トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2014-11

<< 2014-11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2014-11-30

2014年11月30日(日)曇り一時晴れ

第3農園にて諸作業(妻同伴)

午前中は第2農園内にて「サルナシ」の剪定を行いました。
午後は、第3農園に移動し、ナタマメの棚を解体しつつ莢の収穫(約コンテナ一杯分)。

次に、さやえんどうの支柱を立て、倒伏防止のネットを張り、後日防風寒冷紗を敷設します。

明日は雨模様の予報なので、既に黄昏時にはなりましたが、大浦ごぼうを掘り取ってみました。
このごぼう、中が空洞になって来ますが、肉質は柔らかく美味なので、毎年作付けています。
早速、夕食時に金平にして食しましたが、柔らかく美味しく戴いた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpgたち
ナタマメの棚撤去 本日はコンテナ一杯の収穫 さやえんどうに支柱、ネットを張ります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
防風寒冷紗を張る前に、ネットを両面張りました 大浦ごぼうを掘り取りました 成長に大きな差が出てしまいます

2014-11-29

2014年11月29日(土)雨〜曇り〜晴れ

久々、ピッパラさんまでお使い(妻同伴)

予報通り朝からの雨降り、このところサボリ癖が付いてしまった小生、ノンビリとお昼まで過ごしてしまいました。

昼食後、急遽、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」(リンク参照)さんまでお使いに行くことに・・・。
昼食をした直後でしたが、食欲には勝てず、早速購入した菓子パンをほおばります。
暫しピッパラのママさんと世間話などをし、お暇した次第。
帰り際、cyu・・さんからママさんを通じ、土浦産の珍しい出汁醤油を戴いてしまいました。

明日は晴天の予報なので、農園へ出かけ、諸作業を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さん全景 珍しい土浦産の醤油(紫峰)をcyu・・さんから戴きました 拙宅庭のポンカン色付いて来ました
4.jpg
実生から育った南天、実を付けてくれました

2014-11-28

2014年11月28日(金)曇り一時晴れ

午前中は餅搗きを行いました(妻同伴)

午前中、第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて、みどり米(玄米モチ)を搗きました。
拙宅分は二臼お願いしていたので、何時もより早めに行き、準備などのお手伝いを行った次第。
11時過ぎに全て終了し、少々早かったのですが、オーナご夫妻と昼食。

本日は、第2農園には立ち寄らず、お世話になっているIさん宅に搗きたての餅を届け、第3農園へ。
昨日から乾燥を始め、広げたままになっている大豆をかき集め、ブルーシートにて包み込みました。
天気予報では殆ど曇りの様になっていますが、少しでも濡らしたくないので、早目に片づけた次第です。

昨日に続き、ナタマメを収穫し、自宅に持ち帰りましたが・・・
カビない様、乾燥するには第3農園のビニールハウス内が最良と思い、明日、持参する予定です。

今、ラビットアイ系の紅葉が見頃で、日が出ていないので色合いは宜しくないのですが、載せてみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
「にわとりひろば」にて、金曜日定例の餅搗きです 小生の捏ね作業です 今日もナタマメをコンテナ一つ収穫
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ラビットアイ系クライマックス ラビットアイ系オースチン ラビットアイ系ティフブルー

2014-11-27

2014年11月27日(木)晴れ

Iさん農園にて大豆の収穫を行いました(妻同伴)

丸2日間雨降りで、久々に早朝から太陽が眩しいほど。
早速気合を入れて起床。
一昨日蒸し上げたヤーコンの茎を冷蔵庫から取り出し、竹籠と網籠に入れて乾燥することに。

天気が良いので、早速Iさん農園の大豆の収穫を開始。
2日日間雨降りだったので、茎も莢も湿っていて、莢が弾けないので、やや強引に引き抜く方法で行いました。
初めての土地での大豆の栽培、今までで最も貧相な大豆に育ててしまい、どの程度成果品があるのでしょう・・・。
取りあえず第3農園に運び込み、ブルーシートを敷いて乾燥することに。

第3農園は既に何回も霜が降り、ナタマメの蔓は萎れ、葉も殆ど枯れて生育が止まった様なので、莢の収穫を開始。
近々、全ての莢を収穫する予定。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
一昨日蒸し上げたヤーコンの茎、乾燥してお茶に これも同じくヤーコンの茎、三段の網籠 Iさん農園にて大豆の収穫を行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
貧弱でもだいこんはだいこん 第3農園に運んでしばらく乾燥 ナタマメを1/3ほど収穫してみました

