トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2016-3

<< 2016-3 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2016-3-31

2016年3月31日(木)晴れ

Iさん農園にてトウモロコシの蒔き床作り(妻同伴)

例年、この時期にトウモロコシの種蒔きを行っていますが、今年は少し遅く蒔くことにしましたが・・・。
蒔き床作りは早目に行う事とし、先ず、炭と灰を、次に馬糞堆肥、鶏糞、化成肥料を続けざまに撒きました。

管理機にて撹拌し、レーキにて2畝を立て、柔らか過ぎるので、長靴を履いて踏み固め、更にレーキにて畝を成型しました。
今まではポリマルチをし、ポリフィルムで覆いましたが、今年は保温は止めにしました。

若干収穫時期が遅くなると思いますが、より自然に近い形で栽培を試みることにしました。
十余一農園のハイブッシュ系のブルーベリーは大分つぼみが膨らんで来たので、近々には咲き始めると思います。

農園近くの公園の桜は開花が始まったばかりで、満開は未だ先の様です。
拙宅の牡丹の蕾も急に膨らみ始め、近々には咲いてくれると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん農園にてトウモロコシの蒔き床作り ハクセキレイが虫探しに夢中です 1畝2列の千鳥蒔き×2畝
4.jpg 5.jpg 6.jpg
デューク ブラッデン クーパー
7.jpg 8.jpg 9.jpg
桜は未だ、ほんの咲き始めです 牡丹の蕾が肥大してきました 拙宅の花桃が満開になりました

2016-3-30

2016年3月30日(水)曇り

今日も十余一農園にて諸作業(妻同伴)

3月 2日、十余一農園に蒔いただいこん、かぶ、にんじんが順調に生育、間引きには未だ早い様です。
昨年は少し早く蒔いたので、凍害を被り、中途半端な間引きになってしまいました。

大莢えんどうが凍害などでかなり枯れ、育ちが芳しくないので、ポットに追い蒔きした絹莢を補植しました。
赤玉ねぎの生育が良過ぎて、この調子でいくと薹立ちしそうなので、大株から抜き、葉玉ねぎとして食します。

葉玉ねぎはこの時期だけのもので、ヌタや味噌汁の具で食すととても美味。
少々早いと思いましたが、ブルーベリー西区の北側にて、こぼれ種で繁茂しているミツバを初収穫。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
3月 2日に蒔いただいこん 同じくかぶ 同じくにんじん
4.jpg 5.jpg 6.jpg
枯れた大莢えんどう周辺に絹さやを補植 今日も葉玉ねぎを収穫 野生化したミツバを初収穫

2016-3-29

2016年3月29日(火)晴れ

十余一農園にて諸作業(妻同伴)

十余一農園内は、しばらく片付けをしていないので、荒れ放題になっているので、気合を入れて片付け始めたものの・・・
中々能率が上がらず、飽きが来て、疲れがたまるばかりなので、園内をグルグル回って気を紛らわせます。

元来矮性のチッペアをコースタルに接ぎ木をしたしころ、結構背が伸び、勢いがあります。
未だ虫が飛んでいないのにミスティーは咲き始めましたが、次から次へと咲くので大した影響は無いと思います。

ラビットアイ系晩生種のフクベリーの花芽もかなり膨らんで来ておりました。
第2農園から移植したサルナシ、先端の芽まで動き始めたので、大丈夫でしょう。

昨日ベランダに干したヤーコン、帰宅して確認したところ、かなり乾いていたのでつまみ食い、甘露でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
栗の葉、米糠を混ぜて堆肥に 栗のイガが混ざって刺激的!!! ブルーベリー園内はハコベとホトケノザの絨毯
4.jpg 5.jpg 6.jpg
チッペア ミスティー フクベリー
7.jpg 8.jpg 9.jpg
移植したサルナシ、最先端の芽も出ました ジャンボレモンの皮を煮てみました 昨夕干したヤーコン、だいぶ乾きました

2016-3-28

2016年3月28日(月)雨〜曇り

朝から雨降りのため外出せず、自宅にてヤーコンの切干しなど

予報通り、朝から天候不順で、雨降り模様。
そんな訳で、今日は農園作業はお休みにし、家の中でゴロゴロです。

昼食後、身体を少し動かすこととし、工房内にてヤーコンの皮を剥いて2〜3mm程度の薄切りにし・・・
ベランダにてネットの籠内に並べ、乾燥することにしました。
(先日のオリゴ糖製造は失敗しました)

まー、明日からしばらくの間、天気が良さそうなので、一定程度は乾いてくれると思います。
少々生乾きであれば、冷蔵庫内にて新聞紙などに包んで置けばカラカラに乾いてくれる筈です。

