トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2015-10

<< 2015-10 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015-10-31

2015年10月31日(土)曇り

Iさん農園にて、落ち葉キャッチネット張りのお手伝い(妻同伴)

Iさん農園には10本の栗の木と5本の柿の木がありますが、これが落葉し、住宅街に風で飛ばされて行きます。
例年の事で、秋から冬にかけての風物詩なのでしょうが、近ごろはそんな風流な事ばかり言っていられない様でして・・・

そこで、風が吹いても道路側に飛び出して行かない様、落ち葉をキャッチするネット張りのお手伝いを行いました。
畑の端に5〜6mの単管を打ち込んで、丈夫な防鳥ネットを張り、落ち葉が住宅街に飛び出さない様にした訳です。

このネットに溜まった落ち葉は、勝手ながら小生が遠慮なく戴き、Iさん農園の野菜畑に鋤き込む予定にしています。
作業終了後、第3農園に移動し、ビニールハウス内にて昼食を摂り、午後の作業を行う予定でしたが・・・

北風が冷たくなって来たので、労働意欲を削がれてしまったので、野菜区を見廻った後、早々に帰宅した次第です。
家の中でもかなり寒いので、工房内にてガスコンロに火を点け、短形自然薯の「ヒゲ根焼き作業」を行ったところ、汗がタラタラ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
Iさん農園にて落ち葉キャッチのネット張り 仏国大莢(絹莢) 赤花絹さやえんどう
4.jpg 5.jpg 6.jpg
10月24日播種、あぶらなが発芽しました 同じく、ほうれん草が発芽 玉ねぎの苗は無事に育ちそうです

2015-10-30

2015年10月30日(金)曇り〜晴れ

昨日刈り取ったみどり米(もち米)の稲架掛けなど(妻同伴)

Iさん農園にはプルーンの樹が2本植えられていて、8月〜9月の間に葉が落ちてしまっため、花が咲いてしまいました。
何となく花芽が少ない様に見えるので、来春、花が咲いてくれるか心配されるところです。

今日は昨日刈り取ったみどり米の稲束を稲架掛けする作業で終始し、拙宅とオーナー宅の稲刈りは来週に延期となりました。
みどり米の稲刈りを終えた幼稚園児の楽しみは、籾殻くん炭づくり兼・焼き芋で、とてもよく焼けた様でした。

昼休み、第2農園にて短形自然薯の掘り取りを行ったところ、殆ど1團ーバーで、中には2圓貿るものもありました。
掘り取った薯を第3農園に運び、何時もの様に水圧にて泥土を洗い流し、ビニールハウス内に入れて暫く乾燥を行います。
この薯は、強い粘りと旨味はありますが、掘り立てを食すとシャキシャキ感は得られますが、とろろにする場合はしばらく乾かします。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
Iさん農園にあるプルーンの花が咲いていました 昨日刈り取ったみどり米の稲架掛け 幼稚園児は刈り取り終了後、楽しみな焼き芋です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昼休みに短形自然薯掘り、これは1950gでした 薯が大きいので、直ぐコンテナ一杯に 明日葉の種が充実してきました

2015-10-29

2015年10月29日(木)小雨〜曇りのち晴れ

みどり米(もち米)の刈り取り開始(妻同伴)

今年のみどり米は強風が何度か吹いたものの、栽培方法が良かったでしょうか、一切倒伏していません。
草取りを万遍なく行った田圃と、行わなかった田圃とでは分けつ割合が違い、倍半分以上の差が出ています。
みどり米は勢いが強いので、少々の草が生えても一定の収穫はあり、初期の除草さえ欠かさなければかなり良好です。
今年の圃場は一定程度乾いていたので、足を取られることもなく、作業は順調に進み、疲れもさほどありませんでした。
明日は稲架掛け、稲刈と、かなり重労働になると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
本日からみどり米の稲刈りです 圃場の四隅は鎌で刈り取ります 本日の刈り取りはそろそろ終了です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
この圃場は草がかなり生えていたので期待薄でしょう 小雉撃ち時、川端のネズミモチが見事な房成り セイタカアワダチソウが見頃です

2015-10-28

2015年10月28日(水)晴れ

第3農園にて玉ねぎの植え付け作業(妻同伴)

朝一、Iさん農園に直行し、小生は無臭にんにくへの培土、妻は枝豆の摘み取り、菜っ葉類などの収穫を行いました。

その後、第3農園に移動し、強風が吹かないうちに玉ねぎ床に黒ポリマルチを2畝張り、自家で育てた苗を植え付けました。
当初は発芽良好で育ちも順調だったのですが、最近になって根切り虫の被害が甚だしく、特に、大苗ほど被害に遭うのです。
そんな訳で、今期はやむを得ず、ホームセンターにて2品種を購入し、間に合わせた次第です。

本年は、猩々赤(ショウジョウアカ)、ОL黄玉ねぎ、ソニック、ネオアース、黄玉ねぎ(泉州)、こがねにしきの6品種。
妻は「玉ねぎなんかどれも同じ」と言い、仕分けして植え付けを嫌いますが、収穫期も個々に差異があるのです。

一畝約88×5=440、440×4畝=1760本となりますが、収穫時にはかなり目減りしていると思います。
只、この場所は潅水施設があるので、冬期から春にかけての渇水期にタップリと潅水出来るので、玉伸びは良好です。