2014-11-26

2014年11月26日(水)雨

今日も一日雨、室内での作業などで過ごしました

昨日から雨が降り続き、これが雪だとしたらニューヨークの様に大雪になっていたことでしょう。

昨夜、工房内にて泥つきの短形自然薯をたわしで洗い直し一晩中扇風機に当てて乾かしました。
また、先日洗って乾燥させて置いた薯のヒゲ根をガスレンジにて焼き、何とか見栄えがする様にしました。

小雨の中、庭のジャンボレモンを1ダースほど収穫。
妻は薯と並べて販売するつもりで鼻息が荒い様ですが、果して価格設定は如何ほどにすれば宜しいのでしょう・・・。

先日、5臼搗いて戴いたみどり米の餅、殆ど方々に配ってしまったので、自宅分がありません。
金曜日、第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて搗いて戴くこととし、自宅にて一臼分を水に浸け込みました。
ところが、第2農園オーナーから電話があり、気を利かして拙宅分の一臼分を洗って水に浸け込んでいるとのこと。
まー、一臼多く搗くこととなりましたが、当方としてはありがたい話と思っている次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
泥つきを洗って乾燥中 カラカラに乾いたヒゲ根をガスレンジにて焼脚 ジャンボレモンを収穫
4.jpg 5.jpg 6.jpg
みどり米を洗い、水に漬け込みました リンゴがキューイフルーツに・・・ リンゴが柿に・・・

2014-11-25

2014年11月25日(火)雨

ヤーコンの茎茶作りを行いました

朝から雨模様。予想していた雨なので、朝寝坊をし、外出もせずに家の中でゴロゴロ。

昼食後、昨日Iさん農園から採って来たヤーコンの茎を工房内にて加工。
先ず、茎の周りに細かい毛がビッシリ生えているので、水洗いして落とします。
茎の節々が硬いので、木槌で潰しつつ2〜3本を揃えて1〜1.5cmほどに切って蒸し器へ。
蒸し器にて約15分蒸し、後日乾燥させることにします。

本来なら、直ぐに乾燥するのですが、天候が芳しくないので、晴れ上がってから天日乾燥します。
お茶に加工する場合、フライパンなどで適宜焙煎してからお茶を入れます。
茎茶は甘みがあり、苦みが無いので飲み易いと思います。

ヤーコンの収穫(イモ)を先日行い、キンピラにして食していますが、お通じが良いので気分もスッキリです。
別に宣伝する訳ではありませんが、苦しんでおられる方、お試しあれ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンの茎、節が硬いので木槌で潰します 包丁で1〜1.5cm程度に切ります 蒸し器にて15分ほど蒸し上げます

2014-11-24

2014年11月24日(月)曇り

久々の農園作業(妻同伴)

信州の兄から戴いて来た松本一本の長ねぎを第2農園に仮植しました。
その他、薹立ちしない「坊主知らず」は、深い柵を切り、間隔を置いて植え付けてみました。
昨年、管理が芳しくなく、自然消滅してしまったので、今期はしっかりと育てたいと思っているところです。

第2農園内に植え付けた菜っ葉類は、適度なお湿りが時々あるので、しっかりと根付いている様です。

Iさん農園に行き、ヤーコンの茎でヤーコン茶をつくる事とし、20本程切り取って持ち帰ったので・・・
明日、明後日は天候が宜しくない様なので、工房内にてお茶づくりを行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
田舎から戴いて来た「松本一本ねぎ」を仮植 これも戴いて来た「坊主知らず」定植しました 10月末に移植したチンゲンサイとターサイ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
移植して間もない「アブラナ」根付いた様です Iさん農園から移植した菜花、摘み取りが出来そうです ハイブッシュ系スタンレーの花芽

2014-11-23

2014年11月23日(日)晴れ

信州の朝は寒く・・・

少々早目に起床。信州の朝はカラカラに乾いた様で、寒さがヒリヒリと肌を伝います。
気合を入れて散歩に出掛け、霜の降りた畑などを見て歩きました。

野沢菜の葉は、霜が白く立っていますが、この状態が数回続くと美味になるのです。
土手には野生化したコンフリーが霜に打たれてベッタリと降参状態。

故郷の山を望みつつ、葦の穂陰からパチリ。

河川改修をし、川底からゴロ石が無くなってから久しく、ようやく大石が戻って来た様な・・・。
昔の様に、あらゆる水生生物が安堵して棲むことが出来る環境であることを望んでいます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
野沢菜が霜で縮んでいました 野生のコンフリーもベッタリでした 葦とふるさとの山
4.jpg 5.jpg 6.jpg
上田球場近くの堀川橋 昨夜友人に戴いて来た沢山のリンゴ 枯れ木の中で美しく映えるムラサキシキブ

