トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2018-1-15

2018年1月15日(月)曇り〜晴れ

十余一農園にてハイブッシュ系の剪定など(妻同伴)

ブルーベリーの剪定作業が殆んど進んでいないので、本腰を入れて作業に入りましたが、風は穏やかなものの、とても冷たいのです。
厚着をし、毛糸の帽子を耳まで被り、選定作業を始めましたが、ハイブッシュ系の剪定作業は枝が細かいので、中々効率よく参りません。

切るのには勿体ないものもありますが、残せば尚更枝が混み合うので、思いっきり根元から切りますが、空いた様にはならないのです。
こんな状態では、夏場に葉が茂ると尚更混み合ってしまい、中が蒸れて、葉や枝が枯れてしまいます。

花芽の数も淘汰しつつ、枝も切り落としているのですが、思う様に参らないが実情です。
今日は、ハイブッシュ系主体に約20本程度の剪定を行いましたが、明日以降は、これ以上のぺースで進めたいと思ってます。

帰り際、菜っ葉類の保温と非保温の畝を比べてみたころ、はっきりと生育の差がついていて、非保温のほうれん草などは愛おしくなりました。

1.jpg 2.jpg 3.jpg
ランコーカス剪定前 ランコーカス剪定後 末成り玉ねぎ、寒さで葉が枯れて来ています
4.jpg 5.jpg 6.jpg
保温をしていないほうれん草 ポリフィルムで保温しているほうれん草 保温をしていないカキナ
7.jpg 8.jpg 9.jpg
ポリフィルムで保温しているカキナ ハイブッシュ系ミスティーの花芽 ハイブッシュ系クーパーの花芽