未だ未だと思っていた拙宅の花桃、一寸目を離した隙に、かなり咲いてしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンを洗い 皮を剥いて薄切りにします ネット内に並べて乾燥させます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ベランダの大莢えんどうが近々咲きそうです ジョージアジェムが咲き始めました 拙宅の花桃は果実も楽しめます

2016-3-27

2016年3月27日(日)曇り

玉ねぎ畝間の草取りなどを行いました(妻同伴)

昨日、たまねぎの黒ポリマルチを剥ぎ取りましたが、畝間の雑草が目に余るので、急遽抜き取りを行いました。
夏草とは違い、背丈は低いのですが、全体的に根が蔓延って伸びているので、土がドッサリと付いてきます。

4畝の畝間の草を削り取りますが、思った以上に重労働で、妻は途中で止めてしまいました。
抜き取った草を手作業で運び出すには大量過ぎるので、一輪車を畝間に入れて運び出した次第です。

2月20日に接ぎ木したノースブルーがテープを破り伸び始めて来たので、活着は間違いなしの様です。
ハウス内にて育てていた長ねぎの苗が原因不明で枯れ始めたので、取あえず屋外に出してみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
畝間の草は大豊作で 抜き取るのにも一苦労 一輪車に載せて運び出しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
接ぎ木したノースブルーの芽が伸び始めました ハイブッシュ系の根元に籾殻を撒きました 長ねぎ苗を外に出してみました

2016-3-26

2016年3月26日(土)曇り〜晴れ

竹藪にて篠竹の刈り取りなど(妻同伴)

十余一農園周囲の放置畑には篠竹が生え、群生している箇所があり、毎年刈り取って使わせて戴いています。
竹は野ざらしにしていても2年〜3年は使えるので、毎年100〜200本程度を補充しています。
今日は120本程を刈り払い機にて刈り取り、横枝などの笹を取り除いて持ち帰りました。

次に、玉ねぎの穴開き黒ポリマルチの取り除き作業、妻と二人で剥ぎ取りながら巻いていくのですが・・・
何と息の合わないこと、とても他人様に見せられる光景ではありませんでしたが、何とか無事終了。
先日間引いて食したところ、とても美味だったので、今日も少々抜き取ってみました。

一昨年から同じ場所で作付けているミツバが、毎年種がこぼれて更新され、今年も青々と伸び、近々収穫出来そうです。
昨年里芋(女早生)の親芋を貯蔵していたので、これを掘り出し、Iさん農園白菜収穫跡に植え付けました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
3畳ほどで約120本ほど刈り取りました 横枝などの笹を除去します 一束約40本、3束半を刈り取り
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎの穴開き黒ポリマルチを取り外しました 葉玉ねぎを収穫 野生化したミツバの群生
7.jpg 8.jpg
里芋の親芋をタネにします 馬糞堆肥、鶏糞などを施しました

2016-3-25

2016年3月25日(金)晴れ

Iさん農園にて里芋類の植え付け(妻同伴)

Iさん農園の菜っ葉類収穫跡に里芋類などの植え付けを行う事とし、管理機にて溝切りを行い・・・
里芋、八つ頭、セレベスの種芋を植え付けました。

種子イモの間に、馬糞堆肥をタップリ入れ、化成肥料を少々施して覆土。

昼食後、里芋類の隣に2畝大きく土盛りを行い、ここは甘藷の植え付けを行う予定にしています。
白菜の収穫跡の残渣などを片付け、炭と灰を撒いて耕起後、里芋用に溝を切り、後日植え付けを行います。

Iさん宅にて甘藷を貯蔵している土室を拝見、流石この時期になると腐敗が始まってきておりました。
その中でも良さそうな物を選び、貰って帰った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋、八つ頭、セレベスの順で植え付け 堆肥、鶏糞、化成肥料を撒いて覆土、奥2畝は甘藷 白菜収穫跡には里芋を植え付け予定
4.jpg
Iさん宅土室から掘り出された甘藷

2016-3-24

2016年3月24日(木)曇り一時雨

今日は農園作業お休みにしてピッパラさんへ(妻同伴)

昨日、帰って来た耕耘機に働かされ、気が付いた時には、かなりの筋肉疲労になっておりました。
そんな訳で、明日は天候が芳しく無い様なので、既にお休みすることにしておりました。

気の緩みでしょうか、大幅な朝寝坊をし、朝食が済んだのは9時を回っておりました。
ゴロリとテレビを観ておりましたが、一日この姿では能がないので、栄町のピッパラさんまで行くことに・・・