2014-11-22

2014年11月22日(土)晴れ

息子と信州行き、友のリンゴ園へ

昨日、小生の作品(農産物など)を車に積み込み、息子の運転でいざ信州の実家へ。

今日の昼食は、定番の信州そば処「倉乃」さんまで行き、信州そばを堪能。
その後、従姉ご夫妻が営んでいるアトリエ&ギャラリー(スタジオ・ミル)を訪問し、久々芸術に触れさせて戴きました。

16時頃、同級生の営むリンゴ園を訪問し、一級品と言われているリンゴを譲って戴きました。
彼のリンゴ園の葉の色は、他の農園の色とは違って黄色く紅葉し、何と美しい光景の事でしょう。
この光景だけで感激ですが、リンゴの出来もトップクラスです。
何箱も分けて戴き、その他にもサービスのリンゴを一杯戴いてしまった次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
先ず、兄夫婦と定番のそば処「倉乃」さんへ 今回は天そばを戴きました 従姉ご夫婦が営むギャラリー(スタジオ・ミル)など訪問
4.jpg 5.jpg 6.jpg
記念に従姉の青木ご夫妻とパチリ 同級生宅のリンゴは美しく・・・ ご覧のリンゴ超一級品、その他沢山戴いてしまいました

2014-11-21

2014年11月21日(金)晴れ

昨日とはうってかわり、快晴ので穏やかな天気です。

早速昨日蒸し上げたヤーコンの茎をベランダにて乾燥させます。
また、生のヤーコンを薄くスライスしたものを乾燥し、どの様になるか観察します。
今日、金曜日は第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて餅搗きが行われます。
小生は支障がない限り極力お手伝いをする予定で参加しており、今朝もお手伝いに参上。
何時通り、捏ねと伸しを中心にお手伝いを行いました。
途中、オーナー宅水田にて体験米作りを行っている幼稚園のお母さん方が見え、餅つきを見学されていきました。
帰る途中、お付き合いをしているケーキやさん「ポワリエ」に立ち寄り、少々買い物。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日蒸したヤーコンの茎を天日乾燥します ヤーコン生芋のスライスを乾燥しています 今日は金曜定例の餅搗き、お手伝いに参上
4.jpg 5.jpg 6.jpg
搗きあがった餅を伸したり、丸餅にします みどり米を作った若いお母さん方、近々餅つきとか ホーマック近くのケーキやさん(ポワリエ)で買い物

2014-11-20

2014年11月20日(木)曇り〜雨

農園作業はお休み、工房内にて諸作業

急に寒い日が訪れ、体調が芳しくないので、農園行きは取り止めました。
無理をして血管でもプツンと行ってしまうと後の祭りですから・・・。

そんな訳で、工房内にてガスレンジにて短形自然薯のヒゲ根を焼いて、見栄えを良くしました。
その他、昨日採取して来たヤーコンの茎(柔らかい部分)を包丁の背で潰し、細かく切り刻み・・・
蒸籠にて15分ほど蒸し上げました。
明日、晴天になったらベランダにて乾燥させヤーコンの茎茶を作ります。
ヤーコンの葉は苦みが強いのですが、柄の部分は甘く飲み易いのでお勧めです。
後日、太くて硬い茎が無事であれば、再度お茶づくりをしたいと思っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンの柔らかい部分の茎 包丁の背で潰し、切り刻みました 蒸籠にて蒸し上げます

2014-11-19

2014年11月19日(水)晴れ

今日も北風が冷たいので、暖かい第2農園での諸作業中心(妻同伴)

晴れているので、暖かいのかと思いきや、頬に当たる北風は肌を切り裂く様です。
そんな訳で、暖かくなる昼頃まで第2農園にて諸作業を行うことにしました。
取りあえず、昨日植えていたターサイの苗を植え、終了後はラビットアイ系の剪定の見直しを行いました。

昼食後、Iさん農園に向かい、霜で葉が真っ黒になったヤーコンの柄を切り倒し、3株掘ってみたところ・・・。
予想外に充実した芋が現れたのには驚きで、3株で約15堋度を持ち帰りました。
ヤーコンは暫く貯蔵することで、熟成し、中が潤んで透き透ってきた時が食べ頃。
生で良し、きんぴら・天ぷらで良し、酢の物でも良しで、万能の食材です。
特に、整腸作用が著しく良好なので、便秘で悩んでいる方にはお勧めです。

