トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2016-11

<< 2016-11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016-11-30

2016年11月30日(水)晴れ

久々に野菜類を収穫(妻同伴)

昨日、農園に出向きましたが、Iさん農園の白菜を戴いただけで、何も収穫しませんでした。
今日は、Iさん農園にて、菜花、タアサイ、ほうれん草、だいこんを収穫しました。

特に、だいこんは撮影に耐えられないほどのものなので、コンテナに入れたまま土室に一時保管しました。
何せ、当地はかなり冷え込んで寒く、だいこん等は凍ってしまうので、早目に取り込んだ次第です。

その他、実家から貰ってきた長ネギ(坊主知らず)を畑に伏せ、早々に帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ほうれん草を間引き的に収穫 実家から貰った坊主知らずを一時的に伏せます ストーブ点いていないのかなー、チータロー
4.jpg
おりゃー暖房なんていらないね、ナナオ

2016-11-29

2016年11月29日(火)曇り〜晴れ

寒くなりました、凍結防止、冬越し作業など(妻同伴)

6日ぶりの農園、様子は一変し、ヤーコン、食用菊、菜花などは霜が降りたので、葉が黒くなっておりました。
先ず、水道の立ち上がりから蛇口のあたりまで、凍結しない様、稲わらと畳表を使って囲いました。

同時に、妻は田舎からもらってきた長ネギ(松本一本)を暫くの間保存するため、仮植えの穴を掘り、植え付けておりました。
昼食を摂った後、Iさん宅に行き、白菜の結球が始まっていますが、寒さに当たると開いてしまうのて、麻ひもにて束ねました。

帰りの際、一番早く結球した白菜を貰ってしまい、恐縮しつつ帰宅した次第です。
夕食には、早速白菜を沢山入れた鍋を行なわせていただきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
水道の凍結防止を行いました 実家からもらってきた長ネギを仮植え Iさん宅白菜、結球する様に葉を束ねました

2016-11-28

2016年11月28日(月)曇り〜晴れ

りんごの配達で今日は終わりました

昨日の疲れが残っていたため、朝寝坊をし、遅い朝食を済ませ・・・
お世話になっている方々に、りんごのお裾分けに出掛けましたが・・・

お伺いした先々でお話をしたために、直ぐに帰ることもできず、帰宅したのはお昼頃でした。
のんびりと昼食を摂り、しばらく昼寝をしてしまいました。

今時の夕暮れは早いもので、15時を過ぎ、しばらくすると薄暗くなって来てしまいます。
そんな訳で、今日の写真は真っ黒シーンになってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
拙宅正面全景 チンゲンサイの発芽が始まりました 炬燵に潜り込むことを覚えてしまいました

2016-11-27

2016年11月27日(日)雨

今日はのんびりと過ごさせてもらいました

昨夜は遅くまで寒いところにいたものですから、とても疲れており、今朝は、実家にて、のんびりと過ごさせてもらいました。
昼には、実家の兄嫁さんがお汁粉を作ってくれたり、嫁いでいた姉がお焼きなどを持ってきてくれたので、食べ過ぎてしまいました。

その後、姪っ子夫婦がお焼きを土産にと買ってきてくれたりして、感激してしまいました。
マタマタ入れ替わりに妹の姪っ子夫婦が現れ、名物の土産を戴いてしまいました。

当初は11時頃にお暇する予定でしたが、話が長引いてしまい、13時過ぎにお暇をして帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
上田城敷地内にて真田丸展を見学 夕刻なのに、お客様は沢山来られておりました 会場入口の甲冑武者
4.jpg 5.jpg 
「真田の甲冑赤備え」 帰りには横川にて、釜めしを購入

2016-11-26

2016年11月26日(土)曇り

信州の上田までりんごを買いに行って来ました

毎年、友人の営んでいるりんご園までりんごを買いに出かけ、実家にお世話をかけております。
何時も、兄姉たちに自家栽培のいも類などを手土産に、午前中は配達などを行い・・・

その後、定例となっているそば処の「倉乃」まで、兄夫婦と息子の4人で出掛け、小生は10割そばをごちそうになりました。
小休止の後、友人のりんご園に伺い、お話をしつつリンゴを分けて戴いた次第です。

今年は天候が極めて不順(日照不足など)で、作柄が芳しく無く、とても気の毒な状況でした。
長々とお話をしつつの作業で、大分手間を取らせてしまい、実家に着いたのは20時半を回っておりました。