昨日収穫して来たアブラ菜、ほうれん草などを手土産にして出掛けました。
道路は意外と空いていたので、12時過ぎに到着し、色々なパンを購入してお暇。

帰り道、Iさん宅に立ち寄り、ピッパラさんのパンをお裾分けし、お茶を戴いてお暇した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」までお使いに ピザ風のパンから 菓子パン風のパンまでバライティー豊富
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ハイブッシュ系エチョーダの花芽が膨らんで来ました 一昨年移植したサルナシ、今年は良さそうです Iさん宅の奥様が、からし菜漬け中
7.jpg 8.jpg 9.jpg
塩で良く揉んで漬け込みます 八重椿が咲いていました 此方も赤い花弁が鮮やか

2016-3-23

2016年3月23日(水)曇り

短形自然薯のムカゴを植え付け(妻同伴)

午前中、Iさん農園にて短形自然薯のムカゴの植え付けを行いました。
先日畝立てを行い、馬糞堆肥を撒き終わっているので、若干の柵を切り、7〜8cm間隔の千鳥植え。

次に軽く土をかけた後、鶏糞と化成肥料を適宜撒き、土をかけて鎮圧して植え付け完了。
植え付け終了後、十余一農園に移動し、莢えんどうの立ち枯れ株を抜き取り、ポットに追い蒔きした苗を移植。

その後、この時期でしか味合えない葉玉ねぎの初収穫を行いました。
耕耘機の整備をお願いしていた増田機商さんから連絡が入り、完了した旨。

昼食後、受け取りに伺い、その足でIさん農園の菜っ葉類収穫跡に炭と灰を撒き、2回耕耘。
この場所には里芋類、落花生、甘藷、ヤーコンなどを植え付ける予定にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ムカゴ植え付け、1畝80個×4畝=約320個 熱処理発酵鶏糞 10:18:16の複合化成肥料
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短形自然薯のムカゴ植え付け(手前4畝) この程度(1.3僉砲離爛ゴが来年の種薯になります 葉玉ねぎの初収穫
7.jpg
耕耘機が修理されて帰って来ました

2016-3-22

2016年3月22日(火)曇り〜晴れ

十余一農園の土室を埋め戻しました(妻同伴)

午前中、Iさん農園にて菜っ葉類収穫跡の残渣を片付け、籾殻を撒いて耕起を行う準備を行いました。
妻は、アブラナの薹立ちを摘み取ったり、終盤になってきたほうれん草を収穫。

その後、Iさん宅に立ち寄り、お茶などを戴きながら第2農園全面撤退のお話をし、お暇。
十余一農園に移動し、里芋類などを貯蔵していた土室を埋め戻し、夏場の休息所の準備を行いました。

未だ寒い日がある様なので、しばらくはビニールハウス内にて休息する予定です。
園内のハイブッシュ系の蕾は、かなり膨らみ始め、クーパーなどは近々咲きそうになって来ました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅露地のボケが咲き始めました 掘っ建て小屋の下に作った土室を埋め戻し開始 踏み固め、レーキにて整地
4.jpg 5.jpg 6.jpg
レビールの花芽 クーパーの花芽 ノーススカイの花芽

2016-3-21

2016年3月21日(月)曇り〜晴れ

お彼岸です、妻方の先祖の墓へお参りに・・・

朝は曇り空、寒々とした中、少々引き気味に自宅を出発。

東武線六実駅出発→新鎌ヶ谷駅下車→新京成線新鎌ヶ谷駅→八柱下車→武蔵野線新八柱→新秋津駅→
西武池袋線秋津駅→西武池袋線ひばりが丘駅→西武バスひばりが丘団地西口

行きも帰りも全く同じコースでお参りしてきましたが、往復約6時間を要しました。
只、ひばりが丘駅にて昼食に約40分ほど要しただけ、その他は殆ど移動時間ということで・・・
思いの外、疲れました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
4.jpg 5.jpg 6.jpg
7.jpg 8.jpg 9.jpg

2016-3-20

2016年3月20日(日)晴れ

ごぼうの種子を蒔きました(妻同伴)

朝一、第2農園の撤退跡地が荒れたままになっているので、ここを耕して戴きました。
折角の休日、大型トラクターを乗り入れ、耕耘してくれたのは十余一農園(旧第3農園)の地主さんです。
通常では考えられない程に親切にして戴き、常日頃から感謝しております。

その後、十余一農園に移動し、ほうれん草収穫跡地を良く耕し、ごぼうの蒔き床を作り、種子を蒔きました。
穴開けは約5cm角の角材を軽く当て、深さ2冂度に凹ませ、一穴に3粒の種を蒔き、軽く土を掛けます。
株間は約30cm程度に開けて蒔き、筋蒔きは間引きが面倒なので止め、スズメの砂浴び防止としてネットを張りました。