その後、放置したままの稲わらが雨などに当たって朽ちてしまうので・・・
急遽、第3農園ビニールハウス内にまで軽トラにて運び込み、本日の作業は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンの葉は霜が降りたのでご覧の通り 3株で15坩幣紊△蠅修Δ任 ナタマメも霜が降りたので、莢が乾くのを待ちます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
南部ハイブッシュのマグノリアの花芽 南部ハイブッシュのブラッデンの花芽 南部ハイブッシュのヒトミの花芽

2014-11-18

2014年11月18日(火)晴れ

北風が冷たいので、第2農園にて諸作業(妻同伴)

第2農園に先日植え付けたターサイとチンゲンサイがスズメの砂浴び場と化してしまいました。
今後はスズメはともかくとして、ヒヨドリなどが菜っ葉を啄んでしまうので、防鳥ネットを張りました。

引き続き、ブロッコリーを補植用に植えていましたが、欠株が生じなかったので、予備苗を別畝に定植。
先日収穫した短形自然薯跡を耕耘し、ブロッコリー苗を定植後、防鳥・防虫ネットを張りました。

その他、Iさん農園に蒔いたターサイが沢山発芽しているので、これを間引いて第2農園へ運び・・・
同じく、短形自然薯収穫跡に植え付け始めましたが、腰が重くなって来たので、ムリをせずに途中で取り止め。
明日、腰の調子が良ければ引き続き植え付けたいと思っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
無臭にんにくは順調に生育 ラッキョウの2畝も順調に生育 スズメの砂浴びが激しいので、ネットを張りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ブロッコリー(スティク)を定植し、ネットを張りました Iさん農園にて間引いて来たタアサイの苗 短形自然薯収穫跡にタアサイを定植

2014-11-17

2014年11月17日(月)曇り一時晴れ

菜花が咲き始めました(妻同伴)

先日、Iさん農園から第2農園に移植した菜花、生育の早いものから花を咲かせ始めました。
未だ、摘み取る程ではないので、しばらく咲かせ、順次摘み取りたと思っています。

稲わらを切り刻む予定で動力カッターを借りたのですが、一向にエンジンがかからず、汗だけがビッショリ。
約1時間ほど空回り状態で諦めた頃、肌着が濡れてヒンヤリ状態なので、急いで着替えを行った次第。

昼から第3農園に移動して昼食。
野菜区に掘り残している短形自然薯2畝のうちの1畝を掘り取りましたが、バリバリ折れてしまい、傷だらけ。
硬い粘土質まで伸びて、素直に掘り取れないのが原因で、もう少し丁寧に掘り取れば良かったのですが・・・。

その他、里いもは親芋に小芋を付けたまま、伏せていた室から取り出し、泥つきのままコンテナに収容。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
菜花が咲き始めました 短形自然薯は天邪鬼、素直に掘り取れません 薯に付いた土を水で洗い流すと傷だらけ
4.jpg
泥つきの里芋をそのままコンテナに収容

2014-11-16

2014年11月16日(日)曇り〜晴れ

みどり米の餅搗きを行いました(妻同伴)

第2農園オーナー宅の「にわとりひろば」にて先日収穫したみどり米の餅搗きを行って戴きました。
今回の米、殆ど玄米状態なので、蒸しの状態も判断が出来ないほどです。
そんなことで、蒸し時間も何時もより長く、自ずと捏ね、餅搗き、伸しも少しずつ時間を要しています。
一臼毎、通常の1.5倍程度の時間を要し、お願いした5臼が終了したのは15時を回っていた様な・・・

小生は捏ねと伸しを担当しましたが、何時もより蒸された米が硬く、捏ねに苦労したので、明日の筋肉痛が心配。
そうは言うものの、米糠が殆ど付いているので、食してはお菓子を食している様な感じになると思います。
何せ、2昼夜水に浸け込み、1日毎に水を替えてアクを抜いているので、エグミもなく美味しく食せると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
午前11時頃火入れ、沸騰まで時間がかかります Sさんが捏ねの作業を手伝ってくれました 捏ねの時間帯は他の方々は殆ど休めます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
第2農園オーナーご夫妻が餅を搗いてくれました 今回のみどり米は、殆ど傷を付ける程度の精米 一臼6枚の型枠に入れて伸し作業

2014-11-15

2014年11月15日(土)晴れ

玉ねぎの補植、、セレベスのお化粧など(妻同伴)

朝方、最寄りのホームセンターへ立ち寄り、玉ねぎの苗を購入しました。
何とも管理の宜しくない苗で、根はパサパサに乾いていて、生き生きした根がないのです。
こんな扱いをしていても、何れ誰かが購入していくと思っているのでしょうが・・・