短形自然薯の頭の部分を切り取り、来季の種子用に傷口を乾燥させ、カビが発生しないように貯蔵します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
Iさん農園の無臭にんにくの培土 玉ねぎ植え付け床、マルチ張り 自家で育苗した玉ねぎ苗
4.jpg 5.jpg 6.jpg
取りあえず、予定した数量を植え付け済み 短形自然薯の来季用種薯 短形自然薯の傷口は乾燥させコルク状に

2015-10-27

2015年10月27日(火)晴れ

第2・第3農園にて諸作業(妻同伴)

午前中は第2農園にて短形自然薯の棚4畝の撤去と掘り取りを行いました。
棚を片づけると風景が変わりますし、風通しが良くなった様な気がします。
棚を撤去しただけでは物足りないので、4〜5株掘り取ってみたところ、少々持て余すほど大きくなっておりました。
その間、妻は通りに面した場所で薯や乾燥ズイキ、食用菊、枝豆などを並べて商っておりました。
まー、日々消費するガソリン代の一部を稼いでくれたのではないでしょうか。
第2農園は丘の陰になっているので、風が穏やかなため、里芋類の茎が倒れず、未だ元気です。
第3農園に移動し、昨日張り、植え付けていないマルチの部分に、当方で育てた苗を250本程植え付けました。
強い西風が吹いているので、黒ポリマルチ張りは止め、土が乾き過ぎているので、全面にタップリと潅水。
未だ陽は高いのですが、土煙が気になり出したので作業を中断し、帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
第2農園にて短形自然薯棚の取り外し 撤去後はスッキリしました 掘り取ったところ、一株800〜1.2
4.jpg 5.jpg 6.jpg
取り残したサルナシは萎びていて美味 セレベスの茎は、いまだ元気です 八つ頭の茎も傷んでいません
7.jpg 8.jpg 9.jpg
第3農園にて玉ねぎのソニックを定植 フクベリーの花芽です ブラッデンの紅葉が始まりました

2015-10-26

2015年10月26日(月)晴れ

第3農園野菜区にて玉ねぎの植え付け開始(妻同伴)

今朝は第2農園にて、寒さで弱ってきていながら頑張っているなすを収穫。
その後、Iさん農園に移動し、実が入り過ぎてしまった枝豆も収穫して第3農園へ移動。
今日は、昨日ホームセンターにて購入していた玉ねぎの苗を植え付けることとし・・・
(実は、玉ねぎの種は蒔き、発芽も良好でした。最近、根切り虫の被害に遭い、苗床が寂しくなってしまいました。)
先ず、植え付け床づくりとして、籾殻、鶏糞、牡蠣殻石灰、米糠、油粕、化成肥料を適宜撒きました。
当初、馬糞堆肥も入れる予定でしたが、色々と撒布したので、息があがってしまい、今回は断念しました。
耕耘機にて耕起後、小型管理機にて4畝分に区切っての畝立てを行い、黒ポリマルチ2畝分を張り・・・
猩々赤(ショウジョウアカ)玉ねぎ100本と、ОL黄玉ねぎ300本を植え付け、本日の作業は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
里芋類収穫跡、耕起後玉ねぎの植え付け 黒ポリマルチ2畝を張り、植え付け開始 取りあえず250本植え付け
4.jpg
10月20日に蒔いた莢えんどうが発芽しました

2015-10-25

2015年10月25日(日)晴れ

Iさん農園にて短形自然薯の掘り取り完了(妻同伴)

朝一からIさん農園に直行し、短形自然薯掘りを開始、ムカゴの列4畝を除き、最後の3畝を掘り取りました。
掘り取ったものの殆どが、500〜800g程度あるので、少々扱い辛い大きさになっています。
本年、3月17日に「むかご」を約240個蒔いたのですが、本日収穫したところ、良品は100個前後でした。
来期も今年並みに作付けする場合、280個の種薯が必要になるので、不足分は収穫した優良の系統を切って使う予定です。
掘り取った短形自然薯は、第3農園に運び、井戸水の水圧にて、流し飛ばした次第です。
洗浄した薯は、自宅に持ち帰っても中々乾かないので、ビニールハウス内にて乾かすことにしました。
短形自然薯を掘り取っている最中、妻は成熟が進みつつある枝豆を摘み取っていましたが、少々実が入り過ぎてしまった様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
短形自然薯14畝の最後の掘り取り開始 通常2株分の両側を掘り、薯を取り出します こんな具合に掘り取れます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今日の3畝の掘り取りの成果 コンテナ2つ分(約60個)です これはムカゴから採れた種薯用です
7.jpg 8.jpg 9.jpg
第3農園にて水圧で洗浄 ビニールハウス内にて乾かします Iさん農園の枝豆は少々実が入り過ぎの様です

2015-10-24

2015年10月24日(土)晴れ

第3農園にて里芋類の掘り取り完了(妻同伴)

