トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2017-11

<< 2017-11 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017-11-30

2017年11月30日(木)曇り時々小雨

Iさん宅にて廃車のお手伝い、午後、ピッバラさんまでお使い(妻同伴)

午前は、Iさん宅の軽トラと軽のワゴンの廃車について、価格が折り合わなかったので、他の業者に委頼することに・・・。
珍しくIさん宅にて、持参の弁当で昼食を摂らせて戴き、みそ汁までご馳走になってしまいました。

その後、栄町のピッバラさんまでお使いに行き、庭造りを行っている別人のIさんと、ウッドチップの運搬などについて相談。
長々と世間話などを行なったりで、久々楽しい一時を過ごすことができました。

16時頃にお暇をし、自宅に着いた時には、既に真っ暗になっておりました。
一休み後、Iさん宅から頂いて来た未熟のイチジクを茹で、アクを取り除きましたが、中々出切れないので、見切ってのシロップ煮へ・・・

ガラス瓶に充填し、残った数個を試食したところ、アクは取れていないし、甘味も浸みていないので、限りなく失敗に近い状況です。
既に、殺菌・脱気を行い、再度殺菌工程に入っているので、取り止めることはせず、失敗作で甘んじることにしました。

反省・・・霜に当たったイチジクは、皮が硬くなっていて、シロップが浸透し辛いので、楊枝などで刺しておくことでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅、未熟のイチジクを戴きました ピッバラさんの店内、Iさん作の花オクラのリースが マスコット猫のトラヨさん
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅から戴いて来たイチジクを煮ています ガラス瓶に充填し、殺菌・脱気を行います 炬燵に潜って、爆睡の二匹です

2017-11-29

2017年11月29日(水)晴れ

Iさん農園にて追加の防鳥ネット張りなど

一昨日、昨日、今日と菜っ葉類に防鳥ネットを張ったので、なんとなく足首や太腿など、下半身の疲労が残っていたので・・・
昼食後、ヤーコンの凍害を防ぐため、ヤーコンの茎を切り取り、株の上に敷き詰め、その上に土を掛けます。

当地はかなり寒さが厳しいため、土中にあってもヤーコンなどは凍害を被る場合があるので、株の上に盛り土を行なった訳です。
未だ、盛り土量が足りないと思われるので、後日、北側から再度土を掻き上げ、盛り土を高くする予定にしています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
左ほうれん草、中央菜花(カキナ)、ほうれん草 先ずネットを広げ、支柱を打つ位置を決めます ネットを張り終え、重しを縫い通します
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ハイブッシュ系ミスティーの紅葉 ラビットアイ系フクベリーの紅葉 十余一農園東区のブルーベリー、かなり落葉しました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ヤーコンの茎を敷き詰め その上に土を被せ、凍害を防ぎます 眩しくしないで下さい

2017-11-28

2017年11月28日(火)曇り

十余一農園にて防鳥ネット張り(妻同伴)

11月5日に蒔いた莢えんどう、順調に発芽してきましたが、霜害を受けない様、極近くに菜花を定植してみました。
移植当初は頼りが無かったのですが、葉が広がって来たので、一定の効果が出て来ると思っているところです。

昨日は、Iさん農園の菜っ葉類に防鳥ネットを張りましたが、今日は十余一農園の菜っ葉類に、防鳥ネットを張りました。
Iさん農園の菜っ葉類とほぼ同様の品種ですが、リスク分散のため、別圃場にも栽培しています。

玉ねぎの苗が少々短いものだったので、現在も頼り無いほど短か目ですが、長過ぎると董立ちが多いので、調度良いのかも。
今日は陽が全く出ませんでしたが、朝方はさほど冷えていませんでしたが、12時を過ぎたころから冷えてきたので・・・

ネット張り終了後、周囲を観察して歩くこともなく、早々に帰宅し、自宅にて昼食を摂った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
莢えんどうと霜除けの菜花 菜っ葉類に防鳥ネットを張ります この程度で被害回避は十分です
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎは概算960本です 野生化して来ているミツバ、葉が枯れて来ました ♪♪胸と胸を合わせ~♪♪

2017-11-27

2017年11月27日(月)晴れ

Iさん農園にて防鳥ネット張り(妻同伴)

例年通り、露地の柿などがなくなってくると、鳥たちに菜っ葉類が啄まれる様になります。
そんな訳で、本日、Iさん農園にて、急遽防鳥ネット張りを行いました。

既に、隣の畝の菜花類、柔らかい葉は啄まれ始まったので、引き続き張り続ける必要があります。
反対側に移植した玉ねぎ苗は、取り敢えず根付いた様ですが、何か弱々しい状況です。

正午過ぎ頃から曇り始め、気温も急に下がり、かなり寒くなったので、早々に手仕舞いをして帰宅。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
菜花、チンゲンサイ、ほうれん草の3畝、約25m チンゲンサイ、ほうれん草 早蒔きのほうれん草はハコベの中
4.jpg 5.jpg 6.jpg
玉ねぎ、ほうれん草、菜花、3畝約25m ゴアンは未だですか、チータロー オリャーそんなにガツガツしないね、ナナオ

