トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2017-10

<< 2017-10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017-10-31

2017年10月31 日(火)曇り一時晴れ

Iさん農園にて里芋の掘り取りを行いました(妻同伴)

今日はIさん農園の里芋約60株を掘り取り、軽トラにて十余一農園に運び、一時保管をしました。
かなりの単純作業でしたが、土が未だ湿気を含んでいるので、掘り取りや運搬時には、かなりの負担になった次第です。

今年は例年と比較すると、天候が極端に偏った時期があったので、里芋の収穫量も芳しくありませんでした。
芋は結構付いているのですが、肥大に乏しいので、総量的にはかなり減収となっています。

帰りに、Iさん宅の次郎柿を収穫し、良品はIさん宅に持参し、残りを戴いて帰宅。
昨夜セレベスの茎を剥き、今朝ベランダに広げてきましたが、未だ生乾きなので、カラカラに乾くまで干します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
妻が里芋の茎を切り、小生か掘り取ります 今年の収穫量はやや不良程度です 次郎柿を収穫し、Iさん宅に良品を置いてきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
昨夜剥いて今朝干したセレベスの茎、今日は生乾き ベランダに出すと一時的野生化現象のチータロー 此方ナナオもつられてています

2017-10-30

2017年10月30 日(月)晴れ

台風一過、強風の中、栗のイガを片付けました(妻同伴)

台風22号が過ぎ去り、朝一、セレベスなどの皮を剥いたズイキの天日干しを行うこととし・・・
昨夜剥いた生のズイキを苗用トレイ5枚と、3段の網籠にて乾かしました。
今日は快晴の上、乾き気味の強風が吹いたので、帰宅後確認すると、カラカラによく乾燥しておりました。

朝食後、強風は暫く静まりそうもないので、Iさん宅の栗のイガを片付けることとし、出掛けました。
先日の台風21号、今回の22号の強風により、イガは殆んど落ちていたので、思いの外スッキリと片付けられました。
スチールの熊手と、大型のレーキによりイガをかき集め、箕の中に入れ、軽トラの荷台に放り込みます。

午前中に2回、昼食後に2回運び、すべて運び終えました。
これから栗の葉をかき集め、腐葉土などを製造する場合、栗のイガが入り混じると、極めてお邪魔になるのです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜剥いたセレベスの茎を干しました 此方は網籠に入れて乾かします 快晴、強風の中、一日で乾きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん農園の栗のイガを片付けます 軽トラで4回、十余一農園に運搬しました 木枯らし一号が吹き荒れ、落ち葉が舞い上がります
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ほうれん草は、これからハコベの中で寒さに耐えます チンゲンサイの苗、かなり風に煽られました 帰宅早々、ベランダへ脱出要求の二匹です

2017-10-29

2017年10月29 日(日)雨

台風22号の影響による大雨の中、Iさん宅を訪問して来ました(妻同伴)

最近、気になることが多々あるので、朝、雨が降っている中、Iさん宅を訪問しました。
白菜は少ないながら土寄せをしたため、溝ができているので冠水するほどではありませんが、他の野菜は冠水しておりました。

傘を差しながら、三角ホーで溝を切り、ほうれん草などの冠水個所の水を排水してきました。
昼前にお暇し、寒かったので、途中でさぬき系のうどん店に立ち寄り、特盛とかき揚げを食して帰宅。

15時ころまでテレビを観つつゴロ寝。
その後、セレベスの茎の皮剥きを開始し、17時半頃に完了。

このまま放置すると、茎が蕩けてくるので、扇風機で風を当て、表面を乾かします。
明日は朝から晴天の様なので、ベランダにて乾燥する予定にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜から7時半頃までの降水量 Iさん宅の白菜、何とか冠水せずに済みそうです Iさん宅ほうれん草などは冠水してしまいました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ハイビスカスは室内に退避しています 昨夜剥いたズイキ、扇風機で表面を乾燥中 15時頃の降水量
7.jpg 8.jpg 9.jpg
14時から17時まで、ズイキを剥きました 寝静まったら暴れます、チータロー オリャー独自に暴れるかナー、ナナオ

2017-10-28

2017年10月28 日(土)曇り〜雨

午前中、十余一農園に行ってきました

台風22号の進路が未だわからない中、万が一に煽りの風で十余一農園のハウスのビニールが破れては一大事です。
昨日、閉めてくるのを忘れたので、急遽、十余一農園までドアを閉めに行ってきました。

ついでに、食用菊を摘んだり、泥付きのままで表面を乾燥中の、短茎自然薯をコンテナに入れて持ち帰りました。
そのほか、セレベスの茎を一抱え程度刈り取り、葉を付けたまま持ち帰りました。

何せ、雨降りの日が続き、皮付きの茎が干せないので、葉を付けたまま工房内に置けば、水分が抜けて皮が萎びて来ます。
午後は、最寄りの病院へ行き、小生はインフルエンザの予防注射を行いましたが、妻は風邪気味のため、後日行います。

帰宅後、一昨日ベランダにて皮付きのまま乾かしていたズイキを、カッターナイフにて約半分ほど剥き、夕飯になりました。
これから、夜なべ仕事を行うか、明日も雨降りの予報なので、明日に繰り延べるか・・・、家の中の作業も種々尽きません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝も食用菊を摘み取ってきました 乾燥させていた短茎自然薯も一部持ち帰りました セレベスの茎を刈り取って来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
10月15 日に蒔いた猫用のエン麦です 一昨日刈り取って来たズイキを剥き始めました 何と云いましても炬燵の中は最高です