暗くなってしまったので、りんごなどは一切写せませんでしたので、後日掲載する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
山は変われど、田畑は御覧の通りに変わり果て 大好きな10割そばを戴きに行って来ましたむ そば処「倉乃」の10割大盛りそば

2016-11-25

2016年11月25日(金)晴れ

今朝も寒い朝でした

昨日降った雪が日陰ではまだ溶けずに頑張っていて、これを見るだけで、寒気がいたします。
早目に降った雪とはいえ、これから沢山降るとは限りませんが・・・農園作業には何かと支障を来しております。

ブルーベリーの葉が散ると、本格的な剪定作業に入ますが、強い北風を受けながらの作業は楽なものではありませんが・・・。
春の芽吹き後、花が咲き、受粉して小さな青い実が膨らみ、ブルーベリーが熟れる頃を思いつつ、作業に励む訳です。

そんなことを思い、年が明けると、僅かですが早いものは、5月下旬頃には収穫が始まります。
まー、こんなことで、1年のサイクルはとても短いとも感じている今日この頃であります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
日陰の雪は未だ溶けていません 埃まみれの日々草もそろそろ終盤です 代わりに、スプレー系の水仙がつぼみを持っています

2016-11-24

2016年11月24日(木)雪

朝から雪が降り続き、とても寒い一日でした

予報通り、早朝から雪が降り始め、大した積雪はありませんでしたが、日中はズーッと降り続いておりました。
関東平野で11月に雪が降ったのは、54年振りとか、また、千葉県地域では観測史上初めての降雪とのニュース報道でした。

例年、11月でも寒い日は結構ありましたし、霜が降りたり、氷が張ったりしていましたが・・・
そんな訳で、今日は急遽冬ごもりの様なもので、炬燵に入って猫と戯れたり、テレビを観たりの一日でした。

夕刻、何時もお世話になっているスタンドにて、冬用タイヤ(新品)に交換していただいた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
この後、車の除雪を行いました 庭木にも積もっていました ストーブ前、炬燵前が最良のポジション

2016-11-23

2016年11月23日(水)曇り

寒い一日、Iさん農園にて菜っ葉類の収穫(妻同伴)

今朝は、霜こそ降りませんでしたが、とても寒く、栗の葉やイチョウの葉がバッサバッサと落ちていました。
今日の作業は、Iさん農園にて、小生はほうれん草の収穫、妻はタアサイと菜花などの収穫を行いました。

その他、出来のよろしくないだいこんを抜き取った後、余りにも寒いので、予定していた作業を取り止め、帰宅した次第です。
イチョウの葉が沢山積もっていましたが、腐葉土には適していない様です。

栗の葉は、今年の春、なすなど果菜類の根元に施した結果、成績がとても宜しかったので、来年も利用する予定で・・・
昨年同様かき集め、米糠や鶏糞などと混ぜ、腐葉土にして夏野菜の根元に鋤き込む予定にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ほうれん草は霜に2回ほど当たっていますが・・・ イチョウの葉が一気に落ち始めました こんな日は寝るに限ります

2016-11-22

2016年11月22日(火)曇り〜晴れ

十余一農園にて諸作業(妻同伴)

午前中、天候がよろしくなかったので、家の中で諸作業。
昼食後、農園に向かう途中、Iさん宅を訪問したところ、当初芳しくなかった白菜が、かなり良好な生育をしておりました。

只、結球の出遅れ感があるので、より結球を促すため、後日、葉を巻いてヒモで縛る予定にしております。
十余一農園に移動し、凍害予防のため、莢えんどうと玉ねぎの根元に籾殻を撒きました。

今夜あたり、きつい霜が降りそうなので、降りたら最後になってしまうと思われる食用菊を収穫。
今年のブルーベリーの紅葉は芳しくなく、南部ハイブッシュ系のミスティーの葉は、例年より色あせている様でした。

なすの撤去跡は何も作付けする予定がありませんでしたが・・・、
ベランダのプランターに、タアサイとチンゲンサイを蒔き、4〜5cm程度に育成した後、移植する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
Iさん宅圃場の白菜、かなり育ってきました 十余一農園の莢えんどうの根元に籾殻を撒きました 玉ねぎの植え穴に籾殻を撒きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
食用菊を収穫 ミスティーの紅葉、今年は芳しくありません 大浦ごぼうを掘りました
7.jpg 8.jpg 9.jpg 
ベランダにてタアサイとチンゲンサイを蒔いてみました ビニールで被覆し、発芽促進を図ります 良い夫婦とは違いますが・・・