昨日、セレベスの化粧を行いましたが、若干足りない様なので、大小20個ほど追加しました。
今朝の第3農園は強い霜が降りた様で、シシトウやナタマメの葉がかなりグッタリとしておりました。

Iさん農園に立ち寄り、ヤーコンの葉を見に行ったところ、上部の葉は殆ど黒くなっていました。
残念ながら、ヤーコン茶は茎を使う様になりそうです。
大豆の葉もかなり落ち始めたので、近々収穫することになります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉ねぎ苗を追加購入し、ほぼ植え付け終了 今日もビニールハウス内にてセレベスのお化粧 フクベリーの花芽
4.jpg 5.jpg
デュークの花芽 ミスティーの花芽

2014-11-14

2014年11月14日(金)晴れ

今季最初の餅搗きのお手伝いを行いました(妻同伴)

第2農園オーナー宅「にわとりひろば」にて餅搗きが行われ、お手伝いに行きました。

今度の日曜日(16日)に拙宅分の餅搗きを行って戴きますので、予行演習の様なものです。
薪が若干足りない様なので、H材木店にある枯れ木などを明日戴きに行く予定です。

第3農園にて、伏せていた八つ頭を掘り出したところ、だいぶ芽が伸びておりました。
更に、里芋は昨日堀出したのですが、仕分け中に不足しない様、追加として掘り出しました。
セレベスの親芋は茎と根を朽ちらせるため、ビニールハウス内にて囲っておりましたが・・・
これをカッターナイフの裏で削り取り、少しは見栄えがする様にした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今季最初の餅搗き 丸餅も作ります 今年の八つ頭は貧弱です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
伏せていた里芋を掘り出して土を洗い流しました 大小様々なセレベス最大は2垓瓩あります お化粧をしたセレベス

2014-11-13

2014年11月13日(木)晴れ

アブラナの植え付け、短形自然薯掘りなど(妻同伴)

昨日Iさん農園から引き抜いてきたアブラナの苗を里いも類の収穫跡に植え付けました。
朝からカンカン照りのため、植え付けには宜しくないのですが、止むを得ません。
一列6〜7本植で、350〜400本前後植えつけたと思います。

次に、第2農園内の短形自然薯の掘り取りを行い、今日で掘り取りは完了しました。
未だ掘り取りが済んでいないのは、第3農園野菜区の3畝だけになりました。
今回の掘り取りで気が付いたことは、表土15〜20cm前後の土づくりが重要ということでした。
分かっている様で、以外と疎かにしていると思います。
現に、収穫した短形自然薯の首の部分はヒゲ根がビッシリと生え、根塊周りは殆どヒゲ根が見当たりません。
心土は粘土質でも宜しいのですが、ヤマノイモ類を栽培したことのない土壌が最良の様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
こんなにアブラナを植え付けて如何しましょう 今日の掘り取りは無傷が殆どでした 里芋の土を洗い流し、持ち帰りました

2014-11-12

2014年11月12日(水)曇り一時小雨

短形自然薯掘り、稲架掛けの長い竹の片付けなど(妻同伴)

所用があり、作業開始は十時半頃、第2農園にて短形自然薯の掘り取りを行いました。
今日から掘り始めた畝は、植え付けが一番早かった箇所なので、良品が期待できます。
期待通り、良く肥大していて、早期に植え付け、小まめに肥培管理を行う事の重要性を実感。
本日収穫したものは、殆ど1垓瓩あり、最大は1.45圓△蠅泙靴拭
掘っていると、まるで太陽エネルギーの塊の様に思えます。
午後一で第2農園オーナー宅の稲架掛けに使った長い竹を片付けました。
仕事量としては大したことは無いのですが、長い竹を軽トラに載せて運び、これを仕舞う作業は単独ではきついのです。

その後、第3農園に移動し、本日掘った薯を水圧にて泥を落としその後妻がタワシにて軽く洗います。

小生はIさん農園に行き、先日間引きをしたアブラナを更に間引き、抜き取った苗は第2農園に植え付けます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日掘り取った短形自然薯は肥大十分でした コンテナ1つ分が本日の成果品 本日の最大は1450gでした
4.jpg 5.jpg 6.jpg
間引きをしても混み合っているアブラナ 間引いた苗は200本以上あると思います Iさん農園のほうれん草、霜が降りれば甘くなるでしょう

2014-11-11

2014年11月11日(火)曇り一時小雨

自宅ジャンボレモンでマーマレードを作ってみました

昨夜から風邪気味でしたが、今朝は完全に風邪を引いた感じで、喉と鼻が芳しくありません。
今にも雨が降りそうな空模様で、かなり気温も低いので家の中で静かにすることとしました。
風邪は先日から妻がひいていたので、よくも移らないものだと思っていましたが、終に移った様です。