2017-10-27

2017年10月27 日(金)晴れ

十余一農園にて、なす作付け跡を耕起し、畝作りなど(妻同伴)

午前中は歯科通いから帰って昼食を早目に摂り、農園へは12時半頃に出掛けました。
十余一農園野菜区にて、なすをすべて抜き取り、もみ殻、牡蠣殻石灰などを撒き、小型管理機にて耕起。

その後、大型のレーキで畝を立てましたが、極少量、米糠を撒いたので、ほうれん草などの種蒔きは後日になります。
隣に植えている食用菊が咲き始めましたが、台風に煽られて花弁が褐変してしまったので、選びつつ摘み取りました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜夜なべで剥いたズイキを乾かします このほか、三段の網籠で乾燥しています 十余一農園なす作付け跡を耕起
4.jpg 5.jpg 6.jpg
畝を立て、後日菜っ葉類を蒔いたり移植したり 食用菊を小指を立てて摘み取ります 今日はナナオが逃亡したんでオレだけダー、チータロー

2017-10-26

2017年10月26 日(木)晴れ

セレベスと八頭の一部を掘り取りました(妻同伴)

朝一、Iさん農園のセレベスと八頭の茎を刈り取り、三俣鍬にてイモを掘り取り、暫くの間予措をし、根と茎を朽ちさせます。
十余一農園はめっきり秋の景色に様変わりし、サルナシは殆んど落葉し、なすは一気に枯れだしました。

かなり冷え込んだので、菜っ葉類の生育も急にブレーキがかかってきましたが、この方が味に深みが出てくる様です。
10月3日に蒔いたカキ菜は、本葉がかなり出てきたので、移植が急がれます。

台風21号により、煽られっ放しだったブロッコリーは、培土を怠ったため、クルクル回ってしまい、一休み状態。
急遽培土を行いましたが、「遅かりし」と云ったトコロで、かなり生育が遅れてしまいそうです。

昨日の雨降りの一日、ベランダで剥いたズイキ、今日は良い天気だったので、一日でカラカラに乾いておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
セレベスと八頭の茎に付いた泥を洗い流します 自然発芽のミツバ、越冬して春に楽しめます 直ぐ脇に植えたサルナシ、残り少なくなりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
なすが枯れたので抜ていてほうれん草などを蒔きます 10月3日に蒔いたカキ菜、近々移植予定 ブロッコリーは台風でクルクル、培土しました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
Iさん農園の次郎柿を収穫し、Iさん宅へ持参 昨日剥き、今朝干したズイキが一日で乾きました チータローは逃げ回り、ナナオは素直にハイ・ポーズ

2017-10-25

2017年10月25 日(水)雨

終日雨降り、ベランダにて皮剥きです

朝から冷たい雨が降り続き、殆んど止む気配がありませんので・・・。
携帯カイロを何枚も貼り、上下に真冬用の防寒具を身に着け、意を決してベランダへ出ました。

23日に刈り取って来たセレベスと八頭の茎、ベランダに干していたのですが、未だ萎び方が足りません。
余り待っていられないので、早目に萎びてきたものを選びつつ、約半分程を剥き終えました。

剥いたズイキは、雨降りで湿度が高く干せないので、工房内に持ち込み、扇風機を強にして表面を乾かします。
明日から暫くの間、天候が宜しい様なので、ベランダにて天日乾燥を行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
23日に刈って来たズイキ、皮が萎びた順に剥きます 全体の約半分、4時間ほどかかって剥きました 剥いた皮は廃棄するだけです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
工房内にて扇風機を強にしてで乾かします 道具はこれだけ、手袋がないとアクで手が真っ黒 今日はとても寒いので、炬燵に入っています

2017-10-24

2017年10月24 日(火)曇り〜晴れ〜曇り

Iさん農園にて短茎自然薯を掘り取りました(妻同伴)

短茎自然薯の掘り取りは、10月10日に2畝約40本ほど掘り取りましたが、その後全く掘り取っておりませんでした。
そんな訳で、掘り取りスタート時は16畝のうち、8畝ほど掘れれば上出来、と思いつつ作業を開始しました。

ジーっとしていると寒いほどの陽気なので、昼食までに12畝を掘り取り、昼食後4畝を掘り取って完了しました。
残っているのは、種芋用にとムカゴから育てている4畝だけになりました。

ムカゴから育てると、親の形質を殆んど継承しているのですが、小粒の薯の良否の判定が難しく、種子に使うと野生に化けるものもあります。
途中から隣の畑から入り込んで来ている篠竹の根の先端が、槍状に入って来ているので、これを来春までに駆除しなければなりません。

篠竹の根は、土中約30〜40cmほどに潜っているので、これを駆除するのには相当の労力を要します。
現在、この篠竹を如何にして駆除をするか、思案しているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
薯は殆んど浅く、三俣鍬にて一気に掘り取れます 500g前後の薯が出てきました 二畝で、約40本ほどの薯を掘り取ります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
隣の放置畑から篠竹の槍が伸びて来ています 連作したヤーコン、やはり生育が芳しくありません 本日掘り取った短茎自然薯の全部です
7.jpg 8.jpg
今日も長々と待ちましたゼ、チータロー オリャー何ツーこたー無かったネ、ナナオ