2016-11-21

2016年11月21日(月)曇り〜夕刻から雨

なすの味噌漬けの下準備など

11月17日に今年最後のなすの収穫を行ない、冷蔵庫に保存しておりました。
これを取り出し、水洗い後、ギリギリのところでヘタを切り取り、再度水洗いします。

その後、保存用ポリ袋に入れ、食塩を適宜入れて良く揉み、プラスチックの桶に入れ、重しを載せてしばらく塩漬けします。
水が出てきたら良く洗い、しばらく塩出しをし、塩気がほぼ抜け出てから陰干しをし、水気を抜きます。

この、水気を抜く作業を怠ると良質の味噌漬けは期待できないと思いますので、丹念に水抜きを行いましょう。
最後に味噌漬けを行いますが、昔ながらの素朴な味に仕上げる場合は、味噌に余計なものを加えずに漬け込みます。

また、好みに応じて甘みを加えたり、調味料を加えて漬け込むことも宜しいでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
秋なすを水洗い ギリギリにヘタを取り除きます 保存用ポリ袋に入れて塩揉みします

2016-11-20

2016年11月20日(日)曇り〜晴れ

十余一農園にて、土室からイモ類を取り出しました(妻同伴)

午前中は自宅にて、車の徹底的に掃除をしました。
と、言いましても、小生の独りよがりで、他所様が見れば大したことないと思われることでしょうが・・・

何せ、着替えなどは夏用のまま何枚も入っていたり、手袋などは数えきれないほど出てきました。
取りあえず、車の中のものを取り出し、掃除機にて塵などを吸い取り、雑巾で拭き取った次第です。
足元なども泥だらけなので、此方も掃除機にて吸い取り、8時半頃から11時頃までかかってしまいました。

その後、十余一農園に向かい、なすの撤去跡を片付けたり、土室からイモ類を取り出して自宅に持ち帰りました。
土室には未だ里芋は残っていますが、今後は種イモ類主体の貯蔵庫になります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
セレベスの小芋、下に親芋が入っています 女早生主体の里芋 甘藷のべにはるか
4.jpg 5.jpg 6.jpg 
八つ頭、ゴツゴツしていますが美味です 寝るのが仕事です・・・ナナオ 動くと腹が減るので寝ています・・・チータロー

2016-11-19

2016年11月19日(土)雨

寒々とした雨降りの一日、炬燵に入り、ストーブを点けたり消したり

朝から冷たい雨が降り続き、外出する気にもならず、一日中家の中でゴロゴロしておりました。
テレビを観てても直ぐに飽きてしまい、炬燵に入りウトウト居眠り状態で一日を過ごしてしまいました。

明日は晴天の予報なので、車の中を空にし、久々の大掃除を行う予定です。
その後の予定は未定ですが、菜っ葉類でも収穫に行ってみましょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
寒さに当たると急に色付いてくるジャンボレモン 諦めていた隣のポンカン、良く見ると4つ付いていました 明日葉が今年も念実してくれそうです

2016-11-18

2016年11月1 8日(金)晴れ

Iさん農園にて玉ねぎ苗の植えつけ(妻同伴)

朝一、Iさん農園に昨日張った穴開き黒ポリマルチに、残りの苗を定植しました。
植え床は、約400穴ありましたが、50穴ほど余りましたが、来春、チンゲンサイでも定植する予定にします。

今朝のIさん農園は霜が降りなかったようでしたが、十余一農園に移動してみると,南瓜の葉がグッタリしておりました。
結構きつい霜が降りた様で、茎と葉は再起不能状態で、全面的にやられておりました。

やむを得ず、まだ未熟と思われる南瓜を切り取り、自宅に持ち帰り、暫く寝かせてから食す予定です。
野菜区では、この夏楽しませてくれた「なす」の支柱を外し、直径2cm以上に育った根元をノコギリで切り取って撤去。

その他、収穫した八つ頭を、畑に転がし、ビニールを覆ってしばらく朽ちさせたものを水圧で洗い飛ばし、自宅に持ち帰り・・・
工房内にて、扇風機で風を当てて半乾燥させ、後日、屋外にて適宜乾燥する予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
昨日準備した植え床に玉ねぎ苗を定植 若干穴開きマルチが余りました 霜が降りてグッタリした南瓜の蔓
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今年の夏を楽しませてくれた「なす」の残さ 既に準備完了、ローブッシュ系ノースブルー 意外と美味な八つ頭、根と茎が朽ちたので収納
7.jpg
寒いと狭い椅子に寄せ合っています