2017-11-26

2017年11月26日(日)晴れ

栄町のピッバラさんまでお使いに行ってきました(妻同伴)

本年、5月31日、、上田市東部地域は、約2センチ大の雹が約15分降り続いたとのこと。
そんな訳で、我が友のリンゴ園も多大な被害を被り、その傷癒えたリンゴを購入して来た次第。

まー、貯蔵に耐えられそうなリンゴを選別し、物置に保存した訳です。
その後、「栄町のピッバラの樹」さんまでお使いに行くこととし、出かけました。

今日のピッバラさんは、サイクリングの方々が沢山立ち寄られていたので、お店はとてもお忙しい様子。
帰り道、お世話になっているIさん宅に立ち寄ったところ、灯油切れになりつつあったたので、灯油を購入し、タンクに給油。

給油終了後、お茶などを戴いてお暇し、自宅にて早い夕食を摂り、のんびりと過ごした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
「パン焼き小屋ピッバラの樹」さん全景 Iさんが花壇づくりに余念がありません ピッパラさんちのトラヨさん
4.jpg 5.jpg 6.jpg
お世話になっているIさん宅の万両 同じく小菊 拙宅のグータラ猫、炬燵に潜ったまま

2017-11-25

2017年11月25日(土)晴れ

白菜に鉢巻をして歩きました(妻同伴)

Iさん宅の白菜、今年は出来が宜しいのですが、若干結球が滞っているので、麻ひもで頭を縛って歩きました。
Iさん曰く、霜が降りて、寒さに当てると白菜は広がってしまうので、縛ると玉になるとのことでした。

そんな訳で、結球を促すため、3畝の殆んどの白菜に、麻ひもにて縛って歩きました。
帰りの際、結球が進んでいる白菜を3玉戴いてきた次第です。

昨日、信州から持ち帰ったリンゴをお世話になっている方々にお届けしたところ・・・
ネギ専業農家のO様宅から、小生のゲンコツの4倍以上あるブロッコリーなどを戴いてしまい、恐縮した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅次郎柿、鳥たちの分だけを残して収穫 白菜にひもで縛って結球を促します 今日も白菜を戴いて来ました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
O様宅のブロッコリー、小生のゲンコツの4倍以上 オレは炬燵の中が一番ダー、チータロー オリャー母ちゃんの三段腹が大好きダー、ナナオ

2017-11-24

2017年11月24日(金)曇り〜晴れ

のんびりと過ごさせていただき、お暇しました

昨夜は遅くまで兄達と語り合い、久々7時半ころまで寝坊をさせて貰いました。
帰り支度をしつつ、玄米を3袋(90kg)戴いてしまい、多いに恐縮した次第です。

帰り際には、姪っ子のTさんから、大好きなお焼きを沢山戴いてしまい、感謝感謝です。
高速の車の中、後輩のI君から、「今日、これから手術」という身でありながら携帯に連絡が入り、とても恐縮しました。

どうか焦らずに、治療に専念して欲しいと願うばかりです。
途中、横川のサービスエリアに立ち寄り、毎度恒例となっている、峠の釜めしを購入しました。

14時半前、自宅に到着し、息子に渡す玄米を精米した後、小生は家の中で一休みをした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
約90年は生きているであろう実家の柿の木 何時も懐かしく観る風景も変わりつつ・・・ 峠の釜めしを購入
4.jpg 5.jpg 6.jpg
横川の「おぎのや」さん 久しく、小生の腹の上にて、チータロー 何時も距離を置いているナナオ

2017-11-23

2017年11月23日(木)曇り〜雨

リンゴ購入のため、信州へ

22日の真夜中に自宅を出発し、途中、高速道路の横川のサービスエリアにて休息。
ほか、2つほどのサービスエリアにて休息後、午前2時前に実家に到着。

実兄が迎えてくれ、慣れない手つきでお茶を入れてくれたりして、小雨は止みませんでした。
翌朝、実家周辺を散歩しつつ、周囲の景観の変貌に驚いておりました。

朝食を戴き、兄姉宅に手土産を配布後、お気に入りの「そば処 倉乃」さんへ行って10割そばを戴きました。
その後、午前中には回れなかった親戚に行き、手土産を渡して帰宅。

夕暮れ時、友人の経営するリンゴ園に行き、毎年恒例となっているリンゴの購入をしてきた次第。
特に、同期の柔道部員のKさんが逢いに来てくれたので、昔を懐かしく語り合った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
22日真夜中に出発、23日0時過ぎに横川 23日早朝実家周辺を散歩遠方には上田球場 お気に入りの「そば処、倉乃」さんへ
4.jpg 5.jpg 6.jpg
入り口では「そばうち」が見学できます 今回も10割蕎麦大盛を戴きました 親友宅にてリンゴ、雹害の爪痕が痛々しく

2017-11-22

2017年11月22日(水)曇り〜晴れ

今日もとても寒い一日でした

日中、小生の気力のあるうちに、重量のあるイモ類各種を積み込みました。
先日、十余一農園ビニールハウス内に植えているサルナシ、藪の中で実を着けていたので、妻が摘み取ってきました。