2017-10-23

2017年10月23 日(月)雨〜曇り〜晴れ

台風の煽りがある中、農園に出かけました

台風21号は、当地を直撃した様な風の吹き方で、雨もかなり降らせて行きました。
早目に昼食を摂り、Iさん農園と十余一農園の見回りに行きましたが、さほど被害には遭いませんでした。

特に、里いも類の葉や茎は殆んど傷みがありませんでしたが、乾燥ズイキを作るため、茎を刈り取りました。
甘藷は遅く植えたので、未だそのままにし、月末から様子を見ながら掘り始めることにしています。

棚を撤去したまま、16畝も掘り残している短茎自然薯の掘り取りを先に行いたいと考えております。
未だ、ムカゴを蒔いて、種芋を育成しているので、これもそろそろ掘り取らなければと思っている次第です。

刈り取って来たズイキは、工房内で洗い、ベランダで1〜2日乾かし、適当に萎びてから皮を剥きます。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
強風が吹きましたが、里いも類の葉は大丈夫でした こんなに雨が降ると甘藷も腐らないか心配 短系茎自然薯は未だ16畝残っています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
短茎自然薯のムカゴ育成は4畝です 台風一過、食用菊が一気に開花して来ました セレベスと八頭の茎を取り込みました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
茎を洗ってベランダに干し、萎びさせて皮を剥きます 今朝干したズイキは、殆んど乾いていました 顔ばかり舐めないで下さいな

2017-10-22

2017年10月22 日(日)雨

今日も終日雨、かなり強く降りました

昨日から今日一日、ほとんど休みなく激しい雨が降り続きております。
この台風21号、此方を直撃する勢いなので、何とか無事に済みます様にと、急遽十余一農園のビニールハウスを閉じに行きました。

その足で、Iさんちに立ち寄りったところ、奥様が選挙行きを躊躇していたので、車に乗せて投票所まで連れて行ってきました。
その後、お茶などをいただきつつ、しばし歓談をし、お昼近くになったのでお暇をしました。

昼食後、セレベスと八頭の茎の剥き残しがあり、ベランダは雨が激しいため、工房内に持ち込み、2時間ほどで終えました。
今日は何時もより温かいのですが、工房内は扇風機を回しっ放しなので、体が冷えてしまい、ストーブを点けて暖をとりました。

二匹の猫は、チャッカリと小生の前でゴロリとし、ストーブにあたっておりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日の13時〜本日の11時までの降水量 昨日から本日16時までの降水量、約230mm Iさん宅のイワヒバ、雨降りには映えます
4.jpg 5.jpg
18 日に刈り取ってきた茎を全部剥きました ストーブに点火すると、前に陣取る二匹です

2017-10-21

2017年10月21 日(土)雨

終日雨、時々強く降りました

昨夜の天気予報では、午前中は曇りとのことでしたが、当地は殆んど雨が降り止まずの一日でした。
そんな訳でゴロゴロしていても仕方がないので、ベランダに出て昨日の続きの皮むき作業を行いました。

15時半頃まで行い、全体の3/4ほどを剥き終え、工房内に持ち込み、扇風機を強にして当て続けます。
皮を剥いたまま放置すると、黴る前に蕩けてしまうので、風を当てて乾かしております。

冷蔵庫に入れて保存する方法もありますが、意外と持ちが宜しく無いのです。
雨の降る中、外に出て庭のポンカンの肥大具合を観察したり、明日葉の種子の育ち具合などを観察した次第です。

猫たちは、雨が降り続き、ストレスが溜っている様で、今は静かに丸まっておりますが、夜間は二匹で大暴れでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨日の続き、セレベス、八頭の茎の皮剥き 剥き終えたものは、扇風を当てて乾燥しています 庭の明日葉、今年は早い実入りです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ポンカンが更に肥大しています 昨日からの降雨量は満杯に、空けて又測ります 今日も雨、ストレスが溜まりに溜り、夜中に大暴れ

2017-10-20

2017年10月20 日(金)雨時々曇り

午後から始動し、農園作業など(妻同伴)

今日も午前中は歯科医院に行って治療を受け、外れてしまった詰め物は、新たに入れて戴きました。
昼食後、色々と買い物があるので、最寄りのホームセンターとスーパーマーケットにて買い物。

その後、お世話になっているIさん宅に立ち寄り、白菜と小松菜、ラッキョウなどに化成肥料を軽く施した後・・・
小雨が降って来たので、Iさん宅をお暇し、十余一農園に行き、なすや菜っ葉類の収穫を行って早々に帰宅。

今日は、ホームセンターの植木売り場で、珍しい植物が売られていたので、衝動的に購入してしまいました。
名札には「ストロベリーツリー」と表記され、ツツジ科イチゴノキ属の常緑低木で、耐寒性との事です。

全く別種ですが、パソコン検索では、柑橘のダイダイの様に、実を着けながら花が咲く様な説明がありました。
果たして、日本の露地栽培では、如何なりますことでしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜からの降雨量、約40mmほどです Iさん宅の白菜に化成肥料を施しました なすは急に収穫量が落ちました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
珍しい植物を購入しました それは、ストロベリーツリーという名の木 今日も二匹は炬燵の中で温々と

