トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2014-8

<< 2014-8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2014-8-31

2014年8月31日(日)曇り夕刻晴れ

みどり米水田の草取り、玉ねぎの種蒔きなどを行いました(妻同伴)

先日に引き継続き、南側水田にて、熊手を使って草取りを行いました。
今後、稲の丈が一気に伸びると、草の伸びが止まって、気にならなくなるのですが・・・。

第3農園にて玉ねぎの種を蒔く予定でしたが、冷蔵庫に保管していた種の持参を忘れてしまいました。
取りあえず、金曜日に購入していた1品種が手許にあったので、これを蒔きました。

当地は梨の大産地、知り合いの梨農家さんが何軒もあるので、一定程度のお付き合いをしています。
そんな訳で、本日は2か所の農園から購入して来た次第です。
しかも、オマケの量が半端でなく、只々ビックリでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
この草が曲者、水温が上がらないのです 熊手を引っ掻き回して除草 玉ねぎ(トップゴールド)の播種
4.jpg 5.jpg 6.jpg
梨を2か所から購入、浮世の・・ですか 夕食後、栗の皮を剥きました 小生、渋皮を残すのは性に合いません

2014-8-30

2014年8月30日(土)朝から雨、昼頃から曇り

雨降りのためお休み、工房内等にて諸作業(妻同伴)

久々まとまった雨が降り、ブルーベリー、野菜などにとっては恵みの雨となりました。
先日からセレベスの茎4株分をベランダに干しておいたところ・・・
ようやく萎びて来たので、皮を剥いて乾燥を始めました。

午後、工房内にてナタマメときゅうりの塩漬けを取り出し、流し水の中にて塩出し。
その後、福神漬け用に細かく切り、ナタマメは熱湯の中にて1分間茹でました。
茹でたナタマメと刻んだきゅうりをダシ醤油に浸け込んで冷蔵庫へ
このダシ醤油を時々取り出し、沸騰させ、80℃ほどに冷まして漬け直します。

先日酒粕と味噌、清酒・砂糖などを練り、白瓜とナタマメを取り出して食したところ、塩気が強すぎて失敗。
まー、こんな事も時にはあるものです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベス茎の皮を剥いて乾燥しています 塩出し中のナタマメ 塩出し中のきゅうり
4.jpg 5.jpg
刻んだきゅうりとナタマメをダシ醤油に浸け込み 先日、酒粕+味噌に漬け込んだナタマメと白瓜

2014-8-29

2014年8月29日(金)早朝霧雨〜曇り〜夜半雨

実りの秋です。栗が採れ始まりました(妻同伴)

午前中は第2農園にて、ナスなどの野菜の収穫とブルーベリーの摘み取りを行いました。
ブルーベリーの成熟したものは雨に当たって割れてしまい、勿体ない様な状況です。
昼頃、栄町の「パン焼き小屋ピッパラ樹」さんまでお使いに行き、菓子パン類を買って来ました。

午後は第3農園にて、ブルーベリーの摘み取り。
小生は野菜区(短形自然薯、ナタマメ、里芋類)の畝間など、長く伸びた草を四つん這いになって抜いて歩きました。

妻は昨日今日と、採取本能丸出しで栗拾い・・・
食べることより拾うことの方が楽しい様で、連日、目の色を変えて拾って来ます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
妻は連日の栗拾い、早生栗は小粒が多い様です 拙宅庭のイチジク、タッチの差で鳥たちの胃袋へ 里芋やセレベスの葉に付いているハスモンヨトウ
4.jpg 5.jpg
アマガエルが害虫を駆除してくれている様ですが 明日葉の花が咲き始まめました

2014-8-28

2014年8月28日(木)雨

小雨の中、農園に出掛けました(妻同伴)

午前中の前半、第2農園にて妻はブルーベリーの摘み取り、小生は北側水田にて横着な草取り。
泥の深い水田に入ると足の筋肉が疲労し、夜間にケイレンをおこすので・・・
柄の長いスチールの熊手にて、畦畔から届く範囲の草を掻き取りました。
縦横の株間は1尺(約30cm)でしたが、かなり分けつして来たので、株間は狭くなっております。
熊手の幅をギリギリに狭め、約1.8m程度をくまなく額縁的草取りを行った次第です。
え、中央部???、取りあえず見て見ないことにし、後日、気分がのれば取り組みましょう。