2016-11-17

2016年11月17日(木)晴れ

玉ねぎ苗床を撤去し、玉ねぎ苗の植えつけ

今年の玉ねぎ苗は、生育が芳しくなく、今頃になってようやく植え付け可能な程度に生育しました。
取りあえず全ての苗を抜き取り、苗床だったカ所に鶏糞、牡蠣殻石灰などを施し、管理機にて良く撹拌後・・・

穴あき黒ポリマルチを張り、やや小ぶりの玉ねぎ苗を約220本植え付けました。
残りの苗はIさん農園南瓜収穫跡に植え付けることとし、昼食後に鶏糞、籾殻、牡蠣殻石灰などを撒いて耕耘し・・・

此方も穴あき黒ポリマルチを張りましたが、疲れが出てきたので、無理をせず、明日定植することとして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
玉ねぎ苗、移植に耐えられそうです 鶏糞、籾殻、牡蠣殻石灰などを撒いて撹拌 穴あき黒ポリマルチを張って定植
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん農園南瓜収穫跡を耕耘・整地 穴あき黒ポリマルチを張りました 出迎えるでもなく、無視でした

2016-11-16

2016年11月16日(水)曇り〜晴れ

十余一農園にて西区の防鳥ネットの片づけなど(妻同伴)

十余一農園の東区の防鳥ネットは、先日片づけておりましたが、西区のネットはようやく本日片づけました。
トラブルもなく、順調に片付いていたので、途中、剪定なども行いつつの作業でした。

その間、妻は剪定枝などを焼却しており、かなり灰が溜っていたので、土室から甘藷を掘り出し、洗って灰の中へ・・・
甘藷を蒸し焼きにしている間、妻は里芋を親株から切り離し、小生はハイブッシュ系の剪定を約一時間ほど行いました。

その後、灰の中から甘藷を取り出したところ、少々生焼けもありましたが、久々、甘い焼き芋を口にした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
防鳥ネット片付け開始 約一時間半程度で完了 選定枝焼却灰で焼き芋
4.jpg 5.jpg
殆ど「べにはるか」です 土室から里芋の株を取り出して分離(ほぼコンテナ一杯)

2016-11-15

2016年11月15日(火)曇り

Iさん農園、十余一農園の菜っ葉類に防鳥ネットを張りました

11月8日、Iさん農園のほうれん草、菜花類に防鳥ネットを張りましたが・・・
今日は、Iさん農園のほうれん草、タアサイ、チンゲンサイと十余一農園の菜花(かき菜)、ブロッコリーに防鳥ネットを張りを行いました。

ブロコリーはかなり前に定植し、防虫ネットを張っていたのですが、ネットの中で虫に食われてしまい、壊滅的な状態でした。
そんな訳で、少々あきらめ気味にネットを取り外し放しにしたところ、何と不思議、棒状になっていたブロッコリーが回復してきたのです。

折角回復したブロッコリーを鳥から守って、当方が戴くこととし、防鳥ネットを張った次第です。
と、言う訳で、今日一日、防鳥ネット張りで終始してしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
チンゲン菜、タアサイ、ほうれん草にネット張り 菜花(かき菜)、ブロッコリーに防鳥ネット張り 虫食いで棒状になったブロッコリーが回復
4.jpg 5.jpg 6.jpg
移植した菜花(かき菜) 別畝に定植したブロッコリー 玉ねぎ苗、今頃になって植え付けサイズに生長
7.jpg 8.jpg
黄系の食用菊が花盛り 子猫時代から互いに舐め合っています

2016-11-14

2016年11月14日(月)曇り〜一時雨

Iさん農園、十余一農園にて諸作業(妻同伴)

Iさん農園にて、ほうれん草が混み入って来たので、間引きをしましたが、味はイマイチでしょう。
10月31日と11月2日、ほうれん草を間引きし、此方に移植しましたが、根の活着が芳しくない様です。

8月24日、末成りの玉ねぎや保存中に朽ちてきた玉ねぎを埋めて置きましたが、何とか食せる程度に生長しました。
だいこんの三品種は、一時害虫被害を受けたため、収穫は期待薄でしたが、何とか収穫が出来そうです。