朝一、第2農園に立ち寄り、枝豆採取と黄系食用菊の「もっての外」の摘み採りを行いました。
赤系の「もっての外」は、少々遅れていますが、後2〜3日程度で採れ始められると思います。
先日、黄系を摘み取り、酢の物にして食しましたが、ガクの部分が赤系より苦みが強い様でした。
花弁だけで酢の物を作るとすれば、花の量が通常の3倍程度必要なので、まー、手間のかかる作業になります。
第3農園に移動し、大豆(枝豆)作付け跡、セレベス跡に牡蠣殻石灰、鶏糞、化成肥料を適宜撒き、撹拌後に畝をつくり・・・
ほうれん草2品種とあぶら菜を蒔き、たっぷりと潅水を行いました。
菜っ葉類は、既に十分過ぎる程蒔いていますが、冬季間、畑を休ませるのは勿体無い様な気がして蒔きました。
第3農園の里芋類は、今日で全て掘り終え、周囲の残渣などを焼却し、玉ねぎの植え床作りを開始する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
黄系のもっての外、採取開始 赤系はもう暫く待ちます ほうれん草、あぶら菜を蒔きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ほうれん草を2品種蒔きました 里芋類の収穫跡の残渣処理、玉ねぎを定植します 昨日洗った短形自然薯を自宅に運搬

2015-10-23

2015年10月23日(金)曇り

Iさん農園にて、短形自然薯掘り、菜っ葉類等の種蒔きなど(妻同伴)

昨日のいも掘りなどで、若干疲れ気味でしたので、ゆっくりと起床し、何時もより1時間以上のんびりしたスタート。
先ず、第2農園に立ち寄り、なすと大根を収穫後、Iさん農園に向かいました。

秋冬野菜の菜っ葉類は十分に播種し、タアサイ、チンゲンサイなどは移植もしているので、十分と思われますが・・・
移植した残りの畝がかなり空いているので、リスク分散として菜っ葉類の追い蒔きを行いました。
しばらく雨が降っていないので、発芽してくれるか心配されるところですが、まー、何とかなるでしょう。

その後、短形自然薯を掘ることとし、2畝掘り取って第3農園に運び、泥土を水圧にて洗い流した後に昼食。
種々作業はありますが、無理をし過ぎると疲労が溜まるので、14時過ぎた頃、作業を切り上げて帰宅。
シャワーを浴びた後、ベランダにて昨日刈り取って来た八つ頭の茎を一時間ほど剥いてみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
チンゲンサイ、タアサイ、つぼみ菜の延長に種蒔き 菜っ葉類は既にありますが、保険として追い蒔き 短形自然薯を2畝掘り取り
4.jpg 5.jpg
拙宅のジャンボレモン、かなり色づいて来ました 昨日刈り取った八つ頭の茎を剥きました

2015-10-22

2015年10月22日(木)曇り

短形自然薯と八つ頭の掘り取りなど(妻同伴)

朝一、Iさん農園に直行し、小生は短形自然薯の掘り取りを行い、妻は枝豆摘みと、菜っ葉類の収穫。

午後は第3農園にて八つ頭の掘り取りを行うこととし、先ずズイキの刈り取りをし、泥を洗い流して水切り。
このズイキの洗浄作業を行わないと、皮剥き時に埃が立って気分の良いものではないので、一手間掛けています。
この一手間が曲者で、芋掘りの時間の何倍も掛かってしまうので、最近では「何とかならんか」と思っているところです。

妻は短形自然薯を流しの中に漬け込み、タワシで洗っておりましたが、泥土が容易に落ちないので四苦八苦。

待ち遠しかった菜っ葉類が、このところの涼しさの中、やっと間引き菜よりマトモなものが採れる様になって来ました。
取りあえず、チンゲンサイとほうれん草を収穫してきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
今日も3畝の掘り取り、9畝終了 コンテナに入れるとこの程度です 種芋が大きいと株も大きくなる八つ頭です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
八つ頭の茎は洗って2日間ほど乾かして皮を剥きます 今頃咲いても…(ティフブルー実生) 菜っ葉類が採れる様になりました

2015-10-21

2015年10月21日(水)晴れ

所用にて、午後から農園へ(妻同伴)

食事抜きで定期健診を行ったため、11時半頃に朝食の様な、昼食を摂り、第2農園に向かいました。
大した作業は行いませんでしたが、なす、枝豆の収穫、だいこんの間引きを行ってIさん農園へ。

Iさん農園では、すす病にかかっている柿は誰ももぎ取らないので、鈴なりになったままです。
妻が遠慮なく、もぎ取り、「これは洗えば何ともないよ」などと言いつつ袋の中に山ほど納めておりました。

久々、Iさん宅を訪問し、柿を戴いたこと、莢えんどうを蒔いた事などを報告し、お茶などを戴いてお暇。
帰宅後、ベランダにて乾燥していたズイキが乾いていたので新聞紙に包み、更に冷蔵庫内で乾燥します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
混み過ぎただいこんを今頃間引きです 枝豆用に、二次的な摘み取りを行いました Iさん宅の次郎柿、すす病ですが・・・
4.jpg 5.jpg
乾燥を終えたズイキです 昨日刈り取って来たセレベスの茎

2015-10-20

2015年10月20日(火)晴れ

えんどう類の種蒔き、里芋類の掘り取り

先週の15日に莢えんどう等の蒔き床を作っておきましたが、本日朝一で4品種を蒔き終えました。
蒔き床のうち、赤花絹莢えんどうが全体の4割、仏国大莢、ゆうさや、ニムラサラダスナックが各々2割ずつ播種。