10時頃第3農園に向かい、妻は摘み取りを行い、小生は白うり跡を片付け、玉ねぎの苗床作り。
セレベスの葉が日陰になるので、この部分は早期収穫をし、日当たりを良くすることにします。

一昨日収穫したセレベス、茎を持ち帰りベランダにて干しているのですが、雨天のため乾きません。
近々皮を剥き、カラカラになるまで乾燥させます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
横着にも額縁だけスチールの熊手で草取り 白うり跡に玉ねぎの苗床を作りました 一昨日収穫したセレベスの茎、中々萎れません

2014-8-27

2014年8月27日(水)曇り時々雨

Iさん農園にて秋冬野菜を蒔いてみました

長いこと雨が降らなかったので、秋冬野菜の種蒔きの予定が立ちませんでしたが・・・。
昨夜から時々雨が降り、若干ですが地面が湿って来たので、野菜の種蒔きを行いました。
第2農園の馬鈴薯跡はカボチャを這わせているので、作付け出来るのはIさん農園のトウモロコシ跡のみ。

管理機で耕耘し、中央部に白菜を70cm間隔で蒔き、両サイドにチンゲンサイ、ターサイを蒔いてみました。
その他、レタス、ブロッコリーを苗用に少々蒔き、残りのスペースに黒田五寸人参と辛味大根を蒔きました。
秋冬野菜作付実績のない畑の様なので、害虫などは少ないと思われるのですが、さて如何。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園、短形自然薯のムカゴ Iさん農園にて、トウモロコシ跡に秋冬野菜を蒔きました 白菜、チンゲンサイ、ターサイの混播
4.jpg 5.jpg 6.jpg
レタス、ブロッコリー、人参を播種 試みとして短い辛味大根を蒔いてみました 白系の秋桜が咲いていました

2014-8-26

2014年8月26日(火)曇り〜夕刻雨

セレベスを初収穫してみました(妻同伴)

里芋類のセレベス、今年は種芋が沢山あったので、空いているところに手あたり次第に植えました。
かなり株が大きくなって来たので、試し掘りをしてみましたが、食せるまで十分に肥大しておりました。
このイモは、里芋よりネットリ感があり、「ゴツゴツしていない八つ頭」の様です。
主に親芋を食するのですが、小芋も沢山付き、お菓子などにも使用できます。
さらに、茎の皮を剥いて乾燥させ、保存食のズイキを作ります。
触感は独特で、「干ぴょう」より歯ごたえがあり、シンプルに油揚げと一緒に煮て食します。

例年ならばブルーベリーは終了の時期なのですが、今年は若い実がかなり付いていて、本体の疲れが心配されます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
干ばつでも採れ続ける接ぎ木ナス 何時もは大粒のフェスティバル、今年は小粒です K様御一行、楽しみながら摘み取って戴きました
4.jpg 5.jpg
今年初取りのセレベス、かなり肥大していました 継子(ママコ)の尻拭い(これで拭かれたら如何にも痛い)

2014-8-25

2014年8月25日(月)曇り

本日は定休日でしたが・・・(妻同伴)

本日は定休日なので、ゆっくり起床し、朝食ものんびりといただきました。
10時半から所用があったので、しばし外出。

生果の予約が入り、第3農園で受け渡しなので、昼前に出掛けました。
気持ち良く購入して戴くお客様には、当方もこれに応えなるべく、極力サービスをさせて戴きます。
また、その真逆もあるという事ですが・・・。

イネ科の雑草でハイブッシュ系の木々が隠れてしまうほどに茂っているので、刈り払い機にて刈り取り。
時々、大切なブルーベリーの木を根元から刈ってしまいますが、はみ出しているものは止むを得ません。

フクベリーはこれから盛期を迎えるものもありますが、若干実を付け過ぎた感があります。

7月末に植え付けたモロッコいんげん、150cm前後の箇所で芯止めしたところ、沢山花が咲き始めております。
適度に雨が降って貰えれば、かなり期待出来るのですが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
何時もの美女軍団様に、沢山買って戴きました フクベリーはこれから盛期、一寸付け過ぎでしょうか 7月30日に定植したモロッコが咲きました
4.jpg
拙宅ベランダの二十日大根、近々咲きます

2014-8-24

2014年8月24日(日)曇り〜晴れ

昨日の雨は幻でした・・・(妻同伴)