赤系の食用菊が咲き始めたので、摘み取って持ち帰り、酢の物にして食すことにしました。
今年の食用菊は、防鳥ネットの陰の部分に植え付けたため、菊の香りが薄い様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
蒔き直したほうれん草が混み入ってきました 間引きをしたほうれん草 先日間引きをして移植をしたほうれん草
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ホーム玉ねぎの葉と球根は、順次収穫します だいこん三種、何とか収穫が出来ています 赤系の食用菊を収穫してきました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ブルーベリー園北側にて栽培しているミツバ ハイブッシュ系の剪定を始めました 腹一杯になると後は眠るだけ

2016-11-13

2016年11月13日(日)晴れ

東区防鳥ネットの取り外し(妻同伴)

11月3日に干し始めた平核無し柿、周囲が固くなって来たので、収納し、冷蔵庫に保管しました。
収納時、2つほどパンクしてしまったので、食したところ、渋みも抜け、何と甘いこと。

9時過ぎに十余一農園農園に向い、昨日から防鳥ネットの取り外しを始めたので、今日は中央部を切り離し、先ず東区を手掛けます。
中央部はエスター線にて止めていたので、外したエスター線はウェーブがかかり、癖になっているので・・・

これを何本か繋ぎ合わせ(約30m)、端の単管に止めて強く引っ張って止め、来春までそのままにし、癖を取り除いて再利用します。
引き続き、此れといった道具はありませんが、柄の長いアルミ製の幅広のレーキを使い、ネットを端に押していきます。

10時半頃から12半頃まで掛け、東サイドの単管毎にネットを絞って括り付け、東区のネット収納は終了し、西区は後日行います。
昼食後、妻とともにセレベスの親芋と子芋の選別やお化粧を行いましたが、冷たい北風が吹き始めたので、15時頃に帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
干し柿を収納しました 十余一農園中央接合部を切り離します 先ず東区を収納します
4.jpg 5.jpg 6.jpg
東区ネットを単管毎に結束 湿気を含んだズイキを再度乾燥しました チータローが兄貴分、ナナオの面倒を見ます

2016-11-12

2016年11月12日(土)曇り〜晴れ

ヤーコンの試し掘り、防鳥ネットの取り外し開始(妻同伴)

朝一、Iさん農園にてヤーコンの試し掘りを行ってみました。
既に、一回霜が降りたので、期待して掘ってみましたが、本数はかなりあったものの、未だ細目のものが多かった様でした。

十余一農園に移動し、今まで取り外さずにいた、ブルーベリーの防鳥ネットの取り外しを開始しました。
昨年、11月に入り、霜が降りた頃に取り外したところ、今年はイラガの発生が一件もなかったので、今年も遅らせてみました。

まー、来年になってみないと分かりませんが、効果があればお勧めしたいものです。
ただし、メッシュの細かいものでないと効果が現れないと思いますが・・・。

取りあえず今日は、南北を解放し、明日以降中央の接合部を取り外し、東西に巻き上げて束ねて完了となります。
最終的には、あと2日程度かかると思いますが、のんびりとやる予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
霜が降りたのでヤーコンの葉が弱って来ました 一株試し掘りを行います 細めですが、沢山付いていました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
防鳥ネットの取り外し開始 莢えんどうがかなり伸びてきました 先日蒔いた小松菜が発芽しました
7.jpg 8.jpg
ナタマメの収穫を行い、ハウス内で乾燥します 腹一杯で動けません

2016-11-11

2016年11月11日(金)雨

終日雨、のんびりと工房内にて諸作業など

朝から強い雨が降っていて、約100mm程度の受け皿が、8時頃には一杯になっていました。
こんな日、農園作業を行う気にもなれませんので、自宅にて炬燵に当たってテレビ三昧と思ったところ・・・

興味のない番組ばかりなので、寒々とした工房に入り、ガスレンジに火を付け、短形自然薯のヒゲ根を焼きました。
昼食後、再び工房に入り、シンクに温湯を張り、中に泥付きの短形自然薯を漬け込んで、タワシにて静かに洗います。

十余一農園のビニールハウス内にて、暫く泥付きのまま予措を行ってきたので、表皮は丈夫になっています。
そんな訳で、少々手荒く洗っても、薯の表皮には傷が付かないので、気軽に洗うことが出来ます。