朝方は静かにしていたのですが、庭のジャンボレモンをみて、マーマレードを作ることにしました。
充実している様なもの5個を切り取り、タワシにて外皮をよく洗い、6箇所に切り込みをを入れて皮を剥き・・・
中わたを切り取って皮を細かく切り、袋の中の「さのう」を取り出して準備完了。
皮と「さのう」の中に砂糖を適宜入れ、皮が透き透るまで煮詰めます。
水分が少なくなった頃に火を止め、熱い内に瓶に詰め、熱湯で殺菌抜気を行います。
抜気後、再度熱湯に入れ、15分程度煮沸して殺菌します。
殺菌後、逆さにしなくても良いのですが、15分程度其のままにして完成。
このマーマレードは、風邪を引いて咳をする方にはとても良く効くと思います。
早速、咳はしていない小生も使用した次第ですが、喉や鼻の粘膜の炎症には如何なものでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ジャンボレモン4.7圓鮖箸辰謄沺璽泪譟璽匹鼎り 分厚い皮を剥きます 六分割の皮を更に半分にして刻みます。
4.jpg 5.jpg 6.jpg
袋の中の「さのう」を取り出します 砂糖を入れて煮詰めたものを瓶に詰めて殺菌抜気 抜気後更に煮沸殺菌して完成

2014-11-10

2014年11月10日(月)晴れ

短形自然薯の掘り取り・洗浄など(妻同伴)

午前中、第2農園にて短形自然薯の掘り取りを行い、大株約30と種用の小薯も30個程掘り取りました。
今日は良く晴れて、薯掘り作業はとても暑く、汗ビッショリ。
掘り取り終了後、風邪をひかない様、下着、上着とも着替えを行った次第です。

掘り取った薯は第3農園に運び、棚に並べて井戸水で泥土を洗い飛ばした後、皮が剥げない様に軽くタワシで洗います。
畝に並行して蒔いた「むかご」は種芋として成長していて、その7割程度を合格品の種薯として貯蔵します。

洗った薯の表面を乾かしている間、玉ねぎ苗床の苗を抜き、4畝目の黒ポリマルチを張って植付けました。
若干苗が足りないので、後日苗を購入して植え付ける予定です。

先日脱穀したみどり米、籾摺りの結果、玄米で91圓△辰燭箸里海函∩畭16日(日)に餅搗きをお願いした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
掘り取る前に手で上土を取り除き、株元を特定します 左部分から掘り取りました 本日掘り取った薯を第3農園にて洗浄・乾燥
4.jpg 5.jpg
今春蒔いた「むかご」から種薯として収穫しました 第3農園ハイブッシュ系の紅葉

2014-11-9

2014年11月9日(日)曇り時々小雨

アブラナの植え付け、短形自然薯の洗浄など

第2農園里芋、セレベスの収穫跡に摘み菜用のアブラナを移植することとし・・・
Iさん農園にばら蒔いたアブラナがビッシリと生えたので、適当に間引いて移植しました。
その他、自宅にて貯蔵していた玉ねぎが芽を伸ばし始めたので、これも丸ごと移植し、来春収穫します。
先日、里芋などの収穫跡に鶏糞、油粕、牡蠣殻石灰などをばら撒いていたので、籾殻を撒いてから管理機にて耕起。
3往復耕起後、踏み固めてから均平にし、7〜8cmの苗を植え付けました。
同じ姿勢での植え付け作業は腰痛の元になるので、約半分程度で止めた次第です。
その他、先日、第2農園にて掘り取った短形自然薯を、洗わずに貯蔵していたものを・・・
タワシや水圧にて洗浄し、コンテナ軽く2つ分を自宅に持ち帰りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん農園に蒔いたアブラナ、適宜間引きをしまた 貯蔵玉ねぎが芽を伸ばしたので、植え付け、来春収穫します 里芋、セレベス収穫跡にアブラナを植え付ける準備
4.jpg 5.jpg
間引いたアブラナを移植しました 先日掘り取った短形自然薯をよく洗いました

2014-11-8

2014年11月8日(土)曇り時々小雨

玉ねぎ苗を植え付けました(妻同伴)

食パンの在庫がなくなって来たので、ピッパラさんまで行き、食パン外を購入。
帰り道、種苗店に立ち寄って玉ねぎの苗を購入。
小生が蒔いた玉ねぎの発芽は良かったのですが、爪楊枝頃になってから根切り虫の被害で壊滅状態。
そんな訳で、本日種苗店に立ち寄り、360本程を購入して来ました。
丈は長く、黄ばんで軟弱のもやし状態ですが、しばらく冷たい空気と日に当てれば回復してくれるでしょう。