昨日の雨、着ているものはビショリに濡らしてくれましたが、作物達にはさほど効果はなかった様です。
自宅から2Lのペットボトル10本程に水を入れ、第2農園に運び、きゅうりの根元に注いでいます。
こんな作業では、枯れない程度の効果はありますが、大自然の雨には全く敵いません。
明日以降の予報では2〜3日は雨模様とのことですが、さて、如何ほど降って貰えるのでしょうか。
短形自然薯の蔓は順調に伸びてはいるものの、大干ばつの中、どの程度に芋は育っているのか少々気になります。

第3農園のティフブルーやブライトブルーなど、ここに来て一気に成熟したので妻と集中的に収穫。
取りあえず今日の摘み取り目標を達成したので、長居は無用と早々に帰宅。
今日は農園での写真は殆ど撮らなかったので、シャワーを浴びた後、自宅周りの写真などを掲載した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
潅水効果が出て粒が肥大しました 拙宅ジャンボレモンにアゲハ蝶の卵が・・・ 同じく幼虫です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小分けした冷凍ブルーベリー、サービス品などに フェンスのサルナシ、猛暑のため熟期が早そうです ポット植えの大豆(小糸在来)の花です

2014-8-23

2014年8月23日(土)曇り〜雨

僅かに雨が降り、久々涼しく感じました(妻同伴)

みどり米水田の草取りは、もう一回ほど行わなくてはなりませんが、ずーっと延び延びになっています。
まー、近々気になる箇所を重点的に除草するつもりですが、稲の葉先で目を突かない様にしたいと思っています。
水田隣の里芋類は、水が枯れないので、順調に生育し、特にセレベスの柄は170〜180cm程に伸びています。

今年は何故かシオカラトンボが大発生し、沢山のオスが俊敏に飛び回っております。

北側水田では子どじょうが沢山産まれた様子。
冬季間、水が枯れなかったことが要因と思われます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田のみどり米と畦畔大豆は順調です 左は里芋、右はセレベス、湿潤なので順調です 珍しく水が出たので、早速我田引水
4.jpg 5.jpg 6.jpg
シオカラトンボのオスが沢山飛び交っていました 北側水田では子どじょうが発生し、水口に遡上 晩生種のバルドウィンはこれからです

2014-8-22

2014年8月22日(金)晴れ

休養明け、張り切って出かけてみたものの(妻同伴)

当地(千葉)以外ではかなりの雨が降っている様ですが、一向に雨が降る気配がありません。
第2農園の元気な作物は、接ぎ木のナスだけで、他の作物は青息吐息の様相です。

特に、水分を好む里芋は茎も葉も貧弱そのもので、適度の雨が待ち遠しいところです。

干ばつと云いましたも、第3農園には潅水施設がありますので、ブルーベリーや野菜類は取りあえず元気です。
特に、ラビットアイ系の晩生品種の潅水効果はかなり出ております。
中でも、フクベリーの熟期・・・一気に肥大する様は、かなりの驚きです。

今日もカンカン照りで微風状態、湿度は高く、オーバーヒート気味。
草刈りなどを張り切って行ってはみたものの、息があがって持続しません。
そんな訳で、15時過ぎには早々に帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大干ばつで、里芋の茎や葉が弱々しくて 第3農園境界樹のはみ出し実態(手前ウツギが境界) ハイブッシュ系畝の雑草を刈り取りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ティフブルーはまだまだ採れています ブライトブルーも今が最盛期 潅水の効果、フクベリーは大粒が維持されています

2014-8-21

2014年8月21日(木)晴れ

早速、臨時のお休みを摂りました

例年、拙宅は夏休みというものはありません。
常時休みみたいなものですから、敢て設けておりませんが、この暑さの最中、休まなければ化けものでしょう。
そんな訳で、昨日からお休みすることと決め、宵っ張りをして、朝寝坊を致しました。

ゆっくりとした朝食を摂り、ノンビリと横になっておりましたが・・・。
急遽ブルーベリージャム(甘さ控え目)をつくることとし、何時もと変わらず汗ビッショリ。

汗はかきましたが、直ぐにシャワーを浴びてスッキリしたので、暑さの負担は殆どありません。
こんな時は塩気のものが欲しくなり、先日漬け込んだナタマメの粕漬を取り出して試食。
かなりの浅漬けでしたが、塩気と甘さのバランスが丁度良く、妻と残すことなく食しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今回は、甘さ控え目のジャムをつくりました ナタマメの粕漬、少々早過ぎた様ですが・・・ 信州から届いた桃です