今年は適度に雨が降るので、赤花系莢えんどうの生育が順調で、花が盛んに咲いています。
だいこんや小かぶなどと同時に蒔いた五寸にんじんがようやく発芽してきました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
第2農園の耕耘を行って戴きました 大浦ごぼうの株間は約30cmほどにしました 写真のような素直なごぼうは採れませんが・・・
4.jpg 5.jpg 6.jpg
一穴3粒蒔いて発芽後間引きします 接ぎ木のノースブルーの芽が膨らんで来ました 移植したサルナシも芽を吹き始めました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
赤花系莢えんどうは元気に花を咲かせています だいこん、小かぶ、五寸にんじんが出揃いました にんじんの発芽が揃い、後日間引きます

2016-3-19

2016年3月19日(土)雨

朝から雨降り、工房内にてヤーコンシロップづくり

昨日、Iさん農園にて短形自然薯の植え付けを行い、少々疲れ気味でしたので、今日の雨は救いの神の様。

10時頃まではゴロゴロしておりましたが、ムクムクと動きだし、ヤーコンシロップを作ることにしました。
先日掘り取ってきたヤーコンの一部、約3堋を工房内に持ち込み、先ず表面を洗います。

単に洗っただけでは皮が気になるので、金タワシにて擦って軽く皮を剥きます。
縦に8分割程度に割り、ミンサーの中に入れて摺り潰し、こし布袋に入れて絞ります。

これを約20分ほど煮詰め、アクを掬い取って今日の作業は終了。
以後、アクと臭みを取り除き、更に濃縮して糖度40程度にしたいと考えています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
泥付きのヤーコンを水に漬け タワシにて洗います 更に金タワシにて皮を剥ぎ取ります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ミンサーにて粉砕 こし布袋にて絞ります 絞った時点では糖度9.7ありました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
火入れをし、アクを取り除きます 糖度12.2に上昇 終日雨でしたが、降水量は25mm程度でした

2016-3-18

2016年3月18日(金)晴れ

Iさん農園にて短形自然薯の植え付け

短形自然薯の植え付け畝は13日に立てて準備しておりましたが、今日ようやく植え付けを行いました。
当初16畝としておりましたが、種イモの植え付けには18畝、ムカゴ植え付けには4畝としました。

取りあえずムカゴを除く種イモを一畝22〜24個を植え付けることとし、床に溝を切り、25〜30cm間隔で植え付けます。
植え付け後、軽く土を掛け、鶏糞と化成肥料を撒き、更に土を掛けて鎮圧します。

途中で種イモが足りないことに気が付き、土室以外にも保管したことを思い出し、ほぼ計画通り植え付けることが出来ました。
只、ムカゴから育てた種イモの中には大き過ぎるものがあるので、カッターナイフにてカットして植え付けた次第です。

カットした薯はスライスにしたり、とろろにして食すことにしています。
今日は晴れてはいたものの、南風が強く、土埃が舞うほどで、堆肥などを撒くのには参りましたが、何とか無事済みました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
土室の中で貯蔵した種イモ 25〜30cm間隔で植え付けます 土室以外に保管していた種イモ
4.jpg 5.jpg
ムカゴから育てた種イモはカットして植え付け 18畝×23個=約414個植え付け

2016-3-17

2016年3月17日(木)晴れ

土室から里芋の種イモ出し、植え付けました(妻同伴)

十余一農園内の土室に埋めていた里芋を掘り出したところ、かなり腐っていたので選別して小芋を乾燥。
無傷のものは種子イモとしてIさん農園にて植え付けることとし、その他は食用にする予定です。

親芋の中でも、殆ど無傷のものを選んで野菜区に2列植え付けてみました。
種芋と種芋の間に馬糞堆肥を施し、その上にブルーベリー剪定枝を焼いた炭と灰をバラ撒いて土を掛け・・・

その上に栗の葉を適宜載せて土を軽くかけ、化成肥料をバラ撒き、更に土を掛けて終了。

栗の葉を鋤き込むのは今回が初めてなので、結果、如何になるのかは定かではありませんが、何とかなるでしょう。
発芽後、状況を見つつ、株間に栗の葉を施す予定にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
土室から里芋を掘り出し、表面を乾燥 里芋の親芋を植え付けました 馬糞堆肥、炭と灰、栗の葉を鋤き込み

2016-3-16

2016年3月16日(水)曇り

近々撤退する第2農園にてブルーベリーの根などを掻き集めて処分(妻同伴)

第2農園のブルーベリーは全て抜き取って各方面に移植して戴きました。
只、ラビットアイ系の根はかなり幅広く蔓延っていて、太目の根がかなり残っているので、掘り取って運び出しました。
掘り取った根は軽トラにて十余一農園に運び、しばらく乾燥させ、後日焼却する予定です。