例年、里芋類の収穫跡地を玉ねぎの植え床にするので、セレベス1畝と里芋2畝を掘り取り、残りは八つ頭1畝になりました。
セレベス1畝で、親芋と小芋を各々コンテナ1杯ずつ収穫し、ビニールハウス内にて余措。

里芋は2畝残っているので、一気に掘り取ることには迷いがありましたが、気合を入れて全部掘り取ることに・・・。
取りあえず、浅い穴を掘って親芋付きのまま一時的に貯蔵し、後日土室に入れる予定です。

残りは八つ頭ですが、ズイキが傷まないうちに刈り取って掘り取りを行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
莢えんどう等、4品種を播種 セレベスの親芋と小芋 里芋を畑の中にて一時貯蔵
4.jpg
八つ頭だけが残ってしまいました

2015-10-19

2015年10月19日(月)晴れ

防鳥ネット取り外し、短形自然薯の掘り取り(妻同伴)

午前中、第2農園に張ったままの防鳥ネットの取り外しを行いました。
8時半頃から約2時間ほどで完了したので、Iさん農園に直行し、短形自然薯の掘り取りを行いました。
掘り取り作業は意外と面白く、その気になって頑張り過ぎると、背筋などに痛みが来るので、程々にして3畝でと止めました。
昨日同様、肌がきめ細かく、400〜600gの手頃なものが揃っていますが、時には1圓鯆兇┐襪發里盻个突茲泙后
第3農園に運び、昨日同様、水圧で洗い流し、しばらくビニールハウス内にて乾燥します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
第2農園にて、防鳥ネット取外し 園東側に束ねて置きます みどり米の穂が充実してきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
秋桜もそろそろ終盤でしょうか 今日も短形自然薯を3畝掘り取りました 傷がつくのは先祖帰りなど、変形薯
7.jpg
水圧で土を洗い流して乾燥します(今日も約60個)

2015-10-18

2015年10月18日(日)曇り〜晴れ

短形自然薯の収穫など(妻同伴)

Iさん農園の短形自然薯が仕上がった様なので、今日は棚を取り払い、掘り取りを開始することにしました。
篠竹にて棚を作り麻ひもにて結束していたので、結束部分をカッターナイフで切り取ってバラします。

残渣と篠竹を片付けた後、馬糞堆肥と籾殻をバラ撒いて昼食。
Iさん農園は山土を崩して造成した土地なので、殆ど有機物が施されていません。

そんな土壌条件ではヤマイモ類を作付けするのは好条件(線虫などが少ない)の様です。
昼食後、早速掘り取りを始めたところ、一畝約20株の薯の殆どが肌のキメが細く、良品でした。

3畝約60個の薯を第3農園に運び、水圧にて土を流し、しばらくハウス内にて乾燥します。
種薯部分の4畝を除いても残り11畝あるので、全て掘り取るまでには3日前後は要すると思っています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
短形自然薯の蔓は大分枯れて来ました 棚を片付け、馬糞堆肥を撒布 籾殻を撒布
4.jpg 5.jpg 6.jpg
2畝分を掘り取りました 3畝分約60個を洗って乾燥 八つ頭の茎(ズイキ)を乾燥中

2015-10-17

2015年10月17日(土)雨〜曇り

午前中、自宅にて手内職、午後農園方面へ

午前中、八つ頭の茎を冷蔵庫から取り出し、昨日に続き家の中で皮剥きを行いました。
2時間ほどで剥き終わったものの、曇り空のため、再び冷蔵庫の中に保管。
正午前、早お昼を済ませ、第2農園方面に行き、元同僚のSさんが来園されるので、待ち合わせをして農園内を案内。
その後、Iさん農園に案内し、菜っ葉類やヤーコンなどの生育状況を見て戴きました。

Sさんからは、丹精込めて作られたお米(こしひかり5圈滷佳沺砲鯊廚い討靴泙ぁ大変恐縮した次第です。
引き続き、第3農園にも案内し、ブルーベリー園や、野菜区などを見学して戴きました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
もっての外黄系は近々収穫出来そうです 赤系は未だ先になりそうです 先日蒔いた日本ほうれん草が一斉に発芽
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ほうれん草と菜花など ヤーコンの花が咲き始めました 元同僚のSさんが来園されました
7.jpg 8.jpg
Sさんの丹精込めて作られたお米を戴きました ネット内から夕焼けをパチリ

2015-10-16

2015年10月16日(金)雨〜曇り〜雨

雨天のため、自宅にて手内職など

天気予報が外れ、朝から小雨模様のため、農園作業はお休みにし、家の中で手内職を行いました。
先ず、昨日刈り取って来た八つ頭の茎の新鮮なものを選んで皮を剥き、3〜4cm程度に切り、水に漬けてアク出し。
その後、塩を入れて5分ほど茹で、流し水ににて冷まします。
別途、鍋に砂糖、塩、酢、みりんを入れて火にかけ、茹でたズイキを入れて酢の物の出来上がり。
若干アクは感じますが、吐き出すほどのものではなく、シャキシャキとした歯触りが心地良く感じます。
その後、一定程度シンナリしたズイキはカッターナイフを使って皮を剥き、鮮度の良いものは後日剥くことに・・・
明日も天候が芳しくない様なので、鮮度を保つため、工房内の冷蔵庫を稼動させて一時保管。
昼食後、サルナシを摘んで来たままになっているので、ガク片と果柄の部分をえぐり取り、ミキサーにてトロトロに
鍋の中にてしばらく煮詰め、グラニュー糖、レモン汁を加えて更に加熱後、瓶詰めをし・・・
熱湯の中に入れて殺菌、抜気、再度熱湯の中にて殺菌して完成。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
八つ頭のズイキの酢のもの ズイキの皮を剥き、冷蔵庫内へ 新鮮過ぎて皮が剥けないものも冷蔵庫内へ
4.jpg
サルナシのジャムを作りました