2017-10-19

2017年10月19 日(木)雨

午前中、期日前投票に行ってきました(妻同伴)

昨夜から雨が降り始め、殆んど止むことなくシトシトと降り続いております。
家の中で、ゴロゴロしつつテレビを観ていても面白味がないので、選挙の期日前投票に番(ツガイ)で行ってきました。

期日前投票は、今回で3回目でしたが、投票者が引っ切り無しに来場されてお、報道通りの多さの様子。
年代は、殆んど我々の様なリタイヤ世代が多く、想像ですが、この世代は雨降りの方が投票率が上がる様な・・・。

帰宅すると、従姉が育てた完熟の種有りの巨峰が届き、早速戴いたところ、喉が痒くなる程の甘さ、糖度を測ったところ・・・
測定する部位によって差異はありましたが、果肉と皮の間の部分では、21.4度もあったので驚きでした。

昨日刈り取って来た八頭とセレベスの茎は、葉を付けたままベランダに置きましたら、かなり萎れてきましたが・・・
これから4〜5日の天候が芳しくないので、皮を剥いてもカビが生えてしまう恐れがあります。

如何して良いものか、今更ながら思案しているところです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
15時チョイ前までの降雨量、約40mm 昨日刈り取ってきた八頭とセレベスの茎 従姉から送って戴いた種有りの巨峰
4.jpg 5.jpg
糖度は21.4度ありました 今日も二匹つるんで炬燵の中です

2017-10-18

2017年10月18 日(水)晴れ〜曇り

Iさん農園にて棚の撤去、甘藷堀りほか(妻同伴)

久々に晴れ、太陽がとても眩しく、サングラスをかけての作業になりました。
先ず、大型の台風21号が向かって来ているので、Iさん農園にて短茎自然薯の棚の撤去を開始しました。

篠竹を組んで、麻紐で固く結んでいるので、簡単に解けないので、剪定ハサミにて切って解き、竹を抜いて片付けます。
その後、ムカゴが畝間にかなり落ちているので、妻と拾い始め、約500g程を拾い、このうちの大玉は種子イモ用に使います。

自家採取した甘藷(ベニハルカ)の蔓を6月13日に植え付け、今日試し掘りをしたところ、結構揃った薯が採れました。
十余一農園に移動し、ティフブルーの剪定を12本ほど行ったり、八頭とセレベスの茎が傷んできたので・・・

茎を切り取り、葉をつけたまま自宅に持ち帰り、ベランダにて萎びさせた後、皮を剥いて干します。
只、明日から天候が宜しくない様なので、冷蔵庫に入れたり出したりの面倒な作業が続きそうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短茎自然薯の棚を撤去します 撤去後、ムカゴを拾い集め 本日は、約500gありました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
甘藷(ベニハルカ)の試し掘りを行いました 食用菊の一番花(昨年よりかなり大輪です) ラビットアイ系のティフブルーを12本剪定
7.jpg 8.jpg 9.jpg
八頭とセレベスの茎を刈り取って持ち帰りました 哀れ、カマキリがカビにとりつかれ・・・ とかく寒いとこうなってしまうのです

2017-10-17

2017年10月17 日(火)雨〜曇り〜一時晴れ

午後、十余一農園まで野菜の収穫に行って来ました(妻同伴)

午前中は雨降りだったので、ベランダにて落花生の殻剥きの続きを行い、昼頃に完了しました。
良品が意外と少なく、捻実不足のモノがかなり出てしまったので、栽培期間中の培土などの管理を怠った報いでしょうか。

取り敢えず、次年分の種子も含め、冷蔵庫の中にて暫く保存します。
昼食後、雨も止み、日が出る兆候が見られたので、身支度をし、十余一農園に向かいました。

妻は菜っ葉類を収穫した後、井戸水にて土を洗い流し、小生はなすとインゲン(シュガーグリーン)を収穫した次第です。
13日から降り続いた雨、今朝、ベランダのアバウト雨量計が溢れたので、すべて流し、最初からカウントすることにしました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
落花生の殻剥き完了しました 次年分の種子用も確保 捻実不足もかなりありました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
左はカキナ、右はターサイ 左チンゲンサイ、右は間引きの小かぶ なすとインゲンのシュガーグリーン
7.jpg 8.jpg
九時過ぎに雨は上がり、受け皿は溢れておりました やはり炬燵の中は最高です

2017-10-16

2017年10月16 日(月)雨

今日も終日雨のため、外出は致しませんでした

9月14 日に掘り取った落花生、雨ざらしにして泥土を流した筈ですが、微細な土が付着していて結構埃が立ちます。
そんな訳で、雨降りで肌寒い中、ベランダにて殻剥きを行いましたが、途中、風が出てきて寒いので取り止め。

落花生の莢はしっかりしたものが多かった様に思われましたが、いざ剥いてみると捻実不足なものがかなり多くありました。
今日は一日中雨降りで、時には音を立てて降るほどで、13日からの積算降水量は約80mm程度になっています。

ベランダで育てていた鉢植えのナタマメ、先日、莢付きのまま切り取り、ピッバラさんに持参しましたが・・・
その後、切り取った株から新たに蔓が伸び、30cmほどになっていますが、霜が降りる頃まで如何になりまやら。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
収穫したままの落花生の殻を剥きました 良品の落花生 捻実不十分の落花生
4.jpg 5.jpg 6.jpg
13日から今日12時現在までの積算雨量 ナタマメが再度ツルを伸ばし始めました ベランダの気温は15℃チョイでした
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ベランダに咲くローズマリー 玄関先に咲く日々草 炬燵の縁で温め合うチータローとナナオ