暫く扇風機にて表皮を乾燥させ、形質の良いモノは、種薯部分の先端(約60〜80g)を切り取ります。
遺伝的に、殆ど同様の薯(クローン)が作られるので、極力良質の種薯を確保することを考えております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
良く乾かした自然薯、ガスコンロにてヒゲ根を焼きます 今日のヒゲ根焼きの成果 泥付きの自然薯を軽く洗浄して乾燥
4.jpg 5.jpg 6.jpg
種薯部分を切り取り、本体の切り口を乾燥します 同じく、種薯部分の切り口も乾燥します 昨日は強いストレス、今日は静かに眠っています

2016-11-10

2016年11月10日(木)曇り

セレベス、里芋などを薄化粧(妻同伴)

里芋類は水を入れた桶の中でゴロゴロかき回すと、きれいになりますが、保存がききません。
そんな訳で、セレベスはナイフなどで軽く土と根を取り除き、里芋はヒゲ根を取り除く程度にしています。

里芋の親芋は、大きなものは除外しますが、小ぶりなものを選び、来年の種イモに使うので、土室の中で貯蔵します。
十余一農園野菜区に移植したあぶらな(つまみ菜)、Iさん農園から間引きをしたものですが、定着した様です。

ラビットアイ系のクライマックスやフクベリーなどは、秋剪定をした枝先に、大きな花芽をつけております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
セレベスお化粧前 お化粧後 里芋の子芋を親株から取り外しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
里芋の親芋、小ぶりのものを種として使います 移植したつまみ菜、定着したようです クライマックスの花芽
7.jpg 8.jpg
フクベリーの花芽 図鑑によりますと、スゲドクガの幼虫の様です

2016-11-9

2016年11月9日(水)曇り〜晴れ

木枯らし1号が吹く中、インフル予防に行って来ました(妻同伴)

最近は、人ごみの中に入ることも少なくなり、風邪などを引くことは少なくなりましたが・・・
何時、インフルに感染するかわかりませんので、ツガイで最寄りの病院まで予防注射を打ちに行って来ました。

早朝でしたので、かなり空いていましたが、手続きをしている間に、予防注射の方で混んで来ておりました。
帰宅後、北風が余りにも強く吹き、寒さにも慣れていないので、工房内にて短形自然薯を軽く洗い・・・

ベランダまで運んで軽く乾かした後、種薯部分をカッターナイフにて切り、双方の切り口を良く乾燥させます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
短形自然薯を軽く洗い、表面を乾燥 カッターナイフにて種薯部分を切り取りました 種薯部分の切り口を良く乾燥し、来春まで貯蔵
4.jpg 5.jpg 6.jpg
日当たりを良くするため、洗濯ばさみにて吊るしました 11月6日以前にカットした薯は仕上がりました 外は木枯らし1号が、電気ストーブが一番

2016-11-8

2016年11月8日(火)曇り

Iさん農園にて、菜っ葉類に防鳥ネットを張りました(妻同伴)

今朝、Iさんのお話によると初霜が降りたそうです。
周辺を見廻ってみると、お隣さんの甘藷の葉が黒くなって縮んでおりました。

霜も降りたことですし、遅れ気味になっていたほうれん草、少々頼りなさそうでしたが、初収穫を行いました。
その後、菜っ葉類(あぶらな2品種、ほうれん草、チンゲンサイ、ターサイ)に防鳥ネットを張りました。

何せ、此方の野鳥(ヒヨドリ、ムクドリ)は、ネットを張らないと茎だけにして飛び去っていきます。
まー、拙宅がネットを張れば、何方かの菜っ葉類が犠牲になるのでしょうが、止むを得ません。

今夜、小雨模様の予報なので、生乾きの干し柿を取り込み、冷蔵庫に収納した次第です。
因みに、朝一番、すべての干し柿を万遍なく、軽くもみほぐしました。(仕上げまでに、2〜3回行うと宜しい様です)

なお、強く揉んだり、揉み過ぎるとパンクしてしまうので、ご用心。
エー、パンクすると、取り返しがつきません。ご注意のほど。。。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ほうれん草を初収穫しました 菜っ葉類に防鳥ネットを張ります ほうれん草、あぶらななどにネットを張終えました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
移植ほうれん草にも防鳥ネットを張りました 今夜は小雨の予報、干し柿を冷蔵庫に収納 最近、仲が良いのかよくわかりません

2016-11-7

2016年11月7日(月)晴れ

Iさん農園にて、甘藷の掘り取り(妻同伴)