寒々とした今日の第3農園、時々小雨がパラパラと降り出しているので、早々に手仕舞いをして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ナタマメの初収穫を行いました 玉ねぎ苗を購入(根切り虫の被害で苗不足) 今日は360本程度を植え付け
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今春接ぎ木したノースブルー、既に花芽が付いています 接ぎ木をしたジョージアジェム ラビットアイ系のクライマックス

2014-11-7

2014年11月7日(金)晴れ

今年最後の脱穀・短形自然薯の掘り取りなど(妻同伴)

昨夜はかなりの雨が降り、折角刈り取って稲架掛けした稲はビッショリです。
北側水田だけ、全工程が遅れてしまったので・・・濡れた稲束を第3農園に運び・・・
ビニールハウス内で乾燥する予定でしたが、突如第2農園オーナーが現れ、「乾きそうなで、午後一番に脱穀する」とのこと。
急遽予定を変更し、稲架掛けをしている稲束を反転させたり隙間を開けて風通しを良くしたりし、乾燥を促しました。
脱穀は約30分で終了。今年は不作と思っていたのですが、概ね昨年並みの収穫量でした。
まー、精米するまでどの様な結果になるかは分かりませんが、今年も味合いのあるみどり米の餅が食せます。
一寸とした合間に短形自然薯を掘りましたが、じっくりと落ち着いて掘らないと・・・パリンパリンになってしまいます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜の雨で濡れましたが、からりと晴れ、乾きました 早速午後から脱穀をして戴きました 一寸した合間に掘りましたが、傷だらけ
4.jpg 5.jpg
セレベス、お下品なほど大きなものは2垓瓩 昨日掘り取り、洗って干した短形自然薯、こんな形は宿命

2014-11-6

2014年11月6日(木)曇り〜雨

稲わらの片付け・短形自然薯の掘り取りなど(妻同伴)

第2農園オーナー宅のみどり米稲ワラを軽トラ一台分戴きました。
かつて、面識の浅かった頃には「一束200円」何ていわれて真面に支払っていた頃が懐かしく思い出されます。

昼食後、第2農園にて短形自然薯を掘り取りましたが、この薯の天邪鬼な所で、かなり手こずっています。
植え付け時、土を柔らかくし、生育条件を良くしたつもりですが、実のところ、肥料っ気がなく粘土質の固い部分を好みます。
そんな訳で、畝の中で肥大するのを嫌い、通路側のカチカチの土の方向へ薯を伸ばしてくるのです。
蔓の根元を基準にスコップを入れると、殆ど間違いないほどに切れたり割れたりしてしまいます。
今では承知して掘り取っているのですが、それでも傷を付けてはガッカリしています。

14時半頃から本格的に雨が降り出したので、手仕舞いをして帰宅。
自宅庭先にて水道の水圧で軽く泥を流しましたが、タワシで洗い直し、再度乾燥させてヒゲ根を焼き、更にしばらく乾燥します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
朝9時頃まで霧雨模様、しばらく乾かしてから結束 今日は第2農園オーナー宅の稲束を戴きました 第2農園にて掘り取った短形自然薯
4.jpg 5.jpg 6.jpg
むかごを蒔いて収穫した来年用の種芋 ハイブッシュ系のチャンドラー ノースランドの紅葉

2014-11-5

2014年11月5日(水)曇り

北側水田刈り取り、みどり米脱穀(妻同伴)

みどり米の生育が一番遅れていた北側水田の刈り取りを行いました。
雀除けの糸を張っていたので、若干早目に行ったのですが、既に第2農園オーナーが稲刈りを始めておりました。
北側水田は、一年中超湿田のため、稲を一束程度刈り取っては畦に置きに行きます。
何と前近代的な作業・・・。
切り餅一枚の値段が100円と思いつつの手作業は、とても励みになります。(拙宅は販売しておりませんが…。)

脱穀終了後、昨日脱穀を終えた南側水田の稲束を第3農園まで運搬。
16時半を過ぎると辺りはかなり暗くなっていましたが、第2農園に立ち寄り、菜っ葉類を収穫して帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
小生管理の北側水田刈り取り 北側水田は湿田のため、昨日脱穀して空いた箇所に稲架掛け 稲わらを第3農園に運搬
4.jpg 5.jpg 6.jpg
1堊宛紊離札譽戰 北部ハイブッシュ系あまつぶぼしの花芽 北部ハイブッシュ系おおつぶぼしの花芽