十余一農園野菜区にて作付けしている玉ねぎ、今年はお湿りが多いためでしょうか、育ちが良く、豊作の予感。
余り成長が良過ぎると、薹立ちが発生したり、貯蔵性に難がありはしないか心配されるところです。

3月 2日蒔きのだいこんが一斉に生え揃ってくれたので、今後が楽しみです。
同時に蒔いたにんじんが未だ発芽してこないので、少々心配です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
掻き集めた根は十余一農園にて焼却 玉ねぎが急成長(赤玉ねぎ) 茎もしっかりしてきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
黄玉ねぎの生育も順調 此方の茎もしっかりとしてきました 3月 2日播種のだいこんが生え揃いました

2016-3-15

2016年3月15日(火)晴れ

Iさん農園にて馬鈴薯の植え付け(妻同伴)

今日、(有)増田機商さんが耕耘機の修理に来てくれるというので、早目に家を出てIさん農園へ・・・
取あえず馬鈴薯の種芋を植え付けることとし、小生は植え付け準備の紐を張り、妻が種薯を切ります。

作業途中、増田機商さんが見え、ガソリンタンク、キャブレターなどを取外して持ち帰りました。
その後、南側からシンシア、とうや、男しゃく、キタアカリ、メークインの順に植え付け完了。

今年の馬鈴薯はIさんの助言で、柵を切らず、紐を張り、それに沿って種薯を押し込んで埋めていく方法を取りました。
例年は柵を切り、種薯を植え付け、種芋の間に堆肥などを施し土をかけていましたが、今年は楽なものです。

土づくりは、昨秋、短形自然薯を掘る前に馬糞堆肥と籾殻を撒き、掘り取り時に堆肥を混ぜる様にした訳です。
その後、Iさんにトラクターにて耕耘して戴き、土は柔らかくなっていたため、簡単に種薯は埋まりました。
昼食後、チンゲンサイ、ターサイ、小かぶ、菜花(つぼみ菜)に張っていた防鳥ネットを取外し、全て抜き取りました。

若干勿体ない様な気持ちでしたが、今後、落花生や甘藷などの根菜類の植付け準備も行う必要があるので、止むを得ません。
増田機商さんが持ち帰った部品のクリーニングをして来て下さったのですが、エンジンがかかりません。

どうもプラグの火花が物足りない様で、早速ホームセンターまでプラグを購入に行き、交換したところ一発点火・始動、目出度し。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日から夜半にかけての降雨量です 少々ぬかるんでいますが、馬鈴薯の植え付け 5品種7列の植え付けを行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
菜っ葉類の防鳥ネットを取外し、抜き取ります Iさんが植えた温州みかん(青島)支柱を打ちました Iさん宅、露地のミツマタが綺麗に咲きました

2016-3-14

2016年3月14日(月)雨

今日は終日冷たい雨が降り、農園作業はお休み

昨日、耕耘機がエンストしてしまったので、午前中の雨の中、(有)増田機商さんまで修理のお願いに行って来ました。
当店で購入した機械でもないのに快く修理して戴けることとなり、一安心です。

帰宅後、寒気がするので炬燵に潜り込みテレビ三昧の一日でした。
寒いとは言え、拙宅周りの植物たちは少しずつ芽を膨らませ始めたので、雨の中、濡れながらパシャリ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
拙宅フェンスのサルナシ、萌芽開始 挿し木の芽も膨らみ始めました ベランダの莢えんどうも大分伸びました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サンシャインブルー、本年開花1号 朝からの雨、20mmチョイ程度です 終日寒く、16時現在8.5℃でした

2016-3-13

2016年3月13日(日)曇り

今日も寒い一日、Iさん農園にて耕耘など(妻同伴)

昨年、Iさん農園にて枝豆を栽培した箇所に短形自然薯を植え付けることにし、耕耘機にて撹拌を開始したところ・・・
途中でエンストを起こしてしまい、やむを得ず、小型管理機にて撹拌し、畦立てを行った次第です。

この箇所の北隅にヤーコンを一列栽培し、12株ほど凍結しないように盛り土をしていたものを本日掘り取りました。
かなり良品が収穫出来たのですが、余り需要がないので、工房内にて絞って濃縮し、オリゴ糖のシロップをつくりたいと思っています。

昨年の短形自然薯栽培跡に馬鈴薯を植え付ける予定でしたが、本日は余りにも寒すぎたので取り止めました。
明日は雨模様の予報なので、明後日に植え付ける予定にしています。

Iさんが耕耘機のプラグなどを取り外し、修理を試みてくれましたが、やはりダメでした。
明後日、何時もお世話になっている増田機商さんに修理をお願いしたところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ヤーコンを全て掘り取りました 大きな根塊が出て来ました 短形自然薯の畝を16畝立てました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ここは馬鈴薯とトウモロコシを栽培します 途中、耕耘機が故障してしまいました ミスティーの花芽
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ジョージアジェムの花芽 デュークの花芽 ノースランドの花芽