2015-10-15

2015年10月15日(木)晴れ〜曇り

第3農園にて、莢えんどうの播種床ポリマルチ張り

昨日、莢えんどうの蒔き床づくりが途中になってしまいましたが、朝一にマルチ張りを行いました。
若干土が乾き気味なので、タップリと散水し、しばらく落ち着かせた後でのマルチ張り。
蒔き床を落ち着かせている間、大豆の枝を抜き取ってみたものの、実入りの宜しくないものばかり・・・
この様なものは人様に差し上げられませんが、自家用に2kgほど摘み、持ち帰りました。
ナタマメは全体の7割程は成熟している様ですが、近々成熟している莢を収穫する予定です。
八つ頭の茎が風で倒れ、枯れ始めたので、早目に切り取って皮を剥き、乾燥することにしました。
本年、3月26日に蒔いた大浦ごぼうの種子は、蒔き床でスズメが砂浴びをしたため、方々に飛び散りました。
そのごぼうの種子がブルーベリー園にて発芽し、野生化したものを抜き取ってみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ポリマルチは約32m 末成りの枝豆を収穫 ナタマメが成熟してきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
八つ頭の茎を3株収穫 ズイキを持ち帰り、皮を剥いて乾燥します 春、風で飛び散った種から育った大浦ごぼう

2015-10-14

2015年10月14日(水)晴れ

第3農園にて、終日莢えんどうの播種床作り

第3農園野菜区北側の莢えんどうは2012年から今年で連作4年目になり、この秋蒔くと5年目に入ります。
品種によっては少々連作の影響が出ているのかも知れませんが、赤花系は殆ど収穫量に変化がない様でした。
白花系は若干生き残りましたが、収量は期待出来ず、大莢系は寒さにより、全て枯れてしまったので、赤花系を補植しました。
結果、2015年の莢えんどうは殆ど赤花系に依存した次第です。
本年も複数の品種を播種する予定ですが、立ち枯れなどもあるので、自宅にて補植用にポット蒔きを行う予定です。
何せ、第3農園は北風が強く、毎年防風対策などを行っていますが、かなり枯れてしまいます。

今春、莢えんどう跡にモロッコいんげんを蒔き、一時的にはかなりの収穫がありました。
その他、セレベスを植え付けましたが、ポリ黒マルチを張っていたので、肥大が芳しくなく、コンテナに1つ程度の収量でした。
今日は古い棚やマルチの除去に時間を要したので、馬糞堆肥、カキガラ石灰、鶏糞、米糠、化成肥料を施し、耕耘・整地で終了。
後日、黒ポリマルチを張り、30cm間隔の千鳥蒔きを行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
撤去前、野菜区北東側 同じく北西側 馬糞堆肥、カキガラ石灰、鶏糞、米糠などを撒き
4.jpg 5.jpg 6.jpg
耕耘機にて撹拌後、畝を立てました 今朝のIさん農園 帰り際、イガが灰になっておりました

2015-10-13

2015年10月13日(火)晴れ

Iさん農園にて、移植した菜っ葉類に防鳥ネット張りなど(妻同伴)

第3農園野菜区にて育てた菜っ葉類、定植したものがようやく育ち始めました。
折角順調に育っているものが、大群のムクドリなどに啄まれたら残念なので、3畝をネットでスッポリと被いました。
この様な作業、サポートがいるととても捗るのですが、我妻はそっぽを向いたまま・・・
まー、ネットの引っ張り合いなどで喧嘩になるよりマシかと思い、当てにもせず、何周もしながら完了。

本年、3月17日に植え付けた短形自然薯、このところの涼しさにより、葉は朽ち、ほぼ生長は止まった様です。
近々支柱などを全て解き、馬糞堆肥、籾殻などを撒いた後に掘り取りを開始する予定です。
この畑は、粘土質の山土が主体なので、事前に有機物をばら撒き、収穫しつつ混ぜ込む予定です。

昼食後、Iさん宅には栗の木が10本あり、木の下にイガが落ちたままになっているので、かき集め日向にて乾燥。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
拙宅ジャンボレモン、今更花が咲いても・・・ チンゲンサイ、タアサイ、つぼみ菜にネット張り 短形自然薯の蔓の盛期は終わった様です
4.jpg 5.jpg
熊手にて、むかごを掻き集めました 今年は「むかご」が不作です

2015-10-12

2015年10月12日(月)晴れ

里芋掘り、短形自然薯掘りなど(妻同伴)