さぞかし甘くて美味しいものと食してみましたが、期待に反し、意外と酸味が強く、露地の方が美味の様です。
先般、ストロベリーツリーを購入してきましたが、盛んに花を咲かせていますが、冬に向かってでは期待出来ないでしょう。

20日に、八っ頭の茎を剥いて乾燥させていましたが、ようやくカラカラに乾いたので取り込みました。
このところ、とても寒い日が続いているので、猫たちは炬燵に入ったまま殆んど外には出て来ません。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
重量のあるイモ類の積み込みは完了 今季最後のサルナシです 今頃咲いても困りますが・・・
4.jpg 5.jpg 6.jpg
庭ではカタバミも咲いてします 今季最終、八っ頭のズイキが仕上がりました とっても寒いので、炬燵からは出られません

2017-11-21

2017年11月21日(火)晴れ

Iさん農園にてヤーコンを掘り取りました(妻同伴)

今朝のIさん農園では、強い霜も降り、十余一農園では厚目の氷も張っておりました。
そんな訳で、Iさん農園のヤーコンの葉は一晩で真っ黒になり、これでイモの肥大は止まった様です。

先日に引き続き、ヤーコンの掘り取りを行ったところ、肥大はかなり良好の様でした。
今日掘り取ったヤーコンは、直ぐには食さず、しばらく熟成させてから食す事で、甘味も増し、美味しく戴けると思っています。

根には沢山のバルブが付いているので、凍みない様に深めに掘り下げ、来年の苗用に埋けました。
急に冷え込んできたので、十余一農園の井戸の蛇口が凍結しないよう、断熱材を巻き付けて来ました。

18日以降、車の中の雑多なものを一掃し、サッパリとしたのは宜しいのですが、一切着替えや上着を持参しないまま出かけてしまい・・・
冷たい風に晒されたので、殆んど汗をかくことなく仕事を終え、昼食も中途半端で帰宅し、食べ直しを行なった次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今朝の降霜でヤーコンの葉は真っ黒 ヤーコンは6株ほど掘り取りました 来年の苗用として、バルブを埋けました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
十余一農園の水道蛇口などを断熱材で覆いました 何だこりゃ・・・イチョウの葉のジュウタンです 寒いときゃ食い込みが肝心です

2017-11-20

2017年11月20日(月)曇り

家の中で休養、とても寒い一日でした

昨日、十余一農園にて土室を掘ったり、貯蔵する芋を運んだりと、かなり疲労をしていたので、今日は休養日にしました。
急に寒くなったので、張り切ってやる気などを起こしたりすると、脳内などの血管がプッツンと切れたりすると困りますので・・・

温かくして、ほとんど家の中におりましたが、外出は、猫のナナオが再々度湿疹を発症したので、動物病院へ行って来ました。
昼食後、ベランダにて、昨日持ち帰った八っ頭の茎を剥き、ネットの籠に入れて干した程度の一日でした。

テレビでは日馬富士の傷害???事件が殆んどで、想像の中でゴチャゴチャ言っていますが、全くもってつまらん話なので・・・
時代劇専門チャンネルにて、古い古いお芝居などを観て過ごした次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今季最終、八っ頭のズイキの皮を剥いて干しました 猫用の燕麦、発芽は芳しくありません 寒い寒い、今日は殆んど炬燵の中

2017-11-19

2017年11月19日(日)曇り一時晴れ

土室を掘り、里芋類を埋けました(妻同伴)

土室を掘り、先日り取った里芋、セレベス、八っ頭、タケノコ芋を埋けました。
土室は毎年掘っていますが、年々手抜きが激しくなり、今期は10cmほど浅いものになりました。

ネズミ除けに、芋を埋けた回りには栗のイガをバラ撒いてみましたが、効果のほどはわかりません。
農園の端に自然に生えてきた八っ頭などの茎を切り取り、家に持ち帰り、皮を剥いて乾燥ズイキを作ります。

土室の中にすべて埋めたつもりでしたが、ハウス内にタケノコ芋の小芋を埋め忘れたので、後日ハウス内に埋める予定です。
帰り道、お世話になっているIさん宅に立ち寄ったところ、剥き身落花生の一級品を2kg.もいただいてしまいました。

更に、9月14 日にIさん宅農園に定植させて頂いた白菜、早いものは結球していたので、3つほど戴いてきました。
今後、寒さにあたると葉が開いてしまうので、紐で巻いて結球を促すこととしております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
掘り取って仮植えしていたごぼうを持ち帰ります 今季最後のズイキを収穫 タケノコ芋の小芋、ハウス内に埋めます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅から剥き身の落花生を戴きました 9月14 日、Iさん宅農園に植えた白菜を収穫 寒いので炬燵から出てこない猫たち

2017-11-18

2017年11月18日(土)曇り〜雨

イモ類の仕分けのため、、農園行きはお休みです

先日から持ち帰っていたイモ類を工房内にて仕分けを行ない、小袋に収納。
何故か今年の短茎自然薯はヒゲ根が多く、ガスレンジにて焼いても、例年通りにスベスベになりません。

