トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2017-4-24

2017年4月24日(月)曇り一時晴れ

十余一農園にて里芋類の定植

朝一番、Iさん農園に向かい、園内を見回りました。
次郎柿の芽が急に伸び出し、昨年は殆ど付いていなかった花芽、今年はビッシリ付いているので、逆に心配です。

発芽が遅れいてた、馬鈴薯のワセシロとピルカも殆ど出揃って来ました。
玉ねぎの畝の空き部分に蒔いた小かぶの発芽も順調で、近々初回の間引きを行う予定です。

十余一農園に移動し、ブロッコリー作付跡に5本切った柵に、タケノコ芋、セレベス、里芋、八つ頭を植え付け・・・
種イモの間に、栗の葉堆肥、鶏糞、化成肥料を施し、土を掛けて暫し潅水を行いました。

昼食後、ハコベに埋もれ、長く伸びたミツバを収穫し、根気良く洗って持ち帰りました。
このミツバ、秋になると毎年種子がこぼれ、ビッシリと発芽し、自然淘汰されて立ち上がって来たもので・・・

春を迎えるとハコベと競争する様に伸び出し、緑化はしていますが、とても軟らかいので、拙宅では重宝しています。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
Iさん農園の次郎柿、今年は花芽がビッシリ 馬鈴薯も殆ど芽を出しました 先日蒔いた小かぶが発芽しました
4.jpg 5.jpg 6.jpg
十余一農園野菜区にて里芋類を植え付けしました ハコベの海に生えているミツバ 土盛りを行うよりも柔らかなミツバが採れます
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ハイブッシュ系晩成種のレイトブルーのつぼみ 色濃いブラッデンの花 日は出ていませんが、ベランダで仲良く日向ぼっこ