2017-10-15

2017年10月15 日(日)雨

終日雨のため、外出は致しませんでした

昨日は一時的に雨が止んだ時刻がありましたが、今日は一日中、小雨が降っておりました。
明日の天気予報では、今日より多量の雨が降る様に表示されているので、作業予定はありますが、農園には行けません。

そんな訳で、工房に入り、甘藷(ベニハルカ)の小振りなものを選び、よく洗って蒸し器に入れ、出来上がりを待ちました。
蒸し上がったイモを籠に入れ、炬燵の上に置いたところ、我妻が、「私も蒸しているよ」と一言

まー、夫婦の会話の乏しい昨今ですが、狭い空間の中、これほど相手の行動に興味を示さない現実。
と、言う訳で、お昼には蒸かしイモのダブルが炬燵の上に並べられ、お互い無表情に食した次第です。

何もやることがないので、ベランダにて、猫用の燕麦(エンバク)の種子を蒔いたり・・・
リサイクルした用土を使っていたところ、桜草が自然発芽していたので、ポットに植え替えたりした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
13日から今朝8時までの降雨量約30mm 工房内にて甘藷(ベニハルカ)を蒸しました 出来上がりです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
猫用の燕麦(エンバク)を蒔きました 自然発芽した桜草をポットに移植 今夕、17時までのトータル降雨量、上乗せ10mmほど
7.jpg
ベランダに出られず、ストレスが溜まってきました

2017-10-14

2017年10月14 日(土)雨、降ったり止んだり

小雨でしたが、農園に出けてみました

午前中は雨が強く降っていたので、テレビの時代劇専門チャンネルにて、毎度同じ鬼平などを観ておりました。
11時頃から小雨になってきたので、出かけることとし、先ず、Iさん農園に向かい、栗拾いを始めますが・・・

今年はシイナ(秕=不稔実=中身が入ってい ない)ばかりで・・・その原因は7月の干ばつと8月の日照不足と思われます。
10月3日に蒔いたチンゲンサイとほうれん草は順調に生育し、雑草までも旺盛に育ち始めています。

10月2日に移植したカキ菜は、根が殆んど切れていたものでも活着し、生育を始めています。
9月19日に蒔いたほうれん草は、雑草に囲まれてはいるものの、順調に育っております。

ヤーコンも勢いづき、伸ばせば小生より丈が伸び、先端には小さなヒマワリに似た花が咲き始めました。
十余一農園の食用菊は黄色い花弁が開き始め、近々には摘み取りが出来そうです。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
10月3日に蒔いた左はチンゲンサイ右ほうれん草 10月2日に移植したカキ菜は根付きました 9月19日に蒔いたほうれん草
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ムカゴから育てた短茎自然薯 そろそろ終盤になってきたムカゴです 背丈1.8m前後に繁るヤーコン
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ヤーコンの花が咲き始まりました 食用菊がかなり開いてきました 今日も雨降り、気も晴れません

2017-10-13

2017年10月13 日(金)雨、降ったり止んだり

ニコンのカメラ、バッテリーが機能しません

7〜8年前に購入したニコンのカメラ、故障がちでしたので、ほとんど使っていませんでしたが・・・
今使っている小型カメラはアウトドア用としては最適ですが、レンズカバーが軟で、すぐに傷がついてしまいます。

今まで、何回となくレンズカバーを磨いて使って来ましたが、とても面倒なので中途半端に磨いて使っています。
そんな訳で、何時も紗がかかっているような、霧がまいている様な映りになっている訳です。(あしからず)

と、申しても出費が多くなる中、カメラの更新は我慢し、ニコンのカメラで撮ったものを、6〜7枚程度掲載しております。
今日は終日雨降りの一日、午前中は歯の詰め物が外れたので、歯科医に行き、治療を受けて来た次第です。

午後、珍しく一人で買い物に出掛けたものの、目的のモノが見つからず、かなりがっかりしての帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
二回目に咲いて実ったジャンボレモン 三回目に咲いて実ったジャンボレモン 今年は早い発芽のスプレー水仙
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ポンカンも大分肥大してきました ベランダの明日葉は遅れ気味 雨の日ゃー家の中でゴロゴロです

2017-10-12

2017年10月12 日(木)曇り

栄町のピッパラの樹さんまでお使いに行ってきました(妻同伴)

午前中、家猫のナナオの湿疹が治まっては来ましたが、最寄りの動物病院まで連れていって来ました。
今まで、3週間の投薬をしていただき、表面的には治まって来た様なので、しばらく様子見で今日から投薬は無しです。

その後、栄町のピッバラの樹さんまでお使いに行き、予約をしていた食パンと菓子パンなどを購入。
隣に造成した駐車場はそのままになっていましたが、花などの売店小屋の基礎が打たれ、着々とすすんでおりました。

敷地内には、珍しい秋咲きの八重桜が咲いており目を楽しませてくれます。
帰り道、国道464号線沿いのジョイフル本田に立ち寄り、種々雑貨を購入して帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ピッパラさんの新たな駐車場の造成地から 左ピッバラのママさん、右店員さん 秋咲きの桜が咲いておりました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
秋咲きには珍しい八重咲きです 穏やかなタンゴさん 眩しくしないで下さいな