今年はセレベスや八っ頭の小芋の仕分けには手間がかかるため、里芋とタケノコ芋に致しました。
甘藷の紅はるかは、馬鈴薯収穫後に苗を植え付け事たことにより、かなり遅れたため、イモは小さめです。

里芋は女早生が主体でしたが、貯蔵の失敗などで、他品種も混入してしまった様です。
昼食後、乾燥ズイキの仕分けなどを行なった後・・・

最寄りのディーラーにて12か月点検と、冬用タイヤの交換を行なった次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
コンテナ内に甘藷(紅はるか)とタケノコ芋 紅はるかを仕分け 短茎自然薯を仕分け
4.jpg 5.jpg 6.jpg
セレベスを仕分け タケノコ芋を仕分け 里芋を仕分け
7.jpg 8.jpg 9.jpg
八っ頭を仕分け スタッドレスタイヤに交換しました 今日は朝から寒いので、炬燵の中が一番です

2017-11-17

2017年11月17日(金)晴れ

今日も十余一農園にて、里芋類の根と茎を取り払いました(妻同伴)

今日も昨日に引き続き、十余一農園にて、タケノコ芋と八っ頭の茎と根を削ぎ落し、しばらく表面を乾かして自宅に持ち帰ります。
昨年まで栽培していなかったタケノコ芋、初年度としては成績が良かったので、方々に配れます。

その他、セレベスと八っ頭も一定程度の収穫ができたので、これも配ることが出来そうです。
八つ頭は表面が凸凹しているので、料理がしづらい様ですが、縁起物ですし、食しては、セレベスより美味と思っています。

タケノコ芋は、一般の里芋より粘性が少ないようですが、身は柔らかく、料理のし易さがあるので、来年は多目に栽培する予定です。
栽培するにあたり、通常の里芋と比較すると、株間、畝間を1.5倍程にして植え付ける必要がありそうです。

また、親芋が肥大して、主にこれを食すのですが、小芋が多く発生するので、これを制限しつつ、小芋の肥大も促す必要があります。
種芋は小振りなものでも使えますが、やはり大きな小芋を種芋にする方が、より良い成果が得られると思います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
タケノコ芋の茎と根を削ぎ落し、乾かしています ある程度乾いたので、持ち帰ります セレベスも持ち帰ります
4.jpg 5.jpg 6.jpg
八っ頭も持ち帰ります ラビットアイ系の落葉が始まりました 今日明日で、イチョウは殆んど落葉するでしょう
7.jpg 8.jpg 9.jpg
スプレー系の水仙が近々咲きそうです 14日に剥いて干した八っ頭の茎、やっと乾きました チータロー、長いベロでナナオを舐めています

2017-11-16

2017年11月16日(木)晴れ

十余一農園にて里芋類の根と茎を取り払いました(妻同伴)

今日は里芋類を余措していた場所から取り出し、茎と根をナイフなどで削ぎ取りました。
早目に根や茎が朽ちる様、ポリフィルムなどで覆っていたので、意外と容易に削ぎ取れました。

里芋とセレベスは、予定量を処理できましたが、八つ頭は未だかなり残っています。
その他、タケノコ芋は殆んど手付かずなので、明日は集中して処理を行う予定です。

ブルーベリーのハイブッシュ系ミスティー、ジョージアジェム、デュークの花芽をパチリ。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋を親芋から切り離します 軽く根を取ります セレベスの茎と根を削ぎ取りました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
八つ頭の茎と根を削ぎ取りました ハイブッシュ系ミスティーの花芽 ハイブッシュ系ジョージアジェムの花芽
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ハイブッシュ系デュークの花芽 硬い葉っぱですが、我慢しましょう、チータロー オリャー炬燵の中が一番だー、ナナオ

2017-11-15

2017年11月15日(水)曇り一時晴れ

Iさん宅農園を見せて戴きました(妻同伴)

午前中は家の中でゴロゴロしておりましたが、昼食後、Iさん宅を訪問し、屋敷内の白菜の生育状況などを観察。
昨年と比べてみると、かなり順調に生育していて、近々には収穫ができると思われね程に結球しておりました。

畑の周囲には色とりどりの小菊が植えられていて、霜が降りるまでの間、楽しませてくれそうです。
その後、十余一農園に移動し、一昨日定植した玉ねぎの苗が、一雨あったので、根回りが締まり、立ち上がって来ていました。

11月5日に蒔いた莢えんどうが、一斉に発芽して来ましたが、余り伸び過ぎないことを願うばかりです。
先日掘り取った甘藷の紅はるか、ハウス内にてキャリングの真似ごとを行っておりましたが、2コンテナを持ち帰ることにしました。

明日以降、里いも類(セレベス、八っ頭、タケノコ芋)の朽ちてきた茎を剥ぎ、自宅に持ち帰る予定。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
丸一日干しましたが、今日は乾きませんでした Iさん宅の白菜が更に育ってきました かなり結球してきました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
Iさん宅では色々な菊が見頃です 懐かしい感じの菊です 昨日の雨で、玉ねぎの根元が締まってきました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
11月5日に蒔いた莢えんどうが一斉に発芽 甘藷の紅はるかをコンテナ2つ持ち帰りました 炬燵から摘み出したので、神妙な顔の二匹てす