立冬の朝、当地も今日はとても寒い一日でした。
こんな日は、少々の労働では汗をかかないので、掘り残している甘藷を全て掘り取りました。

主な品種は、ベニアズマ、べにはるか、パープルスイートで、コンテナに軽く三杯でした。
十余一農園に運び、ハウス内に浅く掘った土室に入れ、一時的な貯留を行います。

此処は、小ネズミが多く、かなりのイタズラをされるので、早目に引き上げる予定です。
Iさん曰く、「鉄の金網でも食い破るので、細かいステンレス製の網で包むと良い」との事でした。

冬支度で出掛けなかったので、昼食を持参したのですが、北風がかなり肌寒かったので、11時頃には帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
甘藷を掘り、土室に貯蔵しました 自然発芽の南瓜、モノになりますやら カマキリさん、求む婿殿
4.jpg 5.jpg 6.jpg
拙宅庭に咲いたカタバミ サンシャインブルー♂×チャンドラー♀が紅葉 寒い一日、寝るに限る様です

2016-11-6

2016年11月6日(日)晴れ

土室にいも類を保存しました(妻同伴)

夜なべ仕事で短形自然薯を軽く洗い、扇風機にて朝まで乾かし、天日にて2日ほど乾燥します。
切り取った種薯部分(約60〜80g)は、此方の切り口も良く乾燥させ、来春まで貯蔵します。

10月27日に蒔いた莢えんどうの類は、揃って発芽してくれました。
本日最大の重労働、いも類貯蔵用の土室を掘り、里芋、セレベス、短形自然薯と、その他種いも類を貯蔵しました。

ビニールハウス内に予措していた短形自然薯をコンテナに入れ、自宅に持ち帰り、軽く洗って表面を良く乾燥します。
先日、Iさん農園にて刈り取って来たセレベスの茎、皮を剥いて干しておいたところ、晴天のおかげで、素晴らしい仕上がりでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
種薯部分を切り、本体の切り口を乾燥します 種薯部分の切り口もよく乾燥し、保存します 既に「秋なす」そろそろ終盤です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
10月27日に蒔いた赤花莢えんどうが発芽 スナックえんどうも発芽 土室を掘り、いも類を貯蔵しました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
短形自然薯を持ち帰り、軽くお化粧します 本年最後、セレベスのズイキが乾燥しました 平核無し柿の皮がカラカラに乾燥しました

2016-11-5

2016年11月5日(土)曇り〜晴れ

ピッパラさんまでお使い、その後十余一農園て諸作業(妻同伴)

当地は朝の天気予報は雷注意報が出ていて、今にも雨が降りそうな雰囲気でした。
そんな訳で、外出を取り止め、工房内にて短形自然薯のヒゲ根をガスレンジにて焼いておりました。

その後、栄町のピッパラさんまでお使いに行くこととし、準備を行っていたところ、急に外が明るくなり、晴れてきました。
外出の準備がほぼ整った頃のことで、ベランダのズイキを干すことが出来ずに出かけた次第です。

ピッパラさんでの用事を済ませた後、十余一農園に向かい、寝かせているセレベスのお化粧をしたり、玉ねぎの定植を行いました。
例年より1畝少なく、植え付け本数もかなり少ないですが、生育不良の苗は沢山あるので、後日、Iさん農園に移植する予定です。

遅れていた赤系の食用菊が咲き始めたので、あと2〜3日ほどで摘み取れることでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
お昼頃のピッパラさんは千客万来でした 十余一農園にてセレベスのお化粧 畳針より短い玉ねぎ苗を植え付け
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎ苗、約1150本を植え付け 赤系の食用菊が咲き始めました 夕食は珍しく、お萩でした

2016-11-4

2016年11月4日(金)晴れ

十余一農園、Iさん農園にて諸作業(妻同伴)

午前中、昨日に引き続き、十余一農園にて玉ねぎ苗の植え付けを行いました。
今年は自家苗の生育が芳しくないので、昨日種苗店から約500本購入して来て植え付けました。

その他、自家苗のうち、良く伸びた100本ほどを選んで抜き取り、続けて植え付けた次第です。
植え床隣に、空きスペースが出来たので、改良種とは思えない小松菜の種を入手したので、早速蒔いてみました。