先日、南側農園隣のセレベスを掘り取り、今日は隣の里芋2列半を掘り取りました。
昨日の雨が少々多目に降った様なので、株周りに土がついて離れず、かなり重くなっています。
そんな訳で、重量はあるものの昨年と比較しても収量はかなり減っている様です。
その原因は、連作障害と言いますか、年々成績は落ちておりましたので・・・
堆肥や炭なども施してはみたものの、現実は厳しいものがありました。
運搬時、いも周りに土が付いている方が小芋がポロポロと外れないので、好都合なのですが・・・

11時頃、里芋を掘り終え、第3農園に運搬、近々土室を掘って保管します。
昼食後、短形自然薯を掘り取りましたが、ネマトーダ(線虫)にやられていて良品は僅かでした。
短形自然薯は連作が適さないので、土壌消毒を行うか、4〜5年程度作期を開ける必要がありそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
南側水田隣の里芋を掘り取ります 親芋に付けたまま軽トラに載せて運びます 短形自然薯はネマトーダ(線虫)にやられていました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
10月1日、定植したチンゲンサイ 同じくタアサイ 同じくつぼみ菜
7.jpg 8.jpg 9.jpg
10月1日に播種したつぼみ菜 同じく菜花 同じく別系統の菜花

2015-10-11

2015年10月11日(日)雨、降ったり止んだり

雨降りのため、農園作業はお休み

昨日から腰周りがムズムズする様な痛みがあったので、雨が降らなくてもお休み予定にしておりました。
そんなこともあって、昨夜は夜更かしをしてしまい、かなりの朝寝坊を致しました。
朝食後、ゴロゴロしておりましたが、ムクムクと起き上がり、ベランダにてセレベスの茎の皮むきを開始。
軽労働にもかかわらず、腹が空くので昼食を軽く摂り、一休み後、残りの皮剥きを行いました。

小雨がパラパラしておりますが、明日から晴れる予報なので、全ての皮剥きを終え、軒下にて待機です。
黄昏時、少々前に届いていた実家の新米をやっと精米に行って来た次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
〆F剥いたセレベスの茎 ∈鯑と今日剥いたセレベスの茎 昨日剥いたセレベスの茎
4.jpg 5.jpg 6.jpg
信州上田産の新米を精米に 何時もに増して今年は粒揃いです 流石、上田(じょうでん)の米!!

2015-10-10

2015年10月10日(土)曇り

昨日の続き、ほうれん草にネット張りなど

午前中、ベランダにてセレベスの茎の皮をカッターナイフにて剥きましたが、途中で取り止め、早い昼食。
連日の農園作業などでアチラ此方が筋肉痛、始動が中々進まず、かなりダラダラとした一日の始まりです。
昨日、Iさん農園にてほうれん草などに被覆した防鳥ネットが足りなかったので、追加購入して農園へ。
途中第2農園に立ち寄り、なすの収穫を行ったり、その他の野菜の見回りを行いIさん農園へ。
9月24日に蒔いた日本ほうれん草の隣に、本日同じく日本ほうれん草を追加播種。
その後、昨日、防鳥ネットの長さが足りなかったので、連結して取りあえず完成。
この連結作業が思いの外、イライラするほど時間がかかり、本日の農園作業の半分以上を使ってしまいました。
「下手な考え休むに似たり」と申しますが、どう考えても速やかな作業は考えられませんでした。
そんな訳で、今日は曇っていることもあり、全作業が完了した時には薄暗くなっておりました。
まー、明日は一日雨の予報なので、炬燵に潜り、ノンビリと休養する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ここにきて、なすの収量は半減です もっての外の黄系はもう直ぐ咲きます もっての外の赤系は未だ先の様です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
涼しくなり、だいこんの伸びが宜しくなりました 明日葉の種、今年も確保できそうです 日本ほうれん草、2回目の播種を行いました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
昨日足りなかったネットに連結して完成 右側のほうれん草2品種は約24メートルです アブラナ(つぼみ菜)の追加移植を行いました

2015-10-9

2015年10月9日(金)晴れ

ほうれん草などにネットを被せました(妻同伴)

午前中、栄町の「ン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでお使いに行って来ました。
昨年暮れ、敷地内に定植した次郎柿実生苗が一時頼りなかったのですが、太い徒長枝が育っておりました。
この調子で育てば、来年は無理としても、再来年頃には実を付けてくれるでしょう。

午後、Iさん農園内に蒔いたほうれん草などは順調ですが、昨年、ムクドリなどの餌場と化し、かなり被害を被りました。
そんな訳で、今年は少々早めに防鳥ネットを張ることとし、畝の周囲に支柱を打ち込み、防鳥ネットを張ってみました。
ネットは5m×18mのものを用意しましたが、約5m前後足りないので、明日以降何らかの方法で対応する予定です。

そんなこんなの作業を黄昏時まで行い、バタバタと片づけてしまったので、写真を撮るのを忘れて帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
午前中、栄町のピッパラさんまでお使いに行って来ました 昨年定植した実生柿が元気に生長していました 拙宅のジャンボレモン、かなり色づいて来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昨日と今朝、皮を剥いて干したズイキです 一昨日収穫したセレベスの茎 こちらも同様、皮むきも少々飽きて来ました

2015-10-8

2015年10月8日(木)晴れ

南側水田隣のセレベスを掘り取りました(妻同伴)