2017-11-14

2017年11月14日(火)曇り時々雨

天気がよろしくないので、外出は取り止めました

早朝から雨が降り出し、一時止んだものの、降ったり止んだりの一日でした。
細くて剥きづらい八っ頭の茎だけが残っているので、茎の傷む前に、ベランダにて皮を剥くことにしました。

9時半頃から始め、剥き終わったのは12時半頃でしたが、雨降りなので干す事は出来ません。
暇なので、庭の果樹や明日葉などを観察してみましたが、レモンとポンカンは肥大が止まり、薄っすらと色づいてきました。

サルナシ(コクワ)は殆んど終盤になり、実はシワが寄って甘味が増してきていました。
今年は明日葉の種子の仕上がりが良好で、毎年更新していますが、今迄でになく良質の種子が確保できそうです。

(コクワ)をクリックすると、ドリカムの歌(晴れたらいいね)が出てきます

1.jpg 2.jpg 3.jpg
午前中、ベランダにて八っ頭の茎の皮を剥きました ジャンボレモンの肥大が止まった様です ポンカンが色づき始めました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
サルナシがシワシワに・・・食べ頃です 明日葉の種子が仕上がった様です 母ちゃんがいないとこんな感じです

2017-11-13

2017年11月13日(月)曇り〜晴れ

十余一農園にて玉ねぎ苗の植え付け(妻同伴)

朝一、ベランダにて乾かしていた短茎自然薯の先端部を切り取り、種芋の確保を致します。
短茎自然薯は殆んど形質を遺伝させ、切取った種薯は同じ形の薯を形成するので、形状の良いものを残します。

切り取り口はカビが生えたりするので、良く乾かし、雑菌に侵されない様にします。
今日は十余一農園野菜区にて、玉ねぎの定植を重点的に行うこととし、12時半頃までに植え終えました。

昼食後、園内を巡回、観察をして歩き、遅く蒔いたほうれん草が一斉に発芽していたので一安心です。
11月5日に蒔いた莢えんどうの北側に、霜除けのため、カキ菜を植えてみたところ、殆んど根付いてくれました。

赤系食用菊のもってのほか(カキノモト)が満開状態なので、これを摘み取って酢の物にすることにします。
赤系の花の方は花が貧弱で、菊本体そのものが弱いのですが、香りも味も宜しいので、来年は多目に植え付ける予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
短茎自然薯の種子取りを行いました 此方が先端を切り取った種芋部分です 玉ねぎの定植が完了しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
11月2 日に蒔いたほうれん草が発芽 さやえんどうの霜除けに、カキ菜を植え付け 食用菊のもってのほか(カキノモト)
7.jpg 8.jpg 9.jpg
今年はこれで終了です 相手がいなーい、冬が来てしまったー 何はともあれ炬燵さん一筋

2017-11-12

2017年11月12日(日)晴れ

栄町のピッバラさんまで庭づくりなどのお手伝い(妻同伴)

一昨年定植したブルーベリーの成木、庭園などの拡張に当たり、広い敷地に移植することとなり、お手伝いに行ってきました。
庭にする部分は、長年草地のままにしていたので、芝類の根が絡み合い、バックホーのバケットの爪が中々食い込みません。

オペレーターのSさんが根気よく爪を立て、掘り起こしていき、ついでにブルーベリー移植個所の穴も掘ってもらいます。
根回しをしたブルーベリーの成木を掘りだし、根が乾かないうちにピートモスを撒き、速やかに定植して潅水して覆土。

当初、6本を移植する予定でしたが、途中変更になり、8本を移植し、取り敢えず移植作業は完了ですが、庭造りはこれからです。
駐車場入口右側に2つの築山を作り、入口左にも1つ築山を作る予定となっていて、土盛りは行われています。

移植したブルーベリー成木は、夏場における干ばつで新芽の伸びが芳しくなく、軽く剪定はしましたが、強剪定が必須でしょう。
昨日剥いて夜間から干していた八っ頭の茎、約200本(約6kg)がカラカラに乾いたので、早速取り込んで量ったところ、1/40(150g)でした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
栄町のピッバラさんまでお手伝いに行ってきました オペレーターのSさん、器用にこなしています 穴掘り順調、ブルーベリーの移植も速やか
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今まで草地のところ、耕して均します 築山作りです 此方には築山を2つ作ります
7.jpg 8.jpg 9.jpg
初冬の陽を浴び、マツバギクが咲いていました 一昨日剥いて干したズイキがカラカラに乾きました 重ね餅の状態の左ナナオ、右チータロー

2017-11-11

2017年11月11日(土)曇り〜晴れ

農園行きは取り止め、ズイキの皮剥きを行いました

昨日、玉ねぎの畝づくりで少々無理をしたからでしょうか、体が動きたがらないので、農園行きはお休みにしました。
暫くゴロゴロとしておりましたが、きのう持ち帰った甘藷とヤーコンをベランダに運び・・・

