しします
4.jpg 5.jpg 6.jpg
困っちゃうな みどり米水田(南側水田は良好です) こうべを垂れ始めました

2014-10-6

2014年10月6日(月)雨〜晴れ

台風18号は一暴れして通り過ぎました

台風18号の進路は拙宅方面に向かって来て、予報通り通過した様でしたが・・・。
近隣の家々も強風による被害は殆どなかった様に見受けられました。

拙宅では南風を伴う雨降りの日はシャッターの隙間から雨漏りがあります。
案の定、今日も雨漏りはしましたが、大したことにはなりませんでした。
近々、シャッターの隙間をコーキング材で詰める予定です。

正午を過ぎると急に明るくなり、一気に晴れ上がって眩しいほどでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
外は嵐、家の中でセレベス茎の皮剥きです 正午過ぎ、眩しいほどの快晴 我が家の庭にもイラガがいました
4.jpg 5.jpg
アバウト雨量計のバケツ(約30cm)は溢れていました コンテナ一杯のズイキを剥き終えました

2014-10-5

2014年10月5日(日)雨

雨降りは 心おきなく 休めます

昨夜から翌日は雨降りと分かっていたので、宵っ張りの朝寝坊をしてしまいました。
秋の農園作業は雑多ありますが、思いつくまま、かなり無計画に進めております。
取りあえず、行うべき作業を書き出し、その後優先順位をつけて進めていく予定です。

午前中、第2農園掘立小屋のブルーシートの端を止めるのを忘れたため、小雨の中出かけて来ました。
更に昨日、第3農園に置き忘れて来た野菜(モロッコインゲンやナタマメなど)を取りに行って来ました。

その他は、家の中でゴロゴロし、テレビを観たり居眠りをしたり怠惰な生活に終始。
セレベスの茎は山ほどあるのですが、天候が芳しくないので、剥いてもとろけてしまいそうなので・・・
上質な乾物を作るには腕ではなく、晴れた日に手際よく干し、タイミング良く取り込むことでしょう。

1.jpg 2.jpg
天候が宜しくないので皮剥きは取り止め 米袋の中は落花生、カゴの中は種子用

2014-10-4

2014年10月4日(土)曇り一時晴れ

第2農園内のイラガ退治(妻同伴)

第2農園内のブルーベーリーを一時的に管理しなかったので、イラガの大発生を野放しに・・・。
と、いうことは、葉は喰われ放題になっていて、場所によっては惨めな状況になっています。
イラガはかなり大きくなり、散らばってしまったので、退治するのが大仕事。
昼食を摂らず、13時過ぎまで只ひたすら・・・
途中、妻が何回も声をかけたと言うのに、何も聞こえませんでした。

台風18号が接近しているので、防鳥ネットや「なたまめ」の棚などを補強するため、第3農園へ。
防鳥ネットは事前に外せたら良かったのですが、他の仕事を優先させたため、無念な事になるかも・・・
ビニールハウスは何ヵ所も穴が開いていたので、駄目もとで、補修テープで何ヵ所も貼ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
イラガの繭(まゆ) ビニールハウス内、季節外れのさるなしの花 涼しくなったら「なたまめ」が成り出しました
4.jpg 5.jpg
蛇の生干し???否、セレベスの茎、ズイキです 明日は雨降り、袋の中身も冷蔵庫へ

2014-10-3

2014年10月3日(金)晴れ

暑さに負けそうな一日でした

先ず、昨日1/4堀残したセレベスを掘り取りました。
所用で大分出動が遅くなったので、作業開始は11時を過ぎておりました。
そんな訳で、日は真上に昇っており、脳天を焼く様な暑さでしたが、気合で一気に掘り取り・・・。
12時半頃に作業を終了し、セレベスを軽トラに載せ、次の目的地のIさん農園へ向かいました。

Iさん農園では、だいこんの間引き、甘藷(べにはるか)を掘り取ってみましたが、成績は芳しくありません。
先月蒔いたほうれん草(次郎丸)は、スズメが頻繁に砂浴びをしていましたが、良好に発芽しており、間引きが必要なほどでした。

第3農園内のビニールハウス内に植えている「さるなし」の一枝が巨大な実を付けていました。
5〜6粒付いていますが、他の枝のものよりかなり大きいので、この枝を増殖する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日堀残しのセレベスを掘り取りました(親芋) セレベスの小芋 親芋を洗って乾燥
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今朝、皮剥きをして乾燥 9月24日、Iさん農園に蒔いたほうれん草 巨大な「さるなし」(約、縦4cm横3.5cm)

2014-10-2

2014年10月2日(木)曇り〜小雨

今日はセレベス一色の一日でした

昨日、セレベスの茎を刈り取った部分だけを朝一で掘り取りました。
気合を入れて掘り取ったせいでしょうか、軽トラに収容するまで一気に行えました。
そんな訳で、調子に乗って残りの茎も刈り取り、全部掘り取るつもりでしたが・・・。
徐々に疲れが出て、ヨレヨレになって急ブレーキ、13時過ぎに12株を残して終了。

昨年も同様でしたが、セレベスは個体差が激しく、小指の先ほどの小芋を沢山付けるものがあります。
これらの個体は極力避けることとし、掘り取りながら優良な株を残すこととして仕分けました。
まー、昨年仕分けした種芋からは全て粒揃いの小芋が収穫出来ているので、十分に間に合いますが・・・。

鮮度の良い茎を半分に切り、コンテナに立てかけて水洗いを行い・・・
ハウス内にて萎びさせ、後日皮を剥いてカラカラに乾燥します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
残りのセレベスの茎も刈り取り、3/4を掘り取りました 軽トラに載せ、第3農園へ運搬 セレベスの優良種芋選抜(小芋が揃います)
4.jpg
鮮度の良い茎を残して洗って陰干しに

2014-10-1

2014年10月1日(水)小雨〜曇り

所用にて午前中はお休み

所用にて午前中は農園行きはお休みにし、さるなしを砂糖と焼酎にて漬け込んでみました。
砂糖漬けの方は、中々水が出てこない気配なので、後日食酢を加える予定です。

15時過ぎ、第2農園方面に行き、みどり米の穂は未だ垂れてはいませんが、スズメ除けの糸を張りました。
南側水田隣の、里芋類の茎が枯れ始めたので、セレベスの茎を刈り取って自宅に持ち帰りました。

セレベスの茎は食用になりますが、茎が若干太く、食感もイマイチですが、せっせと皮を剥き乾燥しています。
美味なのは八つ頭の茎ですが、細いので効率が宜しくありません。
今日は取りあえず6割程度を切り取り、自宅に持ち帰りベランダにて洗浄(土埃が凄いのです)。
2日程度皮付きのまま乾燥させ、後日皮を剥いてカラカラに干します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
さるなしの砂糖漬けなど みどり米水田にスズメ除けの糸を張りました セレベスの茎を収穫
4.jpg 5.jpg 6.jpg
葉柄の薄い部分をカッターナイフにて削ぎ取ります 半分に切って持ち帰り、洗浄して陰干しをします この株でしたら1坩幣紊凌動鬚任靴腓