2014-8-20

2014年8月20日(水)晴れ

余りの暑さ故、水仕事優先にしました(妻同伴)

この暑さ、何時まで続くのでしょう。
農園周辺を散歩する方がめっきり少なくなり、ましてや農作業などを行っているのは我々夫婦だけの様に思えます。
近隣の専業農家さんは、日の出前から作業を行い、小生などが開始する頃にはシャワーを浴び終えていることでしょう。
そんな訳で、旗を立ててもお客さんは立ち寄ってくれませんので、9時台に第3農園に移動。

汗でびっしょりの上下全てを掘っ建て小屋の中で脱ぎ、しばしスッポンポン。
着替えても次から次へと汗は噴き出して来ますが、2回目以降の汗はサラッとしています。

干ばつが甚だしいので、ラビットアイ系の列を中心に、1株約25〜30秒の潅水。
昼を挟んで約3時間の潅水を行いましたが、かなり未熟果があるので、潅水の効果が出て来ると思われます。

幾ら「農園作業が趣味」と云う小生でも、流石、連日カンカン照りの中では身体の芯まで応えます。
と、言う訳で、突然の臨時休業も考えているところであります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ハーフハイブッシュ系ノースブルーの花芽 潅水作業は涼しい作業です 拙宅のイチジク、ようやく熟して来た様です
4.jpg 5.jpg
百日紅の花弁は何と複雑な事 ナツメもだいぶ肥大してきました

2014-8-19

2014年8月19日(月)晴れ

暑さに負けそうです(妻同伴)

午前中は第2農園にて野菜(主にトマト、ナス)の収穫を行ったり、ナスの剪定を行いました。
少々早目に第3農園へ移動し、小生は園内の草刈り、妻は摘み取りを行っておりました。

昨年のブルーベリーは大不作で、今頃は殆ど良品はなかったのですが、・・・
今年は中晩生種などは未だ若い実が付いていて、9月上旬まで楽しめそうな雰囲気です。

昨日、全休を摂って英気を養ったというのに・・・。
今日の日中の暑さはまた格別で、体温が上がると爬虫類の様に動けなくなってしまいました。

昼食後、掘っ建て小屋で涼んでいたのですが、怠さは治らないので、早々に帰宅。
冷たいシャワーで身体を冷やした後、ごろ寝しながら高校野球を観戦した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブライトウェル フクベリー バルドウィン
4.jpg
ナスの剪定を行ったところ、いろいろありました

2014-8-18

2014年8月18日(日)晴れ

午前は歯科医に行ったりして、農園作業もお休み

昨日、猛暑の中、大豆への培土作業がかなりこたえた様で、今日はゴロ寝の全休にしました。
気温は高くても湿度が低ければ体は楽なのですが、昨日はそのダブルパンチを受けてしまいました。

高校野球第4試合終了後、ようやく動き出し、狭い家周りの植物などを撮ってみました。
ブライトウェル実生のポット植えはかなり晩生な様でしたが、もう直ぐ味見が出来そうです。
ジャンボレモンはザーッと数えて30個ほど成っています。
  
8月12日に砂糖漬けにしたブルーベリーは大分水分が出てきて馴染んで来た様です。

柑橘の実生苗に、今年接ぎ木したポンカンとジャンボレモン、1次伸長したものの・・・
トラブル続きで丸裸になったり、途中から折れたりしましたが、2次伸長をしてくれました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブライトウェル実生、かなり晩生です ジャンボレモン縦10cm、横8cm 明日葉の蕾、今年こそ優良種子の確保を
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ホームベルとレイトブルー混合の砂糖漬け 接ぎ木のポンカン 接ぎ木のジャンボレモン

2014-8-17

2014年8月17日(日)曇り〜晴れ

久々、Iさん農園にて大豆の管理(妻同伴)