里芋類の茎は例年より半月ほど早く朽ちてしまい、可成り寂しい状況になっています。
その原因は2日未明、爆弾低気圧により吹き荒れた嵐により、葉は千切れ、茎は殆ど折れてしまいました。
イモはほぼ出来上がっているので、外見的には余り影響は無い様ですが、中身は少々物足りかも・・・
一番影響が大きかったのは、茎が折れたり捻れたりで、乾燥ズイキ作りの原料が激減したことです。
取りあえずセレベスの茎を根元から切り取り、傷んでいない芯の部分の茎をストックします。
その後、2列のセレベスを掘り取り始めましたが、種子イモ時点から品種2系統が混ざってしまい、仕分け不能。
残りは里芋(女早生)が2列少々ありますが、土室を確保し、後日掘り取ることにしました。
畦畔大豆は遅く蒔いたのですが、早く蒔いた豆の生長に追いつき、ほゞ仕上がりは同時になりそうです。
収穫期を少しずつ開ける様に種は蒔いたものの、思惑は外れ、収穫期が重なってきてしまいました。
そんな訳で、枝豆の収穫はかなりハードになりそうな気配です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
例年と比較すると葉も茎も寂しい限りです 右2列はセレベス、茎を切って片付けました まずまずの出来栄えです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
仕分け始めましたが、止めました 道路端には秋桜、残りの里芋は後日掘り取ります 畦畔大豆も大分膨らみ、枝豆に一部収穫

2015-10-7

2015年10月7日(水)晴れ

第3農園にてセレベス掘り取りなど(妻同伴)

第2農園にてシシトウと枝豆を収穫し、第3農園に移動。
ラビットアイ系の秋剪定はほぼ終わったので、取あえず一段落の気分で、野菜区にてセレベスを一列収穫。
芋の茎は、先日の強風により揉まれ、かなり折られたりしたので、乾燥ズイキにする量が減ったので、少々残念。
親芋の生育はかなり宜しく、大きなものは1坩未△蝓⊆禊海下品なので、手頃なもの選んで洗い、ヒゲ根を取りました。
小芋は大小様々で、大き目のものを20個程を選んで洗い、根をむしり取りましたが、結構手間がかかります。
その後、ビニールハウス内に入れ、しばらく乾かしてから取り出す予定です。
実のところ、ヒゲ根は2週間ほど乾燥させると殆ど枯れ、気にならなくなってしまうのですが・・・

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
セレベスの親芋、ヒゲ根が凄いのです 小ぶりのイモを洗ってヒゲ根を取りました 小イモにもヒゲ根がビッシリです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
小芋を洗い、根を取り始めましたが・・・ ドクガの幼虫、刺されると半日ほど痒い 拙宅ベランダのねぎ苗(9月20日播種)

2015-10-6

2015年10月6日(火)晴れ一時曇り

第3農園、秋剪定終了

朝一、第2農園に立ち寄り、なすとピーマン類を収穫しましたが、かなり身が締り、硬くなっておりました。
これらは隔日収穫を行っていますが、採れる数が急に少なくなってきています。
サルナシは半分ほどが熟し、柔らかくなって来たので、摘み取って食して歩きましたが、食べ切れません。
未だ、お届けする予定はあるのですが、作業が一段落してからと思っている次第です。

第3農園に移動し、先ず、モロッコいんげんを摘み取りましたが、収量は激減です。
原因は爆弾低気圧の風に煽られ、葉と花がかなりのダメージを受けているので、上2/3部分の蔓を切りました。
下から若い蔓が伸び出していますが、如何なりますやらお楽しみ。
10時前頃からラビットアイ系の剪定を開始し、昼食後に見通しがついたので、セレベスを掘り取り洗って乾燥。
剪定の見直しなどしつつ作業を行い、取りあえず第3農園の秋剪定は本日をもって完了した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
涼しくなって来たので、なすは硬くなって来ました ピーマンの伸びもイマイチです 剪定の合間、セレベスの掘り取り
4.jpg 5.jpg
セレベスの茎は皮を剥いて乾燥します 剪定終了、右側下は切り倒した枝の山です

2015-10-5

2015年10月5日(月)曇り

第3農園にてハウスのビニール張りに終始(妻同伴)

ハウスのビニールを張る作業だけでしたら、半日も掛からないのですが、準備だけでかなり掛かってしまいました。

屋根部分のビニールを張り、周囲に1.5mのビニールを巻き、ストッパーの金具にて両サイドを止めます。
ゴルフボールに黒テープを引っ掛けて投げ、「撚りを直し括り付ける」この作業を行ったり来たり、終了したのが黄昏時でした。

Iさんから5本ある次郎柿のうち、1本分を分けて戴くことになったので、妻は未熟なものまでもぎ取ってしまった様でした。
その後、野菜(無臭にんにく、ほうれん草、枝豆用大豆)の見回りを行ったりして帰宅した次第です。

今日は歩き過ぎ、太腿からふくらはぎがパンパンに張っている様なので、筋肉ケイレンに注意することとします。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昼食前までにビニールを掛け、パッカーにて仮止め 黒テープにてビニールを止め、ドアを張り終えたら黄昏 Iさん宅の次郎柿、一本分を戴きます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
妻は遠慮なくもぎ取りましたが、早過ぎた様です 無臭にんにくが大分伸びています ほうれん草は順調ですが、間引きが必要です

2015-10-4

2015年10月4日(日)晴れ

ブルーベリーの秋剪定3日振り(妻同伴)