2017-10-11

2017年10月11 日(水)曇り

十余一農園にて野菜の収穫など(妻同伴)

十余一農園の野菜の収穫は暫く行わずにいたので、なすなどはかなり大きくなっておりましたが、中には割れたものもありました。
今日の天気予報では、日中は暑くなるとのことでしたが、何もしないでいると寒いほどで、動くのには丁度良い具合でした。

カキ菜とチンゲンサイは虫喰いがあるものの、大きく成長しものから収穫して持ち帰りました。
モロヘイヤの葉は涼しくなると、葉の伸びが芳しくないので、本日をもって終了致しました。

サルナシも熟果がちらほら出始めたので、小生が農園にて楽しむ程度を残し、殆んどを摘み取りました。
なすは暖かいといつまでも花は咲きますが、涼しくなると肥大は止まり、硬くて締まった秋なすになると思います。

ラビットアイ系の秋剪定は未だかなり残っていますが、妻の手が届く範囲に実が付く様、日々少しずつ行うこととしております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
中2日での収穫のため、沢山採れました チンゲンサイ、カキ菜を収穫 今年最後のモロヘイヤ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サルナシもそろそろ終盤です なすは未だかなり花が咲いておりますが・・・ 食用菊の蕾は、かなり膨らんできました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ラビットアイ系を15株ほど剪定 春と間違えた新梢です 仲がいいのです

2017-10-10

2017年10月10日(火)晴れ

Iさん農園にて短茎自然薯掘り、&十余一農園にて剪定作業など(妻同伴)

朝一、Iさん農園にて短茎自然薯掘りを行うこととし、まず、篠竹の棚の撤去からです。
この撤去作業、結構難敵で、麻ひもで縛った個所を切り取り、バラしていくのですが、手間がかかります。

今日は4畝を掘り取ることとし、この棚を撤去するだけで、小一時間を費やしてしまいました。
当初は涼しかったのですが、掘り取り半ば頃から急に暑くなり、まるで真夏の様相。

汗は吹き出し、水分をかなり補給しながらの作業となり、最初から4畝を掘ると決めなければ良かったと、思った次第。
日差しがとても強いので、昼食は十余一農園の掘立小屋で摂ることとし、急遽移動。

余り休み過ぎると動くのが嫌になるので、昼食を済ませて直ぐにラビットアイ系のオースチンなど、12本の剪定を行いました。
先日、涼風が吹いた途端、花オクラの花はピタッと止まり、種子がほぼ整った様なので、一定程度に切り取り、ハウス内にて乾燥です。

自宅に持ち帰ったセレベスの茎、夜なべ仕事で剥き、今朝ベランダに干して来たところ、かなり乾いていたので、明日干せば完成でしょう。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短茎自然薯堀り開始 コンテナ2つ約70個 種芋は吸い取られて此の有り様
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今日は4畝、約70、最後の一株です 天高く 泡立ち草 咲き誇る秋 ラビットアイ系のオースチンなどの剪定
7.jpg 8.jpg 9.jpg
花オクラの実を収穫 昨夜剥いて今朝干したセレベスの茎です 待っていたんです、ベランダに出して下さいな

2017-10-9

2017年10月9日(月)晴れ

十余一農園にて剪定作業など

午前中は来客があったので、農園作業はお休みに致しました。
昼食後、小生一人で出かけ、まず、Iさん農園に行き、甘藷や短茎自然薯の仕上がり状況などを確認して歩きました。

甘藷は、かなり遅く植えたものもあるので、11月上旬頃に掘ることとし、取り敢えず、そのままにしておく予定です。
短茎自然薯は、葉が黄色くなり、蔓も枯れ始めたので、そろそろ収穫が行えます。

その後、十余一農園に移動し、ラビットアイ系のティフブルーの剪定を一列(12本)行なったり・・・
9月8日、13日、26日に蒔いた玉ねぎの苗が倒れそうになってきたので、三角ホーにて培土を行いました。

今日はスタートが遅かったので、お茶を立ち飲みした程度で、椅子に座ることなく四時間弱ほど動き回りましたが・・・
西日が傾き始めた頃から、ヤブ蚊の攻撃が激しくなったので、早々に手仕舞いをして帰宅した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
馬鈴薯収穫跡に植えた甘藷(殆んどベニハルカ) トウモロコシ収穫跡に植えた甘藷(ベニハルカ) 短茎自然薯の葉が色づき、そろそろ掘り取りです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ラビットアイ系ティフブルーの剪定前 枝はかなり派手に切り落とした筈ですが・・・ 9月8 日に蒔いた早採り玉ねぎの培土
7.jpg 8.jpg 9.jpg
9月13 日に蒔いた各種玉ねぎの培土 オレは草を選ぶ方だからナー、チータロー オリャー何でも食っちゃうゼ、ナナオ

2017-10-8

2017年10月8日(日)曇り〜晴れ

十余一農園にてセレベスの初収穫など(妻同伴)

ラビットアイ系の未剪定は、かなり残っているので、いろいろな作業がある中、努めて行うようにしておりますが、中々進みません。
今日は、12本前後行いましたが、十分な剪定ではないので、落葉後に再度見直し剪定を行うことにしています。