しばらくIさん農園に出向いていなかったので、小型管理機を運んで畝立てを行いました。
当初から予定していた作付け場所は夏至頃に蒔き、既に花が咲き始めています。

約1月遅れて馬鈴薯収穫跡に蒔いた丹波黒と小糸在来は、かなり遅れていますが、秋までには何とかなるでしょう。
管理機で畝上げをしても根元にまで土がかからないので、レーキで土寄せを行いました。
45m程度ある4列を、レーキで小刻みに土寄の作業は、今日の様な蒸し暑い日に行うべきではありませんでした。
気合を入れ、一気に済まそうとしたものですから、息があがってしまい午後の作業は全て取り止めた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
7月20日蒔きの大豆に除草と培土を行いました 6月中旬蒔き大豆の除草中耕、開花開始 渇水でしたが、ヤーコンの生育も順調です

2014-8-16

2014年8月16日(土)晴れ〜曇り〜雨

水田周囲の草刈りを行いました(妻同伴)

北側水田の畦畔草刈りは一昨日行ったのですが・・・
今日は水田内に落ちた草の片づけを行いました。
その後、南側水田と里芋畑畦畔や排水路側の草刈りを行いました。
南側水田畦畔の大豆(小糸在来)の生育も順調で、既に開花も始まっております。

生育の芳しくなかった北側水田(みどり米)は順調に回復し、分けつも例年並みでしょう。

午後は第3農園にて、ブルーベリーの摘み取りやミツバ、ごぼうの畝の草取りを行いました。
草が生えて来るのは止むを得ませんが、放置すると全滅することもあります。

14時過ぎ、北の空は重々しい雲が垂れ込めていますが、当地は雨降りの気配がありませんでしが・・・。

15時頃から突然雨が降り出し、19時頃まで降っております。(恵みの雨です)
今日はとてもありがたい、天気予報の外れでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田の畦畔と大豆、生育は順調です 小糸在来の花 排水路の淵を刈り取りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
北側水田の畦畔 北の空は分厚い雲に覆われて雨が降っている様です 拙宅のサルナシ、肥大が止まり、成熟期に

2014-8-15

2014年8月15日(金)晴れ

第2・第3農園周辺は沢山雨が降ってくれました(妻同伴)

昨夜の雨、拙宅近くはさほど降りませんしたが、第2、第3農園周辺はかなり降ってくれた様です。
御陰で、夏野菜の勢いが復活し、なすの肥大が急で、収量もかなり増えました。
パサパサだったオクラも育ちが早くてみずみずしく、とても柔らかそうです。

昼前、栄町のピッパラさんまでお使いに行き、アイスコーヒーと好みのパンで早いお昼を頂きました。
午後、第3農園に戻り、摘み取り予約のお客様のお相手など致した次第です。

ナタマメは潅水の効果が出て来た様で、花も次から次へと咲き、莢も一房に2〜3付いています。
今日も間引きとして、15〜17cm前後のものを摘み取り、福神漬けや味噌漬などにする予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
N様ご一家、沢山摘んで下さいました Т様ご一家、賑やかに楽しんで摘んで行かれました オクラの花、次から次へと咲いてくれます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ミニトマトとしてはとても美味なトマトです ようやくナタマメらしい形になってきました(約25cm) ナタマメの幼莢、福神漬け用に最適

2014-8-14

2014年8月14日(木)曇り〜雨

ようやく雨が降ってくれましたが・・・(妻同伴)

天気予報では昼前から雨が降るとのことでしたが、お昼を過ぎても雨は降って来ません。
摘み取りのお客様が居られる間は降って欲しくないのですが、畑の野菜たちは雨が待ち遠しい様です。

梅雨開け以降、殆んどまとまった雨が降らないので、少々の雨では足りません。
特に、第2農園の里芋、きゅうり、なす等は元気がありません。
それでも今日は14時過ぎ頃からポツポツと降り始め、20時頃まで弱い雨が降っています。
作物に恵みの雨と思ってはいるものの、草達に殆ど横取りされてしまうのが現実です。

暑い暑いと思っていても、植物は秋の気配を感じさせてくれます。
ご近所の栗園、早生系のものはかなり肥大し、9月初旬には実が拾えることでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Y様御一行、お嬢さんスカートでは蚊に刺されます 久しぶりのT様(S嬢)、沢山摘んだね 葛の花が咲き始めました
4.jpg
その葛に絡まれていた栗、もう直ぐイガが開きます

2014-8-13

2014年8月13日(水)曇り

里芋類は順調に育っています(妻同伴)

午前中、第2農園周囲のミントやヤブガラシなどを刈り取りました。
みどり米の田植え頃に一回刈り取った気がしますが、以後全く手付かずの状態でした。
そんな訳で、ミントの柄は太く、カチカチで、草刈り機の刃が切れないので、かなり手こずりました。
取りあえず、大雑把に刈り取りを行いましたが、一部は踏み固めた程度の状態です。