甘藷は蔓と根を切り、乾かし、ヤーコンはそのまま陰干しにします。
その後、八っ頭の茎をベランダに運び、皮剥きを開始し、約2時間ほど同じ動作のため、身体がこわばり出したので、小休止。

暫くお茶などを飲みに降りていき、血の巡りを良くした後、引き続き皮剥きを行いました。
今日は昨夜剥いた残りの1袋、約200本ほどを剥き、ベランダの手すり回りなどに干した次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
今日は、200本ほどのズイキの皮を剥いて干しました 紅はるかの蔓と根を切り乾かしました ヤーコンも陰干しを行いました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
10月15 日に移植した桜草です ベランダの手すり、この細いパイプにのるチータロー オリャー尻尾が短いからヤラナイネ、ナナオ

2017-11-10

2017年11月10日(金)曇り一時晴れ

十余一農園にて、玉ねぎの上床作りに終始(妻同伴)

朝一、Iさん農園に向かい、ざ〜っと農園内を一周し、作物などの観察をして歩きました。
1日に蒔いたほうれん草が、一斉に発芽していたので、霜が降りる前にしっかりと根を張ってほしいと思う次第です。

一週間ほど前に移植したカキ菜、当初頼り無い様に見えましたが、根付いたようです。
玉ねぎの植え床を作るにあたり、カキナの大苗を引っこ抜き、かなり雑に移植しましたが、しっかり根付きました。

ほうれん草を初収穫し、ゆでて食しましたが、未だ本来のほうれん草の味にはほど遠いもので、霜が降りてからでしょう。
今日の主な作業は、里いも類収穫跡に、玉ねぎの植え床を作ることで、昼食抜きで3時間チョイかかりました。

玉ねぎの植え床完成後、身体冷やさない様、速やかに帰宅し、15時頃に昼食を摂った次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん農園のイチョウが色づいてきました 11月1 日に蒔いたほうれん草が発芽しました 先日移植したカキ菜の苗
4.jpg 5.jpg 6.jpg
此方はカキナの大苗を移植 ほうれん草の初収穫、かぶは菜っ葉が主体です 玉ねぎの植え床作り
7.jpg 8.jpg 9.jpg
11時から14時までかけ、4畝完成 大浦ごぼう、そろそろ掘り時です 今日はナナオに拒否されました

2017-11-9

2017年11月9日(木)晴れ

Iさん農園にて、甘藷などの収穫(妻同伴)

Iさん農園のトウモロコシ跡に植え付けた甘藷(紅はるか)の最後の収穫を行いました。
かなり遅く植え付けたので、蔓の勢いは良かったものの、やはり収穫量はかなり少なかった様でした。

それでも、形の良いものが、平均2つ程度付いていたので、由と致しましょう。
当地も、かなり寒くなって来て、ヤーコンの葉も朽ち始めたので、試し掘りをしたところ、形の良いものが採れました。

先ず、2株掘り取り、十余一農園まで運び、しばらく予措を行ない、熟成させてから取り出す予定です。
一昨日、短茎自然薯のムカゴから育てた小芋を掘り取りましたが、種イモに適した小イモを140個ほど選別し、土室に保管。

十余一農園のビニールハウス内にて、泥付きのまま表面を乾燥していた短茎自然薯、2コンテナを自宅に持ち帰り、順次化粧をします。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
トウモロコシ跡に植えた甘藷(紅はるか)の掘り取り 流石、遅く植えたので、収穫もそれなりです ヤーコンを試し堀りをしてみました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
2株でこれだけの収穫でした 乾かしていた短茎自然薯を持ち帰りました フラッシュを焚かないで下さいな

2017-11-8

2017年11月8日(水)曇り時々雨

雨天のため、農園作業は取り止め

天気予報通り、パラパラと雨が降り、朝方はかなり肌寒かったので、大小の携帯カイロを5枚貼り、ベランダにて、セレベスの皮剥き。
防寒用キルティングのズボンを穿き、完璧な防寒対策をして作業を行いました。

午前中はこの姿で良かったのですが、昼過ぎになってからはかなり温かくなり、汗ばむほどでした。
今日の茎は全般的に細目なので、作業時間は長かった割に、剥いた量は少ない様でした。

カッターナイフの刃は茎のアクが付き、切れが落ちるので、砥石で研ぎながらの作業を行います。
乾燥ズイキは、既に50g毎に仕分けし、乾燥剤を入れてポリ袋に収納済みで、約30ほど出来ております。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
剥く前のセレベスの茎 剥き終えたものです カッターナイフ、砥石、ゴム手袋が道具です
4.jpg 5.jpg
わざとそっぽを向くチータロー 今日は日が出ていないからつまらないネ、ナナオ

2017-11-7

2017年11月7日(火)晴れ

Iさん農園にて甘藷とムカゴからの種芋掘りを行いました(妻同伴)

今日は朝からIさん農園にて甘藷の掘り取りを行うこととし、先ず、蔓を刈り取り、圃場外に運び出します。
その後、2畝約46株ほどを一気に掘り取りましたが、息が上がったので、隣の短茎自然薯の棚を壊して息を整えます。