2016-3-12

2016年3月12日(土)曇り

今日も寒い一日、Iさん農園にて野菜の収穫など(妻同伴)

陽が出ないので、思った以上に寒い一日、11時半頃に出掛け、Iさん農園にて菜花などを摘み採りました。
寒い日が続いていますが、菜花などは次から次へと伸びて来るので、当方も摘み取りを怠れません。

少々花が咲いても食せるので、構わずに手で摘み取りると柔らかい部分だけが取れて来ます。
小かぶも抜いてみましたが、既に薹立ちが始まっているので、収穫は諦めた次第です。

日本ほうれん草は今頃まで美味しく食せるのですが、そろそろ味が薄くなって来る様なので、早目に収穫する予定です。
明日も良い天気にはなりそうもありませんが、根菜類の植え付け準備を行いたいと思っているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
あぶらな(つぼみ菜)を収穫 無臭にんにく、寒さに耐えています 日本ほうれん草、間引きを行なわないとこの通り

2016-3-11

2016年3月11日(金)曇り時々小雨

寒い一日、外出しましたが・・・(妻同伴)

朝から小雨模様のため、農園作業はお休みにし、のんびりと過ごすことにしました。
家の中でゴロゴロしておりましたが、印西市のジェネシスグリーンアートカフェさんでランチをすることに決定。
早速予約を入れ、妻と出掛けました。

約一時間、ゆっくりとランチとコーヒーを戴いてお暇し、そのまま栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんへ直行。
毎週金曜日に焼いている小生お気に入りの食パン、予約をしていなかったのですが、2斤ほど分けて戴きました。

帰り道、ホームセンターに立ち寄り、欲しかったものを物色しましたが、販売していなかったので、小石を蹴って帰りました。

高麗ブルーベリーファームさんのブログを開いただけで、風邪(ニャンフル)がうつった様な感じ・・・マサカ???

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ジェネシスさん全景 息の合ったIさんとSさん、お料理は最高 豆腐入りカレー、サラダ、ひじきの煮物
4.jpg 5.jpg 6.jpg
足先にサボテンなどが植えられ、花が咲いていました ぐるっと回って栄町のピッパラさんへ 店内には昔なじみのМYさんとお友達が

2016-3-10

2016年3月10日(木)曇り

十余一農園にて莢えんどうのネット張りなど

朝から肌寒く、お休みしたい気分でしたが、昨日やり残した仕事があったので、出掛けました。
先ず、ホームセンターにて莢えんどう用のネットを2束購入し十余一農園へ・・・

一昨日挿し込んで立てたキュウリ棚支柱に、莢えんどうを這わせるためのネットを張ることにしました。
長さ24メートルのネットですが、畝が30m以上あるので、足りない分は昨年の古ネットをつなぎ合わせました。

文章に書くと簡単な事の様ですが、ネットをつなぎ合わせたり、上下を縛って固定を行ったりと、以外と手間がかかるものです。
我が女房などは、「自然にネットも生えて来て、時期が来れば莢えんどうが収穫出来る」程度に考えている様な感じです。

野菜区東側には毎年莢えんどうとモロッコインゲンを連作していますが、今年も赤花莢えんどうを移植してみました。
莢えんどうの跡作には、モロッコインゲンを作付けする予定です。

その後、ホームベル5株程に接ぎ木を行いましたが、かなり冷え込んで来たので手仕舞いをして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
莢えんどうにネットを張ります 新ネット24m×2+古ネット14m(7m×2) 悉く枯れた「ニムラサラダスナック」根から再生
4.jpg 5.jpg 6.jpg
「仏国大莢」は寒さに弱いものの生き残りました 「ゆうさや」は丈夫でした 「赤花莢えんどう」は寒さに強い品種です

2016-3-9

2016年3月9日(水)曇り〜雨

十余一農園まで、接ぎ木に行って来ました

朝から今にも降りそうな空模様でしたが、弁当を持たずにブルーベリー畑まで行くことにしました。
第2農園や水田などを耕作しなくなったので、精神的にも肉体的にも余裕の様なものが起こってきている様です。
クライマックスの列にバルドウィンとスワニーがあり、昨日接ぎ木を行う予定でしたが、時間切れ・・・。

そんな訳で、雨が降らないうちにと思い、接ぎ木作業に行って来ました。
穂木はハイブッシュ系のレイトブルー(晩生種)で、ラビットアイ系とほぼ同時期に収穫出来る品種を選びました。
その他、バルドウィン実生の株にデュークを接いであったのですが、若干魅力的な実を付けていたので・・・、
脇芽を放置したまま何年か収穫していたのですが、見切りを付け、同じデュークを接いでみました。