午後、Iさん農園にて、栗のイガが敷詰めた様に落ちているので、総勢4人で小一時間で清掃。
Iさん農園の片隅に植え付けていたヤーコン、何時も霜が降りる前に、ひまわり状の小さな花を咲かせます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
工房屋根載せ、ズイキを乾燥します 玉ねぎ苗、約600本を植え付けました 昔ながらの小松菜を蒔いてみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
清掃前のIさん宅栗イガ 総勢4人で約一時間で清掃完了 ヤーコンの花(直径約2cm)
7.jpg
大暴れの後、お互い舐め合っています

2016-11-3

2016年11月3日(木)晴れ

十余一農園にて玉ねぎ苗の植え付け(妻同伴)

今日は、十余一農園にて、玉ねぎの植えつけ床を作りを行いました。
牡蠣殻石灰は先日撒いておいたので、鶏糞、籾殻、化成肥料を撒き、耕耘機にて撹拌。

引き続き管理機にて畝を立て、レーキにて均し、黒ポリマルチを張り、妻が植え付けを開始。
ポリマルチを2列張り終えた頃、今日の作業は当初予定に達したので、無理をせず、帰宅することにしました。

帰宅後、ベランダに乾かしていた八つ頭のズイキを取り込み、良く乾いたものは冷蔵庫に保管。
昨日皮を剥いた柿をベランダの物干し竿に吊るすこととし、エナメル線を使って柿を括り付けて干してみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
10月26日に蒔いたほうれん草が発芽しました 里芋収穫跡に玉ねぎ苗の植え床づくり 黒ポリマルチを張り、妻が定植開始
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昨日剥いた柿をベランダに吊るしました(東側) ベランダ西側、日当たりが良い場所です 派手に暴れた後、疲れて暫く眠ります

2016-11-2

2016年11月2日(水)曇り一時小雨

Iさん農園にて、ほうれん草の追加移植など(妻同伴)

大分寒い朝、日が射さないので、なお更寒々としている中、Iさん農園まで直行。
ほうれん草の間引きを行い、一昨日移植した個所の続きに移植を行いました。

元来、ほうれん草の移植は殆ど行なって来ませんでしたが、かつて、余りも不揃いの発芽時に行ったことはあります。
何時もならば、間引きしたものは通路に置き去りにし、植え付けることはありませんでしたが・・・

今年は発芽状況が極端に芳しくないので、やむを得ず移植した次第です。
小雨がバラつき出しましたし、自宅にてズイキを外に出しっ放しにして来たので、濡らすと拙いので、急遽帰宅することに・・・

帰宅後、実家から「平核無し柿」を送って貰ったので、1/3ほどを熟し柿にすることとし、菓子箱などに並べて保管。
その他、早速35度の焼酎に浸し、ポリ袋に入れて密封して渋抜きを始めました。

残りの1/3は、干し柿にすることとし、早速妻が皮を剥きましたが、空模様が芳しくないので、晴れるまで冷蔵庫で保管します。
干し柿は最初の乾燥がとても重要で、少なくとも丸2日ほどは、カラリと晴れ、剥いた表面を良く乾かすことが必須です。

これが上手くいくと、その後雨で濡らさない限り、干し柿の仕上がりは良品になる筈です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
ほうれん草を間引いて移植しました 寝かせていたセレベス、周りが大分朽ちて来ました 予措していた短形自然薯を持ち帰ります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅の白菜が大きくなってきました 実家から「平核無し」が届きました 早速35度の焼酎にて渋抜き開始
7.jpg 8.jpg 9.jpg
妻は皮を剥いて干し柿に 天気が芳しくないので、今日は干せません 成猫間近ですが、未だ幼くて

2016-11-1

2016年11月1日(火)雨〜曇り〜晴れ

雨降りのため、農園域はお休みし、八つ頭の茎(ズイキ)の皮剥き

朝からシトシト雨が降っています。
農園作業はお休みですが、一昨日自宅に持ち帰った八つ頭の茎を工房内にて剥き始めましたが、寒いので途中で中断。

昼食後、暫く昼寝を行って目を覚ますと、外は眩しいほどに晴れ渡っております。
急遽ベランダにズイキを運び、皮を剥き始めましが、セレベスの茎とは違い、八つ頭の茎は細いので、幾ら頑張っても捗りません。

17時過ぎまで行いましたが、辺りは殆ど暗くなり、手許が見えなくなって来たので、作業を終了した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg 
午前中剥いた八つ頭の茎 素手での作業は捗る反面、手は真っ黒に 午後の出来高は、茎が細いのでこんなもんです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
暫くの間、天日で乾燥します 今日の雨量は25mmチョイ程度です モデル料下さいますか