秋剪定、マゴマゴしていたら秋が終わってしまいます。
そんな訳で、朝から剪定作業を真剣に取り組みましたが、ムダ枝が箒状に伸びているので、剪定に時間がかかります。

更に、1株に2〜3本程度支柱を挿しているので、これを抜きつつの作業になりました。
この支柱、幼苗期から最近まで挿し続け、剪定や草刈り時の邪魔になっていたので、抜き取りながらの作業。

集中的に剪定作業を行いましたが、結局、3列36株で本日の作業は終了しました。
残りは2列となりましたが、明日は朝からビニールハウスの張替えを行うので、剪定は出来るかどうか・・・

モロッコいんげんは、台風の影響を受け、葉っぱがズタズタになったので、そろそろ終盤になりました。
代わって枝豆用として蒔いた大豆(小糸在来)が採れ始めたので、ボチボチ摘み採っています。

この大豆は、実入りが揃わないので、枝ごと刈り取ると未熟過ぎるものが多く、歩留まりが落ちます。
そこで、実が入った莢から摘み取りますと、残りのペチャンコの莢に栄養が回り、早期に収穫出来ます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
剪定、今日は3列、残り2列です ブルーベリーの支柱は抜き、野菜に使用 台風被害で、モロッコいんげんは終盤
4.jpg
枝豆はこれから順次収穫します

2015-10-3

2015年10月3日(土)晴れ

結局ブルーベリーには触れずじまいでした(妻同伴)

第2農園にて育てている、食用菊(以ての外)の枝が伸び過ぎ、かなり倒れてしまいました。
両サイドに支柱を立て、倒れ込まない様に麻紐を張り巡らせましたた。

茄子の隣に蒔いた小松菜は、少々込み過ぎているので、思い切った間引きが必要です。
トマト跡に蒔いた大根は間引きは終了したものの、肥料不足気味なので化成肥料を施し潅水。

強烈な北西の風で倒れた短形自然薯の片側の畝は全て蔓が根元から切れてしまったので、掘り取ってみました。
思いのほか、薯が肥大していたので、しばらく乾燥させて食す予定です。

通路内に種がこぼれ、そのまま育った大浦ごぼうを掘り取ったところ、想像以上のものが収穫出来ました。
色々と行う作業が山ほどあり、ブルーベリーの剪定は出来ませんでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
食用菊、赤系のつぼみ 食用菊、黄系のつぼみ 小松菜
4.jpg 5.jpg 6.jpg
だいこん 短形自然薯 大浦ごぼう

2015-10-2

2015年10月2日(金)曇り〜晴れ

爆弾低気圧に襲われ、被害を被りましたが・・・

昨夜と言いますか、本日の明け方に雨風が吹き荒れ、ベランダの植木は倒れたままでした。
この分ですと作物などにも被害が及ぶものと覚悟はしておりましたが、予想通りの事態でした。

特に、ビニールハウスはビニールが老化し、硬化しているので、「何時破れてもやむを得ない」と思ってはいたものの・・・
イザ、破られたものを見ると、身体から空気が抜けた様な気分になりました。
朝、自宅を出る時、ある程度承知していて、ビニールを購入する代金を財布内に追加して出掛けました。
余り労働意欲が湧いてこないので、ジョイフルホンダに向かい、3間×2.5間のビニールを購入。

帰宅途中、第2農園に立ち寄り、大豆の実入りを確認したところ、ある程度莢が膨らんでいるので、枝ごと収穫して帰宅。
14時過ぎに帰宅し、遅い昼食を摂った後、一昨日採って来たサルナシを下処理し、ミキサーで砕いて加熱。
適宜グラニュー糖を加え、自家のジャンボレモンを絞って入れ、しばし撹拌した後、アクを掬い取ります。
瓶に充填し、熱処理して殺菌・抜気・殺菌して完成。
1.jpg 2.jpg 3.jpg 
短形自然薯の棚がバッタリでした セレベスの茎と葉は弱いのでベロベロです ビニールハウスは御覧の通り
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サルナシのジャム作り 熱湯に入れて殺菌・抜気・殺菌 本日の成果品です

2015-10-1

2015年10月1日(木)曇りのち雨

Iさん農園にて菜っ葉類の定植など(妻同伴)

朝一、昨日、第3農園にて抜き取って来た菜っ葉類の苗を持ってIさん農園に直行。

妻はチンゲンサイの植え付けと、持参したペットボトルの水を適宜潅水。
「腰が痛い」など、植え付けた菜っ葉が苦くなる程の小言を延々と語りますが、一切無視。

小生は、タアサイとつぼみ菜の植え付けと、日本ほうれん草の畝の続きにあぶら菜2品種と菜花を播種。
定植した菜っ葉類は若干グッタリとしていますが、予報通り午後から雨模様なので直ぐに回復するでしょう。

第3農園に移動し、昼食後ラッキョウに施肥を行い、葉がシンナリ垂れているので、土寄せを行いました。
その後、ラビットアイ系の剪定作業を行いましたが、雨が激しく降り始めたので手仕舞をして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昨日畝立てした箇所に菜っ葉類を定植 チンゲンサイ タアサイ
4.jpg 5.jpg 
つぼみ菜(菜花の仲間) あぶら菜・菜花などの種を蒔きました