3月2日に蒔いた「だいこん」と「かぶ」が発芽したので、取あえずかぶの発芽を掲載します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
左台木バルドウィン右台木スワニー穂木レイトブルー フクベリーの花芽 マグノリアの花芽
4.jpg
3月 2日に蒔いた「かぶ」の発芽

2016-3-8

2016年3月8日(火)曇り

莢えんどうのポリフィルムなどを撤去(妻同伴)

昨年の暮れから莢えんどうを播種した畝に、防風ネットとポリフィルムを被って来ましたが、今日ようやく撤去を行いました。
既に、極端に冷える日がなくなって来たので、もっと早く撤去すべきで、少々過保護にし過ぎた様です。
そんな訳で、えんどうの草丈だけはヒョロヒョロと伸び過ぎ、立ち上がる力がありませんが、既に花は咲き始めています。
中でも、寒さに弱い大莢系は立ち枯れが甚だしく、何株かは再起不能の様ですが、2/3程度は生き残ってます。
被覆したまま一回も草取りを行わなかったので、柔らかい雑草が大量に繁茂し、妻が得意げに取っていました。

その後、ご近所の竹藪から笹竹(矢竹)を刈り取り、莢えんどうの蔓が立ち上がる様、沢山挿し込んで今日の作業は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
被覆を剥ぐと莢えんどうはモヤシ、草は繁茂 立ち上がる様、笹竹を沢山挿しました 既に花が咲いています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サンシャインブルーの蕾 ジョージアジェムの蕾 ミスティーの蕾

2016-3-7

2016年3月 7日(月)雨のち曇り

朝から雨が激しく降っています

薄暗い頃から音を立て激しく雨が降り、朝5時の気温が15℃と生温かく感じます。
ベランダのアバウト雨量計、既に30mmほどの雨水が溜まっておりました。

骨休みついでに確定申告に行き、少々早かったので9時半頃には済んでしまいました。
今回は何も書き込みもせず、関係書類を持参し、税務担当官に全てお任せでした。

昼頃まで、諸々の所用で方々を回って歩いたので、その後自宅にてゴロゴロ、ウトウト過ごした次第。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
朝7時の気温、15℃ありました アバウト雨量計は約30mm 15時時点では、約50mm
4.jpg
拙宅ベランダのサンシャインブルー

2016-3-6

2016年3月 6日(日)曇りのち雨

撤退する第2農園にて牡蠣殻石灰を撒布

昨日、耕耘機にて穴埋め作業などを行い、かなり疲労気味なので、今日は全休する予定でしたが・・・
雨降りの予報が外れ、曇り空のままなので、午前中家の中でゴロゴロしておりましたが、急遽石灰を撒きに行くことを決定。

と、云うのも、明日は予報通り雨の降る確率が高そうなので、雨降り前に石灰を撒布することにしました。
農園に行くと、次期に農園を使用予定のSさんが既に来ていて、雑草を削っておりました。

草は大型トラクターにて反転して戴くので、取らなくても大丈夫の旨伝え、一緒に牡蠣殻石灰を撒いて貰いました。
ブルーベリー作付け跡の酸性が強いので、ここを重点的に、20埖泯蟻泙鬘何佑濃気終え、帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
箕の中に入れて万遍なく撒布します ブルーベリー作付け跡には厚目に撒布 薄っすらと雪が降った様に・・・
4.jpg
20堝り牡蠣殻石灰を5袋撒布

2016-3-5

2016年3月 5日(土)曇り

撤退する第2農園にて耕耘・穴埋め・抜根など(妻同伴)

今朝は大分温かいので、何時もより1時間早めに自宅を出発し、軽トラに耕耘機を載せ第2農園へ・・・
先ず、ラビットアイ系の根切り作業を優先し、その後、全体的な穴埋め作業を行いました。

抜根した穴が結構深く、耕耘機のタイヤが落ち込むので、両腕、両肩などにかなりの負担がかかります。
明日あたりは痛みが出て、労働意欲が削がれていると思いますが、幸い明日は雨降りの予報です。

跡地には牡蠣殻石灰を撒くこととし、既に5袋程用意されているので、当方で撒く予定にしています。
その後、十余一農園に立ち寄り、3日に焼いた枝などの炭をビニール袋に入れようとしたところ・・・

中はカンカンに熱い状況で、消壺の中で48時間も熱いままだったことを思うと、ゾーッとした次第。
急遽水を入て万遍なく掻き回し、消えたことを確認して帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブルーベリー抜根跡の穴埋め・根切り 9時から12時まで耕耘 穴ぼこを乗り越える作業、両腕はパンパンです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
最後に残った小松菜 耕耘して土に還します 3日に焼いた枝、未だ消壺内で熱々でした