2014-11-4

2014年11月4日(火)晴れ

第2農園にて短形自然薯の掘り取り・みどり米脱穀(妻同伴)

午前中、第2農園にて短形自然薯の掘り取りを行いました。
今春、種イモとむかごを並列して植え付け、成果は如何かと思いましたが、思いの外成績良好。
成績の良好なものは、一定程度大きな種イモを植えたものが宜しい様でした。
更に、来年の種芋用として「むかご」を並列して植えたところ、10cm前後のものが確保できました。

現在収穫出来る菜っ葉類は,かぶ、ほうれん草、チンゲンサイ、ターサイ、葉大根、小松菜などです。
先日植え付けたチンゲンサイとターサイの苗は、適度な雨が降った事から根付が良好の様子。

午後は第2農園オーナーとみどり米の脱穀作業を行い、稲わらも束ねて全て片づけた次第です。
明日は拙宅の北側水田の刈り取りと、未だ稲架けされているみどり米の脱穀を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園にて短形自然薯の掘り取り むかごから種イモを越え、手頃な大きさに 本日の全収穫(大きなものは40個ほど)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
中央はチンゲンサイとターサイ 先日定植・手前チンゲンサイ、奥がターサイ 午後はハーベスターにてみどり米の脱穀

2014-11-3

2014年11月3日(月)晴れたり曇ったり

第2農園にて里芋、セレベスの掘り取り(妻同伴)

第2農園道路際にて作付していた里芋(女早生)とセレベスを全て掘り取りました。
それぞれ約20株程度で、春の菜花(アブラナ)の収穫跡に植え付けたので、かなり生育が遅れました。
散歩中のオッサンに「ウチの株の方が大きいよ」なんて言われてしまいました。
まー、嫉妬されるより、少々貧弱で相手に優越感を与える方が宜しいのではないでしょうか。
その他、当園は潅水が出来ず、渇水期の生育が芳しくありませんでしたが、味の方は宜しいと思います。
セレベスの親芋はかなり肥大し、大きなものは1坩幣紊△蠅修Δ任后
また、茎は丁寧に収穫し、仮乾燥して皮を剥き、今年最後の乾燥ズイキ作りを行います。

第3農園に移動し、一畳ほど穴を深く掘り、親芋に小芋を付けたまま里芋を貯蔵。

莢えんどうの生育が順調で、北風除けを早々に作ってやらなければと思っているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園で収穫した里芋 同じくセレベス セレベスの茎(皮を剥いて乾燥)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
里芋とセレベスの種芋を貯蔵 莢えんどうの生育は順調 親芋から外れた小芋、持ち帰ってベランダで乾燥

2014-11-2

2014年11月2日(日)晴れ〜曇り

第2農園オーナー主催の芋煮会に参加

今日一日、第2農園オーナー宅主催による芋煮会が開催されました。
先日刈り取ったみどり米水田内に、ビニールシートを敷き、更にその上にござを敷いて準備万端。

芋煮のベースは里芋と鶏肉で冬瓜、ごぼう、厚揚げ、こんにゃく、長ねぎ、油揚げに包んだキンチャク餅が入っています。

主食はみどり米がベースのおこわのおにぎりと白米のおにぎり、デザートには生乾きのネットリとした干し柿。
殆どの方がお替わりをし、味噌仕立ての芋煮汁を満喫した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
田圃の中にシートを敷いて芋が煮えるのを待ちます 芋は底に沈み、キンチャク餅などが浮いています さー、煮えましたよー
4.jpg 5.jpg 6.jpg
おにぎりも二種類、沢山食べました オーナー宅の干し柿、生乾きが更に美味 サーサー、お替わりはどうでしょう

2014-11-1

2014年11月1日(土)雨

インフルエンザの予防注射を打ちに行って来ました

朝から雨降りで、良い休養日になったのですが・・・
数日前にセレベスと八頭の茎(ズイキ)をカラカラに乾燥させました。
ところが、過乾燥なのでパリパリ折れてしまいます。
そんな訳で、先日外に出しておいたところ、今度は湿気を吸い過ぎてパッキングするには宜しくありません。
急遽冷蔵庫に入れて、半日乾燥させ、夕刻までには作業を終了しました。(約30パック/50g)
少々半端なズイキを水に浸け、アク出しを行った後、油揚げなどと煮たものが今晩の食卓に載るでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスの乾燥ズイキに乾燥剤を入れてパッキング セレベスと八頭のズイキを水に浸けました ベランダの猫の草、一気に伸びました
4.jpg
今日の雨は40mm前後で、未だ降りそうです