一休みの後、残りの2畝を掘り取りましたが、再度息が上がったので、残りの短茎自然薯の棚を壊しながら息を整えました。
紅はるかは、甘藷の中でも少々小粒な成りですが、お下品なほど大きくならないので、焼き芋にするには最適です。

甘藷の掘り取り終了後、隣のムカゴから育てた短茎自然薯の種芋の4畝を掘り取り、昼食を摂りました。
晴れていて温かかったので、肌着が湿ったままで昼食を摂ったため、体が冷えてしまい、くしゃみと鼻水が・・・

急いで掘り取ったイモを十余一農園に運び、早々に帰宅した次第ですが、くしゃみと鼻水は相変わらずなので・・・
明日は温かくしてお休みの予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
甘藷(紅はるか)の蔓を刈り取っています 1時間半ほどで4畝を掘り取りました 紅はるかの大きさは、平均こんなもんです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ムカゴから育てた短茎自然薯の種芋、これから選抜です ハイブッシュ系レイトブルーの紅葉 ハイブッシュ系ジョージアジェムの紅葉
7.jpg 8.jpg
今日は立冬、早く生せよ 天井の低い天国でやんす

2017-11-6

2017年11月6日(月)晴れ

Iさん農園にてタケノコ芋などを掘り取り(妻同伴でしたが???)

今日は、里いも類の最後の掘り取りを行うこととし、張り切ってIさん農園に向かいました。
掘り残していたものは、タケノコ芋14株、セレベス5株、八頭15株、里芋3株でしたが・・・。

セレベスと八頭は芋の付き方が違うので、「小芋は一緒にしないように」と妻には伝えたのですが、聞いておらず・・・
小生も言葉のトーンを少々上げたところ、色々な伏線はあった訳でして・・・「今日は何だかかみ合わないね、帰るわ」
と言う訳で、小生一人残された次第。

一人になれば、気楽なもので、誰も邪魔をする事もないので、自分自身はとても気が合い、作業は円滑に運べました。
本年初めて栽培したタケノコ芋は、予想を超えた収穫量で、良品の親芋がかなり採れ、種芋に適した小芋も多数確保出来ました。

茎や根がを朽ちさせるため、土の上に置いてポリフィルムなどで覆い、暫くそのままにし、その後根と茎を除去します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
タケノコ芋の茎を切り、掘り取りを開始します 株の周囲を2〜3か所切り込んで、掘り起こします 引っ繰り返して暫くすると土が乾いて解けます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
ポリフィルムで覆い、根と茎を朽ちさせます セレベスと八頭も同様、ポリフィルムで覆います ナタマメを収穫し、ハウス内にて乾燥します
7.jpg
夜中の大暴れは嘘??、正に「猫を被る」です

2017-11-5

2017年11月5日(日)晴れ

午前中、ピッバラさんまでお使いに、午後は十余一農園にて、莢えんどう等の種蒔き(妻同伴)

久々に栄町の「パン焼き小屋ピッパラの樹」さんまでお使いに行ってきました。
天気が良いせいでしょうか、ツーリングの方々が大勢立ち寄り、一寸早い昼食を摂っておられました。

ゴールデンリトルバーを連れたS様とお会いし、しばしペット談義をさせて戴いた次第です。
ピッバラさん隣の駐車場も工事が再開され、乗り入れ口は広く整備されつつありました。

帰り道、お世話になっているIさん宅に、パンとせんべいを持参し、お茶などを戴きつつ暫し歓談してお暇。
その後、十余一農園に行き、莢えんどうなど4品種(はやぶさ豌豆、赤花絹さやえんどう、小船早生、スナックえんどう)を蒔き・・・

毎年のことですが、全長約50メートルに蒔き終えた頃、太腿がケイレンしそうな程に疲労しておりました。
小生、丹精込めて作っていた食用菊、「他の作物の日陰になる」と、何時の間にか妻が切り取ってしまいました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
3週間ぶり、栄町のピッバラさんまでお使いに アップルパイの季節になりました 今日もS様ご夫妻と愛犬に会えました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
隣の敷地では、着々と駐車場が整備されつつあります 十余一農園野菜区にて、莢えんどうを播種しました 日陰には 以ての外と 刈り取られ(多誤作)
7.jpg 8.jpg
草も硬くたまりません、そろそろ交換ダー、チータロー オリャーかなり硬くても喰ちゃうぜ、ナナオ

2017-11-4

2017年11月4日(土)曇り時々晴れ

Iさん農園にてタケノコ芋の掘り取りを行いました(妻同伴)

朝一、Iさん農園に向かい、先ず、八頭とタケノコ芋の茎を切り取り、八頭の茎は皮を剥いて乾燥するので持ち帰ります。
今日一日では体力的に無理が来ますので、八頭とタケノコ芋を、それぞれ4割ほど残し、後日掘り取ることにしました。

このところ、夜間でありますが、毎日という程に雨が降るので、土が湿気っているので土が重く、通常の倍以上の力を要します。
掘り取った芋は十余一農園に運び、昨日同様茎と根を朽ちさせるため、地べたに積んでポリ袋などを覆い、しばらく放置します。