2016-3-4

2016年3月 4日(金)晴れ

農園作業は午後に行いました(妻同伴)

午前中、農園作業はお休みにし、栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでお使いに行って来ました。
焼き立て熱々のぶどうパンを店内にてを戴きながら、コーヒーをすすります。

早々にお暇し、お世話になっているIさん宅に立ち寄り、お茶などを戴きつつしばし歓談。
Iさん宅の露地では、既に馬酔木(アセビ)やサンシュウが咲き始めておりました。

帰りには、昨年産モノではありますが、冷凍のワラビを戴きました。
そのまま、十余一農園に立ち寄り、懸案としていた、だいこんなどを蒔いた畝にポリフィルムを張りました。

その後、2株ほど接ぎ木を行いましたが、予報より気温を低く感じ、寒気がしてきたので、早々に帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
パン焼き小屋ピッパラの樹 見事に咲いた馬酔木 咲き始めたサンシュウ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
結球できなかった白菜、菜花は最高に美味 Iさん宅から冷凍ワラビを戴きました 古い穴開きポリフィルムを張りました

2016-3-3

2016年3月 3日(木)晴れ

Iさん農園にて柿、プルーンの剪定作業(妻同伴)

Iさん農園にて妻は菜花(つぼみ菜)を摘み取り、小生はIさん宅の次郎柿とプルーンの剪定を行いました。
柿の木もプルーンの木も、何年も剪定を行っていない様子で、柿などは隔年結果がとても激しく、今年は裏年の様です。

プルーンは徒長枝がそのまま伸びたままになっていて、二品種植えていますが、毎年、殆ど果実が生ってくれません。
そんな訳で、かなりの我流ですが、柿とプルーンの剪定を行ってみましたが、少々物足りない様な気がします。

昼食後、妻は十余一農園にて剪定枝を焼いておりましたが、小生は引き続き剪定を行って軽トラにて剪定枝を運搬。
結局、昨日大根などを蒔いた畝に、ポリフィルムの被覆を行う事が出来ませんでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
物足りない様な次郎柿の剪定 剪定枝の一部です 焼却は十余一農園に運んで行います
4.jpg
莢えんどうをハウスから出して寒さにあてます

2016-3-2

2016年3月 2日(水)晴れ

第2農園資材など撤退、十余一農園にて春野菜の種蒔き(妻同伴)

第2農園のブルーベリーは全て抜き取り、元同僚のSさん宅農園に収まりつつあります。
単管や残渣などが少々残っているので、午前中軽トラにて運搬し、ほゞ更地になりつつあります。

残るは酸度調整(牡蠣殻石灰撒布)後、耕耘をして戴くことにしています。
穴開き部分を他から土を運んで埋める予定でしたが・・・

跡を引き継いで野菜などの有機栽培する方が、「このままの方が良い」というので、耕耘のみにすることとしました。
午後、十余一農園野菜区にて、穴開き黒ポリマルチを敷き、だいこん、かぶ、にんじんの種子を蒔きました。

今日はここまでの作業になってしまったので、後日、穴開きポリフィルムを被う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
畳表や単管などを収容 綺麗サッパリ(北側) 此方も綺麗サッパリ(南側)
4.jpg 5.jpg 6.jpg
「怒りの葡萄」モドキです 十余一農園にて野菜の種蒔き 30×5穴=約150穴

2016-3-1

2016年3月 1日(火)晴れ

十余一農園にて接ぎ木など(妻同伴)

昨日、丸1日ノンビリと過ごしましたが、未だ疲れが取れない状況なので、今日も軽い作業を行う事とし・・・
十余一農園にてラビットアイ系のコースタル、エッセルなどを台木に、ハイブッシュ系矮性品種の接ぎ木などを行いました。

今日は冷たい北風が強く吹き、少し我慢しつつの接ぎ木作業。
昼頃、西風に変わった途端、更に寒くなっので、ビニールハウス内に移動してねぎ苗床の草取り。

ハウス内は暑過ぎ、ねぎ苗が伸び過ぎたので、二重のポリフィルム被覆を取り外し、夜間の冷気に晒して慣らすことにしました。
帰り道、立ち寄ったスーパーマーケット近くのコブシの花芽、大分膨らんで来ていたのでパチリ。

自宅に着いても陽が高かったので、ベランダにて、莢えんどうのポット苗をプランターに移し替え、支柱を立ててみました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
3月に入りましたが、未だ氷が張ります ブルーシャワー台木にレイトブルーを接ぎました エッセル台木にレイトブルーを接ぎました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
長ねぎ苗、暑さで伸び過ぎ、少し冷やしてみます コブシの蕾が膨らみ始めました ベランダにて、大莢えんどうをプランターに移植