午後、第3農園に移動し、ナタマメ、モロッコ、短形自然薯、里芋類等々に潅水。
予約のお客様を待っていたのですが、来園される気配がないので、体温が上がらないうちに帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
台風11号の煽りを受け、破れたセレベスの葉 親芋の収穫には影響がない様です 里芋(女早生)の種芋、実は親芋を使いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
本日もナタマメの幼莢を収穫しました 駐車スペースの草刈りは4回目です 拙宅ベランダポット植えのブライトウェル実生

2014-8-12

2014年8月12日(火)曇り〜小雨〜曇り

もっと雨が欲しいところですが・・・

台風11号が運んで来てくれた雨、大いに恵みの雨だったのですが、既に乾き始めています。
そんな訳で、今日の雨は大いに期待したのですが、17時現在、殆ど恵みの雨にはなっておりません。

午前中、第2農園にて、なす、シシトウ、きゅうり、ニガウリ、トマトなどを収穫。
馬鈴薯とラッキョウ跡に直播きしていた南瓜がそろそろ成熟した様なので、2つ収穫してみました。

第2農園は水不足で、ブルーベリーの皮が硬くなり、玉伸びが宜しくないので、ジュース用に収穫。
午後は自宅にて、レイトブルーとシワシワのホームベルを混ぜ込み、グラニュー糖で浸け込んでみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ラビトアイ系オースチン ラビトアイ系ブライトブルー ラビトアイ系フクベリー
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ハイブッシュ系レイトブルーとラビトアイ系ホームベル グラニュー糖で漬け込み、ジュースを作ります 第2農園にて、今季初取りのかぼちゃ

2014-8-11

2014年8月11日(月)晴れ

雨が降ったので野菜たちは急に元気になって(妻同伴)

所用で2時間遅れの農園行き、第2農園にて野菜の収穫を行いました。
雨がかなり降ったので、野菜の収穫は予想以上にありました。
特に、日焼けで萎縮していたナスが一気に肥大し、予想以上の収穫でした。

老化して成りの宜しくないモロッコいんげんを試験的に強剪定し、新しい蔓を伸ばしてみることにしました。
また、自宅にて芽出しをしたモロッコの苗を古い株間に定植してみました。
モロッコの連続作付で、どの様な成績になるのか興味あるところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
瓜類も急に太りました なすは何時もの倍以上の収穫 味はともかく、収穫は嬉しいものです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
老化したモロッコ、試験的に1/5ほどに剪定 貧弱な長ねぎに土を寄せました 里芋類は昨年よりかなり良好な生育です
7.jpg
昨年8月13日現在の第3農園里芋類はこんなもの

2014-8-10

2014年8月10日(日)雨、降ったり止んだり、20時前から大雨

天候が不安定のため、一日お休みにしました

台風11号の影響を受け、当地(千葉県)でも昨夜から朝方にかけて大雨が降りました。
その後、日中も降ったり止んだりと不安定な天候でした。
天候が宜しくないことを幸いに、一日ゴロリを決め込みました。
只、一日中静かにしているのは苦痛で、昨日収穫して来たナタマメを処理しました。
若干若くて柔らかいものは漬物用(味噌漬けなど)として取りあえず塩漬けに。
少々堅めの莢のものは塩茹でにし、福神漬け用として冷蔵。

今年は潅水を頻繁に行って来たので、昨年より莢の付き方が宜しい様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
莢の上下を切り取り、下処理を行います 左は塩漬けをし、右は塩茹にして福神漬用に 沸騰させ、熱湯の中で2分間茹でました
4.jpg
2分間の茹で時間は少々長過ぎた様です

2014-8-9

2014年8月9日(土)曇り〜一時小雨〜曇り

今日は冷や汗をかいてばかりおりました(妻同伴)

ブルーベリーの権威、玉田孝人先生が来園され、お恥ずかしい部分をくまなく観察されてしまいました。
以前、玉田先生の教え子のМ様が摘み取りに来られ、紹介されてしまった訳です。
どちらかと言いますと、小生は我流の栽培法で、皆様の参考になる様な農園では無いのです。
特に、ラビットアイ系は超密植栽培で、成木になった今、後戻りが出来ない状況です。
只、玉田先生の物静かで、諭す様に語る一言一言には長年の年輪を感じ、全て納得した次第でした。