今日は、いろいろと目移りするほどに行う作業があり、少々早いのですが、セレベスの茎が傷み始めたので、初掘りを行いました。
イモは期待したほど肥大しておりませんでしたが、茎を剥いて乾燥したいので、なるべく傷まないうちに収穫したいのです。

茎は、畑の土が付着していて、そのままで皮を剥くと埃が舞い上がるので、流しに水を溜め、タワシにて洗い落とします。
その後、茎を2日程乾かし、シンナリとした後、カッターナイフなどを使って皮をむき、天日で乾燥します。

イモは掘り取ってしまえばそれまでですが、茎の処理は夜なべ仕事ですが、楽しみにしている方々もいるので、励めます。
最近、朝夕は涼しい風が吹き、なすなどの生育は若干遅れ気味になって来ましたが、隔日収穫で行っております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ラビットアイ系の剪定を継続しました 思いっきり切り落としましたが・・・ セレベスの初掘りを行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
セレベスの茎は持ち帰り、皮をむいて乾燥します 結構泥土が付着しているので、よく洗って乾燥 一昨日の収穫後ですから、30個程度収穫
7.jpg 8.jpg 9.jpg
食用菊の蕾がかなり膨らみました 一番乗りの菊です 10月3日に蒔いたカキ菜が発芽
10.jpg 11.jpg 12.jpg
10月3日に蒔いたほうれん草が発芽 拙宅庭のジャンボレモンです チータローの頭を舐めているナナオです

2017-10-7

2017年10月7日(土)雨〜曇り

昨日からの午前中まで雨、良い休養になりました

昨日から時々激しい雨が降り、さほど働いている訳ではありませんが、思い切った休養日になりました。
かなりの朝寝坊をし、テレビでは政治がらみの話題が多いので、時代劇チャンネルを付けっ放しで、見ておりました。

昼食後、何もしないと身の回りから、カビが生えてきそうなので・・・
9月25日に、中玉トマトの棚を撤去した際、青トマトを採ってきていたので、今更ながら工房内にてピクルス作り。

まず、湯を沸かし、青トマトの湯剥きを行いますが、完熟トマトとは違い、簡単には剥けません。
イライラしながらも約50個ほどを剥き、酢、塩、砂糖、鷹の爪などを入れ、酢と同量の水を加えて溶液をつくり・・・

湯剥きをしたトマトを瓶に詰め、溶液を沸騰させて瓶に注ぎ込み、蓋をして完成です。
冷ましてから、冷蔵庫にて保存しますが、発酵しないうちに食す事が肝要の様です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
昨夜からの大雨、降水量は約70mm 中玉の青トマトを湯剥きにして瓶に詰め 酢、水、塩、砂糖、鷹の爪の溶液にて浸漬
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ジャンボレモンがいまだに咲いています チータローと呼んでも知らんぷり ナナオは珍しく良い返事

2017-10-6

2017年10月6日(金)曇り〜雨

十余一農園野菜区にて野菜の収穫など

長年使って来た、お気に入の剪定鋏が行方不明になってしまい、今日ホームセンターにて購入。
価格は安いものですが、当初の切れ味は素晴らしく、このまま持続して欲しいと思っています。

十余一農園にて、ラビットアイ系の剪定を開始し、小枝を誘引しつつバッサリとやったところ・・・
左指先の腹をそぎ取ってしまい、しばらく出血が止まらないので、指の根元をビニールテープでグルグル巻いて止血。

10分程で血は止まりましたが、痛みは治まりませんが、構わずに作業は続けます。
その後、野菜区にて菜っ葉類のチンゲンサイ、ターサイ、カキ菜を収穫し、引き続きなすの収穫を行いました。

なすは相変わらず採れていますが、流石に低温になると身も締まって収穫量も減って、硬い秋なすになりつつあります。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ラビットアイ系の剪定前 剪定後 左からチンゲンサイ、ターサイ、カキ菜
4.jpg 5.jpg 6.jpg
隔日収穫を行うと、30個以上ありました 炬燵は大好きですが、未だ早いナー オリャーごぁんと同じ位炬燵は好きです

2017-10-5

2017年10月5 日(木)曇り

十余一農園野菜区にてブロッコリーの追加定植など(妻同伴)

自宅でポット蒔きしたブロッコリーの苗、そろそろ定植を行わないと・・・ということで、十余一農園キュウリ跡に植え付けました。
9月26日に移植したブロッコリーは、根付いた様なので一安心といったところです。

9月9 日に移植したチンゲンサイは生育のバラつきはあるものの、大きなものから、すでに収穫を行っています。
9月8 日に蒔いたほうれん草と小かぶは取り敢えず順調に生育しております。

昼食後、野菜区の作業が一段落したので、ラビットアイ系ティフブルーの剪定を8本ほど行い、本日の作業は終了。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ブロッコリー9本を追加定植 9月26日に移植したブロッコリーは根付きました 9月9 日に移植したチンゲンサイです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
9月8 日に蒔いたほうれん草と小かぶ ティフブルーをバッサリ剪定、左手前はモロヘイヤ 未だ入ります、チータロー、腹も身のうちダー、ナナオ

2017-10-4

2017年10月4日(水)曇り

十余一農園野菜区にて諸作業(妻同伴)

春に蒔いた大浦ごぼうが、そろそろ掘り取れるころになって来たので、試し掘りを兼ねて堀取ってみました。
太いものでは直径3〜4cmほどあり、葉が枯れる頃にはもう少し太くなっていると思われます。