八頭の茎は、皮を剥いて乾燥し、保存食として乾燥剤を入れて年間を通じて食すことが出来るので、夜なべ仕事で皮剥きを行います。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん農園にてタケノコ芋と八頭を掘り取ります 先ず茎を切り取りました(左はヤーコンです) 八頭の根元はこんなものです
4.jpg 5.jpg 6.jpg
タケノコ芋は地上約25cm上から切り取ります 八頭の茎は皮を剥いて乾燥します ハイブッシュ系チャンドラーの紅葉
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ハイブッシュ系ワシントンの紅葉 カイガラムシが派手に付いていて痒そう 昨日は極端に遊び過ぎたので、今日はお休みです

2017-11-3

2017年11月3日(金)晴れ

十余一農園にてタケノコ芋の掘り取りを行いました

今日はスタート時、種々段取りが芳しくなく、作業開始が10時を回っておりました。
実は、玉ねぎ床に張る穴あき黒ポリマルチ(5穴)を購入するのを忘れ、大幅な手戻りがありました。

その後、十余一農園にて、里いも類のタケノコ芋を掘ることとし、朽ちてきた茎を切り取りますが・・・
一般の里芋のように地面ギリギリに茎を切ると、間違いなく下から伸びてきている芋を切ってしまいます。

茎を切り取る時は意識して、下から伸びている茎の分かれ目あたりで切り取ると、失敗がないと思います。
今日、小生は承知しながらも、2本ほどの良品の先端部を切り取ってしまった次第です。

15株ほどを抜き取り、良品の親芋は一株から2〜3本採れ、小芋は大小20個以上付いております。
翌年の種芋とするには、一定程度大きなものを確保する必要があり、小振りなものは食すことと致します。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋の仲間のタケノコ芋を掘り取ります 地上20cm以上で切り取ります 地面に置き、暫く予措をし、茎と根を朽ちさせます
4.jpg 5.jpg 6.jpg
十余一農園にて、未だ掘り残しがあります ハイブッシュ系のクーパーと ブラッデンの紅葉 ハイブッシュ系のウィシュブルーの紅葉
7.jpg 8.jpg 9.jpg
Iさん農園にて玉ねぎの植え床にマルチを張ります 玉ねぎ苗の泉州、猩々赤(ショウジョウアカ)を定植 やっぱり外はいいですナ〜

2017-11-2

2017年11月2 日(木)晴れ

Iさん宅セレベスの掘り取り作業などのお手伝い(妻同伴)

Iさん宅のセレベスは一列約50本ほど栽培されていて、朝一、この掘り取りのお手伝いに行きました。
三俣鍬にて掘り取り、親芋と小芋とを分離し、土を落とし、一輪車にて土室まで運搬します。

土室には親芋と小芋とを仕分けして入れ、乾燥しない様、古毛布などを掛け、しばらく根と茎が朽ちるのを待ちます。
小芋は良品を選り分け、ネットの袋に入れ、来年用の種子として保存します。

終了後、お茶をいただきつつ、暫し歓談をしてお暇し、十余一農園野菜区に行き、カキ菜の苗をなす跡地に2畝植え付け。
その後、ほうれん草の次郎丸と新日本ほうれん草を蒔き、土は湿っているので、薄っすらと潅水をして終了。

本年初めて植えたタケノコ芋、茎が枯れてきたので、掘り取ってみたところ、親芋と小芋を含め、トレイ一杯ありました。
明日以降、タケノコ芋を含め、里いも類の掘り取りを行う予定です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん宅白菜の結球が始まりました セレベスを掘り取り、土室に一時貯留します ズイキを分けて戴きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
なす跡地にカキナを移植、ほうれん草播種 次郎丸と新日本ほうれん草を播種 タケノコ芋の試し堀りを行いました
7.jpg 8.jpg 9.jpg
一株で大小のイモがトレイに一杯ありました 西日が眩しいです、チータロー オリャー日陰だから大丈夫、ナナオ

2017-11-1

2017年11月1 日(水)曇り〜晴れ

Iさん農園にてほうれん草などの蒔き床づくり

Iさん農園にて、昨日里芋を収穫した跡を耕耘し、3畝を作り、左端の畝にはほうれん草を蒔きました。
品種はソロモンと次郎丸で、ニ品種共に日本ほうれん草なので、悉く野鳥に啄まれるので、後日ネットを張ります。

蒔き時は少々遅れてしまいましたが、何とか育ってくれると思っております。
その他の畝は、菜っ葉類と玉ねぎを植え付ける予定にしています。

今日から11月、ますます日が短くなり、16時チョイ過ぎに撮った柿や栗の木には、夕日が当たっておりました。
早々に手仕舞いをし、帰宅した時には、日が既に沈んでいた次第です。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
里芋収穫跡を管理機にて耕耘 3畝を作り、左畝にほうれん草を播種 ほうれん草ニ品種を蒔きました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
今時の16時は夕日です 実を殆んど付けなかった栗、葉は例年より元気 やはり炬燵の中は天国でやんす