この様な機会をМ様につくって戴き、心から感謝する次第です。
また、ご持参戴いた玉田先生のご著書「ブルーベリー生産の基礎」と
福田俊さんとの共著書「ブルーベリー12か月」は心改め、精読する所存です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
玉田先生、これ何ですかとМ様、U様 「陽炎(かげろう)の卵でしょ」と即答 左からU様、М様、玉田先生
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉田先生のご著書と福田俊さんとの共著書を戴きました 干ばつの第2農園、ホームベルのシワシワ 同じく、ティフブルーの皮がカチカチ

2014-8-8

2014年8月8日(金)曇り〜一時雨

曇っている分だけ過ごし易い一日でした(妻同伴)

午前中、第2農園にて野菜の収穫を行いますが、干ばつ気味なのでキュウリなどはシンナリです。
ラッキョウ跡に直播きした南瓜、皮が硬くなって来たので、そろそろ収穫出来そうです。

午後、栄町のピッパラさんへおつかいに行き、その帰り道第3農園へ。
第3農園でナタマメの一房に幼莢が3〜4つ付いているので、1〜2莢にすることとして間引き。
間引いた幼莢は肉じゃがなどの煮物にすると以外と美味に食せます。

妻は雨が当たると裂果するといいつつ、ブルーベリーの収穫を行っておりました。

当地(千葉)では7月中旬以降雨らしい雨が降っておらず、畑の土はパサパサになっております。
まー、明日以降まとまった雨が降りそうですが、大いに期待したいところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園ラッキョウ跡の南瓜、そろそろ収穫です 渇水期ですが甘々のトマト三品種 第3農園、ナタマメの幼莢を収穫し煮物にします
4.jpg
拙宅のポンカン、ピンポン玉より大きくなりました

2014-8-7

2014年8月7日(木)晴れ

今日が立秋ですって???冗談でしょう

連日の暑さはさすが老体にじわじわと効いて来た様で、今日は臨時休業。
摘み取りの予約もありませんし、この暑さではお客様も外出を控えている様子。
そんな訳で、本日は家の中でゴロゴロ、地下足袋や安全靴を洗ったりして静かに過ごしました。

拙宅の冷蔵庫3台はフル回転ですが、人間は扇風機で我慢我慢。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
午後14時過ぎ、拙宅ベランダの気温32.4℃ 地下足袋は直ぐにカラカラ 泥だらけの安全靴を洗って乾燥

2014-8-6

2014年8月6日(水)晴れ

3日連続の強い南風、土埃には閉口します(妻同伴)

昨日同様のカラカラ天気、相変わらず南風が強く吹き、土埃が凄まじい状況です。
そんな中、芳しくない状況を承知の上で摘み取りに来て下さったお客様がおられました。

乾燥が甚だしいので、昨日に引き続き、東側ラビットアイ系を重点的に潅水。
潅水することにより、玉伸びが良くなり、歩留りなども良好になる様なので暫く続けます。

その他、Iさん農園に作付けている大豆(小糸在来・丹波黒)の除草・中耕・畝上げを行いました。
かなりの干ばつ状態なので、生育は芳しくありませんが、気長に雨を待つしかありません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
О様ご一家様、楽しく摘み取って戴きました 東側ラビットアイ系に潅水 ハイブッシュ系晩生種レイトブルー
4.jpg
Iさん農園の大豆、除草・中耕・畝上げ

2014-8-5

2014年8月5日(火)晴れ

今日もカラカラ天気、南風が強く吹きました(妻同伴)

第2農園のブルーベリーは水不足のため、果実が萎び始めたので今後の収穫は余り期待出来ません。
一方、第3農園は先日も潅水を行ったので、殆ど萎びた果実は見当たりません。
今日も西側のラビットアイ系を中心にタップリと潅水を行ったので、今しばらく頑張ってくれるでしょう。
明日以降は、東側のラビットアイ系を重点的に潅水を行う必要があります。

昨日と同じく、今日も南風が強く吹き荒れ、不耕作地からの土がかなり舞上がっておりました。
そんな中、声楽家(ソプラノ歌手)の木内朋子さんがお友達を連れて摘み取りに来て下さいました。
かなり摘み取り条件の宜しくないところ、頑張って摘み取って下さいました。