9月26日に蒔いたカキ菜が揃って発芽したので、本葉が3枚〜4枚になった頃に、移植する予定です。
同じく、9月26日に蒔いた玉ねぎも疎らですが、発芽を始めたので、雑草などの抜き取りを行いました。

食用菊の蕾がかなり肥大し、重みで垂れてきたので、周りをロープで囲って立て直した次第です。
昨年、移植したサルナシの成木、今年は沢山実を付け、未だ、かなり残っていたので、摘み取って持ち帰りました。

一週間ほど常温で保存すると、熟れてくるので、ぶどうを食す様にして、食べますと、甘酸っぱくて、かなり美味。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
大浦ごぼうの初堀りを行います 手頃なもの6本ほど収穫 9月26日に蒔いたカキ菜が揃って発芽しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
9月26日に追い蒔きした玉ねぎ 食用菊の蕾がさらに肥大 一週間後には咲きそうです
7.jpg 8.jpg 9.jpg
サルナシ(コクワ)の収穫を行ってきました 気分がのりませんので・・・、チータロー オリャーいつでもオーケー、ナナオ

2017-10-3

2017年10月3日(火)曇り〜晴れ〜曇り

Iさん宅の白菜の培土、その後Iさん農園にて菜っ葉類の種蒔きなど(妻同伴)

先ず、朝一、Iさん宅を訪問し、白菜の管理作業を申し出し、3畝の片側のみを妻と培土を行いました。
両側を一気に培土を行えば良いものを・・・と思われるでしょうが、上手に育てるのには、訳があるとのこと。

長年、白菜を上手に育てて来られているIさんのこと、言われる通りに作業を終え、お暇。
昨日、甘藷を収穫した後、畝を整備したものの、種子を持参するのを忘れ、種蒔きがで出来なかった訳です。

昨日整えた畝の幅が若干狭いので、レーキにて再度整形を行なって幅を広げ、種子を蒔いた次第です。
種子を蒔く作業は大した労働では無いように思われますが、前後の作業をトータルすると、種蒔きも足腰に来る仕事です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅の白菜、日々生育しています 今日は北側を培土し、後日南側を行います Iさんご夫妻と我妻
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅、左ラッキョウと右ホーム玉ねぎ 露地の萩が鮮やかに咲いておりました チンゲンサイ、カキ菜、ほうれん草の種子を蒔きました
7.jpg 8.jpg
昨日の甘藷収穫跡は種蒔き完了しました フラッシュを焚くからイヤなんです

2017-10-2

2017年10月2日(月)曇り〜雨

Iさん農園にて甘藷収穫し、跡作の畝づくりなど(妻同伴)

そろそろ来春用の菜っ葉類の類を蒔かなくては、と思ってはいるものの、無計画なもので、蒔く場所がありません。
そんな訳で、Iさん農園に最初に植えた甘藷の収穫を行い、蒔き床を作ることに致しました。

甘藷の収穫は少々早い様な気が致しましたが、小振りな方がお上品で良いと思っています。
全部堀り終えてから、牡蠣殻石灰、ぺレットの鶏糞、モミ殻などを撒き、小型管理機にて撹拌し・・・

大型のレーキにて2畝を作り、レーキの背で圧してアバウトな均平を行い、取り敢えずの蒔き床づくりは完了。
今日は、今にも雨が降りそうな空模様なので、殆んど休まず作業を行い、昼食なとは10分程度で済ませ・・・

十余一農園にて播種したカキ菜が大きくなり過ぎてしまったのですが、これを抜き取り、200本ほど移植。
残念ながら、菜っ葉類の種子を持参するのを忘れてしまったので、後日蒔くことに致しました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
甘藷の蔓を取り除いています 左シルクスイート、右ベニハルカ 流石、ベニアズマは豊産性品種です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
牡蠣殻石灰、鶏糞、モミ殻などを撒いて 管理機にて撹拌 大型レーキにて畝立て
7.jpg 8.jpg 9.jpg
早速、カキ菜を移植 次郎柿の収穫は未だ先です 本当は仲が良いのですハイ

2017-10-1

2017年10月1日(日)晴れ

十余一農園にて諸作業

朝一、十余一農園にてチンゲンサイ、なすなどの収穫を行いましたが、隔日収穫したなすは30個以上ありました。
チンゲンサイは、虫喰いが激しく、余り喰われていないものを選んで収穫してきました。

短茎自然薯の小ぶりのムカゴは採取しないでいたところ、結構大きくなっていたので、大きなものだけ摘み取って持ち帰りました。
その後、ラビットアイ系のティフブルーと、クライマックスの剪定を行いましたが、12本2列を行って本日は取り止めて早目の帰宅。

食用菊の蕾もかなり肥大し、今年は沢山採れそうなので、花弁を採取して乾燥保存も試んでみたいと思っています。
9月10 日に植えた末成り玉ねぎが発芽し、かなり伸びてきましたが、未だ食せるほどにはなっておりません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
チンゲンサイを収穫 なすとキュウリを収穫 ムカゴを採取しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ティフブルー、クライマックスを剪定します ティフブルー、クライマックスの剪定後 食用菊の蕾が肥大して来ました
7.jpg 8.jpg
9月10 日に植えた末成り玉ねぎが発芽 我こそは美男子でゃんす