野菜区のナタマメはかなり潅水の効果が出て来た様で、開花数も多く、莢付きの歩留まりも宜しい様です。
今後、莢が肥大する時期に入りますが、一房1〜2莢ほどにし、他は煮物などにして食す予定です。
まー、潅水を怠ると莢が萎びてしまうので、栽培している皆様、ご注意下さい。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
声楽家の木内様とお友達が来園 生姜の生育が芳しくありませんが、秋までには何とか 長ねぎも一部溶けてしまいましたが・・・
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ナタマメは純白の花弁が特徴的です 潅水を行うと蔓の伸びや花の咲き方が旺盛です 一房十数個の花、3〜4莢を1〜2莢にします

2014-8-4

2014年8月4日(月)晴れ

雨が欲しい今日この頃です(妻同伴)

九州、四国など西の方では大雨の被害が出ております。
被災地の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

当地では梅雨明け以降、干ばつの様相を呈しており、第2農園での野菜の収量き極端に減っております。
特に、きゅうりには優先的に潅水を行っていますが、とても間に合っておりません。
ピーマンやシシトウなどは花が落ちてしまうので、一定程度強剪定をし、葉を食すことにしました。

第3農園の野菜区では、全ての野菜に井戸水をタップリ潅水しているので、元気に育っています。 
まー、同時に雑草も育ってしまいますが・・・。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
シシトウの葉は醤油で甘辛く煮て食すと食が進みます 里芋類には集中的に潅水を行います ピッパラの樹のパティシエY・М様御一行

2014-8-3

2014年8月3日(日)晴れ

本日は熱中症にならないため、農園作業はお休み

梅雨明け以降、殆ど雨が降らず気温も35℃以上の日が続いています。
高温に慣れているとは言いましても、流石にに連日わたって日中の作業が続きますと・・・。
脳ミソが沸騰しそうになってきたので・・・
本日は事前予約も無かったので、臨時休業をさせて戴きました。

それでも昼前、第2農園まで出向き、きゅうりへの潅水と、なす、トマトなどを収穫してきました。
渇水気味でも、南側水田隣の里芋類はとても元気で・・・。
特にセレベスは株元を見る限り巨大な親芋が収穫出来そうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田隣のセレベス、親芋は約1堊宛紊任靴腓 南側水田(みどり米と畦畔大豆) 第2農園入り口のニガウリの棚

2014-8-2

2014年8月2日(土)晴れ

蒸し暑く、労働意欲が失せる様な一日でした(妻同伴)

天気が良いので、水さえあれば作物は良く出来ると思われる様な今日この頃。
第2農園は潅水施設が不十分なので、野菜などは水不足の症状が出て来ています。

第3農園は地下水がタップリあるので、潅水さえ怠らなければ何でも出来ます。
潅水施設があっても、やはり天からの恵みの雨が一番で、今日は大きな雲が湧き出しましたが、消えてしまいました。
万遍なく30〜50mm程度の雨が降って欲しいものです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ナタマメは12〜13cm程になりました 第3農園前はカラカラ、水を撒いてお出迎え K様、6対1のハーレム状態でご来園
4.jpg
恨めしや 形ばかりで 崩れゆく

2014-8-1

2014年8月1日(金)晴れ

みどり米の生育は順調です(妻同伴)

南側水田のみどり米稲の生育は順調で、分けつ状況も驚くほどです。
今年は特に、水が安定的に供給されていることが順調の理由でしょう。

午後は、栄町のパン焼き小屋・ピッパラの樹さんまでお使いに行き、食パンや菓子パンを仕入れて来ました。
ピッパラさんの前の水田は既に稲穂が垂れ、旧盆頃には新米が食せる程に仕上がっておりました。

帰り道、何時もお世話になっている(有)増田機商さんに立ち寄ったところ、鮎を戴いてしまいました。
社長直々に、栃木県思川源流で友釣りをしてきた貴重な鮎です。
小生も、一時は週3日連続で釣りに行ったほど大好きな釣りでしたが・・・。
ブルーベリーを始めてからは殆ど竿を出しておりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
南側水田(みどり米)の生育は順調です パン焼き小屋・ピッパラの樹までお使い この他、食パン、ぶどうパンを購入
4.jpg 5.jpg
ピッパラさん前の水田は既に黄金色 増田機商の社長から貴重な鮎を頂きました